【お知らせ】カテゴリの見直しについて

先日、電車の中で若者の携帯使用を注意している40代くらいの会社員のかたが、逆切れした若者に殴られているのを見ました。

すぐに回りの人達と、僕で駅員に通報して、事無きを得ましたが、とても人ごととは思えず、「逃げるが勝ち」といいつつも、どうしても身を守るときはあるんだなと護身を習うことを決意しました。


といっても、34歳のオジさんである私、、格闘技なんて大学生のときにならっていた、剣道初段くらいです。。候補として、少林寺拳法・合気道・テコンドー・空手・ボクシング・キックボクシング
などを考えているのですが、体があまり強くない私としては、練習の怪我で翌日の仕事に影響がない練習をしたい希望があります。

どの格闘技が、 「へたれサラリーマンにも、無理なく学べる」でしょうか?
どなたか、練習などしていて詳しくしっているかた、
あなたのお勧めを教えてください。よろしくお願いいたします。

補足ですが、あくまで護身で、絡まれたときに相手を無力化できれば目的は達せます。
理想的には、10秒ほど相手を無力化して、そのうちに逃げるのを目標にしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

絶対的にお勧めは、ブラジリアン柔術(BJJ)です。


30代で始めた人も多くいます。

僕自身は、剣道、フルコン、キック、テコンドー、グラップリング、ブラジリアン柔術などの試合に出た事があります。
趣味として合気道も習いました。

上級者とも楽しく練習が出来て、なおかつ、上達した場合に新しく入って来た人にまず負けず、なおかつ、いざという時に身を守れそうなのもブラジリアン柔術です。180cm70kgくらいの素人がやってきて、相手が本気の本気でスパーしても、簡単に仕留める事が出来ます。
雰囲気の話をして申し訳ないですが、打撃系のジムはぎすぎすというか、怖い人が何人もいて敷居が高いです。
合気道は技としては大変優れていると思いますが、実際に使える人はほんの一握りだと思います。

UFCなどのノールール系の格闘技でBJJの技術は必須です。実用性はばっちりです。

練習も、心地よい疲れはありますが、尾を引く痛みはありません。

一度見学してみてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ブラジリアン柔術、かなり調べて見ました。
掴みに入ったら最強ですね、いまキックボクシング、ブラジリアン柔術かで迷っています。
YouTubeなどで、本気のストリートファイトを沢山みたのですが、ほとんど打撃戦で、実践では打撃戦なのかな~と思ってきてます。

お礼日時:2012/06/20 07:02

喧嘩芸 骨法 堀部正史著



昔の本ですが、この本を買って読むだけで
喧嘩のなんたるかがわかります。
読むだけでも強くなりますので、
読んでみてください。

質問者様の意向に沿うと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。読んでみたいと思いました。

お礼日時:2012/06/17 15:48

キック、総合といった格闘技を長くやっており、指導員の経験もあります。



質問者さんにマッチした格闘術は、ジム通うまたは日々自己トレーニングで身につける
逃げるための脚力、逃げるが勝ちですね。

はっきりいって格闘技を学んだところで、よほどの技術を持たない限り喧嘩なれした若者には勝てません。
よく格闘技を始めて半年や1年程度で、それなりになったと勘違いするジム生がいましたが、格闘技の技術は所詮スポーツ、武道で精神鍛錬や人格形成にはよいですが、喧嘩という戦闘にはそれ以外の部分を必要とします。
それは「自分勝手にただ相手を破壊する暴力」格闘技を長くやり技術を得るとこれを捌く(裁くではありません)技術を持つので、多少の暴力には動じなくなりますが、質問者さんがこれを得るのは頑張っても40才直前でしょう。

故に絡まれてもダッシュで逃げることの出来る脚力を身につけ有事の際には遥か彼方まで逃げましょう。

虎と戦う軍鶏になるよりは、馬になりましょう。

恥ずかしいのは軍鶏なのに勘違いして虎と戦うことで、逃げることは大人として正しいトラブル回避です。
1人で2.3人の若者を殴り倒したところで社会人としては「いい年して」と馬鹿にされるだけです。
馬鹿にされている私が言うだから間違いありませんw

そして自身をヘタレと言える質問者さんならば、適切な状況判断で脚力が最高の護身術になるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一人であった場合、全力で逃げようと思いました。
ありがとうございます

お礼日時:2012/06/17 15:58

No.8です。

合気柔術・総合体術です。

えっと、相手が複数なのか、一人なのかを、まず

想定としておかないといけません。

確かに、柔術系は組み付けば圧倒できる可能性が高くなりますが、

複数相手だと、ほぼ戦闘能力として皆無です。

 #瞬間で落としたり、関節折ったりしなければね><

相手が複数ならば、空手ボクシング系の打撃でしょうが、

今度は過剰防衛や、先制攻撃も可能になります。


単純に護身だけ、護衛だけ というのであれば、

相手の数! をどうするかで全く変わります。


元来、一対複数を想定とした護身護衛術なんてのは、なかなかありません。

おそらくは合気術くらいでしょう。

だけど、それなりに難しいし、熟練度が必要かと。


逃げる時間確保!ということだけを、考慮して、一対複数として

固め業は危険でしょうね。

 #基本的に、護衛の方が大事ですので。この場合は。

 #自分が押さえ込んでいる間に、守るものがやられては何にもなりません!

ほんとだったら、極めたら折る! くらいの柔術でいいのですが、

それはさすがにまずいでしょう?


一応上げるとすれば、で。


キック。特にロー。空手の下段回しではありません。

キックのローです。

あくまでも足を狙ってください。 足をやれば、追いかけにくいことは必至ですから。

 #守る対象も一緒に逃げられるかな。


ボクシングの、フリッカージャブ。

これは当てるためというより、意識を上に向けるため。

ローキックを当て易くするためのけん制。

ついでに、距離測るのにもいいです。 ややバックブロー気味の方がいいと思います。


金的は避けたいけれど、どうしても人数が多いとか、武器持ちとか

そういう時専用として・・・。

蹴り上げ! ひざを上げて、足を伸ばすだけ。小さい動作で、まっすぐ蹴り上げる。

 #これは非常手段です!


こういう手なら、相手が一人でも、複数でも、そう関係ないと思います。


逃げるときは、400mを全力で走る体力と思ってください。

まず追いつける人間は少ないです。

 #守る対象をどうするか、これがすごく難しいですが。


一応、合気屋ですから。

胸倉つかんでくる奴いますね・・・。あれ簡単に解く手を。

多分相手は親指が上向きです。

(下向きで取ってくる奴は、「たすけて~」と叫んでください)

 #まずかなう相手ではありません。

手はどちらでも構いません。

片手で、相手のパンチを防いでください。出来れば、

顔の前まで、手を開いて一気に近づけて! 当てちゃダメよ。

自分の親指を、相手の手のひらと、胸倉の衣服の間に、「相手の体の向き」に入れます。

残りの手で、相手の手首より上(手首がつかめるくらいしか入っていないと外れません)を

しっかりとつかんで!

あごを引いて、真上に突き上げてください。服が破れるかもしれませんが

そういう場合でもないでしょう。

外れれば、後は簡単♪ 相手の手首まで手を下ろして構いません。

親指で、相手の手のひらを思いっきり押しながら、おなじく相手の手首を引いてください。

裏小手返しが決まっています。これだけで充分に痛いのですが、


自分の身体のほう、下方向に引っ張ると、さらに効果的です。

これは思っているよりも簡単です。

相手に殴られる前に、とにかく胸倉から手をどけるのが大事です。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的にありがとうございます。とても興味深く読ませていただきました、いま、キックボクシングが有効かなと検討しているところです。 走って逃げるのも前提に考えたいと思っています。 

お礼日時:2012/06/19 08:43

柔道、空手、ボディビル(格闘技ではないけど)がいいのでは。

私だったらガタイのいいやつ、餃子耳のやつ、拳ダコがあるやつとはもめたくない。相手にもそう思わせたら目的は達せられたも同然。はったりでもいいと思う。スキンヘッドにしておけばなお良し。

それでも殴られそうになれば、柔道の技、空手の技で対処すれば良い。しかしけがをさせると厄介なことになる。そこでもう一つのお勧めは握力を鍛えておく。リンゴを握りつぶせる位。そうすれば腕(手首)を持ってねじり上げる、髪をつかんで引きずり回す、耳を引きちぎる(くらい引っ張る気持ちで)、金玉をにぎりつぶす、などなど。これなら大けがはさせなくて済むと思う。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

握力って重要なんですね、ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/08 08:41

お礼に回答します



>ある程度、覚悟が必要ということですね。覚悟がだんだん出来てはきました。
構える必要は無いです。武道は女性でも出来る物ですし、入門当初から激しい稽古はありません。柔軟や基本練習でじっくりと基礎を作り、その段階で痛さとは?ダメージ軽減とは?攻撃を効かすとは?という感じでゆっくりと覚えていきます。ですので怪我は意外と少ないのです。

学ぶなら本部道場をお勧めします。本部というところには普通、卓越した指導力のある師範が居られます。人数も多く、組手相手と交流に困ることも無いでしょう。

武道に怪我は付き物といわれますが、試合でもない限り実際は油断した人でないと殆ど大怪我というのは無いです。そもそも怪我させる為の練習など無いのです。怪我をしては成長し難いものですので極力こういうことは無いように指導されています。

捻挫・肉離れ・骨折くらいからが怪我です。打撲は自身の受けの甘さと考えて取り組んでください。こうすると向上力が生まれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。もし習うなら本部に近い大きい場所で習いたいって思いました。ありがとうございます

お礼日時:2012/06/20 07:09

突きに対する顔面受けの準備も無く、中段の連打に終始するフルコン系はいけません。

伝統派なら、反則、または、注意を受けます。上段への受けを無視して間合いに飛び込むのは、禁止されています。実戦においては、顔面をまず守らなければなりません。中段の我慢比べは実戦で通用しません。

それにしても、格闘技を習うのは、断じて、止めましょう。
格闘技を習ったばかりに、危険な目にあったり、命を落とすことは少なくありません。
妙なプライドも身に付いて、何もやっていなければ、退ける所で退けなくなります。
高齢になっても、体力的な自信から喧嘩早く、他者に対して優しくなれません。

ですので、貴方は、二つの技を人知れず独自に磨きましょう。
まず、相手の眼球を横に払うフィンガージャブ。ヒットマンスタイルで、右下から左斜め上にスピーディに左手指が動きます。半身姿勢をとって、右手甲を左頬に添えたまま、インサイドからアウトサイドに左で眼を払い、即、退却しましょう。この時、ボクシングを練習しているように見せない為に、頼りなげに右でガードし、左も金的蹴りを恐れて下げているという雰囲気を出した方が得策です。よく、外人女性が襲われたりしますと、半身になって、右で顔面をカバーしつつ、左を下から突き出すでしょう。あんな感じですね。

次いで、脛への前蹴り。足指を反らせて上足底で、相手の出て来たところ(踏み込み足)をカウンターで蹴ります。下駄を履いていると一番効果が上がりますが、靴での指先蹴りでも相当な効果です。相手の踏み込み足が着地する瞬間にヒットさせるのがベストで、タイミングが良ければ、柔道の出足払いと同様に、相手は大きくコケますから、即、退却しましょう。サッカーボールキックではなく、下蹴りではありますが、膝を挙げる感じで蹴りましょう。金的蹴りを狙ったりして外しますと、相手の殺意を増長させるだけです。この前蹴り(下蹴り)も、素人が後ろによろけて、つい蹴っちゃったという感じになりますと効果的ですし、外した場合も、相手の怒りを必要以上に増大させないという利点があります。

以上、上と下の技を習得しておけば、急場の際にもOKです。
喧嘩の強い人は、相手の強さと言いましょうか、覚悟と言いましょうか、要するに、口先だけでない、命の遣り取り、死の覚悟の有る無しを瞬時に察知します。逆に言えば、自らが死の覚悟がある時、相手にも、それを求めます。ヘタレの自覚が有れば、一撃後の退却を旨とするのが正解です。取り押さえるなどという考えは止めましょう。ただ、足の遅い同伴者がいる場合もありましょうから、手首を掴んでからの「脇固め」くらいは習得しておいた方が良いかも知れませんね。脇固めで地面に押さえ込めば、警察が来るまで、取り押さえていられます。

ボクシングでのヒットマン・スタイルからのフリッカー・ジャブと、空手の基立ちからの前蹴り(中段)を毎日、各30本も、やっておきましょうかね。身体バランスに偏りが生じてもいけませんから、こういう練習は、左右やりましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。かなり参考になりました。毎日練習したいと思いました。

お礼日時:2012/06/20 07:18

格闘技経験者です。



>どうしても身を守るときはあるんだな
コレはすごく大事なことですね。どこの世界でもやられ損はします。こちらに何の落ち度が無くとも巻き込まれることはあるし、被害に合うこともありますので、それを回避する為には備えは必要です。誰かに守ってもらおう等というのは平和ボケ以外の何者でもありません。

武道(護身)は「知識」ですので教えてもらわない限り出来ることがありません。ですので他回答にある「やらないほうがよい」などというのはおかしな話です。巻き込まれない方法・巻き込まれたときの対処法などもすべて教えてくれますので学んで損は無いでしょう。

ただ質問者様の目的達成というのはありえません。体は年齢とともに劣化します。コレにより技術に衰えが出るので、少なくとも上を目指してやり続けなければ技術の維持は不可能です。何かの時の備えですので劣化は怖いものです。

何が良いかですが、実践を売りにしているところで、防具無しの直接打撃(フルコン・キックボクシング等)が一番実戦に近いです。痛さも覚えれます。これにより他への無闇な自主制御と暴力からの防御術が学べます。
実際に当てる・当たることを日ごろからやっていると、武器などにも対応は可能です。これは武道にある5つの防御法の「間合い」「見切り」「回避」が発達する為です。貰うと痛い攻撃は体が勝手に回避方向に成長するという事です。
寸止めやダメージ軽減の防具に守られているとあまり発達しない物ですので競技としては強くても護身では使えないものとなります。

因みにトラブルに巻き込まれた場合は、「自分の怪我<相手の治療費」くらいでやると丁度良いです。やられ損は精神的に尾を引きやすいので潰しておいて金で解決(殆ど請求されることは無いあっても数千円程度)のほうが良いのです。さっさとその場を去ったら掴まることも殆どありません。コレで掴まるようですと世の中から引ったくりは撲滅できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ある程度、覚悟が必要ということですね。
覚悟がだんだん出来てはきました 。キツイ稽古を覚悟して、
どうしても守るべきとき、自分や妻。子供を守れるようになりたいです。

お礼日時:2012/06/07 18:33

合気柔術系総合・体術です。

 もう長いんで。

39のおっさんですよ^^;

押さえた事は確かにあります。でもね、勧めない。

後半書かれているとおりですよ。


注意をする にしても、けんか腰だったり相手の状況を考えないと、

身を守る術だけではすまなくなります。

 #実際、σ(・・*)は別の人が注意をして殴られて、殴った奴を押さえたんだけど、

 #仲間がいてね、そいつも暴れちゃったんです>< 被害が広がった><


今の時代、誰も注意をしない時代が続いていたから、むちゃくちゃやるんです。

注意する側も気をつけないといけなくなっちゃった><


方法はないわけじゃない。何も直接注意をするだけが全てではありません。

駅員さんに注意してもらうでもいいし、集団を作って抵抗できにくい状況を

あらかじめ作るとかね。 #ホントはそんなこと考えなきゃいけないことがおかしい><


護身は、あくまで護身。手を上げられてから動くもの。

σ(・・*)が合気柔術だから、合気がいいかな?とは思うけど、

ビン入りのコショウを持っておく でもいいんです。

 #蓋を取って、全部相手に中身だけ飛ばして、顔にかける!

 #これは充分に時間が稼げます。

正当防衛なんてならない可能性が高いから、こういうのは安直には薦められない。


今の時代、難しいですよ。

身を守る術 を持っていて損はないけど、攻める道具になってはいけない。

自衛隊じゃないけど、専守防衛。それしかやっちゃいけない気がします。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とても参考になりました。
それでも、身を守る護身として習いたいと思いました。
将来子供が出来て、どうしても守るべき瞬間がくると思うので
そのとき、身を守る術が欲しいと思いました。

お礼日時:2012/06/07 18:31

 手を出すくせに護身なんて甘い事言うの? 相手と戦いになる状況に陥った時点ですでに護身では無くなっています。


 そういう相手を制するだけでいいなんて甘い考えだと返り討ちに合うのが落ちです。
 相手が武器を隠しているかもしれない、強いかもしれない、実戦慣れしているかもしれない、本気で殺しにくるかもしれない。 そういうのが全く判らないのに手加減(護身)って考える事が間違いです。
 手を出すからには相手を完全に叩きのめさないとやられます。

 で、少しでも手を出して相手が怪我すると平和ボケした日本人&日本の法律適用で、後日絶対に過剰防衛で捕まります。
 命の危険がある状況であったとしてもバカ共は手加減出来たって平和ボケした理論を振りかざし難癖付けて過剰防衛にしてくれますよ。


 時間を少しだけ作ればいいなら相手の指を一本逆に曲げて折るだけで十分。習う必要さえありません。
 えぐいのでもいいなら目を突くという方法や膝を踏みつけて砕く方法もある。
 学べるのはどれでも学べます。 使えるかは結局相手を完膚なきまで叩きのめす覚悟が出来るかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご忠告ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/06 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本当に実践的な護身術、格闘技を習いたい

実践的な護身術、格闘技を習いたいと思っているのですが、
なかなかどれを選べばいいのかわかりません。
あくまで実践で戦える、というのを念頭においています。
具体的には、

・打撃、関節技、組技、寝技など、様々なものができるようになりたい
(いろんな相手を想定しているため)
・武器を使ったものもあるほうがいい
(ナイフなどで襲われたときのため)
・格闘、護身、ストリートファイト

趣味や体を動かす程度というわけではなく、真剣に身につけたいと思っているので、
慎重に選びたいのですが、こういった条件でいい武術や護身術は
あるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形しか教えられません。それをどう組み合わせて応用するかはあなたのセンスによります。セセンスがなければ何をやっても使えない、センスが秀でていればどれでも使えるということです。
ジークンドーでも戦う相手は一人を意識することだそうです。以下に自分のテリトリーに引き入れるか、それがセンスです、なのでどの武術でも一人でも多数でも同じという事になります。

どの武術でもみなさん技しか見ていないですよね。違いますか?だから多数を相手に出来ないと思うわけですよ。
しかし真面目に武術を習っている人は判っているはずです。技で勝てると思っているなら本屋の本で習った人より弱いでしょうね。なぜなら最も大事な事は市販の本でも書かれているからです。
例えば剣道も一対一でしかないです。でも剣術では多数を相手にします。居合いの教本には図入りで書かれています。でもそれは剣道の本には文字でしか書いていないだけの話なんです。
さてそれが何であるのか。それが判れば先の「戦う相手は一人」も理解できるでしょう。それはテリトリーの問題でもあります。そしてそれはゴルゴ13でも同じことです。

でも勝つために覚えるならやめたほうがいいです。必ず負けます。
私には飲み屋で出くわすと地元のやくざさんの方が挨拶に来る師匠がいます。その人の教えは「距離を置くために使う」というものです。
物理的な距離、逃げる時間の距離、心理的な距離。それを作るのが目的だというのです。だからやくざさんでも一目置いて挨拶に来るのです。
外国人やチンピラは力にひれ伏しますけど、日本人や真のやくざさんは力ではひれ伏しません。そのことも覚えておくべき事です。それを力で抑え込もうとすれば気の休まる時間がなくなります。

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形...続きを読む

Qブラジリアン柔術は実戦では有効ですか?

格闘技を護身術として習おうと思っています。ブラジリアン柔術、キックボクシングが
良いかなと思っています。どちらも実戦では、強い有効な格闘技と思って絞ったのですが、
YouTubeで、本当のストリートファイトを見てみると喧嘩が始まると、二三発入れば、そのあとはボコボコにされて終わるパターンが大半でした。組みつく余裕などは実戦では、難しいと思ってきました。。。となると、組みつくまでがスタートとするブラジリアン柔術はあまり実戦的はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

狭い日本では喧嘩は胸倉のつかみ合いや至近距離でのにらみ合いから始まる事がほとんどだとよく聞きます。
これは組み技の間合いだと思います。
あとキックボクシングは才能である程度左右しますがBJJは誰でもやればやる程強くなるといいます。
あとキックは老いたら引退ですが、BJJは老いても続けられると思います。
ドランクドラゴンの鈴木はBJJ使いですがニコラスペタスの道場に道場破りにいくテレビの企画で3人抜きくらいしてました。

Q40代男ですが強くなりたいです。

40代男です。
ずばり強くなりたいのと体を大きくしたいです。
今はキックボクシングのジムなどを
探しているのですが、なにか良いスポーツはあるでしょうか?
池袋近辺のジムが理想です。

高校で柔道を授業で受けた程度で経験は何もありません。
ケンカをしたこともありません。

現在は3年くらい週1でジムに通ってウェイトをしているので
そこそこ体力はあるつもりでいます。

Aベストアンサー

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと
武器を持った相手と生きるか死ぬかの戦いを実戦といっているのか
リングの上で戦うことを実戦といっているのか

普通に暮らす人が極端な場面に遭遇する確率は高くはありません。
護身、強さといっている場合はまさにkimsunaさんの言われている心の余裕を
指している場合が多いのではないかと思うのです。
別にケンカや武器を持った相手を常に想定した強さを求める必要はなく、
心と体の平静を保てる強さを求めてもいいと思うのです。

私も40代になってから合気会系の合気道を始めました。
実戦だとか、護身だとか関係ないです。
心身の鍛錬になると思ったしなにより、それでも何かのっぴきならない状況に
陥ったときに、落ち着け、体が動かせるようになっていればいい
そう思ってです。それで十分だと思ってのことです。

合気道は役に立たないとか、型稽古ばかりなので意味がないと言われます。
それは、恐らく知らないからです。
私はまだまだですが高段位の方々は、それこそ力まず、ぶれず、常に安定して相手をさばけます。
力は要りません。
昔よくジムに通っていて筋肉量の多い私は逆にいつも「力を抜きなさい」と指導されます。
合気道は、どこをどうすれば相手を制圧できるか非常によく練られた武道です。
そういう意味ではお勧めです。
どんな状況でも相手を簡単に転がせる術を心得ている、それだけでも違うと思いますよ。
ですが、必ず相手との接触があってから始まる武道なので能動的ではありません。
空手その他攻撃を仕掛ける面での強さを求められるならそちらでいいと思います。

お互い40代、がんばりましょう。体力的には何の問題もありません

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと...続きを読む

Qケンカに強い格闘技は何だと思いますか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつけたり、金的にヒザを入れられます。

まぁあとは手に武器を持つ相手も多いですが、その場合は当然こちらも武器を持ちますが、スライディングして相手の足を両足で挟み込み身体を捻って相手を倒し、そこから打撃か絞めというパターンが多かったですね。

素人相手の場合は、下段か回転しての後ろ蹴りがほぼ確実に入るので、そこから畳み掛ければかなり簡単です。

ただ、一番強かったと思った相手は元相撲取りでした。
突進してきた相手に金的を入れようと思ったのですが、太ももが太すぎて入らず、こっちが吹っ飛ばされてしまい、こりゃやべぇと思い車に積んでいた木刀を持って来てなんとか勝ちましたが、かなり強かったです。木刀がなかったら負けてましたねw

まぁあとは複数相手の場合は、横蹴りや裏拳なども有効に使えるため、やはり空手が実践では一番有効な格闘技であると感じます。

このような経験から個人的には実際のケンカで強い格闘技は
空手・相撲≧キックボクシング>ボクシング>総合
と感じます。

みなさんの感想はいかがでしょうか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつ...続きを読む

Aベストアンサー

合気柔術系総合(うちでは体術と呼んでいます)です。

No.1さんと同じような境遇です。

空手や相撲は強いのはわかっています。

ボクシングももちろん強い。レスリングもアマチュアならね。

総合格闘技の選手でも、寝技以外に何か武器があれば(素手での)
 #それこそミルコのハイキックみたいなもの
かなり上に来ると思いますよ。

順列つけるのは難しいでしょうね、皆さんが言われているように。

条件次第で変わりますしね。

小言に聞こえるかもしれないけれど、ひとついいかな?

申し訳ないけれど、あなたは「相手に対する攻略法」をここに揚げてしまっています。

それは戦う相手にとっては有利な情報になる、これはわかってあるかな?

爪は隠すものですよ。もったいないな。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

Q40才から始められる武道

平凡なサラリーマンですが、自分に自信をつけるため武道を始めたく思っています。中年の素人がのこのこと加わっても、他の皆の迷惑だろうという気が強くありますが、しかし思い立った今始めたいです。近くのカルチャーセンターでは週1の合気道と月2の琉球空手があります。その他も探せばそれなりにあるとは思います。お勧めの武道や中年で始める加わる場合の注意点などありましたら教えて下さい。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは40歳からはじめれる格闘技ですが。それは少林寺拳法か剣道です!少林寺拳法は僕と一緒に父が42歳からはじめました。今4年間続けているのですが3段です。はじめる前はビールバラで腹もたるんでいたりしてのですが、今ではムキムキです。(笑)フルコンタクトや乱取りは基本的にないので怪我をすることもほかの格闘技に比べたら少ないと思います。少林寺では打撃の『剛法』関節の『柔法』整体の『制法』からなります。護身術としてもいいですし、人間的にも鍛えれると思います最近は結構いろんなとこに道場ができてきています。一度見学にいってみたらどうですか?
剣道は弟の剣道道場の先生は50過ぎから初めてという話を聞いたからです!
僕は柔道もやっているのですが、今からするのにはお進めできないです!

Q30代から始める武道

現在32歳で4歳児の父です。
将来、自分の身・自分の大切なものは自分で守れる程度の強さを身につけ、
また礼儀作法も身につけさせるため、子供になにか武道を習わせたいと
考えています。
ただ一方的に子供に習わせるよりは、その前にまず自分で経験しておきたいと
考えています。ゆくゆくは一緒に稽古したいとも考えています。

調べたところ近所には、合気道、少林寺拳法、空手(糸東流)の道場が
あります。
これらの武道の中で、護身に役立ちまた32歳、4歳児と幅広い年齢で稽古できる
武道はありますでしょうか?

ちなみに私はこれまで武道・格闘技の経験はありません。
32歳からでも始められ、また長く(年老いても)稽古できるような
武道を探しています。

Aベストアンサー

時間がかかっていますね。

礼儀作法について
精神的鍛錬とは、様々な精神面で賢くなる事で、忍耐力はそのうちの一つであり、突き詰めて忍耐力に行き着くというのは悲しいと考えます。
礼儀作法を身に付ける、という点に関して言えば、礼儀作法にきびしいか、礼儀作法がすばらしい人を探すと良いでしょう。道場主及び高弟の作法を基準にしてみては如何でしょうか。

「強さ」について
合気道なら、気の力を理解した上で型練習にもしっかり取り組めば、かなりの「遣い手」となることも夢ではない (練習に付き合ってくれる指導者であれば) のですが、一般の人や格闘技の方は「気の力?は?」って感じなので、気とは何かを前向きに理解しようとする心構えが必要です。理解と習得は別の話ですが、理解できるなら、合気道を強くお奨め致します。「気?馬鹿じゃない?」と感じるなら、お奨め致しません。

悩んでおられるのでしたら、そろそろどの武道を学ぶのか、決めても良いと考えます。「もうやる気が失せた」というなら、仕方ありませんが。

Q護身用に習うにはボクシングとキックボクシングのどちらがいいでしょうか?

護身用に習うにはボクシングとキックボクシングのどちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

キックボクシングです。
ボクシングと違いキックボクシングには肘うちや膝蹴りの優れたテクニックがあります。肘や膝は鍛えなくても固い部位で、十分な破壊力もあり(ボクシングは素手で使うと拳を痛めてしまう事が)特に首相撲という膝蹴りを入れるための技術があるのですが、上手くなれば大きな人も崩す事が出来るようになるため護身に重宝するでしょう。首相撲→膝蹴りのコンビネーションはKO率も高いので過剰防衛になりかねませんが・・。

Q実戦的な格闘技、武道は何ぞや。

格闘技を始めようと考えている、25歳社会人の♂です。

小さい頃から今まで、剣道をやってきたのですが(ちなみに4段です)、素手の徒手格闘に興味があり、格闘技を始めたいなぁと思うようになりました。

近所にはこのような道場があります。
I:防具付き空手道場(硬式空手)
II:日本拳法
III:伝統派空手道場(剛柔流)

三つの中から選ぶにあたり、大事な条件は実戦的であるということ。
剣道をやってきたのも自己鍛錬、また大事な人を守るための力が欲しかったからです。(最近はぶっそうですからね・・・)
襲われたとき偶然に竹刀を持っていれば・・・ということはまずありませんのでw
言っておきます。物騒な所へ近寄らなければいい!という意見はごもっともで、一番の護身術だと思います。しかしもしものことを考えての質問だと考えてください。

では本題に戻りますが、この三つの中で最も路上で力を発揮できる、複数人に襲われた場合に一番実戦的である。
また稽古内容、技が極めて実践的だと思う武道を教えてください。

皆様の意見を参考にしたいと思います。
是非とも様々な意見をお聞かせください!宜しくお願い致します!!

格闘技を始めようと考えている、25歳社会人の♂です。

小さい頃から今まで、剣道をやってきたのですが(ちなみに4段です)、素手の徒手格闘に興味があり、格闘技を始めたいなぁと思うようになりました。

近所にはこのような道場があります。
I:防具付き空手道場(硬式空手)
II:日本拳法
III:伝統派空手道場(剛柔流)

三つの中から選ぶにあたり、大事な条件は実戦的であるということ。
剣道をやってきたのも自己鍛錬、また大事な人を守るための力が欲しかったからです。(最近はぶっそうですか...続きを読む

Aベストアンサー

No.8ですが、なんか話が盛り上がってまいりましたが、

>>回答者様には申し訳ないのですがどうしてもボクシングが路上で使える一番とは思えません。ボクシングが使えないというのではないのです。フットワーク、初動作が隠れたジャブ。実戦的だとは思いますが、ひとつの技術に精通しているあまり、いろいろなパターンの攻撃に対応できるのかが疑問なのです。もし相手がナイフを持っていたら・・・突きの間合いですと刺される可能性はあります。前蹴りなどで間合いを測るのはどうでしょうか。

ナイフを出されて対応できる格闘技ってあるのでしょうか?
ボクシングに限らず、日拳、少林拳でも対応できないと思います。(練習はしますが)
あなたは蹴りで対応と考えているかもしれませんが、
確かに前蹴りで近づけさせないことは可能かもしれませんね。しかし上体が不安定になる蹴りは喧嘩では有効ではありません。

まぁ現状の日本ではナイフを持ち出しあなたに突っかかってくる確立はかなり低いでしょうが。

仮にもし相手がぶっ殺すという意思であなたに向かってきた場合は蹴りで間合いを取れるかもしれませんが、それならナイフに対する格闘技を身につけるべきです。(最初は複数人相手ということでみんな書いてあると思います)

あなたも興味がある、
少林寺拳法はナイフを使った想定もします。そして、
剛柔法はたしかに体系が取れており練習も楽しいです。
しかし、ナイフを持った対応は正直役にたちません。
また、血気盛んな若者がいない道場は型のみで終わりです。
フルコンタクト殴り合いはしません。

ナイフを持った相手を想定するのに徒手格闘を選ぶのは間違ってます。
ナイフを持った相手に近づくこと自体が無謀です。いかにこちらも武器を見つけるか、心臓を守るかになると思います。

それでも実はナイフを持った相手を想定する格闘技はあります。
日本武道傳骨法です。実際に現在の骨法はわかりませんが、ナイフを持った相手に対して実戦的に動ける技術を教えているみたいです。(本を読んだだけですが)
興味があればどうぞ。

話はそれましたが、日拳や空道ではどういう選手が強いかというと、ボクシングを過去にやっていたとか、レスリング部出身の選手が強いです。
何を意味しているかわかりますか?
北斗旗ルールでは何かに突出した技がやはり有効ということです。

また、実際の喧嘩をあなたはやったことがありますか?
20才を超えてまでやるやつはいないと思いますが(正当な防衛は別)
普通は顔が近づいてキスする位の近さから始まるもんですよ。
いきなり辻切りのように殴ってくるやつはいないです。
必ず文句があっていがみ合う内に始まるからです。
そして大体顔面に一発決まれば喧嘩は終わります。(知っての通り万が一鼻に一発決まれば相手は戦えなくなるからです)
また日本の喧嘩では倒れたら終りだからです。
倒れてからも必要に蹴りを入れるようなやつは喧嘩なれしていません。
そういう輩は大体仕返しや復讐されます。(相手が悪ければ)

わたしの経験上路上の喧嘩はそういう意味で
レスリング(柔道)、ボクシングが有効ということです。
飲み屋で喧嘩になればイの一番に鋭いジャブを打ってきたやつが勝ちます。路上で言い争いになって一発ぶん殴られても、いきなりタックルされたら防ぎようがありません。
実際防げなかったです(笑)

また、空道を創った東師範は極真時代には蹴7割手3割だったが、
実際のノールールにしたら蹴3割手7割になったと言ってます。
いかに蹴りが総合では上体を不安定にさせるかを物語ってます。

ここまで書いて相手を倒すという方法をみなさん書いてくださってますが、こんな戦いをしたら相手だけでなく、あなただって警察にお縄になりますよ。

もし殺されそうで、どうしても避けられない場合の戦い方は
私は一つだと思ってます。目潰をして相手を殺す。そこまでする覚悟があるなら、格闘技をやらないほうが強くなると思います。

みなさんが色々と書いてくださっているのでよく吟味されて選ばれると
良いと思います。

No.8ですが、なんか話が盛り上がってまいりましたが、

>>回答者様には申し訳ないのですがどうしてもボクシングが路上で使える一番とは思えません。ボクシングが使えないというのではないのです。フットワーク、初動作が隠れたジャブ。実戦的だとは思いますが、ひとつの技術に精通しているあまり、いろいろなパターンの攻撃に対応できるのかが疑問なのです。もし相手がナイフを持っていたら・・・突きの間合いですと刺される可能性はあります。前蹴りなどで間合いを測るのはどうでしょうか。

ナイフを出され...続きを読む

Q30代後半から始める格闘技で最適なものは?

現在36歳の男です。
タイトル通りなのですが、これまで格闘技の経験はないのですが体を鍛える(ダイエット)ためと護身術のために格闘技をならいたいと思っています。
特に試合をするとかは考えていないのですが、週に1,2度、仕事帰りに通いたいと思っています。

初心者でも比較的、入りやすい格闘技などがあれば教えていただけませんか?

Aベストアンサー

格闘技とは趣は違いますが40代になってから合気道を始めましたよ。
もちろん全くの経験なしでした。
最初は、前受身(いわゆるでんぐり返りに近い)をすると1回でフラフラきましたが
それも慣れるとできるようになるものです。
合気道は試合もないし、外面から見ると非常に理解しにくいのか、いろいろと言われる方が
多いのですが、どこかでお試しで実施に体験されるとわかります。
どれだけすごいものかは。

まずは体験されることをお勧めします。

Q習いやすくて強い格闘技ってなんですか?

格闘技を初めようと思っているんですが色々とあって迷っています。空手、合気道、テコンドー、少林寺、中国拳法(八卦掌、太極拳、)などなど。この他にもいろいろとありますが、何かアドバイスができる方がいたらお願いします!!ちなみに自分は高校2年で駅伝部です。格闘技の経験はあまりありません。

Aベストアンサー

大抵の格闘技は身長が高いほど有利という差別性を持っている、それが嫌なら少林寺拳法をお勧めする。
習いやすい、これがまず難しい。習いやすいと言うのは動作が単純でかつ、動作の種類が少ないと思うもの。
勝手な意見だが、無いと思われる。
強い、どの程度のつよさかな?護身?殺害?闘争心剥き出し?とにかく程度が分からない。強さのレベルを教えてくれ。
余談だが素手で人を殺す事は十分可能だ、喧嘩は殺し合いの延長線上にある事だけは忘れないでくれ。


人気Q&Aランキング