人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

積の寄与度、といういいかたでいいのかわかりませんが、教えてください。
具体的には以下です。

売上=単価×数量
の時、
   2007 2008 2009 2010
単価 100  120 150 110 (円)
数量 50  80  70  90  (個)
売上 5000 9600 10500 9900 (円)

だとすると、売上の前年比変化率に対する単価と数量の寄与度はどうやって計算したらよいでしょうか。
確かlogを使うところまでは覚えているのですが・・・・。
初歩的な質問で大変申し訳ございませんが、どうぞお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

計算 寄与率」に関するQ&A: 寄与率の計算式

A 回答 (1件)

z = x y  (1)


で両辺の対数をとると
log z = log x + log y  (2)
これで「対数の変化に対してなら」普通の寄与度の定義が使えます。

あるいは、(1)式を変化後の状態に適用すると
z + Δz = (x + Δx)(y + Δy) 
これから(1)式を辺々引くと
Δz = y Δx + x Δy + Δx Δy
この両辺を(1)で辺々除すと
Δz/z = Δx/x + Δy/y + (Δx Δy)/(x y)  (3)
右辺で Δx/x は x の変化率です。普通の寄与度 Δx/z ではありませんが、積の場合には、変化率そのものが普通の寄与度に似た役割を果たすことがわかります。ただし、右辺第3項は普通の寄与度の式には現れないものです。

変化量が微小である場合には、(3)式右辺第3項は2次の微小量として無視できて、
Δz/z = Δx/x + Δy/y  (4)
が得られます。この式は(2)式を全微分しても得られます。

なお、質問文の例では変化量は微小ではないので、(4)式は適用できません。

素人で、積の場合の寄与度の定義を知りませんので、上のような回答になりました。見当違いな内容になっているかもしれませんが、悪しからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問者です。
(2)式が当初知りたかった式でした。
ちょっと考えれば分かろうものなのにすみません。
(3)いかも大変勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/22 16:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寄与率の求め方

心理学でアンケートを使って統計を出そうとしています。
SPSSかエクセルを使って「寄与率」を出したいのですが、やり方がわかりません。
他の文献を見て、因子分析をすれば出てくるように思ったのですが、チェックし落としているところがあるせいか、寄与率は出てきません。
どなたか、わかる方、お願いします。

Aベストアンサー

寄与率=(相関係数)^2
相関係数は、エクセルでは次の様に求めることができます。
ツール→分析ツール→相関

Q寄与度の求め方

タイトルの通り寄与度の計算式を教えていただけないでしょうか?
色々、検索したのですが見つからず困っています。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

寄与度は、例えばGDPにおける民間消費支出であれば、GDPの変化における民間消費の変化の割合で、
Δ民間消費/ΔGDP
で定義されます。

Q寄与率の計算式

分散分析を勉強中のものです。
分散分析において各要因の寄与率は次の式で与えられるようです。(数冊の書籍で確認しているので一般的な式と認識しています。)

寄与率=(Si-fi・Ve)/St ×100
 Siは要因iの平方和、fiは要因iの自由度、Veは誤差の分散、Stは全体の平方和

私が引っかかっているのは、なぜSi/St×100であらわさず、-fi・Veが余計についているのでしょうか?
どなたか教えていただけないでしょうか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の回答があなたの疑問に正しく向き合っていなかったような気がするので、補足します。
分散分析によってすべてがクリアになったように思えるのですが、実は、全く誤差のないモデルと、現実の誤差のあるモデルで実験をすると、誤差のあるモデルのほうが、抽出したはずの「割り付けた要因の分散」まで大きくなります。これは、誤差というものが、必ず左右平等に現れるものでない、という性質からくるものです。しかし、分散分析は「誤差が左右平等に現れる」という前提で行いますから、不平等分は「要因の分散」に上乗せされます。ですから、要因の効果の「推定」をするときには、その分を推定して引き算しなければなりません。私たちは、当たり前のように f・Ve を引き算していますが、この量は、定性的には、誤差によって不当に(?)大きくなってしまった要因の効果を補正しているものだ、と考えることができます。

QExcelでLog10を自然数に直すには

Excelで=Log10(1000)で常用対数が計算できますが、逆に対数を自然数(3を1000)に直す計算式はどうするのでしょう。ExcelのHelpにもGooでも検索したがわかりません。

Aベストアンサー

=10^3 で、1000 になります。
また、Log10(2) ≒ 0.3 ですが、
=10^0.3 ≒ 2 です。

つまり、=10^(常用対数)で、元の数が計算できます。
あと、この場合、対数に対して、元の数は、「真数」と呼びます。

QGDP統計の「寄与度」、「寄与率」

GDP統計の「寄与度」と「寄与率」の違いがいまいちよく分かりません。
具体的に説明していただければうれしいです。

Aベストアンサー

 時系列データの変動を分析する場合、その変動がどのような要因で生じたものか調べる必要があります。
 寄与度とは、あるデータ(数値)の全体の変動に対し内訳部分(各構成要因)がどれだけ影響(寄与)しているかを表すものであり、寄与率とは、各寄与度を変動全体に対する、百分比で示したものです。

例 全体をTとしその内訳部分をPとしたとき
    Pの寄与率=内訳部分のPの増減(ΔP)変化/全体の増減(ΔT)
         =(ΔP/T)/(ΔT/T)
         =(ΔP/P・P/T)/(ΔT/T)
         =(内訳部分のPの伸び率×Pの構成比)/全体Tの伸び率

ここで、(内訳部分のPの伸び率×Pの構成比)を寄与度といい、寄与率はこれを百分比で示したものです。


人気Q&Aランキング