もともと、過疎化の進んだ地域において、人数が少ないのと、40に学級だったクラスを、30人学級にするのでは、意味が異なると思うのですが、両方における利点と、不利な点を現在検証しています。
 そこで、全国連合小学校長会研究紀要を参考にしたかったのですが、H12,2月の学級規模についての記述がみつかりません。誰か、内容を知っている方がいれば、それを教えてください。また、個人的な意見もおねがいします。

A 回答 (1件)

こんにちわ。

私は教育関係に詳しいものではありません。それで私自信の観点での回答になるんですが・・・

子供の集団生活とか社会性、年齢などにおいて一番良い人数というのがあると、先生、一人に対し順応、また円滑にいく人数も関係することだとも思います。

>過疎化の進んだ地域において、人数が少ない30人クラス。
・メリットとして突然、大きな集団に突然出るよりも、ある程度の人数がいることで順応に対応する力を身につけられる。競争心が芽生える。
・デメリットとして、今まで知らなかったことちょっと悪い事なども収集してしまうかな??

>40に学級だったクラスを、30人学級にする
・メリットとして先生方の負担や子供たちに10人減な分目が届きやすくなる。
個性に合わせた授業が出来易くなるのでは・・
・デメリットは学校側にあるかもしれませんね。今まで40人のクラス2クラスが30人になったことで3クラスになたりするわけでしょ。教室の増設、教員の増員づるのはお金が掛かるわけですかね。

預ける側にすればメリットの方が大きい割合を占めるような気がしますが、預けられる側にはデメリットが大きいかもしれませんね。
私は本当に素人です。いろいろな法律などから、決められているのかもしれませんが昔に出来た法律を少しずつ改正していかないことには・・・だって、今と昔は違ってきているものね。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報