こんにちは、よろしくおねがいいたします。

自動車会社の「いすゞ」などに使用されて
いる『ゞ』の意味を国語辞典で引きたいの
ですが、この文字の読み方は何でしょうか?

 (※『ゞ』の意味を教えていただきたいのでは)
 ( なく、辞書の引き方を教えてください。)

・・・もしかして、これは漢字ではなくて、記号であって、
国語辞典ではひくことができないのでしょうか?

手元にある漢和辞典で3画で(更に強引に4画でも)調べたの
ですが、発見できませんでした。

gooの国語辞典(http://dictionary.goo.ne.jp/jp/)で
検索しても、該当無しでした(T_T)

皆様、教えてください、お願いいたします~。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 えっと、単独での読み方は知りませんが、、、


普通は踊り字と呼ばれているので
辞書で`踊り字`と引けばなんかしらの説明はあると思いますが。
 それと、ゞは種別では漢字や記号ではなく
ひらがなであるはずです。
ちなみにこのゞのカタカナ表記はヾですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

raiyaさん、ありがとうございました!!!
ずばり、その通り「踊り字」で辞書を引くことができました。
御回答いただき嬉しい限りです。

ひらがなだというのは、ちょっとショッキングでした。
漢字だと思っていたものですから。
漢字では「々」が正しいのかな?

お礼日時:2001/05/18 14:08

わたしは文字変換では「おなじ」って入力して出してます....

    • good
    • 0

辞書には載っていません。


これは前の文字を繰り返すという
一種の省略記号です。
だから、単独では読めません。
しかも、ひらがなです。
漢字は「佐々木」なんかに使う「々」ですから。

正しくは『ゞ』ではなく濁点のないやつです。
(この記号どうやって出したんですか?僕は打てないんですけど)
だから「いすゞ」の場合は
前の文字「す」を繰り返して、
しかも濁点をつけろ、って事なので「いすず」と読みますね。

本来は縦書き用です。
昔の毛筆の文章で、見たことないですか?
文節丸ごと同じのを繰り返す時に使う、
縦にながーい「く」の左右反転みたいなやつを。
それを一文字分てことで、短くしたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tomikou0000さんへコメント:

手元の漢字変換ソフト ATOK14 では、
「おなじ」か「くりかえし」で、
共に変換できました(^o^)

お礼日時:2001/05/18 14:16

Wordと一太郎では「クリカエシ」と入力すると出てきます。


たぶん 国語辞典でも「クリカエシ」で書いてあると思います。
すべての辞書ではないけれども・・・。
読みも「クリカエシ」でよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yu-mizu123さん、ありがとうございました。
手元にある『広辞苑』で、”繰り返し符号”と
いう名称で、正式に載っていました。

解説としては、”「踊り字」に同じ”と
ありました。
これまた正解でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/18 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国語辞典、類語辞典を探しています(できればPC用)

下記の条件に、なるべく当てはまるものを探しています。

・国語辞典
 紙の、分厚い講談社「日本語大辞典」(1989年発行)と、
 PC上では富士通「俊敏辞典Ver.3.0」(2000年?学研だの三省堂だのの辞典が、英語含め8種類入っています)
 …を使っています。どちらも一長一短なので、困っています。

・類語辞典
 去年あたり書店で、新作を見かけましたが、何しろ分厚い。場所取る。重い。(手持ちの「日本語大辞典」とあわせると、倍になってしまいます)

できたら、PCで(ネットにつながず)調べられて、単語数も解説も用例も、充実したものが欲しいのです。
いいものご存知の方、ぜひぜひよろしくお願いします!

Aベストアンサー

私は、学習研究社の「Super日本語大辞典 全JIS漢字版」が良いと思います。語彙も用例も十分で、類義語も入っています(とは言っても、類義語の方はそれほど充実していない気がしますが)。
あとは、「BookShelf」も、それなりに使えるかと思います。これはマイクロソフトが出しています。内容自体は三省堂の国語、研究者の英和、和英、Bloomsbury Publishing Plcの英英で、検索すると類語も併記されます。

友人にも聞いてみたのですが、同じく学研の「大辞スパ」が良いと申しておりました。これは、国語、漢字、英和、和英、類語、カタカナ語の辞典が入っているそうです。

ただ、私は国語の専門家ではなく、物書きでもないので、辞書としてこれらが「使える」かどうかの自信はありません。

Q漢和辞典に載っていないのですが教えてください。

私の持っている漢和辞典には載っていないのですが、あめかんむり(雨)に龍(又は竜)と書いた漢字はどう読むのでしょうか。’高○’(マルは質問のわからない漢字)と書いて’たかお’と読むらしいのですが、どなたか漢字に詳しい方、ほかの読み方とこの漢字の意味合いを教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本書紀の中に出てくるお話しですね。
参考URLに出ています。

参考URL:http://www.ffortune.net/spirit/zinzya/kami/okami.htm

Q漢和辞典のこと

カテゴリーで少し迷いましたが・・・。
「新修漢和大字典」(好文館蔵版)という漢和辞典があります。著者:小柳司気太 発行者:博友社 です。
この辞典、昭和7年初版発行 昭和24年第150版発行となっています(高校時代に買ったものです)。
17年で、150版。ということは、1年に約10版ということになります。こんなことってあるのでしょうか?
今頃気が付いたのですが・・・。何かご存知の方、何でも結構です。ご返事ください。

Aベストアンサー

憶測でしかありませんが、

現在の「版」は通常改訂の回数を表しております。
しかし、その辞典については「増刷」の回数を表している(現在の「第○○刷」に相当)可能性があると思います。

確か私もそのような本を見たことがあります。ただし、そのころは増刷回数を第○○版と表記するのが一般的であったかどうかはわかりません。

Q漢和辞典の部首の順番って??

はじめまして

小3のこどもと 小学生用の漢字字典で遊んでいました。
いろいろと 質問されても まぁ大人の余裕で大丈夫でしたが、こどもが
「部首索引では 部首の画数の少ない順に並んでいるけれども 同じ画数の部首の順番はどうなっているの??」と聞いてきました。
「確かに あいうえお順じゃ無いし・・。でも 漢字は中国の文字だから中国の順番なんじゃない??」って いい加減に答えたんですが 自分でも納得が行きません。
(小学生向けの辞典の巻頭にも 「部首の順番は中国の伝統的な順番で」と書いてありました)

そこで、図書館に行き 大漢和辞典の最初のところをみたら「康熙字典による」とありました。(康煕字典で何故その順番なのかは書かれていません)この「康熙字典」が「中国の伝統的な」ものなのでしょうが 康煕字典の解説本(できれば 非専門化向け)を ご紹介ねがいます。
他の本でも 部首索引の配列について解説されているものがあれば ご紹介願います。

そうすれば こどもにきちんと説明できるかなぁと思っております。

漢字博士のような方々は 私の近辺にはいなくて・・・。私もわからないし。
よろしくお願い致します。

はじめまして

小3のこどもと 小学生用の漢字字典で遊んでいました。
いろいろと 質問されても まぁ大人の余裕で大丈夫でしたが、こどもが
「部首索引では 部首の画数の少ない順に並んでいるけれども 同じ画数の部首の順番はどうなっているの??」と聞いてきました。
「確かに あいうえお順じゃ無いし・・。でも 漢字は中国の文字だから中国の順番なんじゃない??」って いい加減に答えたんですが 自分でも納得が行きません。
(小学生向けの辞典の巻頭にも 「部首の順番は中国の伝統的な順番で」と書い...続きを読む

Aベストアンサー

部首索引の配列?云々の話については分らない点が多いと思いますが、日本では必要以上に[康煕字典]が買い被られていたという

面白い意見を述べられている、斯界の第一人者「江守賢治」氏の解説字体辞典を読むと目から鱗の落ちる思いがします。


解説字体辞典(普及版)江守賢治著・3000円・三省堂・・・http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/f_kaiji.html

日本の漢和辞典は殆んど例外なく、康煕字典(こうきじてん)を模範として作られていて同書で[正字]とされている字体が正字とされ
それ以外の字体は俗字とされています・・・しかしこの正俗の基準は本当に正しいのでしょうか?

   『この本の冒頭に多数掲げられた写真版を見ていると、普段は疑問に思わなかった康煕字典への信頼が揺らいでくる筈です。
   古来使われてきた漢字の字体が、この字典には故意に載せられていないのですから???
   本書は、漢字についての「常識」をくつがえし、文化というものの重厚さを教えてくれる、またとない名著です。
   書道を学ぶ人たちだけでなく、私たち漢文を学ぼうとする者にも必読の書であります。』

~と言うことで漢字自体に対する興味がおありなら、一読する価値のある興味深い本です。


その他、書き順関連の著作には・・・[楷行草筆順・字体字典 江守賢治=編・三省堂・2000円]

部首索引の配列?云々の話については分らない点が多いと思いますが、日本では必要以上に[康煕字典]が買い被られていたという

面白い意見を述べられている、斯界の第一人者「江守賢治」氏の解説字体辞典を読むと目から鱗の落ちる思いがします。


解説字体辞典(普及版)江守賢治著・3000円・三省堂・・・http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/f_kaiji.html

日本の漢和辞典は殆んど例外なく、康煕字典(こうきじてん)を模範として作られていて同書で[正字]とされている字体が正字とされ
それ以外の字体...続きを読む

Q国語辞典について

国語辞典を探しています。
その会社のHPでも詳しい説明がなく決めかねている辞典があります。

教育同人社の新版小学国語辞典です。
間違えた読みからでも正しい言葉に行き着いて調べる事が出来る事がウリのようで、レビューも良いのですが、間違った読みから云々の事が理解し切れません。

どういう読みからなのか、この辞典をお持ちでよくお分かりになる方、例を教えていただけませんか?
使い心地なども教えていただけますと幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>間違った読みから云々の事が理解し切れません
例えば「廉価(れんか))を引く際、よく間違えられる読み方
「ケンカ」でも「廉価」に誘導されるということだと思います。
他には「遵守(じゅんしゅ)」を「ソンシュ」と間違う人が多いものですが、
「ソンシュ」で引いても「遵守(じゅんしゅ)」に誘導してくれるとか。

その辞書を所有していないのですが、
「間違えた読みからでも正しい言葉に行き着いて調べる事が出来る」機能を体験したことがあるので、
すぐこのことだと思いました。

一番確実なのはその出版社に問い合わせることだと思いますが、
参考にして頂ければ幸いです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報