人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

所有者に無断で、他人の所有する山林に侵入し、昆虫採集をする行為は、刑法・軽犯罪法にひっかかるでしょうか。一夜過ごす予定ですがごみは持ち帰る予定です。

軽犯罪に該当するおそれのある条文は、33号だと思いますが、柵とかのない山林は「入ることを禁じた場所又は他人の田畑」といえないから、問題ないですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

立ち入りが禁止された場所でなくとも、無断の立ち入りは原則として土地所有者の所有権侵害になります。

ただし、刑事罰はありませんから、土地所有者から所有権侵害による賠償請求を受けることがなければ、事実上、問題はありません。

もっとも、国立・国定公園の特別地域の利用調整地区(自然公園法第15条第3項)、種の保存法の生息地等保護区の立入制限地区(同法第38条第4項)、河川法における河川区域内の指定区域の自動車等の乗入れ禁止(同法施行令第16条の4 第1項第3号ロ)などの法律のほか、都道府県・市町村の条例で、立ち入りや採取等が規制されている場合は、罰則付きであることが多いので注意が必要です。

なお、野生の昆虫はもともとは所有者がない無主物であり、民法は無主物について「所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する」(民法第239条第1項)と規定していますから、他人の土地にいる昆虫であっても採取・捕獲した人のものとなります。

一方、野生の植物は土地に固着していますので自由に動き回る昆虫の場合と事情が異なります。民法は「土地及びその定着物は不動産とする」(民法第86条第1項)と規定し、「不動産の所有者は、その不動産に従として付合した物の所有権を取得する。ただし、権原によってその物を附属させた他人の権利を妨げない」(民法第242条)と規定しています。植物は朽ち木なども含め、原則として土地の一部、定着物または従として土地に付合したものとして、土地所有者の所有に属すると解釈されています。すなわち、植物は人によって栽培された植物だけでなく、自生した野生の植物も原則として土地所有者の所有物となります。

従って、たとえば、カブトムシやクワガタを採取した際、落ちていた枯れ木や落ち葉などを一緒に持ち帰れば、窃盗罪(刑法第235条)または森林窃盗罪(森林法197条)に問われます。また、樹液を出すために樹木の皮を削ったり、枝などを折ったりする行為は器物損壊罪(刑法第261条)にあたることになります。
もっとも、経済的価値も所有者の関心もない植物の枝先をほんのわずか植物に影響を与えない程度に切り取って持ち帰るなど社会通念上損傷といえないような場合は、実際に刑事上の問題となる可能性は低いでしょうし、所有権侵害として損害賠償を請求されることもないでしょう。

また、国の法律(自然公園法、文化財保護法、種の保存法)や都道府県等の条例で、昆虫採集が禁止されている場所や、採取・捕獲・所持・譲渡が禁止されている昆虫が指定されています。違反すれば、刑事罰を受けることになりますので、あらかじめ確認しておきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な解説ありがとうございます。

お礼日時:2012/08/08 14:05

山の木はだれのもの?



昆虫を捕まえるのに、木をまったく触らない?

真夜中に山に入って、仮に何か地面に植えてあった場合、絶対踏まないと言い切れる?

あなたが山の中で事故にあって、死んだ場合、だれが迷惑をこうむると思う?


入ることを法的に規制する条文が無くても、故意に人の土地に入るのですから、地主に声をかけるのが当然のことです。
    • good
    • 2

おおっぴらにやらなければ、


(たまに常軌を逸したやり方で
根こそぎもっていくやつがいるのです。)

みつからなければ、

おめこぼしの範囲内です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫採集は窃盗や不法侵入にならないのか

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がしたかった)
(5)近所の空き地で虫を採取

条件
・国や自治体から自然が何らかの形で保護されている区域ではない場所とします。
・虫とは天然記念物などではない、ごくありふれたものとします。
・回答は一般常識的(あなたの判断で結構です)でも、法律からでも、判例でもいいですが ご回答はなるべく、それが判るようにお願いします。

私の判断では下記だと思いました。
(1)(3)は問題なし
(2)(5)は不法侵入、窃盗
(4)は一般的な慣習でグレーゾーンだが大丈夫 

ご回答、よろしくお願いします。

子供にカブトムシやクワガタムシの採集に行くようせがまれました。
但し、日本ではたぶん、土地は誰かの所有物だと思います。
そこで私は下記の問題で行き詰ってしまいました。

下記の(1)から(5)の事例どのような問題があるのでしょうか ?

(1)自分の土地において虫を採取
(2)他人の雑木林や森で無断で虫を採取
(3)道路、河川、海、公園、河川敷など自治体や国で管理されている場所で虫を採取(虫をとる規制はしていないところとします)
(4)寺や、神社で虫を採取(今日はこれをしましたが本来は(2)がした...続きを読む

Aベストアンサー

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノにしても
罪に成らず。

依って、窃盗に関して被告人は無罪。

不法侵入。正しくは刑法第百三十條を参考願います。

本罪の成立要件は、常識的に其の場所に他人が入るのは
おかしいと認められる時だけ。

依って、原告の謂ふ2),4),5)の場合、柵などで四囲を明
確に囲われて居らぬ場合は罪に成らず。
所有者が居ても、人が誰でも自由に出入り出来る構造に
なって居るならば、その部分に他人が入り込んでも罪に
成らず。所有権を主張出来る者若しくはその代理が監視
していない土地では尚更そうである。

然るに寺の境内は常識的な時間帯ならば誰でも自由に入
れるので罪に成らず。

依って、不法侵入に関しても被告人は無罪。

参考までに

刑法第百三十條。住居を侵す罪。
故無く人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは
艦船に浸入し又は要求を受けて其の場所より退去せさる
者は三年以下の懲役若しくは十万円以下の罰金に処す。

第百三十一條。削除。

第百三十二條。第百三十條の未遂は此を罰す。


刑法第二百三十五條。窃盗の罪。
他人の財物を窃取したる者窃盗の罪と為し、十年以下の
懲役に処す。

第二百三十五條之二。
他人の不動産を侵奪したる者は十年以下の懲役に処す。

本件、上の通り判決す。
平成十七年七月三十一日
以上。

主文
被告人は無罪。

判決理由。
窃盗とは、刑法第二百三十五條に規定されて居る通り、
他人の財物を窃取する行為にて、自然物は他人の財産に
非ず。

「他人の財物」とは、自己以外の者が権限に基づき占有
所持しているモノを謂う(但し、自己の財物であっても
他人に貸し又は役所の命に依り他人が看守している財物
は、他人のモノと見なす.刑法第二百四十二條に依る)

然るに、昆虫は自然物にて、他人が占有、所持して居る
モノと認められず。

他人が占有、所持していないモノを自分のモノ...続きを読む

Q山林に立ち入ったりすること

山林は、国有なり誰かの土地であるわけですが、普通の人はどこが誰のものかは知りません。立ち入り禁止とか、松茸とるなとか、表示してあればそれに従いますが、そいういうものがない場合、ハイキング等で中にはいったり山菜等をとったりすることは許容されるのでしょうか?何か基準があれば教えてください。

Aベストアンサー

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項)、天然果実は、その元物より分離する時にこれを収取する権利を有する者が、所有者となります(同法89条1項)。
 したがって、所有者が、他人が自由に山菜やキノコのような生育物を採取することを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地での生育物の採取は、所有者のみがなし得るわけです。

 もっとも、立入については、ハイキング目的程度であれば、なんらの犯罪も構成しませんし、不法行為(民法709条)ともならないと考えられますが、生育物の採取は、窃盗罪(刑法235条1項)を構成し、不法行為に基づく損害賠償責任も生ずることになります。
 なお、山菜類やキノコ類は、種となる胞子や菌糸が他の土地から飛来した可能性もあるわけですが、その場合であっても、生育した山菜類やキノコ類それ自体は、生育地の天然果実(つまり、生育地の所有者の所有物)となります(隣地からのびてきた地下茎から生えた竹で1年ないし数年の間に切り取って利用すべき性質のものは、生えた土地の天然果実であるとした、最高裁昭和35年11月29日判決があります。)。

 SpurさんがNo.1のご回答でご指摘の「入会権」は、共有の一種で、ある集落全体で1個の山林を共有する関係にありますから、集落民は、生育物を採取し得る権利を有しています。
 なお、国有林についても、上記のご説明は何ら異なることなく妥当しますので、採取なさった生育物が高価であれば、窃盗罪の刑事責任を負われる可能性もあることはご認識ください。

 ご参考になれば幸いです。

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項...続きを読む

Qクヌギ・・・樹液が出る出ないは、何が原因??

クワガタ採集の目的で、樹液の出ている木を探しています。最近では、仕事がえりに少し遠回りして、山の中に入ったり、雑木林をうろついたりしています。車の中には、いつも靴や長袖、長ズボン、軍手、懐中電灯など・・・を装備していい感じの雑木林があれば、そく捜索しています。そこで、最近やっと気がついたのですが(遅い・・)、樹液の出ている木って、山の奥よりも、道路に近い木に多いような気がするのです。例外的に、山の奥の方でも樹液の出ている木はありますが、数少ないと思います。同じクヌギなのに、なぜでしょうか?樹液の出る条件のようなものがあるのでしょうか?品種?立地条件?または人為的なもの??ご存知の方が居られましたら教えてください。

Aベストアンサー

クヌギの樹液は、多くはボクトウガという蛾の幼虫が木の内部を食い荒らす事によって出るそうですよ。幼虫は、出た樹液を求めて集まった昆虫を捕って食べるといった肉食性だそうです。

カミキリの幼虫もある程度は出すそうですが、食い荒らす深さ?が浅いとかで、すぐに出なくなるそうです。

参考URL:http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200108/997439919.html,http://www.jpmoth.org/Cossidae/Cossinae/Cossus_jezoensis.ht

Q植物の採取について

私が法律に疎いのでご回答頂けると助かります。

植物の採取に関してですが、いわゆる高原地帯や私有地の草花ではなく
割と普通の町中に咲いている公道の草花、雑草の無許可の採取は
厳密には違法行為になるのでしょうか。
また、なるとしたら何という法律の第何条にあたるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私有地・公有地を問わず厳密には違法行為です。
草花、雑草と言えども私有地の場合は土地所有者(管理者)、公有地の場合は公の管理する財物に相当します
窃盗罪(刑法235条)もしくは森林窃盗罪(森林法197条)に相当します。
ただ、実際には「支配の事実」と「支配の意思」が必要と考えられ、自然に生じた物の場合は要件を欠く事があります。
逆に言えば、公道などに意志を持って植生された草花等を採取すれば、明らかな窃盗罪になります。

いずれにしても、「被害法益の大小によって決す」とされるので、少々のことなら罰せられることは無いでしょうが・・・

刑法第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
森林法第197条 森林においてその産物(人工を加えたものを含む。)を窃取した者は、森林窃盗とし、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

なお、本件とは異なりますが
環境大臣が指定する「採取等が禁止されている動植物」や、
「希少野生動植物の保護に関する条例」等による規制も別途あり、こちらも注意が必要です。
 

 

私有地・公有地を問わず厳密には違法行為です。
草花、雑草と言えども私有地の場合は土地所有者(管理者)、公有地の場合は公の管理する財物に相当します
窃盗罪(刑法235条)もしくは森林窃盗罪(森林法197条)に相当します。
ただ、実際には「支配の事実」と「支配の意思」が必要と考えられ、自然に生じた物の場合は要件を欠く事があります。
逆に言えば、公道などに意志を持って植生された草花等を採取すれば、明らかな窃盗罪になります。

いずれにしても、「被害法益の大小によって決す」とされるので...続きを読む

Q山菜採りってそもそも違法では?

趣味で山歩きをしていますが、これからの季節山菜採りをする人をよく見かけます。
ワラビ・ゼンマイ・フキ・タラノメなど・・・。
でも、考えてみれば山って誰かの持ち物ですよね。
たとえ国有林であっても、勝手に植物を採取してはいけないはずです。
四角四面に言うつもりはないですが、到底自分の家では処理できなさそうな量の山菜を持って帰る姿を見ると、とても浅ましく貪欲に思えます。
採るのなら、せめて自分の家で消費できる量にしてもらいたいと思うのですが・・・。(そのほうが広く行き渡ると思いますので)
皆さんは山菜採りについてどうお考えですか?

Aベストアンサー

厳密に言えば、「自然公園法」「森林法」「軽犯罪法」「刑法」に抵触する可能性がありますが、これらの諸法律に違反する行為として、国(実際は国有財産の管理官吏)や県知事(実際は保安林担当職員)が、「山菜取り」を犯罪として刑事告訴、あるいは被害届を出す事は通常は捕らえることは困難で、警察が捜査することもなく、結果的には「黙認」という形になっているのが現状です。

畑と比べれば分かりやすいですが、畑は耕作地として管理されていて野菜などが栽培されてるものですから、ここに立ち入って持っていく行為は窃盗となります。
一方山地は、山菜目的で管理されているわけではなく、出てきた山菜も育てたものではなく勝手に生えてきたものですから、そういう場所において管理者(所有者)が採取を禁止するなどの行為を行っていなければ、例えば柵や看板などで立ち入りを禁止・制限するような意思を示していなければ、(厳密には上記の通り違法ですが)大きな問題にはなりません。

厳密には違法でも、その行為が山地所有者の生命・財産を脅かすようなものではなく、持っていく山菜の量もわずかで山地の環境を変えるほどでもなく、その取り締まりにも手間がかかるような内容は取り締まりの対象となりませんし、社会的に容認された範囲や習慣の行為ならば、違法行為とは見なさないとされています。
したがって、山菜取りはその範疇とみるべきだと思います。

厳密に言えば、「自然公園法」「森林法」「軽犯罪法」「刑法」に抵触する可能性がありますが、これらの諸法律に違反する行為として、国(実際は国有財産の管理官吏)や県知事(実際は保安林担当職員)が、「山菜取り」を犯罪として刑事告訴、あるいは被害届を出す事は通常は捕らえることは困難で、警察が捜査することもなく、結果的には「黙認」という形になっているのが現状です。

畑と比べれば分かりやすいですが、畑は耕作地として管理されていて野菜などが栽培されてるものですから、ここに立ち入って持って...続きを読む

Q施行令と施行規則

法律は専門外なのですが、仕事の関係上、法令要覧等を読んでいると、法律に合わせて施行令、施行規則なるものが記載されています。施行令、施行規則とは何なんでしょうか。何となくは解るのですが、はっきり定義できません。識者の方々、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 法律は、国会で制定されるものですが、法律をうまく機能させるためや、法律で規定しきれなかった細かい事柄を明らかにするために、内閣(政府)が出す命令を政令といい、この政令のことを、施行令といいます。
 また、同様に、各省庁の大臣が出す命令(省令)が施行規則です。
 法律は、国会で制定されるものですから、たとえほんの少しでも改正するためには、国会の審議を経て、可決される必要があります。そこで、しょっちゅう変更することが必要な毎年かわる数値などや、非常に細かい事柄は、施行令や施行規則にしてしまうことによって、内閣や大臣の判断で改正できますから、煩雑な手続きが不要となるという利点があります。
 しかし、勝手に施行令や施行規則が作られては困りますから、これらは必ず、法に基づいて制定されなければならないことになっています。

Q山菜を勝手に獲っていく人たちがいて困っています。敷地内に山があり山菜が

山菜を勝手に獲っていく人たちがいて困っています。敷地内に山があり山菜が自然に生えてるんですが、これを勝手に獲っていく人たちがいて困ってます。まず勝手に敷地内に入る事は不法侵入になりますよね?それと自然に生えている山菜なら勝手に獲ってもいいんでしょうか?勝手に獲っていく人たちは大抵大量に山菜を獲っていき、売っている人も中にはいるんじゃないかと思ってます。注意しても「山菜ならいいんでしょ」と言われ返す言葉に詰まってしまいます。確信犯的な人ばかりで何も知らず山菜獲りを楽しみに来た人たちではありません。なるべく口頭で追い払いたいので、勝手に敷地内に入って勝手に山菜を獲るということはどういう問題になるのか、また何と言えば効果的に追い払えるか教えてください。

Aベストアンサー

難しく言えば「森林法」違反。
他人の「竹やぶ」に立ち入って、無断でタケノコを採取すると罰せられる。
敷地境界線に大きな立て札を何枚も立てましょう「立ち入り禁止」と。
または「観光山林」にして入山料「5マンエン」徴収するか

Q人の土地に勝手に入った場合、罪になるの?

人の土地に勝手に入った場合、罪になるの?

現在、役所と訴訟中です。
その役所が当方の許可なく、当方の土地に勝手に入ったりした場合、法的に何か罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば土地収用関係なら、土地収用法第11~13条等に土地に立ち入る場合の手続き等が厳格に定められていて、勝手に人の土地に立ち入ることなど許されていませんから、明らかに不法行為です。
不法行為で採集した証拠は、まともな裁判官なら採用しないでしょう。ただ行政訴訟においてまともな裁判官がどれだけいるかは楽観できませんが。

Qクワガタ飼育時の、木材のカビは大丈夫??

オオクワガタを最近飼い始めました。

飼育用マットの中に、ぶつ切りにしたクワガタ用の木を埋めています。
この木に、緑や白色のカビがたくさん発生しています。まだ買って1週間しかたっていません。

このカビの、クワガタへの影響を教えてください。

Aベストアンサー

>木は産卵するときに必要ぽかったので、入れてます。2本。
でもクワ君が掘り返してしまうので、どうしても多少露出してしまいます。

産卵木ということですね。それであれば、オスは別居させてメスだけを投入しないと、メスの産卵をオスが邪魔します。
規定どおりに、水没させ樹皮を剥がして、マットに完全に埋め込んだのであれば、ほじくり返していても露出部分にアオカビが出ていても問題ありません。すでに産卵している可能性もあります。

産卵目的であれば、オスとメスを1週間も同居させれば長すぎるくらいで、オスとメスを早い目に別居させて、メスのみを「産卵セット」に投入します。1ヵ月後にメスも取り出して、さらに一ヵ月後に産卵木を割って幼虫を取り出します。


人気Q&Aランキング