色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

マクロ初心者です。
会社の業務で、以下のとおりエクセルのストップウォッチ作成を任されています。

社員が何の業務をどれくらいの時間していたか、を日毎に計測・集計するため、ストップウォッチが必要です。
社員からある業務をすると報告を受けたらストップウォッチをスタートし、終了の報告を受けたら止めます。
業務の性質上、1日に同じ業務を何回もすることがあるため、本物のストップウォッチのように、計測を止めてもう1度スタートしたら続きから計測したいです。また、何人もの派遣社員が同じ業務をすることがあるため、同時に計測できる必要があります。

上記の作業が可能となるマクロは作れますでしょうか?><

gooドクター

A 回答 (3件)

複数のタイマーをエクセル上で動かそうなどと思わない方が賢明です。

労多くして実り少なく、安定性も疑問です。
口頭、内線等で報告を受けて、人手で記録するなら、下記の様なワークフローでいかがでしょうか。

入力用のユーザーフォーム(ワークシート上に作っても良いのですが)から入力する
1.連絡を受けたら、とにかく時刻の保持ボタンを押して、現在時刻を一時保持する。
2.担当者名、業務名、開始か、再開か、中断か、完了かをオプションボタンで選択する。
 この辺の何を記録するかはニーズに合わせてください。
3.記録ボタンを押してワークシートに情報を転記する。

作業にかかった計算は、ワークシート関数でやるなり、別途マクロで処理するなりして別途集計する。

ご参考まで。
    • good
    • 0

過去の質問を検索したところ、似ていると思われるものがありました。


質問者様のご希望と全く同じではないとは思いますが、参考になる部分はかなり多いと思います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1358804.html

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1358804.html
    • good
    • 0

そのPCを通常の作業に使いながらだと


秒単位の多数のタイマーの作成は難しくなってくるので
分単位なら作成しやすいでしょう。
 本物のストップウォッチを必要台数だけ用意するほうが簡単で確実だと思います。
 
 計測ミスが起こらないものを作成できるかどうかは根気次第だと思いますが
事前によく考えておくことが必要です。
・VBAのApplication.Ontime関数を調べてください。
あるいはAPIの SetTimerも調べてみてください。
これらのどちらかの使い方がマスターできてから、仕事用のタイマーの作成に取り掛かってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング