AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

DENON トーンアームDA-307用の軸受け部のねじを切ってしまいました。
DENONに問い合わせたところ、ねじを入手することはできないとのことでした。
ねじの入手方法をご存じの方、または代用品をご存じの方教えてください。
ねじは直径6ミリのナットの中を通っています。
切れていない方のねじの画像を添付します。

「DENON トーンアームDA-307軸受」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

・DENONにネジの規格(材質・寸法など)を教えてもらう



・ネジを多く扱っている店を探してみる。
例 http://tsurugacorp.co.jp/shopping/?gclid=CKves9T …

・それでもなければオーダーメード
例 http://www.oragamachi.jp/baibai/urawasyoukou/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DENONに問い合わせてみました。補修部品はありませんでしたが、ネジの寸法がわかりましたので、市販のネジで代用できます。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2012/04/03 22:46

3mmのJISネジはねじ込めますか?ねじ込めたらステンレスの3mmキャップボルトを買ってきて先を加工するとか。

6mmのナットがロック用でしたら前記の方法は使えませんので普通のステンレスネジの頭を切って先を写真のように加工、普通のナットでロック。・・・以上は3mmのネジがねじ込めることが前提です。違いましたら前者さんの回答の通りですね。上下動のピボット部のネジと思いますが硬度が求められますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDENON DA-305:トーンアームの5P出力コネクタの配線について

お世話になります。
DENON DP-3700Fレコードプレーヤーに付けているトーンアームDA-305の5ピン出力コネクタの接続についてお尋ねいたします。
出力コードをSONY製の高純度OFC(無酸素銅)ケーブルに交換しました。
右CH(赤色)の+・-とセンターのアース(黒線)は既設配線を見ながらハンダ付けしましたが、左CH(白色)をつける時に+・-極性が分からなくなってしまいました。
外す前の記憶で一応ハンダ付けしましたが、自信がありません。レコードを掛けて音楽を再生して見たのですが、MCカートリッジで出力が小さく、昇圧トランスが
手元に無いので、音で確認する事が出来ず困っています。
どなたか5Pコネクタの接続極性が分かる方教えてください。

Aベストアンサー

#1 です。
失礼しました。
+ - が逆でした。


その隣がどちらも +
両外側が - になっています。


その隣がどちらも -
両外側が + になっています。

QSME 3009 impに適したカートリッジ。

マイソニック・フェーズテック・ベンツマイクロなど最近評価の高い高性能なカートリッジを使用したいのですが、所有するThorens TD320MkII / SME 3009 impに適した質量8g・針圧1.5g以下のカートリッジが無くて困っています。SMEのオプションウエイトを購入すれば質量14.5gまではカバーできますが1.5gを超えた適正針圧に対応する方法はありません。2g程度であれば気にしないで針圧をかけても良いものでしょうか。SME 3009 impのインサイドフォースキャンセラーの目盛も1.5gまでしかありません。そもそもオプションウエイトをつける事自体がSME 3009 impには好ましくないような気もします。その辺り、あまり神経質にならなくても良いものでしょうか。デノンのDL-S1や山本音響工芸のYC03SであればSME 3009 impに適した質量、針圧なので問題なく使用できますが、オールドファッションなのではと思いますが、如何なものでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。よろしくお願いいたします。

SME 3009 Series2 Improved ですか。よいアームをお持ちですね。ハイコンプライアンス用のアームを探している私としては、羨ましい限りです。

他の回答者の方もご指摘の通りですし、ご質問者様もご理解されておられると読んだのですが、SME 3009の各モデルの中でも、このアームと3009 Series3やSeries3Sは、特に軽針圧・ハイコンプライアンスカートリッジの専用アームと言わんばかりの性格にチューンされておりましたね。

トラッカビリティなんて言葉で称されるSHURE V15シリーズや、PEプリチャードが率いたADCやSONUSなどのIM型等、カートリッジの振動系パーツを徹底的に軽くしつつ、軽針圧でいかにグルーブを正確にトレースするか技術的にチャレンジしていた時代。MC型とは明らかに異なる特性を持ったカートリッジの性能を、針先から見た実行質量を減らす事によって十二分に引き出したアームと言えましょう。一時代の象徴とでも申しましょうか。


興味をお持ちのカートリッジが、すべて現代的なハイエンドMC型である事、拝見しました。できればこのアームで使えないだろうか? そのお気持ち、お察し致します。

ご質問者様のご懸念と同じく、ご希望のMCカートリッジは、ミディアム~ローコンプライアンスな特性をアーム側でも十分に引き出す事ができれば、それは素晴らしいサウンドになるだろうと考えます。また、3009 Series2 Improved も、軽針圧・ハイコンプライアンスカートリッジと組み合わせれば、それこそMCでは味わえない魅力を引き出す素晴らしいアームでありましょう。あまりにも正反対な性格。物理的な相性が何よりもモノをいう『カートリッジとアームの相性』から考えますと、両者のマリアージュは決して良好と言えないでしょう。

ハイレゾリューションデジタルサウンドが注目を集める時代、折角ハイエンドで贅沢なアナログサウンドを楽しまれるのですから、アームとカートリッジの相性をゆっくり再考なさってみてはいかがでしょう? 相性の合わない組み合わせは、暫しの期間は満足できたとしても、時期に相性と言う壁がある事をお気づきになってしまうだろうと思うのです。ご質問者様のお耳には、やはりごまかしは利かなかった・・・という事で。

ご希望のMCカートリッジをご利用であれば、他のアームを。このアームをご利用されるのであれば、他のカートリッジを。いずれも高価で素晴らしいものばかりですから。

差し出がましい口を利き、恐縮ではございますが、一意見としまして。


以下、参考までにコンプライアンスの分類例を記載致します。
-------------------------
【コンプライアンスと針圧の分類】
▼ハイコンプライアンス
コンプライアンス(針圧):50~25×10-6cm/dyne(0.5~1.25g)
▼ミディアムコンプライアンス
コンプライアンス(針圧):25~15×10-6cm/dyne(1.0~2.0g)
▼ローコンプライアンス
コンプライアンス(針圧):15~5×10-6cm/dyne(2.0g~)
--------------------------
▽DENON DL-S1の場合
コンプライアンス(針圧):14×10-6cm/dyne(1.3±0.2g)
⇒ローコンプライアンスに近いほうのミディアムコンプライアンス
--------------------------


以下は、過去の書物で『SMEのアーム』や『アームとカートリッジの関係』を記している文章です。今回のご質問を元に読まれますと、かなり面白い内容かと思います。なお、コンプライアンスのマッチングがとれない場合には、どのような事が起こるのかも記されております。なお、執筆者は瀬川冬樹さんだそうです。
http://audiosharing.com/people/segawa/keifu/keifu_28_1.htm
http://audiosharing.com/people/segawa/keifu/keifu_29_1.htm

上記の全文目次(第二章参照)
http://audiosharing.com/people/segawa/keifu/keifu_1.htm


では、失礼いたします。

はじめまして。よろしくお願いいたします。

SME 3009 Series2 Improved ですか。よいアームをお持ちですね。ハイコンプライアンス用のアームを探している私としては、羨ましい限りです。

他の回答者の方もご指摘の通りですし、ご質問者様もご理解されておられると読んだのですが、SME 3009の各モデルの中でも、このアームと3009 Series3やSeries3Sは、特に軽針圧・ハイコンプライアンスカートリッジの専用アームと言わんばかりの性格にチューンされておりましたね。

トラッカビリティなんて言葉で称されるSHURE...続きを読む

Qオルトフォンのカートリッジの魅力

オルトフォンのカートリッジの魅力
とは、どの様なものなんでしょう。

現在、「AT-OC9ML/II」と「AT-33PTG」を所有しています。
理由は安いからです。

そこで気になるのがオルトフォンのカートリッジです。
SPUシリーズは中音域の厚みが魅力的で、クラッシックをラックスマンのアンプとタンノイのビンテージスピーカー(スターリンなど)で鳴らすイメージがあります。

私の好みからすると、アナログならではの滑らかさは「AT-OC9ML/II」が得意で、「AT-33PTG」はくっきりした音だと感じています。

フォノイコライザーアンプはアキュフェーズのプリアンプ「C-2000」のスロットに「AD-20」を差して聴いています。

この組み合わせだと、オルトフォンカートリッジを使うには「AD-20」を取り出して、インピーダンスを切り替える必要があるので、使い勝手が悪すぎます。

もし、オルトフォンがスピード感を求めず中音域の充実だけが魅力的であれば「AT-OC9ML/II」で良いと思うのですが、LP再生はもっぱらオルトフォンという方がいらっしゃると聞くと、オルトフォンが気になって仕方がないです。

そこで、「AD-20」をもう1枚買って、ケーブルを差し替えて、オーディオテクニカとオルトフォンを使い分けても良いかな、とも思うのですが、さすがにカートリッジの試聴は出来ないので、気になって仕方がありません。

試しに買えば、と言われそうですが、オルトフォンは高額なので、購入まで至っておりません。

オルトフォンの安いMC型カートリッジはあまり買う意味が無いような気がするので、思い切って10万円単位のを買って、それ一本にしても良いかなと思っています。

聴くジャンルはバッハを中心としたクラッシックですが、時々フュージョン、ジャズも聴きます。

試聴出来ないので、もしオルトフォンでアナログを楽しんでいらっしゃる方がいたら、どんなところが魅力的なのかを知りたいです。

私にとってかなりの出費となるので、主観で結構ですので、その魅力を教えて頂きたいです。

オルトフォンのカートリッジの魅力
とは、どの様なものなんでしょう。

現在、「AT-OC9ML/II」と「AT-33PTG」を所有しています。
理由は安いからです。

そこで気になるのがオルトフォンのカートリッジです。
SPUシリーズは中音域の厚みが魅力的で、クラッシックをラックスマンのアンプとタンノイのビンテージスピーカー(スターリンなど)で鳴らすイメージがあります。

私の好みからすると、アナログならではの滑らかさは「AT-OC9ML/II」が得意で、「AT-33PTG」はくっきり...続きを読む

Aベストアンサー

高価なプリをお使いですね。しかもオプションのAD-20も6万くらいでしょ?
オルトフォンは高価と仰せですが、お持ちのアンプなどに比べれば微々たるものでしょう。

確かにオルトフォンはクラシック向きと言えます。往年のラックス(38FD)、タンノイ(IIILZ)との組み合わせはベテランのオーディオファイルをして「黄金の組み合わせ」などと言われていました。そう、いぶし銀のような・・・表面的ではない深く味わいのある、伴侶として長く付き合っていくことの出来る音です。

このカートリッジは所謂オルトフォン型と言われる高出力MCで(DENONのDL-103などもこのタイプ)、ヘッドアンプや昇圧トランスなしでもMM入力で使えます。音質・S/Nの点からもむしろMMダイレクトの方がいいでしょう。尚、ここが重要ですが針圧も重めで本体の自重もかなりありますから使用するトーンアームは限定されます。ヤワなユニバーサル・アームではダメでオルトフォン製かSME(3009、3012)がお奨めです。
また、ターンテーブルもガラード(301,401)やトーレンス、旧DENON(DP-3000)などがベストです。
やはり、このカートリッジを使いこなすには周囲機器もそれなりの格が要求されるのは仕方のないことかと。

現在、SPUシリーズは特別仕様のものばかりが販売されており軒並み高価です。AD全盛期にはオリジナルのラインナップが多数あり(SPU-A,SPU-AE,SPU-G、SPU-GT、SPU-GE,SPU-GTE)、値段も3万円台~(当時)でした。現在ではネットオークションなどでこの頃の製品を比較的安値で求めることができます。

高価なプリをお使いですね。しかもオプションのAD-20も6万くらいでしょ?
オルトフォンは高価と仰せですが、お持ちのアンプなどに比べれば微々たるものでしょう。

確かにオルトフォンはクラシック向きと言えます。往年のラックス(38FD)、タンノイ(IIILZ)との組み合わせはベテランのオーディオファイルをして「黄金の組み合わせ」などと言われていました。そう、いぶし銀のような・・・表面的ではない深く味わいのある、伴侶として長く付き合っていくことの出来る音です。

このカートリッジは所謂オル...続きを読む

QDIATONEのウーファーが硬い

この度視聴を重ね、DS-V3000を中古で購入しました。
視聴した時にはヴァイオリンの音が本当に生音のように聞こえ、心臓を打ち抜かれた程衝撃を受けました。
ただし、DIATONEの特徴?問題であるウーファーのエッジが硬くなっており、低音が思ったように出ません。
ネットで検索するとアーマオールを塗るとやわらかくなり、低音が出るようになるとか、
薬品を塗ると音が変わるから止めたほうがいいとの文章も見かけどうしようか悩んでいます。
買った金額も決して安くはないので、こちらで質問させていただきました。

私の希望としてはもう少し低音が出せるようにしたいと思っていますが、エッジをやわらかくすれば低音が出るようになるでしょうか?
もしくは素人が触らない方がいいでしょうか?

私の環境は
CDプレーヤー Marantz SA-7S1
パワーアンプ Accuphase A-50
プリアンプ Accuphase C-275
TAOCのオーディオボードとスピーカーベースを使用してセッティングしてあります。

良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

低音不足の一因はウーハーエッジの硬化であることは間違いないので
取り合えず処置したいところですね。
DS-V3000のウーハーは
アラミド3軸織布にゴムコーティングという凝りまくったエッジを採用してました。
他社比同社比でも採算性が悪そうで贅沢なエッジと言えます。

アーマオールの他にクレポリメイトが候補に挙がってきます。
これらはプラスチック・ゴム製品の保護つや出し、ひび割れ・硬化防止目的で作られた商品です。
前述のごとくゴムコーティングされたエッジですから
下手な薬品よりははるかに安全で問題なく使えます。
ただしV3000ウーハーのエッジに弊害は無くとも効果があるかは分かりません。
私はDSー77Z、200ZXに使用しエッジの軟化を確認、
弊害もなく低音も出やすくなりました。

Q軽量アームに重量カートリッジを取付け可能か?

Luxman PD444にStax UA-7とマイクロMA-505の2本アームです.満足してはいますが,なんとか念願のオルトフォンのMCシリーズでない,SPUのMCカートリッジを取り付けたいのです.良い方法はありませんか?アームをオルトフォンに取り替えれば良い,というのは考えていません.

Aベストアンサー

以前、UA-7を使用していました。
SPUは無理でしょう。カートリッジ+シェルで22gを越えると苦しくなりましたから。
30gを越えると動かないと言っていいくらいでした。
針が折れたり針先が取れるといけないのでお勧めしません。

MA-505(マイクロ DD-8)なら、29g楽にトレースしました。
30gこえてもいけそうな雰囲気でした。

QDENON DP-70M のスイッチ交換について

デンオン レコードプレーヤー DP-70M の修理をしようとしています。
45回転/33回転スイッチが接触不良を起こしています。
スイッチ取り付け基盤の半田面でスイッチ部分を短絡するとモーターは正常に回転する事を確認していますが、プリント基板に取り付けられているマイクロスイッチの型式などが判りません。
メーカーの特注品と思われますが代替え品等の情報をご存知の方からアドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

むかしデンオンのダイレクト・ドライブ・プレーヤを愛用していましたが、これとはちょっと違うタイプです。現物を見ていないので何とも言えませんが、メカ的なスイッチならタタクトスイッチを使っているのかもね(http://eleshop.jp/shop/c/c11205811/)。もっと平たくてペチャンコのスイッチならメンブレンススイッチってこともあるかな(http://www.indexpro.co.jp/search/search-ctg13.asp?bcode=100268)。


人気Q&Aランキング