[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

30代半ばのおじさんです。私は趣味でピアノを習っているのですが、30歳前後の先生に
「*日は都合が悪くなってしまったので、できれば*日にレッスンを振り替えてもらえませんか?」
などとメールすると、たいてい「了解しました。」と返事が来ます。
これが「わかりました。」ならいいのですが、「了解しました。」というのは少し冷たく聞こえてしまいます。
なぜでしょう? 皆さんの意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

私も時おり返事のメールに「了解しました」と書くことがあります。


それは用件が日時・場所や仕事の段取りなど間違っては困る事実関係についての連絡に対して、送った相手に「用件はきっちり確認しましたよ」というニュアンスを含めて簡潔明瞭に返答したい場合です。
それを「冷たい」と感じる人もいるというのは、このご質問ではじめて知りました。
書いている方としては、そんな気は毛頭ないのですがね。
    • good
    • 0

「了解しました」も「分かりました」も同じようなものですが、私の感じでは、「了解」のほうがベターだと思います。


理屈を言えば、「分かった」は「あなたの希望が私に確かに伝わった」だけで、あとで回答するつもりかもしれません。「了解した」は、事務の慣習としては「あなたの希望が受け入れられた」ことになります。
    • good
    • 0

う~ん!ご質問を見て、


 1.了解という語の用法に対する感性.
 2.人間関係に対する期待.
の2面が浮かびました。

1.の場合:
ご承知の通り了解なる語は、
 「理解して承認する」意ですから、
  今回のmailへの回答としては過不足ありません、
ただ、この語は慣用的には、
 「聞き置く」の意としても使われます。
⇒この辺りの感性の差がしっくりこないのかもしれません。

2.の場合:
「了解」or「了解しました」は、
事務的な環境、上位から下位、または遠慮のない仲間内で使います。
情の通う関係ではまず使わないでしょう(と思います)。
⇒せめて「分かりました、振り替えておきます」「分かりました、そのように致します」など、自分の方を向いてほしいのかもしれません。

以上は私の直感ですので、貴意を外れていればご看過ください。

何れにせよ、事務的連絡としては「了解しました」で用を果たしますが、話法としては、
 “十分”…単純に量的に足りる.であっても
 “充分”…内部に充ちわたる. ではないということでしょうか。
    • good
    • 0

>「了解しました。

」というのは少し冷たく聞こえてしまいます。
そですか、私にはそれほど冷たく感じないですよ。

漢語の響きがそうさせるのかどうかわかりませんが、
ごちゃごちゃと余計なことを言わず端的で、明快でいいじゃないですか。
    • good
    • 0

一般的に言って、「漢語」は冷たい印象を持たれる傾向があります。



「恐悦至極に存じます」と言うのと、「この上もない喜びでございます」と言うのとでは、ずいぶんと印象が違います。
それと同じなのでは?

さらには軍隊用語というイメージもあるので、「了解しました」が冷たく感じるのかもしれません。

さらに言えば、昨今の傾向としてメールはとても気軽なツールですが、そうはいっても「文書」の一種です。きちんとした「文章」で書こうという意識を持っている人は多いと思います。
また、年齢が近いとはいえ師弟関係であって、お友達ではないのですよね。
そういったことから、しゃっちょこばった書き方をすべきだとお考えの方なのではないでしょうか。

質問者さんと先生の、メールに対する温度差が「冷たさ」を感じさせているのかもしれません。

しかし。
小生の感覚でいえば、「了解しました」はかなり「オフザケ」な返答なんですがな。
友人から「集合は○時、××駅前で」とメールが来れば、「了解しました(`_´)ゞ」といった感じで返事を出します(顔文字は入れませんが、気分としては軍隊式に敬礼している気分で返事をする=フザケている)。
    • good
    • 0

質問者さんが年長であっても、関係としては師弟なのですから、了解しました。

でよいとおもいます。
ただ分かると云うより、了解=理解して認めるの方が適切です。
師弟の関係でしたら質問者さんが「*日のレッスンを振り替えていただけませんか。」
と謙譲表現された方が妥当だと思いますがいかがでしょうか。
    • good
    • 0

細かい話をすると、「了解する」というのは目上の人が目下の人に対して使う言葉で、本当は目上の人に対して使うべきではないそうです。


ただ、直接面と向かって言うのと、メールで使う言葉とは少し違うものなので、世の中ではあまりそういうことを気にせず使っている人が多いようです。

上から目線という本来の意味合いが、もしかしたら冷たく感じるのかな?という気はします。
ただ、じゃあ「わかりました」がいいかというと、そうは思いません。「わかりました」という表現は少々幼稚な感じがします。大人ならもうちょっと硬い言葉を使いたいということで「了解しました」が、特にメールでは定着してるのかもしれないと、今回の質問を見て改めて思いました。
ちなみに堅いことを言えば、目上の人に対する場合やきちんとした言葉遣いをしなければいけない時は、「承知しました(いたしました)」か「かしこまりました」が適切です(でも、メールではやぱりカタイですね)。

それから、今回ご質問になっている関係性の場合、生徒の方が年上のようですが、例え年下であろうとも、相手が先生なので、その先生が生徒に対して「了解しました」と使うのは、全く間違っていません。冷たいと思うのは、個人的な感覚ではないかと思いました。
    • good
    • 0

了解とは、軍隊など命令に対しての返事だと思い、心がこもない冷たいと返事だと思ったのでは?



今回の返事、年齢が近い為に仲間に送る感覚で送ったかも知れません。
普通なら「承知致しました」や「畏まりました」と返信しますから。
    • good
    • 0

 個人的には、丁寧な雰囲気があるので「了解しました」を多用しますが、ちょっと業務的なので、確かに「冷たい」と感じてしまうかも知れませんね。


 でもやはり、「了解…」をついつい使ってしまいますね…。
    • good
    • 0

気にしすぎ。

人それぞれ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q了解ってきたら返信しますか?

好きな人から
「オッケー」や「了解!」だけLINEが来たら
返信しますか?

Aベストアンサー

返信しません。きりがないし。
それ以上の返しってめんどくさい、しつこいって思われそうだしね。

Q大学の教授宛てのメールに使う敬語

大学のゼミの教授からメールで連絡が来ました。そこで

「日時変更の件、了承いたしました」

と書こうと思ったのですが、これはちょっと変ですか?
「了解いたしました」ではちょっとくだけすぎですよね?
ちなみに教授は年配でフランクというかゆるい感じの方です。身内にいたら落ち着いてるけど好々爺の一歩手前かな‥みたいな、まったく怖くないタイプです。なのでそんなにかしこまる必要はないと思うのですが、最低限の礼儀や節度は押さえた書き方にしたい!
…どう書けばいいのか、ドつぼにはまってしまいました。
何と書けばよいか、どなたかアドバイス下さると嬉しいです。
(ちなみにもし口頭だったら「はい、わかりました」で終わってると思います。)

Aベストアンサー

こんにちは。

取引先のお客様とかが相手ならば「承りました」などで良いと思いますが、「わかりました」「確認いたしました」で十分だと思います。

ご連絡いただきありがとうございます。○月○日○時に変更の件、確認いたしました。

で十分でしょう。

Qこのメールには返信すべきですか?

昨日も投稿させていただいた者です。このくらい自分で考えないといけないと思うのですが、失礼のないようにしたいので(>ω<)
教授からのメールに返信すべきか悩んでいます。大学の教授にゼミ見学の旨を伝える下のメールを送ったところ、教授から返信がありました。
内容としては
了解した、ぜひ来てくれということ
教科書のコピーを用意できるかもしれないということ
何か質問があったら遠慮なく聞いてくれという風に締めくくってありました。
このメールには返信すべきですか?また、返信するならどう返せばいいのでしょうか?
-----------------------◆◆学科教授○○先生 ××学科▲年の sakura と申します。

このたびの見学期間につき、ぜひ○○先生のゼミを見学させていただきたいと思います。見学希望者は、私、および、A、B、Cの合計4名です。
来週○日(○)×限目のゼミを見学させていただきたく存じます。
不都合等ございましたら、ご連絡いただければ幸いです
よろしくお願い申し上げます。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
またお会いしましたね。

結論から申しまして、返信してもしなくてもよいです。
もしも見学に行かなかったとしても、先生は困りません。

あとは、その人その人の流儀だと思いますが、
私ならば、1行メールを返信します。
「ご返信ありがとうございました。当日はよろしくお願いいたします。」
このメールを出す真の意味は、
自分にメールが無事到着し、内容も読んだことを相手(先生)に知らせることです。(つまり、受領確認メール)

以上、ご参考になりましたら。

Q「ご連絡していただき…」は間違いですか?

こんにちは。ある方にお礼状を書きます。

その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。
私が考えたのは

「○○さんには、迅速なご連絡をしていただき、感謝しています。」

です。

でも違和感が…。「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。
どうでしょうか?

他に候補として思い浮かんだのは
「迅速にご連絡いただき」
「迅速な(に)ご連絡をいただき」
「迅速にご連絡くださり」
「迅速な(に)ご連絡をくださり」
です。
過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。
私が連絡をもらうから「いただく」も合っているように思うし、○○さんが連絡をしてくれるから「くださる」を使うことも合っているのではないかと思います。

どう書けばいいでしょうか?

Aベストアンサー

 二重敬語という言葉をご存知でしょうか?

 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。

 「○○さんには、迅速なご連絡をしていただき、感謝しています。」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。

 ここはどちらか一つで良いのです。

 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。

 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。

 「○○さんには、迅速な連絡をしていただき、感謝しています。」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。

 個人的には、「○○さんには、迅速に連絡いただき、感謝しています。」くらいの簡潔な表現が好みです。

 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。(特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています)

 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q「使わさせて」頂きますって変ではないですか?

「使わせて頂きます」と「使わさせて頂きます」は、どちらが正しいのでしょう?

敬語、謙譲語などでも違うと思いますが、一般的な使い方として教えてください。

Aベストアンサー

>敬語、謙譲語などでも違うと思いますが…

敬語というのは日本語の用法の一つです。敬語は、普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。人によっては、丁寧語に加えて美化語・荘重語という分類を使うこともあります。

「いただく」は、「もらう」や「飲む」「食う」の謙譲語ですね。ただし、「朝はいつもパンをいただいております」のように丁寧語として使う場合もあります。

「いただく」には、「お(ご)~いただく」「~ていただく」「~せていただく」の3つの形があります。
さらに「~せていただく」には「知らせていただく」のように相手の動作につける場合と、「確認させていただく」のように自分の動作につける場合があります。
今回のメインは、自分の動作につける「~せていただく」の形ですね。

「~せて」の部分は、動詞のうしろにくっつく助動詞「せる・させる」です。(「せさせる」という語もありますが、あまり使われませんので省略します)
もうわかりますよね。
そうです、「せる」がつくものは「~せていただく」、「させる」がつくものが「~させていただく」なのです。
ということは「せる」と「させる」がどう使い分けられるかを知っていればいいわけです。

「せる」は五段とサ変の動詞につきます。それ以外は「させる」になります。
「使う」は「使わない」「使います」となりますからワ行五段活用です。つまり、「使わせていただきます」が正解!です。
ただし、サ変の場合は未然形が「さ」になって「せる」がつきますから(愛する→愛さ・せる)、結局「させる」になります。面倒でしたらサ変も「させる」と覚えたほうがいいかもしれません。

以下、参考までにすべて正解を列挙してみます。
座らせていただきます (五段)
休ませていただきます (五段)
休業させていただきます(サ変)
対決させていただきます(サ変)
相談させていただきます(サ変)
着させていただきます (上一段)
捨てさせていただきます(下一段)
来させていただきます (カ変)
禁じさせていただきます(ザ変)

簡単でしょ? 五段活用のものだけ「さ」をつけないように注意すればいいのですね。

>敬語、謙譲語などでも違うと思いますが…

敬語というのは日本語の用法の一つです。敬語は、普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。人によっては、丁寧語に加えて美化語・荘重語という分類を使うこともあります。

「いただく」は、「もらう」や「飲む」「食う」の謙譲語ですね。ただし、「朝はいつもパンをいただいております」のように丁寧語として使う場合もあります。

「いただく」には、「お(ご)~いただく」「~ていただく」「~せていただく」の3つの形があります。
さらに「~せていただ...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。

Q上司とのメールの終わり方(返信するか)

会社の上司や役員など目上とのメールで数回やりとりし、最後はこちらからの返信で終わりにするのが通常でしょうか?
私から最後に『了解致しました』と送ったら再度『よろしく』とか『頑張れ』と返信が来た場合、どうすべきか悩みます。 メールは多数に送った場合の皆からの返信メールが『了解』だと、ついつい自分が忙しいときは『了解』だけなら送るなよ~と思ってしまいます。 ビジネスマナーでは通常はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

> 最後はこちらからの返信で終わりにするのが通常でしょうか?

先の回答にも出ていますが、ケースバイケースと思いますので一律な正解はないと思います。

> 最後に『了解致しました』と送ったら再度『よろしく』とか『頑張れ』と返信が来た場合

上記のような状況であれば、私はこの時点でメールのやりとりを終わらせます。
こちらが「指示を受け取った」というサインを先方が確認したと言うことなので、追加質問などがないのであればこれ以上は意味のないやりとりになります。

> 『了解』だけなら送るなよ~と思ってしまいます。

「メール読んだよ、内容理解したよ」ということを送信者に示すために「了解」というメールを送るのであって、マナー的には送らない方がどちらかと言えば問題ですね。
社内であれば送らなくても問題にはならないと思いますが、社外に対しては「了解した」という趣旨だけでも返信しておいた方がよいです。
ただし、メーリングリストなどでは本文内で名指しで送られてきたメール以外に対して「了解した」などと返すのはあまり歓迎されないことが多いと思います。
このあたりもメールの内容や宛先により、返信することへの適・不適の基準が変わりますので
状況をよく考えて行動する必要があります。

> 最後はこちらからの返信で終わりにするのが通常でしょうか?

先の回答にも出ていますが、ケースバイケースと思いますので一律な正解はないと思います。

> 最後に『了解致しました』と送ったら再度『よろしく』とか『頑張れ』と返信が来た場合

上記のような状況であれば、私はこの時点でメールのやりとりを終わらせます。
こちらが「指示を受け取った」というサインを先方が確認したと言うことなので、追加質問などがないのであればこれ以上は意味のないやりとりになります。

> 『了解』だけなら送るなよ~と...続きを読む

Q失礼な文とは分からず、先生に怒られてへこんでます;

学生です、こんにちわ。


作品の提出の課題が遅れるというメールを先生に送ったのですが、
先生からのメールの返信を今さっき見て 思わず心がしゅーん・・・っとしました。

私が書いた文章はこちらです。

「課題の提出が遅れてしまいました。申し訳ありません。
ですので メールに添付して送らさせていただきます。」

といった内容です。

この文章に対して先生は、

「失礼な文だとは思いませんか?メールに添付?怖くて開けられません。
課題提出が遅れますと書かれていましたしが、遅れますと書いただけで承諾してもらえると
思っているのですか?
データ管理の不備での遅延も、スケジュール管理の不備の遅延も、
どちらも結局は自己管理によるものだと いう認識はありますか?

自己都合の内容だけを一行で簡単に伝えるだけで良いのですか?

気をつけた方がいいと思います。コミュニケーション能力をつけていって下さい。

提出は本日中といたします。」



という文です。



結局はメールに気付いたのが2日すぎたころだったので、

課題の提出はできておりません・・・(自分の責任ですが)。


この先生のメールの返信文をみて ずっきーんと心がなったと同時に、
「失礼な文ってこういう文のことをいうの?どこらへんが失礼だったのかな・・・」


という風に思いました。

文が短すぎるというのがいけない、という事までは分かったのですが・・・
ちょっと文章になんだかトゲを感じてしまい へこんでいます。



文章能力とコミュニケーション能力、どちらも全然なくて、おまけに自分勝手な性格・・・。

何が失礼なのかよく分っていない事が多いので、

こういう文章で返されると「これが失礼ということか・・・私って本当だめな子だな。でもどういう
文章ならいいの?」という風に一人で落ち込んで 考えています。


失礼な文章を書かないようにするにはどうすれば良いでしょうか?
後 どういった事が 失礼なのか分かるにはどうすれば良いのでしょう?



落ち込んでいる私に教えて下さい。

課題提出って1回でも落とすと単位がすべてもらえずにまた1年生をやるはめになるのかな・・・。
不安です。

学生です、こんにちわ。


作品の提出の課題が遅れるというメールを先生に送ったのですが、
先生からのメールの返信を今さっき見て 思わず心がしゅーん・・・っとしました。

私が書いた文章はこちらです。

「課題の提出が遅れてしまいました。申し訳ありません。
ですので メールに添付して送らさせていただきます。」

といった内容です。

この文章に対して先生は、

「失礼な文だとは思いませんか?メールに添付?怖くて開けられません。
課題提出が遅れますと書かれていましたしが、遅れますと書いただけ...続きを読む

Aベストアンサー

先生が本当に怒っているのはメールの文ではないですよ。
「乱暴な姿勢」です。

これを送る前のメール「課題の提出が遅れます」から始まってますね。
基本的に「大事なことは電話」です。

なぜ電話できないんですか?
電話番号を知らなかったら仕方がないですが、
それならそれで「直接電話で伝えた方がよかったのですが、連絡先がわからないので
メールで失礼します」。と書けば納得です。

結局、知ってて電話できなかったしたら、
それを言うことによって「怒られる」のが嫌だったのでしょう?
そういう逃げの姿勢って相手は見抜きますよ。
メールって便利ですが、気持ち的なものは伝わらない時が多いですね。

またメールに気付いたのが2日後ってのも致命的ですし。
課題の提出って学生さんからしてみたら大事なことですよね。
しかも「提出が遅れる」という自分に非がある状態なのに
なんで「2日も」気付くのが遅れるんですか?

>「データが壊れてしまったので提出が遅れてしまいます」
これもうさんくさいし、本当だとしても、
先生の
>データ管理の不備での遅延も、スケジュール管理の不備の遅延
>どちらも結局は「自己管理」によるものだと
が、社会的に正しいです。

データが壊れたとか何の言い訳にもなりません。

先生が言いたいことはここに詰まっていて、
>自己都合の内容だけを一行で簡単に伝えるだけで良いのですか?
>気をつけた方がいいと思います。コミュニケーション能力をつけていって下さい。
といっても「文章を丁寧に書いて長くしろ」と言っている訳ではないです。
「その姿勢を気をつけなさい」ということを言ってるんです。

じゃあ、次からはどうすればいいか。
まずそもそも課題は提出日までに出す。
遅れるとしたら、直接話してどうすればいいか聞く。
そして指示を仰ぐ、です。

先生が本当に怒っているのはメールの文ではないですよ。
「乱暴な姿勢」です。

これを送る前のメール「課題の提出が遅れます」から始まってますね。
基本的に「大事なことは電話」です。

なぜ電話できないんですか?
電話番号を知らなかったら仕方がないですが、
それならそれで「直接電話で伝えた方がよかったのですが、連絡先がわからないので
メールで失礼します」。と書けば納得です。

結局、知ってて電話できなかったしたら、
それを言うことによって「怒られる」のが嫌だったのでしょう?
そういう逃げの...続きを読む


人気Q&Aランキング