ドイツのような「連邦共和国」と旧ソ連のような「共和国連邦」。
上の二つは、同じ単語が使われていますが、順番が違います。
これに意味はあるのでしょうか?
何か違いがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『連邦』とは、主権国家の集合体として国際的に大国の地位を築くこと。


江戸時代、藩主は小国家の主権者であり、同時に幕府の統制下に置かれる形で日本国を形成していました。実権力者としての将軍が全ての小国家(藩)を支配下に置き、同時に名目的最上級の天皇制が存在したのは、日本独特の国家体制ですが、この様な場合も実質的には連邦と解されます。
『連邦共和国』は全体としては共和制(最高権者及び議会が選挙で選ばれる)だが、傘下の小国の中には君主国も含まれ得る場合を言い、
『共和国連邦』は、共和制小国の集合体で且つ、連邦内各国が全て平等の権利を持つことが建前とされる連邦体です。理想的にはどの小国の誰が連邦大統領に選ばれるかは、選挙の結果で決まる。その選挙権は、各小国から代議員が選ばれて代議制で大統領が選ばれる場合も、加盟国民の全てに平等に選挙権が与えられる場合もあります。
『共和制』の基本は、立法権を持つ議会制があり、公正で民主的な選挙権・被選挙権が全国民平等に保証されていることが前提となります。そのような理想的な連邦国家は、残念ながら、過去にも現在にも見当たりません。
アメリカの大統領及び上下両院議員選挙は、投票権は全国民に与えられるものの、『アメリカ型自由主義』を支える二大政党制が、移民や先住民の意思の表明を妨げています。イギリスの二大政党制は、体制自体が崩れかかっています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
私にはちょっと難しかったですが、じっくり読んで納得いきました。

お礼日時:2012/07/12 18:43

ドイツ連邦共和国の場合ドイツ語: Bundesrepublikは、英語: bondと同語源の単語を含むが、公式の英語名は英語: Federal Republicとし、ラテン語: foedus,foederisの「盟約」という原義は基本法の承認という政治体制の本質からの反映となる。

日本語で"federation", "confederation(con- には「同じ」という意味がある)"の原義は反映されることが少ない。


 ソビエト社会主義共和国連邦は連邦を含むが、ロシア語でのソ連の略称ロシア語: СССР (エス・エス・エス・エル)の最初のロシア語: С (エス)はロシア語: Союз (ソユーズ)で「団結・結合・同盟」の意味とされる。そのため、「ソビエト社会主義共和国同盟」というのが正確な意訳に基づいた国名であり、日本でも、1960年代初期頃までは、出版物などにおいては、「ソビエト社会主義共和国同盟」と表記されることが多かった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その国の言葉での名前から説明していただき、とても興味深かったです。
ご回答ありがとうございました。。

お礼日時:2012/07/12 18:41

ざっくり言ってしまえば,


「連邦共和国」は合衆国的な意味合い。
「共和国連邦」は共和国同盟のこと。 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なかなかざっくりですね。
いまいちピンと来ませんが……。
ともかくご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/12 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初代ガンダム 連邦軍 ジオン軍

初代ガンダムについてです。

質問1
連邦軍とジオン軍はなぜ戦っているのですか。

質問2
「連邦」と「ジオン」とはなんの組織でしょうか。
国ですか。誰かに雇われてるのですか。

質問3
連邦軍ジオン軍以外の第三国となる軍や中立国などは出てきますか。

質問4
戦いの結末はどうなったのでしょうか。

わかるものだけでかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問1

ジオン公国の独立戦争です
その当時の地球の国家は、地球連邦と言う一つの主権の下に結合して形成する連邦国家で
宇宙のコロニー郡(サイド6を除くサイド1~サイド7)もそれに含まれています
ですが、地球連邦軍の官僚や裕福層が地球に留まり地球を私物化し
宇宙に住む者達(スペースノイド)を支配している形で
その状態から脱却を図るべく、スペースノイドの自治権を得る為に
サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦軍に対し、独立戦争を仕掛けた訳です

質問2

連邦とは先の通り、当時の地球(ならびに宇宙)に存在していた複数の国家が
地球連邦の主権の下に結合した連邦国家で、ジオン公国のサイド3もそれに含まれていた訳ですが
そこから脱すべく独立戦争を仕掛けています
判り易く言えば、ソビエト連邦から独立しようとしたバルト三国の様なものです

質問3

サイド6と月面都市のフォン・ブラウン市は中立です
あと、国ではないですが、木星からヘリウムを運ぶ、ヘリウム船団も中立的な立場です

質問4

地球連邦軍が、ジオン公国の最後の要のア・バオア・クーを落とし
戦う力を失ったジオン公国が地球連邦政府と講和条約を結び終戦しました
(自治権を得られなかった為、事実上はジオン公国の敗北)
尚、その際、皇族であるザビ家の人間の大半が亡くなっている為
ジオン公国はジオン共和国と改名しています

質問1

ジオン公国の独立戦争です
その当時の地球の国家は、地球連邦と言う一つの主権の下に結合して形成する連邦国家で
宇宙のコロニー郡(サイド6を除くサイド1~サイド7)もそれに含まれています
ですが、地球連邦軍の官僚や裕福層が地球に留まり地球を私物化し
宇宙に住む者達(スペースノイド)を支配している形で
その状態から脱却を図るべく、スペースノイドの自治権を得る為に
サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦軍に対し、独立戦争を仕掛けた訳です

質問2

連邦とは先の通り、当時の地球(な...続きを読む

Q共和国とは?日本は共和国?

共和国とは君主をおかず、大統領とかが国家元首となっている国家と聞きました。

このことから、アメリカは共和国と考えてよろしいのでしょうか?
あと、日本も共和国となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。ロシアは、アメリカと違い、共和国の中に共和国(タタールスタン共和国など)を抱えています。中国(中華人民共和国)は実質的は党が国を支配していますが、独裁ではないので共和国と呼べるでしょう。
 イギリス(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)は立憲君主制。女王エリザベス二世が君主でブレア首相が政治のトップ。オーストラリアはイギリス連邦の一員であるため元首はエリザベス女王(この場合、形式上オーストラリア女王)。オーストラリア総督が政治を代行します。サウジアラビアも王国。サウード家が政治を行う数少ない絶対王政の国。

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。...続きを読む

Qアメリカの連邦制

アメリカの連邦制に調べています。調べていてどうしても連邦制の成立の状況がはっきりしないのですが、自分なりに2種類の解釈をしているのですがどちらが正しいのでしょうか?それともどっちも間違っていますか?

1.保守派の人々が、強力な政府を持った、より強い結合体としての連邦国家の建国を望み連邦制が採用された。

2.保守派の人々は中央集権をのぞみ、急進派の人々は地方分権を望んだため、中間的な連邦制が採用された。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

急がば回れで、アメリカ合衆国建国の経緯を見てみましょう。
御存知かもしれませんが、アメリカ合衆国は、東海岸の13の州がまとまって、独立宣言をし、独立しました。
一つ一つの州が個別に戦っても、大英帝国には敵わなかったからです。
連衡して、大英帝国に対抗したのです。
あとは、スペイン、メキシコと戦い、インディアンを虐殺してその土地を奪い、今のアメリカ合衆国にしました。
答えとしては両方足して糖分すれば丁度いい感じです。
地方分権というよりも、「俺の土地の事に口を挟むな!」という感じですよ。

Q帝国と王国の違いについて

帝国と王国の違いについて教えてください。

帝国の定義としては「ある特定の民族が他の民族や領土の支配をともなって統治している場合」という記述がありました。

歴史を見るとナポレオンは自らを皇帝と称しましたが、この時代のフランスは帝国ですか?

また明治維新以後敗戦までの日本は「大日本帝国」ですが、これは台湾や朝鮮などを支配していたからでしょうか?

ドイツは小王国に分かれていたのが統一されてドイツ皇帝
Kaizerを戴きましたが、ワイマール共和国が成立するまでは帝国だったと言えますか?

中国は明帝国、清帝国など、周辺の諸民族を柵封し、支配していたので帝国ですよね。

しかし、オランダ、スペイン、ポルトガルなどは植民地をもって多民族を支配していたのに、王国でした。

はっきりとした違いはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

本来は他の方もおっしゃるとおり、皇帝の称号はある文明・文化圏における最高の君主が名乗るものです。
古代ペルシャの「諸王の王」という表現が一番ぴったり来るでしょうか。

××帝国、という言い方はかなりあいまいな基準によります。
皇帝を擁する大国を帝国と呼ぶのはもちろんで、オーストリア帝国とかムガル帝国、歴代の中国統一王朝などはそれにふさわしいものですが、これが中央アフリカ帝国となると歴史も由緒も???なところがあります。
このほかにイギリスやスペインのように、帝国主義政策を取った国とその植民地をあわせて帝国と呼ぶことがあります。この場合、アメリカ合衆国やソビエト連邦のように君主国ですらない国についても帝国と呼ばれることがあります。

西アジア~南アジアではペルシャ帝国崩壊後、イスラム教のカリフ(後にスルタン)が皇帝と訳されるようになります。

ヨーロッパ圏ではローマ皇帝の後継を称する君主が名乗るものでした。エンペラーだのカイゼルだの、という称号はそれぞれ古代ローマのコンスルが有していた最高指揮権(インペリウム)、及びカエサルの名に由来します。ローマ帝国末期の東西分裂などのため皇帝位は大雑把に西系(ローマ教皇により戴冠)と東系(ビザンツ皇帝→ロシア皇帝)に分かれますから、皇帝が複数いる事態が異常とは思われていなかったようですが、相応の由緒と実質がないと他国が認めませんでした(ロシアの君主が皇帝となるのは1721年のことです)。

スペインが皇帝位を名乗らなかったのは、すでに本家オーストリアのハプスブルク家が神聖ローマ皇帝位を名乗っており、分家たるスペイン・ハプスブルク家が皇帝を名乗るわけにはいかなかった、という事情があります。
ポルトガルやイギリス・フランスといった他の王家が皇帝位を名乗れなかったのも同様の理由によります。

ナポレオン1世もローマ教皇から戴冠を受ける、という形式を整えた点ではこのラインに属しますが、あまりにもなりあがりぶりが露骨だったため評判はよろしくありません。また、神聖ローマ皇帝がありながら皇帝を名乗ったため、皇帝位の価値を下げた、とする見方もあります。いずれにせよ、まずありえないことですがボナパルト家の人間がフランスの君主になった場合、その人物はフランス皇帝を名乗ることになるでしょう。

オーストリアはナポレオン1世による神聖ローマ帝国解体後も皇帝位を維持しました。ただしオーストリア皇帝、ということになったため、結果的にプロイセンが統一したドイツが、我こそは神聖ローマ帝国の後継国家なり、としてドイツ皇帝を名乗る余地を与えています。

東アジアでは始皇帝が皇帝という称号を発明しました。それまで分裂していた中原諸国を統一した、という点で、王という称号に満足せず、伝説の三皇五帝からとって皇帝と名乗ったとされます。
本来は天帝から天命を受けた者が皇帝として地上を支配する、という建前なので、皇帝が乱立する分裂状態は中華文明としては異常事態と考えられていました。
中央アジアの遊牧民たちのハーン位も皇帝と訳される場合があるのは、中華皇帝が大ハーンを名乗ったことがあるためです。唐のように遊牧民への威圧から皇帝がハーンを名乗ることもあれば、元のように遊牧民が中国を占領して皇帝になる場合もあります。

日本はまあ、夜郎自大、という見方もありますが、大陸及び半島に対しては欧州の海に比べ格段に波の荒い海で隔てられた別個の文化圏と見るべきでしょう。なお、天皇の称号の由来はどうやらかの則天武后によるようです。
今となっては日本の天皇は世界唯一の皇帝になってしまいました。

大韓帝国は日清戦争により清の冊封体制から外れ独立国となったときに李朝の王が皇帝を称し、皇帝と名乗るにはいささか弱小でしたが、独立した君主国であることを明示しました。

エチオピアの君主は15世紀ころから皇帝を名乗っていましたが、1974年に社会主義クーデタにより最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世が廃位されました。

中央アフリカでは1976年のクーデターでボカサが政権を掌握、77年に壮大な戴冠式を挙行して皇帝を名乗りましたが79年に失脚しました。数々の残虐行為で何かと物議を醸した人物で、大統領と名乗っておけば十分なところを皇帝と称し、戴冠式まで挙げたのは彼の虚栄心のなせる業と思われます。

以下蛇足。
 奇人変人の類ですが、アメリカ合衆国皇帝にしてメキシコの護国卿ノートン1世、なんて御仁もいました。よーするに南北戦争前後、19世紀後半のサンフランシスコにいた浮浪者なんですが、なぜかアメリカ皇帝を名乗った人物です。当時のサンフランシスコ市民も相応の敬意を払って彼の発行した国債を引き受け、税を納め(商店主に月50セント)、汽車などの交通費は請求せず、衣装や靴が傷んだら洋品店が無料で代わりの品を献上(?)したとか。1880年に死去した際、彼の葬儀には1万人以上の市民が参列したといいますから立派なものです。

本来は他の方もおっしゃるとおり、皇帝の称号はある文明・文化圏における最高の君主が名乗るものです。
古代ペルシャの「諸王の王」という表現が一番ぴったり来るでしょうか。

××帝国、という言い方はかなりあいまいな基準によります。
皇帝を擁する大国を帝国と呼ぶのはもちろんで、オーストリア帝国とかムガル帝国、歴代の中国統一王朝などはそれにふさわしいものですが、これが中央アフリカ帝国となると歴史も由緒も???なところがあります。
このほかにイギリスやスペインのように、帝国主義政策を取...続きを読む

Q第二次世界大戦頃までの戦闘機乗りの生還率は?(撃墜王の事が知りたいです)

撃墜王なる言葉がありますが
調べて見ると5機墜とすと与えられた称号らしいです、もちろん諸説ありますが
5機墜とす位は熟練パイロットなら出来るのでは?なんて思いましたが
たぶんこれはTVゲームしてる感覚で捉えての結果だと思います
全然ピンときません
生涯戦闘で5機でエースなんて呼ばれるって事は
ものすごく生還率が悪かったと予想出来るのですが・・・

撃墜王って呼ばれるにはかなり大変だったのでしょうか?
また太平洋戦争までの生還率など
素人に解りやすく教えて頂ければ幸いです
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

直接的な回答ではありませんが、
アメリカ軍の集計では
・エースは総パイロットの1%に満たない
・しかし、全撃墜数に於けるエースのシェアは40%位
・トップ・エースは生存率も高い(米軍の場合、20傑中戦死者は3人だけ)
という結果が出ています(これがアレグレッサーなどの摸擬空戦を重視する訓練へと繋がっていく)。

 つまり、パイロットになると、大体は戦果を上げることなく敵に喰われる。その時点で運が良いか、技量がいいものは生きのこり、やがてエースになるか、運が良いだけでなんとか生きのこる「その他大勢」になるか、という事になるわけです。

 ただし、生存率に関して言えば、国によって条件が異なり、落とされても歩いて自陣に返ってもう一回出撃、なんて恐ろしいことが平気で起こるWW2のドイツ(3桁級がゴロゴロ。肋骨負っても再出撃した奴もいた)、ローテーション態勢がしっかりしていて、それほどスコアを伸ばせないアメリカ、洋上を長距離侵攻が多く必然的に死にやすい日本など、「その国の事情」があるので、一概には言えません。

 なお、現在ではそもそも空戦自体がほとんど発生しないので、撃墜経験のあるパイロットの方が希少です。最後のエースは1986年のイラン空軍人でした。もう20年以上前の話です。

直接的な回答ではありませんが、
アメリカ軍の集計では
・エースは総パイロットの1%に満たない
・しかし、全撃墜数に於けるエースのシェアは40%位
・トップ・エースは生存率も高い(米軍の場合、20傑中戦死者は3人だけ)
という結果が出ています(これがアレグレッサーなどの摸擬空戦を重視する訓練へと繋がっていく)。

 つまり、パイロットになると、大体は戦果を上げることなく敵に喰われる。その時点で運が良いか、技量がいいものは生きのこり、やがてエースになるか、運が良いだけでなんと...続きを読む

Q裏ニュースがなくなりました、どうしてでしょうか。

毎日見ていた裏ニュース。なくなってしまったのです。
ソフトや他の紹介が面白かったのですが・・・・
お気に入りからURL開くと「MIXS」というところにつながってしまうのです。
どうしてでしょうか、教えてください。

http://www.uranews.com/

Aベストアンサー

閉鎖の理由はわかりませんが、名前を変えて復活してますよ。
 新しいサイト名は「連邦」

下のURLです。

参考URL:http://www.renpou.com/

Qエゥーゴとティターンズの争い、なぜ連邦の正規軍は止めなかったのか?

Zガンダムの戦いは主がエゥーゴとティターンズの戦いですよね。(終盤、アクシズも入ってきますがそれは今回置いておいてください)

思うのは両方とも連邦軍ですよね?
(まぁエゥーゴには民間も入ってますけど)
簡単に言えば「連邦軍内部の争い」て事でいいんでしょうか?
また正規軍の連邦本体は何故そういう内部争いを止めようとせず目を瞑っていたんでしょうか?
抑え付けるほどの力が正規軍にはなかったという事でしょうか?

Aベストアンサー

 う~ん、どうなのでしょうね?。私自身はこの問題に関してはある程度以上信頼の置ける設定も話も聞いた事が有りません。
 ただ現時点でも、恐らくこうではないか?と言う(個人的な)推論だけは出せますので、少し長くなりますが次に書かせていただきます。


 『宇宙世紀において人類社会は、地球連邦政府と言う統一された政体の元で安定した社会を築いていた…』と言えば聞こえは良いのですが、その実態は連邦政府の基本的な統治能力に疑問符を持たざるを得ない事例が山のように存在しています。

 人類の歴史上間違い無く最大規模のプロジェクトである宇宙移民計画の開始によって宇宙世紀が幕を開けてから、コントリズム運動の盛り上がりによってサイド3が独立宣言を行うに至るまでの時間は僅か60年弱。その後サイド3=ジオン公国は連邦の存在理由を根本から揺るがせかねない立場に立っていたにも拘らずその後20年近くも存在し続け、逆に非常に、非常に急激なスピードでの軍事力の増強を行って人類の半数が死んだとさえ言われた大戦争を起こすに至ります。
 しかもそこで終わるならまだしも、この時に生き残ったジオン軍の残党は連邦のお膝元とも言えるアフリカや重要な資源供給地域であるアステロイド・ベルト地帯、更には各地の暗礁空域やコロニーにも潜伏していたとされ、その末裔は遥か後のコスモ・バビロニア建国紛争に近い時代にまで存在しています。
 それに加えて、「Z」においてカラバの存在を知ったカミーユが『連邦は地球上でも反感を持つ人々を増やしている』と言って居たように、"非ジオン・反連邦"な人や組織もその数に限りが有りません。

 そして或る意味、こうした不穏勢力より数倍して厄介な存在なのが、事実上の治外法権めいた力さえ獲得するに至った幾つかの巨大組織の存在です。
 少なくとも全てのスペースノイドの生殺与奪を握っていると言っても過言ではないコロニー公社(ただし一枚岩では無いらしいですが)、地球圏のエネルギー事情を操る力を持っている可能性が或る木星公社、独自の武力を持っている形跡が無いにも拘らずジオン軍に対抗できた(或る意味、少し不気味な)宇宙引越し公社、そして世界中の軍事力のほとんど全てをその手で作り出していると言っても過言ではないアナハイム・エレクトロニクス。
 現実の世界においても、例えば中米あたりの小国では、巨大なアメリカ企業の支社長にニラまれて国家元首の首が飛ぶ事はかつて(今も?)日常茶飯事だったそうですし。順法とは言え、その法律を制定、管理している政府にある程度以上の影響力を及ぼせる巨大組織の存在も、また連邦の統制に深刻なゆらぎをもたらしていると指摘して間違いは無いでしょう。
 しかも連邦政府とは、元々その名の通り既存の国家が寄り集まった連邦制を基本とする国体ですから、連邦と言う枠組みよりも自邦の利益を優先しようとする輩も、或いは存在している事はた易く想像できます。

 ではこの様な状況に連邦政府がどのように対応していたかと言えば、…一言で言って全く対応できていません。彼らは各地(国単位?)から選ばれた代議員の多数決こそが絶対であると信じ、いちいち決められた手順を繰り返します。早急な事態に対応する事は全く考えていません。
 それでも愚直に信念を持って絶対民主制を行っていたならば状況は全く違っていたのでしょうが、連邦政府に関与する人々のほとんどは、実際には政治家、官僚、軍人など役職を問わず、民主主義のシステムを悪用して巨大な政体ゆえに発生する様々な旨みを得、挙句の果ては地球を自分のようなエリート層だけの楽園にしようとさえしています。

 …長くなりましたが、ここまで書かせていただいた事である程度、察しが付かれた事と思います。
 "連邦政府とは、実際には幾つかの体制内スーパーパワーの連合体であり、決して完全に統一された一枚岩の組織では無い"事。
 そしてその様な同床異夢の状態を問題視さえもせずに永い間に渡って放置し続けた事こそが、本来は連邦の傘下組織であり、ほぼ完全にシビリアン・コントロールが守られていたにも拘らず連邦軍の分裂を事実上黙認せざるを得ない原因と成っていたのではないか?…などと、私あたりは考えてみたりする訳です。

 個人的には、もし例えるならエゥーゴとティターンズの戦いは、ちょうど平安朝廷の意も多かれ少なかれ受けていた者同士の争いだった一連の「源平の戦い」や、足利幕府の元でその幕府の有力者同士が戦った「応仁の乱」と比べられると思います。
 もちろんこの当時の朝廷や足利幕府と比べればまだ連邦政府の方が数倍以上マシな状態だったのでしょうが、ただ傘下組織の暴走をコントロールし得ないと言う基本的な部分に関しては、ほとんど似たような組織構造上の欠陥を抱えていたのではないかと思います。

 まあ…実際の問題として、連邦や軍の高官たちのほとんどは「起こってしまったものは仕方がない」とばかりに、目の前のちょっとした利益を求めて付和雷同するばかりだったのでしょう。何せ事実上はエゥーゴのスポンサーだったアナハイムからして、元々はそう言う処の有る企業でしたし…。
 
 やっぱり、人の革新はなかなか遠いみたいですね^^;。

 う~ん、どうなのでしょうね?。私自身はこの問題に関してはある程度以上信頼の置ける設定も話も聞いた事が有りません。
 ただ現時点でも、恐らくこうではないか?と言う(個人的な)推論だけは出せますので、少し長くなりますが次に書かせていただきます。


 『宇宙世紀において人類社会は、地球連邦政府と言う統一された政体の元で安定した社会を築いていた…』と言えば聞こえは良いのですが、その実態は連邦政府の基本的な統治能力に疑問符を持たざるを得ない事例が山のように存在しています。

 人...続きを読む

Q連邦系・ジオン系MSの基準は何だと思いますか?

MSを分別するときに連邦系・ジオン系という言葉を耳にしますが、これは見た目で区別してるのだと思いますか?

連邦系=ガンダムやジムっぽいMS
ジオン系=ザクやドムやゲルググその他に似てるMS

だとすると、同じエゥーゴでもゼータや百式は連邦系で、リックディアスやメタスはジオン系になると思います。

違う見解としまして、もしガンダム・ジム系は全て連邦系になるのでしたら、リックディアスやメタスやディジェは連邦系になってしまうと思うんですが…(汗)

Aベストアンサー

>だとすると、同じエゥーゴでもゼータや百式は連邦系で、
>リックディアスやメタスはジオン系になると思います。

その考えであっています。

単純に顔がモノアイがジオン系
目が2つだったりゴーグルみたいなのが連邦系ですね

1年戦争後は地球連邦にもジオンの技術者が統合されているので
連邦の中にも旧ジオン系ともともとの連邦系とごっちゃになりましたが
そもそもティターンズも連邦の一部ですからね どっちつかずのものがあると思います
メタスとバーザムとか

リックディアスは明らかにドム、のデザインの流れを汲んでますからね
(ディジェはリックディアスの発展型みたいなものだし、メタルとかバーザムはどちらか微妙ですがね
プラモデルも連邦系のデザインのものもありますし)
ただシロッコの作ったMSがジオン系かといわれると厳密にいうと違うと思いますが

そのあたりは製作者側であまりごっちゃにならないように
主人公側が連邦系になるようにしていますね

Q世界一の撃墜王

第二次世界大戦の世界一の撃墜王は「沢村」という日本人(長野か東北の出身、太眉、やさ顔、将棋が強い、ゼロ戦ファイター、輸送機の中で攻撃され戦死)だと聞きましたが確かでしょうか?また日本軍の空軍で最強だったのは加藤隼戦闘隊ですか?

Aベストアンサー

色々な話が、ごちゃ混ぜになっているようなので、もう一度"その話"の内容を確認した方が良いようですね。

「沢村」は言わずと知れた、戦場に散った"巨人のエース" 沢村栄治 の事でしょう。
長野出身の零戦ファイターとは、台南空時代にラバウル等で活躍した、西沢広義飛曹長の事でしょう。
西沢飛曹長の撃墜数は80を越えトップクラスでしたが、第二次大戦全部を通じた中で世界一であったかと言えば、そうではないと思います。
日本の空軍・・・・当時の日本軍に空軍は有りませんでした。
海軍航空隊と陸軍航空隊に別れていて、先の西沢飛曹長は海軍航空隊、加藤隼戦闘隊は陸軍航空隊に成ります。
最強・・・・加藤隼戦闘隊は太平洋戦争の初期に活躍した部隊なので、戦争全期を通じて"最強"といえるかというと微妙ですね。
確かに活躍はしたでしょうが、結局加藤隊長は撃墜されて、その後戦意高揚のため軍部が宣伝用に祭り上げた感が有るので、有名ではあるけど最強かは判りません。
終戦近くに松山基地で活躍した海軍343航空隊が、日本軍では最強だったと言われています。

Qブラン・ブルターク少佐は連邦軍?ティタンーンズ?

ブラン・ブルターク少佐は連邦軍?ティタンーンズ?

自分では結構ガンダムマニアだと自負しています。ブラン・ブルタークと聞けばもちろん連邦軍であると思っていて、ふとあの強面を久しぶりにみたいと思い画像検索でブランを調べてみたら、なぜかティターンズの制服を着ているものがありました。
なんだこれは、と思ってそのページいってみると、一応公式のページの一つだと思うのですが、ブラン・ブルタークがティターンズとして紹介されていました。
これは何かの誤りか、それとも劇場版での設定変更か何かでしょうか?

http://www.z-gundam.net/character/titans.html
↑一番下の画像の中央にどうどうとティターンズの制服を着ておられます。ブランはティターンズ嫌いだった記憶もあるのですが。。
劇場版もみましたが、おそらく連邦軍だったような気もしますが、この画像を見て劇場版は100%連邦軍か、と言われれば、少し自信がなくなります。

どなたか心あたりがある人は教えてください。

それにしても、Zガンダムに登場するオールドタイプの敵ってやたら強いですよね。ブランといいヤザンといい。そのへんも踏まえてZは超好きです。

ブラン・ブルターク少佐は連邦軍?ティタンーンズ?

自分では結構ガンダムマニアだと自負しています。ブラン・ブルタークと聞けばもちろん連邦軍であると思っていて、ふとあの強面を久しぶりにみたいと思い画像検索でブランを調べてみたら、なぜかティターンズの制服を着ているものがありました。
なんだこれは、と思ってそのページいってみると、一応公式のページの一つだと思うのですが、ブラン・ブルタークがティターンズとして紹介されていました。
これは何かの誤りか、それとも劇場版での設定変更か何かで...続きを読む

Aベストアンサー

多くの人が誤認した、おそらく最大の原因は、ブラン少佐の率いていた部隊が、連邦カラーのハイザックを使用していたから……ではないかと思います。

なので、本編でティターンズの制服を着用し、部隊章をジャケットに付けているにも関わらず、華麗にスルーしていたのではないかと。
これらは、ティターンズに配属されない限りは支給されない類のものですし、勝手に身に付ける事もありえないかと。
例の制服を着ていたシーンは本編にもきちんとありましたし、ブリッジ要員もティターンズの部隊章を付けています。
しかも副官のベン・ウッダー大尉はティターンズの制服を最後まで身に着けていましたしね。
ただ、ブラン少佐は殆どがノーマルスーツ着用での登場でしたし、ノーマルスーツには部隊員もティターンズマークを付けてはいませんでしたが……。

まあ、本編でもティターンズといえば、バスク・オム大佐の息の掛かった、所謂エリート部隊の事を特に指しているようではありますが、どちらにしろ、どのような経緯で配属されようが、ティターンズであることに変わりはないかと。

またメディアへの露出についても、近年映画化されたとはいえ、TV放送から既に20年以上が経過していますし、当時は今と違いインターネットが発達している訳でもなく、設定資料なども今の作品ほど多く公開されなかった訳で、たとえば、Webページやその手の雑誌も、当時の関係者が編集している訳ではないですし、Wikiの情報も便利といえば便利ですが、誰でも編集できる類の情報ですので、そこに誤表記があって、それがスタンダードになったとしても決しておかしい事ではないですし、キャラ毎の個々人が受ける印象も大分違っていたと思います。

どちらにしろ、この辺の疑問は改めてTVシリーズを見直すのがイチバンかと。
おそらく放送当時とはZに関する理解度が違ってくると思います。
特に、ベン・ウッダー大尉の評価が変わるかも知れません。

多くの人が誤認した、おそらく最大の原因は、ブラン少佐の率いていた部隊が、連邦カラーのハイザックを使用していたから……ではないかと思います。

なので、本編でティターンズの制服を着用し、部隊章をジャケットに付けているにも関わらず、華麗にスルーしていたのではないかと。
これらは、ティターンズに配属されない限りは支給されない類のものですし、勝手に身に付ける事もありえないかと。
例の制服を着ていたシーンは本編にもきちんとありましたし、ブリッジ要員もティターンズの部隊章を付けています。
し...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング