蒸留では、96%以上のアルコールを得ることができません。どうしてですか?それと、96%以上のアルコールを得るにはどうすればよいのですか?どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

共沸」に関するQ&A: 共沸混合物って?

A 回答 (3件)

普通、沸点が異なる2種類の液体の混合物を蒸留すると留出物は


低沸点成分が富んだものに、釜残は高沸点成分が富んだものに
なります。そのために2種類の液体の分離が可能なわけです。

しかし、96%エタノールを蒸留すると留出物も96%エタノール
になります(このように留出物ともとの組成が変わらなくなる混合物を
共沸混合物といいます)。このため、これ以上、蒸留しても分離は
不可能です。

このようになるのは、少量の水がエタノールに混ざることで分子間の
水素結合が乱れて弱くなり蒸発しやすくなると思えばいいでしょう。
そして4%以上の水が混入すると今度は水同士の水素結合が効いてくるので
かえって蒸発しにくくなってきます。そのため96%でもっとも蒸発
しやすい組成になっており、このような結果になる訳です。

96%以上の純度のものを得る方法は、工業的には96%エタノールに
ベンゼンを加えて蒸留する方法があります。この場合ベンゼンと水が
優先的に留出していき、釜残が新しい3成分の共沸混合物になるまで
純度を上げることができます。
ここでの釜残のエタノールの純度は99%程度になります。
(もっとも現在ではベンゼンの使用は嫌われているので、この方法で作っている
かは分かりませんが。)

実験室で行うにはマグネシウムや水素化カルシウムを乾燥剤として蒸留する
か、モレキュラーシーブス3Aを加えて乾燥するのが良いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答、有難うございました。参考にさせて頂きます。また次回も宜しくお願いします。

お礼日時:2001/05/04 21:12

私の研究室では100%エタノールを作るのに


モレキュラーシーブというものを用いて脱水しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました。また次回も宜しくお願いします。

お礼日時:2001/05/04 21:14

エタノールを蒸留すると水との共沸混合物で流出されるためです。


蒸留する前に金属ナトリウム等で脱水操作をして蒸留しても完全に脱水できません。

さらに、純度を上げるためには以下の参考URLサイトが参考になりますでしょうか?

最近注目されているのはPV(膜蒸留)です。

ご参考まで。

参考URL:http://www.kanagawa-iri.go.jp/ssknews/232e.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。これで野球部のみんなも科学に赤点がつかないこと間違い無しです。

お礼日時:2001/05/04 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコールの蒸留について

蒸留では、96%以上のアルコールを得ることができません。どうしてですか?それと、96%以上のアルコールを得るにはどうすればよいのですか?どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

普通、沸点が異なる2種類の液体の混合物を蒸留すると留出物は
低沸点成分が富んだものに、釜残は高沸点成分が富んだものに
なります。そのために2種類の液体の分離が可能なわけです。

しかし、96%エタノールを蒸留すると留出物も96%エタノール
になります(このように留出物ともとの組成が変わらなくなる混合物を
共沸混合物といいます)。このため、これ以上、蒸留しても分離は
不可能です。

このようになるのは、少量の水がエタノールに混ざることで分子間の
水素結合が乱れて弱くなり蒸発しやすくなると思えばいいでしょう。
そして4%以上の水が混入すると今度は水同士の水素結合が効いてくるので
かえって蒸発しにくくなってきます。そのため96%でもっとも蒸発
しやすい組成になっており、このような結果になる訳です。

96%以上の純度のものを得る方法は、工業的には96%エタノールに
ベンゼンを加えて蒸留する方法があります。この場合ベンゼンと水が
優先的に留出していき、釜残が新しい3成分の共沸混合物になるまで
純度を上げることができます。
ここでの釜残のエタノールの純度は99%程度になります。
(もっとも現在ではベンゼンの使用は嫌われているので、この方法で作っている
かは分かりませんが。)

実験室で行うにはマグネシウムや水素化カルシウムを乾燥剤として蒸留する
か、モレキュラーシーブス3Aを加えて乾燥するのが良いと思われます。

普通、沸点が異なる2種類の液体の混合物を蒸留すると留出物は
低沸点成分が富んだものに、釜残は高沸点成分が富んだものに
なります。そのために2種類の液体の分離が可能なわけです。

しかし、96%エタノールを蒸留すると留出物も96%エタノール
になります(このように留出物ともとの組成が変わらなくなる混合物を
共沸混合物といいます)。このため、これ以上、蒸留しても分離は
不可能です。

このようになるのは、少量の水がエタノールに混ざることで分子間の
水素結合が乱れて弱くなり蒸発...続きを読む

Qアルコールランプの中は、なぜエチルアルコール100%だとだめなのですか

アルコールランプの中は、なぜエチルアルコール100%だとだめなのですか?
小6なので詳しいご回答をお願いします。

Aベストアンサー

#2のお答えは意味が逆です。
理由は#1のお答えの通りです。

Qワインの蒸留・アルコールについて

こんにちは
学校の研究でワインの蒸留をまとめます。調べてみましたが情報量が多く、また内容が薄い気がしたので質問しました。もし私の内容とかぶる質問があったら申し訳ないのですがアドレスを教えて下さい。

蒸留後の液とエタノールのにおい・味が違うのですが、性質が異なっているのでしょうか。
蒸留液はヨーグルトのような発酵したにおいがし、味は甘いような苦い様な舌がしびれるような……。エタノールは刺激臭とスースーする味です。これらの違いはなぜ起きるのでしょう。同じアルコールなのに一緒でない理由はなんなのでしょうか。
甘苦い味はアルコール特有の何かなのでしょうか。なんとなくそんな感じがしますが詳しくはわからないのでそれに関してもお願いします。

参考元も教えて下さい。アドレスなど。

大変焦っているため言葉の荒さが目立ちますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の回答の通りです。蒸留の方法にもよりますが、蒸留しても純粋なアルコール(エタノール)にはならず、エタノールの濃度はせいぜい40~50%くらいでしょう。当然、純粋なエタノールとは成分が全く違います。

ワインには、エタノールの他、様々な香りの成分や味の成分が含まれており、これらのうち沸点がアルコールに近いものは、蒸留したときにエタノールと一緒に留出します。ですから、そうした成分の香りや味がするのです。

ちなみに、ブランデーは、ワインを蒸留して作ります。

QC5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級

C5H12Oのアルコールの構造式を教えてください!第1級アルコールが4つ第2級アルコールが3つ第3級アルコールは1つあるそうです!

Aベストアンサー

構造式は自分でCを並べて練習するしかありません。
名前の付け方もついでに覚えると良いと思います。
1級アルコールは
1-ペンタノール
2-メチル-1-ブタノール
3-メチル-1-ブタノール
2,2ジメチル-1-プロパノール

2級アルコールは
2-ペンタノール
3-ペンタノール
3-メチル-2-ブタノール

3級アルコール
2-メチル-2-ブタノール

Qウィスキー モロミを蒸留した「残り」はどうなるの?

ウィスキー モロミを蒸留した「残り」はどうなるの?

単式蒸留器について教えて欲しいのですが、
モロミを蒸留釜に入れ、加熱蒸発させると78.3度で
アルコール等の成分が蒸留されることは知っております。
しかし・・・

質問1
この蒸留はモロミがどれくらいになるまで行うのでしょうか?
(完全にモロミが釜から無くなるまでやるとは思えません・・・)
78.3度以上100度未満で熱し続けると、いずれ蒸発がなくなり、
それが「終わり」の合図だったりするのでしょうか?


質問2
おそらく蒸留後は釜にアルコール成分がなくなった液体が
残ると思うのですが、これはどうするのでしょうか?
やっぱりそのまま捨てるのでしょうか?

Aベストアンサー

 蒸留は、かなり最後くらいまでやるようです。
 ただし、製品になるのは、途中のおいしい部分だけのようです。

1 サントリーのHPに次の記述があります。
 ( http://www.suntory.co.jp/jiten/word/b_n_053.html )
 ウイスキーの蒸溜はニ度行われますが、ウイスキーの蒸溜に関してヘッドという場合、ニ度目の再溜で出てくる流出液の最初の部分の液体をヘッド(前溜)といい、中間部分をハート(中溜)、最後の部分をテイル(後溜)といいます。ヘッドの部分はもろみから最初に蒸発してきた成分を冷却機で液体化した液体ですが、不快な香味成分を含んでいるため、次に溜出してくるハートの液体を受ける前に分離して、熟成には使いません。フォアショット(Foreshots)ともいいます。どちらの場合も、語尾にSを付けて複数形にするのが普通です。
ウイスキーとして好ましい香気成分をバランスよく含んだハートの部分だけがウイスキーとしてとり出され樽詰めされ、ヘッド(前溜)とテイル(後溜)をあわせた余溜(フェインツ/feints)は、再び再溜釜に戻されて、繰り返し蒸溜されます。


2 また、蒸留後に釜に残るものについては、排水として流していると思われます。
 ウイスキーは、麦芽などの固形分を取り除いた液体を蒸留するので、蒸留したあとには固形分が残らないと思います。
 サントリーの次のHPに廃棄物の処理についての記述があります。
 ( http://www.suntory.co.jp/company/csr/environment/waste/ )
 ウイスキーはビールと同じで、仕込み時に糖化かすが出て、飼料として利用されているとされていますが、蒸留時点では、廃棄物の記述がありません。
 1のHPで、蒸留して出てくる余溜は、再び再溜釜に戻されて、繰り返し蒸溜されますとありますが、釜に残されたものについては記述されていません。でも、完全に蒸発するまで熱すると、釜のそこにこげができると思いますので、ある程度、液体が残っている段階で、加熱をやめると思います。すると、液体の廃棄物が出てくると思います。
 サントリーのHPの「副産物・廃棄物の再利用フロー」では、洗浄などで出てくる排水などとともに、液体の廃棄物は、右端の「工場排水」とひとくくりにされているのだと思います。


3 単式蒸留機での蒸留かすということでは、しょうちゅうについての記述があります。
  麦わらにまぜて、肥料や飼料にするほか、いくつかの方法があるようです。
  酒類総合研究所のHPにある「エヌリブ(広報誌)」の「5号 <特集>環境」の2ページ目の下に図示されています。
  (  http://www.nrib.go.jp/sake/pdf/NRIBNo05.pdf )

 蒸留は、かなり最後くらいまでやるようです。
 ただし、製品になるのは、途中のおいしい部分だけのようです。

1 サントリーのHPに次の記述があります。
 ( http://www.suntory.co.jp/jiten/word/b_n_053.html )
 ウイスキーの蒸溜はニ度行われますが、ウイスキーの蒸溜に関してヘッドという場合、ニ度目の再溜で出てくる流出液の最初の部分の液体をヘッド(前溜)といい、中間部分をハート(中溜)、最後の部分をテイル(後溜)といいます。ヘッドの部分はもろみから最初に蒸発してきた成分を冷却機...続きを読む

Q蒸留塔を使わない蒸留

蒸留塔を使わない蒸留(単蒸留のように)では減圧度と温度が決まれば、フラスコでもプラントでもほぼ近い組成の留分が得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえ単蒸留であっても、器壁での気液平衡の状態によって理論段数が
変化することになると思います。
また、プラントでは装置の熱容量が大きくなる分、器壁の温度変化・温度
ムラが小さくなることが、蒸留精度を上げることになると思います。
(但し、装置が大きいと、装置中央部は気体のまま上昇する部分も増える
 (=多段階の気液平衡を経ない)ため、必ずしも装置の大小で精度の
 大小を即決することはできないでしょうけれど)
(・・・これも、理論段数に集約されるものかもしれません)

従って、私もNo.1の方と同様に、比較的沸点の近いもの同士の混合物の蒸留では、
蒸留装置の違いによって留分の組成も変わってくるものと推測します。


理論段数;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E8%AB%96%E6%AE%B5%E6%95%B0

Qアルコールの歴史について・・・

アルコールの歴史について、蒸留装置を用いて説明してほしいです。
みなさん、協力お願いします

Aベストアンサー

> アルコールの歴史について、

 「化学」分野で「アルコール」と言うと,通常は「エタノール」の事ですが・・・。

 お書きの「アルコール」は「エタノール」の事ですか? 「お酒(アルコール飲料)」の事ですか? 補足下さい。

 後者であれば,「Google」(↓1番目)で「アルコール 歴史 蒸留装置」を検索すると,幾つかそれらしいページがヒットします。

 例えば,「アルコール飲料の話 V」(↓2番目)。

参考URL:http://www.google.co.jp/, http://www.micnet.ne.jp/yanagita/buna4.html

Q化学実験 蒸留と未蒸留の違い

化学実験(蒸留について)
実験項の中で「蒸留したものを用いる」と書いてある場合がありますが、蒸留するのとしないのとではどう違うんでしょうか?ただ水が入っているかどうかだけなんでしょうか?また蒸留するしないで、反応性が全く変わってくるものもあるんですか?今やってる実験で原料を蒸留したのとしてないのとでは、得られる結果が違ったので・・・
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足についてですが、その手の蒸留において、生成物の分解が進むのはよくあることです。
沸点が低いのは、分解しながら蒸留されているからで、これもよくあることです。蒸気圧の一部が分解生成物の圧力で補われているのか、はたまた分解生成物のガスの流れに乗って目的物も一緒に出て来るのかもしれません。
反応後の処理でそれを軽減出来る場合もありますが、反応液を直接蒸留しているのであれば関係ないでしょうかね。

また、現実問題として、沸点146度に対して、油浴温度160度というのは少し低いと思います。170度以上は必要だと思います。スケールにもよるでしょうが、沸点+20~30度というのが一つの目安になると個人的には思います。また、副生成物が少ないのであれば、油浴温度を高めに設定したり、あらかじめある程度加熱した状態から始めるなど、短時間で決着を付ける手もあります。
さらに、160度程度の沸点であれば減圧蒸留をするのも良いでしょう。

蒸留容器のサイズや温度計の位置も重要です。大きすぎる容器では損失が多いですし、温度計の位置によっては温度表示がずれることもあります。まあ、これは蛇足になると思いますが。

補足についてですが、その手の蒸留において、生成物の分解が進むのはよくあることです。
沸点が低いのは、分解しながら蒸留されているからで、これもよくあることです。蒸気圧の一部が分解生成物の圧力で補われているのか、はたまた分解生成物のガスの流れに乗って目的物も一緒に出て来るのかもしれません。
反応後の処理でそれを軽減出来る場合もありますが、反応液を直接蒸留しているのであれば関係ないでしょうかね。

また、現実問題として、沸点146度に対して、油浴温度160度というのは少し低いと思いま...続きを読む

Qワインのアルコール度数について

ワインのアルコール度数はだいたい9~14%が多いですよね。
シェリーやポートのようなワインは蒸留したブランデーを加えて
アルコール度数を20%まで上げていると聞きました。
ところで、どうして普通のワインのアルコール度数は14%以上にならないのですか?
どなたかお願いします!

Aベストアンサー

アルコールは酵母が無気呼吸で糖を分解することによってできますが、ご存知のようにアルコール(エタノール)には殺菌作用があります。アルコールが14度付近になると、自分自身が殺菌されてしまい、発酵が止まるということです。

なお、アルコールに対して耐性の強い酵母を用いたり、また環境を整えてやることによって、日本酒のようにもっと高い度数にすることは可能です。

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報