大学で経済・経営を勉強していて、疑問に思いました。 99年頃から日本でのマクドナルドは低価格路線をテスト及び実行してきました。 
現に去年の低価格バーガーなどは大成功を収めたと世間的には見られています。 その後また価格を戻したり下げたり・・・
これは狂牛病問題、円高問題などが原因だとは思うのですが・・・

そう言う環境が及ぼした物はひとまず置いておいて。顧客が考える日本のマクドナルドブランドの価値はなぜ以前より落ちてしまったのでしょう?

顧客が「価格」より「品質」を求め始めたから?
それとも低価格路線に飽きたから?
それとも他に原因があるのでしょうか?

解る人がいればこのロジックを教えていただきたいのです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

個人的な感想です。

「失墜した」と思ってます。
確かに昔(15年くらい前とか)は、行きたかったしおいしいと思ったりしてましたが。今は、まずそうだし、まずいし、魅力が無いので行きません。ずいぶん前に、確か池袋のマックに行き、内装が他店よりよかった(古きよきアメリカ的雰囲気になっていてバーガー・キングの真似っぽかった)けれど、食べて、やっぱりマックはマックだなって悪い意味で思った事がありました。

又、今年のはじめ頃か・・・正確な時期は忘れましたが、何かのTV番組(ニュースかビジネス関連の番組)で、「低価格路線で当初は一人勝ちしていたが、ここに来て負けている。勝組に返り咲く為に試行錯誤している」という扱いでしたよ。だよなーと思いました。

新しい意見じゃなくて申し分けないですが、やっぱり、既にその辺にあって当たり前の存在になった事、体に悪そうな事、”安いから貧乏サラリーマンの昼食として定着”という状況が多くのメディアで出てしまい、安っぽいネガティブなイメージがついてしまった事、競合他社に比べてちょっと安いけど、総合的に魅力が無くて負けてる、という辺りが妥当ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうもありがとうございました。

やはりサイトなどでも調べたのですが、イメージの崩壊が大きいようです。 aalextさんの言うとおり、
”安いから貧乏サラリーマンの昼食として定着”この理由が意外とネックとなっているようです。
人口密度の多い都会層ではさほど気にはならないかもしれませんが、地方は特にこの客層の変化がめだつと言う話を聞きました。

お礼日時:2003/11/08 01:29

個人的なことで言わせてもらえば、僕は子供の頃からマクドナルド(商品等も含めて)が好きではなかったので、世間的に評価の高い頃から「過大評価じゃないの」と思ってきました。



極私的なことですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>極私的なことですみません。
いえいえかまいません。コメントをどうもありがとうございました。

お礼日時:2003/11/12 00:53

「飽きた」の一言に尽きると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをありがとうございます。
単純明快な答えですね(笑)
ですが、マックの人にとったらその一文だけでも痛い一言でしょうね。

お礼日時:2003/11/08 01:24

マクドナルド社は.もともと粗悪品販売で有名な企業であり.高級品というイメージはありません。


日本進出にあたり.銀座の最高級商業地区に出展し.さも.「高級品」であるかのごとき宣伝をしました。
これが.日本での「高級品」イメージ.ブランドとしてのイメージを作り上げました。

しかし.バブル崩壊に伴う売上低下で米国本社の意向が強く現れるようになり.米国本社のイメージ.「粗悪品をうる店」が日本に定着したわけです。
日本企業が作り上げた日本での高級品のイメージを米国本社が破壊するような販売戦略を指示したことにあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうもありがとうございました。
現在のイメージは以前の平和な家族を連想させたり、おしゃれな感覚でファーストフードを食する場。
と言うものが薄れてきた様に思います。
全くイメージというのは改めて考えると大切なものですね。

お礼日時:2003/11/08 01:45

お話の展開が「ブランド価値」の問題と「売上」の問題が、ごっちゃになってると思います。

どなたかが答えていた事に答えがあると思うのですが、ブランドは「=希少価値」であり、売上は「=大量消費」ですから、ブランド価値は売上高とともに反比例するように失墜します。
味の問題や競合の問題は「売上」の上下の鍵を握る問題で、ありがたみがなくなるというのが「ブランド価値」の問題です。まずいからブランド価値が下がるというより、言ってみれば「例えまずくてもこっちを選んでしまう」「高くてもこっちを選んでしまう」力の事を「ブランド価値」言います。
ですから低価格路線は「売上」の問題であり(安いから買う→売上があがる)、それ自体はブランド価値を関係なく、低価格路線による売上増がブランド価値を落としたという事だと思います。
田舎もんがスタバをに行き出した瞬間に都会人は行かなくなるという図式です。
尚、ブランド価値の問題ではなく売上の問題ですが、低価格路線の話は低価格路線にして売上が上がった→その低価格が消費者にとってハンバーガーの料金のスタンダードになってしまった。値段をもとにもどした→消費者にとってスタンダードが低価格になってしまっていたので「値上げ」に感じた。→高いから買わない。という図式だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なコメントをどうもありがとうございました。

ブランドのみに焦点を当てて定義すると確かにそれが言えますね。
ブランドの定義である品質推定機能およびコストパフォーマンス機能の観点で考えれば、マクドナルドは後者に当たるものだったように思います。 しかし変化が見られ現在のマクドナルドのブランドの弱体の現状があります。
マクドナルドの低価格路線の強弱の失敗がブランドに飽きを生じさせたのでしょうね。
マーケティングの失敗と言うよりは、ブランディングの失敗なのかもしれませんね。

お礼日時:2003/11/08 01:40

チーズバーガー80円になった当初は喜んで


食べに行きました。
しかし、すぐ飽きました。
マクドナルドは世界的な規模なのでその時
いちばん安い地域の牛肉をかうそうです。
その際子供を何回も産んで肉の固い乳牛の
肉を買うそうです。

つまりは、質の悪い牛肉を巧みなマニュアル
で製造、保存しているので
たまに行くときは、ボロがでなかったが
デフレで値段が下がって毎日客が店に
行ったらあんまりよくない
というのがわかったのではないかと
思います。

それと狂牛病問題もそうですけど
牛肉の価値がアメリカ、オーストラリア
などの輸入が増えてさがったというのも
あると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをありがとうございました。
知り合いのマクドナルドのバイトの子が言うには、牛肉においては昔からオーストラリア産のみらしいです。 フィッシュバーガーとかの魚は結構まばららしいです。 昔より味が落ちたって言われるのが一番キツいらしいですね・・・。

お礼日時:2003/11/08 01:36

 よくわかりませんが・・・、要するにハンバーガー自体が、日本であまり珍しい存在で無くなったのでは無いでしょうか?言い方を変えれば、ありがたみが無くなったというか・・・。

バナナなんかも似たような存在だと思いますよ。それに、昔はマクドナルドがどうとか言うよりも、アメリカに対する憧れのようなものが強くて、みんなマクドナルドでハンバーガーを食べたんじゃないですかねぇ。私個人としての考えですが。ご参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうもありがとうございました。
昨今の様々な物の飽和している社会では飽きられてしまったのも原因なのかもしれませんね。
こぞってどの企業も新しい味を開発しているのも事実です。 決してマクドナルドの人気がガタ落ちとは全然思いませんが、低価格→元のもどしによって顧客はどう考えているのか興味があります。

お礼日時:2003/11/05 23:36

回答にはなっていないのですが。


まだ”失墜”と言われる程の事はないと思います。
競合店の値下げには勝てなかった>競争負けってのはある感じがしますけど。
内部のターゲッティングは<ですけど、当然ですか商品・サービス毎にコンセプトがあって毎回、内容の配布もしているようです(って、釈迦に説法でしょうね、すいません)


料亭のみそ汁とインスタントのみそ汁をのみ比べてインスタントが美味しいと答える方が多いと聞きました<味噌は元々、保存食であります。
インスタントと料亭の味噌の違いは味噌自体の違いであって(味の好み)インスタントだから余計な物が入っている等の違いはありません。
味噌の旨い不味いにインスタントか否かは関係ないのです!
つまり、この様な事を言う人は・・・気分で舌が変わる似非違いのわかる人です。
。。。グルメ?
味は値段とのバランスでしょ?
モスの値段でマックがでてきたら一度しか食べませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをありがとうございます。
「失墜」はいいすぎですよね(笑) 大学の教授が授業の一発目に言い放ちましたが・・・
私もそこまでは行ってないだろうと思いました。

>(って、釈迦に説法でしょうね、すいません)
いえいえそんな事はありません。 貴重なコメントをありがとうございます。
早くにコメントしてくださった人はグルメと言う観点で言われたのではないと思いますが、味噌事情は私には解りかねますが・・・いえ、すみません。

「味は値段とのバランス」それは確かな観点ですね。
マクドナルドの低価格などの企画に対しモスバーガーは路線をピクりとも変えなかった。
それはモスの信念でもあったのかもしれませんね。

お礼日時:2003/11/05 23:02

経済は分からないので、ロジックについては不明ですが、思い当たることとして。


競合が多くなってきて、それと比較しての魅力が落ちたということでは?形態の異なるドトールやスターバックスなども競合に入っていると思います。また、低価格競争では吉野家など牛丼系も競合でしょうか。競合他者に比べて、マクドナルドは特徴・魅力を差別化できていない(消費者からは見えない)ように思います。
また、バブル期に特に販売チャンネルを増やせば売上も伸びるという論理で狭い地域にスポット店なるものを多数作りすぎて、安っぽいイメージになってしまった感は否めません。
結局意見みたいになってしまって恐縮です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントをどうもありがとうございます。
競合については、確かに吉野家をはじめ様々な物がありますよね。 低価格バーガーなどでノリにのっている時は他社と比べて圧勝なムードがありました。 確か吉野家の牛丼値下げはその後だった(?)と思います。
なのになぜなんでしょうね・・・
be5dさんの言うように「特徴・魅力を差別化できていない」これがやはりネックなのかもしれませんね。

お礼日時:2003/11/05 22:51

「価格」、「品質」以外に大事な要素として、「味覚」及び「健康」があると思います。

マクドナルドのハンバーガーは薄いひき肉の両面を油で覆ったものをパンではさんだだけのもので、コレステロルールの固まりそのものと思えてもしかたがありません。ましてフレンチ・フライにコカ・コーラでは最悪です。自分もアメリカに4年程住んでいたので、よく分かります。
最近日本のコーヒーチェーンでの健康食品的なパン類に人気があるのは、分かる様に思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずはコメントをありがとうございました。
なるほど! 確かに「味覚」と「健康」という観点は重要ですよね。 海外では日本食が一時期ブームになったニュースを耳にした事がありますが、野菜を美味く使った料理、コレステロールの低さからそれらが注目されていました。 ましてや欧米化が進む日本。ファーストフードを非難するつもりはありません。が、
コストではなく「健康」などの要素も訴求していかねばなりませんね・・・。

お礼日時:2003/11/05 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマクドナルドはなぜ176店舗を閉鎖?

マクドナルドは、来年度に176の店舗を閉店することを決めて、特別損失50億を計上して赤字になりましたが、なぜ、176の店舗を閉鎖するのでしょうか?

Aベストアンサー

収益性の無い(黒字に転換の見込みの無い)店を閉店すれば
収益が改善せれるからです

Qセット価格が一方の単独価格より安くなる

GeForce GTX 460ビデオカードFF14同梱:16,980
GeForce GTX 460ビデオカード(単体)  :20,980

こんな状況になってしまうのはなぜですか?

Aベストアンサー

同梱されたソフトが ゴミだから

Qミスドの店舗がマクドナルドの比べて少ない理由。教えてください。

ミスドの店舗がマクドナルドの比べて少ない理由。教えてください。

Aベストアンサー

ハンバーガーは主食・食事になりますが、ドーナツはおやつ・軽食だからです。
サラリーマンや学生が朝食や夜食代わりにするならともかく、家族連れで親が子供に昼食・夕食にドーナツで済ませましょうとは考えないですよね。(よね?…最近の親は考えるかも)
だから、ドーナツ屋がマクドなみに沢山あっても売上が伸びないんでしょう。
あなただって一食として使う頻度はミスドよりマクドの方が多いのではないですか。
私の場合、外食はほとんどしないのですがマクドは年に5,6回、ケンタ・モスも同じ位使いますが、ミスドは2年に1回行くかどうかって感じですね。
これってちょうど店舗数の比率に近い物があるんじゃないでしょうか。

Q米マクドナルドによる日本マクドナルドの株売却

報道では、その目的が「日本マクドナルドへの経営関与を薄めるため」とあります。

意味がよくわからないのですが、なぜ薄めるのでしょうか?

51%→33%なので結果として経営関与は薄まりますがが、、、。

株の持分を下げる=株主責任を下げる ではないのでしょうか?

なぜ経営関与を薄めるなどという表現になるのでしょうか?

経営関与を薄めたい理由はなんでしょうか?(株主責任を下げたい、ならわかりますが、、、)

Aベストアンサー

こんにちは。

誰にでもわかり易い表現を使っただけだと思いますよ。
マスメディアは、その名の通り「マス」を相手に商売をしていますので、
なるべく広く意味の伝わる表現を用いる傾向にあります。
「空爆」などもその例ですよね。
空からしか爆撃できませんので、「頭痛が痛い」と同レベルの表現なのですが……^^;

ではでは。

Qマクドナルドの店舗減り始めましたか?

マクドナルドが経営傾いているとの話が続いてますが、
店舗も減り始めましたかでしょうか?

先日、今まであった店舗が無くなっていたので気になりました。

Aベストアンサー

若干減りました。
http://financial-statements-analysis.blogspot.jp/2014/02/hd_14.html

Qデフレ 低価格合戦

デフレ宣言され、今週に入ってからテレビでもデフレの危険性が叫ばれています。

不景気→消費者の購買意欲の低下→企業の値引き合戦→企業の利益低下→労働者賃金の低下→不景気
といった負のスパイラルが叫ばれていますが、このスパイラルを止める一つの方策として「値引き合戦に終止符をうつ」ことが挙げられるかと思います(もちろん消費者のコンセンサスが必用かとは思いますが)。

そこで質問なのですが、デフレ防止のために企業同士が値引き競争を止めることに同意することは出来るのでしょうか?
それとも独禁法などの法律に引っかかってしまうのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

価格競争は自由経済の基本ですから、そこに規制をかけるのは正しいとは思えません。
先日ニュースになっていましたが、廉価乗車運賃を申請したタクシーに対して廉価運賃は認めないという規制をかけた例もありましたが。

しかしものの値段が上がって消費が低迷すると、結局企業収益は上がりません。

デフレになると通貨価値が上がるので円高になりますね。
そうするとデフレによって下がった労働賃金を海外に売ろうとしたときには、結局高くなってしまうわけです。

この解消には低金利誘導や資金供給量の増大です。
しかし今の政府は円高容認、日銀はゼロ金利化反対の姿勢です。

一方で米景気は回復傾向、FOMCはドル安容認、インフレ懸念は通貨価値を低下させるとあって、まるで日本を踏み台に景気回復を進めているようにも感じますね。

Q電源コンセントがあるマクドナルドの店舗は?

 私はこの前、東京へ遊びに行き、そのついでにインターネット(BBモバイルポイント)が目的で高田馬場駅前店のマクドナルドへ行きました、その店は電源コンセントが使用でき、ビックリ!でした。

 その他のマクドナルドで電源コンセントが設置の店舗はありましたら教えてください。
 (場所は「豊島区」「新宿区」「渋谷区」「文京区」のみで)

 お願いします! 

Aベストアンサー

こちらを参考に。

参考URL:http://mac.af-e.net/

Q食品業界の低価格化戦略の行き詰まりについて

こういった問題に素人なもので、専門的な意見をお聞きしたいと思います。
なぜ、食品業界の低価格化戦略は行き詰まりを見せてるのでしょうか。
また、まだ見せていない。という意見でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

低価格戦略の行き詰まりではなく、新商品開発の行き詰まりです。
低価格戦略は2つの段階をふみます。

第1段階。利益を確保しながら下げる。
チェーン展開で大量仕入れを実現し原材料コストを減らす。
技術革新、効率化により、コストを減らす。
これらで減った分だけ価格を下げる。

第2段階。売れないから、とにかく下げる。
このままでは利益を圧迫するため、人件費を下げる。
サービス残業や、サービス出勤など。
忙しくなっても給与が変わらないなら、実質給与が下がったともいえる。

第2段階に入ると新商品開発が急務となります。
マックが65円を80円に値上げした時に市場から猛反発を受けたように、
同一商品の値上げはできません。
そこで、テレビを例にすると、ワイドは価格を下げる一方で、
プラズマを高価格で販売します。
これをテレビの値上げと市場は受け取りません。

家電業界はこのようなメイン商品のシフトができますが、
マックのような企業は第2段階に入ってはいけません。
円安が1円進むと2億円の減収だそうですので、逆に円高時に大儲けしていた
のだから、その分で今を耐えればいいものを、使ってしまっているのですね。

円高の時代は長期戦略をたてていた藤田さんが、ここにきて、短期戦略しか
たてられないのは、利益絶対主義のアメリカ本社との厳しい契約内容に
よるもので、仕方無い気もしますが、アメリカ本社の利益の為に
他の日本企業を道連れしたのはどうかと思いますが。

マックはマックトウキョウがイマイチだったからか、
高価格サンドィッチ企業に出資しましたので、
マックを見捨てたか?という気もします。

株式公開で藤田一族大儲け。しかも、株主総会で認められているから
別にいいですが、不透明な資金の流れなど、鈴木宗男と変わらないのでは
ないかと思います。

話はそれましたが、全ての企業にとって低価格戦略
が有効なわけではなく、行き詰まりを見せている企業もある
という事です。

低価格戦略の行き詰まりではなく、新商品開発の行き詰まりです。
低価格戦略は2つの段階をふみます。

第1段階。利益を確保しながら下げる。
チェーン展開で大量仕入れを実現し原材料コストを減らす。
技術革新、効率化により、コストを減らす。
これらで減った分だけ価格を下げる。

第2段階。売れないから、とにかく下げる。
このままでは利益を圧迫するため、人件費を下げる。
サービス残業や、サービス出勤など。
忙しくなっても給与が変わらないなら、実質給与が下がったともいえる。

第2段階...続きを読む

Qマクドナルドの国内海外の店舗数

マクドナルドの店舗が世界各国に何軒ずつあるのかというのは
どうやったら調べられますか?
1999年くらいの情報は本で見つけたのですが、もう少し
新しい情報を探しています。
海外とひとくくりではなく、カナダ何軒、アメリカ何軒という感じで
具体的な数字を求めています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主人が元社員です。私も元バイトです。(関係ないか)
東京にある本社に聞かれたら海外の店舗数も把握しているはずだから教えてくれると思うよ!とのことでした。

Q原油価格と食料価格

昨年、原油高騰に伴い、ガソリンやその他、多種多様な食料品の価格が上昇しました。

しかし、現在の原油価格は落ち着いたハズです。

というのにも関わらず、高騰に伴い上昇した食料品の価格は下がらないのでしょうか?

確か、ガスや水道、電気料金なども値上がりしていたと思います。

やはり価格が元に戻る気配はありません、どうしてなのですか?

単に不況の所為なのでしょうか。

Aベストアンサー

まず原油高騰だけでさまざまな食料品価格が上がったわけではありません。


>価格が元に戻る気配はありません、どうしてなのですか?

すでに戻りつつありますし、ものすごく元に戻る気配があります。


食料品
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081228AT2F2401O27122008.html
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/b92335e25b0f9508808abfba68e7e43a/
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=8196&NewsItemID=20090302NRS0066&type=2
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20090219ddlk01020233000c.html

西友やイオングループといった大手が値下げを敢行してしていますし、PBによる値下げも働いています。



電気料金
http://www.asahi.com/business/update/0303/TKY200903030280.html
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090304ddm002020073000c.html


輸入小麦
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/consumer/2009/02/post_22.shtml

まず原油高騰だけでさまざまな食料品価格が上がったわけではありません。


>価格が元に戻る気配はありません、どうしてなのですか?

すでに戻りつつありますし、ものすごく元に戻る気配があります。


食料品
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081228AT2F2401O27122008.html
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/b92335e25b0f9508808abfba68e7e43a/
http://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=8196&NewsItemID=20090302NRS0066&type=2
http://mainichi.jp/hokk...続きを読む


人気Q&Aランキング