※少々前置きが長いため、本題まで飛ばしてくれて構いません。

自分はニコ生をしているのですが、放送中ヘッドセットを使っていました。
しかし、メガネをつけているためメガネのつるが邪魔になりますし、長時間つけていると疲れます。
なのでイヤホンにし、スタンドマイクを購入しようと思いSONY様のPC60 ECM-PC60を購入いたしました。
レビューをよく見て購入したつもりなのですが、音量が小さいというレビューを見逃していました。
パソコンの相性によるものかと思っていたのですが、調べてみるとプラグインパワーというのが関係しているそうです。
自分のPCのサウンドカードはオンボードのRealtekHDAudioです。
これにはプラグインパワーが無いという記事を見て、自分のPCでも音量が小さかったらどうしようかと思い、調べてみたところSound Blaster X-Fi Go! Proという商品にたどり着きました。
しかし、少々値が張るので購入しようか悩んでいました。
すると、この商品のレビューにタイトルに書いておりますPL-US35APが挙がっていました。
これだと1500円という安価な価格ですのですぐにでも購入できます。
それに、ステレオミキサーは搭載していますしエコーやボイチェンはいらないと思っています。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
PLANEX様のPL-US35APにはプラグインパワーがついているのでしょうか?
これを使えばノイズ軽減、PC60 ECM-PC60の音量増大をすることができるのでしょうか?
もし、できない場合それができる安価な製品を教えてくれれば幸いです。

長文となってしまいましたが、皆様のご回答お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

再びこんばんは、#1です。



>ちなみにPC60 ECM-PC60はピンマイクとしても使えるのですが、それでも尚声が小さいというレビューがあったため不安になっています。

ECM-PC50は使ったことがあります、確かにあまり感度が良いという印象もなかったですね、

ECM-PC60は正面感度 -38dBになったようなので50よりは感度は良くなったようですが数値的には一般的なPC用コンデンサーマイクと同じ程度かとは思います、

つまりヘッドセットで同じ感度のものと比べれば口との距離が離れる分だけは音量が下がるんじゃないかなという感じだろうと思います、
指向特性が全指向性であることも、環境雑音を考えると不利かもしれませんね。

>ちなみにOSはWin7のためXSplitを使ってMIXすることが可能です。

もしXSplitの無料版をお使いで、音声コーディックとしてAACが選べず「speex」しか選べない状態でしたらXSplitはおやめになってNLEに移行されることをお勧めします。

speexは正直使えません、かんたん配信の音質重視より音が悪く(ジャリジャリした音がまとわりつく)しかもモノラルでしか使えないので、その様な状態ならNLEのステレオ128を使った方がはるかに音質は良くなりますよ。

>しかし、ノイズ軽減を図るのであればやはりPL-US35APよりX-Fi Go! Proのほうがいいのでしょうか?

Amazonの評価を見る限りではPL-US35APも悪くないという感じのようですね、
X-Fi Go! Proは使用者が多くUSBオーディオアダプタとしては音質が良いのは確かではあるので、とりあえずX-Fi Go! Proの方がいいんじゃないかなとはお勧めしておきますが、PL-US35APでもかなりいけるのかもしれません。

ちなみにX-Fi Go! Proを買える人にはもう少しお金出してBEHRINGER XENYX 302USBを買ったらどうかとお勧めしますけどね、こちらの方が機能が豊富なので。

>両方マイクブースト機能はあると考えていいのですか?

Goはマイクのプロパティーのカスタムタブにブーストがあります、PL-US35APも同じくカスタムタブにAGCとしてブーストがあるような記述を見ました。

ブーストが必用かどうかは実際に配信してみて確かめてもらえればと思います、声を大きく出すことでブーストしなくて済むならブーストは使わない方がノイズは下がりますので。

それでは。
    • good
    • 0

こんばんは。



なにかいろいろ誤解しているように見受けられます。

>パソコンの相性によるものかと思っていたのですが、調べてみるとプラグインパワーというのが関係しているそうです。

パソコンのマイク入力は全てプラグインパワーがかかっています、そしてPC用コンデンサーマイクは基本的に全てプラグインパワーを必要とします(例外として電池を内蔵するものもまれにはありますが)。

>自分のPCのサウンドカードはオンボードのRealtekHDAudioです。これにはプラグインパワーが無いという記事を見て、

PC用のサウンドカードでプラグインパワーがかかっていないマイク入力は基本ありません、Realtekでプラグインパワーがかかっていないということは有り得ないと思われます(設定によりプラグインパワーを切り、ライン入力に変えられる機種は存在しますけどね)。

ちなみに、ヘッドセットからスタンドマイクに変えた場合、音量が小さくなることは割りと一般的です、なぜならヘッドセットの時より口とマイクの距離が離れてしまうことが殆どでしょうから、

口とマイクの距離が倍になった場合、音のエネルギーとしては1/4になってしまいます、ノイズの問題を重視する場合にはスタンドマイクはあまりお勧めではありません。

>思い、調べてみたところSound Blaster X-Fi Go! Proという商品にたどり着きました。
>しかし、少々値が張るので購入しようか悩んでいました。

お買いになるならPL-US35APよりはX-Fi Go! Proの方がお勧めではあります。

>それに、ステレオミキサーは搭載していますしエコーやボイチェンはいらないと思っています。

Realtekの方にステレオミキサーを搭載していてもPL-US35APと同時には基本的には使えません、
(Windows7の「聴く」という機能や「猿ちぃ」というソフトでルーティングすることで、内蔵のステレオミキサーにUSBデバイスのマイクの音を乗せることもできますが、遅延した自分の声を聴くことになる等お勧めはまったく出来ないです)

質問者さんのPCのOSがvistaか7であり、NLE(ニコニコライブエンコーダー)のスピーカーキャプチャでPC音を乗せるのであればPL-US35APでも構わないと思いますよ。

>PLANEX様のPL-US35APにはプラグインパワーがついているのでしょうか?

PC用コンデンサーマイクを繋ぐ機器は全てプラグインパワーがかかっています、RealtekにしてもPL-US35APにしてもX-Fi Go! Proにしてもその点は同じです。

>これを使えばノイズ軽減、PC60 ECM-PC60の音量増大をすることができるのでしょうか?

一般的に内蔵デバイス(今回の場合Realtek)に直接マイクを刺すよりも、USBオーディオデバイスであるPL-US35APに繋いだ方がノイズは低減することが多いので買う意味はあると思いますよ、音量についてはベレル最大でなおかつマイクブーストが必用にはなるかなとは思います。

その他、

ノイズ少なめで比較的大きめな音量で配信がしたいならば、まずはマイクと口の距離をなるべく近づけることです、たたし息が直接かかると聞き苦しいのでマイクの位置を工夫するなり、場合によってはポップガードを自作するなどで工夫すると良いです、そして何よりも大きめな声ではっきり喋るのが一番良い方法です。

それが困難であるならヘッドセットに戻った方がいいかなとは思います。

それでは。

この回答への補足

プラグインパワーは標準装備なのですね・・・。
嘘の情報を信じてしまってたみたいですね。
ありがとうございます。


ちなみにPC60 ECM-PC60はピンマイクとしても使えるのですが、それでも尚声が小さいというレビューがあったため不安になっています。

とりあえず明日商品が届く予定なので試してみてから、決めたいと思います。

ちなみにOSはWin7のためXSplitを使ってMIXすることが可能です。
しかし、ノイズ軽減を図るのであればやはりPL-US35APよりX-Fi Go! Proのほうがいいのでしょうか?
両方マイクブースト機能はあると考えていいのですか?

補足日時:2012/09/13 20:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QECM-PC60について

複数の友人とゲーム実況をやろうと思い、 エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC60
を買って試し実況してみたのですがまったく声を拾ってくれません。
マイク音量とマイクブーストをMAXにしても20cmほど離れれば全然聞こえなくなります。
Amazonでは高評価で音をすごく拾ってくれるというレビューが多い(というかほとんど)で、どうしたらいいんでしょうか。
オーディオインターフェースというのを買わなければならないんですか?
Amazonのレビューの人たちはオーディオインターフェースを使用した上での評価なのですかね?

お願いします。

Aベストアンサー

PCのマイク端子は、思いっきりプラグインパワー対応(むしろそれしか対応していない)ですけど…安っちいヘッドセットとかでも、マイクの接続プラグはステレオと同じ3pタイプでしょう?これがプラグインパワーの電源を送るためのものです。

なので本来は使えるはずなのに、今は何らかの原因で期待通りに動いていないことになります。できれば一度、友人とマイクを交換してどうなるか確かめたいですね。もしかすると単体不良の可能性もあるので、こうすれば何が悪いか解ります。

交換したら現象が入れ替わった→マイクが悪い
交換しても変わらない→PCのマイク端子あるいは回路が悪い

まともなボーカルマイクならいざ知らず、こんな「おもちゃマイク」のためにオーディオI/Fを用意するなど馬鹿げているとしか言いようがない上に、それでも直らない可能性があるので、まずは何が悪いかを確認するのが先です。

今回は関係ないとは思いますが、PCによってはマイク端子をライン入力端子に切り替えられるものがあるので、そうなっていると思いっきり音量が落ちます。

QGW-US54GXSのソフトAP機能について

GW-US54GXSのソフトAP機能で困っています。

無線LAN内臓型のノートPCから、
GW-US54GXSを挿したデスクトップPCを経由して、
インターネットに接続したいのです。

しかし、ノートPCでブラウザを起動しても、
「ページを表示できません。」が表示されます。
どうすればつながるでしょうか?

図にするとこうなります↓
【無線LAN内臓型ノートPC】

【GW-US54GXSを挿したデスクトップPC】

【ルータ(BRL-04FWU)】

【モデム】

【インターネット網】

PC環境はこちらです↓
OS:WinXP Pro SP2
CPU:Intel Pen4 3G
ネット:ADSL

Aベストアンサー

「どうすれば繋がるでしょうか」と言われても、「マニュアルに従って設定してください。」
としか言いようがありません。
ノートPCは無線を受信していますか?(右下のアイコンとかで確認。)
デスクトップPCはインターネットと繋がりますか?

デスクトップPCもノートPCも同一の固定IPアドレス設定をしてあげるのが
ポイントのような気がします。

Qホットプラグとプラグアンドプレイについて

ホットプラグとプラグアンドプレイについて教えてください。ホットプラグとプラグアンドプレイの違いなども教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ホットプラグ
電源を入れたまま(ホット)、周辺機器を接続することです。
http://e-words.jp/w/E3839BE38383E38388E38397E383A9E382B0.html

プラグアンドプレイ
周辺機器を自動的に検出し、それに必要な設定を自動で行うこと。
http://e-words.jp/w/E38397E383A9E382B0E382A2E383B3E38389E38397E383ACE382A4.html

Qホットプラグとプラグアンドプレイ

ホットプラグとプラグアンドプレイに対応しているインターフェイスにはどのようなものがありますか?
また、操作上の違いはあるのでしょうか?できれば詳しく教えてください。

Aベストアンサー

ホットプラグ(対応OSであることが前提)
USB系
IEEE1394
PCカード(PCMCIA)等のカード系
と言ったところでしょうか。
比較的最近に作成された規格は、ホットプラグ可能なのが多いですよね。

P&Pは、インターフェースと言うよりも
OS側に依存する部分が大きいんじゃないですか?

Qヘッドセットで音量を変えると左右の音量が違う

ヘッドセットをつけてFPSをやっているのですが、
1ヶ月ほど前からヘッドセットの調子がおかしいです。

音量が左右同じ状況で、ヘッドセットについているボリュームコントローラで音量を変えると
右側の音量が左側の音量の増え幅より大きく増えます。

使っているヘッドセットはHS-HP13BKという物です。
http://www2.elecom.co.jp/multimedia/microphone/hs-hp13/index.asp
購入は去年の年末にアマゾンでしたので、まだ4ヶ月ほどしか使っていません。

この症状は不良品でしょうか?それとも何かを操作すると直ったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

TVでもコンポにでも良いから繋げて 両方の音が正常ならPC側が悪い
何に繋いでもバランスが悪いのなら 中で線が切れてるから修理


人気Q&Aランキング

おすすめ情報