人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

虫歯がひどくて、先日、神経を抜いてもらいました。

麻酔をして、削れるだけ削られた感じで、舌で触ってみると、歯の中身がみんな削られて、すごく深い穴になっているのが分かりました。

もちろん、まだ治療中なんですけど、神経を抜いてしまった歯というのは、ほかの健康な歯に比べて弱くなってしまうものでしょうか?

穴を開けた歯に、何か一生懸命詰め物をされましたが、どういう構造になっているのでしょうか?

私がかかっている先生に相談したいのですが、そのクリニックはものすごく混んでいて、先生も忙しく、なかなか聞くことができません。

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

虫歯が進行すると神経にまで炎症が及びます。


神経はある程度の炎症になると、再びもとに戻る事は
なく腐っていきます。
実際に、歯が痛くなり神経を抜く処置が必要になる際
神経はドロドロに溶けている事が多いです。
そのためこれを除去していきます

まず第一の処置はこれですね。

>神経を抜いてしまった歯というのは、
>ほかの健康な歯に比べて弱くなってしまうものでしょうか?

歯には神経の他に血液が流れています。
神経を取ると血液の流れもなくなりますので、
歯に含有する水分量が減ります。
そのため粘りけがなくなりバキっと折れやすい歯に
なります。しかし神経を抜くほどの虫歯と言うことは
すでに神経に大きな炎症がいっていてもとには戻らない
状態ですので神経を除去するのは致し方ない事です。

>削れるだけ削られた感じで

歯科に限らず医療の原則は病巣の完全除去にあります。
虫歯は原因菌の感染によるものですので感染した歯質
はすべて除去する事になります。
そのため患者さんの思っている範囲以上に歯を削る事が必要に
なります。

>穴を開けた歯に、何か一生懸命詰め物をされました

人間の体は空洞が存在するとそこで細菌が繁殖する
感染源となります。
頭蓋骨を見てみると鼻の横左右に上顎洞と呼ばれる大きな
空洞があります。そのためここは感染を起こしやすく、
上顎洞が感染を起こし、蓄膿症になります。
歯科の場合も同様で神経を除去しますと、その後には
空洞が残りますので、それをそのまま放置すると
感染を起こし、
根尖性歯周炎→歯根嚢胞という最悪の場合、手術が
必要になる病気へ進行します。
それを防ぐためにガッタパ-チャ-という簡単に言うと
ゴムのようなもので密封します。

>一生懸命詰め物をされた

確実に密封するために先生はがんばっていたのでしょう。
これをおろそかにすると上記のような問題がでてきます
ので良心的な先生に感じます。

今回の処置としては以上のようなものだと思います。
ただ、歯科に限らず医療は患者さんと先生の信頼関係
が第一です。
「良い医者にかかるための十箇条」という小冊子が
現在好評を博しています。多くの病院が現在
患者の権利憲章のようなものを作成していますが
そのもとにされる事も多い冊子です。
一部抜粋をしますと

・患者は治療に対し理解するまでなんどでも質問をする
 権利を有します
・患者は治療に対し理解するまでなんどでも質問をする
 義務を有します

そして十番目は
「患者は医療には限界が有ることを理解しなければ
 なりません」
という一文で締めくくられています。
医療に限界がある事は歯科を含め残念ですが事実です。
そのためにも意志疎通と相互理解、相互信頼は不可欠
なものですので、どうか先生にはどんどん質問を
されるようにしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございました。
医療との付き合い方まで、考えさせられる文章で、とてもためになりました。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2003/11/06 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング