単一光子計数法で得られる減衰曲線を解析するためのソフトを探してます。
市販のもので何か良いモノ、というか、定番みたいなものってありますか?
デコンボリューションするプログラムは自分で作ったんですけど。。。いまいちで。。。

A 回答 (2件)

自作はすごいですね。

私はOriginというソフトで解析することがありますが,デコンボリュ-ションはできません。また,FFTを用いて行おうとしましたが挫折中です。多分,装置と一緒に買った(付随していた)と思われるソフトでは解析できない蛍光減衰がでたのでしょうか?それは,非指数関数的か,または立ち上がりのために解析できないとかでしょうか?私の所でも,EdinberghAnalyticalのソフトでは解析できないことがあります。このソフトはQuencingに対してならいくつかのモデル式が初めから入っています。また,普通は指数関数の和で解析し,Global解析も行えます。もし,非指数関数的な現象のために解析できないのでしたら,それは新しい未知の領域の出来事だと思いますのでそのデータは新しい解析モデルのためにあるのかも知れませんね。あまり,答えになってなくてすみません。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「科学技術系ソフト」
このサイトで「商品検索」で探されるか、問い合わせては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.sscience.com/index_J.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
便利なサイトがあるものですね。
早速調べてみます。

お礼日時:2001/05/15 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単一光子計数法の原理

単一光子計数法において得られるヒストグラムは、1個の分子1回を励起させ、蛍光をだすまでの時間のばらつき(分布)を見ているとという解釈をしていますが、なぜあのような形になるか理解できません。普通この時間にばらつきがあるのであれば単なるポアソン分布が得られるような気がするのですが。
 たいていの教科書には時刻tにおいて分子が励起される確率Pは、
-dP/dt=(kr+knr)P(t)
という反応速度式?からヒストグラムの形を導いていますが、P(t)がなぜ一定でないのか理解できません。
 なにかヒントになる本、アドバイスがあれば紹介していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

> この測定は、毎回パルスレーザーをあてて、単一光子を検出しているから、励起状態にある分子の数は1個のように思えてなりません。

僕は固体分光屋なので、固体の単一光子計数法と分子のそれでは異なるかもしれませんが、励起状態にある分子の数はたくさんなのではないでしょうか?

固体の単一光子計数法であれば、量子光学屋さんでない限り絶対そう。

当然、レーザーは弱励起にしますよ。それは分子を1個だけ励起するのではなく、出てくる光子の数が分離できる程度に減らすため。単一なのは、測定する方の光子が単一ということでは?

そうすると、確率の式が理解できるでしょう。

 

Qタンパク質の構造解析はX線結晶構造解析、NMR、電子顕微鏡が主要ですが

タンパク質の構造解析はX線結晶構造解析、NMR、電子顕微鏡が主要ですが、なぜNMRと電子顕微鏡で発見されるタンパク質の構造はX線に比べて少ないのですか?NMRについては以前聞いた話によると、NMRは歴史が浅く、まだ使われてからそんなに時間がたっていない、また感度が低くサンプルがたくさん必要、原子番号が大きくなればなるほど測定しにくい。と聞いたことがあります。
電磁顕微鏡の解析の数の少ない理由はなんでしょう?

Aベストアンサー

電顕では、たんぱくの全体としての大まかな形状はみえるものの、タンパクを構成しているアミノ酸や原子までは見えないからではないでしょうか.
タンパク質の構造解析はタンパク質の機能や性質を調べる上で重要ですが、原子レベルまで見えないと機能についてはあまりはっきりしたことが言えないので.
原子レベルではっきり見えて、技術的にも普及している方法がX線です.(とはいえ、どんなタンパクでも見える、というわけではないですけどね)

Qメタクリル酸メチルの重合速度解析を体積収縮を利用して解析してのですが、

メタクリル酸メチルの重合速度解析を体積収縮を利用して解析してのですが、他にはどのような重合速度解析がありますか?

Aベストアンサー

1)重合溶液がhomogeneousなれば、一定期間ごとに極少量(数ミクロリッター)GC injectorでとりそれを1.00ml EtOH に 希釈、モノマーをGCで定量、 無論前もって、既知のポリマーと既知のモノマーの混合物の溶液を必要な濃度のareaで6-10作成しそれを同様にEtOH で希釈して、GCで定量してknown samples でコントロールしておく。 GCでは残存モノマー濃度の測定
2)上の方法で、10-20ul の溶液を搾取すると、EtOH に沈殿したポリマーを回収することで、ポリマーの定量が可能。
3)一定期間ごとに1-2ul を採取して、既知のNMR 溶媒 (例 CDCl3)にいれて、モノマー、ポリマーを定量する。
4)いずれの場合でも、sample 採取の際、重合条件が変化しないように、最大の注意

Q市販の洗浄瓶とはどういったものか?

市販の洗浄瓶とはどういったものか?
金属端子掃除のため濃度99.99%のイソプロパノールを購入しようとWebで調べたのですが、具体的な購入先はわからなかったのですが、
アマゾンで「薬品識別洗浄瓶 500mLイソプロパノール」というのを見つけたので、洗浄瓶と調べると「使用した実験器具を洗浄するもの」としか出てこないので、

・中身(イソプロパノール等)が入って売っているのか?
・濃度はどのくらいなのか?
が検索してもわからなかったので詳細をご存知の方は教えてください。

下記のURLはアマゾンで「薬品識別洗浄瓶 500mLイソプロパノール」です。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%A1%9D%E5%AD%90%E5%99%A8%E6%A2%B0-%E8%96%AC%E5%93%81%E8%AD%98%E5%88%A5%E6%B4%97%E6%B5%84%E7%93%B6-500mL%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB-2425-0504/dp/B003CVRY0I/ref=sr_1_45?ie=UTF8&s=diy&qid=1270119218&sr=1-45

市販の洗浄瓶とはどういったものか?
金属端子掃除のため濃度99.99%のイソプロパノールを購入しようとWebで調べたのですが、具体的な購入先はわからなかったのですが、
アマゾンで「薬品識別洗浄瓶 500mLイソプロパノール」というのを見つけたので、洗浄瓶と調べると「使用した実験器具を洗浄するもの」としか出てこないので、

・中身(イソプロパノール等)が入って売っているのか?
・濃度はどのくらいなのか?
が検索してもわからなかったので詳細をご存知の方は教えてください。

下記のURLはアマゾンで「薬品...続きを読む

Aベストアンサー

イソプロ耐性のプラスチックボトルです。

柔らかいプラスチックでできているので、握ると圧がかかり先っぽのノズルから液体が飛び出します。

アズワンの総合科学機器カタログ掲載商品です。
質問者さんがメーカーや公的研究機関に勤めている方ならアズワンの代理店経由で買えます。

もちろん空瓶です。

QGM計数管

32Pを薄いプラスチックフィルムにのせ、GM計数管で放射能を測定した後このフィルムをアルミニウム板にのせ同じ配置で測定したら計数率が高くなりました。
これは操作ミスですか?

Aベストアンサー

32Pはβ崩壊ですね。
上か下か聞いたのは、
サンプルより下に検知器がある→アルミを通したらカウントが増えた→不思議!!
上にある→アルミ箔が電子を反射する(あるいは「蛍光電子」が出る)可能性がある???
調べてみましたが、専門でない悲しさ、一体何処をみたら電子線が反射されるかどうか分かるのか、分からない。
また、GM計数管がガイガー・ミューラー管だと云うことも調べてみるまで忘れていました。GM管はベータ線を感知して電子増倍管として働く分けなのですが、(学生実験を思い出してしまった)ガンマ線やX線は感知しないのかなー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報