人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 古代文明の本を読むと、その崩壊原因は森林伐採によるものが多く感じられます。メソポタミア・ギリシャ・インダス・エジプトからイースター島まで類居に暇がありません。
 しかしなぜそれを植林で防ごうとしなかったのでしょうか?。高度な文明を持っていた彼らにとっては、苗木を育てて植えることなど造作も無いはずなのに、なぜか植林をしたという記述が見当たりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 つい最近まで、無尽蔵の自然は開発の対象とみなされ、植林とか養殖という考えはありませんでした。

だから木材も魚類も基本的には無料で、経費をかけて、誰のものでもない(無主物)資源を育てる動機がなかったと考えられます。

 もちろん、農業と牧畜は例外ですが、1年という周期で投下した資本と労働が回収できるのがミソで、林業のように次世代になって漸く回収できるロングスパンの投資は無理でした。

 なお、森林資源枯渇の原因は製鉄より建築と造船に求めるのが普通で、よくレバノン杉が例に挙げられます。日本の場合は製塩も原因の一つとされています。鈴鹿山脈、六甲山地、中国山地などは代表的な禿山でした。基盤が花崗岩で、表層土が流失しやすい事情もありました。

 ヨーロッパの場合は、森林を開拓して耕地や放牧地を造成したのが主な理由でしょう。もっとも、イギリスの森林が消滅したのは大航海時代以後のことです。

 なお、メソポタミアやエジプトは乾燥気候で、外来河川による灌漑で栄えました。もともと立派な森林はなかったのではないでしょうか。むしろ、なつめやしやブドウ、オリーブなど、果樹を栽培したのだろうと思います。立派な植林事業ですね。古代日本でも、救荒食物で建築資材でもあるクリの木を育てたようです。
    • good
    • 1

今だってたいして計画的なことはやってないですよ。

現在、日本で使用される木材の多くが外国産、特に発展途上国の安い木材によって賄われています。で、そういう国で計画的に植林をしているかというと、全然しちゃいないわけです。とりあえずいっぱいあるから、じゃんじゃん切っちゃっているわけです。
なくなったら、他の国の森林を伐採すればいい。そういう考えです。

日本国内では植林なんかをやりましたが、外国産の安い木材に値段で負けてしまってちっとも売り物になりません。売り物にならないから、誰も世話をしない。だって、世話をするにもお金と手間がかかりますからね。だから今、田舎の山に行くと確かに杉林は多いけど、昔に比べるとびっくりするくらい手入れがされてなくて荒れ放題になっています。あんなに荒れてしまうと今さらいい材料にもならないだろうなあってお思いますよ。

21世紀でさえ、「環境に配慮した生産活動」なんてのは実現出来ちゃいないわけです。


それに現実問題としては、植林をしたくても産業として不可能であった面もあると思います。苗を植えてそれが木材として使えるようになるには50年はかかります。人類の現実的な寿命は100年前まではせいぜい40年ちょいでした。15歳くらいから働き始めるとはいえ、例えば15歳のときに植林しても、その人が生きているうちには木材として使えるまでには育たない。次の世代まで待たなければなりません。今でいえば100年待つようなものです。とてもじゃないけど待っちゃらんないですよね。だって植えてから伐採できるまで、どうやって生活するのかって問題があるでしょ。
    • good
    • 1

回答しませう



『苗木を育てて植えることなど造作も無いはず』

無理です

確かに接ぎ木が出来る樹木があるでしょうが、苗木から育てる技術などは古代にはありません
中世にもありません
近世になってやっと一部の種類の樹木で可能になったに過ぎません

多くの回答者は、苗木から森林を形成することが可能・・という立場でしょうが、それ相応の技術と環境整備なしにはありえないわけです

もっと具体的に指摘すれば、森林侵食は、人為因子だけではなく、自然環境因子もありえるわけですから森林伐採を原因とした・・という評論も信憑性には疑問があるでしょう

例えば、大規模森林火災は、極めて自然因子で起こり得るものですが、その天災からの新規の森林伐採の必要性から文明崩壊したとしたら、それは人為を原因とするのが当然でしょうか?


ちなみに、出来るという視座の回答者が、植林活動などの経験がないことを指摘できますが、その水準で文明論するのは個人的には疑問しか感じませんので、あしからず
    • good
    • 1

古代文明人は、世界に遺跡を建設し、速やかにその土地を立ち去ったのではと思う。


興味深いのは、朝鮮半島です。
北朝鮮に遺跡がありますが、南には一つもない。
元々半島民は、高句麗という一つの集落に纏まっていた。
度重なる中国からの遠征に悶えていた。
唯一の救いは、古代文明跡地と遺跡のみ。

>高度な文明を持っていた彼らにとっては、苗木を育てて植えることなど造作も無いはずなのに
遺跡周辺の土壌から、穀物を栽培していた痕跡が見つかったようだ。
自然破壊していたかどうか、今の学説では不明ですよ。

純度の高い銅柱も見つかっていますので、通常の青銅技術では精錬出来ないようです。
誰かが、テルミット反応を持ち込んだとしか説明が出来ない現状。
また、ピラミッドに使われている石の中から人の髪毛が見つかっているため、近隣から
石を採取、生成した学説が覆りつつあります。
「ジオポリマー」で検索して下さい。
    • good
    • 0

古代文明の崩壊はまさしく森林の乱伐によるものです。



なぜ森林を乱伐したかというと、鉄を作ったからです。古代文明は青銅器から鉄器に転換していく頃に、鉄が豊富に産出し森林が豊富にあるところを中心に発達発展したのです。

当時、特に鉄器はそれまでの青銅の武器や石斧などにくらべて圧倒的に強力な武器であり、鉄器を用いることができた民族は近隣民族を征服し、文明という水準まで社会レベルが発展していったのです。

しかし、発展するということは同時により多くのエネルギーを消費する、ということでもあり、都市化した地域には近隣から人が流入してさらに多くの兵士を雇い鉄製の武器を渡したり、鉄できた包丁が飛ぶように売れたり、今まで石鍬で耕していた民族が文明の影響を受けて鉄の鍬で耕すようになったりと、より激しく加速度的にエネルギーを消費するようになります。

これらのことは「経済」ですので、知識階層が頭でわかっていても支配階層が強力に規制してもなかなか過熱した経済活動を冷やすことが難しく、その間に大量のエネルギーを消費していきます。

そして古代でエネルギーといえば森林資源ですので、気がついたときには森林がなくなっている、ということになるわけです。

現代でも「気がつく」ということと「コントロールする」ということは同じではありません。
例えば最近は土地価格が下がったため都心のマンションが売れそのため小学校が足りなくなったり、円高で日本と韓国の経済に差が開いたり、石油があと40年で枯渇するといわれながらいまだに再生エネルギーが全然普及していなかったり、と古代文明よりも高度な文明を持つ現代人でもできないことがあるからです。

古代の日本でも森林資源を大量に使用して鉄を作ったため山が丸裸になった地域がいくつもあった、といわれています。しかし日本は温帯湿潤気候だったために、何もしなくても(時間はかかりますが)森林が再生したのです。
中国大陸はもっと鉄を生産しましたが、途中でコークスを使うようになったので森林伐採が止まったといわれています。
それに対して、地中海周辺や中近東では伐採しつくして、森林再生できなかったので文明が崩壊した場所がたくさんあるわけです。

植林をしても育つには長い年月がかかります。それだけのコストを払う発想は古代人には無かったと思いますし、経済が過熱してしまえば結局コントロールできなかったのだと思います。
    • good
    • 1

それは木の文化が日本だけだからです。

それに対し、古代文明は石の文化か土の文化かのどちらかです。木の文化の日本では、木は建材として利用されてきたので価値が高かったわけです。それに対し、石の文化と土の文化では木は燃料にしか使われない。消耗品であって耐久消費財とはならなかった。だから価値が低くて、経済的にペイしないわけです。例えば中国の万里の長城は、古代では土塁であり、中世ではレンガで作られました。木など全然用いられない。メソポタミア文明では粘土板が文字を記す媒体としても使われた。

日本は古くからケヤキを街路樹、庭木、建材、防風にと多目的に利用してきた。しかしケヤキは東アジアの一部と日本にしか自生していません。日本ではどこにいってもケヤキ並木はごく普通に見られます。ところがそんな国は日本だけなのです。ヒノキも建材として人気が高いけど、これも日本と台湾にしかない。スギは日本固有種です。

日本は40%が人工林ですが、その人工林はスギとヒノキが植えられています。どうして、極端に分布が偏っているのか私は知りませんが、耐久消費財に適した品種が日本にしか無かったことが質問に対する答えになるのではないでしょうか。

大げさな表現になるかも知れないけど、木の価値に気づいた民族は日本人だけだったといえるのではないでしょうか。
    • good
    • 1

文明というのは、自然の供給を超えた消費を人間が行った状態。


非文明的生活が、自然の成長以下の住人の状態ですから。
だから、樹木が足りないと気づき、植林をしたとしても、自然の収穫に間に合わない状態まで成長率が達した都市開発が文明。
滅びないでどこかに継承した文明を古代文明とはいわない。植林の結果を出せなかったのが、古代文明が古代文明たる条件なのです。

日本だって、江戸時代の植林は、江戸時代中に間にあっていません。その間に石炭石油文明に切り替わったので、現在スギ花粉の公害が起きています。

あと、アニメの「もののけ姫」がずばりその舞台なのですが、炭焼きの技術が発生して、鉄器が導入されないと、燃料資源の効率化が問題にならないので、植林も発生しません。
薪を燃やしている文明は、植林まで高度文明化しない。

伝統の日本料理が、中華料理の影響をあまり受けていないのは、日本が中国にもっとも影響をうけたのが隋、唐の時代で、江戸時代に鎖国をしている間に清朝がコークスを燃料にして強い火力による中華鍋の食文化が開発されたため、中国のほうで古来のオリジナルの中華料理が淘汰され、日本は唐の時代からの独自進化の料理だから。
    • good
    • 1

 質問に直接回答する知識を持ち合わせておりませんが、「西洋の文化は自然を征服し支配し、自然を人間に合わさせることを目指した」という話を読んだことがあります。



 それに対して日本の文化は・・・ という文化論で読んだ話ですが。

 であるとすると、木々を切って、人間の生活空間を作ること自体が推奨されることであって、そこに樹木を植えて再び自然に帰すというのは反文化的な、許されない行為だったのではないでしょうか。

 ちなみに日本では、縄文時代に栗の木を移植して栗を栽培していたようですね。

 日本でも、製鉄の技術が入ってきた当時は、山陰では樹木の伐採が進み、はげ山が多数出現したようなことを書いた本を読んだことがあります。

 そういう文化史的な話を抜きにすれば、戦争続きで男手がかり出され、植樹する余裕がなかったのかもしれません。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qローマ帝国が崩壊した理由。

ローマ帝国が崩壊した政治・経済・宗教上の理由ってなんですか??

教えて下さい。。。

Aベストアンサー

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或いは自然災害や飢餓等で一々首都ローマの皇帝に指示を貰って動いていたら今の日本のお役所仕事よりも状況は悪化します。なので担当者を派遣して急場は彼らが処理して根本的な対処(立法や公的資金の注入。軍の配置等)は事後報告を受けた皇帝が担当することになりました。
しかし皇帝が後継者を残さずに死んだりネロ等の様に住民や元老院に見放された皇帝が出てきたらついムラムラっと支配欲に燃える人も多かったりします。それが上り坂の時代ならば多少は許容されるのですが下り坂で蛮族の侵入が重なったりしたら内乱に乗じられたりする訳です。

経済的には政治的な内容と重なりますが内乱と蛮族の侵入が重なるとどうなると思いますか?
ここでは北アフリカを挙げたいと思います。内乱等で軍隊が指揮官の皇帝即位の為に他のライバルを武力討伐する為に他の地域へ移動すると周辺民族が侵入してきます。彼らは簡単に言うと銀行強盗の群れだったので街や村を略奪して回ります。そうすると住民は暴力を嫌って難民となり他所へ流れて行くことになります。基本的に経済は農作物や鉱山からの収益或いは貿易で成り立ちますし農業はそれらの基本です。そして農地は常に人が手入れしないと荒れる物です。信じられないかもしれませんが当時の北アフリカは砂漠では無く穀倉地帯だったんです。で荒れるに任せて砂漠化しました。これは他の地域では荒地になったり森林になったりして収穫は激減していったのです。
しかも強盗は略奪する物が無ければ支配して搾り取る方法にして居座り続ける事を始めたので二重の意味でダメージになりました。

宗教的には色々ありますが政治的・経済的行き詰りとキリスト教の普及が重なった事が大きいでしょう。ローマ古来の神々は我々を見捨ててしまった。そんな思いに駆られたローマ人の心のスキマにキリスト教は漬け込んだんです。曰く、今の状況は真の神を蔑ろにしたローマ人の所業のツケである。曰く、しかし真の神に帰依すれば救済されるとでも言ったのでしょう。ここで最後の審判で救われると言うのがミソです。来るかどうかも分からない最後があると言って置きながらそんなものは20世紀が終わってもありはしなかったのですからね。まぁこれは今だから言える事ですし当事者はパニックで冷静に考える余地が無かったのですけど。
それからカトリック教会とローマ法王という形で国家内にもう一つの国家を作り上げて寄生されたのも痛かったですね。飢饉で神父やシスターが難民にパンを配る・・・美しい光景ですが何の解決にもなっていません。解決するには行政サイドが動くしか無いのですがガタガタの帝国にはそんな力は残されていなかった。これでは教会に入る人が増えるし帝国に見切りをつける人が増えるのは止め様がありません。


最後に追加ですが戦争のやり方が変ったのも重要です。かつては重装歩兵が主力を担っていたのが騎兵に取って代わりました。単純に考えて甲冑と槍で済んでいたのが追加で馬が加わります。これがクセモノでして俗に牛飲馬食と言う言葉がありますがこれは飲み食い意が激しいのを牛馬に例えた言葉ですが馬を飼うには餌場を順々に回る遊牧生活か金で買って入手するしか方法がありません。しかも手綱や鞍を付けないと乗れませんし牧場や厩舎を作ったり練習の為の馬場も必要です。
これは何故かと言うと大陸の東のモンゴルとかの遊牧民が食い詰めてヨーロッパ方面に移動しました。と書くと穏やかですが戦争しながら原住民を土地から追い出して居座ると言う形で成されました。それでゲルマン人も食い詰めてローマに・・・と言うわけです。なので力関係では負けてるので弱ってるローマで略奪や居座りして新生活を始めよう・・・とそういう次第なんです。



纏まりが無く内容が重複した文章ですがそう私には見受けました。

まず言っておきたいのは、領土(図体)が大きくなりすぎた事を念頭に入れておいて下さい。

政治的には領土が広すぎた為に軍司令官や属州総督を派遣するといったシステムが多かった様です。と言うのも東西だけで言うと最盛期にはスペインのジブラルタル海峡からロシアの黒海沿岸やイラク北部に跨っていました。今でこそ飛行機で何時間といった距離ですが当時は風任せ・人力便りのガレー船と徒歩や馬で街道を進むしか方法が無かった時代です。そんな交通事情では例えば蛮族(周辺住民)の組織的な侵略や略奪。或...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「米の生産性」 と 「麦の生産性」の比較

米は一粒から200粒ほどできるけれど麦は20粒ほどしかできない。
(これは時代地域によって大幅に違いますので、解りやすくしたものに過ぎませんが、このような違いがあったことは事実です。)

また稲作は二期作も可能なのですが、麦は連作できず、三圃制度がとられました。

これらのことをあわせ考えると、生産性の違いは数倍あることは確実です。

この違いから何が言えるか?というのが質問の趣旨です。


まず耕作面積あたりの生産性が違ってきて、面積あたりの扶養可能人口が違ってくると思われます。

私見ではこれが東南アジア稲作地帯の人口密度の高さに現れている、と考えます。

さて私としては、農民一人当たりの扶養可能人口が違ってくる、つまり農民以外の人口が増加して、工業、商業、文化生活などで豊かな生活が出来る、と言いたいのですが、どのような計算をして、これを立証したらよいかわかりません。

この計算をするための統計も不足していると思います。

どなたかこういうことをどう考えたら良いか、教えていただきたいものです。

Aベストアンサー

資本主義の起源と西洋の勃興
たとえば P130

中国の農業生産性は乾式穀物栽培をこなっていたヨーロッパよりもはるかに高かったので



明代における国家と貴族がヨーロッパとは異なって海外交易(および征服)からの歳入を追求しなかったかの理由であるともいえよう。

とか数カ所で、農業生産性の話が出ています。

単純化するならば

地主という貴族
商人という都市ブルジョワ
国家権力

という三つの存在を考える
農業生産性において、中国、インド > ヨーロッパ

農業生産性の高い、中国、インドでは、地主である貴族、及び皇帝、王などは、交易による収入を期待しなくても、十分な租税を農業生産から期待できた。
【農業生産性の高さが、商業(特に域外交易)の成長を必要としなかった。】という前回回答の部分
農業生産性の低い、ヨーロッパでは、交易が、農業と比べて比較優位となった。
※ 当該著書でも、中国、インドの交易は規模としてヨーロッパよりも大きかったということは指摘しています。あくまで比較優位の話です。

なので、中世において、ヨーロッパでは都市国家や自治都市が成立した。
※ 中国やインドの都市も巨大であったが、王や皇帝の作った都市であり、自主性はなかった。

戦争継続において、中国 インドでは農民への課税強化で行ったが、欧州は都市からカネを借りることで、行った。
※ なので 中国インドでは時として激しい農民反乱が行われたし(欧州との比較で)欧州では、商人が三部会とか、ベネチアなどのイタリア都市国家のように、それなりの政治的発言権を持つようになった。
【地主貴族が低い農業生産性のためブイブイできなかったので】という前回回答の部分、最大の地主貴族である皇帝、国王も含めて、戦争継続のために、課税強化しようとしても、生産性が低いので出来なかった。総額としての納税額を増やそうとして領土を増やそうと戦争するには、商人から金を借りなければならないという構造です。

結果として 「商売って素敵 善い行いだよね」

というのが国家として是認されたので、資本主義が欧州で生まれて成長した。

けっして、中国やインドにおける前近代の経済規模(農業を基礎とした)の量的拡大によって資本主義という質的変化が生まれるものではない

というのが この本書趣旨

資本主義の起源と西洋の勃興
たとえば P130

中国の農業生産性は乾式穀物栽培をこなっていたヨーロッパよりもはるかに高かったので



明代における国家と貴族がヨーロッパとは異なって海外交易(および征服)からの歳入を追求しなかったかの理由であるともいえよう。

とか数カ所で、農業生産性の話が出ています。

単純化するならば

地主という貴族
商人という都市ブルジョワ
国家権力

という三つの存在を考える
農業生産性において、中国、インド > ヨーロッパ

農業生産性の高い、中国、インドでは、地...続きを読む

Qイスラム教の国は、なぜ国内の争いが多いのですか

エジプトやシリアなどの国は、国民がほとんどイスラム教を信じているのだと思うのですが、なぜ同じイスラム教同士で争うのでしょうか?
私は宗教のことは、よくわからないのですが、キリスト教や仏教よりイスラム教同士の争いの方がずっと多く感じるのですが。
すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

インドネシアは最大の「イスラム教の国」です。
トルコのゴタゴタも、元々公園を潰すか潰さないかで始まりました。イスラム教とは無関係だったのを、ドサクサ紛れに政争に利用した連中がいます。(政策がイスラム教色だのどうのとややこしいことになってしまいました。)
エジプトは自由選挙を実施維持するだけの民意が発達していなかったために起きてしまったゴタゴタです。
自由選挙至上主義のアメリカが口出しをしてややこしくなっています。(下記サイト参照)

[FT]エジプトに必要なのは民主主義より内戦回避だ :日本経済新聞
www.nikkei.com/article/DGXNASGM20023_Q3A820C1000000/

中近東で起きている紛争は、新聞記者が、やれスンニ派だのシーア派だのと色分けして書きますが、宗教思想に基づいて戦争をしている訳ではありません。
一つは党派同士の政争です。
若い国々が多いために、どの国も圧倒的に若者の数が多い一方で、働く場所がありません。(気候風土の関係で農業が未発達で、農村が若者を吸収するということができません)
結果として石油が生み出す富の利権争いも一つです。欧米諸国特にアメリカが石油の確保の為にチョッカイを出して、文字道理火に油を注いでいます。
第二次世界大戦が終了した後に、欧米諸国が現地の人達になんの断りもなく、イスラエルという国を勝手に作ったのが原因で、主導権を持っている石油狙いのアメリカに対して激しい敵意を持っています。

永い間の戦争で若者達の働く場所がなく、武装勢力に加わると衣食住が保証されるとともに、武力闘争という人生の努力目標までが手に入ります。生きるために戦争をするという事態になってしまっています。

決してイスラム教の国だからという訳ではありません。

インドネシアは最大の「イスラム教の国」です。
トルコのゴタゴタも、元々公園を潰すか潰さないかで始まりました。イスラム教とは無関係だったのを、ドサクサ紛れに政争に利用した連中がいます。(政策がイスラム教色だのどうのとややこしいことになってしまいました。)
エジプトは自由選挙を実施維持するだけの民意が発達していなかったために起きてしまったゴタゴタです。
自由選挙至上主義のアメリカが口出しをしてややこしくなっています。(下記サイト参照)

[FT]エジプトに必要なのは民主主義より内戦回避...続きを読む


人気Q&Aランキング