仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

ネットで検索すればいろいろな情報を獲得できるかもしれませんが
ここでも質問してみることにしました。

以前、ある勉強会で講師が「大学の先生になる為には本か論文を
ひとつ書かねばならない」とかおっしゃっていました。

大学にもよるでしょうが、何がしかの専門分野をしっかり勉強して
資料をまとめ、論文を作り、まずは非常勤講師として大学の教壇
に立つことは可能でしょうか。

口で言うほど簡単なことではないとは思いますが、このような方向
を検討するとした場合、諸般どのようなことを把握しておかねばな
らないでしょうか。

どなたかご教示いただければ幸甚です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

いわゆる企業人が社会科学系学部から非常勤講師を頼まれる場合には、勤務先を経由して依頼される場合と個人的に直接依頼される場合があります。



勤務先を経由して依頼されるという場合には、まず、勤務先が大学から依頼されるようなところ(ある種のブランドのある企業)であって、その企業の中で論理的であるなど大学で教える能力があると評価されていることが必要ではないかと思います。その際には、業界雑誌での解説でも何でもよいので、担当業務について論理的に書いた公表物があると有利になるという感じではないでしょうか。また、そのようなところでは、組織として大学から非常勤講師を出してくれるよう頼まれて、先輩から後輩に非常勤講師の口が引き継がれていくということもあります(私も在職中に、このような形で非常勤講師をしたことがあります)。


個人的に頼まれるという場合には、まず自分の仕事に関連する学問分野で、大学教員から実務家として一定の評価が得られているかということが重要だと思います。

大企業の役員を経験するなど業界の有名人となれば、論文などの公表物がなくても非常勤講師の依頼があるかもしれませんが、部課長クラスであれば、多くの解説などを書くなど業界の実態を論理的に説明できる能力があると大学教員から評価されなければ、非常勤講師の話も来ないと思います。

自分が担当した業務について業界誌などに多くの解説を書けるような立場となれば、研究会などで大学教員と顔を合わせる機会が増えて、大学教員との付き合いも多くなります。研究会などで議論をすれば、相手の実力が分かりますので、大学が誰か適当な人物を探している場合には、声が掛かるということになります。

さらに、企業人であっても、公表しているものが多く(私が昔聞いたところでは、最低でも10以上)、その中に学問的内容が含まれているものが相応にあれば、非常勤講師ではなく専任教員の話も来るようです。

ということで、企業等に勤務され大学で教えたいと思われているのであれば、まず、自分が処理した業務内容を文章化して、専門誌や雑誌などにできるだけ公表するようにするということが重要になります。その際には、業務上の秘密を保持しなければならないのは当然ですが、内容としては、単なる説明ではなく学問的な分析と言えるようにしておくことが望ましいと思います。

なお、あまりこのようなことをすると、忙しくて非常勤講師を頼むのは無理と思われることもありますので、「大学で教えたい」という意向を常々言っておくのがよいようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

極めて的を得た御指導御意見と理解しました。

重ねて御礼申し上げます。

お礼日時:2012/05/27 19:41

文系の実務経験者としての大学教員ですよね。

常勤ならともかく、非常勤でしたら
実のところかなりハードルは低いですよ。

私はある出版社で割とお堅い雑誌の編集者をしているのですが、よく取材したり寄稿
してもらったりする一般のサラリーマンの方にも、大学で非常勤講師を頼まれている
という人はとても多いです。
企業のネームバリューもそうですが、それよりもその人が携わってきた分野が大学側
が求めている内容と合致しているかが大きいようです。
例えば、エンタープライズ・リスクマネジメントやコンプライアンス、ITガバナンス
など、その時々の旬な(?)テーマで実務経験者が力を発揮しやすい分野が多いよう
ですね。

ただ、非常勤ですのでその報酬は驚くほど低く、多くの人が付き合い上仕方なくであっ
たり、定年後の保険としてだったりで引き受けているのですが。

実は、マスコミの人間も大学から非常勤講師を依頼される例は多いです。
私のかつての上司は政治系雑誌の編集長をしていたのですが、その頃からある大学で
非常勤講師を依頼されてアルバイトしていますし、知り合いの民放キー局のプロデュ
ーサーは、芸術系番組に長年携わってきたことから定年退職後には某芸術大学の教授
となっています。他にも似たような例は数多くありますが、いずれもその人の担当し
ていた媒体ジャンルの講師として頼まれていますね(当たり前ですが)。
あとは、もっと広くあいまいに「メディア論」で講師をしている人もいます。
ただ、個人的にはマスコミ出身の大学教員は身近なだけにその意義には疑問を持って
いますけど……。

とにかく、今のお仕事で「名を売る」のが一番の近道ではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

自分の思い・推測に最も近いご意見をいただいた
ように感じています。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/28 13:13

日本では大学の教員になるのには”教員免許”みたいな資格は必要ないはずです。

要するに、あなたを教員として必要とする大学があるかということだけてしょう。 ただし、新規に大学を作る時には、教員の構成と言うか、どのような人々を教員とするか、が認可の要素になるようです。 時々、色々な大学も”教員募集”が新聞や”ネット”にでることがあります。 その要項をご覧になられると、参考になると思います。 
一般的には、大学院博士課程修了、学会や専門誌での論文発表などを応募条件としているようですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

60歳前後からの新たな生き方として、某分野で
それなりの実力をつけ、大学の非常勤講師に限らず
様々な機会での「講師」として指導する立場での職業
の可能性は全くないことはないと信じてます。

要は真剣な努力と人脈を作る努力の双方かと
この質問の回答を読みながら再認識しました。

お礼日時:2012/05/27 13:28

小生、元教員・現役予備校講師。



大学の講師?
小生も一時期、 ”大学としての存在意義が怪しすぎる地方私大” の臨時講師だったが、一般教養でも『歴史学』系の講義をやっていた

もっとも、卒論は、「国際経済学」で、学士も経済学士に過ぎない
論文は、戦時国際法という極めて日本ではマイナーな分野で「足掻いている」程度である
(なお、海外での学位はあるが、伏せているので知る人が日本いるとは到底思えない)

>ある勉強会で講師が「大学の先生になる為には本か論文をひとつ書かねばならない」とかおっしゃっていました。

そのような条件である大学はあることは知っているが、そのような条件はない大学も知っている


>大学にもよるでしょうが、何がしかの専門分野をしっかり勉強して資料をまとめ、論文を作り、まずは非常勤講師として大学の教壇に立つことは可能でしょうか。


大学次第である

客員教授・臨時講師の類は、「客寄せパンダの講師(教授)」も多々いる。
ちなみに、非常勤講師は薄給。非常勤講師は兼業が当然だし、給与格差も大きいのであしからず

え?家族を養えるか?無理だよ。よほど有名であったり、兼業でそこそこ収入があれば別だろうが



>口で言うほど簡単なことではないとは思いますが、このような方向を検討するとした場合、諸般どのようなことを把握しておかねばならないでしょうか。

極論いえば、コネクションと人脈
大学次第の部分が極めて大きい話


以上
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2012/05/26 20:12

2番と3番です。


ところで質問者さんは、文系の大学の非常勤をご希望ですか、理系の大学の非常勤をご希望ですか。その辺でけっこう違いますよ。回答がばらついているのはそのためじゃないでしょうか。ここで回答しているのは、状況が悪い理系の人と、状況が理系よりましな文系の人がいますから。1番の人が「実務経験者がほしいというときは,このかぎりではないでしょう。」と書いていますが、「実務経験者」というのは主に文系のことを念頭に置いているのではないでしょうか。大学も少子化で人集めに大変ですから、アカデミックな実績が不足していても、ちょっとでも人が集まりそうな「文系の」実務経験者を講師を呼ぼうとするでしょうから。慶応のSFCなんかは、いろいろな人が教授に呼ばれて、会社やNGOの人が、一人1回つづ招待講演をしている講義もありますよね。言葉を甘く解釈すれば、そうゆう招待講演をする人も、ある種の非常勤講師ですよね。

「正規の」非常勤講師なら、理系はみなさん書いているとおり、非常に厳しい状況です。文系は最近、助教でも博士号が必要になりつつあると聞きますが、自分の知り合いでも、単位取得後退学(博士号をとらないで単位だけとって終わる人、実質修士卒ですが、博士号相当の扱いを受けます)で私大で文系の非常勤講師として働いている人は複数います。

ま、社会人のうちに、あちこちの学会で講演とかして顔を売っておくことですね。意外なところから声がかかるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

私が考えているのは明らかに「文系の大学の非常勤」です。

詳細には御説明しかねますが、企業経営に大いに関係する
分野であり、調べてみると、諸々の大学の文系学部の某分野に
そういう課程はあるところもあるように思います。


とある組織で某資格を取得されてる方が、出身大学から
依頼を受けて、非常勤講師として、年間の授業を受け持たれた
事例があります。

もちろん、相応の実力と信用力、運などもある事例だとは
推測されます。

はなから、不可能と諦めることもないと考えてます。

お礼日時:2012/05/26 18:05

訂正と補筆。



>旧帝大のドクター

旧帝大をはじめ,難関国立・私立大のドクター

>内々に「捨て子」をもらい受けてくる

だから,「おいらは指導教員の愛弟子で就職も世話してもらったんだぞ」などと喜んでいると,同輩から「バーカ」と冷笑されることもあるのですね。そういう怖い世界であることを知らずに,「指導教員の縁故」を言う人がけっこう多いです。
    • good
    • 0

No.5の方は,だいぶ(時代的に?)ずれてますね。



>他の方は勘違いしてるけど、講師や教授になるのに学歴はいりませんし学術論文はいりません。友人が2人ほど助教授や講師をしてます。

そのご友人が在職する大学・学部,および専門分野を書いていただけますか?

>またこの期間が長くなるので博士を取る前に中退する人が多いです。
「群馬大で助教授の枠が空いてるけど、オマエ今の大学を中退して行かないか?」みたいな先輩の誘いがあるからです。

むかし,なかなかドクターを出さなかった時代は,「単位取得退学」という経歴がありました。ぼく自身がそうです。しかし,現在は公募制がゆきわたり,かつ,職にあぶれた博士が多いので,その応募資格に「博士または同等の研究業績」が求められることが多いです。いまだドクターを出さない文系では,「修士」にトーン・ダウンする例外もあります。

群馬大学は国立大学なので,公募制をとっているはずです。公募をかけない教員採用を発議しても,学部長も大学執行部も認めません。群馬大学なら,大学入試では人気がいまいちかもしれませんが(笑)公募をかければ旧帝大のドクターが50人くらいは殺到するでしょう。そういう戦線を勝ち抜くのは,かなりの実力者です。

よっぽどひどい大学で,公募してもだれも来てくれない場合には,研究者を生産している大学から内々に「捨て子」をもらい受けてくることもあるかもしれません。市場では値がつかないような不良品を。

>日本の場合は論文発表数も博士号もあまり大きなステータスとはなってませんので、

いいえ。昇任人事の際には必ずチェックされます。論文数が少ない教員の昇任は,これまた学部長が認めません。学部長が認めないと,人事委員会を立ち上げることも,教授会にかけて審議することもできません。年功序列も崩れていますので,その人は万年講師となります。

また,多くの大学が大学院をもっており,授業を担当できたり(いわゆる「合」),学生の指導教員になれなければならない(いわゆる「マル合」)ため,学位が必要です。

>こういう枠は公募前の個人的な推薦で決まることが多いので、単純な能力だけでなく、人格や相性も重要です。

公募であっても,人格は面接で,教育力は模擬授業で確かめます。むしろ,上述の「捨て子」のほうに,問題人物がいる可能性が高いのです。みなそれをよく知っており(過去の縁故採用者には苦慮しており),だからこそ公募で高いハードルを設けて,いい人を採りたいのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

NO5の方の補足にも書いたのですが、実のところ
質問の主旨は、実務を経験してきたビジネスマン又は退職者が
相応の努力と信用力を確保して、専門分野で大学の教壇に
立つことができないものかといったところです。


更に詳しく書くと、私立大学で、しかも、そこで非常勤講師
のみで当人は生計を営む訳でもなく。
60歳以上の人であれば、現役時代ほどの経済力を望む必要も
薄いでしょう。あるに越したことはないですが。

そういった事例は、私の知人にいる訳ではありませんが、
諸々の情報からはそういった人物が浮かび上がります。
難易度は別としても、夢という程のものではなく、
充分、可能性を見出せるものではないかと考えてます。

コメントをいただければ幸甚です。

お礼日時:2012/05/26 17:56

他の方は勘違いしてるけど、講師や教授になるのに学歴はいりませんし学術論文はいりません。


友人が2人ほど助教授や講師をしてます。

いちおう
大学4年
大学院修士2年
大学院博士3年

あります。通常、修士を出ているのが望ましいとされます。
まともにやってれば修士は2年で修士論文の提出が受理されて卒業できます。
その後博士に進みますが長い人は3-8年も研究をします。
ここの博士論文は、学会で発表できるレベルのものを求められますから、けっこうハードです。
またこの期間が長くなるので博士を取る前に中退する人が多いです。
「群馬大で助教授の枠が空いてるけど、オマエ今の大学を中退して行かないか?」みたいな先輩の誘いがあるからです。

欧米の場合は教授になるなら博士号を持っているべきだと考えられていますが、
日本の場合は論文発表数も博士号もあまり大きなステータスとはなってませんので、博士に在籍しておいてお呼ばれがあったらすぐにそっちに行くケースが多いのです。
で、学生ですので、どうしてもお金はかかるので貯金や奨学金は必須ですね。

こういう枠は公募前の個人的な推薦で決まることが多いので、単純な能力だけでなく、人格や相性も重要です。
講師の枠は、自分の経歴や推薦書を書いたものを方々に出して受かる落ちる、と言う感じです。

本来は研究一本で評価が決まるべきなのかもしれませんが、実際には違いはつきづらい以上、やはり学歴や営業力も大事なようです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

質問そのものにあまり細かな条件等を書いていなかった
ので、他の回答に違和感がある訳ではありませんが、
この回答が現在のところ最も納得しています。


質問を更に詳細に説明すると、現在、社会人として何がしかの
職業に就いている人、あるいは、定年カウントダウン、
もしくは定年された方が、現在の、あるいはそれまでの
実務経験をベースに大学で非常勤講師として教壇に立つ
という事例は少なからずあるのではないかと推察しています。

(諸々の著書に、著者の経歴で○○大学非常勤講師と記されて
いる事例は珍しくありません。もちろん、相応の実力を備えた
方々だと思います)

そのような方がどういう経緯でそういう立場を獲得されたのか
これはもっと質問の仕方を変えて、改めて質問した方がいいのかも
しれないと思いました。

もしよろしかったら、改めて御教示いただければ幸甚です。

補足日時:2012/05/26 15:01
    • good
    • 0

まず、大学の非常勤講師であっても、大学院を出て博士号を取得する必要がありますので、博士号を取得する時点で、論文3本は必要になります。



博士号を取得し、大学に残ってポスドクなどのアルバイト的な地位でしばらく頑張り(1年~数年)、1年につき、2本程度の論文を作成し、ある程度実績を積んだところで、教授等の推薦でなんとか講師として壇上に立てるというのが一般的な方法です。おそらく1年365日のうち、350日は仕事をしなければならないほど、超ハードな日々が続きます。

運良く、空きポストがあった場合は、非常勤講師よりも地位が安定している助教等の立場で仕事が出来るかもしれませんが、今ではなかなかうまくいくことはありません。

今は、博士号を取得しても、大学教員への道は非常に難しいです。今回は教授への道ではなく、非常勤講師としての道なので、まだ可能性としてはありますが、その代わり非常勤講師だけではたべていけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2012/05/26 14:52

なお、本か論文と書いてますが、アカデミックな世界であまり認められていない本や雑誌に何本あなたの記事が出ようとも、犬の遠吠え状態で、学者先生にとっては、「ゼロ」本という評価です。

大学の先生になる評価の基準は、アカデミックな人たちに認められている権威ある雑誌に規定の本数以上、何本の論文が出ているかです(英文が基本)。たとえば、物理の世界では、Physical Reviewがそうゆう雑誌のひとつです。権威ある雑誌というのは、学者の世界でたいてい決まっています。

院生をしながら非常勤講師をする場合は、1番の人がお書きのように、審査は簡単なものと思われます(ただし、人脈が必要)。ただし、大学院マスター(修士)程度の人には、ほとんど声はかからないのでは?(非常勤でさえも、博士号取得予定の人もしくは博士号取得者であることが最低条件)

順を追ってなれるものじゃありませんから、どこかの指導教官の下、まじめに権威ある論文の本数をかせぎ、貧乏に耐えつつ、指導教官や先輩の天の声を待つことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

お礼日時:2012/05/26 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の講師になるには?

 こんにちは。40代前半の男性です。現在は公務員をしていますが、得意の英語を使った仕事に転職したいと思い、どこでもいいので大学の講師になりたいと思っています。非常勤講師でも構わないのですが、どういった方法を取れば大学の講師になれるのでしょうか。
 学生時代に教職課程を取っていないので教師の免許はありません。英語の能力はTOEIC950点くらいです。
 直接大学に交渉すれば、採用してもらえるものでしょうか。経験者の方も含めてアドバイスをいただけたらと思います。

Aベストアンサー

大学教員の募集は、公募で決まる事が多いです。公募は誰でも応募できます。でも、すでにコネで事前に勝者が決まっている場合もあります。

どーぞ。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorSearch?fn=4&dt=0&keyword_and=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&keyword_or=&keyword_not=&orgtype=&bg1=00001&sm1=00001&bg2=&sm2=&bg3=&sm3=&bgCode1=00001&smCode1=00001&bgCode2=&smCode2=&bgCode3=&smCode3=&jobkind=00003&jobkind=00004&jobform=&jobterm=&dispcount=50

TOEIC950点って凄いですね。大学教員には教員免許は必要有りませんので、質問者様でも問題は無いと思います。ただ、いままで研究者では無かったのでしたら(国研の研究者だったらゴメンなさい)、論文数などが重要視される業界ですので、その点、他の応募してきたライバルよりは不利かもしれません。

『非常勤講師』と『常勤講師』の間には、ものすごい差があります。40台前半でしたら、『常勤講師』になるにはちょっと歳を取りすぎているといえるかもしれません。『准教授』か『教授』の年齢です。非常勤講師なら、授業毎に担当を決めるだけなので、年齢はあまり考慮されないかもしれませんが、、、ただ、いつ契約を切られるかビクビクしていないといけないのではと思います。(はたして公務員から転職するだけの価値があるのかどうか・・・・)

大学教員の募集は、公募で決まる事が多いです。公募は誰でも応募できます。でも、すでにコネで事前に勝者が決まっている場合もあります。

どーぞ。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorSearch?fn=4&dt=0&keyword_and=%E8%8B%B1%E8%AA%9E&keyword_or=&keyword_not=&orgtype=&bg1=00001&sm1=00001&bg2=&sm2=&bg3=&sm3=&bgCode1=00001&smCode1=00001&bgCode2=&smCode2=&bgCode3=&smCode3=&jobkind=00003&jobkind=00004&jobform=&jobterm=&dispcount=50

TOEIC950点って凄いですね。大学教員には教員...続きを読む

Q大学非常勤講師の方はどう生活なさっているのでしょう

大学非常勤講師の方はどう生活なさっているのでしょうか?

大学非常勤講師の依頼があり、たいへん興味はあるのですが、それだけでは生活費に足りません。

わたしの場合は国語系の講義の依頼ですが、他に専門学校の講義も持っています。
ですがそれでもやはり生活はできません。
(SOHO的な仕事などで生活費の補填はしております)

一般に非常勤講師の方はどのような生活(具体的には兼業でないといけないと思うのですが)
をなさっているのでしょうか?

兼業をするにしても、講義時間の拘束もあるわけで、他のフルタイムの業務には就きにくいと思うのですが、どういう兼業をなさっているのでしょうか?

よろしければおおしえいただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、いろいろなケースがあるかとは思いますが。

実はA大学の専任教授だが、週5日・1限から5限まで25コマも授業を持っているわけではなく、週3日・講義2コマとゼミ2コマで、あとは卒論・修論指導……という人が、他の大学で週1日・2コマの講義を持っていることもあります。

また、専門的な知識があり、それを活かした仕事をフリーで請け負っていたり、民間企業に所属しているけど外部の会合に(いろんな会社のお偉いさんが集まるような物)に出席するような人が、「曜日・時間帯が決まっている、本業以外の仕事」のような感じの人もいます。

まあ、民間企業に所属している場合は、決まった曜日・時間に大学で講義をすることが許可されるような会社でないと無理ですが、大学の非常勤講師が出来るくらいの専門知識と経験があるお偉いさんってことで、「そんな事をしてたら、本業をやってる暇がないだろう」という忙しい若手ではない事もあります。

Q論文数さえあれば、教授や准教授になれますか?

教授や准教授になるためには論文数が最低でも20~30は必要という話を聞きます。
でも逆に言えば、これだけの数の論文を出していれば、
どんなに若くても教授や准教授にアプライ出来るものなのでしょうか?

分野にもよりますが、有力研究室に在籍して
博士課程3年とポスドク2年を、学会発表もせずにもくもくと研究だけしていて、
且つ運も重なれば、論文20~30本程度の実験データを出すことは不可能ではないと思います。

例えば、助教や講師といった経歴がなくとも、論文数さえ他の人よりもずば抜けて多ければ、
教授や准教授の公募に通ることは現実的に可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りというだけのことで、それ以上50本ある人も100本ある人も「50本100本(50歩100歩)」ですよ。

学会発表もせずに、と書かれておりますが、学会発表は大事です。研究者間で評価が固まってくるのは、多くの人が注目しているテーマを学会でずばっと発表し、雨あられのような質問を名答で返すような人です。或いは同業者の発表に対して鋭い質問を浴びせる人です。公募のコネは学会で作れ、と云うほど、学会で自分の名前を売り、認めてもらうことは重要です。特に国際学会は重要です。

公募はいまでも、半分以上は「この人を採りたい」と云う候補が居て出されるものだと云われています。「この人を採りたい」と云うような人物であることを学会で大いにアピールされればよろしいかと思います。論文数は足切り最低限程度あれば他の人よりずば抜けていなくてもよろしい。

私の業界では、テニュアトラック制度により、20代で准教授になった人はいますね。30代で教授になるような気がします。これも採用の経緯としては論文数がずば抜けていたからではなく、3本程度の論文の質が認められ、かつ学会での聡明な発言、真摯な態度が業界で広く知られていたからです。

我が国も実力・成果主義が導入されてきてはいますが、あんまり若いと、「教育の面で実績が不足している」だとかいちゃもんつけて跳ねられると聞いたことがあります。

論文数というのは、純粋に数そのもので競わせるのではなく(数だけ出すのは、聞いたことも無いようなマイナー誌に出すとか、共著にたくさん入れてもらうとか、もはやテクニックの世界ですから)最低限ある程度の数が無い人は怪しいけれども、ある程度以上ある人はまあ問題無いだろう、と云う目安のようなものです。論文20本無い人は足切りという...続きを読む

Q女子短期大学で教員の募集

シンクタンクで研究員をしているものです。
ある女子短期大学で教員の募集があり、
応募してみようと思うのですが、
今大学は経営が大変なのでしょうか。
給与や福利厚生などもどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。

>研究者ではないということは、論文や、書籍を出すということがないと
>いうことでしょうか。

「研究者ではない」と言うのは、その大学・短大が自校の教員に『学生の教育』のみを求めており、『研究』を求めてはいないという状態の事を指します。つまり、研究費はほぼゼロ、研究会などへの出張もほぼ無理、論文を書く時間は休日のみ、という状態になるという事です。

一方で、担当授業のコマ数は一日一コマ以上。高校へまわって受験生集めの営業。企業へまわってウチの学生を採ってくださいという陳情等々、教育に付随する雑用が山のようにあり、平日に研究の時間なんてとれない状態の事です。

短大だけでなく私立大学でも同じような感じでしょうが、それでいても超人的なパワーで研究業績を重ねている人もいますので、一概に「研究が出来ない環境」とは言えないと思いますが・・・。ただ、研究をやりたいなら、あまり良い環境では無い事は想像に難くありません。

Q博士号なしで大学専任教員になるということ

現在、博士課程3年目です。諸事情により、博士号を取得できる見込みがありません。博士号なしでも、大学の専任教員に採用してもらえることはあるのでしょうか?やはり、非常勤講師しか無理なのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたが文系か理系か、あるいは医学系かによってかなり事情は異なりますが、すでに或程度回答がなされているように、今の状況では課程博士を取得するのは当たり前になっています。文部科学省では就職してからとる論文博士号そのものを廃止しようとする動きも見せており、今のうちに書いておかれるほうがよいと思います。
私は文系の大学教授ですが、院生のときは「文学博士なんて定年まじかの偉い先生が功労賞的にもらうもの」という風潮でした。しかし、いったん大学教員になってしまうと、たとえば大学院の学生が博士号をめざす場合の指導などに支障が出るため、40歳すぎてから論文博士をとりました。教育と研究をしながらまとめるのは大変でしたよ。
大学によっては、博士号を持っているとお給料がよくなるところもあります。絶対とるべきです。
もし、今の指導教授と相性が悪かったのであれば、院を修了してからほかの理解のありそうな大学に論文博士号を請求すればよいのです。

ただし、博士号を持っていたからといって、今の大学教員の道はほとんどないと思っていたほうがいいです。教授のコネなども使えなくなってきています。もちろん、実力があっても教歴がない、というだけではねられることもあります。
あなたは大学教員になりたいのですか、それとも研究がしたいのですか。今の大学教員なんて、雑用ばっかりで睡眠時間を削り自腹を切って研究するしかないんですよ。私は研究しかできないのでたまたま大学教員になりましたが、決して甘い道ではありません。
組織のなかで研究を続けてゆく、強烈な意志がないとだめです。

あなたが文系か理系か、あるいは医学系かによってかなり事情は異なりますが、すでに或程度回答がなされているように、今の状況では課程博士を取得するのは当たり前になっています。文部科学省では就職してからとる論文博士号そのものを廃止しようとする動きも見せており、今のうちに書いておかれるほうがよいと思います。
私は文系の大学教授ですが、院生のときは「文学博士なんて定年まじかの偉い先生が功労賞的にもらうもの」という風潮でした。しかし、いったん大学教員になってしまうと、たとえば大学院の学...続きを読む

Q私立大学の非常勤講師や准教授(助教授)の給料

私立大学、例えば関関同立クラスの大学の、
非常勤講師や助教授の年収は大体いくらくらいになるでしょうか?
詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常勤講師の場合、90分の授業を1回やって7000円から10000円です。年間30回なので1コマ20万円から30万円です。
それを週に15コマやって300万円から450万円になります。

准教授の場合、大学の専任になるので月給と賞与が支給されます。
だいたい若い方で32歳くらいで准教授になります。35歳の准教授なら国立で年収600万円、私立で800万円くらいでしょう。40歳だと国立で800万円、私立で1000万円ほどになります。
授業も1週間最低5コマほどを受け持つことが決められており、だいたい7コマほど授業を担当します。そのほか、学内の委員(セクハラ防止委員や教務委員・学生相談委員など)や入試・定期試験の試験監督、教授会などの会議に出席することになります。
非常勤講師に比べると収入ははるかにいいですが学内の雑務が増えます。また、国立より私立のほうがその傾向が強いです。

Q60歳で定年退職になった主人の就職先

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約500万しかありません。

貯金を切り崩すにはあまりにも少ない金額でどうしていいのか困っています。

今の家は2度買い換えて最初2回はマンション、そして一戸建てに買い換えました。
その、一戸建てが52歳の時です。

私は52歳から新たにローンを組むのは反対をしたのですが、マンションは価値が
なくなるし、ローンが終わっても管理費、修繕積立金、駐車場代がかかると言い
、それを信じて買い換えることにしました。

そして、今は会社がこんなことになるとは思わなかったと言っています。
危機管理が甘かったのではと思います。

私は、月10万働いています。多い時で20万くらいです。
でも、あと2年ぐらいで私も定年になります。


主人の仕事は会社の法務関係で顧問弁護士さんと動いたり、コンプライアンス(社員教育)をしていました。

司法書士の資格は持ってはいませんが業務は出来ていました。

そんな主人を見て信じて一戸建てに買い替えたのに、こんなことになるなんてという思いです。


ハローワークでも探していますが、60歳以上はなかなかありません。

どこかパソコンで見つけられるサイトをご存じの方、何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約...続きを読む

Aベストアンサー

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化しなくても、家の前に「…できます」のようなカンバンを出しておく。あるいは、資格がないので堂々とできないが、知り合いのもめ事を法律の知識を使ってアドバイス。もちろん再勉強はしておく必要がある。資格が取れたら、ネットでサイトを作るのも手。
4)飛び込みのように、いろいろな法律関連の事務所へ履歴書を送りつける。法律関連そのものはこれからも需要は伸びていくので、事務でもできる人は重宝される。だから法律関連の事務所の傘の下で手伝うようなカタチ。ただ最近は金のない所も多いから…
5)ネットの古本販売や、古物のオークションを試す。資格とか権利とかではないので、危険が少ない。自分が売る方なら、あまり気を使わなくてもいい。お客さんに誠実に対応していれば大丈夫。コツが飲み込めてきたら拡大策へ移る。さらに趣味などの目利きを活用できれば可能性は低くない。大した金にはならないが、とにかく見てみること。

 とにかく世間の先入観にとらわれないこと、自分自身のあらゆるモノに値段がついていると思えば、現金に替わるもの(身体なら肉体労働、知識なら、アドバイザー・コンサルタント、趣味ならネットに店を出す。)はどこにでもある。仕事をもらうのではなく、自ら創ってみるつもりで。

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化...続きを読む

Q教授になるにはどのような手順を踏めばよいか

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれると
勘違いしていたのですが、ポスドクとはなんですか?

教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で
働くとどこかで見たのですが。

あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になる
ことはできるのでしょうか?

失礼ではありますが、ホンマでっかTVの教授の皆さまは
優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

以上のように全く素人の無知ですが解答をどうかよろしく
お願いします。

駄文御免。

近いうちに進路のプリントを提出しなければならないので、
どうかお力をお貸しください。

私は、文学部の史学科がある大学に進学しようと考えて
います。

そしてもし将来やりたい事や仕事が見つけられなければ、
そのまま大学院に進学、教授になりたいと思っています。

しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学
出身の人でも教授になれるのかというところです。

というのは行きたい大学の教授陣が東大をはじめ、旧帝
のオンパレードだったので。

それと私は大学4年間と、大学院4年間で教授になれ...続きを読む

Aベストアンサー

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと思いますが、大学院は、旧帝国大学か少なくとも早慶レベルの大学院に進学された方がいいでしょう。(もちろん、分野によっては、一般的には無名でも早慶よりレベルの高い大学院もあります。)

> あと募集に関して自分の好みの大学を選んで教授になることはできるのでしょうか?
> 自分の好きな大学は選べないのかなと思ってみました。

選べません。一般の企業の就職とは異なります。選べるほど職の数がありませんし、定期的に募集があるものではありません。

大学教員は各大学(の学部・学科・大学院など)ごとに人数が決まっていますので、誰かが(定年退職や他大への転出などで)辞める場合か、新しい学部・学科をつくる場合しか、新しく人を採用することはありません。したがって、教員の採用は定期的にあるものではなく、必然的に倍率は非常に高くなります。一般的には、低くても数十倍から100倍は当たり前、大都市圏の大学であれば、数百倍になることもあります。

質問者様がバカにしたように「Fランク」と書かれているような大学でも、教員を募集すれば、一人の枠に対して、数十倍~100倍の人数が応募します。募集してきた人の中で、研究業績がトップレベルで、研究分野と教育分野(教育歴)が募集分野と合っている人が選ばれます。必然的に、どこの大学でも、教員は一流の大学院出身の方が多くなります。

> 教授の募集が来るまでポスドク、あるいは何とか機関で働くとどこかで見たのですが。

ポスドクの募集は主に理工系の分野でしかなく、文系のポスドクは皆無です。ですので、常勤の教員になれるまでは、非常勤講師や専門学校・予備校などのアルバイトで食べていかなければいけません。もちろん、アルバイトをしながらでも、研究は続けて研究業績は増やさなければいけません。当然、研究費は全て自腹です。そこまでして耐えて、運が良ければ40歳くらいで講師の職があるかもしれませんが、史学などは50歳になっても非常勤講師という人もいる分野です。

> 優秀であるのにFラン大学の教授をなされているので。

大学の学生のレベルと教員のレベルは必ずしも一致しません。無名大学にも、世界的に有名な研究者がいることはありますし、一流大学にも無能な研究者はいます。

テレビのバラエティなどに出ていらっしゃる先生方は、基本的には副業として出ていらっしゃるのだと思いますが、研究者として大成することはあきらめて、将来はタレント業をメインにしようと考えている方もいるかもしれません。
それに、テレビのバラエティで求められる能力は、研究者としての優秀さではなく、学者タレントとして素人に少し専門的なことをわかりやすく話すプレゼン能力ですので、研究者としての能力とはほとんど関係ありません。

他の方も書かれていますが、研究者というのは、特定の分野の学問を究めたい人が、将来に何の保証もなくてもかまわないという気持ちで選ぶ仕事であり、とても運がよければ、もしかしたら、大学教員になれるかもしれないというようなものです。
まだ、大学で専門的な勉強をしたこともない高校生が、将来の安定した仕事として考えるような職業ではりありません。大学に進学し、3,4年生になってゼミで研究のまねごとをするようになってから、改めて、もっと研究を続けたいかどうか、大学院に進学して5年以上研究して博士号をとり、貧乏でも研究を一生の仕事にしたいかどうか考えてください。

進路のプリントには大学進学だけと書いておけばいいでしょう。高校生のうちに、大卒後の職業など考えても無駄です。どの大学に行っても確実に何かの職に就けるわけではないのですから、自分の好きな分野に進めばいいのです。

大学教員です。

> しかし気がかりなのはMARCH、もしくはそれ以下の大学出身の人でも教授になれるのかというところです。

出身大学院は関係ありませんが、私大の文系の大学院は定員割れとしているところも多く、試験さえ受ければ、大卒レベルの学力さえなくても受かる場合があります。大学院は自分で研究するところですが、周りの研究のレベルが低いと流されて自分の研究のレベルも下がりますので、なるべく研究の(大学院生の)レベルの高いところに進学すべきです。
学部は中堅私大の出身であっても構わないと...続きを読む

Q大学の非常勤講師の1コマ(90分)分の報酬は?

私立の大学の学部で一般英語の非常勤講師をすると、1コマ(90分)分の報酬は税込み(?)でどのぐらいいただけるのでしょうか?

Aベストアンサー

3000ー5000円くらいじゃないのですか。
ただし、セコイ大学だと交通費がでなかったりとか、
いろいろ制約があるはずです。一般論としては、
知名度が低い大学、都心から遠い大学ほど、報酬は
高くなるはずです。

Qやっと、やっと助教になれた

僕の姉の夫は33歳です。姉は結婚しても働いていて、夫は3年間非常勤講師で食いつなぐ生活をしていたらしいです。同年代のサラリーマンの半分の年収ぐらいらしいです。
そして最近やっと夫が専任の助教に採用されたらしいです。やっと普通の生活を送ることができるということで親戚も呼んで家族みんなで宴会もしました(笑)
マンモス大学なのですが、大学教員は不祥事をしなければ終身雇用といわれていましたが実際はどうなのでしょうか?姉の夫はこれから安定した生活を送れるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教授に準ずる』という事です。ちなみに感じは準ではなく准です。

以前授業ができなくて、今はできるようになったのは、#4さんのいう助教授ではなく、助教です。

で、義兄さまの助教就任おめでとうございます。ただ、終身雇用というのは最近少なくなっていますよ。大抵『5年任期の再任1回まで』とかそんな条件がついている事が多いと思います。その間に講師か准教授になるために、研究業績を積んで、自分の大学で昇任を目指すか、あるいは多大の准教授公募に応募するか、、そんな感じになると思います。普通の会社員よりは大変でしょうが、最近のこの業界はみんなこんな感じです。

マンモス大学って事は私大の中でも名前が通っていると思いますし、そこの助教になったのですから、そりゃ家族・親戚でお祝いする事じゃないでしょうか。安定した生活かどうかは、もちろん任期制ならその心配はあると思いますが、教授になれる唯一とも言って良いルートなんですから、まぁそれぐらいのリスクはあってもいいんじゃないですかね。一般的に大学教員の社会的信用は高いので、任期制だからローン組めないとかそういった事は(今のところ)無いようですし。

#1さんと#4さんは勘違いしおられるようですが、制度上は現在、『助手|助教→講師→准教授→教授』というキャリアルートです。最近改定になりました。

旧助手が、本当に補助的な事しかしない助手と、授業もできるようになった助教に分かれました。基本的には助手はあくまで助手で研究者・教育者では無いという位置づけになりました。助教は大学研究者が最初に付く職です。

旧助教授は准教授になりました。これは英語での表現と近づけるためにこうしたという事です。つまり『教授を助ける』のではなく、『教...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報