プロが教えるわが家の防犯対策術!

介護保険法の作文を書くことになりましたが、現時点ではどのようなポイントで作文すればよいか焦点が絞れません。
単に自分の勉強不足なのですが・・・。
試験ですので、皆様に作文してくださいとは言いません。
ですが、どのような視点・書き方・論点など、アドバイスをぜひもらえたらと思います。
800字くらいの作文です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問者様の年齢・学年は?



試験と言うことですが、課題は作文ではなくレポート・小論文では?

作文というのは、小学生などが書くように「○○をしました。楽しかったです。」などと起きた事実と自身の感想や期待など自分について表現するもの。
簡単に言うと「過去(の出来事)と現在(の気持ち・感想)」が作文。

「介護保険について」というからには利用されているお年寄り自身ではないでしょうから、現状と課題などのように事実に対する原因や経過、今後の展望など「ご自身なりの分析と推論など」、作文に比べて「現状と将来(今後の課題や方向性)」が手法となります。

以上について800字となると総論的に「現状と将来」は書ききれません。
財政、サービス種別や充足状況、利用者推計などいずれか的を絞って触れられることをお勧めします。

この回答への補足

30歳で、障害者施設の採用試験です。作文と論文の違いを教えていただきありがとうございました。

補足日時:2012/02/01 20:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護職 面接で作文

来週の24日、特養でパートで働く為に面接を受けます。
私は専門学生で施設ではボランティアや実習しかなく
実際働くのは初めてです。

面接先の施設へ連絡をした際、施設側から
「作文をするので筆記用具を持ってきて」と言われました。
作文とはどんなのが出るんでしょうか?
もし、面接をして作文を書いた人がいればどんな内容のものが出たか
参考で教えて欲しいです。

また、面接ではどんなことを聞かれるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

僕のときは…『将来の自分像』だったような気がします。
結局はどういう気持ちで仕事に勤めていくか、将来はどういう風にこの施設で働いていきたいと思っているのかを知りたかったのかなとおもいます。
ちなみに面接ではなぜこの業界を選んだか、なぜこの施設を選んだかが大きな質問だったと思います。
今は違う施設にいますが、やはり想いは同じですよ!!
ちなみに介護用語の漢字のテストもありましたよ。これは簡単だったし、あまり評価に関係なかったのでは?と思ってますけど…

頑張ってくださいね♪

Q障害者自立支援法についての作文

障害者自立支援法の作文を書くことになりましたが、現時点ではどのようなポイントで作文すればよいか焦点が絞れません。
単に自分の勉強不足なのですが・・・。
試験ですので、皆様に作文してくださいとは言いません。
ですが、どのような視点・書き方・論点など、アドバイスをぜひもらえたらと思います。
800字くらいの作文です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いちばん問題だとされているのは、利用者負担ですね。
応益負担といって、負担能力にかかわらず、一律1割負担とされました。
しかし、現実には、負担能力がない障害者の方はざらにいらっしゃいます。サービスを受けようとすればするほど、負担の重さが肩にのしかかってくるわけですね。
この結果、受けたいサービスさえ敬遠せざるを得ない状況が作られてしまいました。
そこで、国はあわてて、利用者負担の月額上限額を設けたり、ある条件にあてはまれば特例的に負担をゼロにするなどの措置を採りました。

応益負担は、憲法上の生存権の侵害であるともされました。
国が負けてしまったため、障害者自立支援法を平成24年10月までに廃止して障がい者総合福祉法に移行する、という流れが作られましたし、現に障がい者制度改革推進本部というものがありますよ。

なお、昨年、改正障害者自立支援法が施行されたのですが、そこでは応益負担から応能負担(負担能力に応じた負担)に変わりましたし、いままでしっかりと明記されていなかった発達障害者支援なども新たにしっかり明記されました。
グループホームなどに入居する人に対する家賃補助も始まっています。
要するに、障害者自立支援法のいろいろな矛盾が見えてきたので、改正障害者自立支援法や障がい者総合福祉法などを通してさらにあらためてゆこう、という流れも出てきているのです。

ということで、こういった流れを十分に踏まえながら書いてゆくと、良いものができるかもしれません。
もちろん、ひとつの例に過ぎませんよ。ぜひ、ご自分の言葉でまとめてみて下さいね。
 

いちばん問題だとされているのは、利用者負担ですね。
応益負担といって、負担能力にかかわらず、一律1割負担とされました。
しかし、現実には、負担能力がない障害者の方はざらにいらっしゃいます。サービスを受けようとすればするほど、負担の重さが肩にのしかかってくるわけですね。
この結果、受けたいサービスさえ敬遠せざるを得ない状況が作られてしまいました。
そこで、国はあわてて、利用者負担の月額上限額を設けたり、ある条件にあてはまれば特例的に負担をゼロにするなどの措置を採りました。

応益...続きを読む


人気Q&Aランキング