毎度お世話になってますm(__)m
酢酸銅の構造がよくわからないのですが、本を調べても載っていないので困ってます。
どなたか知っている方いませんか?参考文献でも良いので教えて欲しいのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4の回答を補足します.



うっかりして二つのOH2基の記述を忘れました.線分ABの「両」外側への「延長線上」にそれぞれOH2基がCuと結合する状態で存在しています.

ついでにいえば(CH3)基は、下記半円弧を含む平面上です.

空間の表現は大変だなぁ...何度もupしてすみません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどおかげさまでイメージがつかめました!
H2O-Cu-Cu-OH2 を軸とする、線分Cu-Cuに半円弧が4枚ついた風車というか水車みたいな感じですね。
ご親切に何度もアップしていただいてありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2001/05/08 13:49

No.3の回答を補足します.下記の(2)の構造が理化学辞典からわかりました.適切な図があるURLがあればと探したのですが、見つからないので、文字で空間図形的に、説明します.



空間イメージします. 同一半径の2つの円を、中心を一致させ、空間上で直交させます.2円の2交点はある線分の両端となります.これを線分ABと呼ぶとします.Aの位置に、Cuを一つ配置します.Bの位置にCuを一つ配置します.線分ABを直径とする半円弧が4つあります.各半円弧の構造は、Cu-O-C(CH3)-O-Cu が成す平面となっています.以下に半円弧の部分のみの図を書きますが、gooにupするとがたがたと、ずれるかもしれませんのでその場合はすみません.いずれにせよ、上記の半円弧が、Cu-Cu軸中心として、4枚、垂直に配置された、風車、に似た構造です. 上記で便宜上半円弧と表現しましたが、理化学辞典では、各元素を頂点とする五角形として示しています.

..CH3
..|
O-C-0
|...|
Cu-Cu  
というのが、Cu-Cu軸を中心に、4枚、垂直に配置されています.(図中のピリオド="."印は無視して考えてください.図のズレを防ぐために挿入しただけです)

出典:理化学辞典第五版
    • good
    • 0

辞典から引用します.



酢酸銅[copper acetate]酸化数1と2の化合物がある.

1) 酢酸銅(I).Cu(CH3COO).無色の針状結晶.Cu2(CH3COO)2が基本単位(Cu-Cuは2.544Å)を構成し,これらがさらに連なって平面状の高分子構造となっている.乾燥状態では安定であるが,水があると速やかに分解し酸化銅(I)となる.

2) 酢酸銅(II).Cu(CH3COO)2.一水和物は青緑色の単斜晶系結晶.酢酸クロム(II)のクロムを銅でおきかえた構造(酢酸クロムの複雑な図があるがかけない)の2量体である.Cu-Cuは2.616Å,Cu-O(OOC)は1.969Å,Cu-OH2は2.156Å.磁化率は4.069×10^(-6)cm^3/g(289K)で,Cu2+間にスピン相互作用が考えられる.水,エタノールに溶ける.溶解度は7.2g/100g水(20℃).殺菌剤,有機反応の触媒などに用いる.

出典:理化学辞典第五版
    • good
    • 0

「酢酸銅の構造」とは何の事でしょうか。



組成式ですか? それとも結晶構造か何か?

前者であれば (CH3COO)2Cu(酢酸第二銅)または CH3COOCu(酢酸第一銅)ですが。

補足下さい。

この回答への補足

結合がどのようになっているのかが知りたかったのです。
しかし第一と第二の2種類あるとは知りませんでした。どうもです。
説明が足りませんでした。申し訳ないです。

補足日時:2001/05/08 13:29
    • good
    • 0

Cu(C2H3O2)2・Cu(OH)2

    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。説明が足りませんでした。
組成式というか化学式はわかっていたのですが、結合がどのようになっているのかがちょっとわからなくて。

お礼日時:2001/05/08 13:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文献の参考文献に掲載できるネット情報について

文献に載せる参考文献で、本の名前や掲載ページの情報のところに、特許やネット上のPDFファイルのアドレスなどを含めてもいいのでしょうか?

ある教授が参考文献にはネット上での情報は一般的には
掲載しないと言いました。

研究テーマに関しては工学的な面から、本に掲載されていない情報をしいれるためにネット情報も活用しなくてはいけないと思います。

みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

私が修士論文を書いた時は、URL掲載しましたよ。
学術論文は引用を明確にしなければいけないからです。

個人のHPは根拠に乏しいため、参考になりませんが、
公式なHPのものは、有効な情報だと思います。
ちなみに私の専攻は国際関係論でしたので、
国連HPに掲載されている国連憲章や、UNDPのHPからHDIの数字はどは、ネットから最新情報を収集していました。

指導教官に指示を仰ぐのが一番だと思います。

Q酢酸緩衝液の酢酸と酢酸Naの存在比とモル濃度

pHが判明している0.1M酢酸緩衝液内の[CH3COOH]と[CH3COONa]のそれぞれのモル濃度の求め方を教えて下さい。
モル濃度でなくても[CH3COOH]と[CH3COONa]の存在割合(2:1など)を知る方法があったならそれでも構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[CH3COONa] は常に0です.[ ] の意味をよく考えてください.

酢酸ナトリウムの分析濃度を C(CH3COONa) とすれば,緩衝領域では [CH3COO-] = C(CH3COONa) と近似してかまいません.ただし,これはあくまでも近似です.同様に,C(CH3COOH) を酢酸の分析濃度とすれば,[CH3COOH] = C(CH3COOH) と近似できます.これも,あくまでも近似です.

解離定数の定義より,pH = pKa + log([CH3COO-]/[CH3COOH]) ですが,緩衝領域近辺ではこれは pH = pKa + log{C(CH3COONa)/C(CH3COOH)} と近似できます.

Q酢酸銅の作り方

硫酸銅水溶液から酢酸銅水溶液の作り方を教えてください。

Aベストアンサー

酢酸カルシウム(溶解度400g/L)溶液を当量より多少少なめに加え、生ずる硫酸バリウムを吸引濾過した後、通常の濾過します。
この溶液に酢酸カルシウムか酢酸バリウム濃厚溶液を1滴ずつ加え、沈殿が生じなくなるのを確認します。
なお酢酸銅(II)の溶解度は72g/Lです。エタノールに溶けるのでエタノールから再結晶するのが良いかと思います。
通常は(CH3CO2)2Cu・H2O の一水和物です。100℃で無水物となります。

注目!)英語版wikiによればよりよい方法はアンモニアと酢酸から作る方法だそうですのでそれを書きます:
2 CuSO4.5H2O + 4 NH3 + 4 CH3COOH → Cu2(OAc)4(H2O)2 + 2 [NH4]2[SO4] + 8 H2O
Cu2(OAc)4(H2O)2としてありますが、これがより正確な構造式のようです。構造図があるので見ておいて下さい。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Copper(II)_acetate

Q弱酸である酢酸の水溶液がある。では酢酸と酢酸イオンとプロとんのなかで最も多いのはなにか。その理由をお

弱酸である酢酸の水溶液がある。では酢酸と酢酸イオンとプロとんのなかで最も多いのはなにか。その理由をおしえてください
また、酢酸ナトリウムのばあい何が多いのか理由もつけておしえてください

Aベストアンサー

この問題には落とし穴がある。#1の回答者様は無視してどこからか酢酸のpKaを引用したが、それが与えられない場合。「弱酸である酢酸の水溶液」だけからpKaを推測しなければならず、#1の回答者様のお答えは「正確だが題意を無視している」この問題では正確な計算は排除されている。

Q銅が硝酸や酢酸に溶けるスピードについて

ベネチアンビーズ(ガラス玉)を作る方法で銅製の芯棒に
ガラスを巻き付けて冷ました後に硝酸に付けて銅のみを
溶かすという方法があるらしく、その作り方を試して見たいの
ですが、硝酸は取り扱いが大変そうなので酢酸というものを使おうか
とも思っておりますが、実際どの程度の時間で銅が酢酸に溶けるのかが
分かりません。
太さが1、5mm~3mm程度の銅の芯棒を酢酸に入れて溶かすにはどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか?
あと、硝酸の場合だと、どの程度の時間で銅を溶かすのか教えて
下さい。
濃度にもよると思いますが、溶ける時間というのは大体で結構です。
他に酢酸以外でガラスはそのままの状態で銅のみ溶かす液体が
あれば教えて頂けますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酢酸ではダメですね.
私も塩化鉄のエッチング液を薦めます.
エッチング液はサンハヤトからアマチュアの電子工作用のものが後処理用の薬剤もついて売っていますので,それがいいでしょう.

エッチング液の中味は要するに40%くらいの濃度の塩化鉄(III)です.薬品の入手ができるなら自分で作っても問題ありません.後処理は考えてください.水道に流したりはできません.

ちなみに銅版画のエッチングは硝酸か塩化鉄です.なので画材店でも手に入るでしょう (後処理用の薬剤も売っているかどうかはわかりませんが).
本来は溝のエッジの具合が違うため,版画にしたときの線の出方が違うので,どちらを使うかは表現の問題もあって必要に応じて使い分けるのだそうです (美大卒の妹の談による).ただし,今は画材店では硝酸はふつうには売ってないでしょうが.

塩化鉄のエッチング液の場合,40℃くらいに暖めて使いますが,これは常温では溶解時間がかなりかかるからです.電子回路のプリント基板の銅箔の厚みは数10μくらいですが,それを溶かすのに40℃でよく撹拌しながらやっても3分とか5分とかかかります.したがって,mm の銅を溶かすには数時間程度かかる可能性はあります.この辺は銅と溶液がどのくらい接触するか,さらには撹拌等によって新しい液が常に銅にあたるようにできるかで大きく変化します.プリント基板の場合は最も効率的に銅をとかせるケースといえますが,それでもそのくらいの時間がかかるということです.

なお,塩化鉄でおこる反応は
2 FeCl3 + Cu → 2 FeCl2 + Cu2+ + 2 Cl-
また溶液はかなり強い酸性で,わずかながら塩酸蒸気を発します.とくに加温して使うときは換気に気をつける必要はあります.

酢酸ではダメですね.
私も塩化鉄のエッチング液を薦めます.
エッチング液はサンハヤトからアマチュアの電子工作用のものが後処理用の薬剤もついて売っていますので,それがいいでしょう.

エッチング液の中味は要するに40%くらいの濃度の塩化鉄(III)です.薬品の入手ができるなら自分で作っても問題ありません.後処理は考えてください.水道に流したりはできません.

ちなみに銅版画のエッチングは硝酸か塩化鉄です.なので画材店でも手に入るでしょう (後処理用の薬剤も売っているかどうかはわかりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報