主人の兄が主人名義の借金を2千万程しています。
兄にも返済のメドもないのですが、とりあえずこちらではまだ返済は開始してません。
主人と義兄との間で、もし義兄が亡くなった場合、借金返済分の生命保険にはいっておこうという話になってるのですが、受取人は兄弟の場合でも5千万以内なら、相続税はかからないのですか?
義兄には妻と3人の子供がいてて、他にも借金がたくさんあるようですが、
受取人が主人の場合はもちろん他の借金からの催促なんてないですよね?
契約の仕方は、契約人=兄・被保険者=兄・受取人=主人とするのがベストなんでしょうか?
7年程前にあの住専からの借金なのですが、800万だったのが現在2千万ほどになってて、法定外の金利の場合、裁判かなにかで法定金利にしてもらえると聞いたことがあるのですが、本当のところはどうなんでしょうか?
よろしく御願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 法定金利とは、利息制限法の金利だと思いますが、800万円の場合、年15%です。

これで計算しまして、複利換算で、7年で2.66倍(2128万円)になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。正規の金利だったのですね。無知でお恥ずかしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/19 07:46

契約方法ですが、契約人=兄・被保険者=兄・受取人=主人を保険会社によっては


拒否をするかもしれません。
被保険者の二親等の親族が受取人が条件にあります。この場合は、条件をクリアーするのですが、同居の有無や家族がいるのに別居の親族をしてする必要性を尋ねると思います。
そこで、加入する理由を話すと謝絶するかもしれません。
どうしても以前ありました。保険金殺人等の余波があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。私も最近の保険金殺人のことが頭をかすめてあまり良い気持ちではないです。でも借金を残されてしまっては本当につらいので、通販の生命保険とか無審査で入れるような?会社のを選びたいと思います。

お礼日時:2001/05/19 07:54

相続税における、生命保険金の非課税の規定は、被相続人(亡くなった方)が保険料を支払っていた生命保険の保険金を相続人が受け取った場合について、500万円を限度として、設けられています。


義兄の方が亡くなったとき、奥さんか、お子さんがみえる場合、この適用は、むりと思われます。

相続税の基礎控除額は、5千万円+(1千万円x相続人の数)ですから、
現状では、9千万円までの相続財産は、相続税はかかりません。

相続財産とは、財産総額から、負債の額や、葬式費用を控除します。
----以上、相続税に関する部分だけですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受取人の指定 法定相続人以外?

男性・妻と子2人有り を相手に私生児を出産(認知済)の女性

その状態で 某大手生保に男性に掛ける死亡3千万程度の保険を見積もってもらい
認知済の子を受取人として契約したいと相談した所、
担当者は『書面上、親子(実子)なので可能と思う』が『死亡時に現妻に裁判を起こされたらどうかな?』などその場では判断しかねた様で、数日後の結果は無理というでした

現在、男性は離婚成立 独身の状態(身内・実母と子供2人も彼の籍に残っています)
この状態なら、同じ保険に入れるでしょうか?
(認知の子が受取人になれるでしょうか?又
この保険に関しては全額その子が受け取れる様になるでしょうか?)

子2人が男性の籍に居る事がネックになったりはしますか?これに関しては近い数年をめどに妻側に移す事になっているそうですが・・

宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

何度も申し訳ございません。また、先ほどはご親友のお話をhimarayan様ご本人と勘違いいたしまして、重ね重ね申し訳ございません。
お礼の方に、現状を記されていたので少し追加回答をさせていただきます。またもやAlicoの取扱なのですが、事実婚の取扱=入籍はしていないが、双方が法的に独身でなおかつ3年以上にわたって同居し、夫婦同然の生活をしており社会的にも事実上の夫婦とみなされている関係の場合、原則として一般契約と同様に取り扱うとなっています。万が一男性に何かあった場合は遺族年金や相続財産を受け取る権利がhimarayan様のご親友にはありません。条件が満たされるならご親友を受取人とすることも考えてみてはどうでしょう?
いずれにいたしましても、皆様のお幸せをお祈りしております。失礼しました。

Q生命保険で法定相続人以外を受取人にしたいのですが。

現在戸籍上の妻と2年間別居して、他の女性と暮らしています。 別居中の妻は離婚に応じてくれず、膠着状態です。 このままでは私に「万が一」があった場合に現在の女性になにもしてやれません。 それでも私を信じて、ついてきてくれることに感謝し、少しでも何かしてやりたく、小額でも彼女が受取り人の生命保険に入りたいと思っています。 しかし、彼女は法定相続人ではありません。 それでも入れる保険、または何か良い方法は無いでしょうか? ご意見等お聞かせ下さい。 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。
このサイトはいろいろ規制があり、実際保険を扱ってる人間は『宣伝行為・売名行為』とされるため「どこが良い」と具体的には書き込めないんです。ごめんなさい。

また第三者受け取りの契約の場合、お申し込みの後に「生保リサーチセンター」ないし保険会社の人がご契約者のところへお申し込み内容の確認(お申込人の免許証等を拝見、お申込内容、受取人、健康状態(通院が・治療中ではないかなど)の確認に行きます。

保険会社の本社か、お客様お問い合せ窓口(コールセンターなど)に聞いて、何社かピックアップして、まとめて扱う代理店でも良いでしょうし、保険会社から営業担当を派遣して貰う手もあります。
また、『保健相談相手』を探すサイトがありますので、Yahoo!やGoogleなどで「保険・相談・相手」あたりをキーワードに検索したり、「All About Japan」で紹介されている相談サイトもありますので、それらでここと同様に初めは匿名でご相談ください。
そこのどこかで私は実名で出ています。
また巡り会えますよう祈ります。

とりあえず、ここでできる範囲でお役に立てそうで何よりです。

No.3です。
このサイトはいろいろ規制があり、実際保険を扱ってる人間は『宣伝行為・売名行為』とされるため「どこが良い」と具体的には書き込めないんです。ごめんなさい。

また第三者受け取りの契約の場合、お申し込みの後に「生保リサーチセンター」ないし保険会社の人がご契約者のところへお申し込み内容の確認(お申込人の免許証等を拝見、お申込内容、受取人、健康状態(通院が・治療中ではないかなど)の確認に行きます。

保険会社の本社か、お客様お問い合せ窓口(コールセンターなど)に聞いて、何社か...続きを読む

Q先日、兄が亡くなり、弟の私が受取人になっている生命保険に加入していたこ

先日、兄が亡くなり、弟の私が受取人になっている生命保険に加入していたことがわかりました。
契約者と被保険者は兄で、保険料も兄が支払っていました。
支払われる保険金はおおよそ1000万円ですが、この場合、税金はかかるのでしょうか?
また、税率はどれくらいでしょうか?
参考までに兄には家族として配偶者と子供が3人(いずれも未成年)おり、家などの遺産のすべては家族が相続します。

Aベストアンサー

保険料負担者=契約者=Aさん
被保険者=Aさん
受取人=Bさん
という場合、Bさんが相続人ではない場合、
「贈与税」になると誤解している人が多く、
ネットでも「贈与税」と答えている例が多いのですが……
保険金は、遺贈のように扱われるので、
Bさんが相続人ではなくても、「相続税」になります。

ただし、生命保険にある
500万円×法定相続人の人数
という生命保険金の非課税枠は利用できません。

しかし、相続税なので、相続税の
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という控除枠は利用できます。

この説明は、生命保険文化センターの説明を参照してください。
http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/091210.html

今回の場合、
お兄様のご家族がいらっしゃるようなので、ご家族の遺産が、
5000万円+1000万円×4人(奥様とお子様3人)
=9000万円
つまり、今回の保険金1000万円なので、その他の生命保険金を含めて遺産が
8000万円以下ならば、相続税の控除枠ないになり、非課税となります。

これを超える場合には、計算が複雑になってきます。
相続税をどのように支払うのかという問題も絡んできますから、
ご遺族の方と相談しなければなりません。

このようなお金の話は、トラブルの原因となりやすいので、
予め弁護士や税理士など、相続税に明るい人をアドバイザーとして
立てておくとトラブルになることを防げます。

保険料負担者=契約者=Aさん
被保険者=Aさん
受取人=Bさん
という場合、Bさんが相続人ではない場合、
「贈与税」になると誤解している人が多く、
ネットでも「贈与税」と答えている例が多いのですが……
保険金は、遺贈のように扱われるので、
Bさんが相続人ではなくても、「相続税」になります。

ただし、生命保険にある
500万円×法定相続人の人数
という生命保険金の非課税枠は利用できません。

しかし、相続税なので、相続税の
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という控除枠は利用でき...続きを読む

Q父が去年亡くなり、契約者父、被保険者母、死亡受取人兄、の保険証書がみつかりました。

兄は何度も借金を繰り返し、母は兄に内緒で死亡受取人を私に変更したいといってますが、兄に内緒でできますでしょうか?相続手続きは、母を契約者・被保険者ですることにしました。郵便局の簡易保険なのですが、その手続きと同時に受け取り人変更も行おうと思います。普通の受取人の変更には、契約者の意思で前受取人に知れることなく手続きできると聞いていましたが、同時となると兄に連絡がいってしまうのか心配です。
相続手続きだけして、しばらくたってから受取人変更したほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

保険契約は契約者に全ての権利があります。
契約者は受取人を変更することができます。
その際、受取人に意志は全く関係ありませんし、もちろん連絡も行きません。

ですから保険契約をお母様が相続するのであれば、全く問題ありません。

Q妹=契約者・被保険者、親以外を受取人とする場合

かなり調べましたが複雑で納得とまでいかず、アドバイスをお願いします。質問は3つが絡みます。(兄2人は既婚、妹と私は独身です)

 妹が自分に掛けた保険、現在は受取人=母(母子家庭)。ところが姉の私に大きな借金があります。最近になって、もう返すだけの貯金は無理ということで、受取人を姉の私にしておいた方が気がラクだと言いますが、調べてみると法定相続人とかが優先されるようですね。そこで以下3つの場合はどうなるのでしょうか?

1)妹死亡時に母が生存していた場合(受取人は姉に変更したとして)
2)受取人=母のままで母が死亡した場合、姉が受取人になるにはどうしておいたらよいか(兄2人も浪費グセがあるので渡したくないと言っている)
3)実は離婚の父が親権を持ったくせに養育費は一切くれず母が苦労して育ててくれました。しかし親権が父親にあるままでは、もしかして法定相続人としてこの父親にも権利がいくのでしょうか?もしそうならその場合の対策は?

※難しいことが絡んでいるので、全てでなくても部分的なアドバイスでもいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えー、郵便局の窓口社員です。

まず、保険の契約については各会社ごとで違う点がありますので、最終的にはご契約いただいている会社へ直接ご相談ください。

まず「受取人」と大雑把に質問されていますが、
生命保険の場合、
・被保険者が死亡時の「死亡保険金受取人」
・満期があるタイプなら「満期保険金受取人」
が別々に設定できるケースがあります。(かんぽがそうです)

ただ、ご質問の流れから考えて「死亡保険金受取人」を誰にするべきか?という内容として以下の説明をご理解ください。

1、死亡保険金受取人ですが「保険契約者」様の意向一つで誰を設定するかは基本的に自由です。
極端な話、被保険者様が同意していればまったくの第三者でも死亡保険金の受取人になることができます。
今回のケースであれば、「契約者・被保険者」である「妹」さんと「質問者様」は姉妹ですので、「死亡保険金受取人」になることは全く問題ありません。保険会社も特に厳しいチェックを行うケースとは判断されないと思われます。

2、現在の死亡保険金受取人様であるお母様が仮に他界されたとしても、「被保険者」(今回は契約者でもある)の「妹」さんが健在であれば、保険契約がなくなるわけではありませんので、「妹」さんの意向と手続きに基づいて「死亡保険金受取人」の変更しておくだけです。

3、お父さまの話が出てきておりますが、死亡保険金の受取等々に関して、ここでお父さまに出る幕は一切ありません。

-----------------------------

ここまで、生命保険のお話。

以下、税金のお話。
質問の1、2について税金云々は関係ありません。
3で出てくる「法定相続人」の関係について簡単に説明します。

まず、「法定相続人」とは財産の「相続」について「権利がある人間はだれか」を指し示す言葉です。

生命保険の死亡保険金については「相続財産としない」というのが、現在の最高裁の判例です。
ですので、死亡保険金の受取人をきちんと設定しておくこと(上の2の回答)で、「相続」の手続きは発生しません。

唯一死亡保険金に「法定相続人」という言葉が出てくるのは「死亡保険金」の「非課税金額」を計算するときです。

相続の権利が発生する順番は
「配偶者」←必ず発生します。
「子=孫」 (第一順位)
「親」   (第二順位)
「兄弟姉妹」(第三順位)
です。

死亡保険金は
「法定相続人の人数」×500万円
について「相続税を免除」されます。

お父さまが出てくるのは、この「人数」の頭数の時ですかね。
実際に「妹」さん自身が亡くなったりするとそうはいかないことも出てきます。
妹さんに預貯金などの「相続財産」があると、お父さんにも権利が発生します。(死亡保険金は相続財産じゃありませんよ、念のため)

とりあえず、税金の話は横に置くとして、
以上が生命保険に関する決まりごとです。

妹さんが今後ご結婚した時には、また考えるときは来ると思いますが、
そういった事情があるのなら、妹さんの判断で死亡保険金を質問者様にすることは可能ですし、特段の問題はありませんね。

えー、郵便局の窓口社員です。

まず、保険の契約については各会社ごとで違う点がありますので、最終的にはご契約いただいている会社へ直接ご相談ください。

まず「受取人」と大雑把に質問されていますが、
生命保険の場合、
・被保険者が死亡時の「死亡保険金受取人」
・満期があるタイプなら「満期保険金受取人」
が別々に設定できるケースがあります。(かんぽがそうです)

ただ、ご質問の流れから考えて「死亡保険金受取人」を誰にするべきか?という内容として以下の説明をご理解ください。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報