現在、某メーカーに勤務しております。
給料明細書を見ると、厚生年金の他に厚生年金基金も同時に毎月、引き落とされております。
そもそも、厚生年金基金とは、企業独自の年金として、定年退職後に、厚生年金に
加算されて、支払われるのでしょうか?
例えば、毎月の年金受け取りが、20万だとすると、年金基金分(これも例えば、
10万)が、プラスされ、30万受け取れると考えて宜しいのでしょうか?
つまり、年金基金をやってない企業に勤務しているより、定年後は、年金収入が多くなると考えていいのでしょうか?
あるいは、厚生年金基金というのは、退職金の積み立てと考えた方がいいのでしょうか?
現在、企業の年金基金が、非常に苦しい(赤字)と聞きますが、
果たして、上記のどちらの意味と考えた方が宜しいのでしょうか?
はたまた、全く、違う事なのでしょうか?

ぜひ、ご享受ください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

厚生年金基金とは、厚生年金の上積みの年金制度です。


企業独自に設立する場合と、同じ業種の会社が集まって設立する物と2通り有りますが、内容的には同じです。

おっしゃるとおり、定年退職後に厚生年金に加算されて、支払われ、基金に加入していない人よりも、年金額は多くなります。
定年前の退職でも、一時金で貰ったり、厚生年金基金連合会に引き継ぐ方法も有ります。

確かに、現在、企業の年金基金が、非常に苦しい(赤字)のところが多く、解散するところも出ています。

詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.kikin.or.jp/nkqa/seido1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

参考のページもご紹介いただき、非常によくわかりました。

お礼日時:2001/05/17 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金基金が解散すると

厚生年金基金が解散すると

主人のねんきん定期便が届き、私が開封して見た
ところ信じられない小額でかなりショックでした。
まさか厚生年金の受給分がこんなに少ないとは
思いもよりませんでした。

その心当たりといえば、厚生年金基金の解散です。
一時金がわずかばかり戻ってきました。

年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか。それとも、他に何か理由が
あるのでしようか。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

今は、どこの厚生年金基金もやりくりが大変です。

そこで、この際解散になったのだと思われます。

>年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか

国民年金よりは多いですが、厚生年金+年金基金の時よりかなり少なくなると思われます。

もともと、厚生年金基金の利回りは5%/年で計算していましたので・・・解散に追い込まれたのです。

ご参考まで。

Q老齢厚生年金=厚生年金基金(基本年金)?

企業年金に参加している企業の会社員の年金についてお伺いします。 
老齢基礎年金が受給できる年齢に到達したら下記の年金がもらえると理解してますがあってるでしょうか?
1)「老齢基礎年金」(公的年金 国民年金より支給)
2)「老齢厚生年金」(公的年金 厚生年金より支給)
3)「厚生年金基金(基本年金)(企業年金 基金より支給)
4)「厚生年金基金(加算年金)」(企業年金 基金より支給)
厚生年金基金が支給する「基本年金」と「加算年金」に関してですが、この「基本年金」とは公的年金の「老齢厚生年金」のことを差してるのでしょうか?それとも別ものでしょうか?ネットで厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩代わり支払う、と書いてあってので2)=3)なのか疑問に思いました。また受給する際は、1)、2)、34)と個別に申請し、3か所から振り込まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問に対する回答が出ていないので、回答させていただきます。

「代行返上」を行った企業年金と、「代行」のままの企業年金の場合で異なります。
◎「代行返上」の場合
 1)、2)が国(社会保険庁)からの支給
 3)はありません。
 4)が企業年金からの支給
◎「代行」のまま
 1)が国(社会保険庁)からの支給
 2)はありません。
 3)、4)が企業年金からの支給
*「代行返上」は3)を2)へ戻し、「代行」は2)を3)で「代行」しています。
>厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩代わり支払う、と書いてあってので2)=3)なのか疑問・・・
「代行」のことです。
>受給する際は、1)、2)、34)と個別に申請し、3か所から振り込まれるのでしょうか?
上の説明の通り、12)、4)か1)、34)の2箇所となります。

「代行返上」と「代行」とで異なります。
#1 さんの紹介サイトは「代行」で、下記は「代行返上」の例です。
現在大半の企業年金は「代行返上」を行なっていて、「代行」の運営は厳しい金利情勢で破綻状態と考えられます。
*年に2%の運用利益で基金を運用する義務に対して、現在の長期の低金利社会で企業年金の運用が悪化しているからです。
バブル時代までの高金利時代までは6~8%の金利でしたので、国へ保険料を払わないで「代行」で年金を運用したほうが2%を楽に確保して年金の上乗せが可能だったのです。

◎「代行返上」 年金 代行で検索してください。
国の年金の代行部分を国へ返す「代行返上」を行う制度
http://www.benesse.co.jp/kikin/return/index.html
 

質問に対する回答が出ていないので、回答させていただきます。

「代行返上」を行った企業年金と、「代行」のままの企業年金の場合で異なります。
◎「代行返上」の場合
 1)、2)が国(社会保険庁)からの支給
 3)はありません。
 4)が企業年金からの支給
◎「代行」のまま
 1)が国(社会保険庁)からの支給
 2)はありません。
 3)、4)が企業年金からの支給
*「代行返上」は3)を2)へ戻し、「代行」は2)を3)で「代行」しています。
>厚生年金基金が公的年金の定額部分を肩...続きを読む

Q厚生年金基金の解散で年金は貰えなくなりますか?

父の年金について教えてください。

父は70代で厚生年金を受給中の無職です。

国から貰う厚生年金とは別に、とある厚生年金基金から月数万円を受給していましたが

先日、「この度厚生年金基金が解散することになったので、現在基金から支給されている

”基金独自の上乗せ給付部分”は支給停止となります」という内容の手紙が届きました。

ということは、”基金独自の上乗せ給付部分”とは今現在もらっている月数万円のことでしょうか?

月数万円とは言え、この給付金がなくなると両親の生活が成り立たなくなってしまいます・・・。

”老齢基礎年金”は今後も変更はなく、基金から支給されている”代行部分”は国から支給される、

と書かれてありましたが、手紙の内容と言葉が難しく困っています。


無知で申し訳ありませんがどうか、回答お願いします。

Aベストアンサー

これまで厚生年金基金からは、代行部分=厚生年金相当と 基金独自の上乗せ部分(数万円)が支払われていました。
これからは、代行部分は国に返上して 基礎年金部分を含め国(年金機構)から支払われるということです。そして数万円は打ち切りです。
その数万円がなくなると 両親の生活が成り立たなくなる・・・。残念ながらどうしようもありません。でも、結果として、基金のない年金受給者(人数としてはこちらの方が多いでしょう)と同じ水準に戻るだけですので、それに合わせて生活するしかありません。

Q厚生年金と企業年金(旧:厚生年金基金)について

納付月数が不足しているため、厚生年金(国民年金を含む)の受給資格はないが、厚生年金加入中に企業年金にも加入していた場合、企業年金だけ受給できることって可能でしょうか?

Aベストアンサー

中途脱退者(一般的に加入期間10年未満、ただし貴方様の企業年金基金の規約による)の場合は、支給開始年齢(企業年金連合会からの葉書参照)になった場合、企業年金連合会(URL参照)に請求して、受給することが出来ると思われます。
中途脱退者ではない場合、貴方様ご加入の企業年金基金の規約によりますが、多分もらえると思います。これは、直接企業年金基金にご確認ください。

参考URL:http://www.pfa.or.jp/chuto/korekara/index.html

Q厚生年金基金の解散

私の会社では、同業種で組合を作っていて厚生年金基金に入っています。ところが、脱退企業が相次ぎ減収となり、また、支給がかさんだ等の理由からこの基金は解散するのだそうです。基金が解散するとどうなるのでしょうか。現在年金を支給されている人は支給を国が引き継いでくれるのでしょうか。まだ、受給していない世代が今まで支払った基金掛け金はどうなるのでしょうか。どこか別の上位団体のようなところが引き継いでくれ、再び基金に加入することはできるのでしょうか。ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3.です。
厚生年金は国が運営していて、基金は私的なもので、企業が設立しています。その資金は企業が負担しているのですが、それだけでは少額で有利な運営が出来ませんから、国の厚生年金の保険料も任されて併せて運営しています。これが代行ですね。
国の保険料は企業と従業員が折半して負担していますが、これは将来従業員に年金として給付される性質のものです。要するに従業員のものです。従って、代行返上をしたら、国の責任でその部分は保障されています。しかし、上乗せ部分の企業が負担している保険料は、企業の責任で連合会に移管されるのですから、いくら移管されて保障されるかは、基金の財政状況により違ってきます。極端には0かも知れませんが、勝手にされては、従業員は不安ですから、基金廃止にあたり従業員(基金の組合員)の承認が必要です。
ということで、質問者さんの会社も基金から脱退または基金の解散にあたり、そのような手続を経ます。具体的なことはその時に説明がある筈です。

Q厚生年金基金から確定給付企業年金等への移管

過去に2年半ほど加入していた厚生年金基金制度のある会社から
確定給付企業年金、確定拠出年金制度のある会社に転職する場合、
過去に厚生年金基金に加入していたなどの情報を申告するなどの移管手続きを
行う必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金基金には、厚生年金の報酬比例部分を代行運用する代行年金と基金独自の加算年金が含まれます。10年未満で基金から脱退すると代行年金は企業年金連合会に移されます。いずれ企業年金連合会から資産引継ぎの連絡が来るはずです。加算年金は一時金で受取るか企業年金連合会に移して年金にするかの選択になると思います。

新たな会社での確定給付企業年金、確定拠出年金は上記とは無関係になりますから、以前の厚生年金基金について特に申告するような必要はありません。

以前の会社が確定拠出年金なら、新しい会社に確定拠出年金制度があれば資産を引き継ぐことができます。

Q厚生年金基金が解散しました。3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

過去に3年3ヶ月勤務した会社で厚生年金と厚生年金基金に加入していました。
両方とも証書は保管しておりますが、
年金基金はもうなくなったと聞きました。

3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に
年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

Aベストアンサー

厚生年金基金が解散した場合は、それまでに加入者が支払った掛金は、全て企業年金連合会に移管されます。
その上で、年金の支払いも、企業年金連合会から60歳以降支給されることになります。
従って、払い損になることはありません。
ただ注意が必要なのは、年金を請求する際は、国の厚生年金とは別に、企業年金連合会にも請求手続きをする必要がある点です。

なお、「加算されるのでしょうか?」との質問には、本来、受け取る権利のある年金を受け取るだけの話ですから、「加算される」とはいいづらいでしょう。

Q厚生年金保険と企業年金基金の違いについて

厚生年金保険と企業年金基金の違いについて
ほとんど無知な為質問させていただきます。
11月に17年ほど勤務していた会社を退職しました。

その際、企業年金基金と言うものを
一時金給付で80万ほどもらえるとの事で
その際、全然何が何なのかわからない為
一時金給付で頂くことにしました。

そこで厚生年金保険と企業年金基金とは同じものなのかと
給付されてから疑問に思いました。

今後再就職して65歳の定年で退職した場合
年金の給付はどうなるのか色々調べたのですが
わけがわからなく質問させていただきました。

65歳からの年金の給付されるのでしょうか?

あと一時金給付でもらったお金は返還とかはできるものなのでしょうか?

すみませんが返答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・厚生年金は、将来 国民年金(老齢基礎年金)、厚生年金(老齢厚生年金)の二つが支給されます
・企業年金基金は、将来 企業年金(通常60歳から、企業年金により給付期間とか、給付方法とか規程があり、選択できたりします・・各企業年金により規程は違います)
 (上記の公的年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)にプラスして給付される私的年金になります)
 (企業年金を受給できる方は、老齢基礎年金、老齢厚生年金、企業年金の三つが支給される事になります)

>そこで厚生年金保険と企業年金基金とは同じものなのかと
 ・別の物です
>今後再就職して65歳の定年で退職した場合
 ・現状なら、老齢基礎年金(国民年金)+老齢厚生年金(厚生年金)の二つが支給されます
 ・現在の年齢にもよりますが、60歳~65歳にかけて特別支給の厚生年金を受給できる場合もあります
>あと一時金給付でもらったお金は返還とかはできるものなのでしょうか?
 ・現在一時金で支給されたのなら返還出来ません・・将来の企業年金としての受給を放棄したのですから

Q厚生年金基金解散の場合、将来年金はもらえる?

10年ほど勤めている会社は、厚生年金基金に加入しています。
 
基金の赤字により、数年以内に解散する方針が決定したようです。

解散すると言われれば、それに従うしかないのですが、今まで10年かけてきた掛け金は

将来年金の加算部分としてもらえるのでしょうか?

もう全くもらえないのでしょうか?

その辺の説明がなく、わかりません。

運用の失敗で赤字なので解散・・・・・解散するにも加入している会社がお金を払わないといけないなんて・・・・・

全く納得はいきませんが、色々言っても仕方ないので

今までの掛け金がどうなるのか、知りたいです。

Aベストアンサー

基金に加入していなかった勤め人と同水準の厚生年金は貰えるようです。
しかし、余計に貰えることを前提に 高めの保険料を払った分(加算分)は このケースの場合ゼロでしょう。高い分の保険料は掛け損です。
そして、基金によっては 運用失敗による損失分を 加入会社が追加負担しなければなりませんが 会社に財源がないと 間接的に加入者が負担(給料据え置き 引き下げ等により財源をひねくりだす)しかねません。場合によっては 会社倒産も・・・。踏んだり蹴ったりです。
損をしないのは 運用を他人任せにして 高給に加え過剰接待等で甘い汁を吸った年金基金の役員(大半は厚労省の年金部署からの天下り)だけです。彼らは さっさと逃げ出して(退職して) 一円たりとも損をしないと思います。

Q国民年金基金と厚生年金基金

我が家は現状は国保で国民年金を払ってます
国民年金基金に入ろうと資料をみたところ、
35歳を基準に受給額と納付額が変わるので入るなら35歳になるまでに と思ってました

最近になって、会社の厚生年金に入れると知り、悩んでます

夫が現在働いている会社で厚生年金に、もし入るとしたら国民年金基金には入れなくなりますが厚生年金基金には入れると思います(たぶん)

たとえば、厚生年金基金に入り、その後退職して国民年金基金へ移行というのは可能なんでしょうか?
もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います

夫は6月末で35になります
うちの場合は
国民年金のまま国民年金基金に入ったほうがいいのでしょうか?

自分で調べようとしたんですがちんぷんかんぷんでした

詳しい方教えてください

Aベストアンサー

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付し提出します。
1円以上(上限は10万円)支払っていれば控除されると思います。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm

私は素人なので、専門家にご相談してみてはどうでしょうか?
厚生年金+厚生年金基金の方が、本当に得なのかどうかわかりますし、ご主人も納得されるのではないでしょうか?

↓ご参考にして下さい。
http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

国民の義務として私も年金を払ってますが、確実に貰いたいですよね(~_~)

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付...続きを読む


人気Q&Aランキング