最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

パソコン教室で勉強するための説明書(教材)は資料でしょうか、又はテキストでしょうか。どちらの呼び方が正しいのでしょうか

A 回答 (2件)

テキストとは普通、規範とする原書の原文、文書(文字で書かれた文章のまとまり)一般を指します。

特に教科書を指す場合があります。
説明書は文書が主で、指導の時の規範となるものでしょうから、テキストと言って間違いないと思います。

資料とは、それをもとにして研究、判断をする、雑多な文書を含むマテリアル、材料一般を指します。教材の中には副読本(テキストでしょう)などの他にも指導の際の参考書類(マイクロソフト社の紹介書籍など)などがあれば、それらは資料と言っても間違いではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
私が思ったとおりで安心しました。
シニアのパソコン教室で他の講師の方たちは皆、資料とよんでいるので気になっていました。これで確信がもてました。

お礼日時:2012/01/24 08:58

私的には教材はテキストと呼びます。


教材の補足や、自己学習のために別途配布するものを資料と呼んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
私が思ったとおりで安心しました。
シニアのパソコン教室で他の講師の方たちは皆、資料とよんでいるので気になっていました。これで確信がもてました。

お礼日時:2012/01/24 09:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング