会社の仕事で関東地区の各地の物件の不動産の謄本をとることになったのですが、関東地区の登記所の場所の地図を自宅のパソコンから入手する方法はないでしょうか。いちいち登記所に電話して道を聞くのは面倒なので。どなたかご存じの方がいらしたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ここで調べられます。


上に神奈川県川があり下の方に各県が有ります。
登記所をクリックすると、所在地の地図と最寄り駅が表示されます。

参考URL:http://www.shiho.or.jp/registry-office.htm
    • good
    • 1

これでいいでしょうか?


一応地図もついてます。

参考URL:http://info.moj.go.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登記簿謄本を入手する方法

これから離婚調停をするよていなのですが、家の所有者が分かりません。二世帯の新築で、夫と夫の父親が建てました。

登記簿謄本を入手すれば、債務者、抵当、所有者などが分かると聞きました。所有者であれば、印鑑と身分証明書があれば請求できると聞いたのですが、それ以外であれば委任状が必要だそうなのです。現在実家に帰っている私が登記簿謄本を入手するにはどうすれば良いのでしょうか?

よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

single-1さんの入手したいものは家の登記簿謄本ですよね?
そういうことで話を進めたいと思います。

入手したい不動産のある最寄りの法務局(管轄法務局といいます。下の参考URLを(1)をみてください)に直接取り寄せに行くのがベストだと思います。
というのも、登記簿謄本は「○番○号」という住居表示では取れなく、「○番地」という地番表示でしか取り寄せられないからです。その不動産のある管轄法務局にはブルーマップという住居表示から地番がわかる本が備え付けられているからです。
ちなみに、家の場合は、家屋番号というものが必要になると思います。
失礼かもしれませんが、single-1さんが家屋番号を知らないということで手順を書きたいと思います。

(1)管轄法務局に行く
(2)住居表示しかわからない場合はブルーマップで番地を調べる
(3)法務局に置いてある申請用紙(下記参考URL(2)に必要事項(所在地・地番・所有者・通数)を書く。(わかる範囲でいいですよ。)
(4)受付にその用紙を渡し、「この土地の上に立っている建物の登記簿謄本がほしいのですが」という。
(5)できあがり次第名前を呼ばれるので受け取る

以上の通りです。
委任状も印鑑も必要ありません(以前は印鑑が必要だったのですが。)身分証明書もいりません。


土地の謄本も欲しければ、(3)で書いた欄の下に「同地上建物」とだけ書けば家の謄本ももらえますよ。その場合、受付で何も言わなくていいです。

料金は一不動産1000円です。

不明な点等あれば、また回答いたします♪

single-1さんの入手したいものは家の登記簿謄本ですよね?
そういうことで話を進めたいと思います。

入手したい不動産のある最寄りの法務局(管轄法務局といいます。下の参考URLを(1)をみてください)に直接取り寄せに行くのがベストだと思います。
というのも、登記簿謄本は「○番○号」という住居表示では取れなく、「○番地」という地番表示でしか取り寄せられないからです。その不動産のある管轄法務局にはブルーマップという住居表示から地番がわかる本が備え付けられているからです。
ちなみに、家の...続きを読む

Q支店、営業所の登記地点で謄本はあげられる?

支店、営業所の登記地点で謄本はあげられる?



ある会社(仮に株式会社Aとします)があるとします。
東京都千代田区に本社を登記するとします。
神奈川県横浜市に支店を登記するとします。

さて、第三者(株式会社Aの本社登記場所を知らない人)が横浜市の法務局に行って
「横浜市内に株式会社Aの本社、または支店、または営業所など、株式会社Aに関連する登記はありますか?」
と言って謄本をあげようとしたら、係員は横浜市の支店登記から謄本をあげてくれるのでしょうか?
それとも本社の登記場所を知らない限り
「横浜市内に株式会社Aという会社は登記されていません」
とつれない返事しかもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

横浜での登記申請は、 会社が申請しないと登記されない。

支店登記していれば、質問の通り可能です。

ただ、本店と支店の登記所では、登記事項が違います。

現在はオンラインで横浜でも、本店分の謄本が取れます。

Q表示登記済証と登記簿謄本の違い

タイトルのとおりですが、表示登記済証と登記簿謄本の違いについて教えて下さい。ちょっと(本当にちょっとですが)ネットで調べてみたのですが、違いについて分からなかったもので詳しい方がいらっしゃたらご教示いただけたら幸いです。ちなみに当方登記等について全くの素人ですので質問自体がナンセンスなものでしたらご勘弁を(笑)。

Aベストアンサー

住宅用家屋証明書に関する説明文でも見られたのでしょうか。
この場合に限定して書いておきます。

建物を新築すると、まず建物の物理的現況を登記します。
具体的には、
どこに:○○市**町△番地の□
どんな構造の:木造瓦葺2階建
どんな種類の:居宅・車庫
どれだけの大きさの:1階**m2、2階**m2
誰が所有する:○○市**町**番**号、○山太郎
というように法務局に対して「申請」を行い、「登記簿」を新たに作成してもらうことになります。

この登記のことを「建物表示登記」といい、申請書2通を提出した内の1通に「登記済」の法務局の印を押して返してくれることになっています。
この「登記済」の印のある書面のことを「建物表示登記済証」といいます。

さて、登記申請によって「登記簿」が作られて、法務局で「原本」が保存されることになります。
この「写し」を請求することが可能になりますが、登記簿全体の写しのことを「登記簿謄本」といい、一部の写しのことを「登記簿抄本」といいます。

ちょうど、戸籍の全部の写しを「戸籍謄本」、一部の人の写しを「戸籍抄本」というのと同じ事です。

現在では、登記簿がコンピューター化されていますので、「登記簿謄本」の代わりに「登記事項証明書」が発行されているのは既に説明のあるところです。

住宅用家屋証明書に関する説明文でも見られたのでしょうか。
この場合に限定して書いておきます。

建物を新築すると、まず建物の物理的現況を登記します。
具体的には、
どこに:○○市**町△番地の□
どんな構造の:木造瓦葺2階建
どんな種類の:居宅・車庫
どれだけの大きさの:1階**m2、2階**m2
誰が所有する:○○市**町**番**号、○山太郎
というように法務局に対して「申請」を行い、「登記簿」を新たに作成してもらうことになります。

この登記のことを「建物表示登記」といい、申請...続きを読む

Q登記簿謄本と登記済権利証書の違い

お世話になります。
タイトル通りです。
登記簿謄本と登記済権利証書の違いを教えてください。
専門家ではないので、できれば分かりやすくお願いします。
また、手元に現在事項証明書なるものもあるのですが、これまた??です。

具体的な仕事としては、
□施設の一部を取り壊した。
□滅失登記と登記簿を処分済みファイルに整理する。
□どれが本物で重要なのかが分からない。
□同じ建物の登記簿謄本と現在事項証明書(全部証明書)があり、有効なのはどちらなのか?

情報足りなければ、補足致します。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

登記の基本から説明します。

土地や建物という不動産については、土地・建物ごとに登記簿が作成され、その「原本」が法務局(登記所)に備え付けられます。

不動産の形状や権利関係に変更が生じた場合には、その変更を登記簿に記載してもらうため、「登記申請」を行うことになります。

建物の例であれば、
新築した時は「建物表示登記」
その建物について権利者を記載するための「所有権保存登記」
所有権が移転(譲渡)した場合は「所有権移転登記」
抵当権をつければ「抵当権設定登記」
抵当権を抹消すれば「抵当権抹消登記」
建物を増築・一部滅失した場合は「建物表示変更登記」
建物を完全に取り壊した場合は「建物滅失登記」
それぞれ「申請」を行います。

申請が受理され、登記簿に記載がされると、申請書の写し等に「登記済」の印が押され、申請者に返却されます。
この書類のことを「登記済証」といいます。

特に所有権を取得した際の登記済証のことを「権利証(登記済権利証書)」と呼ぶことがあります。

登記済証(権利証)は「登記をした際」にしか作成されませんので、再発行は不可能です。

特に「横4cm、縦7cm」の大きさの赤い印判で、中に年月日と番号が黒字で記載されているものが押印されているものは重要書類です。


これに対して、登記簿謄本、全部事項証明書というのは、等位書に備え付けられている登記簿の「写し」でしかありません。

紙の登記簿が保管されている庁では、「登記簿謄本」、コンピュータにより登記簿が管理されている庁では「登記事項証明書」が発行されます。
なお、「謄本」とは「全部の写し」、「抄本」とは一部の写しという意味です。
同様に「全部事項証明書」は全部の証明書ということです。

これらは1通千円にていくらでも発行されますので、必要に応じて請求すればかまいません。


どうしても整理したいのであれば、登記済証に記載のある「司法書士・土地家屋調査士」事務所に行き、現物を見せて整理してもらうことをお勧めします。

素人判断だと、重要な書類をそれとわからずに処分するという危険があります(実話ならいくらでもあります)ので、安易に処分しないことですね。

登記の基本から説明します。

土地や建物という不動産については、土地・建物ごとに登記簿が作成され、その「原本」が法務局(登記所)に備え付けられます。

不動産の形状や権利関係に変更が生じた場合には、その変更を登記簿に記載してもらうため、「登記申請」を行うことになります。

建物の例であれば、
新築した時は「建物表示登記」
その建物について権利者を記載するための「所有権保存登記」
所有権が移転(譲渡)した場合は「所有権移転登記」
抵当権をつければ「抵当権設定登記」
抵当権を...続きを読む

Q支配人の営業所廃止の登記・支店の廃止の登記について教えてください。具体

支配人の営業所廃止の登記・支店の廃止の登記について教えてください。具体例を挙げます。甲市の支店に置いたAを解任し、Bを同支店の支配人に選ぶ時でも、支店の廃止、支配人の営業所(もちろん支店と同じという前提です)は必要なのでしょうか?常識的に考えると、Bにとったら、同じ支店に支配人として、就職するのに、廃止されてしまうと、困るのではないでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社の場合、支店を廃止するには、原則取締役又は取締役会の決議によらなければなりません。よって支配人Aを解任したからといって支店が廃止されることにはなりません。

支配人Aを解任して支配人B選任した場合

株式会社の本店の登記所に

登記の事由     支配人の代理権消滅
              支配人の選任

登記すべき事項   年月日支配人A解任
              支配人の氏名及び住所
               A県B市一丁目1番1号  B
              支配人を置いた営業所
               乙県甲市一丁目1番1号

といった登記を申請することになると思います。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報