はじめまして。現在、注文住宅で建築中(2004/1/7着工)基礎まで既に出来あがっております。しかし、当初より担当者が新人のせいか問題が多発しております。まず、間取りの変更依頼をしても間違いが多く何度もやりなおし。1度、上司へ意見を述べたのですがその後も変わりなし。着工直前まで最終の間取り図が出来あがらず、土地に対しての建物の位置などもわからないまま期日が迫り、今日中に決まらないと4月末の引渡しが間に合わないところまできて間取りをfaxで最終確認。(2004/01/07)土地と建物の位置も確認したところ、間取りは間違いだらけ、それに庭が全くない!確認すると駐車場プラス階段部分(段差があるため)を含めると道路から4メートルは必要とのこと。もっと早くいってくれれば。。。車付けを道路に対して平行でなく直角に作れば庭が出来たのに。。。と不満ばかり。 仕方なく電話で上司にかわってもらい間取りの間違いを指摘し必ず直すように伝えましたが。それからよく考えたのですがどうしても納得がいかず全て1からやり直したいと決意し、申し出たところ完成までに間に合わない、基礎を作り直す金額をを負担してくれとのこと。こちらも納得いかない状態でokを出したのがいけなかったのですが今までの不手際を考えると追加費用を払う気にもなれません。現在、住んでいる家も4月末に引渡しがあるので完成が遅れればこちらが違約金がはらわなければいけないのに。。。本当は工務店を変えたいところですが銀行の審査をやり直していたらさらに完成までに時間がかかる為、なんとか今の所でやり直したいのですが追加費用はこちらで負担すべきでしょうか?その他、みなさまのご意見をお伺いできますでしょうか。また、相談できるような公的な機関がありましたら教えてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは!


大変な目に合われていますね!公的な機関でも相談に乗ってくれますので最寄の自治体に相談されては如何ですか?貴方が客なのですから言いたい事は言って納得のいく物を求めることは極めて当たり前のことですよ!お金を払っている訳ですからね!
但し、契約図書に沿った施工であれば文句は言えません。よく打合せをしなかったと言うことでしょう。
しかし、如何してそのような事になるのか良くわかりませんね!如何してそのような業者に施工を依頼されたのですか?
私も数年前に某大手メーカーで家を建てました。納得出来るように何回も打合せはしたつもりでしたが、やはり、ああしておけば良かったと、悔いることが出て来るのが住まいだと思います。その時は納得して契約をしたのですがね!とにかく泣寝入りだけはしないで納得の行くマイホームを!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。
一生に一度の高い買い物ですので
最終的には納得をして購入したいと思います。

とりあえず言いいたいことは言ったのであとはどのような
対応をしてもらえるか待ちたいと思います。

先程の方も契約図と異なっていたら・・・と書いてありましたがどの時の図面の事か分らないのです。
何度も間違いを直させたので最終的にはファックス&電話でのやり取りでした。

請負契約書の時点とは若干異なるので言いがかりを
つけてこの時と違う!といえばやり直し出来るものなのでしょうか。

お礼日時:2004/01/18 21:00

一点ご確認です。



簡単に言うと、流れは、
a基本図面作成(ここで間取りは決定)
b実施図面作成
c建築許可申請
となりaの段階ですでに間取りは決定していなければなりません。c以前であれば
変更は可能ですが、今度はbもやり直し又は修正が必要になり時間がかかります。
間取りの変更はいつの時点で要求されたものなのでしょうか?

建築許可申請を出した図面を承認しましたか?
その図面が最終図面です。それ以降は原則として間取りの変更は出来ません。
建築許可が下りないとそもそも着工できませんから、すでに建築許可が下りているはずです。
その図面(実施図面)を承認している、あるいは業者にお任せでご自身でのご確認を省略しているようですと(本来建築申請は業者が行うものではなく、ご自身が行うものです。ですから申請はご質問者の名前で申請が出されているはずです)、これはトラブルの原因となります。

外構については今からでも変更は可能です(建物の位置の変更は出来ません)。

解約、違約金云々の話は、事実関係次第で大きく異なります。
ただ、すでに着工を指示したとのことなのですが、そのときに建築許可をもらった図面をご確認していないということですね?
これはかなり厳しいです。

基本的には工事請負契約自体は設計変更については施主の責任とされます。その業者が建築確認申請したときの図面どおりに着工しているのであれば、かなりご質問者にも落ち度があるとみなされるでしょう。

一体基本図面作成から建築許可申請までどの位の時間で行ったのでしょうか?
通常3ヶ月は最低ほしいです。それくらいの分量にはなります。(業者の基本図面プランでよければ割と早く進みますけど)早く建築したいがためにあせって着工してしまったのではないでしょうか?

けんか腰では何も解決しません。まずは業者からいつ実施設計に着手したのか、いつ建築確認申請を出したのか、そのときの図面はどれなのかなど、基本的なところをお聞きになり、事実関係の把握を行うのが大事です。

担当者の技量が足りなかったのはご質問者にとっても不幸なことで、その業者の新人に対するサポートが不足していたのは問題ありますが、行き違いによるトラブルというのは単純に一方の責任だけに押し付けるのはかなり難しい話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなりましてすみません。
現在、担当者をかわってもらい話しをすすめています。
着工の許可の話しは言った、言わないの水掛け論になってしまうため、実施図面に関してはこちらが泣きを見る形となりました。将来的に不満を抱えそうですが今から裁判などを起こすほどの気力、お金、時間もありません。
その代わりにこれからの打合せに間しては全て口頭でなく書面でやり取りを行なうようにしてこれ以上問題が大きくならないようにいたします。

お礼日時:2004/01/24 12:37

通常家屋の建築及び請負契約の手順は概略以下のとおりと思えます。


個人住宅の場合で大手業者ではありません。
(1)総工費の予算立案「住居所在地・建造物の規模等」
(2)建築土地決定「購入価格の選定等」
(3)土地の購入及び測量「平面及び縦横断並びに道路に関する」
(3)建造物の設計「位置・構造・資材の仕様・費用等Etc」設計と建築は別業者が本来の姿。
(4)設計完了「完成図及び原設計見積」設計費用として原設計の見積費用10%程度必要。
(5)建築確認申請及び承認
(6)請負契約「瑕疵条項は必須」別途設計管理費用として10%程度
(7)着工「管理監督は設計業者に(工程毎に設計書とおりの施工か相違の有無)」着手金の支払「総工費の10~20%
(8)工事中に設計変更があれば施主、設計業者、建築請負業者で調整」設計変更に要した費用は全て施主負担「但し、原設計との差し引きをする」
(9)中間検査「施主と設計業者」総工費の50%まで
(10)工事竣工「建造物竣工検査(施主と設計業者で)」
(11)手直し箇所があれば手直しをする。
(12)建造物の引渡し「請負金額100%支払」となります。
ご相談の件は最初から間違っています、家屋を入手したいばかりの確認不測が全てか相談者の無知を付け込んだ業者の横暴です。
確認すべきは業者の現場監督者の資格「建築種別毎の資格」です・

間取りの違い?基礎が完了すれば間取りの変更「面積」は不可能です「用途変更は可」

後は契約時の条件の相違を確認して法的手段を執る事です。

この回答への補足

ご教授いただきありがとうございます。
法的な文面のため詳細は把握できないのですが
今後の論点になりそうなところは下記の通りです。
どのように対応した方が有利になるのでしょうか。

1.請負契約時とは図面が違うが契約後になんども変更したためなので今でも有効なのでしょうか。
2.最終図面の確認はfax&電話で行ない電話で承諾したが
本日中に承諾しないと引渡し予定に間に合わないという正確な判断が出来る状況ではなかった。
3.業者は以前から図面を送っいたというがこちらは受け取っていなかった
4.既に基礎が出来あがっており解体、再施工に100~300万程度の費用がかかる。
5.現在、住んでいる家の引渡し時期が間に合わないため買主に違約金(家賃)を払わなくてはいけない。
6.間取りの変更はあきらめるがペナルティーを課すことは出来るのでしょうか。

上記のあたりが今後の話し合いにあると思われます。
私としても担当者を早い段階で変更させるか、納得するまで基礎を着手させなければ良かったのですが今となっては後の祭です。
多少なりとも有利な条件で話しを進めたいのですが
弁護士もしくは消費者センターなど第3者をいれたほうが言いのでしょうか。
ただし最終的には早く家を完成させたい気持ちがあり長々と法的手段をとることはあまり考えておりません。
ご教授願います。

補足日時:2004/01/19 02:20
    • good
    • 0

中途半端な形で着工していますね。



通常は設計図がすべて完成し、納得して図面を受け取り、その通り工事が進んでいるかどうかをチェックします。着工後の変更は、たとえば風呂場にタオル収納の
棚を設けるぐらいのことしか修正できません。技術的に、納期的に変更できることは、勿論希望を聞いてくれるでしょうが一変更につき30万~50万単位で追加費用が発生します。基礎を変えるなどとんでもないことです。

いま出来ることは担当者と上司を交えて最後の打ち合わせを行い、条件を確認しながら、できることと出来ないことを今一度確認することでしょう。

それから変更が発生した場合はすべて文書で確認しておくべきです。責任を明確にするために、言った聞いていないとならないように後でもいいので文書化する(させる)ことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
既に言った、言わないでもめております。
今後の件は文書で残すようにいたします。

お礼日時:2004/01/18 20:35

適度に改行を。



大手メーカーでもこういうすれ違いはあるものですが、
かなり深刻ですね。

本題ですが、工事請負契約書を交わした段階の図面と現状が
違っているならやり直しを求めることは可能ですが、どうですか?

渋々でも契約してしまった図面から変更する場合は、施主側の
勝手ということになり、メーカーが追加費用を要求してきても
拒否することは困難でしょう。
(契約時の図面のまま建築してしまうと法に触れるという場合は別ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ご返答いただきましてありがとうございます。
改行していなくすみませんでした。

請負契約書の段階の図面とは大きく異なりますが
それはその後の変更を依頼したためです。

こういう事を言ったらクレーマー?扱いされそうですが
最終確認はfaxと電話なのでokとは言っていない。と
言いきればなんとかなるものなのでしょうか?
個人的にはそこまでもめたくは無いのですが。。。

お礼日時:2004/01/18 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大手住宅メーカの外壁割れについて

大手住宅メーカ(D社)より規格住宅(軽量鉄骨)を94年に購入致しました。
転勤の為に、やむなく借家としておりましたが、3月に借家人が退去する為、退去立会時に気が付いたのですが、南面1階2箇所に外壁割れを確認しました。(割れ発生は築7~9年の間で発生したと推定しております)
住宅メーカへ連絡を取り割れ確認を行って頂き、交換を行う事となりました。【住宅メーカの割れの考えられる原因】
(1)施工上の取扱い不備
(2)輸送時/積降時の衝撃
(3)外壁製造上の問題  を教えて頂きました。
【質問】
築9年であり交換後、他の外壁及び交換した所の割れが発生した場合、保証期間切れになった後に外壁割れが顕在化を懸念しております。当方としては交換部分だけでも保証期間の延長を希望しましたが、受容れて頂けず 住宅メーカへ保証の延長を希望するのは無理があるでしょうか?

Aベストアンサー

rundyさん、こんにちは。

>調査報告書の提出要求は一般的なのでしょうか。

ハウスメーカーさんにとっては「一般的」では無いかもしれません。(こんなこと、”何度も経験済み”という方がよろしくないですよネ)

ただ、官公庁発注工事や、比較的ちゃんとやらなければならない改修工事、まじめな(?)リフォーム屋さんなどでは、通常、調査結果を設計図書として作成します。その結果が工事の施工方法の選択、施工金額算定の根拠となります。たとえば外壁の改修でしたら、立面図に実際の割れの位置・深さなどを記入した現況図的なもの+考えられる原因+改修施工方法+工程etc・・・というもの程度になるとおもいます。施工調査報告書とそれに伴う施工計画書的なものの提出は、工事を進める意味では何ら特別なものではありません。

>外壁・シーリングの調査とは、やはり人による目視調査となるのでしょうか。

そうなると思います。

>出来るかぎり人によるバラツキを排除した調査方法は無いものでしょうか。

第3者による調査なら、バラツキというか、公平な(?)調査にはなるのかなとは思います。たとえば、この住宅建設に関係のない1級建築士とか・・・。
ですが、他の無関係の人を登場させるのは、今回の場合、あまり得策ではないと思います。”バラツキ”は心配かもしれませんが、メーカーさんを信用して調査していただくことで良いと思います。そして、その調査内容は、1つ1つrundyさんがメーカーさんと確認してください。割れの1本1本まで。そうすることで、心配は少しはクリアになり、工事へとすすめると思います。

あっ、それから、調査書には、メーカーさんの社印をもらっておきましょう。

rundyさん、こんにちは。

>調査報告書の提出要求は一般的なのでしょうか。

ハウスメーカーさんにとっては「一般的」では無いかもしれません。(こんなこと、”何度も経験済み”という方がよろしくないですよネ)

ただ、官公庁発注工事や、比較的ちゃんとやらなければならない改修工事、まじめな(?)リフォーム屋さんなどでは、通常、調査結果を設計図書として作成します。その結果が工事の施工方法の選択、施工金額算定の根拠となります。たとえば外壁の改修でしたら、立面図に実際の割れの位置・深さな...続きを読む

Q着工~引渡しまでに何をすべきでしょうか?

SXLで一戸建てを建てます。着工は6月下旬くらいからです。
一戸建てを検討しているときは、工期中は第三者機関を入れてチェックしてもらうことを
考えていましたが、費用の問題(10回検査で25万)もあり、第三者チェックはやめようかと考えています。

そうなると、自分で現場に赴いて写真を撮るなどの行動が必要になるのかな?と思いますが、それそしたところで何かミスを見つけることがあるようにも思えません。
欠陥住宅にしないようにしたいという思いがありますが、第三者チェックを入れない場合、私は何をすべきでしょうか。引渡し時のチェックだけでも第三者チェックを入れるべきでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建設関係の仕事をしている者です。

ハウスメーカーで家を建てる場合のメリット(特に坪単価が高い、高級住宅の場合)は、
「安心」だと思います。自社の管理も徹底していると思いますので、まず大丈夫だと
思いますが、心配でしたら、可能な限り現地を見に行かれることをオススメします。

お施主様が来られているというだけで、職人さんも気が引き締まると思います。
また、たまには職人さんに缶ジュースの1本でも差し入れしてあげると、
職人さんも人間ですから、気持ちよく仕事してくれると思いますよ。

良い家を建ててください。

Q雨樋のない住宅の外壁はなにがベストなのでしょうか。

雨樋のない住宅の外壁はなにがベストなのでしょうか。

どうも、住宅(建売)設計会社で働いているものです。

最近都内で“樋なし・軒の出なし”の住宅をよく目にするのですが、なにでつくっているのでしょうか。
屋根と外壁が同じ素材で、ガルバのようでしたが、雨だれなど後々は大丈夫なのでしょうか。
お願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には軒をだして雨樋をつけるの良いような気がしますが。
屋根面を外壁面から送りだして雨を樋にあつめて流す、重力により下に雨おとしてやるという方が
排水性能があるように思いますが。
たとえば鉄骨建て 3方パラペット  水下に雨水を流す建物がある場合も、3方側のパラペットに笠木を取り付け
ているだけではありません。昔はただ笠木を取り付けていただけですが、現在は雨漏り等が多く発生したので
捨て笠木(通常 カラ-鉄板)をつけてから通常のアルミ笠木を取り付けています。
叉鉄筋コンクリ-トの建物もごらんになればわかりますが、庇部分のコンクリ-トに目地をつけ水をきるように
してあります。これも上記のためです。雨水がいつも上から下へ流れると思って工事施工をしたら大間違いです。
風速をともなった雨の場合にはぎゃくに水下から水上にあがったりもします。
よほどしっかりとしたおさまりを検討しなければ、後日雨もりという結果がでます。
通常鉄骨建てで屋根よりも看板部分や化粧物がある場合には、板金業者をまじえて施工方法を検討して決定し施工します。その場合は捨て水切やタイベック等の巻き込み、押さえ部分の捨てシ-ル等で2重にも3重にもガ-ドします。
安易にデザインだけで施工するとあとでしっぺ返しをくらいます。過去の経験をつみ重ねた結果です。
住宅業者さんがどこまで考えているかは不明ですが、ビルものを扱う業者さんは、雨もれで機械がぬれて損害が発生、いろいろなの障害が発生し保証問題がおきる等のリスクを回避する手段を考えながら工事しています。
屋根ガルバ外壁ガルバ だと単一材だと弱いため成形製品になりますよね。とすると必ずかぶせになりますよね。
そこに弱い部分が発生すると、風圧を伴う雨水により漏水しますよね。
たいがい台風時のときの雨もれなどは、ちょっとした弱いところでおきます。
外壁面に面する配管ダクトなどは勾配がとられていないと、逆流して天井から雨もれをおこします。
質問者がはなされたような、おさまり方で漏水しないようにするのは、かなりの手間時間と板金工の腕が必要になると思います。

基本的には軒をだして雨樋をつけるの良いような気がしますが。
屋根面を外壁面から送りだして雨を樋にあつめて流す、重力により下に雨おとしてやるという方が
排水性能があるように思いますが。
たとえば鉄骨建て 3方パラペット  水下に雨水を流す建物がある場合も、3方側のパラペットに笠木を取り付け
ているだけではありません。昔はただ笠木を取り付けていただけですが、現在は雨漏り等が多く発生したので
捨て笠木(通常 カラ-鉄板)をつけてから通常のアルミ笠木を取り付けています。
叉鉄筋コンクリ-ト...続きを読む

Q間取りのみ決定で着工

こんにちは。
建築条件付の土地を購入し、現在間取りの打ち合わせ中です。
まだ1回しか打ち合わせしてないのですが、7月中くらいに間取りを決定して、8月に着工予定との話でした。
設備、仕様などについては、着工後に決めます。とのことでした。

私はある程度決定して着工すると思っていたのですが、こんなものなのでしょうか?

また着工後は、間取りの変更はできないとも言われ、
設備や仕様で予算オーバーになったらどうしようと心配になってきました。

地元の小さな工務店で建築するのですが、一般的にはどうなのでしょうか?

皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

>こんなものなのでしょうか?

そんな訳有りません

予算が天井知らずにあり、工務店が自分の親なら有るかも?

Q木造住宅の外壁材に桧を使いたいのですが

木造住宅の外壁材についてお答えください
建築予定中の木造住宅の外壁に桧の板張りを考えています・
知り合いの大工の方のお勧めで、外壁を桧張りにすると耐久性があり、メンテなしでも50年くらいは持つので多少費用がかかってもそのほうがよいといわれました。本当のところ、そんなに持つものなのでしょうか。詳しい方のアドバイスお待ちしています

Aベストアンサー

私の育った田舎では(昔はどこでもそうだと思いますが)外壁は板張りでした
昔はコールタールを塗った家もありましたが、50年以上保ちます
ただ、当地は杉板張りですので、桧張りは意識したことがありません
柱は杉より桧の方が長持ちするので、板も桧の方が良いんだろうなと思います

私が建てた家は、外壁全面が杉板張りです
文字通り、50年、何もしないつもりで、無塗装です
板張りの目的は、漆喰の塗り壁の雨よけです
築後約2年の結果ですが、杉は不揃いだった赤が少し色抜けして揃いました
外回りの桧(角材と30ミリ)は、雨に洗われる部分はグレーになっています
塗装をすると「塗装のメンテ」が必要です
私の場合は塗装なしで、余程の割れ等があれば、部分的に板を差し替えるくらいのメンテはするつもりです
見た目については経年変化があって、「好み」としか言いようがないのですが、「メンテしたくないから板張りにする」という人は私の周りには少なくないです

お知り合いの大工さんに紹介して貰って、実際のお家を見たらどうですか?外観のことだから、さりげなく観察できますよね
(我が家の場合も大工さんに言われて見に来たと、外を見ている人がいましたから、知らない大工です・・・)
大工さんの言うノーメンテは、何もしないことです
木は、何もしないのが一番長持ちします
(私の経験では50年保たない家は、家じゃない・・・)

私の育った田舎では(昔はどこでもそうだと思いますが)外壁は板張りでした
昔はコールタールを塗った家もありましたが、50年以上保ちます
ただ、当地は杉板張りですので、桧張りは意識したことがありません
柱は杉より桧の方が長持ちするので、板も桧の方が良いんだろうなと思います

私が建てた家は、外壁全面が杉板張りです
文字通り、50年、何もしないつもりで、無塗装です
板張りの目的は、漆喰の塗り壁の雨よけです
築後約2年の結果ですが、杉は不揃いだった赤が少し色抜けして揃いました
外...続きを読む

Q新築完成から引渡しまでの流れ

新築しています。
ほぼ完成に近い状態です。

完成から引渡しまでの流れを教えて下さい。
工務店と施主が一緒に建物をチェックしたり、残金の支払いをしたり、するんですよね?

どんなことがどんなタイミングで行なわれるのかを知りたいです。

Aベストアンサー

*工事終了(引き渡し2週間前)
工事が終わりました。無事完成です。
 ↓
*完了検査(工事終了直後)
確認申請で提出した図面・仕様の通りに建物が出来ているか、確認申請を審査した役所または指定確認審査機関の検査員が検査します。
問題がある場合には、是正工事を行い、写真等で是正結果を報告します。
 ↓
*設計検査(工事終了後すみやかに)
監理者(通常は設計者と同じ)が検査します。
キズや施工不良の有無、可動部(扉や窓、収納など)全箇所に不具合がないか、設備機器類がすべて正常に動作するか、などを検査し、問題箇所を指摘します。
施工者は是正工事を行います。
 ↓
*施主検査(工事終了後すみやかに)
設計検査と前後して、お施主さんの検査を実施します。
ここで指摘がなかった項目については、お施主さんは了解したものとみなされますので、納得のいく出来になっているかどうか入念に検査してください。
 ↓
*是正工事(引き渡しまでの期間で)
完了検査、設計・施主検査で指摘があった項目の是正工事を行います。
是正がすべて完了したら、確認審査期間に報告、監理者・施主は確認を行います。この確認で再度ダメがでる可能性もありますので、引き渡しの数日前に行うのが一般的です。
 ↓
*引き渡し・取り扱い説明
鍵をお客さんにお渡し、一回施錠、解錠を行っていただきます。
本鍵を玄関ドアの鍵に指すと、工事中に使用していた鍵が使用不能となります。工事用鍵が使用できなくなったことを確認します。
設備機器類の取り扱い説明も行います。
鍵・建物の引き渡し書・請け書、確認申請書(副本。正本は確認審査期間が保管しています)、取扱説明書綴り、保証書、完了検査済証(間に合わないこともあります)をお渡しします。
残工事がある場合には、その実施時期について確認しておく必要があります。
 ↓
*工事費支払い(契約条件による)
契約の支払条件にもよりますが、引き渡しを受けたらただちに残金の支払いをするのが原則です。
ローンを借りている場合には、建物の登記を済ませ、完了検査済み証を受け取らないとローンが実行されません。つなぎ融資をうけるなど資金の手当てをするか、工務店さんに事情を話して支払を待ってもらえるよう事前に了解を得ておく必要があります。
また、現場がはじまってからの変更、工務店・設計者ともに予期できなかったトラブルなどによって、工事費には増減が発生してる場合がほとんどです。この項目、金額についても事前に調整しておかなければなりません。
 ↓
*建物登記
司法書士さんにお願いする方が多いですね。費用については過去に多数質問されていますので、検索してみてください。
 ↓
融資実行
抵当権設定登記を行い、融資が実行されます。

ざっとですが、こんな感じではないでしょうか?

*工事終了(引き渡し2週間前)
工事が終わりました。無事完成です。
 ↓
*完了検査(工事終了直後)
確認申請で提出した図面・仕様の通りに建物が出来ているか、確認申請を審査した役所または指定確認審査機関の検査員が検査します。
問題がある場合には、是正工事を行い、写真等で是正結果を報告します。
 ↓
*設計検査(工事終了後すみやかに)
監理者(通常は設計者と同じ)が検査します。
キズや施工不良の有無、可動部(扉や窓、収納など)全箇所に不具合がないか、設備機器類がすべて正常に動作す...続きを読む

Qツーバイフォー住宅のシロアリ外壁補修費用

3月の大震災で住宅の外壁(レンガ張り)に一部クラックが入ったのですが、
先日そのクラックからシロアリの群飛を見つけました。
北側で窓のある外壁のため、もともと結露などがあり、
そこにシロアリが繁殖して強度が弱くなっていたものと思われます。

ツーバイフォー住宅ではシロアリ被害は壁ごとの交換になるようですが、
二階建て建坪30くらいの住宅で、
外壁(レンガ)を全て張りかえた場合に費用はいくらくらいになるでしょうか?
築15年くらいです。

シロアリ被害や建物の状態など、もちろんケースバイケースだとは思いますが、
被災地のため見積もりに来てくれる建築会社もまだ見つからず、
とりあえずの目安だけでも知っておきたいと思い質問いたしました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通気をとりつつ煉瓦(正確には煉瓦タイル)で仕上げるのであれば、モルタルによる接着で張り付けるより、煉瓦タイルうを下地に引っ掛けて張る工法の方が、挙動の大きい木造住宅には適していると思います。INAXでもベルパーチシステムという桟の付いたケイ酸カルシウムの板にとりつけていくものを品揃えしています。また、アルミレールに実際の煉瓦を何枚かにスライスしたものの裏に溝加工して取り付けるものもあります。材工で10,000円/m2~20,000円/m2かと思いますが、足場掛けの費用は別途かかります。築15年ということですので、一緒に外部周りの、再塗装も必要な時期かと思いますので、この際この足場を使ってはいかがでしょう。壁の一面のやり替えは工夫すれば可能です。私は、第3者監理で、数年前に仕事をしました。煉瓦貼りの外壁は、きっと夢なのでしょうから、是非頑張ってみてください。私も数年前に、自宅を建て替える際、妻の方から煉瓦貼りという要望も出ましたが、私はプロヴァンス風の家がよいと思い、デラクリートにジョリパットの外壁としました。でも、本物の煉瓦タイルの良さは理解します。

通気をとりつつ煉瓦(正確には煉瓦タイル)で仕上げるのであれば、モルタルによる接着で張り付けるより、煉瓦タイルうを下地に引っ掛けて張る工法の方が、挙動の大きい木造住宅には適していると思います。INAXでもベルパーチシステムという桟の付いたケイ酸カルシウムの板にとりつけていくものを品揃えしています。また、アルミレールに実際の煉瓦を何枚かにスライスしたものの裏に溝加工して取り付けるものもあります。材工で10,000円/m2~20,000円/m2かと思いますが、足場掛けの費用は別途かかります。築15年とい...続きを読む

Q完成前に引渡し

こんにちは。新築で建築中のものです。建築条件付ですが注文建築レベルで柔軟に対応してもらってほぼ完成間近となりました。契約書がある引渡し日は(予定)と書いて4月末でした。現在、1ヶ月伸びですが、外構以外に照明の一部、キッチン未納、作りつけ家具未完成などなど、まだ入居できる状態ではなく、おそらく6月中旬ぐらいになるペースです。しかし、会社側からの要望により一旦ここで区切り、引き渡しの現地チェックと完成時の支払をしたいとのことでした。その後も残りの工事請負はしっかりと行ってくれるとのことで、対会い検査と支払いには応じようかと思っております。
(1)このように建築条件付の建売ベースを、ハーフオーダー注文並みに建築している場合には、このような事は起こりうるものでしょうか?
(2)引渡しを未完成で行うというのは通常ではないので、値引き等をしてもらって当然のことなのでしょうか?
(3)こういったケースでの注意点等あればご助言いただけますか?
経験者、専門家の方のアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

5月末は3月決算の会社が消費税や法人税を払わなければならない月です。7の方のいうように資金繰り悪化の心配をまずはすべきでしょう。

でも、まず誰のせいで遅れたかです。
工事中にたくさん追加を聞いてもらったのなら工事遅延の原因は貴方にありますし、契約内容を普通に工事していて遅くなったもしくは、相手の工事ミスで遅くなったなら相手が遅延損害金を払うのが普通でしょう。

1)通常ではありません。トラブルの元
2)遅れた原因を造った方が決まった遅延損害金を払うのが通常。
3)引渡しはNOでしょう。そんな状態では完了検査を受けられませんので仮使用願いでも出さなければ入居は許されません。

心配ですから会社の与信情報や不渡り情報を確認しましょう。

Q住宅版エコポイント外壁修繕

住宅版エコポイント外壁修繕
住宅版エコポイントが出てきたので、リフォームで外壁もやろうかと考えています。自分でやります。
ところが調べてみるとm3で計算されるので、床とか、天井はできそうなのですが、外壁はどのような方法を取ればいいのか分からず困っています。
メーカー側にも問い合わせているのですが、新築ならOKだが、リフォームだと外壁を壊しての工事だからエコポイントの費用だと合わないでしょうと言われました。
どなたか現在工事している方でこの方法なら、このメーカーのこれなら大丈夫というものありませんか。
母屋はモルタルです。増築部分がサイディングの横張りです。

Aベストアンサー

自分で施工したのは対象外ですよ
外壁の張替えでなく外壁部分の断熱改修がポイント対象ですので内側に規定の断熱材を入れる工事になります
工事証明書が必要になるので業者との請負契約が必要です

Q新築完成後、引渡し前の窓位置変更について

新築の家がほぼ完成し、あとは施主の確認と引渡しです。
ここにきて、窓位置が10cmほどずれていることが分かりました。
HMは十分謝罪をしてくれ、やり直すか、若干の値引き(数万円程度)で対応してくれるそうです。
窓が3つ横並びになっているうちの1つが10cmほど下がっています。気になるけど、外壁をはがしてまでやり直すべきかどうか迷っています。断熱材や防水は大丈夫なものでしょうか??

Aベストアンサー

話によるとずい分ずさんな管理体制ですね
10センチのずれは窓枠取り付け時にわかるはずです
そのときに判らなかったとしても、現場監督は各工程の完了時に
チェックすべきなのです

直すとしても、他の方がおっしゃってるように簡単にはいきません
・・・かといって値引きを選んでも、建物は30年以上残るものです
その箇所を見るたびに後悔の念が頭をよぎるでしょう
心無い人から指摘を受ける事だって予測されます
そのたびに不快な思いをすることでしょう

相手の工法を聞いて納得のうえ補修させるのがいいかと思います
もちろんその工事の無条件メンテナンス(特に雨漏り)
内装側は特に問題ないでしょう

そして、これは明らかに相手のミス なんらかのペナルティを課してもよいはずです
お金で解決するのが嫌なら物で・・・電化製品等
直談判が嫌なら誰かに間に入ってもらうとか
法律に詳しい人に
 何度もいうようですが、家は後々まで残りますし貴方が住み続けるわけですよ
中途半端な妥協をしてはだめです
安い買い物ではないのですから 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング