AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

もうすぐ帰国する外国人に、彼女が作ってみたいという料理を紙に書いて伝えたいと思います。
次の英訳をお願いします。

一番簡単にできるうどんのつくりかた。
(1)鍋に水を入れて沸騰させる。
(2)材料を入れる。
塩と醤油は無ければ入れなくてもかまわない。
(3)お好みの具とうどんを入れて煮込む。
できあがり。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 補足、承りました。

#2です。

 他の方への補足も拝読しますと、こんな感じでしょうか。
 日本酒(sake)は、手に入らないなど、無理があれば削ってください(他の酒類は避けたほうがいいかと)。
 鶏肉は出汁が出るよう、キノコは水からのほうが美味しいので、人参等の堅い野菜は火が通るよう、煮立たせる前に入れるようにしています(自己流)。
 その他も自己流です。まあ、大丈夫でしょう(^^;。

---------------------------------
Nikomi Udon (One person)

Soup
1)Source of soup broth and Sake (if you like) /300cc
(Water and Sake 300cc + instant bouillon is OK)
2)Soy sauce / Big spoon 1
3)Salt / Small spoon 1/2

or

1')Water and Sake (if you like) /300cc
2')seasoned instant bouillon powder for Japanese noodle /1

Ingredients 1
thin slices of chiken, mushrooms (if you like)
sliced hard vegitables like carrots (if you like)

Ingredients 2
pre-boiled Udon noodles / 1
soft vegitables (if you like)

Ingredients 3
wakame seaweed, an egg (if you like)
thin sliced aburaages (deep fried tofu), boiled fish paste like sliced kamabokos (if you like)

Ingredients 4
chopped green onions (if you like)
Sichimi-Tohgarashi(a ground mixture of red pepper and aromatic spices, red papper instead is alright, if you like)

How to cook

Put soup and ingredients 1 in a pot and bring to a boil.
(If you use instant bouillon, put it later.)

Put ingredients 2 in the pot, cover the pot and bring to a boil again and wait 1 minute.
(If you use instant bouillon, put it here.)

Put ingredients 3 in the pot and wait 10 seconds.

Put them above from the pot to a deep soup plate.
(If you are using a preferable earthenware pot, use the pot for the soup plate.)

Add ingredients 4 in the soup plate.

Now, ready to have it!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧かつアレンジも加えて英語にして頂いたようで、ありがとうございました。
彼女が帰国する前に、早速、渡せるように手紙を添えて渡したいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/11/28 08:13

「材料」と「具」の違いは何ですか? そもそも「材料」とは具体的に何? ちなみに、「お好みの具」として適している物は相手はわかっているのですよね? でも私もマンガにするのが一番だと思います。

この回答への補足

>「材料」と「具」の違いは何ですか?

「材料」は、

Material(One person)
noodle / 1
Source of soup broth (Water 300cc + instant bouillon is OK) /300cc
Soy sauce / Big spoon 1
Salt / Small spoon 1/2

を別枠で書くつもりです。
「お好みの具」は、わかめでも卵でも本人の好きなようにという意味です。相手はここでいう「具」をわかっています。

補足日時:2011/11/27 23:48
    • good
    • 3

 うわーい、お待ちを。

出汁がないし、その上、醤油が手に入らないとしても、塩までない。お湯だけで、具とうどん煮込んでも美味しくないですって(^^;。

 まあ、うどんは煮込みが簡単ですが、ネット上での英語レシピでは、味噌煮込みうどんが多いですね。以下のような説明になってます。

http://japanesefood.about.com/od/udon/r/misoniko …

 麺がpre-boiled Udonであることが、簡単のポイントでしょうね。
 上記から、miso(miso, sake, and sugar)の代わりに、醤油(soy sauce)が普通の煮込みうどん、それらもなければ塩(solt)でもいいけど美味しさは劣るといったところ。
 醤油がないなら、あるいは和風出汁(インスタント含めて)が手に入らないなら、チキンスープでもOKなところです。ちゃんこ鍋が鶏がらスープの料理屋もありますよ。
 出汁は、いわゆる「出汁の素」instant bouillonがあれば簡単でしょうね。

 もし、「そのページに加えて、そこら辺の説明が必要」ということでしたら、補足欄でお知らせください。

この回答への補足

別枠に材料の一覧を儲けて書くつもりです。
そこは自分で英語で書けそうなので、ここでの質問には書かず省きました。
その材料を見れば、出汁からとってきちんとつくるものではなく、市販のうどんの出汁をお湯に入れたらすぐにできるものと日本人ならすぐにわかります。
彼女が外国へ帰っても作れるように。
皆さんの仰るようにこんなインスタントのようなレシピなら、絵を描いたら早いことなのですが、英語で書きたかったのです。

補足日時:2011/11/27 23:26
    • good
    • 0

漫画風にしてはダメ?


絵は万国共通…私は、どうしても通じない場合は絵を描きます
漫画風にすれば『単語→』とか『単語→IN』とか文章ではなく単語と記号だけでも済みます

絵はちょっと…であれば動画や静止画(写真)などでも同様の効果はあると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
絵も描いて、更に英語も足して書きたかったのです。
今は絵だけでもいいですが、これから彼女とメールのやり取りだけになった時にも、
英語で書けると便利ですから、ここで教えてもらったら勉強になるなあ、
と思い質問させて頂いたのですが、
でも、どうやら回答者さまが仰るとおりになりそうです。。。

お礼日時:2011/11/27 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q自然な接客英語を知りたい!PLEASE HELP ME!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱいな雰囲気のお店です。

「ようこそいらっしゃいませ!」
 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
「何名様ですか?」
「禁煙席でよろしいですか?」
「少々お待ちください」
「お待たせいたしました」
「こちらへどうぞ」
「こちらがメニューでございます」
「ご注文はお決まりですか?」
「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
「かしこまりました」
「お足元にお気をつけください」
「こちら○○でございます」
「どうぞ」(お料理をお出しする時)
「デザートはいかがですか?」
「お飲み物のご追加はいかがですか?」
「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
「どうぞごゆっくりお楽しみください」
「○○でよろしいですか?」
「お済みのお皿をおさげ致します」
「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
「トイレは地下にございます」
「恐れ入ります」
「どうもありがとうございました」
「申し訳ありません」
「またのお越しをお待ちしております」
「お気をつけて(お帰りください)」

・・・以上です。
あともう一つ、何かして差し上げて「ありがとう」と言われた時の受け答えがあれば教えてください。
お料理をお出しした時に「ありがとう」と言われて「どういたしまして」というのはおかしいように、
you are welcomeは違うんだろうなぁと思っているのですが・・・。
つまり、当然のサービスに対しての「ありがとう」に対する受け答えを知りたいのです。

どうかどうか、宜しくお願いします!

こんにちは。
私は最近レストランでアルバイトを始めたのですが、予想以上に外国のお客様が多いのです。
せめて基本の接客用語だけでも英語で話せたらと思うのですが、
挙げてみると意外にもたくさんあることに気付きました(汗)
辞書で調べたような言葉は「自然な」英語ではないと思うので、
自力ではどうしようもありません・・・

どうか、お詳しい方、お力を貸してください!!!

以下の流れを部分的にでもいいので自然な英訳をお願いします。
ちなみに、あまりかしこまらない感じの元気いっぱい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening. / How are you?”
レストランでお客様を迎えるときに「Welcome!」「Welcome to ○○」といった表現は通常使われません。

◆「何名様ですか?」
“How many?”
きちんとした一文ならば、“How many are there in your party?” なんてなりますが、通常は“How many? / How many are there?” です。

◆「禁煙席でよろしいですか?」
Would you like smoking or non-smoking? / Do you prefer smoking or non-smoking?
単純に“Smoking or non-smoking?” だけももちろん問題ないです。

>「少々お待ちください」
“Just one moment, please.”

◆「お待たせいたしました」
“Thank you for waiting.” と訳すことが出来ますが、例えば日本のレストランでのように、料理をサーブするときに必ず言われるような「お待たせいたしました!」として、これを使うのは不自然です。
込み合った状況で、入り口でテーブルが空くのをかなり長時間待っているお客様に対して
“Thank you for waiting. Your table’s ready.”といった形で使うのはありでしょう。
料理をサーブするときに使う日本語での「お待たせいたしました」は、英語では “Here you go.”(どうぞ)や、“Green salad.” などと料理の名前を言う、といった言い回しが一般的です。
※Here you go. (Here you areとも言えます)は何かを差し出すとき、渡すときなどに使われる表現です。

◆「こちらへどうぞ」
This way, please. / テーブルへ案内するときなど “Follow me, please.”


◆「こちらがメニューでございます」
Here’s your menu.
もしくは、上記のようにHere you go / Here you are. としてメニューを差し出す、というのもありです。

◆「ご注文はお決まりですか?」
“Are you ready to order?”
Are you~が一般的ですが、“May I take your order now?” などもあります。

◆「失礼致します」(テーブルへ近寄る時と離れる時に主に使います)
英語ではテーブルへ近寄る時や離れる時に何かを言うことはありません。
注文をとり終わってテーブルを離れる前であれば、“Thank you.” といいますが、ご質問の「失礼いたします」のニュアンスではなく、単純にオーダーをもらったことに対する礼です。

◆「かしこまりました」
“Certainly. / Sure.”
“Certainly” は丁寧で一番無難な表現ですが、文頭でも触れたように、こちらのレストランでの接客対応は基本的にカジュアルです。 “Sure” の一言でも失礼では全くないですし、バーや気さくなダイナーなどでのかなりカジュアルな表現ですが、“You got it.” なんて表現も良く使われます。

◆「お足元にお気をつけください」
“Please watch your step.”

◆「こちら○○でございます」
“This is ○○ restaurant.”
電話での対応などでしょうか?
“Good evening, this is ○○ restaurant.”などと通常言います。この後に“May I help you?”などを付けたり、です。

◆「どうぞ」(お料理をお出しする時)
上の通り、“Here you go. / Here you are.” もしくは“This is your green salad.”などの料理名を言うことでも表現できます。

◆「デザートはいかがですか?」
◆「お飲み物のご追加はいかがですか?」
“Would you like some desert?”
“Would you like another glass / Bottle?”
“glass of white wine / bottle of Asahi” などとすればなお丁寧です。
“Would you like something to drink? / How would you like your steak?” などなど・・・ “Would you like~”はサービス業では非常によく使われる表現です。

◆「お皿が熱くなっておりますのでお気をつけください」
“Please be careful with the plate. It’s very hot.”

◆「どうぞごゆっくりお楽しみください」
“Enjoy your dinner. ”
“Enjoy.”一言でもありますし、Enjoy your ○○. といった感じでサーブしたお料理名と共に言われることもあります。

◆「○○でよろしいですか?」
ごめんなさい、これの意味(何に対してよろしいかのシチュエーション)が解りません。

◆「お済みのお皿をおさげ致します」
“May I / Shall I take these dishes? ”
こちらはお済ですか? といった感じでは、“Are you finished (with this)?” などという感じで確認することも出来ます。

◆「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
“Would you like some more (coffee)? / Would you like another cup of coffee?
Would you like a refill?”

◆「トイレは地下にございます」
“The bathroom is down stairs.”
すぐ下でなく、地下2階などであれば、上記に“B2F.” などと付け加えればよいかと思います。

◆「恐れ入ります」
ごめんなさい、これの意味も何に対してなのかのシチュエーションが解りませんのでお答えできませんが、日本での「恐れ入ります」といった類の概念は、こちらではあまりないように思います。
状況に合わせて、“Excuse me. / Excuse me, but...” “Thank you, sir./ Ma’am.” などは考えれないこともないですが。

◆「どうもありがとうございました」
“Thank you very much.”

◆「申し訳ありません」
オーダーミスなどのこちらの過失に対するお詫びは、“I’m (so / very) sorry.
穴があったら入りたい感じの大恐縮なミスであれば、 I’m terribly sorry.”などで、語尾に“sir./ Ma’am.”をつけるとさらにかしこまった丁寧なニュアンスになるかと思います。

◆「またのお越しをお待ちしております」
◆「お気をつけて(お帰りください)」
Thank you. / Good-bye. / Good night.
「いらっしゃいませ!」 と同じように、上記2つ共に、“Looking forward to seeing you again!”“Please come back soon!” みたいなことは通常言いません^^。
ディナー時であれば、“Thank you. You have a good night. Bye.” といった表現が普通で、基本的には“Thank you.” と“Good bye.”“Good night.” などの使い分けでオッケーです。

最後のありがとうに対する「どういたしまして」ですが、“You're welcome.”でもおかしくないですし、“No problem.”なども使われます。

ご参考になれば幸いです♪

こんにちは。

私の夫や友は日本のレストランに行くたびに、従業員サービスの素晴らしさにいつも驚き感動していますが、下の方も仰るように、余程の高級店でない限りは基本的に接客はカジュアルです。
言葉/文化の違いによりますので、ご質問の一部にあるような日本的な表現をそのまま訳して使うような事が出来ない/不自然なものもあります。

◆「ようこそいらっしゃいませ!」 (ただのwelcomeよりももっと「ようこそ!」のニュアンスが欲しいのです)
“Hello. / Good morning, afternoon, evening...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「~とずっと思っていた」のthinkの時制

「~とずっと思っていた」のthinkの時制は何でしょう?
また「~と思っていた」のthinkの時制は何でしょうか?
have thoughtだとどういう意味に取られるのでしょうか?
本みてもなかなか難しくてわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ずっと思っていた(会話中の今でもそう思ってる)-I've always thought.か I've always been thinking.(現在完了形)
例『i've always been thinking of you』(君のこと、ずっと思ってるよ)
よく似た使用例『I've always wanted this』(これ、ずっと欲しと思ってたの)

と思っていた-i thought....(過去形)
例『i thought you were gay.』単純に(あなたはゲイだと思ってた(でも今は違うと思ってる))

have thought(思ってしまった)は『思っちゃった』という感じ。


had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。

Q英語でかかれた日本食の作り方

英語でかかれた日本食の作り方がのっているサイトを探しています。
ご存知でしたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、「japanese recipe cooking」
でgoogleにかけてみると色々なサイトがヒットします。

http://www.bento.com/tf-recp.html#recipes

#1の方と同じサイトですが、、
http://japanesefood.about.com/library/recipe/blrecipe_index.htm

もしページ翻訳できるような環境であれば、
日本語の料理サイトをページ翻訳してもいいかも。

Q食べる方のお鍋ってなんて英語でいうのですか?

容器の鍋ではなくて、
「昨日の晩御飯はお鍋でした」と言う時のお鍋って英語でなんていうのですか?
「水炊き」と「ちゃんこ鍋」って英語でなんというのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鍋料理全般を指す単語としては、hot potという言い方があります。この単語の前に国名をつければ個別鍋というよりその国の鍋料理という意味になります。例えば
Japanese hot pot(日本式鍋) Chinese hot pot(中国風鍋)Korean hot pot(韓国風鍋)
といった具合です。
ですが、最近は海外の日本料理店でもNabe(hot pot)という表記が増えてきましたので、日本食をよく召し上がる方ならばNabeでも通じるかもしれません。

水炊き:Mizutaki hot pot, chicken hot pot, Mizutaki(chicken broth hot pot), Mizutaki(chicken and vegetable hot pot) などの言い方があります。

ちゃんこ鍋:これはhot potをつけずにChanko-nabeというのが圧倒的に多いです。そして次に良く見る表示は、Chanko-nabe(a sumo wrestler's food)とかChanko(a common dish for sumo wrestlers )など相撲や力士の重きを置いた説明をつけるという形です。

参考になれば。

鍋料理全般を指す単語としては、hot potという言い方があります。この単語の前に国名をつければ個別鍋というよりその国の鍋料理という意味になります。例えば
Japanese hot pot(日本式鍋) Chinese hot pot(中国風鍋)Korean hot pot(韓国風鍋)
といった具合です。
ですが、最近は海外の日本料理店でもNabe(hot pot)という表記が増えてきましたので、日本食をよく召し上がる方ならばNabeでも通じるかもしれません。

水炊き:Mizutaki hot pot, chicken hot pot, Mizutaki(chicken broth hot pot), Mizutaki(c...続きを読む

Q「おう、そうだった。」

皆様、こんばんは。
英会話での質問です。
言葉が出てこない場合につまっている言葉を会話相手に言ってもらって
すかさず
「おお、そうだった。」
といいたい時には何と言えばいいのでしょうか?

例:
A:「マニュアル車は英語で、、、えーと、えーと、、、」
B:「standard shift?」
A:「おお、そうだった。そうだった」

Aベストアンサー

こういう場合はまさにThat's it!ですね。
「あぁそれそれ」てな感じでしょうか。

文脈を読まずに質問者様のタイトル「おお、そうだった」という言葉で一瞬頭に浮かんだのがやはり
That reminds me.なのですが、これは例えば話そうと思っていたことを忘れていて、何かの切っ掛け(相手の話のある言葉とか、会話での流れとか)で「あ、そういえばさ(話は変るけど今ので思い出したんだけど)」とう感じの導入で使われます。

Q英語で書いてある日本食のレシピサイト

日本の家庭料理のレシピを英語で紹介されているサイトはありますか?

Aベストアンサー

検索してみたらこんなサイトを見つけました。

http://norecipes.com/cuisine/japanese/

家庭料理というにはレベルの高いものもありますが、中には日本の家庭料理の代表的なレシピである、肉じゃがや焼きそばのレシピも載っています。大きな写真も載っているので、日本の家庭料理になじみのない外国人の方にもわかりやすいと思います。

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Q何を食べようかな?

自問自答文です。
「何を食べようかな?」

英語ではどういうのでしょう?

What will I eat ?

何か変な気がします。

英語の勉強では、相手に対しての疑問文は良くならいますが、自分自身に対しての文て記憶がありません。

自分に対しての問いなどは英語ではどう言うのでしょう?

Aベストアンサー

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

>自問自答文です。
「何を食べようかな?」
英語ではどういうのでしょう?

What will I eat?は良いですよ. 特に独身の人たちはよく使います. What will I eat tonight?と言う感じですね. また、What will I cook tonight?と言う表現も同じフィーリングで使いますね.

何を食べようかな、というフィーリングを直訳すると意味が違ってしまうような言い方を英語では時々します.

直訳では,何を食べるべきかな,という言い方で,

What should I eat tonight?と言う言い方を,何を食べようかな、と自分に言う言い方です.

また同じように直訳では違う言い方として,独身者の冷蔵庫にあまりいろいろなものがないけど何があるかな,と言う状況で、という文章で,

What do I have to eat?が使えます. この文章で気をつけなくてはいけないのは,have toの部分の言い方なんですね. 言い方によって,1)何を食べなくてはならないか,と言う意味と2)食べるもので何がある?と言う意味になってしまうからなんですね.

1)の場合は,havetoとあたかもひとつの単語のように言ってしまいます. 2)の方はいくぶん単語を言い分けます.

これを防ぐ言い方もあります. 2)の場合に,in the refrigと言う単語をつけ毛,冷蔵庫に何がある、という言い方をすることによって,防げます. まさか,冷蔵庫の中で食べなくてはいけない,とは普通理解しませんからね. <g>

また,ちょっと違った言い方で,(これは一人でレストランに行ったときにもなかなか決められなくて,ウエイトレスの前で自問自答できます)What do I want to eat? 直訳では,「何を食べたいのですか?」と言っているわけですね. しかしフィーリングは,何を食べようかな,なんですね.

食べようかな、と言うことは食べたい,というフィーリングに繋がっていますね. だから、こう言う表現もするんですね.

なお、独身者と言う単語を使いましたが,そのイメージが私にあったというだけで他に理由はありません.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

>自問自答文です。
「何を食べようかな?」
英語ではどういうのでしょう?

What will I eat?は良いですよ. 特に独身の人たちはよく使います. What will I eat tonight?と言う感じですね. また、What will I cook tonight?と言う表現も同じフィーリングで使いますね.

何を食べようかな、というフィーリングを直訳すると意味が違ってしまうような言い方を英語では時々します.

直訳では,何を食べるべきかな,という言...続きを読む


人気Q&Aランキング