「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

家の新築にあたり、土地探しをしています。
気になる土地があるのですが、土地の西側で水の湧き上がっている池があります。(池といってもかなり浅いです。)南の方向に水路がありちょろちょろと水が流れています。
購入を検討している土地は池の50センチほど高い位置にあり、現況が水田です。
水田を2メートルも掘れば、水が沸いてくるでしょうとのことでしたが、地盤を固める工事を行い、基礎(べた基礎です)の下に防水シートを敷いた上で基礎を作るので問題ないでしょうとのことでした。
土地と池の境にはコンクリートで擁壁を作りますとも言っています。
相場と比べても価格がかなり安く、地盤工事費用を売主様負担にしてもらえるということで(決定ではないですが)購入しようか迷っています。

この土地に家を建てるにあたり将来的にはどのような問題が発生しそうでしょうか。
池が近いということで、湿度は高いと思いますが、家に与える影響はどのようなものがあるのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

べた基礎で地下水位がたかいということは、べた基礎と立ち上がり腰壁の接続面からか、腰壁から水がはいり


建物基礎内に水がたまるでしょう。叉今回のような東日本大震災のような巨大地震だと擁壁がやられ、建物が擁壁
側にながされ使えなくなる可能があります。当地3.11 震度6強、4 6弱 市で解体費用を持つ建物をみてきました。
造成盛土の擁壁がやられた為解体するものもありました。建物は杭をうって支持地盤でささえればもつと思いますが。地盤はそうはいきません。建物所有者はこまりはてていました。その場所に住むためには、再度擁壁等設置しかつ建物をたてなければすめません。水がわきあがっている池 ということは地盤のしたに水の道もあります。もった土が水分を含み
液状化する場合もあります。家をたてたあとではどうしようもなくなります。そういういろいろな条件があるので地価が安くなっていると思います。今回の地震で一般の方も地盤に目がいくようになったために安くしてうってしまいたいとおもっているのでは。叉今回の地震では堅固につくった国の道路工事でさえ被害が発生しています。地盤補強工事してといってもとてつもないリスクを背負うことになると思います。一度東日本大震災 被害 と検索してみてください。写真等でいろいろのっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
当地域も6強を観測した地域なのですが、近隣の住宅は大きな被害はなさそうでした。
しかし、同程度の地震が来たときに次はどうなるかわかりませんので、見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:44

まず、地下水位が異常に高く、また大変な軟弱地盤である可能性が高いので、


地盤補強は地盤調査をして、上物がある程度計画されていなければどのくらいかかるかはわかりません。
それによって100万以下で済む場合もあれば200万程度かかる場合もある。
地主に負担させると言って、地代を払ってからさらに請求できるものでしょうか?
トラブルのもとになりそうです。

湿地ですので、湿気は多いでしょう。
木造は痛みが早いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
業者の言う以外にも、工事が発生する恐れがあるということですね。
考えを見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:41

不動産業者です。


色々と皆さんが書かれている通り、絶対におやめなさい。幾ら安くとも当方では絶対仕入れない土地ですね。現行の保証制度に土地の地下水などの影響による保証規定はありません。景観重視の池のほとりの別荘ならわかりますが、マイホームを建てる土地ではありません。
技術的に対応出来ないことは無いと思いますが、金がかかりすぎます。工務店の言っているような工法は、湧き水や地下水のない、ただの元田んぼ程度の地質での対処法では?
リスクが大きすぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地盤は強い地域とのことでしたが、場所によっては例外もありそうですね。
考えを見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:14

宅地の選定条件に必須なのは、


日当たりが良くて、風通しが良くて、湿気の少ない土地です。
この3条件はどんなに金をかけても良くすることはできません。

あなたの土地は湿気のきわめて多い土地です。
家中がカビだらけになる、土台や柱が腐ってくる、床下が細菌だらけになる。
床下換気をしても、入ってくる風は湿気の多い風です。乾きません。
女性のお肌にはいいかもしれませんが、家にとっては最悪です。

安くしてでも売ってしまいたい売主の気持ちがよく判ります。
あなたはいいカモと思われていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり、家に与える影響はあるということですね。
考えを見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:12

業者の言うことだけではなく、その土地に長年・古くから住んでいる人から色々な話を聞くことです


それもできるだけ多くの人から
一人一人は正確なことを言わないとしても数人から聞けば、おおよそのことは見当がつくでしょう
それと業者の言っていることを比べてみることです

何の理由も無く安いことはありえません、その安い理由が業者の説明通りなのか、他にもありそうなのかくらいは調べておくことが必要でしょう、高額な買い物をするのですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
近所の方に尋ねてみましたが。特に大きな問題はなさそうでした。
しかし、地盤の心配もありますので、考えを見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:08

安いモノにはワケがある。


もしその土地のすぐそばに住宅が建ってるなら、こっそり尋ねておかしなことが起きてないか聞いてみてはいかがですか?
マンションなどを決めるときに近所の住民に聞くという常套手段の変形です。
住人が夜中騒いでるとか、暴走族が毎日通るとか、聞いたらぼろぼろ出てくるケースもあるっぽいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
近所の方に尋ねてみましたが。特に大きな問題はなさそうでした。
しかし、地盤の心配もありますので、考えを見直していきたいと思います。

お礼日時:2011/10/24 07:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湧水のある土地の購入

分譲地で、買おうとしている隣の土地から湧水があることがわかりました。
造成中、ほんの少し掘っただけで水がたくさん出てきたそうです。
私たちの買おうとしている土地からは水は出ていないので、いいかなあと、はじめは思っていたのですが、
新しく造成で設置されていた雨水浸透桝に水がかなり溜まっているのです。
ここ1か月くらい雨が降っていないのに・・・
不動産屋さんは、湧水があるから、浸透桝内の水の水位はそれ以上下がらないと、言いました。
このような土地、良くないのはわかっているのですが・・・
皆さんはどう思われますか?率直なご意見お待ちしてます。

Aベストアンサー

いくら安かったとしても、地盤補強にお金はかかる、
住んでからシロアリ被害にお金はかかる、
湿気によるカビ腐れでお金はかかる、
地震や水害で沈下するかもしれず、
へたすりゃ財産失うかも。

私ならその土地は選びません。

地下水位が高いのは間違いはなさそうです。
砂状地盤であれば液状化の確率は高いです。
今や地震活動期です。
日本列島はどこなら地震は来ないなんてところはありません。
あえれリスクの高い土地はおやめになった方がいいと思います。

Q宅地からの湧き水(水みち)

家を新築するため、山を切り開いた造成宅地(全部で130区画ほどの住宅地)の土地を購入したのですが、購入する際には特に見た目上、問題はなかったのに、周りに家が建ち始めてしばらくすると、我が家の宅地の水はけの悪さが気になりはじめました。 かなり晴天が続いてもずっと湿っている状態でしたので、細かく観察したところ、宅地の一部からチョロチョロと水が湧きあがっているのを発見しました。
すぐに建築や発注関係をストップさせ、販売元の問い合わせたところ、すぐに対応下さり、詳しくしらべるために、湧き水の検査と、宅地のボーリング調査を実行してもらいました。
その検査結果によると、水は水道水ではなく、湧き水。
地下1.5mあたりまで水が飽和状態になっていて、地体力ゼロ。でも1.5mより下にいくと、逆に地下水はまったくと言ってよいほど見られず、地体力は一番厚い層が17あり、地体力がないとか、地下水位が高いというわけではなく、どうやら水みちが出来てしまっているようです。
もちろんうちの宅地以外でも被害のある宅地があり広範囲の問題のようですが、私たちのように、問題提起している人はいないようで、施工者レベルで何らかの対策を打っているようです。ただ、すでに建っている私たちの横のお家の擁壁からは四六時中水が出ており、グランドラインから上の部分なのに水が出ているということが気になります。水が上がってきているということでしょうか?おそらく大変水が多い状況です。
そんな中、販売元は、水みちの原因と水が入ってきている元を突き止めて、恒久対策をする方向で調査を開始してくれましたが、、、
1. 家がどんどん建っている状態の中で自然に出来た水みちの元を突き止めて宅地に水が入ってこないように恒久対策することなど、可能なのでしょうか?
2.考えられる対策とはどういうものが挙げられるのでしょうか?
3.どんどん湧き上がってくる水を施工者レベルでなんとか対策しているみたいですが、私たち素人から見ると信じられない光景なのですが、水がどんどん湧きあがってきてる宅地に簡易的な対策をしたとしても、そこに家を建てるのは危険ではないのでしょうか?
4.何らかの対策をしても、湿気はやはり上がってくるでしょうか?
5.販売元は、想定外のこと。と言って責任逃れをしようとしますが、こんな不具合が出るのは、造成前に何かミスがあったのではないでしょうか? 考えられる原因は何かありますでしょうか?

長くなりましたが、かなり困惑しています。。。
どうぞよろしくお願いします。

家を新築するため、山を切り開いた造成宅地(全部で130区画ほどの住宅地)の土地を購入したのですが、購入する際には特に見た目上、問題はなかったのに、周りに家が建ち始めてしばらくすると、我が家の宅地の水はけの悪さが気になりはじめました。 かなり晴天が続いてもずっと湿っている状態でしたので、細かく観察したところ、宅地の一部からチョロチョロと水が湧きあがっているのを発見しました。
すぐに建築や発注関係をストップさせ、販売元の問い合わせたところ、すぐに対応下さり、詳しくしらべるために、...続きを読む

Aベストアンサー

130区画ですと開発申請、許可は出されているでしょうね。

開発はあまり詳しくは無いのですが、申請にあたり雨水浸透の計算書を添付させるところは非常に多いです。
雨水浸透推進地域。
地下水位(飽和状態であれ)が1.5m辺りですと計算上の係数はかなり大きくなり相当数の浸透施設が必要になるはずです。(仮に1.5m上がレキでも)
浸透側溝や、桝など、トレンチなんて縦横に入れないと処理できないでしょう。

計算にあたり地盤の調査結果が当然必要になります、計算を抜きにしてもボーリングはしているでしょうけど。

この雨水浸透計算の根拠は地域によりまちまちです。
場所によっては配置図上、目視で「この位なら大丈夫だろう」なんて経験測で許可したり、必要以上に厳しい数量を規定したり、メーカーの計算をそのまま採用したり、・・・あろうことか偽装計算も有ると聞きます。

いずれにせよ取るべき措置が取られていない、手抜き工事や計算偽装などがあれば開発業者や販売元を突っつく事は出来るのでは?。
行政もいい加減な所多いですよ、田舎ですと特に。

その前に新築計画の前の地盤調査は必須ですが業者はしなかったのですか?、もしかすると開発時点のちょっとはなれた測定点のデータを基準にしちゃったのかなあ。

造成後に突然地下水位が上がるとか水みちが出来るとか、可能性はあるにせよとにかく少し上記の件突っ込んでみて下さい。
出来れば共闘、近隣の区画を買った人と共に動かれた方が良いでしょう。

ただし、以上はあくまで私の根拠に乏しい推測に過ぎませんが。

130区画ですと開発申請、許可は出されているでしょうね。

開発はあまり詳しくは無いのですが、申請にあたり雨水浸透の計算書を添付させるところは非常に多いです。
雨水浸透推進地域。
地下水位(飽和状態であれ)が1.5m辺りですと計算上の係数はかなり大きくなり相当数の浸透施設が必要になるはずです。(仮に1.5m上がレキでも)
浸透側溝や、桝など、トレンチなんて縦横に入れないと処理できないでしょう。

計算にあたり地盤の調査結果が当然必要になります、計算を抜きにしてもボーリングはしている...続きを読む

Q掘削工事で道向かいに湧水:宅地としてどうでしょう?

色々調べてみたのですが、ネットでの検索には限りがあってなかなかこれという回答を見つけられなかったので、こちらで質問させて下さいm(__)m

自宅の地盤の事で教えて戴ければと思っています。

道を挟んだ向かい側が、高台で崖だったところを道に面して掘削し、私の自宅と同じ高さに揃えて土地を作り、家を建てています。

その工事の時に、水が出てきて、基礎工事が終わった今でもずっと排水している状態です。

私の自宅は中古で買ったものですが、高さ制限かなにかの為か、玄関が少しだけ道路よりも低くなっており、最近建った隣の家より低い状態です。
その為もあるのか、一昨年の秋の超長雨が続いた時には、上がり框の下、玄関のタイルとの境目から水が滲み出て来たことがあり、本当にびっくりしてしまいました。

ですが、今後建て替える場合には、天空率等の新しい計算方法で隣のように地面よりも少しは玄関を高くしても十分建てられるなぁと思っていました。

そう思っていたところに、道向かいの土地の湧水があり、これは地下に水が流れているのだから、多少道より高く家を作ったところで意味が無いのかも、と思うようになりました。

築は既に20年は軽く超えていますが、家自体は堅牢で、外装含めた大掛かりなリフォームも5年程前に入れてあるので、あと10年は使用に耐えるのでは、と思っているものの、その後に建て替えるのを考えるよりも、ある程度目処がついたところで売却してしまった方が良いのかとも思います。

地盤改良にも水が出ると結構なお金がかかると聞きました。ただ、場所自体は利便性も良くとても気にいっており(それが決め手で購入しました)、同じような利便性の土地を探していますが、やはり程よい土地は結構な金額で、おいそれと手に入れられないだろうなとも思っています。この近辺は、そういう事もあって一軒当たりの敷地が狭く、住宅密集地で隣の壁に手が届くような建て方をしている家が多いです。

自宅の土地がとても狭い為、築年数が同じである、もう一方の隣が借家なので、もし手頃な値段で売りに出たら(私の自宅より更に狭く、家主さんが建て替えてまでしてまたテナントを募集する事はないのでは、と思う広さです)買って少しゆとりのある建て方を、と思っていた矢先にこの湧水があったのでどうしたものやらと思っております。

どなたか、お考えがありましたら教えて戴ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

色々調べてみたのですが、ネットでの検索には限りがあってなかなかこれという回答を見つけられなかったので、こちらで質問させて下さいm(__)m

自宅の地盤の事で教えて戴ければと思っています。

道を挟んだ向かい側が、高台で崖だったところを道に面して掘削し、私の自宅と同じ高さに揃えて土地を作り、家を建てています。

その工事の時に、水が出てきて、基礎工事が終わった今でもずっと排水している状態です。

私の自宅は中古で買ったものですが、高さ制限かなにかの為か、玄関が少しだけ道路よりも低くなっ...続きを読む

Aベストアンサー

状況から地下水位が高いことは想像できます。
長期間雨が続けば地下水位が更に上昇し、被圧地下水となって地表に出てくるのでしょう。
宅地のすぐ近くに低い土地があってそこに向かって崖等があるならば、あまり良い土地とはいえませんが
そうでなく、普段湿気等に大きな問題がなければ、そこまで気にされなくても良いと思われます。

地表に沸く水が気になるのであれば、地盤改良でなく地下水を誘導して排水するようにしたほうがいいと思います。
地下水の力は侮れません。
無理に地盤改良などで地下水を封じ込めれば、どこか他で水が湧き出したり斜面が崩壊するなど
思いもかけないところで影響が出ます。

Q敷地の南側に用水路(水深深い)がある土地は悪いのですか?

敷地の南側に用水路(水深深い)がある土地は悪いのですか?

利便性がそこそこ良くていいなあと思っている土地があるのですが、
敷地の南側に用水路があるのが気になっています。
水路幅は約1.3mです。高さは80センチぐらいのなのです。水深が秋から冬は水量が少なく流れも比較的速いのですが、水田に水を引く春から夏は水深が60cmまで上がり、やや淀むような流れになっています。

周囲の人からは用水路は湿気、蚊などの虫の発生、水害などを懸念する方が多いです。
僕自身も最初からやや気になってはいたのですが、周辺の住環境と利便性が気に入っています。

これと似たような土地に住宅を建てた方いましたら、良い点、悪い点を教えてください。
また、似たような住宅用地の検討し、購入した、購入しなかった判断をしたからたたがいたらご意見ください。

特に、こうすれば、湿気、虫、水害といったマイナス点をクリアできるというご提案があれば教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

1>敷地の南側に用水路(水深深い)がある土地は悪いのですか?
回答
わが実家も南側、用水路、道路です。東側道路、北側田んぼ、西側隣家です。悪くありません。すごくいいですよ。

2>利便性がそこそこ良くていいなあと思っている土地があるのですが、
回答
利便性がよければ抜群ですね。

3>敷地の南側に用水路があるのが気になっています。
水路幅は約1.3mです。高さは80センチぐらいのなのです。水深が秋から冬は水量が少なく流れも比較的速いのですが、水田に水を引く春から夏は水深が60cmまで上がり、やや淀むような流れになっています。
回答
わが実家も、幅1m深さ0.6mで、農業用水プラス生活用水路となっています。確かに水田の時期は満水水が流れます。通常は半分の30cmくらいで流れは結構速いですね。
大きな川から、地区に水を引いたものです。コントロールできるようになっていますね。

4>周囲の人からは用水路は湿気、蚊などの虫の発生、水害などを懸念する方が多いです。
僕自身も最初からやや気になってはいたのですが、周辺の住環境と利便性が気に入っています。
回答
特別に蚊、虫が多い事はありませんね。蚊はたまり水の場所、じめじめした場所、用水でも泥土が溜まったよどんだ水路、普通は水の流れがほとんどない場所等です。

災害の件ですが、水量は、多分、取り入れ口で制御されていますね。取り入れ河川の管理している県市町村、水路を管理している農業委員会・農業団体・水利組合に確認してみてください。従って水害は直接的には関係ないですね。
上流の大きな河川からの水害は、別ですがね。これはどこでもあるリスクです。
ハザードマップ(国土交通省、ネット提供全国版)でも過去の水害など詳細地図で確認できます。一応わが実家も用水の関係で、浸水地区になっています。でも過去一度も浸水被害はありません。多分用水でなく大きな河川の崩壊などの浸水予測だと思います。

住環境は想像ですが、我が実家と同じようであればいいですよ。

5>良い点、悪い点を教えてください。特に、こうすれば、湿気、虫、水害といったマイナス点をクリアできるというご提案があれば教えてください。
回答
●良い点
・緑、川、田んぼ(?)小高い山、森があれば環境面でいいですね。
・川は、虫、魚、トンボ、(蛍?)などが生育、飛び立つ風景はいいですね。
・川遊び(子供)、魚釣り、水遊び(子供)、昔がよみがえりますね。
・子供に水に対する危険予知、訓練等ができること。
・子供の水との生活が体得できること。危険、恐ろしさも体得できること。
・河川水を使用した庭の散水、などにも利用できますね。
・火災などの場合は消防が利用しますね。
・地震時などは、川の水が有効利用できますね。
・川掃除などで地域の一体感が生まれる(年1回通常実施され、親子総出)

●悪い点
・手すりがない場合、子供が落ちて怪我をする。おぼれる。田舎ではないですね。
・用水の管理、清掃がダメなときは「よどむ、水質悪化、草が覆う、虫・魚等がいなくなる。
 通常は、毎年清掃が実施される(受益者、地区行事として総出で実施する決まりがある)
 リスクを改善する対策が必要である。
・水害の可能性(但し、堰で制御可能、制御中)水路の管理体制が良くない場合に発生する。
 是非、一度管理体制を確認してみてください。
 地域の人に聞いてみてください。過去浸水したかどうか。(シルバー世代、地区会長、有志)

●対策
・良好な河川管理
いずれも、管理が悪いと、害虫、泥たまり、草で川の機能がなくなりますね。
故に如何に管理を良くするか。維持管路がなされているか。(代々、昔から、古い集落であれば大昔から、新しい地区であれば市町村地区会長、農業組合、水利組合)ですね。

・家側について
特別ありませんが、川の縁から基礎立ち上がりまで、最低でも1.5mくらい離れること、基礎の天端は水路の高さより50cmくらい上にすることくらいですね。但し直接、湿気が多いとかはないですね。問題はむしろ、家の構造面ですね。床下換気、断熱などですね。
地盤面の土砂を川側は、可能限り、粘土質の少ない(水分を保有しない)荒めの砂などとして、あまり高い植栽などはしないようにして、南側の採光、乾燥させることですね。

●環境
川、水、日照、南風、北風、虫、魚、ます、トンボ、せみ、イナゴ(水田)、蛙の声、秋祭り、いいと思いますね。

1>敷地の南側に用水路(水深深い)がある土地は悪いのですか?
回答
わが実家も南側、用水路、道路です。東側道路、北側田んぼ、西側隣家です。悪くありません。すごくいいですよ。

2>利便性がそこそこ良くていいなあと思っている土地があるのですが、
回答
利便性がよければ抜群ですね。

3>敷地の南側に用水路があるのが気になっています。
水路幅は約1.3mです。高さは80センチぐらいのなのです。水深が秋から冬は水量が少なく流れも比較的速いのですが、水田に水を引く春から夏は水深が60cmまで上が...続きを読む

Q新築基礎工事、土から水が…

新築で家を購入して最近工事がはじまりました。
現場を見に行ったのですが、掘ってあるところから水がチョロチョロと流れているのです。
土地は湿地帯で、土質は粘土のようでした。
補強の柱のようなものを地中に何本も埋めて砂利をひく作業をしていました。
湿地だからなのでしょうか。
大丈夫なものなのでしょうか。
わかる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2 の norikon777です。

もう一つ気になる点です。
基礎の方は万全のようですね。
しかし今気になされている、「水」の問題です。
その辺に川はありますか?その土地は斜面の中腹ですか?
もしそうだと注意が必要です。
「水」は多分、雨水の流れか地下水の流れではないかと思いますが、水の流れとともに砂も運んでいってしまいます。平坦な場所であればそう心配はないのですが、周囲が急な斜面だとか谷間にあるとかだと、雨のたびに地下に水の流れができて土砂も一緒に流してしまい、ひどい場合、地下に空隙が出来、地盤が陥没したりするケースがあります。
私は仕事の関係で、社員の住宅の問題に関わる事があったのですが家の後背地はがけ、全面は川というところにあった家で、周辺の雨水が全てその家の地下を通った関係で7年ほどで地面が陥没し、家が傾いた(この場合は、基礎に金をケチったため杭を全く打っていなかった)ケースがありました。
この場合、基礎をしっかりして家は大丈夫でも、周囲の土地がさらわれ徐々に基礎が剥き出しになってくることがありえます。


人気Q&Aランキング