“ 人類の進歩を可能にするのは、どんな種類の人間でしょうか。それは天才たちです。ですから、あなたがたは天才たちを再評価して、彼らが地球を指導するのを可能にする必要があります。
 これまで権力を握ってきたのは、他の者より肉体的に力が強い野蛮人、こうした野蛮人をたくさん雇える資産家、希望を振りまいて、民主主義国家の国民の心を巧みに捉える政治家、といった人たちです。そして言うまでもなく、野蛮性を合理化する組織を踏み台にして、自分たちの勝利を勝ち取る軍人たちに、次々と権力を与えてきたのです。
 あなたがたが決して権力を与えてこなかった唯一のタイプの人間こそ、人類を進歩させてきた人たちです。車輪や火薬、内燃機関、原子力などを発明した人たちです。こうした天才による平和のための発明は、彼らより知性の劣る権力者が、しばしば殺人のために利用して恩恵を被ってきました。こういうことを変えなければなりません。”
“  統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統治を実現するため、かれらの知識を民衆のすべてには与えないように気を配った。
 こうした専門知識人たちは、世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待したのである。
 やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し、自分らを統治する他の専門知識人たちを民主的に選び出すにいたった。
「権力の座についた知識人」であった。
 しかし、知識は知性ではない。だから、事はうまく運ばない。なぜなら、知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず、それによって問題の解決策を発見することはできないからである。
 そこで「統治する知識人」は、その権力を保持するために、天才たちの発明を利用し、善意の発明家たちが考え出したものを殺人目的に利用した。
 ついで「統治する知識人」は、管理の技術を教える高等専門学校を創設した。つまり、「高級官僚」の養成である。これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ。
 権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない。
高等専門学校が提供するのは天才では全くなく、いっぱいに詰めこまれた記憶でしかない。良識と知性を獲得するのに、この学校を卒業する必要はない。
 どの世代も、発明家たちを生み出すが、人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する。そして、こうして利用され裏切られた発明家たちは、自分の発明品が、罪もない人びとを殺りくするために用いられるのを見て、嘆く。
 こうしたことは、もう続いてはならない!
 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。それは、統治している時に、自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた、筋骨たくましい乱暴者や有産者、専門知識人、政治家、軍人のいずれでもない。そうではなくて、それは、自分たちに何ができるかを示す機会を全く持つことができずにきた唯一の人びと、すなわち天才たちである! 

 思考し、反省し,想像することに他の者より適した者が、社会の管理のために利用されるべきである。それは、人体が脳細胞を、その管理のために利用するのと同じである。
 天才をして人類に奉仕させること、ここにこそ「天才政治」の意義がある。    ( ラエル ) ”

_ しかし、知識は知性ではない。だから、事はうまく運ばない。なぜなら、知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず、それによって問題の解決策を発見することはできないからである。 そこで「統治する知識人」は、その権力を保持するために、天才たちの発明を利用し、善意の発明家たちが考え出したものを殺人目的に利用した。_

_ ついで「統治する知識人」は、管理の技術を教える高等専門学校を創設した。つまり、「高級官僚」の養成である。これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ。_

_ 権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない。_

_ 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。_

 上記はまさに政変、 歴史上では太字で改革とか革命に相応しい内容であるとかんがえられますが、 今後における賛否、所信などありましたらお教えください ?

” 私たちは毎日、天才たちの想像力、熟慮反省、および苦労の産物からの恩恵に浴している。一日中、私たちは、平均より優れた頭脳を持つ人間の力によってのみ誕生した物を使っている。電球からテレビへ、自転車から自動車へ、冷たい水道の蛇口から洗濯機へ、タイプライターからテープレコーダーへ、ピアノからステレオチャンネルへと、私たちの生活をより容易に、より快適にしているこれらの物はすべて、その想像力によって、与えられた諸問題に対して、新しい解決策を発見することのできた人びとのおかげなのだ。”

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個人の能力には上限があるんですけどね。


つまり無限に有能な人はいないわけで、ある方面に突出した天才は、他の方面の能力を犠牲にしているのです。たとえばエジソンは朝起きられなかったし、ピカソは床屋へ行けなかった。野口英世は金銭感覚が欠落していたし、イチローはカレーしか食べられないんです。

>思考し、反省し,想像することに他の者より適した者が、

黒川紀章はいい線まで行ったんですけどね。
あとはドクター中松しかいなくなってしまいました。

この回答への補足

“ 実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である。
すべての者に、理解可能な既知事項を介入させるテストの実施が重要となる。
 これらのテストは、個人の進歩を考慮にいれるために七年毎に全民衆が受ける必要がある。というのは、ある種の心理的障壁が消滅して、その個性が自己開花し得た時にはじめて、現れ出ることのできる天才たちもいるからである。
 テストを重ねるごとに平均は変わりうるだろう。 ( ラエル )”

>>個人の能力には上限があるんですけどね。
 実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である_ 5人/1000人中であり、50人/10000人中です。結構な数いるものではないでしょうか? 民主的かつ人道的かつ最善の政治、協議され実現されること期待できるのではないでしょうか?

補足日時:2011/07/25 13:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

“ あなたがたが決して権力を与えてこなかった唯一のタイプの人間こそ、人類を進歩させてきた人たちです。車輪や火薬、内燃機関、原子力などを発明した人たちです。こうした天才による平和のための発明は、彼らより知性の劣る権力者が、しばしば殺人のために利用して恩恵を被ってきました。こういうことを変えなければなりません。
 そのためには、現在の形態のままでは、人類の進歩にとっては全く相応しくない選挙や、投票のシステムをやめなければなりません。人間は、人類という名の巨大な身体に有用な細胞の一つなのです。
手が、ある物体をつかむべきか否かを決定するのは、足の細胞ではなく頭脳でなければなりません。
そして、もしこの物体が有益なものであれば、足の細胞はその恩恵を被るでしょう。脳もその一部として、身体全体を前進させるように作られているとはいえ、足の細胞が投票をする必要はありませんし、また手が、つかめる物が有益か有害かを判断することはできません。
 投票は、知識と知性が等しい場合にのみ確実な効果があります。 ~
 現在、心理学者は、個人の知性と適性を評価するテストを作成できるようになっています。幼い頃からこのテストを一貫して行って、個人の勉学の方向づけをし、その個人が責任を持てる年齢になったら、知性指数を最終的に特定して、身分証明書や選挙人名簿に記入するようにするのです。
 ある種の公職については、知性指数が平均より、少なくとも五〇パーセント以上の人だけが有資格者とし、知性指数が平均より、少なくとも一〇パーセント以上の人だけが投票できるようにします。
もしこの試験方法が現在あるのなら、今の政治家の多くは、その職務を遂行することはできないでしょう。これこそが完全に民主的なシステムです。  ”

 ( 仮に )、現在の選挙制度、普通選挙と言われるものを、 参議院選挙だけ 、

~ 知性指数が平均より、少なくとも五〇パーセント以上の人だけが立候補有資格者とし ~
~ 知性指数が平均より、少なくとも一〇パーセント以上の人だけが投票できるようにします ~
とすると、マスコミ/報道も全く違った様相を魅せ始め、選挙も、違ったドラマを生み、その責任・重要性も新たな1ページを生む、現在の問題処理にクレームがある以上、何かしら変革は必要なのではないでしょうか ?
 ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/30 17:20

昔、こう言う漫画があったんです。



「このお酒は大吟醸は日本の最高峰のお酒です!他のお酒は全てまがい物だと言っても過言ではありません。」

「どうです?このCM!」^^
「馬鹿野郎!スポンサーはカンカンだぞ!」

「え!?」
「高級酒なんで金持ち以外は買わないんだよ!この会社の8割が1級酒や2級酒の売り上げなんだよ!」


大吟醸以外の酒を全て腐らせたたキャッチフレーズ。
全員を怒らせたキャッチフレーズ。

これに対して
この大吟醸は他のお酒も全ておいしくしていたんです。
みんなをなごませてくれました。


天才は周囲も照らす事が出来ます。

この回答への補足

 世界と日本の現況、人口爆発それによる地球の空間・環境の食い尽くし問題、点ける薬が無いといわれますが、

〈 人口過剰
 ――あなたは私に、あなたが何らかの方法で不死であると言われました。それでは、あなたがたは人口過剰には、どのような対策を立てているのですか?
 「実際この問題は、地球でも急速に出てくるでしょう。あなたがたもかなりの人口なので、早急にこの問題を解決しなければなりませんが、それには避妊を普及させ、ひとりの女性には子供をふたりまでしか認めない、厳しい法律を制定する必要があります。二が二のままなら、人口は増加しません。
 これについても、私たちは、あなたがたがどのようにしてこの難関を切り抜けるのか、見守るつもりです。これはまた、あなたがたが私たちの遺産を受け継ぐ資格があるのかどうかという、知性の程度を証明することにもなるでしょう。
 私は、平均寿命が七十五年しかないあなたがたに、現在の問題について解決策を教えてあげました。
私たちにとっては、実際のところ問題の様相が違っています。私たちは不死ではありません。私たちはちょっとした外科手術のおかげで、命を長らえることができるのです。これが聖書の「生命の樹」(『創世記』第2章第9節_訳注)で、あなたがたより十倍も長生きできるのです。私たちも子供を持ち、先ほどお話ししたように、ふたりの両親にはふたりの子供という規則を施行して、人口が一定になるようにしています」
 ――あなたがたの人口は?
 「約七十億です」   _( ラエル ) 〉

これらも平行して同時に解決に導く必要も急務であり 、
~専門知識人たちは、世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待した...
~権力の座についた知識人・統治する知識人および高級官僚による搾取/抑圧そして殺人行為... 、日本の政治が有耶無耶にする辺りですが決して許す訳にはいかないのではないでしょうか ?

〈 現在のあなたがたの科学技術を、暴力や軍備、少数者の個人的利益といった誤った目的にではなく、人々の幸福のために使うなら、あなたがたは、すぐに本当の意味でのエデンの園、つまり地上の楽園に住むことができるでしょう。科学技術によって、人類は世界中で飢えの心配から完全に開放されるばかりでなく、働かなくても十分暮らしていけるようになるのです。日々の退屈な仕事は、オートメーション化のおかげで、機会がすべてきちんと片づけてくれます。すでに地球上でも、最新式の設備を誇るいくつかの工場では、ついこの間まで、一台の車をつくるのに数百人を要していたにもかかわらず、今ではコンピュータの監視員がひとりいれば十分なまでに進歩しています。一台のコンピュータが、車を組み立てるためのすべての操作を指令し、管理しているのです。将来、この最後のひとりもいらなくなる日が来るでしょう。... 〉

 ?

補足日時:2011/07/25 14:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

〈  配給経済
「終身強制労働」の廃止は、配給経済の確立に依存している。この経済システムが貨幣の廃止を可能にするのだ。
 この経済システムは、緒生産単位が、人間がちょうど必要とするものを、多くもなく少なくもなく生産すべきであるという原則から出発している。
 人間が生きていくうえで必要なものがある。衣・食・住がそれである。
 社会はこれら三つの物を、すべての人間に何の代償もなしに供給すべきである。
 国家は廃止されなければならない。実現される必要があるのは、生産手段の国有化ではなくして、世界共有化である。
 もし、その職業、人種、宗教もしくは性別に関係なくすべての人間が、ロボットやコンピューターによる生産で衣食住に必要なすべてのものを供給されるならば、価値あるものはその本来の価値を取り戻し、それに似合うだけの金銭的価値しか持たないものは、価値がなくなるであろう。
 例えば、芸術家はその作品が売れるかどうかを、気にかけることなく絵を描くことができ、そしてその作品を、通人気取りや欲がらみではなく、本当に評価してくれていると思う人たちにのみ、与えることができる。
 ある一つの発明が興味深いとみなされるやいなや、たとえそれが無益なものであっても、その作品は大量に生産され、一つ持ちたいと望むすべての人びとに配給されることになる。
 また、希少品についてはどうだろう。二十一世紀の文明は、人間の天才以外の希少品を知ることはないであろう。キャビア、シャンペン、ダイアモンド、何であれ、これらすべての物は実験室で合成され、好きなだけ生産することが可能になる。ぶどう酒、ダイアモンド、キャビア、肉、香水等々、すべては化学的なものである。つまり、あらゆる化学式は、科学的に再生産され得るのだ。生命そして人間でさえも、その遺伝子コードの中にその個性のすべてを含んでいる、D・N・A の分子に他ならないのである。  _ ラエル  〉

~ ぶどう酒、ダイアモンド、キャビア、肉、香水等々、すべては化学的なものである。つまり、あらゆる化学式は、科学的に再生産され得るのだ。 ~  人類の悲願として、突破してくる人たち、期待したいものです。
 ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/30 17:30

もうすこし質問内容を整理して書いていただきたく。


無駄が多く、長すぎます。
>権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない

これでしょうか。

産業界の天才って、たとえば本だ宗一郎が思い浮かびますが、彼に総理大臣を任せろという主張なのでしょうか?

これって改革?

よく分かりませんが、たとえば知識人って巨大コンピュータとは違いますよね。反面で
官僚的有能さは多くを記憶能力に負っています。論理的整合性にはそういう意味も多分にあります。
ですから、たとえば哲人政治(天才政治?)がありえたとして、その天才的ひらめきが政治の能力自体にどれほどの実質的な有効性を持つのかは疑問です。結局、現実としてはその哲人のカリスマ性のみが政治の推進力になるでしょう。ある意味 哲人=神 ということになって社会は恐るべきリスクを背負うことになります。哲人がなまみの人間である限り論理的にありえないことだと思います。

もうすこし練り直す必要があるでしょう。

この回答への補足

>権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない
 そうですね。

>>産業界の天才って、たとえば本だ宗一郎が思い浮かびますが、彼に総理大臣を任せろという~?
 そうですね。確かに、日本の主たる産業は乗用車の製造ということもあり、HONDAsamaが総理若しくは経済産業でなければ政務官等の任に付く、他のポストも同様に変わる、それはプロフェッショナル中のプロが任に付くことでもあり、そこには無駄が無い、よい結果が望めるのでは... ?

>>これって改革?
  強者の統治は有産者の統治へと → 次に有産者たちは、専門知識人による統治を → やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し、自分らを統治する他の専門知識人たちを民主的に選び出すにいたった(権力の座についた知識人・統治する知識人) ⇒ next(?) 歴史カテでもありますし、政変、変革でもよいのではないでしょうか?

>>よく分かりませんが、たとえば知識人って巨大コンピュータとは違いますよね
 知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず ~
>>官僚的有能さは多くを記憶能力に負っています
 これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ ~

>>その天才的ひらめきが政治の能力自体にどれほどの実質的な有効性を持つのかは疑問です
“ 実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である。
すべての者に、理解可能な既知事項を介入させるテストの実施が重要となる。
 これらのテストは、個人の進歩を考慮にいれるために七年毎に全民衆が受ける必要がある。というのは、ある種の心理的障壁が消滅して、その個性が自己開花し得た時にはじめて、現れ出ることのできる天才たちもいるからである。
 テストを重ねるごとに平均は変わりうるだろう。 ( ラエル )”

 実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である_ 5人/1000人中であり、50人/10000人中です。結構な数いるものではないでしょうか? 民主的かつ人道的かつ最善の政治、協議され実現されること期待できるのではないでしょうか?

補足日時:2011/07/23 21:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>哲人がなまみの人間である限り論理的にありえないことだと思います >
 “ 天才たちが人類全体の境遇を改善するために働くのに対し、政治家たちは自分自身が利権を得るために公約をする。どちらが統治に値するだろうか。
 世界が平均より知性の高い人びとによって統治されることを望むのは、愚かなことなのだろうか?
 私は、自分が平均より知性が高いかどうかは知らないが、自分より知性の確かに高い人々によって統治されることを望んでいることは知っている。
 今日、私たちを統治している者たちが、私たちより恵まれた環境に育ち、高等教育を受け、莫大な金と縁故を持っているということは皆知っている。
しかしそんなことは、かれらを私たちの指導者として承認するための、適切な基準とはいえないのだ!
 なぜなら、マイクロ・コンピューターと情報科学の時代にあっては、博学や知識の蓄積といったことは、もはや何の役にも立たないからだ。新時代の人間は多くを知る必要はないが、コンピューターによって随意に提供される、理解するために必要な情報を感じとり、分析し、総合し、そして即座に選択することができなければならない。コンピューターが人間の記憶を限界から解放してくれるのだから。
 また、新時代の人間は、科学とりわけ情報科学の発達によって、純粋さを、ほぼ本来の裸の姿を、いわば再発見するであろう。必要なときは、いたるところに設置した機械に貯えられた知識が、かれに役立つように提供されるので、自分の進路を選択するためには大きな原則を知るだけでよい。
 知性を純粋な状態に置こう!
 各政府が天才たちにしかるべき場所を与えていないのだから、天才たちはその場所を自分自身の手で、しかも世界的規模で手にいれるべきだ!
 でも、どのようにして?中立国に、仮の「天才政治に基づく世界政府」を樹立するのだ。それは自分たちの研究成果が、軍人や政治家の手に握られるのを拒否する科学者たちによって構成される政府である。   _ラエル著  ”

 ~ コンピューターが人間の記憶を限界から解放してくれるのだから。 ~  ?  コンピューターによる情報整理が進む・進化すると凄い&素晴らしい世界が待っているのかもしれません。  ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/30 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子ピアノ

いままで古い型の電子ピアノを使っていました。最近の電子ピアノは進歩しているらしいので、購入を考えています。おすすめの機種はありますか?本当は生ピアノが欲しいのが住宅事情で買えません。(引っ越す予定はありますが)また電気ピアノというものがあるらしいですが、それってどういうものなのでしょうか?電子ピアノの前身みたいなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

ヤマハのP-140は楽器店でもネット上のレビューでも評判が良いです。

楽器店で試弾してみてはいかがでしょうか。
http://www.yamaha.co.jp/product/epiano-keyboard/p-140/index.html

Q人間の進歩と宗教の進歩(キリスト教において)

人間が文化や科学の分野で革新的な開発をした時には、宗教が最も発達していたと聞いたのですが
詳しい方いらっしゃいましたら、具体的にどのような進歩がなされたが教えて頂けないでしょうか?


年代など、宗教的にもどのように発達していたのが、あわせて教えて頂けたら助かります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

文化や科学の分野で革新的なことが起きるときは、一つの分野だけにととまらず多くの分野にほろがええているものです。

この時、古い価値観に代わり新しい価値観が生まれるときです。新しい価値観で見直す、そのことが革新的なできる背景になるのです。当然、宗教感も変わってきます。

有名なのは、ルネサンスです。中世から近代への時代です。
科学でいうと天文学は、占星術から、コペルニクス・ガリレオ・ケプラー・ニュトーンなどにより、数式で表す自然科学となりました。
宗教界では、ルターの宗教改革、イエズス会の世界布教活動などです。
芸術も一変しています。

同時期(室町・戦国時代くらい)、日本でも似たようなことが起こっています。
それまで、仏教は貴族のものでしたが、このころから民衆にも広まりました。そのエネルギーはすさまじいもので、加賀一向一揆で大名を排除して農民の支配になりました。
いくさも、「やーやーわれこそは」から足軽が活躍する時代になりました。鉄砲を受け入れる下地はすでに整っていました。
土木技術も発達し、日本の農地は江戸時代中期に入るころには、室町時代初期の3倍になっています。
貴族や武士だけでなく、民衆も文化の担い手になりました。

発展の時代は、古い秩序が壊れ新しい秩序のに代わる時代です。そのため、争いや戦争の多い時代です。

20世紀もそういう時代です。二つの大戦がありますが、飛行機が発明されて百年も経たずに人類は月まで行きました。科学技術の発展は目覚ましいものです。
新宗教もたくさん生まれています。発達したとは思えないものもありますが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9

文化や科学の分野で革新的なことが起きるときは、一つの分野だけにととまらず多くの分野にほろがええているものです。

この時、古い価値観に代わり新しい価値観が生まれるときです。新しい価値観で見直す、そのことが革新的なできる背景になるのです。当然、宗教感も変わってきます。

有名なのは、ルネサンスです。中世から近代への時代です。
科学でいうと天文学は、占星術から、コペルニクス・ガリレオ・ケプラー・ニュトーンなどにより、数式で表す自然科学となりました。
宗教界では、ルターの宗教改革、イ...続きを読む

Q高齢者のピアノ練習について

70歳になる男性です。
3年前の4月からピアノを先生について習っています。
現在、バイエルを終了して、ブルグミュラーの6曲目です。
並行してポピュラー音楽も練習しています。
 1曲仕上げるのに最近では1か月かかります。
 それ以上かかる曲もあります。
 練習時間は平日では3時間。土・日は5時間ほど練習しております。
 好きなので苦にはなりませんが、仕上げてもしばらく弾かないと 
 すぐに忘れてしまいます。
 3年も経つのに進歩しているように感じません。
 高齢者にはピアノは無理なのでしょうか?
 最近、無理なことをやっているように感じてしまいます。
 ピアノの先生にアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

楽器の演奏は芸術では無くて職人芸です。
曲を幾ら練習しても上達しません。
職人と同じで、基本トレーニングを延々と行い、1つ1つをマスターしない限り上達しません。
どの楽器奏者も子供の時から基本トレーニングを積んでいます。

マスターするとは、大脳基底核と小脳に技の記憶を定着させる事を言います。
トレーニングしない限り定着しません。

技の記憶が定着した瞬間、今まで全然出来なかった事が、突然出来る様になります。
この実体験が無いから進歩しているように感じないのでしょうね。

進歩しなくても、趣味でやってるんでしたら、それで良いと思います。

Q"人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。"と最初に言ったのは誰?

「人類が歴史から学んだ唯一のことは、人類は歴史から何も学んでいないと言うことだ。」名言だと思います。これを最初に言ったのは誰ですか? うろ覚えですが、有名な歴史学者だったような気が・・・

Aベストアンサー

ドイツの哲学者:ヘーゲル
の言葉だと思います。

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www6.plala.or.jp/yhayashi/jmeigen03.htm

Qピアノでクラシックを弾くなら

子供の頃にピアノを習っていたのですが、あまり進歩せぬままやめてしまいました。いま15年ぶりにピアノをまたはじめました。譜読みがかなり苦手で、不器用ではないですがレベル的にも私は全然できる方ではありませんでした。
これからクラッシクをやりたいのですが、たくさんありすぎて迷っています。何か曲のアドバイスをいただきたいのです。
そこまで複雑、難しくなく、かっこいい曲、さまになる曲、なにがありますか?教えてください
(作者と曲名を教えてください)

Aベストアンサー

こんにちは。12/25の英語のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

1.どのレベルまで練習曲を進んだかにもよります。バイエル、ソナチネ、チェルニー、ソナタなど、どのレベルまで進んだかで、推薦する曲も異なってきます。ソナチネまで終了すれば、中レベルの曲は大丈夫だと思います。

2.クラッシクをされたいということですが、やはり自分のお好きな作曲家や、曲の楽譜を探してみる、というのが飽きずに練習できお薦めします。

3.作曲家と曲名がわかれば、大体のピアノ曲は楽器店で手に入ることができます。単品の楽譜だと割高になるので、お気に入りの楽曲シリーズか、お気に入りの作曲家の抜粋の楽譜を選ばれてもいいでしょう。

4.あるいは、弾き易くアレンジしたクラシック楽曲だけを集めた楽譜などもありますから、作曲家と同時に作品もいろいろ知ることができて、知識も広がるでしょう。

5.ただ、アレンジした楽譜は日本の音楽家などが、演奏し易いように手をいれたものが多いですから、オリジナル版ではありません。オリジナル曲にこだわるなら、作曲家シリーズのオリジナル版を手に入れられるといいでしょう。

6.なお、練習曲チェルニーを卒業されていれば、ショパンのエチュードOp.10とOp.12のシリーズは名曲が多いですよ。やや難しいですが、弾いている自分が演奏家になったような、カッコよさを感じ、ナルシスティックに浸れます。

7.ちなみに、「亡き王女のパバーヌ」はフルート曲だと思います。フルートもしますので、弾いた覚えがあります。ピアノ曲用にアレンジされたものもあるのかもしれませんね。ショパンがお好きなら、即興曲もかっこいい曲多いです。特に幻想即興曲など。

8.また、個人的にはバッハが好きで、バッハの曲は弾いているだけで、祈りを捧げているような安らぎを感じます。ややバロック系ですが、既に回答のあるインベンションや平均率など、比較的弾き易いシリーズもありますから、試されてみては如何でしょう。

高度なものを試されるのであれば、フーガシリーズもありますが、オルガン曲をピアノ用にアレンジしたもので、今ひとつ壮大感は出ませんが。

8.バッハの曲の中で、とてもシンプルで簡単なのに、自分も気持ちよく、相手も気持ちよくさせる作品は以下の2品があります。ご質問にある「さまになる曲」だと思います。
例:
アベ・マリア(グノー)
ゴールドベルグ協奏曲第1番

アベ・マリアはオリジナルはバッハで、元はチェンバロ用の楽曲ですが、グノーが歌曲にアレンジしたものが有名なので、「グノーのアベマリアの伴奏」として楽譜を手に入れられるといいでしょう。

この2曲とバッハの小フーガト短調は、簡単な曲ですが、ショパンの激しい曲を弾いた後などに、ふと悦に入って弾くことがあります。

音楽に日々接していると日常風景が変わります。楽しまれて下さい。

以上ご参考までに。

こんにちは。12/25の英語のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

1.どのレベルまで練習曲を進んだかにもよります。バイエル、ソナチネ、チェルニー、ソナタなど、どのレベルまで進んだかで、推薦する曲も異なってきます。ソナチネまで終了すれば、中レベルの曲は大丈夫だと思います。

2.クラッシクをされたいということですが、やはり自分のお好きな作曲家や、曲の楽譜を探してみる、というのが飽きずに練習できお薦めします。

3.作曲家と曲名がわかれば、大体のピアノ曲は楽器店で手に...続きを読む

Q社会や人間が進歩しているかどうか、どの様なことで判

私は、社会や人間が進歩していることを期待しています。しかし、社会などが次第に良い方向へ進んでいるのかどうか、いつも疑惑があります。
ところで、この社会などが進歩しいるかどうかについて、客観的に納得できるものがありますか?
例えば、私は人間の寿命が進歩の指標として使えるのかな、と思っています。寿命が延びれば、良い方向へ進んでいる、と思います。(ただし、人生は苦だから、退行している、と思っている方もいらっしるはずだ、とは思いますし、また単に生かされている人がいる事も知っています)

縄文時代の人々は平均寿命が15歳とか(余談ですが、当時は幼児の死亡率が高かったためだそうです)。江戸時代は40歳代とか。現代は、80歳位です。したがって、社会や人間は一応進歩している、と推測し安心しております。
皆様は、社会などが進歩しているかどうか、どのような様な客観的な事項から、判定していますか?

Aベストアンサー

移動時間の短縮。
意思伝達にかかるスピード。
物を手に入れる手段の簡素化。
過去には不可能であったことが可能になった現象。

以上を基準にして私の場合判定しています。

Q中3です。 私は3歳からずっとピアノを習っています そして、小4からずっと吹奏楽で、小学校ではトラン

中3です。
私は3歳からずっとピアノを習っています
そして、小4からずっと吹奏楽で、小学校ではトランペット、中学ではオーボエをやっていて、高校でもオーボエをやりたいと思っています
私は、昔からずっと演奏家の道に進みたいと思っていました
でもどうしても技術力がついていかないのです
絶対音感はもっており、先生に音楽的な感性はあると言われたのですが、技術力がないと演奏家は厳しいですよね
コンクールでもあまりいい結果が出たことがありません
それに今は受験生なので全然練習時間がとれず、全くピアノに触らない日も結構あります
今日久々に弾いたらものすごく衰えていて驚きました
高校から復活して頑張ったらどうにかなるでしょうか
でも私の今までの進歩の遅さを思い出すと自信がありません
ピアノの競争率はものすごいのでそんなに甘くないでしょうか…
自慢ではありませんが、私は成績は良いです
なので、音楽は趣味程度にして勉学に励み、将来はしっかりした会社に就くべきなのでしょうか
その方が確実な気もします
しかしそうするとせっかく長年ピアノを習ってきて他の楽器にも触れる機会があったのにもったいない気がします
正解がわかりません
どうすればよいのでしょうか

中3です。
私は3歳からずっとピアノを習っています
そして、小4からずっと吹奏楽で、小学校ではトランペット、中学ではオーボエをやっていて、高校でもオーボエをやりたいと思っています
私は、昔からずっと演奏家の道に進みたいと思っていました
でもどうしても技術力がついていかないのです
絶対音感はもっており、先生に音楽的な感性はあると言われたのですが、技術力がないと演奏家は厳しいですよね
コンクールでもあまりいい結果が出たことがありません
それに今は受験生なので全然練習時間がとれず、全くピ...続きを読む

Aベストアンサー

本当に音楽が好きなのですね。
でも現実として、優れた感性を持ち、技術もあったとしても演奏家を職業として食べていける人は殆ど居ませんよね?
将来は音大にというのが本当の気持ちなのでしょうか?
あなたが、音楽教諭や、音楽関係の会社でサラリーマンとして働ければそれでいいのなら音大もいいでしょう。
しかし、音大は卒業後、就職できなくても困らない人が行くところです。特に演奏家志望の場合。
海外に留学させてもらえるだけの資金をご両親が用意できるかも重要です。
国内の活動だけで演奏家と認められるだけの実力はつきません。
そこまでやっても演奏家になれる人は殆どいないのです。

割り切った何人かの友人は音楽教諭になったりもするでしょう。
それがリスクの少ない生き方です。

成績が良いのなら、将来、有名大学に入学し、就活も頑張って大手企業に就職し、そこで働くデキる彼氏を見つけられます、結婚もできるかもしれません。

一方音楽の道に進み演奏家になりそびれたときのリスクは計りきれません。
そのリスクをよく考えた上で今音楽の道に進まないと将来後悔すると言うのなら音楽を優先すればいいですが、音大卒業後、演奏家になるため努力を続けたが、成功しなかった。夢を諦めて就職しようとするけれど、当然有名大学に進学し就活すれば入れたかもしれない大手企業には就職できないわけです。
この時点で超優良物件のデキる男と縁ほぼなくなりました。高収入で、質問者さまがパートで働きながらピアノも弾ける生活を保障する男のことです。

書いていて自分でも打算的で最低だと思います(笑)でも大きく間違っていないと思います。

僕の友人は音大に行きました。
彼は未だフリーターで、同じような仲間と永遠に届かない夢を追いかけています。
もう演奏家になれるとは思っていないようですが、音楽を続けることが最優先だそうです。
いまさらどうしようもないなら続けていくしかないという割り切りもあるようです。

ですが、彼はいつか決定的な身分の差の前に若かりし頃の自分を呪わずにいられるでしょうか。
同級生が結婚しマイホームを持ち、そこそこいい車に乗り、特別贅沢な事以外は何不自由なく暮らせているのを横目に、車のローンすら組めない、将来の貯蓄も少なく、正社員として採用すらされない現実を前に絶望しないとは、僕には思えません。

普通に就職したあとボランティアとして老人ホームや、地域の文化祭でピアノを披露し喜ばれるのも一つの形ではないでしょうか。
音楽の先生で妥協するのも悪くないと思います。

努力では賄いきれない才能の差を理解されているのなら、現実を受け入れるのがオトナになるということだし、人生を棒に振らずに済みます。

音楽があなたにこれだけの思いを与えてくれたという事実だけで十分幸せだし、あなたの為になっていると思いますよ。
その純粋な思いを、リスクの少ない方向に向けられたら、打算的で夢とはかけ離れているかもしれませんが、人並みを下回る人生はあなたには訪れないでしょう。

本当に音楽が好きなのですね。
でも現実として、優れた感性を持ち、技術もあったとしても演奏家を職業として食べていける人は殆ど居ませんよね?
将来は音大にというのが本当の気持ちなのでしょうか?
あなたが、音楽教諭や、音楽関係の会社でサラリーマンとして働ければそれでいいのなら音大もいいでしょう。
しかし、音大は卒業後、就職できなくても困らない人が行くところです。特に演奏家志望の場合。
海外に留学させてもらえるだけの資金をご両親が用意できるかも重要です。
国内の活動だけで演奏家と認めら...続きを読む

Aベストアンサー

現在ではそれを守っているのは原理主義者だけです。
大多数の穏健派イスラム教徒は、写真も掲載するし、
絵なども描きます。また飲酒する人も多いです。
何しろ世界でイスラム教徒は15億人もいますからね。
教義に厳格な人というのは実際はそれほど多くありません。
ステレオタイプなイメージに過ぎません。
一般的な現代的解釈としては
厳密に書いてダメなのは偶像崇拝禁止のためなので
神/預言者として崇拝目的の掲載、
あるいはアラーやマホメット自体を描くということで
なければ可というわけです。
タリバンのような原理主義者だけが、頑なにあらゆる
絵や写真を排他しています。
しかしそれはイスラム社会のなかでも非常に少数派です。

Q中高年のピアノ練習

40代、趣味でピアノを弾いています。
子供の頃習っていて、チェルニー40番の10曲めで教室を辞め、ブランクのあと、9年前に再開しました。今は好きな曲をマイペースで弾いています。辞めた時点でのレベルの曲は何とか自分で楽しめる程度には演奏可能ですが、何年経ってもそれ以上の進歩がありません。ショパン(ワルツ以外)などはまるで歯が立ちません。

レベルアップをするのにはどうしたらよいでしょうか?
先生につくのが一番ではありますが、経済的事情があり、しばらく独学でやってみたいと思います。テクニックの教本、練習方法を教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

ハノンを基本に、ツェルニーの40番→50番、バッハの二声インベンション→三声シンフォニア→平均律クラヴィア、クラーマー・ビューロー60の練習曲の後半、モーツァルトソナタアルバム、ベートーヴェンソナタアルバムあたりを(好きなものでいいですから)中心に練習を進めていき、近い将来にショパンの幻想即興曲、ショパンノクターン、フォーレピアノ小品集あたりを目標にやってみましょう。

すでにご存じのこととは思いますが、練習の時は手や鍵盤を見ず、必ず楽譜を見ながら弾くようにしましょう。大人の練習生の方は暗譜が早く、頭で音は覚えたままで手指ばかりに神経を集中させがちですが、却って曲の進みは遅くなってしまいます。音符は覚えてしまったとしても、必ず楽譜を見ながら弾くクセをつけましょう。

あと、体力的には下り坂さしかかっていますから、ハノンなどで毎日手指の筋力を落とさないようにして下さい。

Q世界史Aのテスト対策のプリントで Q︰“ルネサンス”とは“再生”という意味があるが、その理由を述べな

世界史Aのテスト対策のプリントで
Q︰“ルネサンス”とは“再生”という意味があるが、その理由を述べなさい。
というのがよく分かりません。
分かる方いたら教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

古代ギリシア・ローマの文化が、中世のヨーロッパではキリスト教支配の中で文化的な活力が失われてしまい、
発展させることができなくなっていた。

当時、勢力を伸ばしていたアラブ圏ではギリシア・ローマの文化が保存されて発展していった。
14世紀のイタリアで古代ギリシア・ローマの文化を復興しようという運動?が起こり、
アラブ圏に残っていた遺産が逆輸入されるようになってきた。
また東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の滅亡により亡命したギリシア人がヨーロッパに古代ギリシア・ローマの文化的知識をもたらした。

文化的な行き詰まりを古代ギリシア・ローマに範をとって復興させたことから、この時代の文化的な運動を、
ルネサンス(文芸復興)と呼ぶようになった。ルネサンスには(古代ギリシア・ローマ文化の)再生という意味がある。

教科書的に考えるとこんな感じだと思います。
もっと詳しく考えると、先駆けの運動がより早くにみられたり、影響の及ぼし方や範囲が大きくなったり小さくなったりすると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報