新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

20年以上前に店舗を居抜きで借りました。
当時は今と違い、相場的にも本来の保証金が1000万以上する時代でしたが
居抜きで借りることにより150万で借りる事が出来ました。
今回出ていく事になり、その時の保証金に対して色々問題が出てきました。

まず不動産屋を介さないで直接の契約だったこと。
当時の両者の契約としては、格安の保証金にした事で
出る時は私の全額負担で本来のスケルトンにして150万の保証金を返してもらうか
全てを手つかずのまま出て行くかわりに150万は家主側のものとして現状復帰費用に充てる。

と言う話のようで。
と言うのもその時の契約は、口約束で契約書を交わしてませんでした。
これが問題で
私としての認識は、備品等全て空にして引き渡せば保証金150万は返してもらえると思っています。
それもあてにしての移転なのですが、、、

家主側の主張は
全くのスケルトンにすれば150万は返すが、そのまま出て行くのであれば
150万は返す事は出来ないというもので
全く食い違ってしまいました。

契約書も無く、不動産屋も介してないこのような場合、
民事訴訟を起こせば保証金150万を返してもらう事が出来るのでしょうか?

もしくは何か良い歩み寄りはあるのでしょうか?

契約書は150万預けただけの記載で
退出の際の条件など一切書いて無いものしかありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 1番です。



 おめでとうございます。そちらの大家さんは、自分が重大なミスをしたということもありますが、かなり甘い
(^_^;\(^O^ )ペチッ!
大家さんでよかったですね。

 税金の恐ろしさを知っていて、課税を巧みに回避しようとしているようにも見えます。立派です。


> この話だと工事屋さんには私が支払う
> 事ですので工事完了して大家さんがOK
> して150万保証金まるまる返してもらっ
> てそこから50万をこちらの工事業者に
> 支払う、と言う流れで良いんですよね?

 お書きのことを読んだかぎりでは、そのようですね。

 ただ、「こんなものを言っていたんじゃない」という、新たな争いの種にもなりかねないので、くれぐれも慎重に打ち合わせて施工してください。大家側の見積もりの半額でできる、というのはかなり不安です。

 大家の立場で言わせてもらうと、「こんなものに交換してもらって帰って迷惑だ。処分費を出せ」と言いたくなるような原状回復をされて困ったことが何度かあります。

 今では条件反射的に、退去者が「自分で業者を見つけて修理させます」と言うと寒気がします。で、立ち会って、品物選別から監督します。それも、時間がかかるので迷惑な話なのですが、しかたない。

 くれぐれもそんなことにならないように、どうぞ。

この回答への補足

その節はありがとうございました。お陰様で納得いく形で終了しました。
結局150万のうち100万私が返してもらい、後は大家さんが修復工事は自分の業者にやらせる事になりました。

お互いこんなご時世なので、私はかなり良かったと思います。

補足日時:2011/09/04 14:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
その点が最後の山かもしれません。
でもうちの業者が言うには、内装を仕上げるわけではないので
下地処理までで色々注文言われてもそれほど金額がかかる事はないと言う事なので、ちょっと安心はしています。

まあ最後に大家が「うん」と言うまでは何とも不安ですが、、、

色々アドバイスありがとうございました。
上手くいきましたら補足からでもご連絡します。
(泣きの連絡だったりして)

お礼日時:2011/08/07 09:59

 1番目の者です。

乗りかかった船ですので

> その妥協案で双方が合意した時に、今度
> はどんな書面を交わせば良いのでしょうか?

 そうですねぇ・・・ 、条文的に

 甲(賃貸人)と乙(賃借人)は、△△の賃貸借に関する権利・義務の精算について、以下の通り合意した。
1、 乙は、甲に預け入れていた保証金金150万円のうち、金○○万円を本日甲より受領した(または 受領する)。
2、 乙は、甲に対する保証金の残金金××万円の返還請求権を放棄する。
3、 甲は、乙に対する原状回復請求権その他、本賃貸借に関する一切の請求権を放棄する。

 くらいでいかがでしょうか。私が文章を書くと、なんでも長くなります。適当に縮めてください。
(^^;

 あと、賃貸業者として賃借人さんにぜひ知っておいてもらいたいのですが、質問者さんが自費でスケルトンにすると大家の収入はないので、当然ですが税金は変わりません。

 ところが、上記のような合意をすると、いったん××万円が大家の収入になります。大家が取り壊しに使った費用が全額経費になりますと、差し引きゼロになる(税金は変わらない)のですが、経費として認めてもらえない場合もあります。あるんです。

 すると、税金が増えるのです。税務署が喜び、大家が泣くことになるかもしれません(税金が上がっていることに気がつかない大家さんかもしれませんけど)。

 ちなみに、現状復帰費用とか現状回復とかの「げんじょう」が、「現状」だと、いまの状態を指すことになり、復帰は必要ないことになっちゃいます。「原状」が正しいので、契約書を考える前にパソコンに覚えさせておいたほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々ありがとうございます。

本日大家から打診がありました。
全くのスケルトンが本来の希望だが、百歩譲って各部屋の間仕切りや造作物を全て撤去してワンフロアー化にして内装材(クロスや床)を仕上げられる下地までに補修してくれれば
保証金を全て返すと言う話でした。
その際、大家の業者の見積は、スケルトンでは保証金の150万をはるかに超え、ワンフロアー化で100万かかる内容でした。

事前に今取引してる工事業者に私が聞いておいた所
スケルトンで100万もせず、ワンフロアー化で5,60万で出来るらしいのです。

色々憂鬱になっていましたが、希望の光が見えてきたような気がしました。

ワンフロアー化で50万で出来れば差引100万浮くわけですから、、、

今は何とかこの線で行くように考えています。

そこで最後の質問となるかと思いますが
この話だと工事屋さんには私が支払う事ですので
工事完了して大家さんがOKして150万保証金まるまる返してもらって
そこから50万をこちらの工事業者に支払う、と言う流れで良いんですよね?

また「原状」とは知りませんでした!
ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/06 16:54

法律的な回答ではありませんが質問者さんの「認識」が間違っているように感じます。



20年前の口約束が記載の内容でお互いに納得しているのであれば…

>出る時は私の全額負担で本来のスケルトンにして150万の保証金を返してもらうか
>全てを手つかずのまま出て行くかわりに150万は家主側のものとして現状復帰費用に充てる。

質問者さんの全額負担でスケルトン(すべてを撤去し借りる前の状態)にした場合補償金を返す約束ですよね?


それなのに…


>備品等全て空にして引き渡せば保証金150万は返してもらえると思っています。

備品だけの撤去であれば…スケルトン(すべてを撤去し借りる前の状態)にはなっていないのでは?

備品だけの撤去であれば、そのまま退去する事になると思いますので大家さんの言い分は正しいと私は感じます。


もし質問者さんが記載の内容で納得しているのであれば、貴方の認識が間違っていると感じます。


ちなみに私も以前に店舗を借りており、退去の条件は借りる前の状態に戻す事!でした。
それなりの改装費用を掛けたので無駄なお金を使いたくなかったので、1ヶ月以内に私自身で次の借主を探す条件でそのままの状態で契約を解除しました。もちろん、次の借主の目途があったから出来た事ですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、説明がうまく出来てなかったようで、、、

「まず不動産屋を介さないで直接の契約だったこと。
当時の両者の契約としては、格安の保証金にした事で
出る時は私の全額負担で本来のスケルトンにして150万の保証金を返してもらうか
全てを手つかずのまま出て行くかわりに150万は家主側のものとして現状復帰費用に充てる。」

と書いたのは大家側の言い分で
私もそう話したと思っているのに、契約書が無いのだから法的に何もせずに出て行って保証金を返してもらえるだろうと言ってるのではありません。

私の思っていた事は、「居抜きで借りたのでその借りた時の状態で返せば保証金は戻る」
と言う事だったんです。

ですから、その保証金もあてにして色々段取りをしていたわけです。

そして返ってくるのが当たり前の顔をして話をしたら、大家は顔色変えてとんでもないと言う事になったのです。

次の借主を見つければ当然問題ないと言う事も言われましたが
それは100%見込めないと言うかあり得ません。

という経緯なのです。

お礼日時:2011/08/05 15:09

 1番、お礼文を拝見しての補足です。



> 訴訟を起こしてもし出てきたらと思うと、、、

 そうですねぇ・・・ 。

まあ質問者さんが勝てると思うのですが、「スケルトンだったものはスケルトンに戻してもらわないと」と考えるのは大家側の人間としてはふつうのことですので、そこに年数相応に古ぼけた業務日誌のようなものが出てきて、「退去時のスケルトン化について説明し、同意を得た」というような事が書いてあると、どっちにころぶかな、という気もします。

 質問者さんには不快に思われるかもしれませんが、くどいほど説明していても、都合が悪くなると聞いていないと言い張る人は、滞納や破損などのトラブルを起こした人の中では少なくないんですよ。裁判所もそれくらいは知っているはずなので。


> 実際訴訟を起こして勝ったとしても、現金が入って来るのは何ヶ月も先ですよね?

 再三このサイトで書いているのですが、私は今、交通事故被害者(私の過失はゼロと相手も警察も認めている)として賠償の裁判をやっていますが、口頭弁論は2ヶ月に1度くらいです。

 控訴までやるとしたら、賠償をもらえるのは、何ヶ月ではなくて、「何年も先」でしょう。幸い、私はサラリーマンではないので生きていられますが、サラリーマンやアルバイターなら大変でしょうね。


> 早めに100万は欲しいのですが、もし
> 大家側から半分とかの妥協案が出た
> ら乗った方が利巧でしょうか?

 私の立場が立場なのですが、内装を残していかれると大家がたいがい損をするというのは事実なので(それでも150万円は取りすぎという感じですが、よほど大きな店舗?)多少妥協されたほうがいいかなと思うのですけどねぇ。

 まあ、交渉事の常道として、お書きの通り妥協案を出すのは足下を見られる原因ですね。

 ただ、上記交通事故の例を出せば、加害者の代わりに来た「JA共済」の担当者が、自分たちは判決で動いているので話し合いはしない。判決に基づいて作ってきた示談書を呑むか、呑まないなら貴男が裁判をやって有利な判決を得るしかない、こちらはそれ以外どうしようもない1円も払わない、と明言し、その態度で終始したのです。

 そうなるとどうしようもありませんね。裁判になって向こうに弁護士が付いたのですが、話し合って和解するという余地はありません。いまさら「あれはウソでした、話し合いましょう」とは言えないでしょうから。

 当面は「こちらが勝つんですよ」と強気でいくにしても、やはり、和解の余地はあるよと態度なり言い回しで伝えておくことは必要なんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
再度ありがとうございます。

そうですか、、、
やはり民事訴訟は時間がかかるんですね。
150万が入るか入らないかだったら、どんなに時間がかかろうが裁判やるしかないですが
すぐに半分でも入るのなら、1年以上争うよりは良いと思います。

物件は30坪弱です。
ネットで解体費などを検索すると、坪単価3万前後からのようなので
この場所(言えませんが)と階段の2階とかを考えると、やはり150万以上はかかるような気がします。

それも踏まえ、いただいた助言を考えるとやはり100万は無理として、半分の70から80万位の打診があったら歩み寄るのが利巧のようですね。

また一つお聞きしたいのですが、
その妥協案で双方が合意した時に、今度はどんな書面を交わせば良いのでしょうか?
今度は逆に「保証金の半金をもって退出の際の現状復帰代として今後一切請求しない」とかの一筆をもらっておけば大丈夫ですか?

お礼日時:2011/08/05 08:45

不動産賃貸業を営んでおります。



 うちの店舗物件にも、スケルトン化することが保証金の残り(大半は分割払いで返還済み)の返還の条件になっているものがあります。

 スケルトン店舗に借主が造作する場合、カウンターやガス・水道配管、コンセントなどの配置などなど、後のことを考えずに作ってしまうので、他の人には使い勝手が悪いことが多くて家賃を叩かれたり、

 さらに、残すと老朽化による不具合の苦情が大家に来るし、なおそうとすると図面がなかったり、工事業者が不明だったりするので、残されるのは迷惑な場合が多いのです。

 で、スケルトンに戻せ、という話になるのですが、質問を読んで、この人はうちのテナントかな、とドキリとしたりして
(^_^;\(^O^ )ペチッ!  意外とそうだったり?


 というわけでおそらく、その大家さんが言っていることは正しいのだと思います。たぶん「・・・ という約束をした」というのは本当だと思いますが、記憶しているだけ、言っているだけで、それを文書に書かなかったのは大家さんの大失敗ですねぇ。

 借りたものは返す、というのは法律以前(法律などというものを作る前から)の原則だと思います。

 質問者さんが大家に150万円預けた、貸した、ということは契約書によって確かなのですから「返してくれ」と言えばいいだけのことです。

 返さなくてもいいのだ、という主張と立証は大家の側にありますから、訴訟になった場合、たんなる記憶であれば、大家さんの主張は通らないだろうと思います。

 ただ、引き継ぎ・居抜きの契約ということですので、前の契約を引き継ぐとかの覚え書きとか、説明書(当時からあったかどうか知りませんが、引き継ぐ事を説明したという重要事項説明書とか)が残っている可能性もあります。

 居抜きだから前の借主の義務を新賃借人に引き継いでもらう、その代わり150万円にまける、というような説明書に何気なくハンコを押していたりすると、アウトかも。捜すとけっこう出てきたりします。

 預けた、という契約書以外一切なにもないという仮定の上で言えば、勝てるでしょう。そのあたりを言って交渉されたらどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

99%たぶんその覚え書きとか説明書とかは無いと思うんです。
絶対とは言い切れないところが不安要素です。
訴訟を起こしてもし出てきたらと思うと、、、

実際訴訟を起こして勝ったとしても、現金が入って来るのは何ヶ月も先ですよね?
早めに100万は欲しいのですが、もし大家側から半分とかの妥協案が出たら乗った方が利巧でしょうか?
こちらから妥協案を出すと足元見られそうなので、先方の出方を見てからの方が良いですよね?

お礼日時:2011/08/05 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務所賃貸時に納金した保証金はどのくらい帰ってくる?

事務所等のオフィスを賃貸した時に入れた保証金(6ヶ月)というのは、約1年しか事務所を使わなかった場合、どのくらい戻ってくるものなんでしょうか?

事務所の使い方次第だとは思いますが、一般的な戻り率を教えてもらえると大変嬉しく思います。

Aベストアンサー

No.2です。 これから一年間だけ借りるということですね。
通常、オフィスの場合は2年・3年・5年契約が一般的です。
一番多いのが2年契約になります。
2年契約の場合、
1.「償却」があるかどうかをしっかり確認してください。
これは、退去時に保証金から規定の金額(契約時に決めます)を無条件で徴収するということです。 仮に契約一ヵ月後に退去しても取られます。 
2.中途解約の申し出を、確実に「退去予定日」を遡って期間内に行う事。 実は、中途解約の場合、これが大きな出費となっていることが多いのです。 中途解約の申し出は3~6ヶ月前に行う事が一般的ですが、あなたの場合は1年、と決まっているようなので契約時に「特約」を結び、事前に通知しておけばよいでしょう。
3.造作の変更:特に行う予定はなさそうですから、これは省略。

特に、その他の「特約条項」がなければ、退去時に戻るのは1.のケースを除き、原状回復費(クロス張替・床のタイルカーペット(あれば)張替位が大きな出費でしょう)以外、戻ってくるはずです。

当然、滞納賃料等は差し引かれます。

No.2です。 これから一年間だけ借りるということですね。
通常、オフィスの場合は2年・3年・5年契約が一般的です。
一番多いのが2年契約になります。
2年契約の場合、
1.「償却」があるかどうかをしっかり確認してください。
これは、退去時に保証金から規定の金額(契約時に決めます)を無条件で徴収するということです。 仮に契約一ヵ月後に退去しても取られます。 
2.中途解約の申し出を、確実に「退去予定日」を遡って期間内に行う事。 実は、中途解約の場合、これが大きな出費となっていること...続きを読む

Q賃貸契約の保証金返還について

こんにちは、賃貸アパートを経営しています。
賃貸契約の保証金の事で教えて下さい。

突然、司法書士の方から電話がかかってきて保証金を返還してほしいとの事でした。
返還を要求されている方は1年以上前(約13ヶ月前)に退去された方です。
もちろん、それまでは1度も要求さてたことはありませんし、退去される時も部屋の立会いに伺いましたがそんなことは一言もおっしゃていませんでしたのでいまさらという感がして困惑しています。

また、入居のときに『修復費負担承認書』に保障金額は返還しないむねを書いてもらい署名、捺印をもらっています。

それと、退去時の立会いのときに気ずかなかったことですが、次の入居者の方からお風呂のドアが割れていて水が外に出てくるというので
業者に依頼し修理しました。もちろん私どもで修理代金は負担しています。
これは、保証金を返還していないので何とかなりました。

以上、保証金を返還しなくてはいけないのでしょうか?

よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

入居の際に交わしたと言う、{『修復費負担承認書』に保障金額は返還しないむね}の”特約”がいかなる性質のものかが問題ですね。

fuku478さんは、「敷金」と「保証金」を別個に設定しておられたのでしょうか?

(1)問題の保証金が、敷金とは区別されたものとして設定されていた場合でしたら、「礼金」と同じ性質とみなすことも可能でしょう。

それでしたら、特約は有効と解せますので、返還に応じる必要はないかと思います。(文面から察しますと、恐らく違うでしょうね^^:)


(2)敷金は受け取っておらず、保証金のみの賃貸借契約でしたら、保証金自体が敷金の役割を果たすことになります。
そうしますと、上記のような特約は、敷金の事前放棄特約(正式には、全部敷引特約?)と解すことになります。

敷金(明渡時に具体的返還金額が確定)は、賃貸人の財産ではなく、あくあまで賃借人の財産を、「fuku478さんが預かってたもの」にすぎませんので、そのような放棄契約が公序良俗に違反するのは明らかでしょう。
no1さんが挙げられた、消費者契約法に触れることになります。

従って、この特約は無効なものですから、預かった保証金の返還義務に応じる必要があります。

敷金返還請求権は10年間(商人間なら5年間)行使が可能です。

>「返還を要求されている方は1年以上前(約13ヶ月前)に退去された方です。もちろん、それまでは1度も要求さてたことはありませんし、退去される時も部屋の立会いに伺いましたがそんなことは一言もおっしゃていませんでしたのでいまさらという感がして困惑しています。」

相手の方は正当な権利行使ですので、訴訟に持ち込まれる前に返還してしまうことを、強くお勧めします。

入居の際に交わしたと言う、{『修復費負担承認書』に保障金額は返還しないむね}の”特約”がいかなる性質のものかが問題ですね。

fuku478さんは、「敷金」と「保証金」を別個に設定しておられたのでしょうか?

(1)問題の保証金が、敷金とは区別されたものとして設定されていた場合でしたら、「礼金」と同じ性質とみなすことも可能でしょう。

それでしたら、特約は有効と解せますので、返還に応じる必要はないかと思います。(文面から察しますと、恐らく違うでしょうね^^:)


(2)敷金は受け取って...続きを読む

Q貸店舗の家賃と保証金がどんどんUP

こんにちは。

貸店舗を探しているものです。
不動産で紹介いただいたときは
家賃115500円、共益費なし、保証金10ヶ月、居抜き料相談でした。

店舗を見に行くと
家賃131500円、共益費5000円、保証金10ヶ月、居抜き料として68万円の
リース残金の肩代わりでした。

申し込みしたいと伝えると
保証金が10ヶ月約131万から200万にあがりました。

他の方からも問い合わせがあったからだそうですが、
貸店舗で問い合わせや申し込みが複数の場合は
このように値段があがるのは普通なのでしょうか?

もし、契約をしても
更新時に家賃があがりそうで、不安です。

ご回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

他の方も仰っていますが、契約は見送った方が得策ですね。
まぁ家賃が2万円ほど上がるのは、良くあることですが、当初の費用を考えてみましょう。
居抜き料が相談→68万
共益費0円→5千円
保証金に至っては115万→131万→200万です。
こんな馬鹿げた料金提示をするような不動産業者は信頼できないでしょう。

リースの残金と言う言葉も怪しいモノです。
リース残債を残して家賃も滞納して夜逃げ同然で、前の借り主が逃げたりすれば別でしょうが、退去時にはリース残金は全て精算するのが一般的ですし、仮に残っていても次の借り主が支払う筋合いのモノではありません。

単純に考えても当初の料金よりも170万円も負担費用が増える提示をするような業者が仲介しているとなると、なんらかのトラブルに巻き込まれるハメになりますよ。

例えば、仲介業者が倒産や保証金を持って逃げたりすると、新たに契約を結ぶことになり、保証金を要求される場合もあります。
一度、同じ物件を取り扱っている不動産業者が無いかネットで調べてみると良いでしょう。余程のレアな物件で無ければ、多くの不動産業者が仲介しているはずなので、真っ当な家賃や保証金なのかを調べることが可能です。


また、本当にその物件で営業すべきかどうかを時間帯や曜日を変えて、人通りなどを自分の目で確認してみてください。冷静に判断できると思います。
どんな業種の店舗かは判りませんが、余程の一等地でなければ、同程度の立地条件の物件は、今のご時世なら沢山有りますよ。

他の方も仰っていますが、契約は見送った方が得策ですね。
まぁ家賃が2万円ほど上がるのは、良くあることですが、当初の費用を考えてみましょう。
居抜き料が相談→68万
共益費0円→5千円
保証金に至っては115万→131万→200万です。
こんな馬鹿げた料金提示をするような不動産業者は信頼できないでしょう。

リースの残金と言う言葉も怪しいモノです。
リース残債を残して家賃も滞納して夜逃げ同然で、前の借り主が逃げたりすれば別でしょうが、退去時にはリース残金は全て精算するのが一般的ですし、...続きを読む

Q国民金融公庫の返済ができない

中小企業経営者です
2年ほど前に公庫から運転資金として1000万円を借りたのですが急速な景気の悪化で来月以降の返済(月額20万)のめどがたたなくなりました。引き落とし口座が資金ショートで事故扱いとなった場合、公庫側はどのような対処にでてくるのでしょうか。現状のままでは仕事内容が上向く要素はなにもなく途方に暮れる毎日です。なにか良い方法があれば教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

私も経営者です。
お気持ち、お察しします。(本当に、世界的大不況の影響は計り知れないです・・・)

まず、現状のキャッシュフローを説明しに行ってください。
その上で、返済計画を見直す方向で話し合いの場を持ってください。
※言いにくくても、話し合いによって打開策が見える場合もあるので(“だんまり”は、絶対にだめですよ!)

ちなみに、一度目の引き落とし不能(残高不足など)程度では
   「引き落としができなかったのですが、本日、お振り込みは可能ですか?」
といった、やわらかい物言いで様子を確認しにくる程度でしょう。
※もちろん、『自己扱い(滞納)』とはなってしまいます

ただ、事前に相談があるのとないのとでは、その後の手続きに違いが出てきます。

基本的に、公的機関は回収が緩いと聞きますが、ゆるい理由は至極簡単、我々の税金を投入しているだけだからですね。
さらに、彼らは債権回収機構(いわゆる回収専門業)に債権譲渡するだけです。
よって、督促など、うるさく言ってくるのは、およそ専門業者になります。

これが、事前に相談をよくし、方策をともに考える方向であれば、自己扱いはまぬかれませんが、厳しい取り立ては防げるでしょう。

もし、御社の業態が小売業、製造業であれば、ネット販売のビジネスモデルを描く等、打開策の提示により、運転資金再投入(といっても、返済分の80(いや、60?)%くらいでしょうが)の可能性も見えてきます。
(SPAなんてやれば、なかなかおもしろいですし)

サービス業(私はこれです)、卸、商社であれば、消費が冷え込んでいる分、かなり苦戦を強いられます。
(実際、いま、かなり大変です・・・)

とにかく、ご飯をしっかり食べて、日中は、まさに読んで字の如く“必至!”に駆け回り、夜はしっかりと休養されることです。
※考えても、個人の力でどうこうできる経済状態ではありませんから

また、考えたくはないですが、個人連帯保証をされていないのであれば、すっぱりと“清算手続きに入る”というのもありです。
(私は個人連帯保証しているので、最後まであがくつもりです)

個人含め、再生法などの法的保護制度(・・・と、言えるのかどうかわかりませんが)もありますので、月並みですが、ぎりぎりの、本当に最後まで、誠実に、がんばりましょう!
苦しい時は、みんなおなじに苦しいんです!!

まちがっても、変な金融業者に借入してまで返済してはいけませんよ?
家族や友人まで巻き込んで、まさに人生終了しますから。。。
※私の場合、それくらいなら、いさぎよく清算します!

とにかく、先行きが暗いのであれば、なおさら相談に行ってください!
(私も、来月には銀行(メインバンク)へ相談に行く予定です --;))
いきなり「根こそぎ持っていかれる」ことは“絶対に”ありません!!(映画やドラマのヤクザじゃあるまいし)
最低水準生活は‘法的に’守られるのが日本なのですから。

自暴自棄にならないよう、心を強く持って、不況に打ち勝ちましょう!!
※少なくとも、人生は投げないでいきましょう!

経営者って、つらいですよね。。。(スタッフの家族も守っているのですから・・・)

私も経営者です。
お気持ち、お察しします。(本当に、世界的大不況の影響は計り知れないです・・・)

まず、現状のキャッシュフローを説明しに行ってください。
その上で、返済計画を見直す方向で話し合いの場を持ってください。
※言いにくくても、話し合いによって打開策が見える場合もあるので(“だんまり”は、絶対にだめですよ!)

ちなみに、一度目の引き落とし不能(残高不足など)程度では
   「引き落としができなかったのですが、本日、お振り込みは可能ですか?」
といった、やわらかい物...続きを読む

Qテナントの原状復帰にからむトラブルで困っています。

テナントの原状復帰にからむトラブルで困っています。

20年ほど前にテナントとして軽食喫茶を開業したのですが、
約半年前に自宅を新築するのに合わせて店舗兼住宅としてそちらへ移転することにしました。
大家さんは決して良い顔はしなかったものの(そんなものでしょうが^^;)、
その時は特に何も言われず、無事移転と開店にこぎつけることができました。
ところが移転から2か月ほどして突然直接の連絡があり、
「テナント物件の原状復帰に200万円必要だからすぐに支払いなさい」
と言われました。
そういうことがあるというのは聞いていましたが
たびたびきれいに壁床の張替えなどして厨房もきれいに使っていたせいか何も言われなかったため
「居抜き」のあてでもあるのだろうと思い、そのままでした。
時期を置いての後付での要求であったため、まっすぐには呑み込めず
互いにさまざまな言い分がありましたが、特に先方の言う200万円というのがどう考えても不当な額に思えましたので(厨房含め10坪ほどのお店です)、
「原状復帰はします。ただし工事はこちらで業者にお願いしてします」という返事をしたのですが
大家さんは「それではつまらない。とにかく200万出しなさい」との一点張りで譲らず、
そのまま4か月ほどが過ぎていました。

ところが最近になって知り合いの知り合いが「居抜きでできるのなら」とその物件で喫茶店を開業するという話を聞き、
改めて大家さんに連絡を取り、
「居抜きで貸されるということですが、原状復帰はどうしますか?やれというならこちらでしますが?」
と尋ねると「そんなことはあなたの知ったことではない、とにかく200万円払いなさい」と、もう話にもならないのです。

さまざまな段階での問題点の切り分けが必要かと思いますが、法律面や慣習に照らし合わせてこういうことって通るのでしょうか?
今後、私はどのように向き合えばいいでしょうか?
長文になりましたがよろしくお願いします。

テナントの原状復帰にからむトラブルで困っています。

20年ほど前にテナントとして軽食喫茶を開業したのですが、
約半年前に自宅を新築するのに合わせて店舗兼住宅としてそちらへ移転することにしました。
大家さんは決して良い顔はしなかったものの(そんなものでしょうが^^;)、
その時は特に何も言われず、無事移転と開店にこぎつけることができました。
ところが移転から2か月ほどして突然直接の連絡があり、
「テナント物件の原状復帰に200万円必要だからすぐに支払いなさい」
と言われました。
そうい...続きを読む

Aベストアンサー

>それではつまらない。とにかく200万出しなさい
そんなことはあなたの知ったことではない、とにかく200万円払いなさい

この時点でこの大家は法的にアウトですね。原状回復の根拠がなくなります。
私的流用の部分がおおいですね。つまり自分の考えで自由に改装したいから費用を全部出せと

あんまり深く書くのもばかばかしいです、訴えれば勝ちますので速弁護し連れてきて
裁判しましょう。
不景気の折、そういうことを画策する頭の悪い大家が増えました。
一声掛ければ新聞沙汰になんか簡単になるのに。

Q店舗を借りていますが、立ち退きを要求されました

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行われていたようです。当然、賃貸契約を結ぶ21年4月にはそのような話は聞かされておりませんし、書面にも書かれておりませんでした。
それどころか、立ち退きに関しての費用の話はとりあってもらえず、具体的な費用についても返答がありません。それどころか敷金などの基本的な話もとりあってもらえず、移転費用などについても「そういった話は関係ない」と言われました。
確認したところ「次の土地」というのは本件関係者とまったく関係のない方の所有の更地で、不動産屋はそこに私にお金を出させて移転させようとしています。
プレハブを建てるというのもまったくの未定の話で、そこの土地の地主と交渉してみてはどうか、といっただけの内容でした。

「6ヶ月前に通知すれば、いかなる理由に於いても貸し主は本契約を解除できるので、まぁ6ヶ月は過ぎてますけどその分は契約満期の日から賃貸期間を延長してもらうとかの交渉は出来ると思います」

また、大家に直接聞きに行ったところ

「あの場所は俺が使うんだ!俺が使って車を売るんだ!」

と大声で言われたきり、後の私の質問に関しては無視です。大家は75歳になりますが、こんな対応とは恐れ入りました。
こっちはこれで仕事をして営業をして生活をしているのだからそこはどう責任をとってくれるんですか、と聞いても無視でした。私は迷惑をかけたことはありませんし(個人的に迷惑をかけられたことはありますが、問題にはしませんでした)、家賃を滞納したり物件に被害を加えたりもしておりません。

こちらは住居ではありませんし、営業をして利益を上げ、それで生活して家族を養っています。
また、区画整理が理由で立ち退くとしても、私にとっては寝耳に水な話で、関係ありません。

このような立ち退きが日本では許されているのでしょうか。私は店を追われて失業するしかないのでしょうか。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視して契約の解除が認められる例は殆どないに等しいのですが、頑固で高齢な貸主としては「俺の家作なのに何故自由に出来ないのか・・・。」と、単に納得が行かないのでしょう。

 これらは、不動産業者ならば知っている筈で、恐らくは業者による説得にも応じなかったのでしょうから、その業者が今後も仲裁に介入するのであれば、先の法に則っていないとの根拠によって断固拒否すれば、先方が事情を説明するでしょうから基本的な問題は済むと思います。

 そして今後、これらによって相手が何の根拠もなく、単なる嫌がらせとして賃料の値上げ等を強要したとしても、再び借地借家法等の壁によって阻まれるか、借主側にも対抗処置はありますので心配する必要もありません。

 大丈夫です。法は意外と優秀で貴方の見方に付きますよ。^^
   

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視...続きを読む

Q店舗の立退き、および立退き料について

洋菓子店を経営しております。
お店は15年になります。

前回の店舗の更新した後、仲介している不動産屋の方がいらして
「大家さんが立退きしてもらいたいといっている」と伝えられ立退き料がどのくらい必要かと聞かれたので、まだよくわからなかったので、とりあえずこの店を始めた時の開業資金と同じ金額伝えました。
そして数日後再び不動産屋の方が現れ「大家さんはお金出すつもりが無いようだから出て行ったら損するから出て行かないほうがいい」と言われました。それから不動産屋の方は何もいってこなくなりました。(その担当の方は先日亡くなられました)
それから大家さんに家賃を支払いに行くときに「そろそろ、自宅とそこ(店舗のある建物)を売って老人ホームに入りたいなあ」といわれたりするものの、はっきり立退きについて言って来ないので大家さんもまだ迷っているのかなあと考えておりました。

そうこうしているうちに次の更新まであと3ヶ月を切ったあたりで付き合いの無い不動産屋の方が来て「大家さんが立退きをするかこの建物を買ってほしいといっている。銀行にいくら借り入れできるか聞いてほしい。」と告げられました。

出来ればお店の引越しは避けたいので、そんなに乗り気ではなかったのですが、とりあえず銀行に借り入れ可能な金額をたずねたところ、とてもその建物を購入できる金額ではありませんでした。
するとまた不動産屋から連絡があり「立退きの金額を提示してほしい」といわれたので、同じく開業資金と同じ額を伝えたところ、不動産屋には「大家さんは家賃の2年分を提示していて(私の請求額の3分の1)そもそも常識的に考えてその金額(ほかの場所に店舗を借りて施工する金額)は請求できない。あなたもそれなりに負債を緒わなけれがならない」と言われました。

大家さんの都合での立退きなのにこちらが負債を負うことがどうしても納得いかないのですが、そういうものなのでしょうか?

出来れば負債を負うことなく(出来れば休業時の補償、その後の家賃の差額の補償なども受けたい)、次の店舗に移りたいのですが可能なのでしょうか。

ちなみにまだ書面での立ち退き通知はもらってません。

あと、契約期間を過ぎてしまったときの更新料、家賃などはどうしたらいいのでしょうか?
大家さんに家賃の受け取りを拒否されてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

あと、不動産屋にその請求額の根拠を出せて言われたので店舗施工会社に見積もりをお願いしたところ、「そんな金額じゃお店作るの厳しいよ。15年やってんなら15年分の家賃の金額請求しなきゃ」といわれてしまいました。
不動産屋は現状を参考にした金額(もちろん償却された金額)しか請求できないといいます。

一体どれくらいの金額を請求していいものなんでしょうか?

よろしくお願いします。

洋菓子店を経営しております。
お店は15年になります。

前回の店舗の更新した後、仲介している不動産屋の方がいらして
「大家さんが立退きしてもらいたいといっている」と伝えられ立退き料がどのくらい必要かと聞かれたので、まだよくわからなかったので、とりあえずこの店を始めた時の開業資金と同じ金額伝えました。
そして数日後再び不動産屋の方が現れ「大家さんはお金出すつもりが無いようだから出て行ったら損するから出て行かないほうがいい」と言われました。それから不動産屋の方は何もいってこなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

まず大家さんがその建物を処分しなくてはならないのかどうかがひとつ。
そして質問者が同様の商売を続けていく見通しがあるかどうかがひとつ。
大家さんが生活するのに高齢で面倒を見る人もなく
老人ホームに入らざるを得ないならば
売却もやむなしでしょうか。

常識的にと不動産屋は言いますが
こちらの生活の手段がなくなるならば
それは了承できなくて当然です。
まずはその事を前面に。

しかし実際立ち退き料としては普通は1年分くらいでしょうか。
ケースバイケースで何とも言えませんが
2年分は多いほうとは思います。
訴訟でもめるのも互いに大変なので
立ち退き時期を一年後くらいにしてもらい
その間に移転先を見つけることを条件に手を打ってはと思います。

契約更新はなんとなれば勝手に振込み
内容証明で
「立ち退きの要求を受け
立ち退き料の折り合いがつかず
契約更新日を迎え連絡をしたが所定の手続きをしてもらえなかったので
 月 日に   の金額を  銀行に振り込みました。
これを以って契約更新とさせていただきます。」
と送っておけば良いかと。

Qテナントを借りるときの注意点(契約時)

なんとか希望する物件を見つけまして
契約しようかと思っているのですが、
契約時に注意することってありますか?

3年契約って行ったら3年間はいなければ
いけないのでしょうか?(もしくはその分まで
家賃を払わなければならないとか?)
例えば、撤退するときや逆に業務拡大で引越し。
なんてこともあると思うのですが・・。

賃貸でしたら、期限まで住めばいいので
あまり気にしてなかったのですが、どうなんでしょうか?

あと悪徳不動産かどうかの見分け方みたいなのが
あれば教えてください。物件は当然中をみて
その建物のオーナーさんにも会いました。

下のテナントはビルなのですが、1階の
クリーニング屋は長年やっているみたいで
2回のエステの店もそこそこながいみたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とにかく契約書がすべてになりますから、契約書の条文の一字一句を確認して、疑問点があれば、仲介業者に確認して、必要であれば、条文変更または、別途覚書等を交わすことを協議しておきましょう。

敷金・保証金の種別、扱いや、退去時の原状復旧費用等については、必ず確認しておきましょう。
とにかく、契約するまでに疑問点をできるだけ抽出して確認しておくことです。

Q貸店舗について教えてください。 更新料の現在の相場がわかりません。 ち

貸店舗について教えてください。 更新料の現在の相場がわかりません。 ちなみに5年契約、賃料25万円です。

Aベストアンサー

更新料は契約書に書いてある場合に支払い義務があるものです。
それでも多額の更新料の条項は無効です。
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/fu/takosin.html
賃貸期間2年ないし3年で、更新料は、1月分ないし2月分です。5年契約なら、2月分ないし3月分でしょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/fu/takosin-3.html

Q自営してる飲食店を閉店させたほうがいいのか

飲食店を開業してまだ4ヶ月なのですが、早期撤退が良いのかも知れないと思い始めています。
・10坪ほどの店舗 バイト1名
・毎月約30万円の赤字
   借り入れ返済と自分の生活費は別
・居抜き店舗で過去5人位の方が営業するも皆一年もたずに潰れてしまったらしい
   リサーチ不足は深く反省してはいるが、ここが一番   気になっている。
・運転資金がピンチ
   預貯金は、ほぼゼロ。
   生命保険を崩していく予定
・何とかしなくてはと思いつつ正直、鬱気味。

借金とかリース代とかお金のことで頭が一杯で、店を盛り上げるアイデアはあるものの実行に移せている部分が少なく、それでまたへこんでしまう始末。
弱い奴甘い奴だと思うでしょうがよろしおねがいします。

Aベストアンサー

◎『借金とかリース代とかお金のことで頭が一杯で』この現状が一番のポイントかと思慮致します。

◎飲食店に係わらず、経営者が資金繰りに没頭してしまうと、その「資金繰り」が「仕事」に為ってしまいがちです。

◎「資金繰りが出来た」「支払いの目処」の事々が仕事となり、本業にはなかなかエネルギーを注げなく為って来ると思います。

◎あなたの仕事・夢を、無責任にこんな短文で「直ぐに撤退しなさい」等と云うのは非常識と解っています。

◎しかしながら、これ以上の借金は「無駄金・捨て金」に為ってしまうのではと思います。

◎まだ、借り入れ出来る余力や、将来親兄弟に頼む事に為るので有れば、現在の店の「延命」に使うのではなく、次のチャンスや「立ち直り」の為にお使いに為る事が良策と私は考えてしまうのですが・・・・。

◎どちらにしても、「冷静に・俯瞰の目」で頑張って下さい。


人気Q&Aランキング