プロが教えるわが家の防犯対策術!

量子力学の量子は、常識を超越した奇妙な物に見える。量子は過去に情報を伝える事ができるようだ。何故、そんな事ができるのか? 物理学者は頭をひねっている。しかし、背理法で考えれば答えは自明だ。

量子に、そのような超越的な能力が無ければ、宇宙は存在できなかったからだ。宇宙が存在するのは、つまりは我々が存在するのは、量子が、そのような超越的な性質を持っていたからだ。それが量子がそのような奇妙な能力を持っている理由ですよね?

もし量子が、我々が容易に理解できる、ありふれた、何の不思議もない単純な物だったら、この絶妙なバランスと数値を持つ宇宙は存在できなかった事は明らかです。つまり宇宙は偶然にしては出来過ぎている、例えば光の速度は絶妙すぎる。

宇宙には生命が存在する事は確かだが、その生命は、偶然にできたとはとても思えない。それは現在の我々が、意図して、無生物から生命を作り出そうとしてもできない事を見れば分かる。我々が意図的に作り出そうとしてもできない物が、偶然にできるとはとても思えない。

しかし、量子の持つ過去に情報を伝える能力が有れば、宇宙や生命を作り出すことができただろう。何故なら失敗すれば、その失敗の情報を過去に伝え、何度でもやり直す事ができるからだ。宇宙は何度も失敗し、何度もやり直したに違いない。その無限の失敗の、やり直しから、宇宙や生命が生まれたのだ。そうでもしなければ、宇宙も生命も作り出せるはずがないですよね?

質問者からの補足コメント

  • こういう実験が現実に有るのです。
    _____________
    理研&日立による新発見!過去が書き換わった量子実験

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/06 22:31
  • 量子を不思議だ、不思議だと言ってるだけでは、何も解決しませんから、我々は仮説を立てて理解しようとします。未来からの信号が有るとすれば、その信号を伝える、つまり時間をさかのぼる量子が有るはずですが、そのような量子の存在は確認されていません。

    しかしだからと言って、そのような量子が存在しないとも言えません。ただ、物理学の歴史においては、そのような有り得ないような、突拍子もない仮説が、案外、本当だったりしますから、この時間をさかのぼる量子の存在も、あながち否定できないと思われます。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/07 06:51
  • 対称性の破れで宇宙が産まれたとしても、それだけでは、宇宙が現在の宇宙に成った理由を説明できませんし、宇宙に生命が生まれた理由も説明できません。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/07 06:54
  • 量子力学とは確率の事です。その確率によれば生命が偶然に生まれる確率はゼロに近い。しかし、宇宙に生命が存在するのは確かですから、その生命は何故、生まれたのか?

    ゼロに近い確率を大幅に上昇させた何かが有ったに違いないわけで、それが何かが問題なわけです。

    考えられるのは、未来から過去に情報が伝えられ、導かれたと言う事です。現在でも、我々は未来からの情報を受け取っているのです。

    おそらく、それが「神の声」とか「預言者の言葉」といったものでしょう。しかし、それは宗教に成ってしまうので、もちろん、科学ではないです。

    ですが、我々が、何万年も滅びもせずに、生き残って来たのは、単なる偶然とは思えないと事も確かです。

    40万年ほど前、地球の陸地の約3分の1が氷におおわれた氷河時代には、人類の数は大幅に減少し、絶滅の危機に立たされました。しかし、生き残って来たわけで、これらを偶然で片づけて良いのか

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/08 11:39
  • >量子力学とはミクロにおける物質の振る舞いを記述


    それがシュレディンガー方程式ですよね?

    シュレディンガー方程式と言えば、奇妙な記号、ψ(プサイ)で有名ですが、これは確率を表しているそうです。

    波動関数の絶対値の2乗が、ある場所で粒子を見つける確率に比例するという波動関数の確率解釈つまり、

    |ψ|2dτに比例する。

    No.13の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/08 12:29
  • シュレディンガーの猫の実験によれば、猫の生死は、一つの量子の振る舞いによります。一つの量子が猫の生死を決定しているのです。

    ここでシュレディンガーの言う「猫」とは、言うまでもなく「人間」の事です。人間を実験に使えないから、代わりに猫を使ったのです。

    人間や宇宙の運命も、たった一つの量子によって決定されると言う事が、シュレディンガーの猫の実験の意味する所です。

    一つの量子が人間や宇宙の運命を決定する事が可能であるならば、何万年も未来の人類が、現在の我々の運命を変える事も可能でしょう。

    何万年も未来の人類は、宇宙全体を操作できなくても、一つの量子を操作する事は可能かもしれないからです。

    No.14の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/08 13:46
  • >現時点では出来ません


    現時点でできるとは言ってないです。何万年も後の未来の人類なら、過去を変えられるのではないかと言っています。

    No.18の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/08 15:42
  • >箱を開けて猫を観測したその瞬間にどちらか一方の状態に収束してその状態に確定する


    それは「波束の収縮」と言われるものですが、物理学者の誰でも知っているのに、言わないので、私が言いますが、明らかに馬鹿げた考えです。

    誰でも知っている通り、「波」と言うのは四方八方に広がって行くものです。その四方八方に広がった波が、物にぶつかった途端に、一か所に「収束」するなど有り得ません。

    従って、波束の収束を否定する「多世界解釈」が提唱されているのです。

    多世界解釈により、無限の数の「失敗した世界」が有ると考えられます。そして、その失敗した世界の情報を、失敗する前の過去の世界に伝え、何度でもやり直す事で、現在の宇宙や生命が生まれたと思われます。

    No.16の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/08 16:02
  • そもそも量子については分からない事だらけです。例えば、「量子もつれ」の図では量子と量子をつなぐ「ひも」のような図が描かれていますが、全く空想の域を出ません。

    仮にそのような「ひも」が有るとして、その紐はなんでできていて、重さはどれ程なのか、どうしてその紐は光より早く情報を伝えられるのか、全く分かっていません。

    ただ、分かっているのは、量子と量子は、何かでつながっているらしいと言う事だけ。我々は量子について、ほとんど何も理解していないのですから、今の時点では、量子には何ができて、何ができないとは明確には言えないのです。

    従って、何万年の後の、未来の人類が、量子を過去に飛ばして、現在の人間の脳の中を流れる電流に影響を与え、何か素晴らしいアイデアを、あたかも神の啓示のように生じさせたとしても、そのアイデアが未来から来たものではないとは言えないのです。

    「宇宙が存在し、生命が存在する理由は何でし」の補足画像9
    No.58の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/01/13 19:00

A 回答 (92件中1~10件)

マルチバース理論やインフレーション理論等の宇宙論によって宇宙は無限に存在している事が示唆されています 


宇宙が無限に存在していると言うことは宇宙のパターンが無限に存在していると言うことです。 
宇宙のパターンが無限に存在しているなら物理法則や物理法則にまつわる定数のパターンが無限に存在しているという事です
物理法則や物理法則にまつわる定数のパターンが無限に存在するならば
生命体が自然発生しうる環境が自然発生する物理法則や物理法則にまつわる定数をとっている宇宙が自然発生するのは物理的に当然のことなのです 
同様に生命体が自然発生する物理法則や物理法則にまつわる定数をとっている宇宙が自然発生しても物理的に当然のことなのです
つまり宇宙が無限に存在するならば誰の手を借りずとも生命体が自然発生する宇宙が存在していてもそれは物理的に当然のことなのです 
同様に誰の手を借りずとも知的生命体が自然発生する宇宙が存在していても物理的に当然のことなのです
よって宇宙が無限に存在しているならばこの宇宙が未来人の力を一切借りずに人を自然発生させかつ生させ続けらる環境を自然発生させる為に必要な物理法則や物理法則に定数を自然に有していても物理的には何ら不思議なことでもありません 
質問者さんはそのことを全く理解していません
加えて
未来人が未来の技術を用いようが物理的に存在していない消失した過去の世界に干渉すること物理的に不可能です
上記が消失して物理的に存在していない過去の世界に未来人が未来の技術をもってしても物理的に干渉することが物理的に不可能なその理由です 
物理的に干渉することは物理的に不可能なので未来人が未来の技術を用いても消失して物理的に存在していない過去の宇宙を直接間接問わず改変・編集することは物理的に不可能なのです  
否定云々の話ではなくそれは事実です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>宇宙は無限に存在している


人間は数学で理解しようとします。数学は無限を避けます。計算できなく成るからです。

ですから、宇宙は無限でない方が良いです。無限ではなく、有限回、改良された宇宙だと思った方が良いと思います。

つまり一つではないが、無限個でもないという所に真実が有るのではないでしょうか?

一つしかないと言うと、一神教に成ります。日本人は無限ではない、有限個の神様を信じ来たように思います。

お礼日時:2023/01/16 12:08

過去に存在していた消失した過去の世界に対して如何なる方法を用いても干渉すること物理的に不可能であることから消失した過去の世界に干渉

して積み重ねられた履歴を改変することやリセットして新たな履歴の積み重ねをすることは物理的に不可能です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

我々が映画を製作する時、あるいは生物の遺伝子を操作して、家畜や農作物を改良する時、その改良した結果を見て、更に改良を進め、現在の家畜や農作物を生産しています。

同様に宇宙が改良されている可能性は否定で来ませんし、それが可能である事は自明です。

何故なら、それは過去の記録を参照するだけで、過去に行く必要は無いからです。従って、この宇宙が未来人によって改変、編集されたものである可能性を否定できません。

そう考えれば、この宇宙が、何故人間に都合よく作られているのか、何故、人間が滅びる事無く、この宇宙に存在する事ができるのかが説明できます。

お礼日時:2023/01/16 10:34

全ての存在は不確定性原理によって常に変化し続けていることから過去の状態=世界全てが変化したことによってその状態=世界は全て消失したのです


これは過去に存在していた人についても起きている事ですから過去に存在している人それが自分自身であろが他人のであろうがそれに関係なく全て消失していて存在していますが
つまり過去に存在していた消失したの世界に干渉することはできないように過去に存在していて消失した人にに干渉することは出来ません
    • good
    • 0

過ぎ去って消失した過去の世界に干渉すること物理的に不可能ですからね

    • good
    • 0

生命は常に分離し、多様性を増しています。

そして現在の研究では、互いに遺伝子を交換し合っています。
上記は人の手も借りずとも偶発的かつ自発的かつ起きた=自然発生したのです
因みにそれが人の手を借りずとも偶発的かつ自発的に起きた=自然発生したのは不確定性原理によってトンネル効果が生じたからです
つまりは不確定性原理によってトンネル効果が自然発生して物理的ににはありえない現象=生命現象が自然発生したという事です
    • good
    • 0

不確定性原理によって全ての存在は同じ状態を取り続ける事は出来ませんま。

それはつまり全ての存在が常に変化し続けなければならないという事です  
変化し続けるとは今の状態が新たな状態に変化しそれによって今の状態が失われるという事です。それが宇宙誕生から現在に至るまで脈々と続いてそれはこの宇宙が終焉を迎えるその時まで続くのです   
つまり上記の理由で過ぎ去った過去の状態=世界は全て消失したのです  
この事はこの宇宙=世界だけではなくて他の宇宙=他の世界でも起きていることなのです 
エヴェレットの多世界解釈で示唆された分枝した世界でも同じなのです 
この世界と分枝した世界とも同じ物理法則=不確定性原理に従っているのこの世界と分枝した世界ともに常に変化し続けるので過ぎ去った過去の状態=世界は全て消失してしまうのです
これはマルチバース理論によるこの宇宙以外の宇宙についても言えることです
上記は事実とそれを裏付けている物理法則(不確定性原理)によって必然的に帰結される事柄なのです
よって過ぎ去った過去の世界=状態=空間・領域は物理的に存在していない事から消失して存在していない過ぎ去った過去の世界=状態・空間に如何なる物質であっても送る事は物理的に不可能です
    • good
    • 0

よって存在していない過去の世界に戻る事は不可能です


故に過ぎ去った過去の世界に戻って新たな歴史を構築することもまた不可能だと言うことです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたの主張が正しいのは、時間を完全に理解している場合だけでしょう。しかし、時間を完全に理解している人は居ないと思います。

時間とは、結局、宇宙の事ですが、宇宙を完全に理解している人は居ません。

時間を理解するとは宇宙を理解すると言う事です。そして我々は宇宙をほとんど理解しては居ません。

お礼日時:2023/01/16 06:03

質問者さんへ


誤解の原因になるので断っておきます 
過去の世界については
時間かが過去にずれている世界 

過ぎ去って既に存在していない世界
とがありますが
物質を人為的送る事ができるとしたら時間が過去にずれている世界です
過ぎ去って既に存在していない過去の世界に物質を送る事は出来ません
    • good
    • 0

この世界とは別の世界に移動してその世界で歴史を築き上げていくとしてもそれはそれだけの事 


つまりそれをもってしても誰の手も借りず宇宙が偶然誕生し偶然物質が生まれ偶然天体が生まれ偶然生命体が誕生したということを否定するものでありません
更に言えば質問者のその主張は無限ループに陥っているのでだけです
そのことに質問者さんは気付いてすらいませんよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正に生命の系統図は、私の主張の正しさを裏付けています。生命は常に分離し、多様性を増しています。そして現在の研究では、互いに遺伝子を交換し合っています。

ただ、残念な事に、最近では急激に生物の種が絶滅し、多様性が失われています。

これらの生命の系統図が、果たして全て軍全によるものか同課は、私は疑問に思います。

お礼日時:2023/01/16 05:57

多世界解釈がエヴェレットの多世界解釈のことならエヴェレット自身が述べているように選択したこの世界と選択しなかった別の世界は互いに干渉しあわない事からこの世界を選択したものが選択しなかったもう一方の世界(分枝された世界)に干渉することは出来ない=行く事は出来ない


となります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仮に我々が過去の世界に干渉すれば、その途端に世界は分離しますから、過去の世界の人たちは干渉された事に気づかないでしょう。その事は、それぞれの世界から見れば、何も干渉されていない、つまり、干渉する事はできないと同義と成ります。

お礼日時:2023/01/16 05:51
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す