微小管からチューブリンが離れていく(脱重合)することによって、どうなってしまうのですか?
調べた結果、ガンになるとあった(自信なし)んですが、どうしてなんですか。

また、体温が下がることによってなぜ脱重合が起こるのですか?

教えてください。

A 回答 (1件)

質問者さんがどの程度のレベルを要求しているかわかりませんので…。



まず、第一に微小管はチューブリンが常に重合と脱重合を繰り返しいることが、重合と脱重合の平衡によって構造が維持されていることはお分かりですね。

というわけで、脱重合したチューブリンは基本的には、また重合して微小管の構成成分になると考えて良いと思います。もちろん、分解されてしまうチューブリンもあると思いますが。

次に、脱重合が進むとどうなるか?ということなんですが、基本的に細胞の構造が維持できなくなります。これは逆もそうで、重合がすすんでもそうなります。あくまでも重合と脱重合の平衡が大事なんですね。
で、重合と脱重合が一番、盛んなのは細胞が分裂する時です。微小管は紡錘糸を形成すんですね。このとき、微小管形成が邪魔されると、分裂が失敗し、細胞にアポトーシスが誘導されます。

Vincristineなどの重合阻害剤(脱重合を促進させる)Taxolなどの脱重合阻害剤(重合を促進させる)はいずれも抗癌剤として有名ですが、これらの薬剤は、癌細胞の紡錘糸形成を阻害することによってアポトーシスを誘導するわけです。これは癌に特異的というわけではなく、癌細胞が分裂が活発であり、当然、紡錘糸の形成も活発であるから癌に効きやすいというだけです。
つまり、脱重合することによって癌になるわけではないです。おそらく、脱重合を阻害する抗癌剤がある、ということから誤解してしまったのではないかと思います。

で、体温と脱重合については…。知りません…。
たぶん、重合は酵素反応なので、体温が下がると反応が低下して脱重合に平衡がかたよるということではないでしょうか?わかりませんけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
返事が遅れてしまい、すみません。

まだ理解については不十分なので、これからも勉強したいと思います。

お礼日時:2004/02/01 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(excel)生物の調査で区画法(コドラート法)によって集計したデータからヒストグラムを作成するには?

植物の垂直分布調査を区画法(コドラート法)で行い、5cm間隔で高さごとの階級値を設定し、
出現した方形区数/調査した方形区数×100(%)
の式で頻度を出しました。このデータからエクセルでヒストグラムを作成したいのですが、どうしたらいいのでしょうか?それともできないんでしょうか(ヒストグラムでこの頻度を使うのはおかしいでしょうか)?またはできない場合はどのようにして集計したデータをまとめればいいでしょうか?何かアドバイスはありませんか?

Aベストアンサー

excelはアドオンソフトを別にインストールしないとヒストグラムは使用できないと思います。インストール方法とヒストグラムの作成法は下記を…

http://brain.cc.kogakuin.ac.jp/~kanamaru/lecture/office2007/excel14.html

Qアクチンの重合・脱重合について

今、私はアクチンを重合・脱重合させ、野生型と変異型での違いを比較するという実験をしています。
しかし、さっぱりうまくいきません。
SDS-PAGEで各行程毎のサンプルをとり、後で確認しているのですが、どうも脱重合がうまくいきません。
それとも重合が正常に進んでいないために不可逆となってしまっているのでしょうか。
今まで、重合温度、pH、bufferの作り変えなど試してきましたが効果がありませんでした。
標品で試してもうまくいきませんでした。
同じような経験のある方、またはアクチンに詳しい専門家の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.
これは,実験ノートを見せてもらうのが一番なのですが,学会発表や論文発表するまでは,研究の実施状況は研究室にとっては極秘情報である場合もありますので,こういう場での取り扱いは難しいですね.脱重合がうまくいっていないとのことでしたが,脱重合の方法はどうなっていますか?また,標品とは,ウサギまたはニワトリのアクチンでしょうか?この2者については,一般的なアクチンの重合・脱重合の手順でうまくいきます.

Q【急募】水界の微小生物の調査の意義

水界の微小生物を調査することの意義って何だと思いますか?
ご存知の方いらっしゃいましたらぜひとも教えて下さい

Aベストアンサー

意義の対象によって、様々でしょうが、

A: 意義の対象が、人間の生活環境の改善の場合

・大衆魚(イワシ、サバ、サンマ、アジ)や養殖魚介類の漁獲量変動の要因解明や短期的予測のため

参考図書
・河井 智康 (1997) 消えたイワシからの暗号―七人の研究者と魚類五億年目の謎, 三五館
・山本 民次・花里 孝幸 (2015) 海と湖の貧栄養化問題, 地人書館

・病原性ウィルス媒介カの発生予測や発生防止のため

参考図書
・池庄司 敏明 (2015) 蚊 第2版, 東京大学出版会
・茂木 幹義 (2006) マラリア・蚊・水田―病気を減らし生物多様性を守る開発を考える, 海游舎

・飲料水の水源の悪化の原因解明や防止のため

参考図書
・花里孝幸 (2015) ミジンコ先生の諏訪湖学―水質汚濁問題を克服した湖, 地人書館
・中本信忠 (2005) おいしい水のつくり方, 築地書館

・生活排水処理方法の改善

参考図書
・稲森悠平 (2008) 最新 環境浄化のための微生物学, 講談社
・小松夫美雄 (2013) 生態系の視点を加えた活性汚泥の維持管理, 講談社

B: 意義の対象が、生態誕生の謎の解明の場合

参考図書
・長沼毅 (2016) 生命の始まりを探して 僕は生物学者になった, 河出書房新社

☆ greenhigh0610さん、みっちり知識を付け、同士として、共に闘いましょう!

意義の対象によって、様々でしょうが、

A: 意義の対象が、人間の生活環境の改善の場合

・大衆魚(イワシ、サバ、サンマ、アジ)や養殖魚介類の漁獲量変動の要因解明や短期的予測のため

参考図書
・河井 智康 (1997) 消えたイワシからの暗号―七人の研究者と魚類五億年目の謎, 三五館
・山本 民次・花里 孝幸 (2015) 海と湖の貧栄養化問題, 地人書館

・病原性ウィルス媒介カの発生予測や発生防止のため

参考図書
・池庄司 敏明 (2015) 蚊 第2版, ...続きを読む

Q微小管の極性

微小管の極性を調べるために、どのような実験を行い、どのような結果が得られれば、極性を決めることができるか、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

+端だったか-端に特異的な抗体があって、抗体染色で調べることができたはずです。標的タンパク質がなんだっかかは忘れました。

蛍光標識のtubulinモノマーがツールとしてあるので、生細胞であればこれを注入してやると、+端から標識tubulinに置き換わっていくことで確認できると思います。

Q帝国データバンクの調査依頼

先日、帝国データバンクより電話があり、調査依頼を受けました。おそらく他の会社が調査を依頼したために、調査に来るのだと思いますが、長年、商売をしていて、初めてのことなので驚いております。
どのようなことを聞かれるのですか?
また、質問に拒否しても差し支えはないのでしょうか?
 それと、依頼会社を質問される側から帝国データバンクに聞きだすことはできるのですか?

Aベストアンサー

おそらく、与信調査だと思います。
あなたの会社の取引先が帝国データバンクなどの民間信用調査機関(そのほか、東京商工リサーチ(TSR)などが著名)に依頼して、あなたの会社の資産状況をメインに調べます。

実際に面談して話をきくことはもちろん、民間信用調査機関では、登記簿を取り寄せたり、取引行や同業者からの評判をきいたりします。
要するに、このほか、路線価や実勢土地価格、担保(銀行などからの借入金)の状況、代表者の家族構成および預貯金や不動産などの個人的資産状況、沿革、不良債権の状況など、面談で尋ねること以外のものも、民間信用調査機関は調べています。
バランスシート(もしくは、会計・経理の状況がわかるものや財産目録など)があれば、それが公開か非公開かまでチェックしています。

民間信用調査機関はこれらのデータをレポートにまとめて(だいたい、A4で20枚~30枚)、依頼先の企業
などに渡します。
この一連の流れを“与信調査”と言います。

与信調査の行なう目的は、以下のようなことを判断するためです。
企業には“法務”という部署があり、与信調査の結果を見て、不良債権(売掛金が回収できない事態)の発生を未然に防止しています。

○もしも取引の過程で不良債権が発生した場合、その取引先に支払能力があるか?
○代表者の社会的信用はあるか?(←沿革、経歴、取引行や同業者の評判)
○取引限度額および支払サイト(売掛金を回収するまでの周期)はどの程度にしたらよいか(←資産状況)
○手形・小切手を使用した取引をしても大丈夫か、それとも安全を期してCOD取引(現金前払かつ商品後渡しの取引)にすべきか?
○倒産の可能性はないか?

面談は、上記に関連する内容を質問されます。
(その目的についてはちゃんと言ってくれます。但し、後述するように、依頼先の名前は明かしてくれません。)

面談そのもの、あるいは個別の質問を拒否されてもかまいません。
但し、その場合は“側面調査(側調)”といって、関係者などに面談してあなたの会社の信用度を調べることになります。

依頼先の名前は、民間信用調査機関は絶対に明かすことはありません。
与信調査は、民間信用調査機関と依頼先との間でそういう契約になっており、相手(依頼先)の秘密は厳重に守られます。

おそらく、与信調査だと思います。
あなたの会社の取引先が帝国データバンクなどの民間信用調査機関(そのほか、東京商工リサーチ(TSR)などが著名)に依頼して、あなたの会社の資産状況をメインに調べます。

実際に面談して話をきくことはもちろん、民間信用調査機関では、登記簿を取り寄せたり、取引行や同業者からの評判をきいたりします。
要するに、このほか、路線価や実勢土地価格、担保(銀行などからの借入金)の状況、代表者の家族構成および預貯金や不動産などの個人的資産状況、沿革、不良債...続きを読む

Q微小繊維と微小管

微小繊維と微小管はともに細胞の運動や、物質輸送にかかわっている。これらの機能を発揮するのに、この2種類の細胞骨格がもつ共通の基本性質はなにか説明して、また、その基本性質を発揮する上で、もっとも異なる点はなにか?

という問題なんですけど…
ぜんぜん分らないんでおしえてください。

Aベストアンサー

ウィキペディアの「アクチン」の項目で、「アクチンフィラメント」の部分が理解しやすいと思います。同じくウィキペディアの「微小管」の項目と読み比べてみては?

読んでいただければ、共通項目はすぐ判ると思います。「最も異なる点」は出題者が何を重要視しているかによりますが、ATPがらみか構造(フィラメントレベルや中心体といった大きな構造)が答えになると思われます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

Q国勢調査に住民票データがなぜ使えないか

国勢調査調査員になりました。
まず、「調査世帯一覧」なるものを作成することになっています。
ここには、代表者の氏名、住所、人数等を白紙から鉛筆で記入せよとのことです。
しかし、住民票にあるデータなので、使えたら良いと思います。

国勢調査と住民票は違うから使えないと市は言います。
しかし、殆どが正しいはずです。
90%正しくても、100%正しくないので、使えないとの説明です。

取りあえずは住民票のデータから国勢調査に必要なデータを印刷しておき、
一件ずつ確認することを調査員に義務付けるようにしてはと思います。

殆ど正しいのに、0から書き取るより、よほど正確です。
逆の立場で、私が訪ねてきた人に、名前は?その漢字は?などと尋ねられると、市には届を出しており、今更答える必要はないと、言いたくなります。
これより、「ここはxxさんのお宅ですね。住所はxxで、ご家族は「男x人、女x人ですね?」と、尋ねれば、スムースに行くと思います。
名前の漢字をしつこく尋ねると、相手は怒り出して、肝心の調査票の記入どころか受け取りまでを拒否されそうです。
今回の調査では適用できませんが、この辺りの事情を教えてください。

国勢調査調査員になりました。
まず、「調査世帯一覧」なるものを作成することになっています。
ここには、代表者の氏名、住所、人数等を白紙から鉛筆で記入せよとのことです。
しかし、住民票にあるデータなので、使えたら良いと思います。

国勢調査と住民票は違うから使えないと市は言います。
しかし、殆どが正しいはずです。
90%正しくても、100%正しくないので、使えないとの説明です。

取りあえずは住民票のデータから国勢調査に必要なデータを印刷しておき、
一件ずつ確認することを調査員に...続きを読む

Aベストアンサー

理不尽なようですが、
現状では難しい問題を秘めています。

マイナンバー制度が浸透すると
調査方法も改善されてくるでしょう。

Q酵母の細胞分裂時の微小管とアクチン

酵母(Sacchromyces cerevisiaeO-20)の細胞分裂の微小管とアクチンの挙動を観察しました。その時の疑問点なのですが、わかる方いらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。

(1)微小管とチューブリンという言葉は使い分けた方がいいのでしょうか。
(2)酵母に存在するチューブリンは何種類あるのでしょうか?(知っている範囲では、βチューブリンとγチューブリンがあり、βは核以外。γは核内に存在という認識でよいのでしょうか?)
また、微小管には3種類(核分裂装置に関する微小管,核に結合した細胞質微小管,核に結合していない細胞質微小管)があるらしいのですが、これとγ,βチューブリンは対応関係にあるのでしょうか?
(3)『γ-チューブリンは微小管のマイナス端に存在し、他のタンパク質と複合体をつくって微小管の重合核になることが知られている』らしいのですが、この事をもう少し詳しくしりたいのですが、よい文献やHPがないでしょうか?
(4)酵母の微小管やアクチン挙動に関するHPを知ってらっしゃる方、ぜひ紹介して下さい。お願いします。

以上です。どれか1つでもいいので、わかる方いらっしゃいましたら、ぜひご教授下さい。
よろしくお願いします。

酵母(Sacchromyces cerevisiaeO-20)の細胞分裂の微小管とアクチンの挙動を観察しました。その時の疑問点なのですが、わかる方いらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。

(1)微小管とチューブリンという言葉は使い分けた方がいいのでしょうか。
(2)酵母に存在するチューブリンは何種類あるのでしょうか?(知っている範囲では、βチューブリンとγチューブリンがあり、βは核以外。γは核内に存在という認識でよいのでしょうか?)
また、微小管には3種類(核分裂装置に関する微小管,核に結合した細胞質微小管,...続きを読む

Aベストアンサー

(1)微小管は構造体で、チューブリンはその構造体を形成するタンパク質分子の名前として使い分けたほうがいいと思います。
(2) α、β、γの三種類です。細胞内局在については専門の方にお任せしますが、細胞周期によっても核、細胞質の局在は変化します。

語句の解説にはウィキペディア (Wikipedia)などでもある程度調べることができます。
さらに詳しい解説が必要な場合、
細胞の分子生物学Bruce Alberts (著), 中村 桂子 (翻訳) 価格: ¥21,000 などがおすすめです。

その他
http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/callus/note/tubulin.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AE%E5%B0%8F%E7%AE%A1

Q帝国データバンクの調査

帝国データバンクより調査依頼があったのですが
資料を提出すると文字通りわが社のデータ閲覧が可能になってしまいますが

メリットとデメリットは?

Aベストアンサー

帝国データバンクが調査を行うのは、「A社(この度はnyannmageさんの会社)について調べて欲しい」と、どこかの会社が帝国データバンクに依頼をしたからです。つまり、その依頼した会社は「A社と新規に取引を考えている」や、「A社との取引枠を拡大したい」などの理由から「A社ってどんな会社だろう・・・」を知りたい訳です。
そこで、nyannmageさんが帝国データバンクの調査に対して資料を提出しない=協力をしない、となりますと帝国データバンクは、それなりの(内容が薄い)報告を依頼者にせざるを得ません。
それを受け取った依頼者は何を考えるでしょう。もしかしたら依頼者は「A社が自社の内容を公表しないのには、何か理由があるのでは?もしかしたら赤字が続いているとか・・・」などと、マイナスの推測を与えてしまう恐れがあるのです。
更に、今回調査を行いますとA社のデータは帝国データバンクの企業データベースに登録されますので、今後、他の会社がA社の内容を有料で閲覧することが可能になります。帝国データバンクが公表している保有企業データ数は全国で124万社分。これ程多くの稼動している会社について、帝国データバンクを通じれば資料が得られるのです。ある企業の審査部門では、帝国データバンクの評点を基準に取引枠を決する、というような利用をしているようです。逆に帝国データバンクを通じても資料が得られないとなると、「何か理由が・・・?」と、先ほど書いたのと同じような疑念を抱かせかねないということです。
つまり、内容を公表することのメリット・デメリットというより、「内容を公表しない場合のデメリット」が大きいと言えるのではないでしょうか。
ただ最終的には、nyannmageさん、及び、nyannmageさんの会社の自己判断、自己責任において、帝国データバンクの調査に協力するかをお決めになられて下さい。長々と失礼致しました。

参考URL:http://www.tdb.co.jp/

帝国データバンクが調査を行うのは、「A社(この度はnyannmageさんの会社)について調べて欲しい」と、どこかの会社が帝国データバンクに依頼をしたからです。つまり、その依頼した会社は「A社と新規に取引を考えている」や、「A社との取引枠を拡大したい」などの理由から「A社ってどんな会社だろう・・・」を知りたい訳です。
そこで、nyannmageさんが帝国データバンクの調査に対して資料を提出しない=協力をしない、となりますと帝国データバンクは、それなりの(内容が薄い)報告を依頼者にせざるを得ま...続きを読む

QHeLa細胞のβチューブリンを染色したのですが・・・

HeLa細胞のβチューブリンを免疫蛍光染色で染色したのですが、核以外がべったりと染まりました。コントロールは染まりませんでした。

そこで伺いたいのですが、よく教科書の写真とかで見るような、チューブリンが繊維状や、網目状の染まっている画像を撮るには何かコツ(固定方法など)とかいるのでしょうか?それとも繊維芽細胞とかでやらないとだめなのでしょうか(この細胞を使って染色している人多いような気がしました)?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通、細胞の中には重合していない浮遊チュブリンが詰まっており、
そのまま細胞を固定して染色すると浮遊チュブリンがべったり染まってしまいます。
核が抜けているということで、正しい染まり方だと思います。

繊維状の重合チュブリンのみを染色したいのであれば、
細胞を固定する前にTriton-X等の界面活性剤で処理し、
細胞内の浮遊物質を排出してから固定、染色するといいです。


おすすめ情報