当社では基本契約書のなかのある項目について変更があれば相手方と覚書を交わしています。
その際に覚書には収入印紙を貼っていないのですが、先日税務調査時に、基本契約書の中の
重要事項(料金の設定など)についての変更を覚書で更新するときは、7号文書に該当するため
印紙税は必要であるという説明を受けました。
このあたりのことをわかりやすく説明しているサイトがあれば教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考の7 継続的取引の基本となる契約書(第7号文書)を見てください。



参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2012/09/02 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q覚書の一部改訂について(書き方)

よろしくお願いいたします。
業務委託契約書附帯の覚書についてですが、
第3条で定めてある業務委託料を変更する為、「覚書の一部改訂」として改めて一枚で作成するつもりです。
その場合、
「平成○年○月○日に覚書第3条に定めた業務委託費を次の通り改訂する」と始めたあと、
第1条 委託料¥○○
とするのか、やっぱり改訂前にあわせて
第3条 委託料¥○○
と書くのか、わからなく困っています。
大体社内での今までの契約例を参考にするのですが、どちらのパターンもありまして、どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

覚書は新たに作成する書類です。第1条からはじめます。

Q基本契約書・注文書・注文請書・印紙について。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契約で注文書・注文請書(金額に応じた印紙をさらに当社が負担)
2)個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
3)個別契約で注文書だけ発行され、請書は発行しない契約。
基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。など・・・・

なぜ?このように印紙を貼ったり、貼らなくても良かったり、また、注文請書を発行しなくてもよかったりするのでしょうか?
注文請書を発行しない会社の基本契約書には、
個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」
とのようなことが記載されております。

注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。
基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?
なるべく印紙税のかからない方向で、
当社が発注する場合の契約を見直そうと考えております。
回答を宜しくお願いします。

ソフトウエア開発業務を行っている会社です。
現在当社のは、発注されたり、発注したりしております。
当社が発注する場合は、現在は注文書・注文請書を発行し、請書には契約金額に応じた印紙貼付・押印をして頂いてます。

発注される場合は、取引先の契約方法に従っておりますが、取引先企業によって契約の仕方が本当にまちまちです。

当社と同じように、注文書・注文請書(金額に応じた印紙を当社が貼付)のみでの契約。
基本契約書を取り交わし2通発行し、双方で4000円の印紙を負担した後、
1)個別契...続きを読む

Aベストアンサー

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注文書といいながら、注文者と請負者とが双方署名または押印したものは課税されます。注文書という名の契約書にほかならないからです。

>基本契約書がある場合、請書に印紙が必要にならないのは、基本契約書にどのような記載がある場合なのでしょうか?

ソフトウエア開発業務委託は、請負に関する契約ですから、基本契約書にどのような記載をしようとも、請書を作成すると、請書に記載された契約金額が一万円未満のものを除き課税されます。

したがって、例示された、
・個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)
・基本契約書を取り交わし1通発行し、当社で4000円の印紙を負担した後、基本契約書の写でコピーを当社の控えとし、個別契約で注文書・注文請書(印紙の添付はなしで押印のみ)の契約。
・基本契約書を取り交わし2通発行し、個別契約で覚書2通発行し、印紙は一切貼らなくていいという契約。

3パターンの請書は脱税の疑いが濃いと思われます。もし大量にそのような文書があるのでしたら、早急に印紙税に詳しい税理士さんに相談されるようお奨めします。

しかし、基本契約書において、個別契約の成立を請書の作成交付にかからしめないで、たとえば、〇日以内に口頭で承諾する旨の通知を行うとか、口頭が嫌ならメールで承諾の旨を通知したときとするとか、要は文書以外の方法で申込に対する承諾を行い、その時点で契約が成立するとすれば、印紙は不要です。

承諾の意思表示は、何も文書で行う必要はないのです。

そのような効果を狙ったものが例に挙げられた、

>注文請書を発行しない会社の基本契約書には、個別契約で「○日以内に文書による承諾の拒絶がない場合は注文を承諾したとする」とのようなことが記載されております。

という方法だと思います。この場合も、契約の成立を証する書面を作成しないで、個別契約の成立時点を定めているからです。

ただし、この方法も一点疑念があります。

基本通達によれば、基本契約にもとづく注文であることが記載されていて、かつ基本契約に注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨が記載されていると、その注文書が契約の成立を証する書面として課税されます。

一定期間内に承諾拒絶の意思表示がなされない場合に承諾したものとする旨の記載が、上記の「注文書の交付によって自動的に個別契約が成立する旨」と同視されないかという点です。税務署でご確認されることをお奨めします。同視されないのであれば、この方法も有効です。

なお、上記でお分りのように、基本契約にもとづく注文書も記載内容によっては課税されますので、要注意です。

>注文書・注文請書だけでの契約は、請書に印紙は必要かと思います。

基本的には、その認識で結構です。しかし、注文書の記載内容によっては、注文書も課税文書になり、印紙が必要になりますので、要注意です。

たとえば、注文書に相手方の見積書ナンバー等の記載があり、相手方の見積にもとづく注文であることがわかる注文書などは、課税されます。これを避けるためには、注文書のどこかに、相手方が別に請書等契約の成立を証する書面を作成する旨の記載が必要です(基本通達第21条)。

ほかにも、注...続きを読む

Q貸したお金の覚書の書き方

 仕入れ先が支払えなかった損害賠償金を130万立替で支払いました。
 支払い方法、期日はまだ取り決めていませんが、
とりあえず金額とその覚書だけでも書いてもらおうと考えています。
 どういった文面で書いてもらうのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「覚書」にどんな意味を持たせるのかによりますが、立て替えたお金を返して欲しいという気持ちがあるのなら、「借用書」「金銭消費貸借契約書」という名目にしておくべきかと考えます。最初の段階で金銭を渡した趣旨を曖昧にしておくことで、相手には返済不要という感覚が生じるのではと考えます。最終的に期限の猶予や延長、金額の減額や分割扱いといった温情を挟むのならそのタイミングで考えることとして、最初の段階で基準を緩めると後になっての修正を付けにくいというのが実態でしょう。

以下参考になりそうなサイトを紹介しておきます。
http://www.tigrenet.ne.jp/free/free_dawn_kieyaku.html
質問の趣旨が事を大げさにしないということなら、これの金銭借用書1あたりのタイトルを「覚書」として、例えば期限を半年後として、「平成18年9月30日までに、貸主との協議により金銭の返済方法を確定させ、新たな契約書を締結します」といった文言を挿入することも考えられそうです。

Q印紙税: 重要事項の変更に係る印紙税額

印紙税の重要事項の変更に係る場合の印紙税額を教えていただけないでしょうか。

原契約は第2号文書で、契約金額が100万円を超え200万円以下のため、400円を貼付しています。
今回、原契約の覚書として契約金額の支払方法の変更を行いました。(契約金額の記載はありません。)
この場合の覚書の印紙税額ですが、契約金額の記載のないものとして200円を貼付するのか、原契約の印紙税額400円を貼付するのか迷っております。

国税庁の印紙税の手引き等を見ていましたが、良く分かりませんでしたのでご存知の方、ご教授ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 2号文章に該当します 契約金額の記載のないものとして200円ですね 
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/18.htm

Q覚書の書き方をご教授ください。

取引先と覚書を交わすことになりました。
当方制作をしたことがなく、ご教授頂ければと思い書き込みました。
どなたか、宜しくお願いします。

書きたい内容
機械・消耗品の保管料・送料について

(1)メーカーは取引先が注文した物を納品せず在庫を自社の倉庫に保管する。
保管した在庫には1パレット920円の保管料がかかる。

(2)月末日のパレット数で保管料を請求したい。

(3)取引先指定の発送先に倉庫から発送する際の送料を請求したい。
発送業務はメーカーが行う

(4) (3)にかかる送料を月締めでメーカーが取引先に請求したい。

(2)と(3)の請求をまとめて取引先に請求。
末締め翌20日までに、保管料と送料をメーカーへ振込。

わかりにくいと思いますが、これを覚書として書面に起こした場合の文面をご教授ください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

URLをご覧になり、ご検討下さい。

参考URL:http://oboesyosiki.seesaa.net/

Q覚書に印紙は必要ですか?

基本契約書にて交わしている内容の絞め・支払日及び支払内容等の支払条件が変更になったため、支払条件の変更を覚書にて交すこになったのですが、この場合印紙は必要になるのでしょうか?
また、必要な場合はいくらの印紙になりますでしょうか?

Aベストアンサー

「契約書」や「覚書」などのタイトルが問題ではなく、内容で印紙が必要か決まります。
印紙代についてですが、これは契約書の場合の額と同じになるはずです。

Q念書・覚書の書き方を教えてください

こんにちは。我が家の建て替え(平屋から2階建)に伴い当方の2階部分が壁になって電波障害が起こり下の段に建っているお宅のテレビの映りが悪くなり当方の家のアンテナから下へ分配する方法を取ることにしたいと思います。
電波障害があるのはVHFだけでUHFは問題なく映っている為に下のお宅への補償はVHFのアンテナが不要になる地上デジタル放送が開始される2011年7月まででいいと思っております。地デジとUHFの中継所は同じ町内の為現在映りが良好なのでそれで問題ないと思われます。
下のお宅のご家族はとてもいい方なのですが、後々お互いに嫌な思いをしなくていいように念書?覚書?誓約書?よくわかりせんがそのようなものをできれば取り交わしたいと思います。
内容としては
2011年の7月を持ってVHFのアンテナ不要になるので補償はそこまでで我が家のアンテナを下ろすことの了解を得る
というものです。
我が家のテレビは既に地デジ対応になっており本来ならVHFのアンテナは不要です。下のお宅の為に立てます。
相手も受け取ってできるだけ不快な思いをせずに済む文面を教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。我が家の建て替え(平屋から2階建)に伴い当方の2階部分が壁になって電波障害が起こり下の段に建っているお宅のテレビの映りが悪くなり当方の家のアンテナから下へ分配する方法を取ることにしたいと思います。
電波障害があるのはVHFだけでUHFは問題なく映っている為に下のお宅への補償はVHFのアンテナが不要になる地上デジタル放送が開始される2011年7月まででいいと思っております。地デジとUHFの中継所は同じ町内の為現在映りが良好なのでそれで問題ないと思われます。
下の...続きを読む

Aベストアンサー

念書または覚書は会社などで交わす契約的なものではないのでしたら、
念書または覚書を取り交わした年月日、取り交わす内容、契約期間、その他の約定(例:期間内にアンテナが故障した場合の修理補償など)を記載し、
あとは双方の住所、氏名、押印を交わします。
そして、肝心なのは同念書または覚書を2通付くっておき、双方共に保管しておくこと。
コピーでも構いませんが、確実には清書を2通同時に作成されるのが無難です。

こちらにも念書や覚書の書き方や書式がありますので、ご参考に
http://oboegaki.livedoor.biz/archives/51590221.html

参考URL:http://oboegaki.livedoor.biz/archives/51590221.html

Q覚書の印紙の可否

業務ソフトウェアの開発の契約書の印紙の件でお知恵を拝借ください。

本契約書1通とそれに付随する個別契約書2通の構成で契約書を作成しています。
個別契約書は「上流工程(設計)契約書」と「下流工程(開発業務)契約書」で個別契約書は今後業務が増えると追加(保守契約書など)していく予定です。

この際、金額が記載される契約書は「個別契約書」になりますので、印紙を貼らねばならないのは個別契約書になるのでしょうか。

昔、本契約書で印紙があれば覚書(契約金額記載)には不要と聞いたことがあります。「個別契約書」と記載せず「覚書」とすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

金額の記載のない本契約書については、7号文書に当たるかどうかをご検討ください。また、個別契約書については、2号文書に当たるかどうかをご検討ください(特に設計は、請負契約でなく委任契約となっている場合があり、従って2号文書に当たらないことがあります)。

なお、印紙税は文書別に判定されますから、本契約書に印紙を貼付したからといって覚書で不要になるとは限りません。また、文書のタイトルは無関係であり、文書の記載内容で判定されます。

Q覚え書きの書き方について

私の家の前には、ほぼ同じ高さに2畝ほどの畑があります。
その所有者は畑から約2メートルの高さの石積みを積んだ家
の方です(私の祖父の兄弟の息子です)。
所有者はずっと前から遠く離れたところに住んでいて、
畑自体の管理は私の母が30年以上していました。

最近になって、親が「畑の名義は他人だから、そこに小屋
を建てられても文句を言えなくなる。」と心配をし始めま
した。また、我が家の駐車場も狭いので、所有者に畑を譲
ってもらえないか打診をしました。
すると、もうそこに戻るつもりもないので畑は無償で
譲る、との返事をもらいました。

その後、贈与の手続きを進めていると、ある日所有者から「畑は
無償で譲ってもかまわないが、造作をする場合、石積みから
2メートル控えてほしい。分筆をすると手間と費用がかかる
だろうから、覚え書きのようなものでかまわないから一筆書いて
くれ。」と電話がありました。

この場合の覚え書きのような物の書き方はどうすればよいので
しょうか?
なにか決まった書式のようなものや、必ず守らなければいけない
決まりがあればご教示ください。

私の家の前には、ほぼ同じ高さに2畝ほどの畑があります。
その所有者は畑から約2メートルの高さの石積みを積んだ家
の方です(私の祖父の兄弟の息子です)。
所有者はずっと前から遠く離れたところに住んでいて、
畑自体の管理は私の母が30年以上していました。

最近になって、親が「畑の名義は他人だから、そこに小屋
を建てられても文句を言えなくなる。」と心配をし始めま
した。また、我が家の駐車場も狭いので、所有者に畑を譲
ってもらえないか打診をしました。
すると、もうそこに戻るつもりもな...続きを読む

Aベストアンサー

補足説明、有難うございます。

私が気になったことは、質問者さんが「贈与」「贈与」とお書きになっている点です。

数年前ですか、ある有名な歌手が、後援会会長から「貸金返還訴訟」を起こされたことが大きな話題になっていました。テレビの弁護士さん兼コメンテータの方が異口同音にコメントされていたことは「本件の本質は、贈与か貸借かの性格付けがあいまいのまま、金銭の移動を行ったことにある。こういう争いはしょっちゅう起きていて、この歌手だけの話ではありませんよ」というものでした。

歌手は「この何億円ものお金はもらったもの」という認識でした。後援会会長は「こんな大金、あげるわけないでしょ。貸したものです。絶対返してくれないと困ります。」で、裁判になり、テレビで大騒ぎになったものです。人間、自分の都合のよいように解釈しがちですが、それが原因で紛争が生じれば、自分の信用が失われるだけでしょう。

この歌手同様、質問者さんは「これは私がもらったもの。相手もはっきりそういいました」という理解で事を運んでいませんか?ということです。本件、登記しませんから、特にそうです。この歌手の件でも双方「自分はそういう認識で、相手にも確認したが、間違いないということで、文書は交わしませんでした」と主張していました。

覚書は、この点、もめないようにしてください。「贈与」という言葉は私は定義、解釈に異論が生じるのを恐れていますから「無償による所有権譲渡」みたいに、解釈によって内容が変わらないように書いていたわけで、言葉にはこの位気を使っています。

たとえば「本件、有償の贈与である。被告は有償分の対価を払わなかったからこの贈与契約は無効である」みたいな論理は言葉の上では成立してしまうでしょうから、私は心配するわけです。裁判所が絶対認めない論理でも、相手は自分が正しいと思うと、いくらでも裁判起こしてきます。

次に、土地家屋調査士の仕事と司法書士の仕事は全く異なります。司法書士さんの費用は高くて数万円でしょう。相談だけなら無料か、もっと少ないでしょう。

私も不動産幾つか持っていますが、不動産の譲渡については必ず専門家の意見を聞きますし、文書は専門家に起草してもらいます。奥付の「何々司法事務所」「何々弁護士事務所」の押印は水戸黄門様の印籠みたいな効果があって「あなたの意見は私にはうるさいだけです。専門家が作成した文書について素人があれこれケチを付けられても私は聞く耳持ちません。あなたの意見はこの事務所に言うべきです」と押し返せるのです。(私は母の遺言状も弁護士に作ってもらって紛争防止しました)

なぜこのHPの相談だけで事を進めるのか私には理解できません。覚書とか契約書は、「てにおは」の違いですら大紛争になることがしょっちゅうですよ。後日、司法書士さんとか弁護士さんに相談しなかったことを後悔しても、私の責任にしないでくださいね。

他の点はだいだい前の回答で良いようですね。

頑張ってください。

補足説明、有難うございます。

私が気になったことは、質問者さんが「贈与」「贈与」とお書きになっている点です。

数年前ですか、ある有名な歌手が、後援会会長から「貸金返還訴訟」を起こされたことが大きな話題になっていました。テレビの弁護士さん兼コメンテータの方が異口同音にコメントされていたことは「本件の本質は、贈与か貸借かの性格付けがあいまいのまま、金銭の移動を行ったことにある。こういう争いはしょっちゅう起きていて、この歌手だけの話ではありませんよ」というものでした。

歌...続きを読む

Q契約内容変更に伴う覚書の印紙

経理を担当するものです。
この度継続的取引を行っている重油の取引限度額の変更覚書を締結する事になりました。現行取引基本契約書は第7号文書として印紙は4千円添付しています。重油高騰により、取引限度額を上げることになりました。このとき締結する覚書(記載内容は現行限度額・・・円→変更限度額・・・円といった内容のみ)には印紙は必要なのでしょうか?また必要であればやはり第7号文書に準拠するのでしょうか?よろしければ根拠法を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現契約書が7号文書となるのであれば、お書きの変更は「契約の内容の変更」の変更に該当し、やはり7号文書となる可能性が高いように思います(印紙税法別表第一課税物件表の適用に関する通則5)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報