スズメみたいにジャンプして歩く鳥もいますし、ダチョウみたいに普通に歩く鳥もいますが、なぜなのでしょうか?外見から見ると、大きな鳥は歩き、小さな鳥はジャンプするように思われます。でも自分が知りたいのはもっと詳しく科学的な理由が知りたいのですが些細なことでもいいので知ってる方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



 餌の取り方による違いかもしれませんね。
 yoyoyoさんの回答にありました、「木の上で生活する鳥」とは「地表じゃないところ(木の上など)で餌を取ることが多い鳥」で、「地上で生活する鳥」とは「地面を歩いて餌を取ることが多い鳥」と、置き換えれると思うんです。
 そうすれば、ダチョウのような飛べない鳥はもちろん地表で餌を取りますし、多くのハトや、ムクドリ、ニワトリ、サギ類等も地上を歩いて、草や木の実、昆虫などを食べることが多いですね。
 地表で餌を探すとき、ジャンプしながら探すよりも、頭を安定させながら(目の位置の高さが安定するように)探す方が探しやすいのですかね?また、昆虫等をとらえるにしても、歩く方が素早い方向転換をしやすいので捕まえやすいのでしょう。
 
 余談ですがカラスの仲間は、片足ずつ交互にだして歩くこともするし、両足を同時に出してピョンピョンと「はね歩き」をすることもあり、両方ともします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お二人の回答で答えがほぼ見えてきました。

お礼日時:2001/05/08 10:38

小さいころ、


木の上で生活する鳥はジャンプ、
地上で生活する鳥は歩く、って聞いたことがあります。

でもハトとムクドリなんかはどうなんでしょうね。歩きますよね。
地上チームに含まれるのでしょうか?
よくわからない....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かにそのようなことも考えられますね。後は例外をどうするかになるような気もします。

お礼日時:2001/05/07 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鳥の糞?ベランダの手すりに泥みたいな砂が混じってるような鳥の糞みたいの

鳥の糞?ベランダの手すりに泥みたいな砂が混じってるような鳥の糞みたいのがありました。これは鳥の糞なのでしょうか?泥みたいな糞もする事あるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

食べた餌にもよるでしょうね。
ゴルフ場に集まるカラスは、多くのミミズを餌にします。
そのミミズの体内は、ほとんど泥ばかりです。
鳥の種類によっては、泥と共に餌をとる物さえ有ります。
多くの水分と共に排出された糞が乾燥すれば、ご質問状態の物は十分にあり得ます。

Q地面で歩く鳥と跳ねる鳥

地面で歩く鳥と跳ねる鳥

素朴な質問なのですが、
公園なんかで離れた地面に居る鳥を見ていると、
歩いて移動する時と跳ねて移動する鳥と2種類いますよね?

あれって種類で決まってるんでしょうか?
それとも同じ種類でも使い分けているんでしょうか?

Aベストアンサー

こちらがわかりやすいかも。

鳥便り>ウォーキングとホッピング
http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/aruki.htm

Q「歩く鳥」と「跳ぶ鳥」、何が違う?

公園で見かけるハトやカラスは地上を移動するとき主として両足を交互に前後させて歩きます。これに対してスズメなど小鳥は一般に両足を揃え、ぴょんぴょんと跳ぶことによって移動します。小さくてもインコの仲間は歩きます。
「歩く」と「跳ぶ」は何によって別れるのですか。多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
専門家志向ではないので時間を割いての本格的なお答えでなくて十分です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白いご質問だったので、私も少し調べてみました。下のHPを見てまとめたところ、こんな感じでした。

・鳥は「歩く」方が基本で、「跳ぶ」は枝から枝への足運びが地上でも応用されたものである。
・「跳ぶ」のは陸鳥だけで、しかも樹上性の鳥に限られる。
・「跳ぶ」は素早く動き回るのに適しているが、「歩く」よりエネルギーを多く必要とするので、大型の鳥や長距離の歩行には適していない。
・カラスやヒバリのようなスズメ目では、巣立ち直後は「跳ぶ」が、その後には「歩く」ようになるものが多い。

>多分「跳ぶ」方が骨格に大きな負担があるのだと想像しています。
歩く鳥にはダチョウなど大型のものもいますが、跳ぶ鳥ではイワトビペンギン(体重 3kg)が最大のようなので、質問者さまがお考えのように、やはり体への負担も大きいのでしょうね。

以前、TVでペンギンのドキュメンタリーを観たのですが、彼らはあのよちよち歩きで、思いのほか長距離を移動することに驚きました。一見すると不器用な歩き方ですが、意外とエネルギー効率が良いそうです。面白いですね。

参考URL:http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/aruki.htm

面白いご質問だったので、私も少し調べてみました。下のHPを見てまとめたところ、こんな感じでした。

・鳥は「歩く」方が基本で、「跳ぶ」は枝から枝への足運びが地上でも応用されたものである。
・「跳ぶ」のは陸鳥だけで、しかも樹上性の鳥に限られる。
・「跳ぶ」は素早く動き回るのに適しているが、「歩く」よりエネルギーを多く必要とするので、大型の鳥や長距離の歩行には適していない。
・カラスやヒバリのようなスズメ目では、巣立ち直後は「跳ぶ」が、その後には「歩く」ようになるものが多い。

...続きを読む

Q町中でも見かけるスズメ スズメの巣は何処にあるんですか?

町中でも見かけるスズメ
スズメの巣は何処にあるんですか?

Aベストアンサー

家の雨戸のうらに巣を作ってました。ヘビがこないところに作るんだと思いますよ。

Qスタスタ歩く鳥

いつもお世話になってます。

この前、海辺に近い公園で変わった野鳥を見ました。
体長は30センチくらいで色は白と黒のツートンっぽかったような気がします。

とにかく個性的な鳥で、すずめのように両足で跳ねるのではなく、スタスタ歩くんです。それもかなり高速で。

で、飛ぶときは羽ばたくのは一瞬で、あとは羽を収めて弾丸のように滑空するんです。

パタパタ ツィ~
  パタパタ ツィ~

みたいな感じで。
ずっと気になってます。どなたか以上のヘタな質問しかできませんが
ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
コアジサシではないかと思います。
結構海辺で見られます。
参照URL↓をどうぞ。

参考URL:http://www.gt-works.com/yachoo/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報