人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

TVなどで外国人の人名が読み上げられるとき、漢字を使う名前の場合、かつて中国系も朝鮮系も日本語読みでした。しかしある時期から朝鮮系の名前については現地の発音に近い読み方に切り替えられました。

中国系の人名は今でも漢字の日本語読みがなされていて、現地の発音は使われていないようです。それでローマ字表記と大きく違っていたりします。

中国系の人名が日本語読みがされつづける理由と朝鮮系の人名と扱いが違うについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔は、中国人の人名も、韓国朝鮮人の人名も、総て


日本語読みでやっていました。
金日成などはキンニッセイでした。
金大中はキンダイチュウです。

あるとき、韓国がそれにクレームをつけてきたのです。
それで、日韓が相談して、相互主義ということで
お互いに、相手の言葉の発音で呼び合うことにしました。
それで金日成はキムイルソンと呼ぶ様になりました。
金大中はキムデジュンです。

中国とは、そういう約束をしていませんので、お互いに
自国の発音で呼び合っております。
だから、中国のマスコミは、田中ならデンチュウ、
鈴木ならリンムーと呼びます。

尚、余談ですが。
NHKのハングル語講座というのがあります。
あれは昔は韓国語講座という名前だったのです。
それに北朝鮮がクレームをつけてきたので
ハングル語講座、と言うようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、めんどくさいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/13 23:15

マスゴミは基本的に親チャン親チョンなのです。



「金」って書いてなんでキム??どう読んでもキン・コンだろうが
向うの発音するなら最初からキムでいいじゃん。
なんでチョンの読み方する??

オバマって表現するけど Obamaってあまり見かけないよね。

チョンは天皇の事「日王」って表現してるんだよ。

記事に尖閣の魚釣島を「釣魚島」ってよく出るけど日本は認めてないんだろ。

表現の自由かなんか知らないけど、自国の島に領有権を主張し勝手つけられた名称で表現するなって言いたいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何を言っているのかよくわかりませんでしたが、ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/13 23:16

相互主義です。

韓国のTVで日本人の名前が読まれる場合、日本語の発音で読みます。しかし、中国のTVで日本人の名前が読まれる時は、中国語の発音で読みます。同じ事を日本もやっているわけです。私はある時期中国で仕事をしておりまして、滞在先で中国のTV番組をよく見ていましたが、確かにニュースなどで読まれる日本人の名前は中国語の発音でした。
ひらがなの名前の場合は、英語の固有名詞を表記する時のように、中国語で似た発音の漢字を当て字にして、その発音で読むようです。

この回答への補足

民放はそんなこと知ったこっちゃないと思うのですけれど、なぜ右へ倣えなのでしょう?

補足日時:2012/10/13 23:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、NHKはそういう理由なのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/13 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国人の名前をどうして現地読みにしないのですか?

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ばれたら違和感だと思うのですが。
ましてみな一国独立国、地名まで、昔日本が覇権を持っていた頃の呼び名?で、日本の公共放送はじめメディア一般で使っているのに不快感は示されないのだろか???
不思議に思います???



昔、カナダに渡った頃、現地高校生と話してた時、チャイナのマオ・ツェトンがどうのこうので、マオって?って誰って聞き返したら・・・チャイナのグレートリーダーだった人物も知らないのか?!とかなりバカにされました。
毛沢東のことかとピンと来て・・・日本じゃ通常読み名が違うんで、今の今まで世界で通用する読みを知らんかった(汗・・と言い訳しましたが(笑
・・・その頃からずっと疑問のままで。

今の中国関連ニュースを聴くたびも思い出します。
今の隣国の指導層の実の名前を知らないんだなぁ・・・と(^^;汗

いつも思うのですが、どうしてもわからないので。

昔は公共放送でも朝鮮人・韓国人の名前も「金日成(きむいるそん)」→=キンニッセイとか漢字音読みにしていたように記憶しますが・・・

だいぶ前から、交流が進んだせいか?韓国のJリ-ガーや芸能人は漢字名でも普通に現地読みになっています。
が、どうして中国人や中国の地名はそのまま漢字日本語音読みのままなのでしょうか???

人の名前ですから、個人の尊厳からも本人の現地読みでなけれな気分が悪いと思いますが。
自分だって外国の変な読み方で呼ば...続きを読む

Aベストアンサー

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中氏が、「キンダイチュウ」から「キム・テジュン」に変わった訳です。

北朝鮮との関係もそれに倣っている。

******************


上記(2)の日韓間交渉の政府高官とは、当時の安倍晋太郎外相(安倍晋三元首相の父)です。
今アラフォーの人で、1984年は14歳なので、当時ニュースなどで、全斗換、金大中、金泳三を「ぜんとかん」「きんだいちゅう」「きんえいさん」と呼ばれていた記憶があるでしょう。
それより若い世代の人は、「チョンドファン」「キムデジュン」「キムヨンサム」としか認識ないでしょう。

以下の通りです。

*****************

1)日中間の人名の読み

1972年(昭和47年)9月、当時の田中角栄首相が中国を訪問し周恩来首相との日中国交回復の会談の際に、日中両国の人名は、互いに、読む人の国の読み方(日本では、周恩来はシュウオンライとの如くに)を従来通りに継続することで合意した。

2)日韓間の人名の読み

1984(昭和59年)韓国の全斗換大統領が来日し、日本の政府高官たちとの会談の席上、両国の要人の名前を、お互いに現地読みすることで合意した。

その結果、金大中...続きを読む


人気Q&Aランキング