市販のスイッチング電源の出力を、2つ直列につないで使用してもいいのでしょうか?
例えば、入力AC100V、出力DC48Vの基盤形スイッチング電源を2つ(全く同じもの)買ってきて、その出力を直列につなぎ、DC96Vの電源として使用できますか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ちゃんとした物なら大丈夫です。



1次側と2次側の絶縁が充分取れていれば、2次側は独立した
起電力とみなせますから、問題ありません。
私は5Vのスイッチング電源2つを直列にして、電圧を最大にして
13Vで使っていますが、問題は生じていません。

なお、ご質問の例では直列数は2つまでです。
3つにすると、絶縁部分に掛かる電圧が約150Vとなってしまい
絶縁トランスの耐圧を超える可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速やってみようと思います。

お礼日時:2001/05/05 15:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイッチング電源のいろいろ

電気系に得意な方がいらっしゃれば「関係」を教えてください。

[スイッチング電源]
[24Vスイッチング電源]
[ノイズフィルタ]
[ユニット型電源][基盤型電源]
[パワーモジュール電源]

です。ノイズフィルタとかパワーモジュール電源は、スイッチング電源に含まれるものなのですか?
ということはユニット型電源や基盤型電源は、スイッチング電源とどう違うのでしょうか。

私目のような素人にもわかるような回答をお待ちしています!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。随分混乱されてますね。
まず、「電源」というのは、コンセントの交流100Vの電源はそのままでは直流で動く機械では使えないので、直流の電流に直す機械の事をいいます。

この「電源」には、中に入ってる電気回路の種類によって「スイッチング型」と「ドロッパ型(もしくはドロップ型)」があります。
スイッチング型は、発熱が少ないので、無駄になる電力が少ない、つまり効率がいいのですが、沢山のノイズを出すという欠点があります。
その為に外付けしてノイズを減らす部品が「ノイズフィルタ」です。
この「スイッチング電源」の出力電圧が24Vになるように作ってあるのが「24Vスイッチング電源」です。

スイッチング式でもドロッパ式でも電源の電気回路を基盤に組み込んで、テレビやパソコンなど、各種の電気製品に内臓できるように作った物が「基盤型電源」です。
この基盤型電源を、しっかりしたケースに収めて、一つの器械として電池の代わりなど見たく使えるように作った物が「ユニット型電源」です。
また、箱に入れるのではなく、プラスチックなどで固めてしまって、あたかも一つの部品みたいにしてしまったも物が「モジュール型電源」、もしくは「電源モジュール」、「パワーモジュール」などといいます。

一般的に、モジュールやユニットに作る場合は、発熱が多いと大変なので、スイッチング型の回路が用いられる事が多いです。

こんにちは。随分混乱されてますね。
まず、「電源」というのは、コンセントの交流100Vの電源はそのままでは直流で動く機械では使えないので、直流の電流に直す機械の事をいいます。

この「電源」には、中に入ってる電気回路の種類によって「スイッチング型」と「ドロッパ型(もしくはドロップ型)」があります。
スイッチング型は、発熱が少ないので、無駄になる電力が少ない、つまり効率がいいのですが、沢山のノイズを出すという欠点があります。
その為に外付けしてノイズを減らす部品が「ノイズフィ...続きを読む

QDC24VからDC5Vへの電源変換について。

自動車のDC24Vから、DC5Vをひろいたいのですが、
どういった電子部品を購入したら、可能でしょうか?

キット等作成に手間のかからない方法など教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLのキットなどはいかがでしょうか?他にもこの店のキットでより大電流が出力可能なものや、スイッチング式のものなどもあります。

参考URL:http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=kit&s=popularity&p=&r=1&page=2

Qプリメインアンプの電源はスイッチング電源orACアダプタ?

自作でプリメインアンプを作ろうかと思っています。
そこで質問なんですが、電源はスイッチング電源とACアダプタどちらの方がいいですか?
スイッチング電源はノイズが発生するのでアナログには不向きと聞きましたが
ACアダプタはプリとメイン両方出力させるのは難しいと聞きました。
結局どっちがいいのかわかりません。
ありがちな質問かもしれませんがスイッチング電源とACアダプタのメリット、デメリットなど教えて下さい。

Aベストアンサー

ハイエンドの世界にもスイッチング電源を使用した機種はあるのですが、それらは吟味されたもので、
我らが普通に入手できる出来合いのスイッチング電源はノイズが多くオーディオ用途には不向きです。

ACアダプターにもスイッチング電源と昔ながらのトランス方式のものがあり、最近はほとんどがスイッチング
電源になっています。
ご予定のアンプの要求にもよりますが、トランス方式の電源アダプターは出力が小さいので、四苦八苦しなけ
ればならないかもしれません。また、整流しただけで電圧の安定化はされていません。

スイッチング電源を一時しのぎに使い、最終的に電源も自作されたらいかがでしょうか?
アンプの説明書かお手持ちの書籍に載っていませんか?

・アンプによっては非安定化電源でOKかもしれない。簡単だし、音も良い場合が多い。
・安定化には3端子レギュレーターを使うと簡単だが大出力はあまりない。
・パワートランジスタやパワーMOS-FETを使うとやや複雑(方法によりけり)になるが3端子レギュレーターより音は良い。

QDC/DCコンバータとスイッチング電源の違い

DC/DCコンバータとスイッチング電源とは何が違うのですか?
またDC/DCコンバータの役割はトランスでも対応できるのですか?
DC/DCコンバータで絶縁耐圧5KVだと
1個いくらぐらいなのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

DC/DCコンバータ
 DC⇒DC変換器のこと。
 このほか、DC⇒AC、AC⇒DC、AC⇒ACがある。
 DC⇒ACはインバータと言う、なぜか。
スイッチング電源⇒スイッチング方式の電源
 上記の変換過程で、一旦高周波に(直流を(交流入力であれば先に整流して)スイッチング)してからトランスで電圧変換し、所要の電圧出力を得る。50Hzのトランスは大きい。高周波にすれば小型化できる。理由は省略。

トランスだけではDC/DCコンバータは成立しない。DCはトランスにより変換できないため。

絶縁耐圧5KVだと1個いくら
 値段は容量が支配的。絶縁耐圧だけではなく、他の規格・性能も重要。

結局何を知りたいのでしょうか?
学業? お仕事? 趣味?
前2者なら、ここに質問すべきではありません。ここでのアドバイスは、アドバイスでしかありませんよ。

Qスイッチング電源

市販のスイッチング電源の出力を、2つ直列につないで使用してもいいのでしょうか?
例えば、入力AC100V、出力DC48Vの基盤形スイッチング電源を2つ(全く同じもの)買ってきて、その出力を直列につなぎ、DC96Vの電源として使用できますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした物なら大丈夫です。

1次側と2次側の絶縁が充分取れていれば、2次側は独立した
起電力とみなせますから、問題ありません。
私は5Vのスイッチング電源2つを直列にして、電圧を最大にして
13Vで使っていますが、問題は生じていません。

なお、ご質問の例では直列数は2つまでです。
3つにすると、絶縁部分に掛かる電圧が約150Vとなってしまい
絶縁トランスの耐圧を超える可能性があります。

Qスイッチング電源 低電圧出力について

携帯電話充電器の定電圧制御IC部分をマイコンを使って制御しようと思っています。
電気回路初心者で、分からない部分があったので質問させていただきます。
説明の段階で間違っている可能性もあるので、その場合は指摘してもらえると嬉しいです。


現状の説明をします。

まず、オリジナルの状態(定電圧制御ICを使っている状態)での出力部分の回路がこれです。
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/28180731231307.jpg

このICを取り外してコンパレータをマイコンで実現してます。
その回路がこのようになってます。
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/1rm80731231339.jpg


動きを説明すると、

1.(1)の電圧をAD変換し、マイコンに取り込む
2.取り込んだ値に応じたPWM出力(フォトカプラのLEDのON/OFF)
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/zrq80731231354.jpg

※PC-LEDがON状態のとき
i1に電流が流れ、その分i2の電流が減る
ゆえに(1)の電圧が下がる

※PC-LEDがOFF状態のとき
i1に電流は流れず、その分i2に電流が流れる
ゆえに(1)の電圧が上がる

3.その結果DCOUTに5.1V前後(リップル100mV)の出力が出る


といった感じになってます。


無負荷のときは5.1Vの低電圧が保たれているのですが、負荷をとってみたところ負荷電流が流れれば流れるほど、出力電圧が下がってしまいました。
充電器の仕様が2Aなのですが、そのとき4.3Vくらいまで落ちてしまっています。
1Aくらいまではほとんど落ちないのですが1A⇒2Aにかけて急激に電圧が落ちてしまっています。


なんとなく自分で考えてみたのですが、あまり自信がありません。
自分の考えを書いてみます。

負荷電流が大きくなるにつれ、そのぶんi1,i2の電流は減る。
(1)の電流が下がり、ゆえにDCOUTが減る

つまり負荷電流が流れるときはPC-LEDのOFF時間をもっと長くなるようなパルス信号に変える必要がある。


以上が自分の考えです。

長くなりましたが、聞きたいことをまとめます。

(1)負荷電流をかけたときに出力電圧が下がってしまった原因はなにか?
(2)負荷電流に関わらずに、定電圧を得るにはどうしたらよいか?

です。


説明が下手でわかりづらいかもしれませんが、アドバイスもらえたら幸いです。
よろしくお願いします。

携帯電話充電器の定電圧制御IC部分をマイコンを使って制御しようと思っています。
電気回路初心者で、分からない部分があったので質問させていただきます。
説明の段階で間違っている可能性もあるので、その場合は指摘してもらえると嬉しいです。


現状の説明をします。

まず、オリジナルの状態(定電圧制御ICを使っている状態)での出力部分の回路がこれです。
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/28180731231307.jpg

このICを取り外してコンパレータをマイコンで実現してます。
その回路がこの...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと誤解されているかも。
まず、フォトカプラの役目ですが、この回路に描かれていない制御素子
のコントロールが役目です。決してi1が増えた分i2が減るのでは
ありません。

フォトカプラのLEDが明るく点くと制御素子が出力を絞ります。その結果
出力電圧が減少するのであって、i1の電流自体で安定化するのでは
ありません。

もしも、i1の増減が出力電流i3の増減に直結しているのだとすると
出力電流はi1の大きさより大きくできないことになってしまいます。
i1はせいぜい5mAくらいですからアンペアオーダーの出力を制御
することはできません。

実際はフォトカプラLEDの電流をちょっと変えると出力電圧が大きく
変わる回路があるはずです。その回路の制御をマイコンで行うのだと
いう認識で設計することが必須です。

元の回路はLEDをパルスで点けているわけではありません。それを
パルス点灯して良いのでしょうか。PWMにするにはどこかに積分回路
などのLPF要素が必要になるはずです。

また、負帰還なので発振しないようにしなくてはなりません。これには
様々な負荷に対して位相余裕を確保するPIDが必要になります。一般的に
これをマイコンで行うことは面倒です。

フォトカプラを使っているということは、入出力は絶縁タイプなのだと
思います。マイコンの電源はどこからとっていますか?

何のためにマイコンを使うのかわかりませんが、かなり難しいことを
やろうとしているという認識をもってじっくり取り組む必要があります。

ちょっと誤解されているかも。
まず、フォトカプラの役目ですが、この回路に描かれていない制御素子
のコントロールが役目です。決してi1が増えた分i2が減るのでは
ありません。

フォトカプラのLEDが明るく点くと制御素子が出力を絞ります。その結果
出力電圧が減少するのであって、i1の電流自体で安定化するのでは
ありません。

もしも、i1の増減が出力電流i3の増減に直結しているのだとすると
出力電流はi1の大きさより大きくできないことになってしまいます。
i1はせいぜい5mAくらいですからアン...続きを読む

Qスイッチング電源の耐電圧試験は

スイッチング電源に耐電圧試験を行う事はできるのでしょうか?
耐電圧試験はトランスに対してのみ行うと思うのですがそうするとトランスだけをはずして行わないと他のコンデンサやその他部品が破損してしまいますよね。(スイッチング電源の入力側:AC100Vに印加すると)
そうだとするとスイッチング電源のみで動作する機器は耐電圧試験は無理でしょうか?(メーカーで耐電圧の保障はあるようですけど。)
ちなみにものはコーセルのR25シリーズです。

Aベストアンサー

> 耐電圧試験はトランスに対してのみ行うと思うのですが
そうゆう話は初耳です.
どの業界で言われていることでしょうか?
R25のデータシートp.A-102に
http://www.cosel.co.jp/jp/products/pdf/SFJ_R.pdf
縁耐圧
入力-出力 AC2,000V 1分間 カットオフ電流=10mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)
入力-FG,ケース AC2,000V 1分間 カットオフ電流=10mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)
出力-FG,ケース AC500V 1分間 カットオフ電流=100mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)

と書いてあります.
トランスだけをはずして行うなんてことはどこにも書いてありません.
説明書のp.49「28)絶縁抵抗・耐電圧」に試験時の注意が書いてあります.
http://www.cosel.co.jp/jp/data/pdf/technotes.pdf

またスイッチング電源を組み込んだ機器については,該当する安全規格を見てください.

> 耐電圧試験はトランスに対してのみ行うと思うのですが
そうゆう話は初耳です.
どの業界で言われていることでしょうか?
R25のデータシートp.A-102に
http://www.cosel.co.jp/jp/products/pdf/SFJ_R.pdf
縁耐圧
入力-出力 AC2,000V 1分間 カットオフ電流=10mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)
入力-FG,ケース AC2,000V 1分間 カットオフ電流=10mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)
出力-FG,ケース AC500V 1分間 カットオフ電流=100mA max,DC500V 50MΩ min(常温,常湿)
...続きを読む

QPICからの出力のHiとLowの出力をHi=+10V、Low=-10V

PICからの出力のHiとLowの出力をHi=+10V、Low=-10Vの信号に変換したいのですが
どんな部品でなんという回路を組めば良いでしょうか?
トランジスタ何個とかどんな電源がいるとか簡単でもいいので教えて頂きたいです
電流は2アンペアくらい取れれば良いです。

Aベストアンサー

既に書かれてますが、リレーが簡単かなぁ
10V、2Aで使えるリレーを探してきて、駆動できるか、ブレッドボードで試してみるといいです。
駆動に電流が足りないと思うのでC1815などの普通のトランジスタ1個、抵抗数個、リレーの電流を受け流すダイオード1個。いわゆるダーリントン回路。
http://www.zea.jp/audio/schematic/sc_file/001.htm
電流足りなくて動かない場合は抵抗を小さくする。
分かってると思うけど、これはリレーを駆動するための回路。リレーの定格に合わせて電圧など決める。±10Vはこれとは別回路。

電源?これは用途によるのでは?実験用電源があればそれでOKだけど、なければ、中点トランスと+10Vと-10Vレギュレータそれぞれ一個、とコンデンサ。

質の悪い10Vでも良ければ、10VのACアダプタ2個でもいけるかもしれない。

Qスイッチング電源の出力制御について

通常のスイッチング電源はAC入力でDC出力が発生します。
一方近頃の電気製品はタクトスイッチで電源のオンオフができます。
例えば、パソコンやプリンタなどです。
この場合、スイッチング電源をスタンバイ状態にしておいてタクトスイッチでトリガーをかけるようなイメージですが、実際どのような回路を組んでいるのか教えてください。

Aベストアンサー

PCの電源は補助電源とメイン電源があり補助電源は常にON状態です、また補助電源からメイン電源のコントロールICに電源を供給しています、PCの電源ボタン(ソフトスイッチ)を押すとPCに問題が無ければコントロールICにメイン電源のON信号を送り、メイン電源が動作し、電源ボタンでON信号を切るとメイン電源が止まります。
電源ボタン=タクトスイッチのトリガーをマザーボードに電源制御IC(ウオッチドッグタイマー、各種センサーなど)に信号を送り、問題が無ければ、電源の制御用信号をコントロールIC(電圧制御、過電流制御、過電圧プロテクター、電源のON/OFF、パワーMOSFETドライブ回路の機能)に送ります。
ですから、スタンバイ状態で無く、メイン電源はOFFとなります、メモリ電源は補助電源から供給され、リフレッシュ信号ICによりリフレッシュ信号を生成して、メモリの情報を保持し、スリープモードとして待機します、電源はスタンバイ状態と言うモードはありません、あくまでもメイン電源のON/OFFだけです。

Q電源トランスに5Vと書いてあるのに8Vの正弦出力

実験に使うフォトダイオードの増幅用アンプを使いたかったのですが、
学校の備品であり専有ができなかったので、本物を手本に
同様の装置を制作しました。

動作自体は問題ないのですが電源トランスについて疑問があります。

製品は100v入力に5V、7V、10Vの出力端子がある0.3Aのものなのですが、

オシロスコープでそれぞれの出力をあたってみたところ

5V→±8.5V
7V→±12V
10V→±17V

とパッケージの値とは違ったピークの正弦波が出ていることがわかりました。

実効値かと思い1.41をかけてみましたが少々ずれが大きいように思います。

一体どのへんに間違いがあるのでしょうか?
また、パッケージに記載してある電圧はなんの意味をもっているのか教えてください。

Aベストアンサー

トランスは負荷が軽いと高い電圧、重いと低い電圧が出力されます。
トランスにも書いてある通り、定格電流の0.3A流すと表記に近い電圧が出るかと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報