最近の考古学会では鳥が恐竜から進化したという説が認めあれつつある様ですが、鳥と羽毛恐竜の飛行の経過や骨格の相似は進化の収斂の結果だと思うのですが、ではなぜ鳥は恐竜から進化したのではなく鳥と恐竜は共通の祖先から進化したもので鳥は鳥、恐竜は恐竜と、鳥と恐竜は別物とする説が引っ込んだのは何故でしょうか。進化の経過を示す中間化石があっても、それが恐竜から進化したと言える理由は何でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 獣脚類と呼ばれる恐竜の1グループの中でも、進化したグループには、進化するにつれて前肢の小指と薬指が退化して行き、親指と人差し指と中指の3本指となって行く傾向が見られるのですが、鳥の翼もまた、親指と人差し指と中指の3本の指が融合した構造となっています。


 恐竜にはイグアナドン(獣脚類ではありません)の様に前肢に5本の指を備えているものも珍しくはありませんから、鳥と恐竜の系統が分岐したのは、少なくとも獣脚類が現れたよりも後の時代という事になります。

【参考URL】
 asahi.com:朝日新聞社の速報ニュースサイト > ニュース > サイエンス > 記事
  http://www.asahi.com/science/update/0210/TKY2011 …

>恐竜と同時期の鳥の化石はその内発見されますから、

 既に何種類か発見されています。

【参考URL】
 イクチオルニス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AF% …

 エナンティオルニス類 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A% …

 ヘスペロルニス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%B9% …

 孔子鳥 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E5%AD%90% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく判りました。ご丁寧に有難う御座いました。
昨夜
Brian Switek : 「Written in Stone」
を読みました。それで私の疑問は晴れました。皆さんもこの本をお勧めします。

お礼日時:2011/09/05 08:58

>古生物学は一個の化石が出てきただけで定説はひっくり返る学問ですから、恐竜と同時期の鳥の化石はその内発見されますから、絶対、鳥は鳥、恐竜は恐竜ですよ。



No,2さんの仰っていますが、確かに現時点では・・・と言うだけですね。

恐竜時代の鳥の化石は出てこないなんて誰にも言いけれませんから、質問者さんの仰る様なことが有ってもなんら不思議は無いと思います。

そんなロマンというか、発案が無ければ新しい発見なんて有りませんからね。

この回答への補足

鳥の化石が発見されてないだけだと思うんですがね。

補足日時:2011/09/04 16:34
    • good
    • 0

理由、というか現在発見されている化石等からの合理的な推定になります。

違和感があるかもしれませんが、現時点では正しい可能性が高いと思います。既に回答がある通りですね。
未知の化石を想定しての想像とは異なります。

私も化石等を見ていて鳥と恐竜の共通点は非常に多いと考えます。共通の祖先を推測するより合理的と考えます。
ただ、将来変わってくる可能性も否定できませんけど。

この回答への補足

鳥と恐竜の骨格が似ている理由は互いに共通の祖先から進化したからですよ。

補足日時:2011/09/04 16:36
    • good
    • 0

>鳥と恐竜が別物という説がひっこんだ



結局の所恐竜がいた時代に「鳥」と言える化石が一切発見されていないからです。
この場合の恐竜とは翼竜(プテラノドンなど)、首長竜等は恐竜ではありません。

決定的なものは骨格で、特に骨盤の形状です。
大きく分けて竜盤目(りゅうばんもく)と鳥盤目(ちょうばんもく)に別れ、この内の鳥盤目が鳥に進化したと考えられています。

鳥盤目は文字通り鳥に似ており、竜盤目はは虫類に近い形状です。

リンク先の写真で判るように(向かって左が背骨になる)、竜盤目は股関節の内側にもう一本突き出た骨があります。
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/dino/faq/0027. …

出所を忘れましたが、鳥盤目の中には全身の骨に空洞部分が多く、現在の鳥に近い骨格を持ったものも発見されています。
また、近年中国で発見された恐竜の化石には羽毛の痕跡があるものの有ります。

この回答への補足

古生物学は一個の化石が出てきただけで定説はひっくり返る学問ですから、恐竜と同時期の鳥の化石はその内発見されますから、絶対、鳥は鳥、恐竜は恐竜ですよ。

補足日時:2011/09/04 11:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗り絵用のイラスト

季節の花や果物など、塗り絵ができるイラストが掲載されているサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
大人のかたが使われるのでしょうか?
検索してみましたが子ども用の絵が多いような気がしますね。
こちらはどうでしょうか。

http://coloringbookfun.com/
↑FlowersやFlowers 2に花の塗り絵があります。

http://www.angel.ne.jp/~asrgt/sktop.htm
↑ご希望にあったものがあるかわかりませんが種類は多いです

http://urawa.cool.ne.jp/chon_2/pc/pc2.htm
↑リンク集です

Q大陸移動説と、海底拡大説について

詳しい人がいたら、回答お願いします。

「大陸移動説」というのは、どういう根拠で成り立っていたのかということと、その後、提唱させた「海底拡大説」というものの理論について、分かる人がいたら、簡単でいいんで、説明お願いします。

Aベストアンサー

地球科学史的に見ると非常に面白いお話です。

まず1910年代、ドイツの気象学者ウェゲナーは、大西洋を挟むアフリカ大陸と南アメリカ大陸の海岸線の類似から、大陸移動説を唱えました。ウェゲナーはシダ類化石分布、氷床分布などの有力な証拠を提示し、一定の支持を得ましたが、大陸移動の原動力を説明できず、彼自身の死もあっていったんは廃れてしまいました。その後1930年代のイギリスのホームズのマントル対流説など大陸移動を支持する考えもありましたが、当時主流を占める考えにはなりませんでした。

1950年代に各大陸の岩石に記録されている残留磁気から求められる磁北移動曲線が異なることが明らかとなり、大陸移動説が復活しました。
海底地形、熱流量などの研究成果からヘス、ディーツらが1960年代前半に海洋底拡大説を唱え、さらに海底岩石の古地磁気磁化方位が海嶺をはさんで対称の縞模様となることが発見されたことで、海嶺でマントル物質が沸き上がり海洋底をつくってそれが両脇に動いていくと言う海洋底拡大説が多くの地球科学者に受け入れられるようになりました。
1960年代後半、マッケンジー,モーガン,ルピションらが地震の起こり方,トランスフォーム断層の走向,地磁気縞模様から推定される海洋底拡大速度などのデータを用いて、地球表面を剛体として移動するプレートという概念を導入し、主要なプレートの運動を決定しました。これが海洋底拡大説、大陸移動説を取り込んだプレートテクトニクスの成立です。

地球科学史的に見ると非常に面白いお話です。

まず1910年代、ドイツの気象学者ウェゲナーは、大西洋を挟むアフリカ大陸と南アメリカ大陸の海岸線の類似から、大陸移動説を唱えました。ウェゲナーはシダ類化石分布、氷床分布などの有力な証拠を提示し、一定の支持を得ましたが、大陸移動の原動力を説明できず、彼自身の死もあっていったんは廃れてしまいました。その後1930年代のイギリスのホームズのマントル対流説など大陸移動を支持する考えもありましたが、当時主流を占める考えにはなりませんでした。

1...続きを読む

Q塗り絵を英語で何と言いますか?

塗り絵を英語で何と言いますでしょうか?
または塗り絵に対して色の塗られていない線画を英語で何と言うでしょうか?
ちなみに他の論文をみると、塗り絵はColoring activityとか、Color paintingなどの表記があり、線画はLine shape、Basic activityなどの表記があるようです。ネイティブでも通用するような表現方法はどのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

1. 塗り絵の本は、下記のように、colo(u)ring book といいます。
   http://www.ldoceonline.com/dictionary/colouring-book

2. 色の塗られていない線画は、line-drawing です。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/line-drawing

3. 塗り絵の一種に、下記のような coloring by numbers というのがあります。 1、2,3と言うように番号が書いてあって、番号の色で塗りつぶすと、絵になります。下手な絵を皮肉る時にも使います。
http://eow.alc.co.jp/color+by+numbers/UTF-8/

4。coloring activity は、塗り絵の本とか紙ではなく、絵を塗ること、お絵描き、という抽象的な表現です。color painting は、色彩絵の具を使った絵画で、成人の作品にも使われます。line shape は、「線の形」ですが、あまり聞きません。 basic activity は「基礎的な活動」と言う意味で、別にお絵描きと限定されていません。

1. 塗り絵の本は、下記のように、colo(u)ring book といいます。
   http://www.ldoceonline.com/dictionary/colouring-book

2. 色の塗られていない線画は、line-drawing です。
http://www.ldoceonline.com/dictionary/line-drawing

3. 塗り絵の一種に、下記のような coloring by numbers というのがあります。 1、2,3と言うように番号が書いてあって、番号の色で塗りつぶすと、絵になります。下手な絵を皮肉る時にも使います。
http://eow.alc.co.jp/color+by+numbers/UTF-8/

4。coloring...続きを読む

Q恐竜と哺乳類の大きさが逆転したのはなぜでしょうか?

古生代では爬虫類より哺乳類の方が体が大きく、優勢だったと言われていますが、中生代では爬虫類特に恐竜が大きくなり、哺乳類はネズミ程度の大きさで、その影に怯えて生きていたと言われています。なぜこの様な逆転が起こったのでしょうか?
一面的に見れば、中生代は炭酸ガス濃度が今より高く暖かかったので植物の成長には適しており、植物食恐竜は栄養価の点を含め大量に食べる必要があり、大きな体になった。それで肉食恐竜も体を大きくした。と言われています。さて、その時哺乳類はどうして大きくなれなかったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 哺乳類が誕生したのは中生代三畳紀で、2億2,500万年前に生息していた最古の哺乳類と言われるアデロバシレウスが体長10~15cm、2億1000万年前のエオゾストロドンが頭胴長8~9cmと、トガリネズミ程の大きさだったのに対して、
恐竜が誕生したのも大差のない時期で、約2億2,800万年前に生息していた最古の恐竜と言われているエオラプトルが体長約1m、2億3100万年~2億2500万年前のスタウリコサウルスが体長約2.1m、2億3000万年前~2億2000万年前のヘレラサウルスが体長約3m、中には2億2000万年前~2億900万年前のゴジラサウルス(ゴジラ「ザ」ウルスではない)の様に、体長が5.5m以上になるものもいました。

【参考URL】
 哺乳類 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E

 アデロバシレウス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%82%B9

 エオゾストロドン - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AA%E3%82%BE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%B3

 エオラプトル - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%AB

 スタウリコサウルス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

 ヘレラサウルス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

 ゴジラサウルス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

 従って、哺乳類は最初から恐竜よりも身体が小さい生物であり、追い抜かれた事はありません。

 古生代に生息していたのは哺乳類ではなく、昔は哺乳類型爬虫類とも呼ばれていた単弓類 です。
 単弓類には、約2億4,750万年前の古生代ペルム紀後期に生息していたイノストランケビアの様に、全長約4.5mにもなる種もいましたが、ペルム紀末の大量絶滅により、キノドン類を残して絶滅しました。
 ペルム紀末の大量絶滅が起きた際には、それまで約30%もあった空気中の酸素濃度が低下したため、恐竜の様に、後の鳥類と同様の、優れた呼吸器官を備えたものが、生き残りの際に有利だったとする仮説もある様です。
 そのキノドン類も中生代の三畳紀末の大量絶滅により、キノドン類から進化した哺乳類を含む少数の系統を残して絶滅しました。

【参考URL】
 単弓類 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E%E5%9E%8B%E7%88%AC%E8%99%AB%E9%A1%9E

 イノストランケビア - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%93%E3%82%A2

 大量絶滅 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85

 キノドン類 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%89%E3%83%B3%E9%A1%9E

 QNo.6468633 鳥、昆虫、かにの呼吸について
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6468633.html

 従って、単弓類が体の大きさで、後発の恐竜に追い抜かれたのは、2度に亘る大量絶滅で大型の種が絶滅し、生き残ったものが小型の種だけだったからだと思います。

 哺乳類が誕生したのは中生代三畳紀で、2億2,500万年前に生息していた最古の哺乳類と言われるアデロバシレウスが体長10~15cm、2億1000万年前のエオゾストロドンが頭胴長8~9cmと、トガリネズミ程の大きさだったのに対して、
恐竜が誕生したのも大差のない時期で、約2億2,800万年前に生息していた最古の恐竜と言われているエオラプトルが体長約1m、2億3100万年~2億2500万年前のスタウリコサウルスが体長約2.1m、2億3000万年前~2億2000万年前のヘレラサウルスが体長約3m、中には2億2000万年前~2億900万年前のゴ...続きを読む

Q目標達成用マス目塗り絵

私が小学生のころ、全校生徒が毎朝校庭を走ることになっており、走ることへのインセンティブとして、各人に塗り絵が渡されていました。その塗り絵は、内部が例えば1~100までの数字付のマスに分かれた動物や乗り物の絵で、校庭を1周するごとに1マスを塗ることになっていました。たくさん走ると、早く絵が完成するというわけです。

人によるでしょうが、私はこの種の塗り絵が大好きで、早く塗り絵を完成させるために一生懸命走ったのを記憶しています。

さて、今では自分にも子供ができました。ピアノを習わせているのですが、どうも遊びに夢中になって練習がおろそかになりがちです。そこで、上記のようなマス目塗り絵をやらせてみようと思ったのですが、ネットで探しても出てきません。正式名称も分からないのでちゃんと探せてないだけかもしれません。どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シールのものは割とあるんですが、なかなか難しそうですね。
http://kids-nurie.com/cat63/
http://rakumam.info/cat6230567/
http://nurie.main.jp/nurie/daishi.html

うちの息子たちも小学校の長い休みなどによく歯磨きカレンダーなど持ち帰ってきてます。

うちはずっと昔、トイレトレをしていた時にちっちゃなハンコを買って、うまくできた日だけカレンダーに自分で押させていましたっけ。

かわいいお子さんの好きなハンコなどお持ちであれば、お手持ちのカレンダーに一つずつ押してそこを好きなように塗らせてあげるのもいいかもしれませんね。

Q首の長い恐竜について

ブラキオサウルスやスーパーサウルス等、
大形の首の長い恐竜の、復元模型や想像図等を見ると、
陸上で暮らし、首を垂直に近い角度で起こしていたり、
まっすぐ横に伸ばしていたりしますが、
彼らの脳や首はあれで無事に済むのでしょうか?

というのも、同じく首の長い動物であるキリンは、
普段すごい高血圧で、水を飲むために首を下げると、
脳障害を起こすほどなので、頭の付け根に、
血圧を調整する器官が付いていると聞きました。
キリンの比ではない、ブラキオサウルス等にも、
同様のものが付いていたのでしょうか?
また、「空想科学読本」のシリーズで、
ろくろっ首が首を前に伸ばすと、梃子の原理で首に多大な負荷がかかり
首が折れるというのがありました。
恐竜の首はかなり太いようですが、
その分重量もかなりのものだと思います。

以上のようなことは、専門家の方の間では、
どのように説明がなされているのでしょうか?
ご意見お聞かせください。

追記
私個人の考えでは、水の中で生活していたという説を推したいです。
これは、水圧で呼吸ができないという理由で、
否定されているようですが、
首を水面に対して、水平に伸ばしていれば、
肺にはそれほど水圧がかからないのではないかと思うのですが、
皆さんはどうでしょうか?
ご感想もいただけたらと思います。

水面~~~○~~~~~~~~~~~~~____○~~~~
   __|             | |
   | |
  ↑こうではなく           ↑こう  
 

ブラキオサウルスやスーパーサウルス等、
大形の首の長い恐竜の、復元模型や想像図等を見ると、
陸上で暮らし、首を垂直に近い角度で起こしていたり、
まっすぐ横に伸ばしていたりしますが、
彼らの脳や首はあれで無事に済むのでしょうか?

というのも、同じく首の長い動物であるキリンは、
普段すごい高血圧で、水を飲むために首を下げると、
脳障害を起こすほどなので、頭の付け根に、
血圧を調整する器官が付いていると聞きました。
キリンの比ではない、ブラキオサウルス等にも、
同様のものが付...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1さんの言うとおり
吊り橋構造で支えられていたと言うのが有力の様です
太くて丈夫な腱で頭から尻尾までをつなぎ
バランスを取っていたようです
証拠としては脊椎の化石には
その腱が通っていたと思われる跡があります。

水中説に関してはやはり陸上で暮らしていた方に行きます。
食糧である植物が豊富であるのと
移動がしやすいと言うのもポイントです。
陸上生活では現在の哺乳類(象)などと似た生活
集団で移動しながらの生活だったと思います。

恐竜ほどの生き物が現在存在しないので
実際はどうだったかは想像のみですが
現存する様々な生物(爬虫類、哺乳類関わらず)を
調べるのがいいかなと思います。

Qマンダラの塗り絵売っている所知りませんか?

マンダラの塗り絵を探しています。ヴィレッジバンガードも覗いてみたのですが、単純な五色ほどで塗り終えてしまうような物しかおいていなかったので、もっと凝ったマンダラの塗り絵売っている所教えて下さい!

Aベストアンサー

「曼荼羅 塗り絵」「マンダラ 塗り絵」などで検索したら色々出てきました。
近くの書店まで無料で取り寄せてくれるサービス「本やタウン」やセブンイレブンのブックサービスを利用されたらどうでしょうか。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2129067-4463434

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2129067-4463434

Q恐竜の時代を推定する仕組み

放射性年代測定の原理は分かっているのですが、詳しいことが分からなくて質問します。
1 どの方法を使っているのでしょうか?
2 化石、まわりの岩石など資料はいろいろありますが、どの資料を調べているのでしょうか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

恐竜の権威ある、小畠 郁生、長谷川善和先生の
見解、本、恐竜学、で参考にして下さい。

Qおとなの塗り絵のセラピー効果について

おとなの塗り絵が、リラクゼーションやストレス発散などの心理的効果があり
流行っているとききます。

脳にどのように反応し良い影響が出るのか理論的に書かれている本があれば教えて欲しいです。

AMAZONで検索した所、塗り絵ばかりが出てきました。

セラピー効果などについて詳しく書かれている本を教えてください。

Aベストアンサー

大人の塗絵というのは、アートやカラーセラピーの類に分類されるものかと思います
色彩心理学と呼ばれているものが近いような感じがします
http://www.sciencecomlabo.jp/fortune-telling/colorpsychology.html
このサイトでは色彩心理学を疑似科学として検証していますので、書籍ではありませんがご一読されてはいかがかと思います

塗り絵というのは、色を塗れば絵が描けない人でも完成度の高い作品が簡単に仕上がり、自分が描いた絵のように満足度を得られるものだと思います
塗り絵ブックの他には色鉛筆しか用具がいらないので、非常に手軽という面もあります

デイケアやデイサビース等で塗り絵が用いられているのは、手を動かす作業系のプログラムとして効率的だからです
色彩の効果は二の次で、プラス作用があればよいていどではないでしょうか

Q恐竜の時代に雪は降りましたか?

恐竜には熱帯のイメージが強いのですが、
雪が降るような寒い地方で生活をしていた恐竜がいても
不思議ではないと思いました。
もっとも三畳紀、ジュラ紀、白亜紀に雪が降ったかどうかがわかりません。
もし当時の極地に大陸があれば雪がふったし、恐竜も生息して
いたと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恐竜の時代は、主に氷河期を脱していましたから、局地にも氷冠はなく、降雪もなかったのではないでしょうか。特にジュラ紀白亜紀は現在よりもかなり熱帯性の気候だったのです。
極地に氷のある現在は、地球史の中で特異な時代です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報