痔になりやすい生活習慣とは?

どういったものがおすすめでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

A 回答 (1件)

民法というのは、条文の数が千を超える一つの


法典です。
そして、私法の基本となる法律ですから、殆どの
条文が日常生活で役に立ちます。

例えば、未成年者がなした契約は取り消すことが
できる、法人と自然人とは人格が異なる、詐欺
によってなされた契約は取り消せる、時効、抵当権
賃貸借、借金、殴られて怪我をしたときの法律、
親子、婚姻、扶養、相続などを含みます。

これらは皆、日常生活に役に立ちます。

しかし、これを総て覚え理解するのは並大抵のこと
ではありません。

それでお勧めですが。
1,必要な部分だけを勉強する。
 相続で悩んでいれば、相続関係を勉強すれば
 よいでしょう。
2,法律は、90%は常識と合致します。
 そうでなければ市民の支持を得られません。
 だから、健全な常識を醸成することをお勧め
 します。
3,重要な問題の場合は、ためらわずに専門家に
 相談することです。
 わずかな金をけちるべきではありません。
 利息制限法を知らず、人生を棒に振った人は
 何人もいます。

この回答への補足

利息制限法については興味深かったです。

補足日時:2012/09/13 07:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にいつもありがとうございます。
>利息制限法を知らず、人生を棒に振った人は
>何人もいます。
どういったケースだったのでしょうか。

お礼日時:2012/09/13 07:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法を勉強して役に立ったことは何ですか

または、民法を勉強して役に立つと思うことは何ですか。

Aベストアンサー

大学等で法律科目を教えている者です。

とても漠然とした質問ですね。


既に法律を学ばれている方の質問ならば、
1.民法は法解釈の基本であり、民法の解釈ができるようになれば、他の法律も解釈できるようになる事

2.民法の体系(パンデクテン・システム)は、大陸法系の法律の基本形なので、法律家として絶対に必要である体系的理解が身に付く事




これから法律を学ぶ方ならば、

1.民法に定められている事は、抽象的であり、ほとんどが特別法に委ねられているので、民法だけ学んでも役には立ちません。自己満足と見栄だけなら満たされるかな。あと、資格試験に合格だけはできるかな(それを使えるようになるには、特別法と規則・政令・通達と判例をしらみ潰しに学び続けなければなりませんがね)


2.民法と共に、商法、会社法、経済関連の法、労働関連の法、民事執行法・保全法・訴訟法、不動産登記法、借地借家法、建物区分所有法…などの特別法や手続法も学ぶと、民法の知識はとても役立ちます。



僭越ながら、法律で飯を食べるつもりならば、幅広く(できれば基本六法)学んでおきましょう。
もし、貴方が大学生ならばそれができる環境にありますね。

大学等で法律科目を教えている者です。

とても漠然とした質問ですね。


既に法律を学ばれている方の質問ならば、
1.民法は法解釈の基本であり、民法の解釈ができるようになれば、他の法律も解釈できるようになる事

2.民法の体系(パンデクテン・システム)は、大陸法系の法律の基本形なので、法律家として絶対に必要である体系的理解が身に付く事




これから法律を学ぶ方ならば、

1.民法に定められている事は、抽象的であり、ほとんどが特別法に委ねられているので、民法だけ学んでも...続きを読む

Q法学部の学生です。就職活動で質問があります。

現在、新卒で就職活動をしています。

面接で「なぜ法学部に?」「なぜ法学部なのに法律関係の道に進まないのか?」と質問され困っています。

正直なところ、なんとなくで法学部に入り、司法関係に進もうと思ったこともありません。

ちなみに先日の面接では、「裁判所に傍聴したり、弁護士の話を聞いて自分には合わないと思った」と答えたのですが、どこかネガティブですよね。。

なんて切り返すのが一番良いのでしょう?

Aベストアンサー

面接で「なぜ法学部に?」「なぜ法学部なのに法律関係の道に進まないのか?」と質問された場合は・・・

「法律関係の道に進みたいから法学部に行ったのではなく、社会人として社会のルールの基礎・基本を身に付け、大学で培った法律的な考え方に立って様々な問題にも順応できるように、法学部に入りました。」という感じで答えてみてはどうでしょうか??

面接では絶対に自分のマイナスになるようなことを言ってはダメです。アピールする場ですから、全て自分のプラスのなるようなことを言うように注意してくださいね。

参考になれば、嬉しいです。

Q法学部で学ぶ教科で普通に生きる上で役に立つ教科って何ですか?民法の授業

法学部で学ぶ教科で普通に生きる上で役に立つ教科って何ですか?民法の授業で教授が「民法は日常生活を送る上ではほとんど役に立たない」と言っていたので気になりました。出来れば犯罪者にならない為の知識などを学びたいんです。

Aベストアンサー

その教授が言ったのは、民法には任意規程が多い、という意味です。

任意規程とは、当事者間の合意があれば動かしてもよい、というもの。

例えば相続は、配偶者(未亡人)と子とが遺された場合、半々ずつ、というのが法定相続ですが、この相続分は当事者同士が合意すれば、変更できます。
変更後の相続分が法定相続分と異なっていても、当事者全員が合意すれば、法的に有効。
これが任意規程。

言い換えれば、合意が法律に優先する、ということ。
この意味で、民法など知らなくても、とにかく合意さえすれば法的には問題無し、という場合は、確かに少なくありません。

それでも、民法が全く役に立たないか?と言うと、そんなことはない。
民法には強行規程も少なからず含まれています。
双方代理(108条)、表見代理(109~112条)、瑕疵担保責任(415条、570条)、使用者責任(715条)などは重要な強行規程です。

あと一般に法学のことを英語で「jurisprudence」と言うように、法律を学ぶことはprudenceを身に付けること、です。
言い換えれば、法の精神や論理を会得することで、これは必ず役に立ちます。

その教授が言ったのは、民法には任意規程が多い、という意味です。

任意規程とは、当事者間の合意があれば動かしてもよい、というもの。

例えば相続は、配偶者(未亡人)と子とが遺された場合、半々ずつ、というのが法定相続ですが、この相続分は当事者同士が合意すれば、変更できます。
変更後の相続分が法定相続分と異なっていても、当事者全員が合意すれば、法的に有効。
これが任意規程。

言い換えれば、合意が法律に優先する、ということ。
この意味で、民法など知らなくても、とにかく合意さえすれば法的...続きを読む

Q法律を学ぶ意味は?

先ず謝ります。ごめんなさい。
私はほとんど法律の知らない人です。そのせいかもしれませんが、法律を学ぶ人のことがよくわかりません。たとえば大学などで法律を専攻する学生さんがたくさんいますが、どうせ覚えるのだから、4年間大学で学ぶよりも、六法全書でも一冊買って自分でやったほうが安いし早い。

失礼でごめんなさい。法律を学ぶため、本をひたすら覚えるのはオモシロいですか?条文で書かれた文字以外、あと何を学べますか?

無知な私ですが、教えって下さい。m(__)m

Aベストアンサー

私も質問主様とほぼ変わらないくらい法律に無知な人間ですが、書き込み失礼します。

私みたいなのが言うのもなんですが、法律って六法全書を覚えてハイ終了!ってものではない気がします。

だって法律があるのは、人と人とのつながりを円滑にするために作られたものだと思うからです。

六法というのは日本国憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法の6つの事をさし
日本国憲法とは国と人とのありかたを説いたもの。
民法は人と人とのあり方を説いたもの。
商法は民法の商売関係を改良したものだし、
刑法は犯罪を犯した人のためのもので、すべて人に係わることじゃないですか♪(民事訴訟法・刑事訴訟法は勉強不足のため詳しくは知りません(^_^;))

そんな、人に係わる法律が、そんな機械的であるはずがない。あってはならないと思うのです。

それに法律って結構アバウトな部分もあって人によっては解釈も変わるし、だからこそ人の想いが入る余地があるのだと思います。
行列のできる法律相談所をみてもわかるように、そこには人情というものがプラスされることによって、人により判断が変わるのだとおもいます。

第一に法律を目指す人は無実の人困ってる人を救いたい(弁護士)とか、
悪いことをした人にはしっかり罪を認めてもらい更生してもらいたい(検察官)とか、
公正な眼をもってその人を判断したい(裁判官)などの思いがあり、それを実現させるための武器を手に入れているわけです。
(坂本竜馬も刀を捨て法律の本に持ち変えました♪)

学校ではただ法律の本を読んで覚えて暗記してを繰り返しているのではなく、裁判などいろんなケースをテーマに話し合いがあったりするですよね。(月9ドラマでそんなのあったような…)

回答としては、

本をひたすら覚えるのはオモシロいですか?
頭のバカな私には面白くないどころか理解するのも無理です。頭のいい方たちも覚えること自体は面白くはないと思います。が、覚えてからに意味があると思います。
条文で書かれた文字以外、あと何を学べますか?
といわれれば人間関係を学べると思います!!

長文すいませんでした(^_^;)

私も質問主様とほぼ変わらないくらい法律に無知な人間ですが、書き込み失礼します。

私みたいなのが言うのもなんですが、法律って六法全書を覚えてハイ終了!ってものではない気がします。

だって法律があるのは、人と人とのつながりを円滑にするために作られたものだと思うからです。

六法というのは日本国憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法の6つの事をさし
日本国憲法とは国と人とのありかたを説いたもの。
民法は人と人とのあり方を説いたもの。
商法は民法の商売関係を改良したもの...続きを読む


人気Q&Aランキング