「何故、世の中ではこうも理不尽な事件や事故が起きているのか?」まともな知能
と良心がある人なら誰でも考えたことがあることだと思います。私も日々考えてお
ります。話し出せばきりがありませんが、結論だけ言わせて頂きますと、やはり、
宇宙法則が不完全だからではないかと思います。
皆様のご意見をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中11~20件)

まともな知能や良心を持ってない理不尽な人間が居るからです。



宇宙法則が完全だからその理不尽な報いがもたらされるのです。

ただ、その報いがすぐに出るとは限りませんので、見かけ上世の中が理不尽に見えるのです。
    • good
    • 0

宇宙法則に間違いがあるならば、我々は存在しません。

何ら間違いがないからこそ、秩序だった動きがなされているのだと思います。不完全なら、我々は」存在しません。結果から考えれば、答えは自ずから明らかだと思われます。
    • good
    • 0

「宇宙法則」って何ですか?


(と問い返した時点でダメでしょうか?)

理不尽なことといったら、もちろん、人生そのものも
ある意味、理不尽の塊みたいなものです。
だれも、望んでこの世界に生まれたわけではないのですし。

ただ、奇妙な事件が多発したりするのは、社会システムに
問題がある等というレベルの話題かもしれません。
そういうことであるなら、システムを変えよう、という
ムーブメントにつながるべきであって、
宇宙法則とか大仰な話で、あきらめモードに入ってしまう(?)
のは、とりあえずケッコウなことではありません。

...問題のレベルが違うのであったら、すみません。

「宇宙法則が不完全」とは、要するに世界そのものを否定する、
という意味だと思ったのですが、
でもひょっとして、遺伝子組替えとか、超人思想とか、
そんな感じの話題ですか?
つまり、宇宙法則vs.人間 という構図で捉えているんでしょうか?
新しい人間になって、「宇宙法則」を乗り越えよう、というような...
(それとも、やっぱりこんな考え、大間違いですか?

何にしても、「宇宙法則」の内容がよくわかりません。
    • good
    • 0

1)まともな知能と良心がある人なら誰でも考えたことがあることだと思います:



思ったことないです。大体「理不尽」て何でしょう?「良心」て何でしょう?
別に知能と良心がない人間とのレッテルを貼られても構いませんが...。

2)宇宙法則が不完全:

意味が分かりません。では「完全」とは何で、「不完全」とは何なんでしょう?

3)逆に質問ですが、あなたは何か物を食べて生きていますね?菜食主義者ですか?多分違いますね。肉も魚も食べている。直接手を下した訳ではないが、知能のそこそこ高い哺乳動物を屠殺・解体した肉を平気で食べているんでしょ?仮に菜食主義者だとしても、植物も生命を持っています。この生命の犠牲の上にあなたの生命がある。人間だけが数を増やし、生態系を破壊し、他の動物を絶滅に追いやる。これは理不尽ですか?それとも理不尽ではないですか?
    • good
    • 0

NO.3で回答したNickeeです。


補足の内容を読むと、どうも、考えが行き違いをしているようなので、もう一度、書かせてもらいます。別にケンカを売っているのではないので、あしからず。。
 正しい、正しくないというのは、だれが、決めることができるということを言いたいのです。犯罪者の立場からすると、どれだけ苦しんできて、精神に異常をきたし犯罪にいたったのか。。犯罪になるとは思わないで、面白半分でやってしまったことが犯罪につながってしまったとか。これは一概に犯罪者が悪いといえるでしょうか?世の中はこれが、悪いと決めつけているわけで。。
 他に不当に苦しんでいいわけではありませんが、そこに獲物がたまたまあったから、狩っただけ。これは、弱肉強食の世界と同じじゃないですか。

>総合的に、究極的に何が正しい、間違っているとは言えないのではないかという考え方はあるかもしれません。
しかし、部分的なことが間違っていて(不当)、総合的には正しい、究極的には正
しいというようなことがあるでしょうか。そんなことがあるとすれば、それこそ
他が不当にどれだけ苦しんでもよいとする、自己中心的な存在を認めることにな
るのではないでしょうか。

ここでの自己中心的な存在というのが、よくわかりませんが、もし、これを人間にたとえているのならば、認めているはずがないのではないでしょうか?社会によって。。。そういうシステムになっているじゃないですか。まあ、今の法律は、必ず勝ち負けをつけたがるから、おかしいと思いますけど。

 あと、自分中心というのは、今の世の中の道徳観念とかに標準をあわせているのではないかということです。倫理、道徳などは、人間が社会システムが成り立つためにつくられているものですから。。。(これは自分の考えなので、あっているかわかりませんけど。)
    • good
    • 0

宇宙法則が完全であるかないかについて、判断を下せるかどうか?


それがそもそも問題であるような気がします。
それはなぜかというと、我々人間の中に宇宙の全てを知るものがいないからです。
ですから、ある人から見れば、戦争や殺人の起きる完全なる理由を解説できるかもしれませんが、
別の人から見れば、それは不完全なる理由にすぎないかもしれません。

と大仰な前置きはこのへんにしますが、僕の個人的な観念から導き出される部分では、
戦争や殺人は悲しいことに必然です。肯定するつもりではないんですけど。

人間には天敵が、微生物(病原菌、ヴィールス等)くらいしかいません。
他の動物と比較しましたときに、なんとも安穏とした環境にいることやら。
で、地球上で人間の行動範囲外になっている場所なんて探すのが大変なくらい
地球上にはびこっております。おそらく、地球環境に一番影響を与えられる
生命体が人間でしょう。にもかかわらず、人間をとりまく環境は安穏として
おりますので、なかなかに、淘汰される作業が起こらない。
で、殺人や戦争などの不条理なことというのは、唯一残された淘汰過程なのかもしれません。

なお、どこかの社会学者が「都市が密度を増すと、ストレス要因が増え、犯罪が増加する」
とかなんとかいってたと思います。統計的にもデーターがあるとか。
さてと、このような視点で観察したときに、これはこれで整合性を持つ「完全(っぽい)法則」
として聞くこともできるでしょう。まぁ、どっかに穴はあると思いますが。

悲しいことではありますが、世界が世界として機能するときには、生命をもつものとして、
また、物理的に存在するものとして、存在する以上、物理法則による破壊はまぬがれません。
んで、生命を保つためには、他の生命体を補食することを避けることはできません。
「その部分が不完全だ」と言われてしまうと実も蓋もなく、「そうかもしれません」
と言わざるを得ませんが、その部分を肯定するのであれば、生命が淘汰されるプロセス
として、質問に挙げられているような不条理も飲み込まざるを得ないのではないのでしょうか?

個人として考えたときに、質問にあるような不条理な出来事に対する憤りを感じるのは
僕とて同様ではあるのですが。

参考になりましたら。
    • good
    • 0

 えと…「たとえ不完全でも完全」って、ここだけ見ればたしかに矛盾した言い方です。

でも、その後の一段落で説明したつもりでした。もう少しわかりやすく説明してみます。
 仮に、この宇宙の法則が現に不完全だとします。しかし、われわれ人間にとっては、この宇宙の法則こそが「すべて」なのです。人間にできることは、この宇宙の法則を認識することだけであって、この法則に拘束されている以上はそれが不完全であってもその「不完全さ」を示すことはできず、ましてや宇宙の法則を作り変えることなどできるはずがない、ということです。つまり、「たとえ不完全でも完全」というのは、たとえ宇宙の法則が不完全に創られていたとしても、人間にとってはその不完全さは認識されえないので、完全なものと見なさざるをえない、というほどの意味です。

 でも、宇宙の法則をコンピュータのプログラムのように捉える考え方というのは面白いですね。私も考えたことがあります。ここ哲学カテゴリーでもたま~に引き合いに出される、P・K・ディックの『ヴァリス』が思い出されます。
 もしかしたら、この宇宙は超越者によるコンピュータ・シミュレーションによって映ずる幻のようなものなのかもしれない。その超越者がちがったプログラムを組めば、またちがった宇宙が創造されるかもしれない。…みたいな。
 しかしながら、このように想定しても、われわれ人間もまたプログラムによって生じた幻の一つにすぎないことになりますから、やはりプログラムの不完全さを認識することも、それを書き換えることもできないでしょう。結局のところ、与えられた宇宙の法則、この限界内で生きていくしかないということになると思います。

この回答への補足

宇宙の法則を変えるなんて、突飛な話でとても出来そうにもないでしょう。
しかし、全てを知ったわけでもないのに出来ないかどうかを言うことも出来
ないのではないでしょうか。この宇宙には、まだまだ我々が知らない法則、
最善に活用されていない法則があります。この宇宙法則というものは、
まるで誰かが考えて用意していたかのように、我々は活用することができ
ます。これはすごく神秘的なことです。一見、宇宙の法則はすばらしいかの
ようです。しかし、実際にはその宇宙に住んでいるものは全て幸せではあり
ません。ですが、これらの法則をよりよく活用していけば、世の中はもっと
もっとよくなり、結果的には天国のような世界が実現されるかもしれません。
でも、それは管理するものが何らかの理由で揺らげば、いつ崩壊するか分かり
ません。なぜなら、法則よりも法則によって作られたものの方が壊れやすい
ですから。そして、この宇宙はどこから来て、どこへ行こうとしているのか、
どんな目的があるのか、ないのか、わかりませんが、今の世の中の流れを見れ
ば一応はいい方向に行こうとしているようには思います。それは、宇宙の意思
が働いているのかもしれません。しかし、そうだとするならば、その過程で何
故このような不幸がなければいけないのか、最初から完全なものを作り出す
ことはできなかったのかと思うわけです。

補足日時:2001/05/10 02:55
    • good
    • 0

>「何故、世の中ではこうも理不尽な事件や事故が起きているのか?」



確かに痛ましい事件は多々起きています。しかし理不尽でしょうか?

結論からいえば、善と同様に悪があるのは、宇宙が完全だからです(笑)

世の中に善だけがあればいいと考えることこそ理不尽であり、
世界の半面を切り落とそうとする不完全化の試みなのです。
お分かりですか?

この回答への補足

全くわかりません。詳しくご説明願います。

あなたは、半分腐ったものを切り落とさず全部食べますか。

補足日時:2001/05/10 02:46
    • good
    • 0

お気持ちはよくわかります。

私も同じようなことを考えていた時期がありました。

私にとってのブレイクスルーは、存在を存在として認めることから全てが始まるのだ、という視点でした。

宇宙法則が完全か、不完全か、という問い自体が誤っているのです。「宇宙法則の完全性」を問うための善悪判断や審美の基準が先にあるのではありません。「宇宙」が先に存在し、その宇宙の振る舞いを観察した結果として「法則」が存在し、それを認めた後で初めて人間の価値判断が可能になるのです。

「われ思う、ゆえにわれあり」といったデカルト的世界観に代表される西欧思想、思念や観念が存在より先にあるという思い込みが、「宇宙法則」の完全・不完全を問うような誤謬の根本にあるのかもしれません。

東洋的な発想では、まず世界があることを直視する。人が善や悪を感じたり考えたりする前に世界は存在する。そこが出発点です。次に、人間が生きていくことを考える。そこで初めて善悪や倫理が生まれます。人間同士が同じ世界に住もうとする。そこで政治社会が生まれます。

もし質問が「人間社会は不完全か」であれば、答は簡単です。もちろん、不完全です。人間が不完全ならば、社会も不完全です。したがって、人間である我々が、自分自身の不完全さや自分たちの社会の不完全さを直そうとすることには大いに意味があります。しかしながら、「宇宙法則が不完全だ」と結論したところで、その宇宙に住んでいて、生きていかなければならない我々にとって、その結論はほとんど意味がありません。

「宇宙」と「人間の作ったもの」を峻別すること。ここから始めることです。我々は、この「宇宙」に住むしかないのですから。

以上が、知能と良心とでものを考え、この理不尽な世界に生き、宇宙法則を学んできた人間の結論です。

この回答への補足

>お気持ちはよくわかります。私も同じようなことを考えていた時期があり
ました。

ありがとうございます。しかし、これは私だけの気持ちがどうのこうので済
まされる問題ではありません。

>宇宙法則が完全か、不完全か、という問い自体が誤っているのです。「宇宙法則
>の完全性」を問うための善悪判断や審美の基準が先にあるのではありません。
>「宇宙」が先に存在し、その宇宙の振る舞いを観察した結果として「法則」が存
>在し、それを認めた後で初めて人間の価値判断が可能になるのです。

私は、人間よりも宇宙の法則のほうが先にあるのだから、先にある方が正しく、後
に発生したものが判断をくだすのは間違えだ、宇宙法則と人間が作り出したものは
関係ないとするのには疑問を感じます。何故、先にあるものは無条件に正しいこと
になってしまうのでしょうか。まるで、先輩後輩の関係のようですね。先輩がいく
ら無茶苦茶でも、先に生まれた人なんだからという理由で、正しいとするのに納得
がいきますか。

むしろ、先にあるものは後のことを考えて責任をもたなければならないのでは
ないでしょうか。

とにかく、ものごとの結果には原因があります。良い結果をもたらすにはその原因
を替えなければいけません。原因を替えずして、結果は変らないですよね。不完全
な人間を作り出したのは、完全な宇宙法則なのでしょうか。どうして、完全なもの
が不完全なものを産み出すのでしょうか。

それから、宇宙と人間が作ったものは無関係ではないと思います。それは、人間と
いえども無から何かを作り出したわけでなく、人間が作ったもの、起こしたこと
は、最初から自然の中にそれを引き起こす可能性があったからこそ、起こせたの
ですから。

それに、人間が何も作っていない時から災難はあります。例えば、人間でも動物
でも自然災害にあうように。

私にはまだ結論がでません。

補足日時:2001/05/10 02:16
    • good
    • 0

No.4の回答者のnobor3です。


どうしても理不尽って方向に話を持って行きたいんですねえ・・・。

社会には「犯罪者」を必要とする側面があるようです。
これは犯罪が必要だと言ってるのではなくて、犯罪者として後ろ指を指される人が必要だって事です。ある一定の割合で「犯罪者」が居ないと社会が落ち着かないのです。
例えば、今の社会から見て凄く世の中がよくなって、今の法律では犯罪者がゼロになるような事態になると、法律や社会のルールが厳しくなって、「犯罪者」を生むというわけです。
詳しい事はランドル・コリンズ著「脱常識の社会学」に書いてありますので、気が向いたら読んでみてください。
それから動物行動学の側面からもそう言った事が指摘されています。善と悪はある一定の割合で安定するのだそうです。詳しい事はリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」をお読みください。

この回答への補足

>どうしても理不尽って方向に話を持って行きたいんですねえ・・・。

いえ、別に持って行きたいとか、そういう問題ではありません。

>これは犯罪が必要だと言ってるのではなくて、犯罪者として後ろ指を指される人
>が必要だって事です。ある一定の割合で「犯罪者」が居ないと社会が落ち着かな
>いのです。

犯罪は必要ないが犯罪者は必要というのは矛盾していると思いますが。
また、社会が落ち着かないというのも意味不明です。逆じゃないんでしょうか。
それに、社会が落ち着くためには罪もない誰かが犠牲にならなければならないと
いうのでしょうか。それは、いけにえの思想、強迫観念と同じレベルの話だと思
います。

>例えば、今の社会から見て凄く世の中がよくなって、今の法律では犯罪者がゼロ
>になるような事態になると、法律や社会のルールが厳しくなって、「犯罪者」を
>生むというわけです。

こちらも矛盾しているようです。法律が厳しくなる→犯罪がゼロに近くなる→
犯罪者を生む、と言われているんですよね。

利己的遺伝子の話は知っておりますが、あれは単なる仮説にすぎませんし、あの
説では、血のつながりも何もない人を命を捨ててまで助けようとする人の行動は
説明できませんよね。

補足日時:2001/05/10 01:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人の欲望の行き着く先は

現代は欲望が肥大化しています。
その欲望は激しい競争を生み出します。
学業、就職と出世、それらはより多くの富を得ることに向かいます。
この欲望の強い人間ほど、文明や人類の進歩を賛美する傾向があります。
しかし、人間の命はせいぜい80年から100年。
多くの欲望を果たしたとしても、それらはいずれ無に帰します。
人間の幸せに、そんなに多くの欲望が必要でしょうか。
皆さんはいかがお考えでしょうか。

Aベストアンサー

資本主義は人間の欲望がきっかけで文明や文化が発達しますが
それは良いですが、やはりデメリットを見逃すと後からツケが
廻ってきますね、それは公害や自然破壊、人心の荒廃ですから
デメリットが少なく成るように努力しなければならないでしょうね。

Q論理学の問題について。『「全ての結論は間違っている」という結論』は正しいか否か

「全ての結論は間違っている」という結論は正しいのか、否か…。
論理学の初歩問題だと思うのですが(誤謬?)、うまく答えを導き出せずに困っています。
どなたか、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

すでに、全称命題の復習をされたらいかがという、適切と思われるアドバイスが出されていますが、念のために。

「結論」という件を横に置く為に同等な例を出しますが、

命題A)すべての命題は偽である。
をちょっと考えて見ましょう。
命題Aは偽です。自己言及形の命題ですが何の問題もありません。
この命題Aを何らかの手段で証明しようとして、例えば、命題Aを真だとすると、などと考えると、そこでいきなり終ってしまうので、面食らうことはあるでしょう。それだけのことであって、パラドックスでも何でもありません。証明をする必要がないくらい自明な、「偽の命題」であったというだけのことです。元々命題には、「真の命題」と「偽の命題」が在る。

あなたの命題
P)全ての結論は間違っている
は、「結論」と呼び得るものとは何かという厳密な話をする必要もなく、偽です――なぜか――。結論が「偽」であるケース、即ち結論が間違っている場合はあるでしょうが。
したがって、
偽の命題Pを結論とするような、何らかの形式論理的展開が存在したとするなら、それは、その前提が偽であったはずです。即ち、命題Pを結論とするような展開は、徒労であるということです。考えるに値しない。ましてあなたの質問のように、”「……」という結論は正しいのか”、と言うような、”という結論” なんていう<無前提の偽の結論>など考察の対象にならん。



――もっと簡単な話としては、
我々が或る命題を「結論」と呼ぶのは、我々が正しい命題というものを持ち得る=在る、と考えていることを基礎としている訳だ。したがって、「全ての結論は間違っている」と誰かが言えば、「そんな、アホなことを」、で終わりでしょう。

すでに、全称命題の復習をされたらいかがという、適切と思われるアドバイスが出されていますが、念のために。

「結論」という件を横に置く為に同等な例を出しますが、

命題A)すべての命題は偽である。
をちょっと考えて見ましょう。
命題Aは偽です。自己言及形の命題ですが何の問題もありません。
この命題Aを何らかの手段で証明しようとして、例えば、命題Aを真だとすると、などと考えると、そこでいきなり終ってしまうので、面食らうことはあるでしょう。それだけのことであって、パラドックスで...続きを読む

Q肥大化する欲望を満足させると幸せ

欲望は肥大化する傾向があります。
肥大化した欲望を満足させると幸せを感じるのでしょうか。

Aベストアンサー

欲望は、満足を感じた瞬間に次の欲望へ転じます。
結果、本当の満足(十分に満たされた感覚)が得られないので
幸せだと言えないと思います。

だから肥大化して行くのだと思います。l

では幸せをまったく感じないのかと言うと
目指したものへの達成感はあると思います。
達成した後、虚しくのなるのは本来欲しい物じゃなかったという事でしょうね。

人間は、本当に欲するものは欲求であり、欲望ではないので
欲望からは十分な満足感は得られません。

Qどこで人工知能と人工知能もどきを分けると考えますか?

人間と同じ思考回路及び記憶回路を持ち合わせていて、かつ、人工物であればそれは人工知能と呼んで差し支えないと思います。

電卓はある入力に対して計算結果を返してくれます。
例えば
入力:1+2=
結果:3
これは計算を処理するだけの能力は持ち合わせています。
過去を振り返ればこれだけでも人工知能で通用する時代もあったことと思います。
電卓を人工知能と呼ぶのは現代でも有効ですか?
また、電卓が人工知能である場合にはソロバンなどはどうでしょうか?
頭の中には電流が流れていますが電気の有無では分けられないですよね?

電卓などは人工知能と認めないというのであれば
何が出来たら人工知能なのでしょうか?

またクローン人間は人工知能であると考えますか?
xinmanはある意味究極の人工知能であると考えてます。

質問の要点は
「どこで人工知能と人工知能もどきを分けると考えますか?」
です。

みなさんの考え方をお聞かせください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人工知能の定義については、哲学者の間でも定説はありません。確かに人間の知能の一部を代替する機械、という意味なら電卓は人工知能ですが、それをAIだという人は誰もいないでしょう。電卓には計算以上のことはできないからです。

算盤は自動的に何かをする事はありません。人間が一つ一つの手順を与えて始めて演算ができます。こういうデバイスを通常、我々は「道具」と呼びます。道具は人間の知能活動を支援してくれる装置ですが、これもAIとは呼びません。なぜなら人間が関与しなくなった途端、それはたちまち動きを止めてしまうからです。自律的ではないのですね。

AIとは、人工的に作られた知能、ということです。この人工、という意味は「生物的行為」は含まれていません。従ってクローン人間は人工知能とは言えません。「子作り」を「ロボット製造」と呼ばないのと同じ理由です。

では何がAIかというと、古くはチューリング・テスト、というものが唱えられました。これは心理学の行動主義に基づいた考えで、外側からみて人間らしい反応を返すようであれば知能があるとみなす、という概念です。

しかしこれに対してドレフュスら伝統的哲学者は痛烈な反論を浴びせます。その一つが「中国語翻訳問題」というもので、全く中国語が分からない人に辞書と翻訳手順書だけを与えて翻訳させ、その翻訳文が意味が通っているとします。その場合、その翻訳者は中国語を理解したといえるでしょうか?

チューリングテストによれば、それは「理解」とされますが、我々は通常そのような行為を「理解」とは呼びません。それは「機械的」「鵜呑み」といわれ、知能とは異なるものとされています。この辞書と翻訳手順というのは、知識とルールという人工知能の基本概念の事を比喩したものですが、中国語問題はそのようなやり方では知能は模倣できない、ということを示したものです。

しかし、この事はある重大な帰結を示唆していました。それは「外側から知能を理解することはできない」という事です。技術が進み、人間の神経網を細部まで模倣するデバイスができたとしましょう。しかし、そのデバイスが人間と同じ知能や感情を持っているとは、誰も分からないし、知ることもできないのです。なぜなら、誰もそのデバイスの「心」を感じ取ることはできないからです。(我々が他人の心を知ることができないのと同じ)

コウモリの比喩はその辺の事情を言い表しています。コウモリAとコウモリBは同じ脳神経を持っていますが、Aが青と感じる神経に、Bは赤と接続しています。しかしBは赤と感じる神経は青という出力回路に接続しています。つまり、同じ「青」という入力を与えても、AもBも「青」と答えるのです(Bは赤、と感じるのに)。外側から見れば両方とも青という意味を理解しているように見えますが、実際はその内部で異なる理解のされかたがされているのです。

この事を突き詰めて考えていくと、デカルトのコギトにぶつかります。自分の思考だけを頼りに思索を進めていくと決して他人の脳は理解できない、つまり近代哲学はある点で飛躍を行わないと脳科学に踏み込んでいけないのです。そこで脳科学者たちは「同じ神経構造なら同じ知能を持つ」という仮定をおいて研究を行っています。それが正しいかどうかは科学の範囲内の話ではないので、あくまで仮説ですが。

元に戻ってチューリングテストだけでは不十分だと悟った哲学者たちは、次に指向性、という概念を持ち出します。これは現象学絡みで出てきた言葉ですが、知能の本質はあるものに対する執着である、という考えです。物質は物質に執着しません。氷山は船に執着しません。我々が氷山について考えたり、思ったり、船にぶつかったりすると興奮したりするのです。言い換えれば、そのような執着を人工的に作り出すことができればその装置には知能があるとみなす、という事です。

その他にも認知言語学からのアプローチもあり、さまざまな主張が飛び交ってますが、知能という概念は近代哲学の根本に直結する難しさもあって、論争のための論争状態が続いています。従って、ご質問の回答にたいしては「明快に分けられる基準はない」ということでしょう。生物と非生物の境界みたいなものですね。

ただ、工学的、実用的基準からいえばチューリングテストで十分でしょう。機械は使えればいいのであって、それが何を思おうと、ユーザには無関係なことですから。

人工知能の定義については、哲学者の間でも定説はありません。確かに人間の知能の一部を代替する機械、という意味なら電卓は人工知能ですが、それをAIだという人は誰もいないでしょう。電卓には計算以上のことはできないからです。

算盤は自動的に何かをする事はありません。人間が一つ一つの手順を与えて始めて演算ができます。こういうデバイスを通常、我々は「道具」と呼びます。道具は人間の知能活動を支援してくれる装置ですが、これもAIとは呼びません。なぜなら人間が関与しなくなった途端、それは...続きを読む

Q人間関係の源は、欲望?

人間は、”欲望”が生きる原動力だと思うのですが、人間関係を築くのに、欲望は原動力となっているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

【欲望】 ほしいと思う心。不足を満たそうと強く求める気持ち・・・ということですよね。

食欲・性欲・物欲・金銭欲・独占欲・知識欲・出世欲などなど数えあげれば人間の煩悩として欲は誰にでもあるでしょう・・けど
欲望は・・と簡単に一口で言い切って、人間関係を築く原動力と言わせしむるには、いささか無理がありそうな気がします。
見るからに欲望ギンギラギンの人と、対人関係を上手にやっいける自信が、あなたにありますれば別ですが。

Q【コグニティブ・人工知能を使いこなす知能が人間に必要】コグニティブってどういう意味ですか? 人間側

【コグニティブ・人工知能を使いこなす知能が人間に必要】コグニティブってどういう意味ですか?

人間側に人工知能を使いこなす知能が必要になってきた。

コグニティブ時代。

スマホも使いこなせない定年退職組の親世代はもう時代に置いていかれる運命なのでしょうか。

自分も30年後の60代になったときに今の高齢者や老人のように意味も分からず、使い方も分からないスマホを持たされてお金だけ取られていくみたいになってるのでしょうか。

人工知能を使いこなす知能が人間側に必要と言われてちょっと不安になってしまいました。

時代に取り残されている大人って働いている世代でもいっぱいいますよね。。。

時代に着いていけてないのにビジネスを引っ張っていけるわけがない。

Aベストアンサー

>コグニティブってどういう意味ですか?

直訳すれば「認知」です。膨大な情報を取り込んで傾向を分析して、成功事例のノウハウやより正しいと思われる答えを出すために、必要とされる「認知」能力のことを指しています。

>人間側に人工知能を使いこなす知能が必要になってきた。

完璧じゃありませんからね。信号制御なら定められた時間間隔で正確に信号を青、黄、赤に切り替え、また夜間には赤点滅とかに切り替えます。そのアルゴリズムは明確で正しく実装できて、また実装される側の仕様上の制限に抵触しないならば、完璧なシステムです。
認知や判断のロジックには何を手本とするかですが、偏りはあります。各国の法制度を理解してその枠の中で最適解を出すことはできそうですが、国際間取引に視野を広げると個別最適解の集合には矛盾が生じます。調停ロジックは組み込めるでしょうが、何を優先して判断するか等は人間が外側から働きかけないと駄目でしょう。メーカはそれもコグニティブでできると言うとは思いますが、「米国のルール=国際ルールとする」とか大雑把で乱暴なロジックを入れてくるか、その場限りで上手くいった事例を最適解で入れてくるぐらいでしょう。

>スマホも使いこなせない定年退職組の親世代はもう時代に置いていかれる運命なのでしょうか。

「頭が良いけど人の気持ちが理解できていない小僧が躓いたときに、道を示してあげる」という仕事でしょうから、別段置いていかれることはないでしょうが、出来の悪いインタフェースに付き合わなければならなかったり、癖のある言語を使わなければならないとしたら、あのUIを最高と信じている「スマホを使いこなせる世代」にしか対応できないかもしれません。

>自分も30年後の60代になったときに今の高齢者や老人のように意味も分からず、使い方も分からないスマホを持たされてお金だけ取られていくみたいになってるのでしょうか。

30代の方でしたか。新しいものへの対応は加齢とともに難しくなるでしょうし、それと誤認させる詐欺的手法にも騙されやすくなるでしょう。
しかしながら、一番大事なことは、下記のような取り組み姿勢ではないでしょうか。
 「正確な判断を下すために、より多くの正しい事例を知ること」
 「正しい事例を知るためには、より多くの事例を入手し分析すること」
 「より多くの事例を入手するためには、自身のアンテナを高くしておくこと」

でも、上記はコグニティブの弱点そのものです。「情報をたくさん集めるためには多くのデータを保存しておくための領域がたくさん必要(ディスクがより売れるのはメーカには◎、ユーザには×)」、「情報が多くなれば分析にはよりコストがかかる(より高性能なCPUが売れるのはメーカには◎、ユーザには×)」、「情報の取捨選択判断こそが難しい。性善説なんて成り立たない(これはメーカもユーザにも難しい)」等々。

こういうことを考えつつ下記の推進者が提示する情報を見ると、実に白々しく都合の良い薔薇色の未来を語っていると思いませんか?

http://www.ibm.com/cognitive/jp-ja/outthink/#

ビデオでは白血病の論文、他言語の習熟、法令の施行、過去20年の財務報告等が例として出されています。全ての論文、情報が価値のある内容でしょうか、糞みたいな嘘論文が精査されずに混在している可能性もあります(というか、よくあります)。言語は変遷変化しますが、大筋参照回数や出現回数が多い語を正とするでしょうから、発信情報が多い世代の情報が重み付けされ、特定世代の偏った単語や文法を「正しいもの」と判定することがあります。過去の情報は言語分析アルゴリズムが正しければ書いてある通りに理解するでしょうが、それが間違っていたり、TPOを判断できていなければ全く別の意味に解するかもしれません。

既にお気づきでしょうがコグニティブは、多数決は正しい、誤情報はほとんど無いということを前提にしている感があります。なので「ワトソンなんて機能しない。あれは多変量解析に過ぎない」という情報を意図的に広めてそれが多数派になれば、ワトソンは「ワトソンなんて機能しない。あれは多変量解析に過ぎない」と言い出す訳です。そこで外部から「ワトソンなんて機能しない」、「ワトソンは多変量解析である」という情報を取り込ませないか取り込んでしまったら破棄するよう教えこまないとならない訳です。

>人工知能を使いこなす知能が人間側に必要と言われてちょっと不安になってしまいました。

集合知を傾向分析して最適に近い結論を出しているに過ぎない、単に計算が速いだけのものですから、補正してやるのは人間側の分担です。

>時代に取り残されている大人って働いている世代でもいっぱいいますよね。。。

30代という若手から中堅に達する世代の割りには、自身の情報収集アンテナを高くするという努力をするわけもなく、目の前にいる「時代に取り残されている大人」を自分の何十年後かの姿を自覚できずにディスっているようでは、既に枯れてしまっているのではないですか。

>時代に着いていけてないのにビジネスを引っ張っていけるわけがない。

自戒ですか? それとも自覚したのですか?

>コグニティブってどういう意味ですか?

直訳すれば「認知」です。膨大な情報を取り込んで傾向を分析して、成功事例のノウハウやより正しいと思われる答えを出すために、必要とされる「認知」能力のことを指しています。

>人間側に人工知能を使いこなす知能が必要になってきた。

完璧じゃありませんからね。信号制御なら定められた時間間隔で正確に信号を青、黄、赤に切り替え、また夜間には赤点滅とかに切り替えます。そのアルゴリズムは明確で正しく実装できて、また実装される側の仕様上の制限に抵触しな...続きを読む

Q欲望には悪と善の因が。 善の方はしかし?

欲望は 自我の殻の内側に人を閉じ込めさせます。

そこから悪としての争いの因が生まれたりします。 

しかし 同時に 欲望は、それをよく見つめることで  感性を深める道にも通じ それによって感性が深まれば自我は突き破られ  人への善の真心も生まれます。

そのへんの善の方の因果を なぜかあまり聞きません。

解ると思える人がおられましたら、 是非御回答をお願いします。

反論でもいいです。 欲望なんて悪の因しかないというふうな。

それなら議論しましょう。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
批判的な内容も書きましたが、それらは質問者さんを非難するものではありませんから、誤解なきようお願いします。ロジックの目の付け所に感心したというのが回答の動機です。そこで無理に綺麗なパラドックスに仕上げようとされるのは自滅的に思われ、私なりの整復術を試みたくなった次第です。

無意味に評論を加えれば、欲望を精神活動の原理に加えて、肯定できる面を見出されようとされた結果の発明とでも言えますでしょうか。質問者さんの仮説は、面白いですし、大発見につながる分岐点かもしれません。

発想力の賜物ですね。能力を活かして詩や小説を書かれた方が建設的に思います。何事も施行するのは簡単です。有益に機能しなくてもいいのですから。手がけた構造の良し悪しを追跡評価しない専門家は結果無視の自己肯定を続けられるでしょう。
欲望によって人間が自我を突き破って善へと導かれる感動作を、哲学という有害ゴミの袋に入れてしまうのは勿体ないんですよ。あまりにもドラマチックです。俗に言う芸術的才能を感じました。欲望は、人を殻に閉じ込めさせるなんて語り口は詩ならば最上級ですよ。その後、パラドックスが放つ左右のフックで、ノックアウトされます。
くらった私は野暮な整合性を打ち返したまでです。曲がりなりにも新興宗教文学を創作するカテではありませんので、回答者のする隠喩などを質問者側がするのは解決を遠ざける色事になります。

制約の多い質問文の方が自由奔放な回答文よりも難しい作文になるのは承知しています。無理や気負いをなさらず、ぜひ論理的にもさっぱりしているまことの素描を求められてください。

お礼ありがとうございます。
批判的な内容も書きましたが、それらは質問者さんを非難するものではありませんから、誤解なきようお願いします。ロジックの目の付け所に感心したというのが回答の動機です。そこで無理に綺麗なパラドックスに仕上げようとされるのは自滅的に思われ、私なりの整復術を試みたくなった次第です。

無意味に評論を加えれば、欲望を精神活動の原理に加えて、肯定できる面を見出されようとされた結果の発明とでも言えますでしょうか。質問者さんの仮説は、面白いですし、大発見につながる分...続きを読む

Q【人間の人生最大の幸せを高僧が考え抜いて出した結論が「睡眠」だった】 寝ることが人間にとって最大の幸

【人間の人生最大の幸せを高僧が考え抜いて出した結論が「睡眠」だった】


寝ることが人間にとって最大の幸福らしい。

これって人間は生きていて1番幸せは寝てるときって哲学的だと思いませんか?

人間の最大の幸福は動いている時ではなく止まって静かに静のときが1番幸せってなんだかなあって唸ってしまう。

Aベストアンサー

今まで考えたこともなかったですが そう言われるとそうかもしれないと思いました。
例えば痛みのある時 病気で苦しい時 悩みがある時 興奮してる時…そう言う時って眠れないですよね?

眠れるっていう事は 気絶するのでなければ 少なくともそういう状態から一瞬でも逃れ、 敵のいない ある程度安心した場で満たされている状態であるとも言えます。

人間の3大欲求 (睡眠欲 食欲 性欲) この中で何が一番奪われると苦痛かといえば睡眠欲だと聞いたことがあります。
拷問で『眠らせない』というのもあるとか…

意識のない『眠る』という行為はある意味『死』にも似ている
生まれ出ずる前と、死してどこかに還るという考えからすれば 眠るというのはそれに近い状態であるから幸せなのだという事なのでしょうか?
哲学的というか、宗教的な感じもしますが 納得できる話に思えます
お答えになってなくてすみません。

Q欲望の充足意欲を規制する物事と?

レポートを作成しているんですが、少し助けてください!欲望の充足意欲を規制する物事とはどういう事なんでしょう?充足意欲という事で、欲望はどうなるという事なんでしょ?教えて下さい。

Aベストアンサー

「欲望の充足意欲を規制する物事とは?」私が思うに「良心」だと思います。

例えが悪いですが「ある女性を犯したいという欲望」があったとします。

女性を犯す為には必要な物であったり情報であったりを知りたいという「充足意欲」があります。

でもそれやったら犯罪だから絶対ダメというのが「規制する物事」であり「良心」だと思います。

Qどうして世界ははこうも上手く行かないのか?

世の中うまく言ってると思いますか?

国政的に 経済的に 仕事の面で 心の問題として

上手く行ってるのでしょうか?

商業競争で人手不足 保育 看護 介護で人手不足

世の中なんで上手く行かないのでしょうか?

不条理な事も多い

Aベストアンサー

「世の中・・・・国政的に 経済的に 仕事の面で 心の問題として上手く行ってるのでしょうか?」
⇒うまくいっているとは云えないでしょうね。

「商業競争で人手不足 保育 看護 介護で人手不足 世の中なんで上手く行かないのでしょうか?」
⇒逆に云えば、そもそもうまくいくはずがないのでしょう。

つまり、うまくいくような教育(家庭教育、学校教育、社会教育)もないですし、実際の社会でもうまくやろうよ、と考えている人は少ないと思います。

日本は戦後民主社会に向けてきましたが、実態は受験でも、企業でも、激しい競争の中にあります。
そんな中で、”自分だけうまくやろう”という国民がほとんどでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報