親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

少々冷静さを欠いて質問しております。

現在、子どもたちの通知表に、所見を書いております。
なんでも情報公開の時代なので、なんともならないようなマイナス面は、書かないようにという指導を、いつも受けます。

悪いことばかり書くような所見では、確かにまずい。
万引きした子がいたとして、「万引きがありました」などと書くほど無神経な先生は、まずいないでしょう。

しかし、悪かったところ、短所の指摘を、あまりにぼやかしていては、こちらの真剣な願いが通じないような気がしてなりません。物はとらえよう、書きようですが、「こんな、オブラートに包むような書き方で、親が真剣に子どもに立ち向かえるものか。」と思うことがしばしばです。

指導要録や、内申書など、その最たるものです。
人を困らせたこと。力が育っていなくて、まだうまくできないこと。事件を起こしてしまったこと。公式文書には、書きにくいことばかりです。

これは、あくまでもその年の児童生徒の姿でしかないのに、書いてしまったら、その子の一生に悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

こういう所見を書くようになって、はや十数年がたちますが、いまだに釈然としません。まあ、今回もオブラートに包んでがんばりますが、やはり書くのはまずいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 もう教員をやめてしまったものですが・・。


 本来、保護者や次の指導者にその生徒のひととなりを伝えるという意味での所見は、もう滅んだと考えるべきですね。
 人間のいい面だけ、否定的なことは一切書くなという、今の文部科学省の指導に従えば、そうなるでしょう。
 だいたい所見などというものは、主観でしか書きえないし、そういう欄を作っておいて、後で内容にいちゃもんをつけるなんていうのは、本当に馬鹿らしい話だ思っていました。
 まぁ、根っこには、それをもとに裁判を起こしたりする風潮もあるし、一方教員側にも、「内申書に書くぞ」といって、もともとたいした影響力のない、所見というものを、指導の道具にしてしまった責任があるのでしょう。
 ですから、私は指導要録における所見というのは意味のない儀式なのだと思ってわりきっていました。実際知り合いのなかには当たり障りのないひな形を5つくらい用意して使っている人もいましたし、現状ならそれで何の問題もないと思います。
 一方内申書における所見は単純に担任が生徒のセールスポイントを書く欄だと思っていましたので、誠心誠意その生徒をほめるように心をを砕きました。そう考えれば、それは受験する生徒への教員側からのはなむけだといえるとおもいます。
 思うに世の中に向けて、所見などというものに左右されて人生が決まることなど、皆無なのだと、もう少し実体を知らせるべきだと思うのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

terupeさん、回答ありがとうございます。

terupeさんのご回答、お気遣いに感謝いたします。私もようやく、少し笑いながら、「そうだ、そのとおりだ!」と、振り上げたこぶしの下ろしどころを見つけたような思いです。

通知表、要録の所見は、(特に大きな課題を抱く子にとっては)無意味に等しい!

でも、そのことを、世の保護者には、知ってもらわないといけませんよね。重大なことなのに。

お礼日時:2003/12/23 18:18

それは、あいがとうございました,保育園から半分こないという理由で全くご覧にならない学校もありましたので、使っていただけたなら、うれしいです。


幼稚園からだと、障害の表現に苦慮ししてますけどね。彼を障害者というジャンルで書くか、健常児として書くかとか。

失礼しました。

この回答への補足

この場を借りて、改めて皆さんにお礼申し上げます。変なことを申し上げますが、質問を立ち上げた自分が言うのも何ですが、今回の問いかけでは、もう少し多くの方が、何か感じてくれるのではないかと、へんな期待(?)をしてしまったところがあります。

通知表を見る保護者の皆様って、いったいどんな気持ちで所見欄を読んでいるのでしょう。私は同業者のためか、わが子の通知表も、○の数より、所見の文を見てしまうのです。

でもこの文が、時には、本当に先生が言いたいことではなかったりするのですよね。

なかなか、割り切って書くのはストレスのたまる作業です。ありがとうございました。

補足日時:2003/12/28 20:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aozoraxさん、ありがとうございます。
読んでない学校も、きっとあると思います。あれを作るのには、本当に涙の出るような苦労をするのに。時々、まったくむなしいと思いたくなるときもありますよね。わかります。所見って、いったいなんだろうって。

お礼日時:2003/12/28 20:49

あまり、深く考えないでも良いのでは無いのかなあ?


大体、小学校では、幼稚園から送られてきた指導要録を、何通受け取りましたと校長名で、受領書を書きながら、即、綴って、倉庫行きでは無いですか。
幼稚園の先生は、若い先生が多いので、必死に気を使って書いているのにね!
絶対評価、相対評価の問題もあるし、タイムカプセルで20年後に通知表を本人が見たとき、結構、担任の先生も、俺のこと、解ってたんだなあ。と、同窓会で話せる程度に書くのが一番かなあ?本人が一番わかるからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aozoraxさん、再びありがとうございます。
いや、実は、もう書き終わった後ですので申しますが、それなりに、私なりに誠意を持って書いたつもりのものが、何度も、書き直し指導をされていたのです。この年になっても。

「良くも悪しくも、本人の成長を願ってのメッセージ」そうあるべきですよね。結果的におべんちゃらみたいにならざるを得なかった所見欄を見て、私は今日も自己嫌悪です。

ちなみに、私は、幼稚園からの所見欄を、穴が開くほど見ました。少しでもその子を知るための資料にならないかと。活用しましたよ。

お礼日時:2003/12/24 23:42

正直に書いた手製のものと、あたりさわりのない指導要録と2本立てで行くより仕方ないでしょうね。

子育て用の手製のメッセイジと情報開示用の記録事務文書ということでしょうか。どんなつもりで書いても、両親、祖父母、教育委員会と立場の違う人から、苦情をつけようと思えばつけれますからね。本人との間なら理解しあえる言葉でも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aozoraxさん、ありがとうございます。
私は若いころ、所見とは、担任がとらえた、その子の「おそらく客観的には、この子はこういう子ですよ」という姿を、できるだけ正確に伝えるものだと思っておりました。そして、伸ばすところ、改善させたい指針を示すところであると。

でも、そうではないようですね。
とすれば、親は、所見欄を見て、いったい何を思うのでしょう?きっと私も、aozoraxさんのおっしゃるような考え方で割り切っていかなければならないと思います。が、気の乗らない話です。

お礼日時:2003/12/23 18:11

そうですね。

文書を書く先生にとっては、その場限りのお話でしょうが…。書かれた方にしてみれば一生残るわけですよね。

親から、何かあるたび「あんたは、あの時は!」っていわれちゃうわけですね。ましてや公文書に書かれた場合は…。

事実を書けばいいというものでもなさそうじゃないのかな?と考えます。

親の本当に伝わるか?親書でご連絡されたら如何でしょう?生徒の事が本当にご心配ならそういう方法もあるのではないかと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PAPA0427さん、ありがとうございます。
まあ確かに、親が、または本人が、「それを見るたびに腹が立つ」というような所見は、望ましくないかもしれません。まして、それが、担任の主観であって、客観性がなかったとすれば。

親書。多くの先生方は、やっていることでしょうね。(もちろん私もしています。)やはり、所見で書けることは、限られている、と、割り切るしかないのかもしれません。ありがとうございます。

お礼日時:2003/12/23 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恐ろしい担任の先生に、「子供が怖がっている」と言っても大丈夫でしょうか?

小2ですがクラス替えがあり、この春からの娘の担任(50代の女性)がえらく恐ろしい人で、娘が心底怖がり学校に行きたがらず困っています。
毎日学校まで行かせるのが大変です。(去年までは喜んで行っていたのに)
それで、その担任の先生に、
「子供が先生に恐怖感を抱いていて学校に行きたくないと言っているんですが」と言おうか迷っているのですが、どう思われますか?
こういうタイプの先生は、親がそういうことを言うと、逆にさらに子供に当たったりするものでしょうか?

「今の子は甘やかされて弱い。厳しくしなければ」というのがその先生のポリシーだそうです。
私も最初のうちは、厳しくされるのもいいかもと思っていました。
周りの子でとても過保護な子もたくさんいて、先生の仰ることも、それはそうだと思うところもあったので。
(うちはとしごの二人兄妹で、私も世話に手が回らないところもあり、小さい頃から何でも子供に自分でやらせているし、過保護に育てたつもりはありませんが。と言うより単に過保護になどできない状況だっただけですが)

小2の娘は先生のことをとても怖がっていて、
「学校に行きたくない。先生がいつも怒っていて怖い。みんな怒られる。先生の目が怖い。」と言って大変なビビリようです。
もともと明るくのんびりした子だったので、最近の様子は尋常ではありません。
漢字の宿題も、「先生に怒られる」と言って必死で何度も何度も書き直して少しでも字が乱れると泣きそうになりながら書き直し続けています。
半泣きで消しては書き直し、消しては書き直しを何度も続け、1時間半もかかり1ページ。
傍で見ていても可哀想で、先生に無性に腹が立ちます。

50代の女の先生ですが、冷たい雰囲気、目つき鋭く、私も授業参観のとき、先生と目が合って思わずぞおっとするぐらいでした。(その時初対面でした)

来週、家庭訪問ばあるので、その時に、
「娘が先生のことをものすごく怖がっていて学校に行くのが嫌がっていて困っています」と言おうと思うのですが、はっきり言うとやはり失礼でしょうか?
子供が異常に怖がっているので、できれば先生が子供に与えている恐怖感について、ご配慮をお願いしたいのです。
でも、そのやり方で今まで30年やってこられたであろう先生なので、言ってもムダか、逆効果なような気もします。
とても陰険な感じの先生で、「あの先生は子供のことが嫌いだもんね」という噂のある方なので、親がそういうことを言うと、逆に子供に当たられそうな感じがして、言うかどうか迷っています。
やはり黙っていたほうがいいのでしょうか。
先生に直接言って子どもに当たられたりしたらますます子供がかわいそうなことになるので、学校のスクールカウンセラーに匿名で相談したほうがいいでしょうか?
それとも、何もせず、黙って我慢するほうが無難でしょうか?
アドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

小2ですがクラス替えがあり、この春からの娘の担任(50代の女性)がえらく恐ろしい人で、娘が心底怖がり学校に行きたがらず困っています。
毎日学校まで行かせるのが大変です。(去年までは喜んで行っていたのに)
それで、その担任の先生に、
「子供が先生に恐怖感を抱いていて学校に行きたくないと言っているんですが」と言おうか迷っているのですが、どう思われますか?
こういうタイプの先生は、親がそういうことを言うと、逆にさらに子供に当たったりするものでしょうか?

「今の子は甘やかされて弱...続きを読む

Aベストアンサー

PTA役員を長くしておりました。お気持ちお察しいたします。

まず、基本ラインとして「お子さんを守って上げられるのは保護者だけです。全力を尽くして守ってあげるからね。」というのが基本です。学校に対しては、一つの相手にというよりは色々な道からアプローチしてごらんになるのが有効かと思います。PTA、保健室、カウンセラー、学年主任、副校長、校長などの方々の中で、お話しやすい方からまず始めてはいかがでしょうか。

またお父さんが校長先生に面談をお願いするというのは、私の経験ですと学校側に対しては正式な申し入れという形になりますので、良い方法だと思いますが、効果がどの程度期待できるかというと、担任、学年主任、校長などの先生方の個性によるところもありますので、学校により、そのときによって色々です。

ところで、この事態をいくつかの面から考えていただきたいと思います。こういったタイプの先生は、一部の保護者には大変評判が良いということもあるのです。先生がクラス全体をしっかりと統制してくれていて、宿題もしっかり出してくれて、字もきれいに書くようになって・・・ということですね。また先生ご自身も長年こうした方法で指導をして実績をあげてこられたわけで、ご自分に自身を持っておられることが多いので、お話しする場合には相応の配慮が必要なのは言うまでもありません。

ここでさらに見方を変えて、お嬢さんの今後10年間ぐらいを考えてごらんになると、また別の視点も生まれるかと思います。この先生の元で普通に学校生活を送っておられるお子さんもたくさんおられるわけです。お嬢さんとの違いは何でしょうか?うちの子がおそらくお宅のお子さんと似たタイプではないかと思います。違うかもしれませんので、あくまで参考程度にとどめていただければ幸いです。うちの子は他人から見ると場合によってはちょっと「繊細すぎる」ととらえられかねない子で、「先生が自分ではなく他の子を大声でどなっているだけで、どきどきしてしまって、自分もきちんとしなければ、と非常に強く思ってしまう」という状況があります。字を丁寧にかかなければ、というのは先生ご自身は一般論として、あるいは別のお子さんにおっしゃったのかもしれませんが、お嬢さんはそれを「完璧に書かないと許されない」と受け取っておられますし「先生に怒られるのは大変悪いことで、先生に怒られないように完璧な字が書ける自分でなければ許されない、先生に期待された行動を完璧にこなして当然だ」といったとらえ方も見られますね。学校では、先生に怒られて、怒られたらそれを直す、そういう経験をするのが当然のことで、まったく先生にしかられない完璧な子で居ようと思っても難しいのですが、お嬢さんはそれは困ると思っておられるように感じます。先生に字が汚くてしかられても平気で「はい、次はもっとがんばります」って明るく言ってがんばる、というお子さんもおられるわけで、完璧でなくても大丈夫なわけです。

お嬢さんはこういうタイプの先生に出会ったは初めてで、こういうタイプの先生に指導されると萎縮してしまって、できることもかえって出来なくなるのだと思いますから、可能であればクラスを代えていただくなどの対応が必要かと思われます。でも一生親御さんがそのたびに対応していくわけにもいきませし、たとえば就職してこういうタイプの上司にあたる可能性もあります。実際はお子さんは成長するにつれて少しずつ慣れていかれると思います。そういう意味では今回のことは成長の一つの過程でもあると考えられてはいかがでしょうか。うちの子は小学生の時は大変で、先生がこわくて学校に行かないと泣いておりましたが、そのときは担任の先生にご理解をいただいて、少しずつ慣れていき、高校生になった今はそういうことは全く平気です。先生に叱られながらも、完璧を目指さず、自分のやりたいことをやって、安心して学校生活を送っています。中学の頃はまだそういう傾向が若干見られました。

だからといって、今回何もしないということではなく、しっかりとお嬢さんが満足する結果になるように各方面に相談されるのがいいと思います。

PTA役員を長くしておりました。お気持ちお察しいたします。

まず、基本ラインとして「お子さんを守って上げられるのは保護者だけです。全力を尽くして守ってあげるからね。」というのが基本です。学校に対しては、一つの相手にというよりは色々な道からアプローチしてごらんになるのが有効かと思います。PTA、保健室、カウンセラー、学年主任、副校長、校長などの方々の中で、お話しやすい方からまず始めてはいかがでしょうか。

またお父さんが校長先生に面談をお願いするというのは、私の経験ですと学校側...続きを読む


人気Q&Aランキング