【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

お世話になります


家の修繕で お湯用の配管HT(赤い管です)を延長しますが、そのためにHT用ののりを買うのも勿体無いとおもいました。

そこで質問ですが

HT(赤い配管)にHI用ののりを使用した場合、やはり不具合が出るのでしょうか?

給湯の温度は40度前後です

もしこれが60℃くらいですと事情が変わってくるのでしょうか?


経験者やご存じの方お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おはようございます。


接着剤は双方を溶解して接着させています。
HIパイプとHTパイプでは溶解点(?)が違うので、HI用接着剤では充分に溶解されないまま接着する事となります。
したがって給湯温度云々以前の問題で、根本的に不十分な接着状態です。
当面は使用できますが、後々に手直しが必要となったりしますので専用の接着剤を使用して下さい。
特に給湯配管にトラブルがあった際はヤケドなどの事例もありますし、いくら40度前後とはいえトラブルの元です。
給湯器の故障で40度超える事もありますし、最悪は温度センサーや過熱防止器の不具合で沸騰し、圧力が高まった時に瞬発的に抜けてしまう事があります。
そうなると下手すれば大ヤケドですね。

給湯器の接続などで給水側に湯温の戻りがある時など、場合によってはHIとHTを接続する事がありますが、そういう時もHT用接着剤を使用して下さい。
確かに少しのことで購入するのは馬鹿らしいですけど、後のことを考えると少々の出費は痛くないと思います。

あと、工事中に水を刺すようで申し訳ないのですが…
以前からのご質問で結構大掛かりな改修だと推測しますが、あまりHT使わない方が良いんじゃないかと思います。
経年劣化が著しいですし、一箇所不具合が出れば弱いところを追って次々に破損していきます。
今回は延長と書いてありますから既設管に接続して延長されると思いますが、既設管部分に負担が掛かってくるでしょうね。
既設管に対してはすんなり挿せるとも限りません(加工やその他部材が必要になることもあります)。
大規模な改修の際は給湯器のところから給湯配管一式新設された方が良いと思いますよ。
何を使用しても永久的とは言えないかもしれないけど、最近はあまりHT自体使わないんじゃないかと思いますがどうでしょう?

積水ハウスや住友林業の新築工事、その他改修工事でも新たにHT使うことはほぼ皆無でした。
短い距離の露出部分や既設管の修理ならまだ分かりますが、劣化すると粘りがなくて割れやすく、衝撃に弱いのが難点かと…
ここ数年は水道業務に携わってないので大きなことは言えませんが、あくまでも個人的にはそう思います。
経費の面や各々で事情・考え方があるので何とも言えないですけどね…。

ご参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道配管の材質が違うときの接着剤はどれを使う?

既存の配管は、灰色のVP直管(13)に、同じく灰色の給水栓用エルボが付いていて、それに普通の水栓が取り付けてありました。
先日、給水栓用エルボのネジの部分がひび割れて、漏水し始めたので、とりあえず直管部分を切断しVPのキャップを接着剤でかぶせて止めています。

屋外立水栓のためまた老朽化するのが心配なので、今度は内側のネジが真鍮のものを買ってきました。
(店頭に灰色のVPのそういうのがなかったので赤茶色の耐熱性のHTを買いました。)

そこで質問です。

灰色のVP直管に耐熱性のHTエルボを接続するとき、接着剤は今持っている灰色のVP用のものでいいのでしょうか。
買う前に考えればよかったのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、材料の購入が間違っています。同材又はVP管とHI管を接合が基本です。
内側のネジが真鍮のものを購入したなら、HIのバルブソケット(オスネジ)をねじ込みHIの接着材で接合すれば正解です。
耐熱性のHT材は高額ですが、ショックに弱く破損の可能性が高いです。
よって埋設部でも保温材を巻く必要が生じます。

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む


人気Q&Aランキング