『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

宜しくお願いします。
アイアンとFW ユーティリティーは、ほぼ真っ直ぐ行くんですが、なぜかドライバだけー極端なフェードになります。
当たる瞬間にフェースが開くのが原因なのかわかりませんが同じスイングでもドライバーだけフェードです。

様々な原因があると思いますが何だと思いますか?

参考までに 40代 身長181 体重80KG ベスト 82

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

極端なフェードって何でしょう?



フェードの定義って多少の解釈のずれもあり曖昧ですが一般的には、
1)落ち際から右に緩やかに曲がる球
2)小さなスライス球
3)意識してコントロールしたスライス球
のいずれかではと思います。
(個人的には1と3で、意識してコントロールした落ち際から右に流れる球と思っています。)

言葉の定義はおいておいて、右に曲がる球といっても
1)目標よりも左に打ち出して右に曲がる
2)目標よりも右に打ち出してさらに右に曲がる球
の2種類があります。
打ち出し方向はスイング軌道で決まり、球の曲がる方向は軌道に対するフェースの向きで決まります。

それで仮にアイアンなどが悪くないとするとあまりスイングを弄るのはどうかとも思います。
ドライバーだけを直すのであれば、とりあえず球の位置を変えてみてください。
普段構えている位置から、球一個左、球一個右、球一個離れる、球一個近づいた位置とその複合で計8箇所で打ってみてください。

これで球筋が変わると思うので、自分に合った位置を見つけてください。

この回答への補足

あ、あと、自分が考える極端はフェードとはスライスかもしれませんが、
ドライバーでショットして、玉が最高の高さに達するまでは真っ直ぐでそこから落ち際に掛けて右にぐるーっとまわって行く感じのボールです。

補足日時:2012/06/29 11:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
わかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/29 11:51

こんばんは。


長いクラブほど捕まりが悪くなるという回答が出ていますので、その事について参考になるかもしれないお話をさせて頂きまして、その後に質問者さんの状態について考えられる事を書きたいと思います。

上記の問題を解決するために、シャフトやクラブのセッティング(ライ角など)を変える方法があります。
例えば、3Wにはアヒナを使い、ドライバーにはそれよりも若干捕まりの良いカイリを挿すと言った具合です。また、同じシャフトを使う場合には捕まり過ぎないように先端のカットを多めに(3Wの場合)する方法を採る選手もいます。

ところが上記のことをしてもドライバーとアイアンではクラブの構造や目的(テイアップするかどうか)が違うので対応には限界があります。ですからプロや上級者は打ち方を変えて対応しています。
これは無意識の意識といった領域であると言えますが、見ていて明らかに判る場合もあります。タイガーの以前のスイングはドライバーだけフィニッシュで右肩を上げる事が強調されていましたが、明らかにボディでフェースをローテーションさせようというのが見て取れます。
逆に、藤本佳則がアイアンで多用する抑えたフィニッシュは絶対に上からクラブを入れ、フェースがターンし過ぎないようにという無意識の動きだと思います。

>>なぜかドライバだけ極端なフェードになります。

例えば、ウエッジと3Wはスイングの使い分けが(無意識に)出来ているという証拠だと思います。
ではなぜDrは出来ないかですが。
1)シャフトを変えてみる。
2)スクエアに構えにくいヘッドではないですか?最近そんなクラブが多いんです。
3)インから入りすぎていませんか?一度左に打ち出す練習をしてみてください。左に出て、そこからフックするかスライスするかは問題ではありません。インから入りすぎると、長く(ヘッドが)デカいクラブほど開きやすいものです。
4)シャフトの撓りを使えていない。右足の前のボールを打つつもりでリリースします。大事なことですが、リリースしてもなお左サイドはクラブをリードし続けます。

以上参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

クラブの性質からして「短いクラブはドローになりやすく、長いクラブほどフェードになりやすい」という傾向があります。


 打つ人の動作が同じ場合は基本的に上のような状態になります(クラブが違えば自然に変わってしまう部分もあります)。ですから「ショートアイアンではフック、ミドルアイアンではストレート、ドライバーはフェード」なんて球筋がバラバラなような人が一番体とクラブに忠実な動きなんです。

 「ドライバーはドローで飛ばし、ショートアイアンではフェードでスピンかけたい」というのがゴルファーの理想ですが、これは取得するのに大変です。特にドライバーを打った後にショートアイアンを打つ場合、体をリセットするだけでなく反対の動きの準備をしないといけないからです。複雑にすればミスは起きやすくなり、アマチュアの方の場合。技術と練習量の関係から難しい場合もあります。また、プロでもそれができない人もいて、フェード一辺倒の人も珍しくありません(ショートアイアンでドロー・フェードよりスライスの方がいいとの割りきりです)。

 ただ、ドライバーだけ極端という場合は打つときに「飛ばしてやるぞー」なんて考え、力みから来ることも多いです。前半身の筋肉が収縮し過ぎてフェースがターンしないためです。背中を意識して腕を伸ばす(腕をボールに届かせるような意識)で打ててはスライスはしませんよ。
ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございます。
参考になります。腕をボールに届かせるイメージでやってみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/29 11:53

手先でフェースを返しているのでしょう。

そうすると、ヘッドの帰りにくいドライバーだけ、手先で戻すことができず、スライス系の玉になります。

こういう場合、ドライバーのスイングを直そうとすると、手先をどんどん使うようになり、そのうちアイアンが引っ掛かるようになります。

治すべきは、アイアンも含めてスイング全体。つまり、ドライバーだけスライスするのではなく、本質的にスライスするスイングを、手先で操れる、アイアンやFWだけ無意識に修正していると考えれば、わかりやすいかと。

説明すると、ゴルフスイングの仕方の説明になってしまうのですが、極端なフェースターンんをせずに、大きな筋肉をつかって、体でフェースを戻し、クラブが常に体の正面で、スクエアになるスイングを身につけるしかありません。レッスンに行く事をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

なんとなくわかります。ドライバーだけふり遅れて体の正面でスクエアになっていないのですね、
意識して練習してみます。

お礼日時:2012/06/28 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェードを直したいです。(ドライバー)

こんにちは。ゴルフ暦2年、平均スコア100からの質問です。

最近ドライバーがフェードボールばかりになってしまいした。球は飛球線を若干左に出て、最後は飛球線右に戻ってきます。
ちなみに(グッドショットの場合ですが、)5番アイアン位まではドローボールが出ます。

練習場では姿勢、肩の回転、体重移動、切り返し、グリップ、プレーンを意識して、いろいろトライしていますが、引っ掛け(最初から飛球線より左方向)になることはあっても綺麗なドローになることはまずありません。
ドライバーは若干フックフェースのシャフトはS(少し硬め)を使っています。
ゴルフを始めた当初は、典型的なスライサーだったので、フェードでも改善なのかもしれません。また最近はフェアウェイもかなりキープできるようになってきたので、大問題ではないのですが、ドローかストレート系の方が、自分にとって安心感もあるので、良いと思っています。

良きアドバイス、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これだけの質問では、十分答えられませんが、私もフック打ちですが、フェードの方がいいと最近思っています。

貴方のドライバーがフェードでアイアンはドローということですね。
普通、ドロー打ちの方は、ドライバーがドローが掛からない場合、右にプッシュストレートまたは右から右へスライスの症状がでると思います。私がそうです。
したがってドローって右に出て真ん中に戻る球筋ですから、貴方のスイング軌道がアウトサイドインの軌道じゃないかなと思います。
そしてアイアンがドローということは、ボールの位置が右足よりにおいてインサイドアウト軌道の段階でインパクトしているのかな?と思われます。
ドライバーでドローが打てないということはスイング軸の移動ができない内に回転しインパクトしていると思います。
フィニッシュは左足の上で立った状態ですか?明治の大砲では?

右股間節の上で回転すると右足の上の円になるため左足カカト付近ではアウトサイドインの段階でのインパクトになります。

それでは結論です。
バックスイングは右股間節軸に右回転させ、切返し移行左に体重移動させ、
左足に左腰がずれたところで左股間節軸に左回転させて振るとドライバーで左足カカト位置のボールでもインサイドアウト段階でインパクト可能です。

平たい言い方すれば、グリップ位置を左股間節付近において左腰でインサイドアウトに振ってやろうと意識してみてください。
そして右には出るが、出たボールが戻って来ないならばグリップを少しストロングにしてください。以上です。

これだけの質問では、十分答えられませんが、私もフック打ちですが、フェードの方がいいと最近思っています。

貴方のドライバーがフェードでアイアンはドローということですね。
普通、ドロー打ちの方は、ドライバーがドローが掛からない場合、右にプッシュストレートまたは右から右へスライスの症状がでると思います。私がそうです。
したがってドローって右に出て真ん中に戻る球筋ですから、貴方のスイング軌道がアウトサイドインの軌道じゃないかなと思います。
そしてアイアンがドローということは、ボ...続きを読む

Qシャフト交換、なぜこんなに高いの?

先日、スイング測定してもらったところ、今のドライバーのシャフトが自分に合っていないとのことでした。
さほど飛距離に不満もありませんでしたが、
「40ヤード位損してます。」と言われると
つい欲が出てしまいます。
で、シャフト交換の費用を尋ねてみたところ、
3~4万円掛かると言われました。
やはりこれ位が相場なんでしょうか?
もし交換することになれば、ドライバーだけでは済みません。
自分にとっては高すぎて迷ってしまいますが、一般ゴルファーとして
当然の出費なんでしょうか?
クラブそのものを買う方が安くつきそうですが、薦められたXなんてあまり見たことありませんし・・
高い!でも交換したい。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用中のヘッドが非常に気に入っている場合でもない限り、リシャフト(シャフト交換)は対費用効果を得るのが難しいと個人的には思います。
使うヘッドに色々なシャフトを入れながら確認出来るのなら、ベストなシャフト選びが出来ますが、現実問題はトッププロ、トップアマでもない限り不可能と思います。
ショップに行かれて、お好きな現物(各メーカーの純正またはオプション装着されている状態)で、試打チェックされる事をお薦めします。その中でベストのものを選ばれるのがいいのではないでしょうか。その際は比較用にマイクラブを同時に待っていかれてデータ、フィーリングなど比較して下さい。シャフト重量が60~70g台でSかXがいいデータになると思われます。但し、シャフト重量が増える、フレックスが硬くなる、ロフトが少なくなるという事は、いづれもボールのつかまりが悪くなる要因ですので、スライス系のボールが出やすくなる可能性がありますので、バックスピン量だけでなくサイドスピン量についても注意する事が必要と思います。
店頭試打で合っていると思われる大体のシャフトの傾向が分かりましたら、新製品ではなく、同モデルの旧モデル品などを検討されると費用はある程度抑える事が可能と思います。リシャフト価格とほぼ同程度の価格か少し高いくらいで購入可能と思います。今月から1月頃まで新製品が多数発表発売されます=旧モデルの処分販売が多い時期です。旧モデルでいいのでしたら、お買い得な時期と思います。
アイアンについても、同様の可能性があるのでしたら、リシャフトではなく、買い替えをお薦めします。本数が多いので費用がかなり掛かりますので、旧モデル、中古品等で検討されれば買いやすいと思いますが。
よく考えられてベストなクラブが見つかる事願っています。
練習も頑張って、是非楽しいゴルフライフお送り下さい。

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用...続きを読む

Qドライバーだけがスライスします。

他のクラブは真っ直ぐ飛ぶのに、どうしてかドライバーだけが大きく円を描いて、スライスします。
いったい何がいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もそうでした。
アイアンは真っ直ぐ打てるのですが、ドライバーだけは超スライスでコースではよくドライバーを封印しました。
でも、今は時々スライスは出ますがフックになるようになりました。
なぜ、スライスからフックに変わったのか。
それは、アイアンの打ち方では全く気がつかなかったのですが、振り遅れで性悪の根元は手打ちなんですよ。
手打ちのため腰が回転する前に手がボールより先に行ってしまうのでスイライスするのです。
ハンドファーストの状態なのです。ハンドファーストにしなさいと雑誌等では書いてありますが、それはヘッドを先に出す人のレッスン方法で手を先に出す人用ではないのです。
これに、気づくのにはかなり時間が掛かりましたよ。
それと、小手先の筋肉を使いすぎているので大きな筋肉を使うことを覚えることです。所謂、ボディーターンです。
まずは、アイアンで極端にクラブを遅らせて素振りをして身体全体で振るようにします。
その他には竹ぼうきやホースで腕に力を全く入れないで振り遅らせて振っても効果があります。
それで、身体の使い方を覚えてから今度は腕に力を入れて腰が先行するようにボールを打って下さい。
そうすれば徐々にフックが出るようになります。
フックが出るようになればボディーターンが出来てきた証拠です。
また、フックしすぎるようになっても慣れるまでは暫くは我慢して下さい。
10球打って全て超フックになったら、ドライバーで打ってみて下さい。恐らく真っ直ぐに打てると思います。
でも、アイアンはフックになったままと思ってしまいますが、簡単な直し方はボールを右に置けばフックしなくなります。
なお、決して小手先で直さないで下さい、元に戻ってしまいます。
それでは、頑張って下さい。

私もそうでした。
アイアンは真っ直ぐ打てるのですが、ドライバーだけは超スライスでコースではよくドライバーを封印しました。
でも、今は時々スライスは出ますがフックになるようになりました。
なぜ、スライスからフックに変わったのか。
それは、アイアンの打ち方では全く気がつかなかったのですが、振り遅れで性悪の根元は手打ちなんですよ。
手打ちのため腰が回転する前に手がボールより先に行ってしまうのでスイライスするのです。
ハンドファーストの状態なのです。ハンドファーストにしなさいと雑...続きを読む

Qゴルフでシングルとはどういう意味ですか

ゴルフでシングルですという人がいますが、どういう意味ですか?
初心者です。

Aベストアンサー

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー4とか言うのがそれです。

基準打数とは「熟練したプレーヤー」がカップにボールが入るまでに
必要とする打数です。単なるプレーヤーではなく「熟練した」がつきます。平均的プロと考えれば良いでしょう。
平たく言うと、一般プロが何回で入れられるか、というものです。

これを合計すると一コース(1~18番まで)でだいたい72回となります。
へたっぴは各ホールでボギー(基準打数より1打多い)だとか
ダブルボギー(2打多い)などたたきますので
合計すると90回も簡単に打ってしまいます。

簡単に言うと、
この人の腕前は頑張っても90回ですから
熟練した人と比べると18回も多いわけです。
これをハンディといいます。
(正確には何度もコースを回ってその平均を出して・・どうのこうのと
難しい計算がありますが簡単に言えばそういうことです)

その人が実力でプレーして一コースあたり、平均して72回より何打多く打ってしまうかがハンディです。

で、ゴルフがどのくらい難しいかというと
アベレージゴルファー(平均的にまぁまぁゴルフをやっていて
よく知ってるよ)という人がハンディで14~25くらいです。
月一(月に一回、年10回~12回)ゴルファなどはこの典型です。
まぁそれでも初心者から見れば結構上手かもしれません。

もちろんプロはハンディがありません。
テレビで見ていると5アンダーとか言ってるでしょ。
あれは72回より5回も少なくプレーしてきた人です。
したがってハンディがたとえ1という人でもハンディがあるという
ことはアマチュアの人です。

で、へたっぴはハンディで25以上の人です。
ゴルフ好きでも結構たくさんいますよ、そんな人。
30を超えるような人は初心者といっても良いかもしれません。
ほんとの初心者は120、130回とハンディが付かないほど多く打っちゃいます。

さていよいよシングルですが
シングルというとハンディが一桁ですから
少なくとも82回以内でラウンドしてくるような人です。
これはかなり上手です。相当やってないとこうはなりません。
年間、そうですねー・・30回~50回はやる人かな・・。

同じシングルでも「片手シングル」という人もいます。
こういう人たちはもっと上手で、週に最低でも一回、シーズン中(春や秋)は週2回~3回はゴルフやってる人です。
それも十年以上そういう生活をしてきてる人たちです。
金も暇もある人じゃないとこうはなれません。

このまえ、ハンディ2の人と一緒にプレーしたのですが
そのとき、週に3回くらいはやってるんでしょ?
といったらしかられちゃいました、
「冗談じゃないよ!週5回だ!」といってましたから
相当なもんです。
ここまでくると、家庭と友人関係を犠牲にしている人も人もいます。

しかし、一方で家庭もちゃんとやっている人はゴルフ仲間からは
尊敬されます。

なぜかというと、
シングル、それも片手シングル(トップアマといいます)になるにはゴルフに費やす時間が半端ではありません。
練習だけでなくコースにも年間百回近くあるいはそれ以上出ています。
中には200ラウンドする人もいます。
それだけゴルフができるということは金もなくてはなりません。
ということは仕事が順調だということです。しかもその仕事を
きちんとこなしているからこそ金が入ってくるわけです。
遊びほうけているわけはないと周りの人は考えます。
仕事が忙しくてもゴルフやるわけですから、それなりに仕事に渡りをつけてやってるわけです。
だいたいそういう人は会社のオーナー社長や自営業の人が多いですが
部下や、同僚、付き合い先とうまくやってるからこそできるわけです。
また、奥さん(家族)とも渡りをつけてくるわけですから
結構なやり手で人格的にも優れていると外からは思われます。

逆に学生のトップアマなんぞ何の尊敬にも値しません。
仕事もせず、家庭も持たず、親のすねかじって好きなだけゴルフやってるんですからハンディがシングルになるのは当たり前の話です。
難しいことでも何でもありません。ですのでなんら尊敬に値しません。

他に仕事を持ってしかもそれをこなして右肩上がりで稼いで、
家庭を持って円満で、その環境でのトップアマになるわけでですからそりゃたいしたもんなんです。

だいたい会社をつぶすような社長というのはハンディ8止まりです。
ちょうどそのくらいになるとそれまで遊んできたツケが回ってきて
会社の運営をないがしろにし、部下の信用のなくし、家庭の崩壊寸前
になりますから精神的にも参ってきて、そこでだいたい会社つぶしてしまいます。
そこから先は金もなくなりゴルフができないようになり、たまたま金が入ったときにやってももう実力はハンディ18くらいになっちゃってます。

上記からいえることは
シングルのハンディの人はいるがほんとにゴルフがうまい!
といえるのは5以下ということになります。
もちろん6~9の人だってうまいのですが
シングルとしては半端です。

もしあなたも5以下のシングルを目指すのなら
最低年間100回のラウンドができる環境づくりを
しなければなりませんので、ゴルフの練習より先に
それを作ってください。

以上、ゴルフシングル講座でした。

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー...続きを読む

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Q自分のハンディキャップの目安を知りたいです。

いつかは所属コースを持ちHCを取得したいと思っておりますが、
現在はまだ所属コースもなく、月1のゴルファーです。

最近はスコアも安定してきたので、そろそろ自分のレベルを
知りたいと思い目安となるHCを知りたいと思いました。

参考になる私のゴルフ暦とここ1年の成績は以下の通りです。

ゴルフ暦は7年程度。
ドライバの平均飛距離は230yのフェード系、
でHSは43前後。
アイアン飛距離は7Iで140y程度です。
平均パット数は32前後程度です。

利用するコースは山岳コースや、丘陵コースが主です。
距離はレギュラーティーで6000y前後のところが多いです。

いろいろなコースに行きたい方なのでので初めて
回るコースがほとんどです。

初めてのコースの場合のスコアが88~92程度です。
ハーフの最小は40です。

過去に3回以上回った事のあるコースの場合は平均85前後で、
ベストスコアは82、ワーストで88です。
ハーフの最小スコアは39です。

6500yを越えるコースのPER4ではセカンドで150y~190y程度残る事が多くパーオンが
厳しくなるなあと感じてます。ドライバの飛距離アップに励んでおります。
100y以内のショートゲームは割りと得意な方だと思っておりますので距離のないコースでは
スコアはまとまります。

後、HCはどこかのコースの所属にならないと取得できないものでしょうか?
今後、本格的にシングルを目指したいと思っておりますので
その為に必要なアドバイス等があればお願いします。

いつかは所属コースを持ちHCを取得したいと思っておりますが、
現在はまだ所属コースもなく、月1のゴルファーです。

最近はスコアも安定してきたので、そろそろ自分のレベルを
知りたいと思い目安となるHCを知りたいと思いました。

参考になる私のゴルフ暦とここ1年の成績は以下の通りです。

ゴルフ暦は7年程度。
ドライバの平均飛距離は230yのフェード系、
でHSは43前後。
アイアン飛距離は7Iで140y程度です。
平均パット数は32前後程度です。

利用するコースは山岳コースや、丘陵コースが主です。
距離は...続きを読む

Aベストアンサー

No1の方の回答がほぼ、すべて言い尽くしています。要は、感覚的なHCというのは、殆んど意味がないのです。自分で予想をし、JGA方式で10枚出してみると、それがよくわかります。

HCは、長い歴史の中で培われて、全てのスコアを継続的に記録した時、そのゴルファーの実力をもっともよく表している数字としているわけで、ベストスコアや、コースレート70のコースを90で回ればHDいくつ?という質問事態が、HCの仕組みとか、意義を誤解されている質問になります。

なにが感覚的なものと違うかというと

・ HCは、継続のなかで確率的に計算される。JGAでは、10枚の提出が必要です。
・ HCは、平均ではない。直近10枚のうち、5枚のベストラウンドから計算される。
・ HCは、選択的ではない。ラウンドレッスンなどの一部をのぞき、JGAコースの全てのスコアを提出することが義務付けられています。都合で対象を絞って計算しても意味がありません。
・ HCは、トータルスコアでなく、ホールごとにストロークコントロールされる。なので、大叩きホールは計算の対象外となります。

それを踏まえて、仮に10ラウンド、全てのホールでダボ以上なし、フロントで初めて回るコースのベスト平均が90前後、コースレートが66~68の場合が多いので、実質、93~4を叩いていることになり、ハンディキャップは22ぐらいになります。

No1の方の回答がほぼ、すべて言い尽くしています。要は、感覚的なHCというのは、殆んど意味がないのです。自分で予想をし、JGA方式で10枚出してみると、それがよくわかります。

HCは、長い歴史の中で培われて、全てのスコアを継続的に記録した時、そのゴルファーの実力をもっともよく表している数字としているわけで、ベストスコアや、コースレート70のコースを90で回ればHDいくつ?という質問事態が、HCの仕組みとか、意義を誤解されている質問になります。

なにが感覚的なものと違うかというと

・ HC...続きを読む

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Qアイアンの弾道が上がり過ぎるのはなぜ?

はじめまして。前から気になっていた事なのですがアイアンの弾道が高すぎて距離が思った程出てないので困ってます。極端にフックやスライスが出る分けではありませんが、あきらかに他の人の弾道とは比べものにならないほど高いです。段々高くなるような吹けた球でもなく、はじめから高く飛んでいきます。距離の目安は9Iで120前後、7Iで140前後です。強振すると高さが増して距離はそれほど伸びません。がっかりします。ドライバーのHSは44くらいだと思います。ちなみにドライバーはティの高さで調整出来るので問題ありません。何か心当り有る方いらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレーンを体の左側に移動させて、
ダウンブロー気味にしなければならなかったので、治すのが結構つらかったですが、これを治さなければ絶対に先に進めないと思い込んで、必死にあれこれ試しました。
結果的には、「トップからインパクトへ」という上→下の意識を捨て、
「右サイドから左サイドへ」の重心移動のなかでスイングすることで改善されました。
トップが小さくなり、ハンドファースト気味にインパクトすることによって、7Iで150y、9Iで130yの飛距離がでるようになりました。

この矯正によって、飛躍的に向上したのがドライバーの飛距離です。以前220y程度だったのが、今では低反発モデルで250~270yは飛んでいますし、ダウンヒルなら300出ています。飛ぶようになった分スコアメイクには苦労しますけど。。

参考になれば幸いです。

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレ...続きを読む

Qシャフトが軟らかいとスライスしやすい?

5年前にゴルフを始めた30歳男です。
この前クラブを持たずに練習場へ行き、レンタルの中では一番新しそうなスプーンを借りて打ちました。シャフト(カーボン)がRだったのですがいつもと同じ感覚で打つと全部スライスでした。極端なフックグリップでやっとまっすぐ飛ぶといった具合なのですが、今までウッド、アイアンともにSシャフトしか使ったことなかったので、軟らかいシャフトのせいかと思ったのですがどうなんでしょうか?
軟らかいシャフトを硬いシャフトと同じ感覚で打つとスライスし易いですか?
(最近初めて計ったらヘッドスピードは46でした。)

あとゴルフはアメリカで始めたのでアメリカのSシャフト(ウッド-カーボン、アイアン-スティール)なんですが、一般的に日本のSより硬いというのは本当ですか?
(メーカーにもよるのでしょうが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヘッドスピードが速い人ほど、フェースの戻りとの差が拡がり左右の曲がりは大きくなります。

nakko_november さんの場合はスライスが多かったようですが、逆にインパクトまでためて一気にリリースする打ち方の人は極端なフックになるはずです。

従ってヘッドスピードの速い人がシャフトの柔らかいクラブを振ると、その人のスイングの特徴によって左右どちらかに曲がるという事になります。 スライスだけとは限りませんね。

またアメリカで市販されているSシャフトですが、たしかに日本のSより硬いです。 

同じSでも腕力のない日本人向けに作られたクラブは比較的柔らかいです。 よくクラブに貼っているシールに 「JV」 という表示がありますが、これは 「Japan Version」 の略で、要は日本向けに作られたクラブであるという意味です。

そのような表示があるクラブのSシャフトはアメリカ向けより柔らかいという事になります。


人気Q&Aランキング