ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

僕は中3の自由研究で漂白剤について実験しています!

そこで漂白剤で色が消えるメカニズムを化学式、イオン式を使って教えてください!

回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単に回答できないと思うので ちょっと書きます



一般に漂白剤と呼ばれるものは

塩素系漂白剤
次亜塩素酸ナトリウム

酸素系漂白剤
過炭酸ナトリウム
過酸化水素
オゾン

還元系漂白剤
二酸化チオ尿素 亜ジチオン酸ナトリウム

が知られています

この他にも各メーカーで主成分がことなります

すべての漂白剤についての質問なのですか?

結論を言ってしまえば

酸化、還元反応を利用して色素を分解するだけのことなのですが

全種類が必要ですか?

この回答への補足

すみません成分を書くのを忘れていました(__)

次亜塩素酸ナトリウム、過炭酸ナトリウムです。

お手数掛けてすみませんm(__)m

補足日時:2012/08/14 15:03
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漂白剤をつけると色が消えるメカニズムを

簡単に教えて下さい。出来れば酸素系、塩素系の違もお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。ちょいと困りましたね。
下の言葉が難しいという事は・・・

生地が痛むのは、酸化剤というのは、色素だけ分解しちゃうんじゃなくて、繊維の成分そのものも一部分解しちゃうんです。

ですので、漂白剤の非常に濃いにつけると布が破けちゃう?ような事も起こります。

痛み方が違うのは、漂白剤の種類で、さっき言った「発生期の酸素」を出す量が違うからです。
これがいっぱい出るやつは強い漂白剤です。

酸素系より塩素系の方が一杯でますので、強いです。

>原子とか電子・・・まで説明すると・・・かなり厳しいですが、一応私なりに噛み砕いてみましょう。

色素の化学は非常に内容が難しく、しかも大量になり、それだけで本一冊できちゃうので、ここでは主にたとえ話で行きます。m(__)m

まず「酸化すると色がなくなる」って事ですが、無茶苦茶な例なんですけど、炭は真っ黒ですね。
炭の成分は炭素という物質です。
炭は燃えると二酸化炭素という色のない気体になります。
燃えるという反応は酸化という反応の一つなので、炭という黒い物質が酸化して二酸化炭素という色のない気体に変ったわけです。

酸化という反応で、この様に色がなくなる事は結構あります。
(もちろん反対に色がつく場合もあるのですが、その場合は普通の漂白剤は使えないです)

これを利用したのが、いわゆる漂白剤です。
理屈だけ言えば火をつけても漂白になるのですが、元の衣服などまで燃えてだめになっちゃうので、服は残したまま、色を白くする方法としては「燃やす」という方法は使えません。
(但し、石綿やガラス繊維など、燃えない繊維の漂白ではこの方法は使われます。)

なので、もっと穏やかに「酸化」という反応をする方法として、水の中で酸素と反応させる物質を見つけたのが酸化剤で、色を白くする目的で使われるので「漂白剤」といいます。

こんにちは。ちょいと困りましたね。
下の言葉が難しいという事は・・・

生地が痛むのは、酸化剤というのは、色素だけ分解しちゃうんじゃなくて、繊維の成分そのものも一部分解しちゃうんです。

ですので、漂白剤の非常に濃いにつけると布が破けちゃう?ような事も起こります。

痛み方が違うのは、漂白剤の種類で、さっき言った「発生期の酸素」を出す量が違うからです。
これがいっぱい出るやつは強い漂白剤です。

酸素系より塩素系の方が一杯でますので、強いです。

>原子とか電子・・・まで...続きを読む

Q漂白剤のはたらき

髪の毛、毛糸、絹糸を漂白剤につけたら溶けてしまいました。どのような、
働きによるものですか?綿糸はどうして溶けないのですか? 
毛糸は、溶けた後に泡が下に出来ました。どうしてですか? 

Aベストアンサー

家庭用の漂白剤には主に塩素系と酸素系がありますが、どちらを使ったのでしょうか?(血液汚れの漂白剤は更に還元性の亜硫酸系ですけれど)

溶けてしまったのは全部毛ですが、たんぱく質なのでアルカリに溶けたんじゃないでしょうか?だとするとかなり強いアルカリを使ったことにもなりますが、何を使ったのでしょう?

ところで溶けなかったのは絹なんでしょうか?木綿なんでしょうか?
木綿は成分がセルロースなのでアルカリには溶けません。
しかし絹はたんぱく質ですので、つじつまが合わなくなってしまいます。

Q過炭酸ナトリウムって・・・

過酸化水素は知っているんですが、過炭酸ナトリウムの化学式をご存知の方教えて
いただけないでしょうか?又これが水に溶けると何故酸素が出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

2Na2CO3・3H2O2
水に溶けて、炭酸ナトリウムと過酸化水素に解離して、過酸化水素が、弱アルカリ性溶液(炭酸ナトリウム水溶液)で、H2O2から、活性酸素と水に分解。それ故に酸素が発生。

Q中三生に、自由研究のテーマをお願いします。

こんにちは、中学三年生です。
今、自由研究で困っています。
自由研究は成績に大きく影響するので、なんとかよいものに仕上げたいと思っているのですが、テーマがどうしても思いつきません。
受験生で、競争が激しいので、あまり自由研究に時間をかけることもできません。
植物か環境に関係することを研究したいと思っているのですが、何かいいテーマはないでしょうか。
四つ切画用紙に四枚以上書かなければならないので、たくさんレポートの書けるもの、または関連するいくつかの研究を教えていただければありがたいです。
注文が多くて申し訳ありません。
別に当てはまらなくても構いませんので、何か教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

とりあいず僕が去年やろうかなぁと思ってたのを載せるんで参考にしてください。
1.動物の群れが形を変えるメカニズム
2.回転体が高重心ほど安定するのはなぜか
3.液体から固体になり、体積が減るとき、曲面になるのはなぜか
4.沸騰石を入れると突沸が起こらないのはなぜか
5.缶詰の缶を開けるときフタが持ち上がるのはなぜか
6.油を拭き取った後少し残るのはなぜか
7.消しゴムで消した文字が黒くにじむのはなぜか
8.割り箸を割るとき、きれいに割れないのはなぜか
9.ガムとチョコを一緒にかむととけるのはなぜか
10.あたたまると体積が増えるわけ
11.硫酸をかけるとやけどするのはなぜか
12.ロープをゆらすとき、端を固定すると波が逆に返ってくるのに対し、端が固定されていないとそのまま返ってくるのはなぜか
13.電池のパッケージを指できると波状にきれるのはなぜか
14.ステンレスがなぜさびにくいのか
15.テレビ局からの電波がリアルタイムで届くわけ
16.光回線がなぜ速いのか
17.パソコンは1と0だけでなぜ計算ができるのか
18.雷がなぜ高いところに落ちるのか
19.なぜ常緑樹と落葉樹があるのか
20.ひくい津波でも警戒しなければいけないのはなぜか
21.マジックペンのインクがアルコールに弱いわけ
22.見取り図で点線部分が前に見えるのはなぜか
23.輪ゴムが伸びるのはなぜか
24.輪ゴムが劣化するのはなぜか
25.ハードディスクが振動に弱いのはなぜか
26.二酸化炭素が抜けた炭酸水で花が長持ちする?
27.赤錆と黒錆は同じ錆なのに性質上の違いがあるのはなぜか
28.食塩水につけておくとすぐに錆ができるのはなぜか
29.手が冷えているときに熱い湯に手をつけると冷たく感じるのはなぜか
30.デジカメが被写体と背景に同時にピントが合うのはなぜか

32.カップ焼きそばの湯を流しに捨てた後ボコンと音がするのはなぜか
33.波は海底が深いほど速度が速くなるのはなぜか

とりあいず僕が去年やろうかなぁと思ってたのを載せるんで参考にしてください。
1.動物の群れが形を変えるメカニズム
2.回転体が高重心ほど安定するのはなぜか
3.液体から固体になり、体積が減るとき、曲面になるのはなぜか
4.沸騰石を入れると突沸が起こらないのはなぜか
5.缶詰の缶を開けるときフタが持ち上がるのはなぜか
6.油を拭き取った後少し残るのはなぜか
7.消しゴムで消した文字が黒くにじむのはなぜか
8.割り箸を割るとき、きれいに割れないのはなぜか
9.ガムとチョコを一...続きを読む

QPH試験紙が真っ白くなったのはどうして?

夏休みに実験でいろんな洗剤にPH試験紙をつけてみたところ、キッチンハイターは真っ白くなってしまったのですが、どうしてでしょうか?
キッチンハイターは酸性ではないのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆるキッチンハイターは塩素系の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)ですのでアルカリ性を示すはずですが、漂白剤の性質上というか目的である色素の分解作用があるために色素が分解されてしまい、色が出ないという結果になったということです。試験紙のように色で判断するものでは試験できないタイプの物質は結構あるんですよ。たとえば塩素系という言葉で出てきた塩素(これは常温ではガスですが)も非常に強い漂白作用を持つため実際は非常に強いアルカリ性を持つ物質であるにも関わらず計測することはできません。これは試験紙に用いられている色素自体が分解されてしまうからです。

色素というのは有る特定の波長の光(電磁波)を強く反射する性質を持った分子で、試験紙は酸やアルカリによってこの分子の構造が変化するのを利用したものですが、ある種の物質はこの分子自体を色素で無い別の分子に変えてしまう(化学反応の結果として色素ではなくなってしまう)場合があるのです。いわゆる漂白剤はこの様な反応を積極的に利用して色素を分解するようにしたものですから、試験紙に含浸されていた色素自体を破壊してしまったため本来の紙の色が出てきたということです。

いわゆるキッチンハイターは塩素系の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)ですのでアルカリ性を示すはずですが、漂白剤の性質上というか目的である色素の分解作用があるために色素が分解されてしまい、色が出ないという結果になったということです。試験紙のように色で判断するものでは試験できないタイプの物質は結構あるんですよ。たとえば塩素系という言葉で出てきた塩素(これは常温ではガスですが)も非常に強い漂白作用を持つため実際は非常に強いアルカリ性を持つ物質であるにも関わらず計測することはできませ...続きを読む

Q中2です!理科の自由研究で「なぜ酢と重曹で汚れが落ちるのか」を調べたいのですが、それが分かる実験って

中2です!理科の自由研究で「なぜ酢と重曹で汚れが落ちるのか」を調べたいのですが、それが分かる実験ってありますか?
お答えお願いします!

Aベストアンサー

1. 実際にやってみて、
2. どうなったかよく観察
3. 汚れが落ちる理由を自分で考えてみる
4. 理由が正しいかどうか、調べてみる

の順にやるとそこそこ面白くなるのでは、と思います。

ところで、酸化と還元、という回答がありますが、誤りなので気をつけて下さいね。


人気Q&Aランキング