出産前後の痔にはご注意!

庭の木の葉が先端から黒くなりしおれてしまう病気のようなものになっています。ネットで調べてもたんそ病やすす病とは違う気がします。その影響かどうかわからないのですが、となりのひまわりも葉が茶色くなってきてしまいました。原因や対策を含め教えていただけますでしょうか。なにとぞよろしくお願いします。

「葉が黒くなる病気でしょうか?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

単なる水不足です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!毎日水はあげているのですが量が少なすぎたようです。
助かりました。

お礼日時:2012/09/02 12:19

写真の木はアオキでしょうか。



アオキであれば、葉焼けの可能性もあると思います。
特に斑入りの品種は葉焼けが起こりやすいようです。

葉焼けの場合の原因は日光で、アオキは日陰を好む性質があります。
特に夏の長時間の直射日光は避けた方が良いと思います。

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧なアンサーありがとうございます。
直射の苦手な種類だったのですね。
日よけのシートかなにかを考えてみます。

お礼日時:2012/09/02 12:22

>葉が黒くなる病気でしょうか?



     ↓

文面からは、最初「すす病」「黒星病」を想像しましたが、「首だれ細菌病」の症状にも似ています。
分からない時は、私は写真と一緒に被害葉をガラス瓶に入れて、園芸店やホームセンターに原因と対策の相談に行きます。


※「首だれ細菌病」→我が家では沈丁花に良く発生します。
http://osaka-ppa.or.jp/zukan/index.php
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
首だれ細菌病というのは初めて聞きました。勉強不足でした。
現物を園芸店に持っていくのもいい手段ですね。

皆さんの知識の深さに感動です。

お礼日時:2012/09/02 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の葉っぱが先端から黒くなる

少し前に貰ったもので、何の植物かもよくわかっていません。
ひとまず朝から夕まで日のあたるテラスにおいて、朝晩に水やってます。
気がついたら下の葉っぱの先端が黒く(乾いて?)きてます。
これって病気かなんかでしょうか。
それともこういう植物なのでしょうか。

種類もわからずにおいてたのですが、愛着もわいたので何とかできるならなんとかしたいところです。
写真がわかりづらいようでしたら、撮影しなおしますOrz

情報ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。画像綺麗に写ってますよ。多分「紫式部」だと思います。もしくは「コムラサキシキブ」かもしれませんが。
http://yasashi.info/mu_00003.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/murasakisikibu0.htm
 下の方の葉っぱが確かに葉先から黒くなっています。これはおそらく水のやりすぎではないかと思います。
>朝晩に水やってます
 鉢植えの植物は鉢の中が全ての世界ですので、そんなに水をやると地植えの植物では大丈夫だったりする事もありますが、確実に鉢土が常に湿った状態になり、根っこが腐ってきます。これを根腐れといい、まずは葉っぱの先から黒くなって枯れてきます。その内全部枯れてしまう自体になってしまいます。余程乾燥が強い真夏なら朝晩2回かける事もあるかもしれませんが、大体はその頻度ならかけすぎですので多分そうでしょう。加えて鉢の中に鉢底石を入れていなかったら拍車がかかります。
 鉢植えの水やりの基本は、○日に○回とかじゃなくて、まず状態を見ます。鉢土が乾いたら下の穴から水が流れるぐらいタップリ。これは全ての基本になりますので、必ず鉢土の状態を見るようにして下さい。また鉢底石が入っていない場合、植え替えの適期は10~11月ですので、今もう1度植え直してもOKです。清潔な鉢底石(園芸店、ホームセンターで売っています)を入れるようにして下さい。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。画像綺麗に写ってますよ。多分「紫式部」だと思います。もしくは「コムラサキシキブ」かもしれませんが。
http://yasashi.info/mu_00003.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/murasakisikibu0.htm
 下の方の葉っぱが確かに葉先から黒くなっています。これはおそらく水のやりすぎではないかと思います。
>朝晩に水やってます
 鉢植えの植物は鉢の中が全ての世界ですので、そんなに水をやると地植えの植物では大丈夫だったりする事もありますが、確実に鉢土が常に湿った状態...続きを読む

Q黒くなったアオキ

こんにちは。
アオキについて質問させて頂きます。
今年の7月始めに日当たりのいい南側の庭に植えてもらいました。
最初は緑の葉が生き生きと、とても元気一杯でした。
ところがだんだん日を追うごとに表面の葉が焦げたように黒く縮んでしまいました。
そのようになってしまったのは日当たりのいい表面のみで全体ではありません。
充分のつもりの水遣りが不足だったのか、日差しがきつすぎたのか、原因がわからず困っています。
これを今後防ぐためには、どうすればよろしいでしょうか?
また黒くなってしまった部分は切り落としたほうがいいのでしょうか?
初心者でいろいろ質問して申し訳ありません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アオキは陰樹です。 日当たりでは成長しませんし、最悪枯れますよ。
 取りあえずは遮光ネットかよしずで日よけをして、10月にはいってから根鉢をくずさないように大木の下か日陰に移植してください。
 
>また黒くなってしまった部分は切り落としたほうがいいのでしょうか?
 復活しませんので切り落とすしかないですね。 葉やけまだ良いほうです。幹が焼けだしたら終わりです。
 アオキが自生している場所は針葉樹や広葉樹など高木の下に生えています。 その縄張りは藪椿に近いですね。 全体に暗くたまにお日様が隙間から顔を出す程度の環境が大好きなようです。
 http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/aoki.html 

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qハナミズキが危ない!!対策を教えてください。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている部分があります。
(前に家にあったオルトランCをかけてはみたのですが、、)
なので、幹もなんとなく元気がないように思います。
植えている場所は北側のあまり日が当たらないところで、
朝早くに少しと西日が当たります。
株元にギボウシが植えてあります。

とりあえず、白く変色した葉や茶色いものはなるべく取っているのですが、ほとんどが白くなっているので全部とってしまうのもどうかと思い、そのままの状態です。

これからどのようにしてあげればよいか助言をしていただきたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている...続きを読む

Aベストアンサー

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我が家では、ミネラシンがよく効きました。
薬剤が葉に付きやすいように、ダインなどの展着剤を少し混ぜて、葉全体(裏も)に散布します。
2週間おきに3回ほど散布するといいですね。
ただし、これから、夏の高温時には、薬害が出易いので、比較的涼しい日の夕方に散布するのがよいと思います。
後、葉の白い色は、薬剤でカビが死んでも残ります。
ですから、白い色が広がっていかなければ、薬剤の効果があると判断します。
葉を摘んでしまうのは、木にとっても更なるダメージを与えることになるので、茶色く完全に枯れたもの以外は残しておいたほうがよいですね。
駆除できると良いですね。(^^)

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/byoki04.html

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我...続きを読む

Qクチナシの葉が黒ずんで、病気?

庭の垣根のクチナシの葉がほとんど全面に黒ずんでしまっています。気が付きましたのはこの秋頃だったと思います。すすが付いた感じで葉をなぞってやると黒っぽいのが取れます。そう言えば今年はほとんど花が咲かなかったです。
病気だと思いますが、手遅れでしょうか。植えっぱなしで毎年高さを揃える剪定はしています。化学肥料は年1度くらい適当にまいておりますが、それ以外は夏場は水やり位しかやっておりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはスス病と言う病気で、カイガラムシやアブラムシの発生が原因で
す。葉の全体が黒くなったとしても、直ぐに枯れるような事はありませ
んが、葉に光線が当たりにくくなるため徐々に衰退してしまいます。
スス病を治療するにはトップジンM水和剤などが有効ですが、発生源で
あるカイガラムシやアブラムシを駆除しないと発生は収まりません。

スス病になる原因は、カイガラムシやアブラムシが排泄する物に、それ
を栄養源とするカビが付着して次第に状態を悪くさせます。
殺菌剤を使用されても構いませんが、発生源を絶たなければ繰り返すだ
けで解決にはなりません。
カイガラムシは白い綿状で、幹や枝に張り付いて樹液を吸っています。
発見次第に竹べらなどで掻き落として、それからカイガラムシに有効な
薬剤を散布します。全て掻き落としたつもりでも、肉眼では見えない虫
が残っています。これらを全て根絶させるためにも、掻き落とすだけで
なく薬剤散布も行うようにします。
アブラムシは葉裏に潜んでいますから、発見次第に有効な薬剤を散布し
て駆除をするようにします。

花が少なかったようですが、それはスス病とは関係はありませんね。
年に1回ほど適当に施肥をしていると書かれていますから、その施肥が
一番の問題点だろう思います。施肥をした時期と与えた肥料の種類と量
を正確に教えて下さい。
与える時期は2月の寒肥と、8月下旬の御礼肥の2回だけです。
油粕に粒状化成肥料を同量混ぜた物を、株元より少し離れた位置に1~
2握りほど施して軽く土と混ぜて下さい。特に窒素分が多くなると開花
に影響するので、施す時には窒素過多にならないように注意します。

剪定は6月中旬から8月中旬までの間に行い、間違っても8月中旬以降
には行わない事です。8月中旬頃から花芽の分化が始まり、翌年に開花
する花芽が出来ます。花芽の分化が終わって剪定をすると、大切な花芽
を切る事になるので花が少なくなってしまいます。

クチナシにはオオスカシバの幼虫が発生します。この幼虫が発生してし
まうと、短期間で丸坊主にされてしまいます。それでも枯れる事はあり
ませんが、葉が出るまでは大切な光線が得られないので、状態は弱って
しまいます。幼虫は薬剤が効き難いので、見つけ次第に補殺するように
します。尾の方にアンテナ見たいに伸びた物がありますから、これを引
っぱると枝から離れやすくなります。空き缶などに水をいれて、その中
に入れて水没させます。可哀そうかも知れませんが、これが一番効果的
な方法になります。

それはスス病と言う病気で、カイガラムシやアブラムシの発生が原因で
す。葉の全体が黒くなったとしても、直ぐに枯れるような事はありませ
んが、葉に光線が当たりにくくなるため徐々に衰退してしまいます。
スス病を治療するにはトップジンM水和剤などが有効ですが、発生源で
あるカイガラムシやアブラムシを駆除しないと発生は収まりません。

スス病になる原因は、カイガラムシやアブラムシが排泄する物に、それ
を栄養源とするカビが付着して次第に状態を悪くさせます。
殺菌剤を使用されても構いま...続きを読む

Qモンステラの葉っぱが黒くなってしまった!切った方がいいですか?

我が家のモンステラの葉っぱが一部黒くなってしまいました。
全部の葉ではないですが、半分程が黒くなりました。
普段は直射日光の当たらない場所にインテリアとして置いているのですが、
今日は天気がいいからよかれと思ってベランダに出した事が原因だと思います。。。
ネットで調べた結果、直射日光に当たったことが原因の
『葉焼け』ではないかと思ったのですが、
この場合、黒くなった葉はきってしまった方がいいのでしょうか?
また、切る場合、家に園芸用のはさみはないので、
台所用はさみで切る事になりますが問題ないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インテリア=飾りですから、このような考え方で管理をすると必ず失敗
して枯らせてしまいます。要は植物をインテリアの一つとして考えない
事です。自分は植物を育てているんだと言う認識を持つ事です。

さて葉が黒くなった原因ですが、天気が良い日にベランダに出した事が
原因ではないと思います。栽培をされて何年か分かりませんが、冬場に
室内に置かれエアコンを頻繁に使用されていませんでしたか。
葉が黒ずむ原因は、ほとんどがエアコンによるものです。エアコンには
冷房と暖房がありますが、冷房でも暖房でも植物を吹き出し口付近に置
かない事が第一条件で、直接に冷房や暖房がモンステラの葉に当たって
しまうと葉が黒ずんで最後には枯れてしまいます。

現在の状態だと軽症の上と言った感じですから、黒ずんだ葉の部分だけ
を切るようにして、葉の付け根から切るような事はしないで下さい。
例えば1枚の葉の半分が黒ずんでいるとすれば、その黒ずんでいる部分
だけ切り、緑の部分を少しでも残すようにして下さい。
重症の場合は挿し木による再生しか方法はありません。

直射日光に当てる事は避けるべきですが、それでも光線は必要ですから
春と秋にはレースのカーテン越しの弱い光線に当て、夏場は光線が強い
ので明るい日陰に置きます。夏場だけはレースのカーテン越しよりも、
更に室内寄りに位置を変えてやります。冬場は春から秋までの光線より
弱いので、ガラス越しの窓辺で光線に当ててやります。

とにかくエアコン使用中は注意をし、絶対に直に冷風や温風が当たらな
いようにする事です。

台所用ハサミしか無いと言われますが、あまり好ましいとは言えません
ね。葉の茎を切るのではなく葉を切る訳ですから、台所用ハサミだと切
口が汚くなります。100円ショップに行けば工作用のハサミがありま
すから、使用前に洗剤で油分を綺麗に落とし良く水分を拭き取ってから
使用して下さい。

インテリア=飾りですから、このような考え方で管理をすると必ず失敗
して枯らせてしまいます。要は植物をインテリアの一つとして考えない
事です。自分は植物を育てているんだと言う認識を持つ事です。

さて葉が黒くなった原因ですが、天気が良い日にベランダに出した事が
原因ではないと思います。栽培をされて何年か分かりませんが、冬場に
室内に置かれエアコンを頻繁に使用されていませんでしたか。
葉が黒ずむ原因は、ほとんどがエアコンによるものです。エアコンには
冷房と暖房がありますが、冷...続きを読む

Qヒイラギの葉が茶色になって枯れる

庭にあるヒイラギ(高さ約3m、植えて20年くらい、1株)の葉が、茶色になって枯れるようになりました。枯れたところは、上から地面を背景にして見ると茶色ですが、下から空を背景にしてみると透けて空の明るい色が見えます。枯れたところの大きさは、小さいもので直径1mm程度の円~楕円状、大きいものでは葉の半分~全体にわたります。この症状は一昨年から発生し、今年は木のほぼ全部の葉に広がっています。若葉は大きさが1×2cm位に大きくなる頃までには例外なくこのようになります。虫がわいているのかとも思ったのですが、いくら見ても虫はいません。周りにはツバキ、カシ、マキ、ツツジなどありますが、周りの木は全て何ともありません。
何という病気でしょうか。直すにはどうしたらよいでしょうか。

Aベストアンサー

葉の裏を良く観察してください、
虫眼鏡でないと見えないようなナメクジのような虫が大量発生で枯れた経験があります。
2年連続の寄生で回復できなくなりました。
日当たりが良く元気な木には寄生しないようです。
葉の裏側にスミチオンなどの防御を2.3回で止まることもありと思います。
寄生虫の名前は知りません、気づいた時には手遅れでした。

Q沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえ

沈丁花の葉っぱが、最近下の方から黄色くなってきました。 新芽もそういえばちょっと元気がない様子で。 この早春には、元気に花を咲かせてくれたのですが。 大き目の花壇に、色んな植物と一緒に植えています。 何か、元気にしてやる方法はありますか? また、原因は何なんでしょうか。

Aベストアンサー

木の周りに大鋸屑のような木くずが落ちていたら鉄砲虫です
木の中を食い荒らして木を枯らせてしまいます

そういうものが見あたらなければ線虫
ごく小さいミミズに似た原虫で木に入り込んで木を枯らす毒を分泌します
他に考えられるのは過湿過肥による根腐れです

Qすす病になってしまいました・・・

プランターで育ててるオクラがすす病になってしまってます。
葉の裏や茎に白い透明なツブツブがついていたので、いつも
取り除いていたのですが、少し前から小さい白い虫(2ミリ位)が
葉の裏に1~2匹いるようになり、それも駆除してたのですが、
最近になって葉に黒いシミみたいなものが出来てきました・・・。

色々と調べてみた結果、その小さい虫は<オンシツコナジラミ>で
その排泄物からすす病が発生したものと思われます。

対処法も色々と検索してみたのですが、農薬を使うか、
コツコツと木酢液をかけたりして予防したりする事しか
わかりませんでした。

虫は駆除して、以前からずっと竹酢液でスプレーしたりして
いましたが・・・。

すす病になった葉は取り除いた方がいいのでしょうか?
竹酢液をスプレーする以外でいい方法はないでしょうか?

たとえ実がなったとしても、食べない方がいいのでしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

koba-kobaさんカメルーンデージーと大葉は元気に育っていますか。
オクラがすす病になってしまったんですね。
オルトランの薬剤を蒔くと害虫は駆除出来ますが食べ物なので嫌ですよね。
木酢液や竹酢液は残念ながらあくまでも予防手段でしかありませんが、他の防除方法に牛乳を少し薄めて霧吹きなどで葉の裏の虫に直接吹きかけると虫が窒息して死ぬというのがありますが牛乳の腐敗臭には困ります。
そこでその他の防除方法が色々載っているサイトを下記参考URLに添付しましたのでご覧下さい。
そして病害虫を寄せ付けない為には健康で丈夫な植物を育てることが第一です。
地植と違ってプランター等の場合は限られた条件で育てるためにどうしてもひ弱になったり病害虫が付きやすくなります。
元肥をしっかりやって剪定やマルチングをして通風や日照条件の調整をして植物に快適な環境を作ってやって害虫等が寄り付かないようにしましょう。
なお、すす病はコナジラミやアブラムシなどの吸汁性害虫の排泄物を栄養にして繁殖しますので一度付いたすす病はこれらの害虫が寄生している間は一年中見られますし特に虫の繁殖期に当たる4~10月にはその発生も多くなりますので常に防除が必要です。
そしてこれらはウイルス病を媒介することもありますのですす病になった葉は取り除き、もしオクラの実もすす病に罹った場合は残念ながら食べるのは諦めた方が良いと思います。

参考URL:http://www.tsuchi-kobo.com/hoken/hoken-chie.html

koba-kobaさんカメルーンデージーと大葉は元気に育っていますか。
オクラがすす病になってしまったんですね。
オルトランの薬剤を蒔くと害虫は駆除出来ますが食べ物なので嫌ですよね。
木酢液や竹酢液は残念ながらあくまでも予防手段でしかありませんが、他の防除方法に牛乳を少し薄めて霧吹きなどで葉の裏の虫に直接吹きかけると虫が窒息して死ぬというのがありますが牛乳の腐敗臭には困ります。
そこでその他の防除方法が色々載っているサイトを下記参考URLに添付しましたのでご覧下さい。
そして病害虫を...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング