痔になりやすい生活習慣とは?

尖閣諸島の領有権をめぐり、日中間が緊張状態にあります。
現段階では日本の外務省の次官がたびたび訪中し、水面下で打開策を模索しているようなので、軍事衝突に発展する可能性は小さいと思います。
しかし、石原慎太郎氏が東京都知事を辞任し、たちあがれ日本のメンバーと合流して極右政党を立ち上げる予定だそうです。
もし日本が右傾化し、尖閣諸島に施設を作るなどの挑発行為に出れば、最悪軍事衝突に発展することも十分ありえます。

もし日本と中国が戦争を始めた場合、本当に日本が勝てるのでしょうか?
ネットの掲示板を見ると、日本が圧勝する、アメリカが必ず味方に付く、という主張が多く見受けられます。
しかし、この楽観的な予測には疑問を感じます。

まず、中国の2012年度の軍事予算は約8兆7千万円で、日本の防衛費4兆6千億の約2倍です。
日本と中国の装備を個別に見た場合、たしかに自衛隊の装備は中国軍を上回るでしょう。
しかし、戦争はスポーツではありませんから、自衛隊機1機に対して中国軍機が1機だけで対応することはありません。
中国軍はスホーイ27を中心に1800機の戦闘機を保有していますが、日本の自衛隊が保有する戦闘機はF-15を中心とした360機だけです。
1機のF-15に対して5倍の数のスホーイ27が襲いかかれば、F-15に勝ち目はありませんよね?
私は軍事マニアではないので戦術的なことは分からないのですが、戦闘機の数だけで比較した場合、本当に日本が勝てるのか?という疑問を持ちます。

また、海上自衛隊はイージス艦を保有しており、海上戦闘では自衛隊が圧勝との意見も多く見受けられますが、中国は誘導型短距離ミサイルを保有しており、中国本土から尖閣沖に展開するイージス艦を攻撃することが可能です。
一応イージス艦にも迎撃ミサイルが装備されていますが、中国本土からミサイルが雨あられのように降って来たら、全てを迎撃することは不可能だと思います。

9月10日に日本政府が尖閣国有化を発表してから、中国の漁船が1000隻尖閣沖に向けて出港しましたが、航空戦にせよ、、海上船にせよ、中国が数に物を言わせて攻撃して来ることは目に見えています。

日本が中国に勝てると主張している人の話を聞くと、たいていはスポーツのように、「用意スタート」の合図で同数の戦闘機や軍艦が打ち合いを始めるというシミュレーションをしている人が多いようですが、実際にはそんな甘い話ではないでしょう。

中国国内での反日デモや日本製品不買の動き、また世論調査を見ても、大多数の中国人が日本を憎んでいることが分かります。
このような状況では、中国が2~3機の戦闘機しか出さずに、しかも自衛隊機に打ち落とされただけで白旗を上げるなんてことがあるはずがありません。
中国政府が日本に対して白旗を上げたら、中国国民は弱腰の共産党政府を批判し、誰も共産党を支持しなくなるでしょう。
そもそも「中華思想」を持ち、プライドの高い民族である中国人が、白旗を上げるという選択をすること自体考えられません。

中国がいつまでたっても白旗を上げず、日本の自衛隊員に甚大な被害が出続ければ、戦争に対するアレルギーがある日本人は動揺するはずです。
そうなれば、「尖閣諸島を中国に上げてしまえば、これ以上の死者を出さなくて済む」という発想に変わるのではないでしょうか?

それと、大半の日本人は日米安保があるからアメリカが必ず味方に付くと信じているようですが、本当にそうでしょうか?
アメリカは、物事を損得勘定で考える国です。日本が好きだから、中国が嫌いだから、とうような感情で判断することはありません。
アメリカとしては、中国海軍の海洋進出を阻止したいでしょうが、(中国から見て)尖閣諸島の外側にはさらに先島諸島があります。
尖閣諸島を中国に取られたからと言って、アメリカにとって大きな損失になるとは思えません。
アメリカの国民も、アメリカ本土からはるか先の無人島を守るために、核保有国である中国と戦争をすることを望む国民が何人いるでしょうか?

とりあえず、アメリカが日米安保を履行しないと、日本側から日米安保自体を破棄されかねませんから、アメリカは一応履行した「ふり」をするでしょう。
フォークランド紛争でも、イギリスの同盟国であるアメリカはほとど何もしてくれませんでした。
第二次世界大戦の連合国の仲間に対してもこの有様ですから、真珠湾を攻撃されたに日本に対して、アメリカがほとんど何もしないのは目に見えています。

説明が長くなってしまいましたが、皆さんにお聞きしたいことをまとめると次の3つになります。

1.軍事予算、保有する戦闘機の数を比べても中国が有利なのに、本当に日本が勝てるのか?
2.戦争アレルギーのある日本人が、多数の自衛隊員が死亡している状況を見ても、戦争続行を望めるのか?
3.アメリカはどこまで日本に協力するのか?

以上3点について、皆さんのご意見を聞かせ下さい。
なお、日本は神風が吹くから勝つというような根拠のない妄想に近い回答、中国に対する感情的な回答はお断りします。

よろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (25件中1~10件)

No.24です。

丁寧なお返事をありがとうございました。

 海上戦については詳しくはないのですが、にらみあいから発生する偶発的な小競り合い以外は、艦隊同士の戦闘は発生しないのではないかと思います。多分に個人的な思い込みもあるのですけれど。

 専守防衛が日本の国是ですので、具体的な状況は中国側が侵攻、自衛隊側が防御という形になると思います。おのずと中国側が日本の領域内・エアカバーの中に入ってくるということになります。
 そうした状況では、自衛隊側には有力な対艦攻撃手段が複数存在することになります。世界有数の対艦攻撃力を誇るF-2や対潜哨戒機に搭載したASM、場合によっては島嶼に配備したSSM等、理論上は100発を超えるミサイルを同時に雨あられと浴びせかけられる能力(飽和攻撃といいます)があるということになります。
 対する中国側は、先にお話ししたように航空優勢は圧倒的に自衛隊側にありますので、使用できる対艦ミサイルは基本的に艦載のもの中心となります。従って自衛隊に匹敵する飽和攻撃ができるとは考えられていません。

 仮に中国側も飽和攻撃が可能だったとしても、自衛隊側にはまさに対艦ミサイルの飽和攻撃のためにつくられたイージスシステム艦があるのですから、高いレベルでの防御は可能と考えられています。
 これに対し、中国側の艦隊防御システムは出来上がったばかりで、しかも内容はロシアやフランスその他のシステムをつなぎ合わせたものであり、とても完成されたものとはいいがたいようです。

 ということで、そんな有利な状況がありながら、わざわざ敵の射程内に自衛艦隊を進出させる必要はありません。よって艦隊同士は直接対峙せず、自衛隊側が遠距離から中国艦隊に対艦ミサイルを浴びせる、という形になると思います。そうした状況が発生した場合、自衛隊側には航空機に若干の損害はでるものの艦艇の損害はなし、中国側の艦艇には全滅に近い大被害、という見方が諸外国でも大勢のようです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
新しい質問を立ち上げましたので、よろしければそちらへの回答もよろしくお願いします。

OK Wabeの方
http://okwave.jp/qa/q7777462.html

教えてgooの方
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7777462.html

お礼日時:2012/11/02 00:00

 自分は1にだけお返事させていただきます。

2.3はどうしても単なる感情論(アメリカを無条件に信用できないし)になりそうなので。

<戦闘機の数>
 まず、戦闘機の数ですが、中国の1800機のうち、いわゆる第4世代以降の機体はJ-10以降、おそらく数百機程度と思われます。従って空自との戦力比はいわれるほど大きくはありません。

<戦闘機の性能(脚の長さ)>
 「Su-27の航続距離は」とのお言葉ですが、航続距離というのは「武装なし、燃料だけ満載、片道の距離」のことですので、こういう場合には何の意味もありません。通常は「戦闘行動半径」で比較しますが、Su-27は1000km程度と言われています。距離的には尖閣に充分届きますが、燃料の搭載量は武装とのトレードオフですし、戦術にも関わりますので、中国にとって決して余裕のある距離とはいえません。 また、空自側は空中給油機を保有しているのに対し、中国側はSu-27用の空中給油機を調達できていません。空中給油ができるかどうかは搭載する武器の量にも関係してきます。
 こうした事情で、現時点で「脚」の部分で不利だからこそ、中国は躍起になって空母機動部隊の保有にまい進しているのです。

<戦闘機の性能(空戦能力)>
 現代の航空戦はBVRが基本ですので、めったなことではドッグファイトは発生せず、また戦闘機単体ではなくて、管制も含めた総合的な戦闘が行なわれると考えられています。
 その場合、有力な早期警戒・管制機を運用している日本側が圧倒的に有利になります。中国側は有力な空中警戒・管制機を保有していません。「中国側のレーダーで」というお話もありますが、ご存知の通り電波は直進し、地球は丸いので、こと航空戦管制に関しては、地上レーダーは空中のレーダー(早期警戒・管制機)の足下にも及ばないのは自明です。
 敵よりはるか遠くから発見でき、敵の射程外から攻撃できるミサイルを有しているのに、わざわざ敵の懐に飛び込んでゆく馬鹿はいません。

 ということで、こと航空戦に関しては、現時点では日本がかなり優位にあるというのが諸外国も含めた多くの航空畑の人たちの見方となっています。
 だからといって「やっちゃえ」なんて阿呆なことはいいませんが。

 ところで、ご自分で「軍事マニアではないので戦術的なことは分からない」とおっしゃっているのですから、マニア(らしい方)からのご意見はできるだけ率直に受け止められてはいかがと思いますが、いかがでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
もしお分かりなら海上戦についても教えていただけませんか?

>マニア(らしい方)からのご意見はできるだけ率直に受け止められてはいかがと思いますが、

あなたのように詳しく解説していただければ納得します。

お礼日時:2012/10/30 23:27

>Wikipediaには目を通しましたけど、あなたが言うような通常型の方が原子力より有利だというような説明は載っていませんが?あなたは何が言いたいのですか?



( ゜д゜)ハァ?

通常動力型が原潜に劣る部分は潜航時間だろ。(日本のそうりゅう型潜水艦の連続潜航時間は2週間)
尖閣諸島近海での運用(待ち伏せ攻撃)に"原潜は必要ないだろ"って話をしてるのに、なに"vs原潜"にすり替えてんだ?
露骨に論点逸らしをやるなよ。おまえはサヨクかww哀しくなるわww

>通常型であればいつかは浮上しなくてはならないので、浮上した時点で中国側に補足されます。

ゲームじゃないんだろw
静粛性に優れ、世界最高性能のソーナーと魚雷を備えた潜水艦の攻撃や監視の目を、何日も掻い潜り、何時何処で浮上するのか判らない潜水艦を、中国側の"何が、どうやって"補足するのかな?具体的にどうぞw
(因みに、P-3C哨戒機の対潜能力も世界一と称される)

>私が大統領だったら撃ちませんね。

(´・ω・`) 知らんがな

>そもそも「中華思想」を持ち、プライドの高い民族である中国人が、白旗を上げるという選択をすること自体考えられません。
>中国がいつまでたっても白旗を上げず、日本の自衛隊員に甚大な被害が出続ければ、戦争に対するアレルギーがある日本人は動揺するはずです。
>そうなれば、「尖閣諸島を中国に上げてしまえば、これ以上の死者を出さなくて済む」という発想に変わるのではないでしょうか?

>たとえば中国が1発日本に核ミサイルを撃ち込み、それでも降伏しなければ100発打ち込むと言われても降伏しませんか?

>核の傘なんて幻想ですよ。
>アメリカの「守る守る詐欺」に引っかかっていることに気付かない哀れな人達。

>アメリカのしたたかさは天下一品です。白人大好きの日本人をなだめるのは簡単です。
>尖閣を取られただけでアメリカを裏切る日本ではありません。

( ゜∀゜)o彡°詭弁!詭弁!
    • good
    • 3

>ゲームじゃないんだから、外国と戦争をする時に、あらかじめルールを決めて始めることってないでしょう?


>日本と中国が話し合って、「尖閣海域だけで戦争をしましょう」とか、「核は使わないことにします」というルールを決めたりしますか?

>たとえば中国が1発日本に核ミサイルを撃ち込み、それでも降伏しなければ100発打ち込むと言われても降伏しませんか?

毛沢東の「核戦争を辞さず」を真に受ければ中国には核抑止は成り立たない事になるが、中国の大規模な紛争の例としては台湾との数回の軍事衝突、中ソ国境紛争、中越戦争が挙げられ、いずれも地域紛争であって核兵器を使用する局面には至らなかった。
これは核兵器国はもちろん、非核兵器国が対象であっても、核兵器国の支援を受けることによる核の傘が機能することを示している。

あなたのアタマの中では、それすらオミットされてるのか?それとも、日米安保に抑止効果がないと思ってるのかな?

>尖閣諸島を中国に取られたからと言って、アメリカにとって大きな損失になるとは思えません。
>アメリカの国民も、アメリカ本土からはるか先の無人島を守るために、核保有国である中国と戦争をすることを望む国民が何人いるでしょうか?

そもそも、限定してるのはあなたです。
尖閣諸島は"日米安保の適用対象"とアメリカがハッキリ宣言してるにも係わらず、妄想を根拠に適用外にしておいて、それでも日本単独で勝てるという意見が出てくれば、今度は限定戦でなく全面戦争だ核攻撃だと吐かす、もう無茶苦茶やw

>少なくとも私は死ぬくらいなら降伏を選びますがね。

(´・ω・`) 知らんがな

>アメリカのしたたかさは天下一品です。白人大好きの日本人をなだめるのは簡単です。
>尖閣を取られただけでアメリカを裏切る日本ではありません。

(´・ω・`) また妄想が根拠ですか

>日本の潜水艦は原子力ではないって知っていますか?一方、中国の潜水艦は原子力です。
>通常型であればいつかは浮上しなくてはならないので、浮上した時点で中国側に補足されます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B8%B8% …

質問に対する肝の部分の回答じゃん・・・軍事マニアじゃなくてもさ、Wikipediaくらいは目を通してくれよん。

この回答への補足

>毛沢東の「核戦争を辞さず」を真に受ければ中国には核抑止は成り立たない事になるが、中国の大規模な紛争の例としては台湾との数回の軍事衝突、中ソ国境紛争、中越戦争が挙げられ、いずれも地域紛争であって核兵器を使用する局面には至らなかった。

>これは核兵器国はもちろん、非核兵器国が対象であっても、核兵器国の支援を受けることによる核の傘が機能することを示している。

中ソ国境紛争では核戦争一歩手前まで行きましたよ。ソ連側が折れてソ連首相が訪中したため、大事には至りませんでした。

台湾に関しては、台湾人の国民党からの解放が目的なので、核兵器を使って一般人を殺したら意味がありません。

中越紛争も、カンボジアのポルポトをベトナムが追い出したことに対する「懲罰行為」が目的であって、ベトナムと全面戦争をしたかったわけではありません。

台湾とベトナムで、核の傘が機能したわけではありません。


>あなたのアタマの中では、それすらオミットされてるのか?それとも、日米安保に抑止効果がないと思ってるのかな?

あなあがアメリカの大統領で、アメリカ人の財産、生命を守らなくてはならない立場だったら、日本が核攻撃されたら中国に核ミサイルを撃ちますか?
私が大統領だったら撃ちませんね。
撃たなくて日本に文句を言われるのと、撃ってアメリカ人が数十万人死亡するのと、どちらを取りますか?
核の傘なんて幻想ですよ。
アメリカの「守る守る詐欺」に引っかかっていることに気付かない哀れな人達。


>>日本の潜水艦は原子力ではないって知っていますか?一方、中国の潜水艦は原子力です。
>>通常型であればいつかは浮上しなくてはならないので、浮上した時点で中国側に補足されます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B8%B8%

>質問に対する肝の部分の回答じゃん・・・軍事マニアじゃなくてもさ、Wikipediaくらいは目を通してくれよん。

Wikipediaには目を通しましたけど、あなたが言うような通常型の方が原子力より有利だというような説明は載っていませんが?あなたは何が言いたいのですか?

補足日時:2012/10/28 23:55
    • good
    • 2

そもそも局地戦にしかならないと誰が決めたんですか?全面戦争になる可能性もある。

政府が頑強な態度を取れば核が落ちてこないという保証はない。日本はそもそも若者は心身がひ弱で愛国心などありません。国歌も歌えない。天皇万歳とかもばかばかしくてやろうとはしないだろう。ちなみに俺はその世代ではない。古いとか言うなら現代流にどうやって団結する?馬鹿にする馬鹿が考えろ。徴兵しても役には立たないだろう。まず徴兵制がないし、大反対するだろうし、忌諱者が続出するだろう。現代兵器はハイテク化しておりいきなり徴兵されても何もできないとされている。「中国さん僕立ちまだ訓練してるのでまってください」といえるのですか?そういうことならそれに備えて国民全体韓国のごとく兵役させ軍事テクになれさせることが必要であるが兵役すらない。大反対が起こるだろう。むろん中国などを刺激しかの国も兵役を行うことは間違いない。ただでさえ少子高齢化で悩んでいる日本が中国に勝てるのか?じいさんばあさんまで引っ張り出すの?ということ。話それるけど中国はアメリカでロビースト活動を活発化させていることは間違いないよ。日本ではロビーストすべきだという論調すら出てない。アメリカの新聞に尖閣の宣伝載ったよね?中国が本来国際司法裁判所に提訴すべき立場にあるが、提訴しない以上、日本から提訴してもいいくらいである。「領土問題は存在しない」という主張は本来ちっぽけな国に言う発言で、相手を馬鹿にしていることはよく理解していただきたい。韓国は弾道ミサイルを秘密裏?に開発して突然公開した。日本はそういうの秘密裏に開発して公開できるの?日本が命がけで守るべきは、人がたくさんすむ明らかな領土である。人がすんでこそ国を超えて誰もが両湯を疑わない領土です。国際海洋法上も。そこに攻め略奪するなら戦争やむなし。正統性がない。
    • good
    • 2

アメリカ軍分散について今日質問したので検索してご覧ください。

結論から言うと中国と戦争してはいけないということです。架空の話としてどちらが勝つのかという議論は可能です。あくまで架空。日本はずっと軍事費をgdp比1%でやってきました。今も似たようなもんでしょう。今まではそれでも経済大国だから良かったのですが、中国に抜かれました。しかもお隣です。しかも怖い国です。絶対に戦争をしてはいけないということです。尖閣付近で中国が挑発しているのはアメリカが動くかどうかを様子見ているのです。今のところ米軍が日本に集結する動きは見せていません。ただそれを政府が公表してほしいとは思わない。機密事項であるべきです。その辺は政治を信頼するしかない。アメリカの核の傘。これも期待はできません。過去に核の傘で守ったという事例は古今東西一度も聞いてません。不明としか言いようがない。おっしゃるとおり中国と日本はアメリカからだいぶ離れており隣国ではありません。位置的にみて日本が中国と戦争しても危機が迫るわけではないという意味では参戦は難しいかと思います。ただ空母をこちらによこすなど警戒はしているようで、必要以上に刺激しないように慎重に動いているとも見える。ただこのサイトでもしきりに議論されているようですがこれは中国人でも平気で見られるので、みだりに国の秘密を漏らすのは国益に反しますよ。僕も気をつけますがご注意を!池上さんも尖閣問題は難しいと述べていました。だから私にもわかりません。ただ戦争だけは絶対にだめだということです。中国が強敵であることは言うまでもない。人口や国土は最初から抜かれてます。経済まで抜かれてしまった。中国の社会福祉などなさそうだから軍事費やアメリカや日本のマスコミのロビースト活動などに巨額を投じることができます。徴兵制も中国は明日からでも全国いっせいに徴兵ができ、人口がすごい分一気に集まります。日本のように徴兵のcの字も考えてない国民が珍しいのだから。人権無視のすさまじいスパルタ短期訓練もあの国なら可能。オスプレイだろうが何だろうが、日本のように地域エゴで配備反対が起こることはないでしょう。強引に行えます。それが独裁国家の強みです。非常時に協力カツ迅速に、一部の人権侵害や反対など無視して時に逮捕も含めて、強行に行うなど日本にはない強みがあると思います。なおそもそも尖閣問題は利権争いなのです!人がすんでません。人命がなんらかかってません!だからそこを命がけで守り戦争をするということは国民として到底許しがたいものです。全面戦争になり敗戦して降伏したら全土が取られますよ?中国人の奴隷となることを意味します。尖閣に関しては人がすみにくく、日本も1940年を最後に人がすまなくなり放棄したような状態にあったことにより中国に付け入る隙を与えているのです。「わが国固有の領土」という主張は原告被告的な主張に過ぎず抗弁です。そもそも国際社会は無法地帯であり弱肉強食である。中国がもし尖閣を占領しても、不当であるが戦争だけは絶対に許しません。離島奪還などとんでもない!国際司法裁判所に提訴するなり、経済制裁に踏み切るなどの措置で平和的に断固抗議すべきものです。尖閣列島の地図はみんな確認してくださいな。非常に微妙な位置にあり、日中台にいたるまでみんなにらみを聞かせられる難しい位置にあるのです。だから争いになっています。中国はデモを鎮静化するため全国の警察を動員したり、ネットでデモを検索できないようにするなど一定の努力をしました。われわれ日本としてはそうした努力を(一戦略である事は気づきながらも)感謝し、むろん略奪の損害は求めて、国有化を撤回する方向で見直しに入るべきです。中国は怒ってますよ?デモを鎮静化させたのになぜ日本は譲歩しないんだと。国を挙げてデモを鎮静化させ、日本大使館を厳重に守ったことは評価すべきです。いや、再度棚上げとしてわが国は軍事力強化や日米同盟の見直しなどの猶予期間を得なければいけない問いことです。過去の世界のGDP推移を検索してもらえばわかりますが中国が急激に成長してます。今日本は軍事戦略を見直すべきときに来ており、準備が必要である。その意味で、国有化を撤回して領土問題を棚上げにするべきと思います。戦争絶対反対!
    • good
    • 3

>当時の日本とアメリカのGNPの差は20倍ありました


 そうですね。あと大切なのは工業力と資源の差などですね
 なので日本は米国に太刀打ちは無理ですた
  ただこの場合自分のいう国力というのはGDPやGNPではないんです
 その国家の経済力もそうですが、工業力や資源の保有量、および食料生産力や科学力など
 いわばその国そのものの総合値ですね
  で戦争になればお互いの国家同士の単純比較ではすみません。さらに同盟国による軍事支援もあります
 例えば日露戦争でかろうじて日本が勝ててたのは日英同盟による英国支援もその要因に入れるべきです
 なので単にGNPの単純比較ではありません


>そもそも尖閣諸島自体中国のレーダーで監視されているので、ステルス機以外お見通しですよ。
 近年の航空機による制空戦闘機の戦闘は基本BVR戦闘です。
 無論地上のレーダ支援もありますが、地上のレーダ基地とリンクしその位置情報を送信してもらう
 そんな制空支援システムなんてありましたっけ?_。まぁ似たような物はありますが、いわゆるAWACSシステムですよね
 ただその場合早期警戒管制機が必要です
  ただ中国の早期警戒管制機は確かKJ-2000ですよね。しかも全部南京基地配備、しかも4機・・これでどうしろとw
 
 無論Su-27もそうです。
  どっちにしても米軍もロシアも基本あまりドックファイトを重要視してません。
 基本ドックファイト有利にするなら戦闘機の重量削減と旋回能力を重視した設計になりますSU-27はその点重要ですが
 その分汎用性に欠くわけでです。実際中国もSu-27の生産を途中で打ち切りあるSU-30に切り替えましたよねw
 でSU-30はSU-27に対し圧倒的にドックファイトが不利です。
  じゃSU-27はf-15に対し確かにドックファイトが優位です。ただそこまでにF-15の攻撃でかなり数を減らされての戦いになります
 ただその前にf-15もそれをわかってますので、不利なドックファイトに持ち込みませんよw


>イージス艦に向けて中国本土から誘導ミサイルが発射されて攻撃されると言ったのです。
 地上本土、で車両搭載型のミサイルです?
 となるとHY-2ですか? それ中国そんなに配備されててましたけっけ
 元々旧式が進み、艦上配備型のYJ-8が完全に主力になり取って代われているハズですが?
  そもそもそんな旧式のHY-2ミサイル大量にどうやって対艦誘導するんです?
 
>ミサイルを含めた装備の面で言えば、中国の方が上だと思いますが間違っていますか?
 そう思います。
 


>どうして無人島の尖閣諸島に上陸するのに強襲揚陸艦が必要なのですか?
>中国軍が制空権と制海権が確保できれば、どんな船を使っても兵士を島に運べますよね?

 兵士だけならねw
 今は三国志の時代じゃないんだから兵士をあげてハイ終わり、というわけにはいかんのです。
 占領後、近隣海域および制空権確保の為の基地機能がいるんです
  例えば米国の強襲揚陸艦の代表は『ワスプ級強襲揚陸艦』になります
 http://island.geocities.jp/torakyojin88/lhd1.html
  多少の空母機能と、レーダ装備など小さな軍事基地機能がいるんです
 中国にはまだないんですw


>中国共産党さえいなくなれば、中国人は親日になるという発想はただの妄想です。
 そんな事いってません。


>尖閣諸島は中国本土から300キロしか離れておらず、海上からの支援は不要です。
 まぁ、まぁ中国の軍事マニュアルはそんなトンデモ理論で構成されてないとは断言できませんので
 もしかしてそうマニュアルに記述してあるのかもしれませんが、日本を始め西側およびロシアなどの
 戦術的には普通ありえません
  そんな無茶な戦術ならそうそうに中国は敗北すると思います


>今は自衛隊機が警告すれば出て行きますが、戦争になればそれが打ち合いになるだけです。
 いやそんな無茶なw
 宣戦布告をすれば初手は中国からの日本への対地攻撃になります
 宣戦布告されてすぐに製空戦闘機を上空に飛ばすなんて普通はないですが


>自衛隊が中国本土にあるレーダー基地を攻撃したら、全面戦争になりますよ?
 それは憲法九条があるので自衛隊はしません。そもそも武器がありません
  そもそも尖閣を取ろうとした時点でかなりの本格的戦闘になります 

>中国は日本のタンカーを攻撃し、日本に石油が入って来ないようにするでしょう。
 どうやって攻撃するの?
 航空機は航続距離が足らないので、潜水艦くらいしか手はありません
  広い太平洋を中国の潜水艦たちが単独で広範囲に広がって個々に活動すんの?
 

>中国は核保有国で、アメリカ全土を射程に収めています。
 DF-31の事ですか?
 いわゆる移動式固体燃料大陸間弾道ミサイルですね
 納めていると、攻撃可能は違います。DF-31は当時少量生産されただけで
 あとは生産されていません。理由はに起たないからです。
 中国もそれをわかって殆ど生産してません
  中国と米国は距離がありすぎですからね。SM-3で迎撃されて終わりです、
 米国が核を戦術核に切り替え攻撃型原子力潜水艦搭載に集中してるのはなぜか?
  核は近距離で人知れずうたないと迎撃されるからです

この回答への補足

>その国家の経済力もそうですが、工業力や資源の保有量、および食料生産力や科学力など
>いわばその国そのものの総合値ですね
>で戦争になればお互いの国家同士の単純比較ではすみません。さらに同盟国による軍事支援もあります

私の質問の趣旨は、「日本と中国どちらが勝つか」です。あなたの回答は、質問の答えになっていませんが。


>>ミサイルを含めた装備の面で言えば、中国の方が上だと思いますが間違っていますか?
>そう思います。

では「中国が勝つ」という結論でよろしいですか?


>>自衛隊が中国本土にあるレーダー基地を攻撃したら、全面戦争になりますよ?
>それは憲法九条があるので自衛隊はしません。そもそも武器がありません

そもそも憲法九条があって、自衛のための反撃しか出来ないのであれば、自衛隊はかなり不利な状況で戦うことになりますよね?
よく、「自衛隊員は六法全書を見てから反撃する」と言われていますが、中国が国際法も無視して攻撃を進め、日本がどう反撃すれば法律に触れないかをいちいち検討していたら、あっという間にやられますよね?

装備の比較以前に、日本が法律に縛られているというジレンマを忘れてはいけません。
国際法を無視する野蛮国家と、赤信号すら守る法治国家の日本が対決して、日本が野蛮国家に勝てますか?


>>中国は日本のタンカーを攻撃し、日本に石油が入って来ないようにするでしょう。
>どうやって攻撃するの?
>航空機は航続距離が足らないので、潜水艦くらいしか手はありません
>広い太平洋を中国の潜水艦たちが単独で広範囲に広がって個々に活動すんの?

広い太平洋の真ん中で攻撃しなくても、日本近海で攻撃すればいいじゃないですか。
スホーイ27は4000キロの航続距離があります。片道2000キロです。

中国本土から片道2000キロなら日本中どこでも飛んで行けますよ?
西日本方面はもちろん、中国東北地方から同盟国の北朝鮮上空を通れば北海道も攻撃できます。

あなたの想定は甘すぎませんか?


>中国と米国は距離がありすぎですからね。SM-3で迎撃されて終わりです、

SM-3だって命中率は100%ではないでしょう。中国から数発の核ミサイルをアメリカに撃たれて、1発でも迎撃に失敗すれば被害は甚大です。

SM-3をそんなに過信しているアメリカ人なんていますか?
中国に「核ミサイルを発射するぞ」と脅された時に、「SM-3があるから怖くない、撃てるもんなら撃ってみろ」と言うアメリカ人がいますか?

あなたのそのお気楽な発想が怖いです。

補足日時:2012/10/28 17:04
    • good
    • 0

お早うございます。


補足でお叱りを戴きましたANo12です
>そもそも「中華思想」を持ち、プライドの高い民族である中国人が、
白旗を上げるという選択をすること自体考えられません
*から、ご心配が発生いたしておりますね、具体的に申し上げますと、
中国の成り立ちは多民族国家であると認識致しております。
地域限定的な日本との戦いに於きまして、反日教育が行われて居ましても、
愛国などとは程遠い行動が起きる、と認識を致しております。
旧ソ連が同様な形態でした、分離独立運動のキッカケになると認識いたしております。
新疆ウイグル地域です。後ろ玉はインド、モンゴル、などを認識致しております。
周辺国は自国の利益に走り始めます、
日本に見方はしなくても敵にはならないと認識致しております。
中国の敵には十分になり得ると認識致しております。
希望的観測は十二分に認識しております。
ご指摘の“思い込み”は甘受いたします。
どう思うか!?と言われましたので回答いたしました。
心配!にはお応えできず、お気に染まなかったことをお詫びいたします。
もし!日本人同士の議論で在るならば、勝つ為の楽しいモノにしませんか。
やってみなければ判りませんよ~戦争って、集団パニックですからね。

この回答への補足

中国の人口の内、漢民族の割合は94%に達します。少数民族は6%しかいません。
その少数民族も、都市に住んでいる人は漢民族と同じ学校に通い、中国語(漢語)で教育を受けています。
都市部の少数民族は「漢化」が進んでおり、純粋な少数民族となればさらに少なくなります。

周辺諸国が、圧倒的多数の漢民族を敵に回し、微々たる数の少数民族を支援するメリットはありますか?

ブータンが親日国だと言って喜んでいる人は、相当の経済オンチなんでしょうね。

補足日時:2012/10/28 13:23
    • good
    • 1

No.4です。



補足説明で自衛隊が尖閣の領海内を航行したら
攻撃するとの、発言を中国側がしたようですが
自衛隊が尖閣に近づかなければ
中国は武力攻撃しない。と、言っていると私は感じますが・・・。
この考えって間違っているでしょうか?

この回答への補足

石原慎太郎なら、「自国領内に自衛隊が入って何が悪い」と言って平気で自衛隊を尖閣の領海内に入れますよ。
そうしたら即開戦です。

補足日時:2012/10/28 13:29
    • good
    • 2

皆さん、もう気付きましょうよ。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしも中国が日本に侵攻して戦争になった場合、私たちは殺されるがままですか?

社会党や一部の公明党の言うように、仮に自衛隊を廃止したとします。

もしも中国が日本に侵攻してきた場合、どうやって国民の命を守るのですか?
私たちは殺されるがままですか?

中国と北朝鮮が沖縄を核爆弾で攻撃して米軍を壊滅させ、九州に侵攻してきたと仮定します。
自衛隊がなかったら、どうやって国民の命を守るのですか?
九州の人たちは殺されるがままですか?

Aベストアンサー

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守るために動きます。
しかし、”国を守る”ために個々の国民まで守るとは限らない。戦術・戦略上、住民を見捨てることもあるでしょう。これは、”100人の犠牲で1万人が救われるなら…”というやつですね。国を守る軍隊としては、世界的にも極めて当然の措置でしょう。
ここの辺りが信用ならないって言われる所以でしょうが、軍隊は国を守ることが大前提で、それに付随して国民を守っているという事になっているのですから、その辺の認識の違いから”信用ならん!”となるのでしょうね。
それと法律問題。日本存亡の危機という時に法律が機能するでしょうか? 当然日本防衛に不利なる法律など機能する訳がありません。そんなのは超法規的に行動するに決まっています。これも世界的にも歴史的にも常識では?(小規模紛争で”日本存亡の危機”って程でもない時には困りますけどね)
それと、質問では既に核兵器が使用されていますが、まぁ、実際には現状(21世紀中頃までは確実に)ではまずあり得ない状況ですね。
やったら、米国が報復しますし(自国軍隊が被害を受けているのだから、当然の処置)、中国経済(世界経済も)も日本経済が破綻すれば壊滅的打撃を受けます。第2次世界恐慌ぐらいは起こるかもしれません。落ち目でも世界第2位の経済力を誇っているのですから、それぐらいの影響は与えます。
そうなれば、中国は戦争どころではありません。世界大戦でもない限り、経済あっての戦争なので。
更に、中国軍が日本に大軍を派兵する能力があるのか? 上記の全部の前提ですが、先ずこれが無理ですよね。どうやって数個~数十個師団規模、数万~数十万人の人員を日本に寄越すのでしょうか。中国は陸軍の国です。陸続きなら強大な戦力を有していますが、海を挟む日本にそれだけの兵力を派兵することは物理的に無理です。(どこでもドアでも開発したという前提???)
ここで自衛隊が居れば、自衛隊の空海戦力は世界有数で間違いありません。弾がないとかよく言われますが、他先進国の軍隊でそれ程の継戦能力を有する国がどれ程ありますか? 米国ぐらいでしょう。
最初の1週間程度を全力で防衛できる程度に弾があれば、後は世界に誇るジャパニーズマネーが弾は用意するでしょう。その為に、世界最大の軍需産業を有する米国の兵器も使用できるように互換性を持たせているのですから。
日本を過小評価し過ぎです。過大評価もダメですけどねぇ。上記ぐらいなら適当なところじゃないでしょうか。

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守る...続きを読む

Q中国に攻撃されたら自衛隊の艦隊は壊滅?

ロシアの軍事専門家による「中国が軍事的手段により尖閣諸島奪取を図った場合」の戦況シミュレーションによると
日本側は制空権を確保できるが、
中国は軽型を含めミサイル艦を大量に保有していることで、日本の艦隊に壊滅的打撃を与えることができる。
したがって、日本側が中国軍による尖閣諸島上陸を阻止することは難しい。中国軍は日本の海空兵力に打撃を与える一方で、空挺(くうてい)部隊による尖閣上陸を試みることができる。

詳細
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0920&f=politics_0920_012.shtml
とあります。

日本の自衛隊のミサイル装備はそんなに脆弱なのでしょうか?

Aベストアンサー

いいえ、長射程の Missile は先ず「相手が何処にいるか」を確認できないことには撃てません。

地球は丸いので水平線の向こうを Radar で見ることはできません。・・・OTH (Over To Horizon) Radar というもののあることにはあるのですが、艦船に搭載できるような大きさのものではありませんし「そっちに何か飛んでいる」というのが判る程度のものですので、海上の自衛艦を感知できるものではありません。・・・そもそも中国は持っていないし・・・。

「相手が何処にいるか」を確認するためには常に高空から観測しなければなりません。

相手も高速で逃げたり、電子撹乱で妨害する能力があるのですから、発射した Missile は当たったことを確認する必要があります。

制空権を取られるとその「高空から観測する」能力を失うということですので、そもそも Missile を撃てなくなります。

中国 (及び Russia) の艦船は長射程の Missile を目標まで届かせるために目標近辺まで Hericopter を飛ばして中間及び最終誘導するようになっているのですが、制空権を確保していなければできないことですので、日本が制空権を維持している限りは海上自衛隊の艦船は中国艦船が Missile の狙いを付けられない外縁を取り囲み、制空権を得ている航空自衛隊が Missle 攻撃相手を沈めれば良いだけのことです。

ちなみに極めて多くの人が「海軍水上艦艇には海軍水上艦艇で対戦する」と考えてしまうのには困りものなのですが、そんな対戦法は Missile のなかった太平洋戦争までの話であり、Falklands 紛争で被弾沈没した艦船はいずれも航空攻撃でやられた事を忘れていらっしゃるのでしょうか?

米軍が空母艦隊に固執するのも航空優勢こそが艦隊戦を有利に進められると確信しているからであり、中国艦艇に海上自衛艦艇をもって当たらせるという発想は前時代の巨砲巨艦主義のようなものです。

ちなみに Russia は海軍に関してのみ言えば水上艦艇は侵攻型ではなく徹底した拠点防御型です・・・自国の制空権内でなければ Missile 攻撃ができないという性格からも防御型と言えるでしょう・・・ただし、防衛圏を全世界域にまで広げて実質的な攻撃型 (圧力型) の実力を SLBM 発射型原子力潜水艦で保持させています。

かつて Russia は空母を建造して米軍のような侵攻型の海軍を構想したこともあったのですが、経済的に不可能であると悟って以後は空母を建造しておらず (廃棄艦は中国に売りましたよね) SLBM 原子力潜水艦で米軍に対抗する戦略を採っています。

日本が恐れるべきは Russia や中国の陸戦武力です。

兵器の性能や隊員の技量云々という Level で計れる武力ではありませんので(滝汗)・・・日本と違って彼等の兵隊は幾らでも補充が効く生物兵器でしかなく、何千人、何万人失おうと政府は意に介さないのですから。

尖閣諸島紛争に関しては何千何万という陸兵が戦う戦場ではありませんので、航空戦能力が勝敗を決します。

中国軍は 150 機を失い日本は数十機程度の損害で済むだろうなどという予想は如何にも「兵士は幾らでも補充が効く生物兵器でしかない」と考える Russia らしい考え方ですが、実際には双方共にその数分の一、1/10 程度の損害で決着が付き、艦船に関しては日本側は専守防衛という縛りから初戦で 1 隻か 2 隻を大破或いは撃沈される可能性があるものの、以降は海上自衛隊艦船を後退させて航空自衛隊が反撃することによって中国側の艦船が多数撃沈される筈で、翌日には沖縄米空軍も参加、数日後には米第 7 艦隊も戦場に到着しますので、その時点で中国側は戦闘を続行不能となり、尖閣諸島に上陸した少数の上陸部隊も排除されます。

中国としては日米軍事同盟軍との全面戦争を行なってまで尖閣諸島を奪う意味がありませんので、こうなることが予測できるうちは手出しができないのが現実です・・・勿論、米軍の支援が得られないとか日本に尖閣諸島を守る意志がないと判断できる状況ならば速攻で奪いに来るでしょうし、軍隊を出すまでもないと判断できれば大量の漁船団で押し寄せて尖閣諸島に住み着いてしまうでしょう。・・・相手が軍人ではないのですから日本は自衛隊を出せず、幾らでも補充が効く人海戦術で来られたら警察や海上保安庁の能力を Over してしまいます。

尖閣諸島紛争を心配する必要は殆んどありませんが、攻めて来たら思いっきり後悔することになるぞという意志を常に示しておく必要はあります・・・そうしないと本当に取られてしまいますので(汗)。

いいえ、長射程の Missile は先ず「相手が何処にいるか」を確認できないことには撃てません。

地球は丸いので水平線の向こうを Radar で見ることはできません。・・・OTH (Over To Horizon) Radar というもののあることにはあるのですが、艦船に搭載できるような大きさのものではありませんし「そっちに何か飛んでいる」というのが判る程度のものですので、海上の自衛艦を感知できるものではありません。・・・そもそも中国は持っていないし・・・。

「相手が何処にいるか」を確認するためには常に高空から観測...続きを読む

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Q日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖くて死にたいです。
ごはんもおいしく感じないし、なかなか眠れないし、ずっと不安に追われています
1、日本は100年以内に戦争をする可能性はどのくらいあるんでしょうか?
2、もしも戦争が起きてしまった場合、核は使われるのでしょうか?
3、今第九条改正の声が高まっていますが、それって戦争に近づくということなんでしょうか?
4、皆さんは戦争についてどう思いますか?
教えてください。
私は、今頃戦争をしても何にも利益はないと思っています。
そう思いたいです。
そういう風に自分に言い聞かせていますが安心できません。 

未来が怖いです。もう死んでしまいたいです。助けてください。安心させてください。

日本はこれから100年以内に戦争をしてしまうのでしょうか?

私はこの春から中学生になりますが、本当に本当に心配です。
心配で死にそうです。
戦争が本当に怖くて、戦争を体験するくらいなら、先に死んでおきたいです。

母にも何度も大丈夫?と聞いていますが、皆したくないと思っているから大丈夫。と
あまり安心できない答えが返ってきます。
何度母に大丈夫といわれても、心配で心配で繰り返し同じことを聞いたので、精神科に行く?
とも言われてしまいました。学校も心配で楽しくありません。
もう怖く...続きを読む

Aベストアンサー

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、とても怖かったことをおぼえています。

質問に答えさせていただきますね
1、100年先のことは誰にもわかりません。1年先のことも、10年先のことだってわかりません。可能性はゼロではありません

2、万が一戦争が起きたとしても、核兵器は使われることはおそらくないでしょう。もちろん、可能性はゼロではありません。

3、今も昔も憲法改正が時代によって表に浮き上がってくることがありますが、これは何も戦争を日本からしかけてやるとか、他国を侵略するために改憲するというわけではありません。今日本を守っているのは自衛隊という組織ですが、これは政府の見解では軍隊ではありません。非常に微妙な立場にあるのです。
憲法では軍隊や武器を持つことを禁じられ、専守防衛という決まりでこの国を戦争が起こっても、こっちからは最初に手は出さない。相手が(例えば核兵器などを撃ってくるなど)しかけてこない限りは、手を出さないということになっているのです。(もちろん、相手が攻撃してくるのにただ見ているというのはあり得ません。ですので、敵のミサイル基地などを先に攻撃して、最低限の自衛行為を相手の攻撃がなくても行えるなどという議論もあります。重要なのは、先に攻撃できるという結論がでていないことです。あくまで、できるだろうという議論をしているだけなのです)つまり、今の憲法はややっこしいのです。憲法改正の目的は、自衛隊の存在を認めさせ、その他日本の防衛に関してよりきちんと、戦争から国を遠ざけ守るために改憲しようとしています。ですので、なにも戦争をするために改憲するわけではありません。

4、戦争はもちろん嫌です。そして、怖い。しないにこしたことがありません。ただ僕は、予備自衛官という予備役というものですので、戦争があれば行かなければならないかもしれません。なので、非常に怖いです^^;

質問者様がおっしゃる通り、今日本が戦争をしても利益はありません。それは、中国や、韓国、北朝鮮などすべての国について言えることです。現代社会、戦争はそう簡単に起こるものではありません。さまざまな要因が絡み合って、初めて起こるものです。
未来が怖い。よくわかります。誰しもが、怖いのです。そして、質問者様の年齢ぐらいなら、その怖さはきっとお母様や僕といった人たちより、何倍も強いものだと思います。
でも、怖がっているだけではだめです。たくさん勉強してください。中学に入って、公民や現代社会や日本史や世界史を勉強することになると思います。そうすれば、知識が増えます。日々のニュースや新聞を読んでください。そうすれば、世界が広がります。そして、世界のことを知ってください。

戦争は、誰もが怖いです、あなただけではありません。だから、安心してください。悩みすぎないでください。何かあれば、自衛隊が必ずこの国とあなたを守ります。だから、心配しないでください。怖がらないでください。あなたが悲しめば、お母さんも悲しみます。
あなたのような人がたくさんいれば、きっと戦争はおきなくなります。その気持ちと考えを大事にしてください。

戦争は、一般的な常識を持った人なら、だれしもがしたくもないと思っているものです。日本は今平和ですが、日本以外では紛争や戦争が起き、憎しみの連鎖が起こっています。それは日本から遠く離れた国々だけでなく、日本に近い国々も同様です。
質問者様は、この春から中学生になるということですので、12歳ぐらいでしょうか? 僕が12歳で小学校を卒業する時は、ちょうどイラク戦争が始まったときでした。なんと、卒業式の日にちょうどアメリカがイラクに進行したのです。そのニュースをテレビで見たときは、と...続きを読む

Q日本にミサイル撃った瞬間北朝鮮終わりと言うが?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのではないですか。

北朝鮮からミサイルが一発飛んできたからといって今の日本は戦争に踏み切る勇気はないと思います。
例によって、「遺憾の意の表明」とか安保理に泣きつくとか・・
自衛隊に出動命令を出すには腰の据わった気骨のある総理大臣とかでないと出来ないし、何より国民のバックアップが必要だと思います。

平和ボケした知識人がまた例によって「外交努力で」・・とか言い出して、とてもミサイルで反撃などする気骨はないと思います。

日本自体が負け犬根性なのに、米国は動かないでしょう。

したがって、北朝鮮が日本にミサイルを打っても、多分 撃たれっぱなしだと思うのですが、
どこから 「瞬間に北朝鮮は終わり」という論理が出てくるのでしょうか?

きのうの大阪読売テレビ「何でも言って委員会」で、
北朝鮮は日本にミサイルを撃った途端終わりになる事が判っているからそんなバカな事をしない、
と言ってました。
この意見は識者の間で半ば常識のように何回も言われています。

なぜ日本にミサイルを撃ったら北朝鮮は終わりになるのか判りません。
アメリカが反撃すると期待してるのでしょうか?
アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。

まず日本自身が戦争状態に入り、自衛隊だけで負けそうな時米軍に救援を求めるのでは...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカは自国が攻撃されてないのに、自動的に反撃する事はないと思います。
>一応、日本が攻撃された場合アメリカは動かざるを得ません。日米間でそういう取り決めがあるからです。それが、日米安全保障条約です。
日米安全保障条約
第5条(共同防衛)
(1)各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

これにより、日本国の施政領域(統治している領域)内で、米軍・日本自衛隊いずれかの組織に武力的打撃があった場合、全力で防衛するということです。また、日本の領土が武力進行された場合も同様です。

ですが、アメリカ合衆国本土が戦場となっても日本が助け舟を出す義務はありません。
あくまでも、日本国憲法第9条を遵守し自衛権の発動のみを規定している為、他国への武力援助・交戦はする必要がないことになってます。

Q空母のカタパルトは、米国でしか造れない?

ここしかないのでお訊きします。だいぶ前なので、現在は状況が違うかもしれないですが何度か空母のカタパルトについて、イギリスやフランス・ロシア等が開発しようとしたけど無理で米国だけだと本で見たような。これ自体は軍事や戦略等から見ると大した話ではないでしょうが、事実ですか?単に、米国以外は大型のジェット戦闘機を空母から飛ばそうとしなかったり目的・戦略が違っただけとか。それに何年か前に、フランスの今までの原・水爆実験で得た情報と米国の情報を交換するとニュースで見たり、エシュロンという世界規模の盗聴網で米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの白人クラブがあるとEUの議会で取り上げられたのを見るとカタパルトの技術くらい教えそうですが。
それに現在は、先進国間で留学等の知の交流があるし物質工学や工作機械や設計・加工技術等の差がそんなにあるのか疑問ですが。

Aベストアンサー

シャルル・ドゴールのカタパルトはアメリカ製のようですね。

というか、アメリカ以外の最近の空母でカタパルトで離艦するのってってシャルル・ドゴールだけじゃないでしょうか。
なお、フランスの旧艦ですが、クレマンソー級の蒸気カタパルトはイギリス製のようですから、アメリカでしか作れないと言うことではないようです。

ただ、現在、イギリスやロシアの空母はカタパルトではなく、スキージャンプを使った離艦です、おそらく、今後のアメリカ以外の空母はSTOL能力の高い機材で運用というのが世界的な流れでしょう。アメリカにしても、強襲揚陸艦などにはSTOL+スキージャンプというのが登場するかもしれません。

アメリカ以外で蒸気カタパルトを作らないのは、空母の思想が変わってアメリカ以外での需要がないからだと思いますよ。外国で作ったとしても売れなきゃどうしようもないですから。

Q第二次大戦中に現代の自衛隊を投入したら

くだらない質問ですが、気になったので書いてみます。

第二次世界大戦末期の1945年1月1日時点に、現在の最新鋭の自衛隊(航空・海上・陸上)の全戦力を日本本土に投入したら、日本軍は勝てるのでしょうか?兵器の生産設備などは投入しないものとします。

いくら最新鋭の戦力を持っていても核と資源がないのでアメリカが多大な犠牲を出しながらも勝つだろうという見方もできるし、当時の日本はインドネシアを占領していたので資源不足を克服し日本の勝利という考え方もあると思います。

Aベストアンサー

戦争に「絶対」は無いですから必ず勝てるとは言いませんが、面白い勝負にはなるでしょう。

近代軍では補給が重要な要素を占めるので、どれだけの弾薬や燃料、整備、補給品を保持しているかで、戦い方も変わってきます。自衛隊のそうした物資の正確な保有量が不明なので、推測するのは困難なのですが、とりあえず・・・

1945年1月の時点なら、できるかどうかは分かりませんが、まずは自衛隊の戦力を秘匿します。
2月の米軍による硫黄島攻略あたりで航空自衛隊の全力出撃です。
この次期、米艦隊は正規空母12隻、護衛空母17隻を含む大艦隊を出撃させてきており、このうちの正規空母12隻、護衛空母4隻が日本近海に現れ本土空襲を行っています。これを狙います。ちなみに、この当時の米艦隊の正規空母の数は14隻ですから全部撃沈できれば、後がかなり楽になります。
F2攻撃機、約80機を中心とする対艦ミサイル攻撃で、空母を撃破します。現代の対艦ミサイルを当時の米軍艦艇がそれほど迎撃できるとは思えないので、うまくいけばかなりの空母を撃破できるのではないかと・・・
また、B29への迎撃にもF15を出撃させます。最大で4発のミサイルを別々の目標に連続発射できるF15の戦闘力に、B29の部隊は大打撃を受けるのではないかと・・・
さらに海上自衛隊の潜水艦部隊によるハワイの真珠湾攻撃を行います。ハープーン対艦ミサイルは対地攻撃にも転用可能とという事なので、ハープーンで真珠湾の燃料施設や艦艇補修設備などに攻撃を行い、打撃を加えます。
要は自衛隊の進んでいる兵器を一挙に出して大打撃を加えるとともに、米軍にショックを与えます。
これでうまくいけば、アメリカは空母艦隊とB29の部隊とハワイの後方施設に大打撃を受け、直ぐには大きな作戦をできなくなるのではないかと思います。

その後は、まずシーレーンの確保です。九州から中国沿岸、そして台湾海峡を通ってシンガポールへの海上交通路の守備に海上自衛隊のP3C対潜哨戒機の部隊や、一部航空自衛隊の戦闘機部隊を派遣します。輸送船団には海上自衛隊の護衛艦隊も付けます。航空部隊の根拠地の設営は大変でしょうが、部隊が稼動すれば米潜水艦隊の脅威へ大きな力になると思います。日本の輸送船の撃沈された半数は、米潜水艦隊の通商破壊戦によるものだそうですが、当時の旧式な潜水艦なら現代の対潜哨戒機と護衛艦でかなりの確率で防ぎ、逆に戦果をあげられるのではないかと思います。
日本本土の防空は航空自衛隊の戦闘機とPAC3ミサイル部隊と、陸上自衛隊の高射特科団(改良ホーク地対空ミサイル部隊)が守ります。
攻撃には海上自衛隊の16隻の潜水艦部隊を使います。潜水艦隊で通商破壊戦を行います。第二次大戦末期のドイツで建造されたUボート21型は連合軍の対戦哨戒部隊にも察知されにくかったそうです。それよりさらに技術の発展している現代の潜水艦なら数は少なくとも大きな戦果を期待できると思います。
未だフィリピンの日本軍の抵抗は続いており、米陸軍20万人が投入されている時点で、米空母艦隊が大打撃を受け、さらに通商破壊戦を仕掛けられたら・・・米軍は楽勝とはいかなくなるでしょう。

米軍としてはこうした進んだ技術の兵器対策に苦慮する筈です。簡単には有効な対抗策は出てこないのではないかと思います。まずは打撃を受けた艦隊の再編と、戦略爆撃部隊の戦術の見直し、フィリピンへの海上補給路の守備を固め、真珠湾の設備の再建をしなければなりません。
建造中のエセックス級空母の建造を急いでも、半年以内に戦闘に参加させる事ができるのは5隻です。
大西洋から部隊を回す必要も出てくるかもしれません。

一方、自衛隊を除く日本の連合艦隊の状態はよくありません。
戦闘可能な空母は小型の鳳翔1隻ですし、戦艦は2隻、巡洋艦も数隻、駆逐艦も二十数隻というありさまです。
南方から資源が入ってきたら、まずは艦隊の増強が急務でしょう。まずは空母で建造途中の伊吹、天城や損傷状態の龍鳳、準鷹、葛城を戦闘可能な状態にしなければなりません。
他にも損傷を受けている戦闘艦艇があるので、大至急修理が必要です。
また、輸送艦の建造も急務です。1945年1月から終戦時までに約180隻の輸送船が建造されています。
しかし、同じ期間に実に700隻が沈められているのです。
まあ、自衛隊の参戦で、その数は減るでしょうが、しかし、1944年だけでも約970隻の輸送船が撃沈されています。
日本の造船所はとにかくフル稼働しなくてはならないでしょう。
また、航空機パイロットの育成や、戦闘機などの生産も必要でしょう。
時間は幾らあっても足りないくらいです。

こうした中で、日本の潜水艦隊がどれだけアメリカに打撃を加えられるかが重要だと思います。
そしてフィリピンの米軍を孤立させ、ハワイを孤立させる事ができれば、新たな展望が開けるかもしれません。
時間が立てば、連合艦隊の戦力もある程度は回復してきます。そうなれば、新たな作戦を立てる事も可能となるでしょう。

なお、そのうち満州にソ連軍が侵攻してくるでしょうが、これについては航空自衛隊の支援を受け、東満山地で持久戦を行えば、かなりの機間、持ち堪える事ができるのではないかと思います。

戦争に「絶対」は無いですから必ず勝てるとは言いませんが、面白い勝負にはなるでしょう。

近代軍では補給が重要な要素を占めるので、どれだけの弾薬や燃料、整備、補給品を保持しているかで、戦い方も変わってきます。自衛隊のそうした物資の正確な保有量が不明なので、推測するのは困難なのですが、とりあえず・・・

1945年1月の時点なら、できるかどうかは分かりませんが、まずは自衛隊の戦力を秘匿します。
2月の米軍による硫黄島攻略あたりで航空自衛隊の全力出撃です。
この次期、米艦隊は正規空母12隻、...続きを読む

Qもし日本が他国から攻撃を受けたら?

考えられるのは、
・東アジアの近隣の国々のいずれかが
・都市、原発、自衛隊基地、米軍基地をミサイル攻撃
だと思うのですが、平和主義を掲げる日本としては、どんな対処法が考えられるでしょうか?
いくつか考えてみましたのでご意見をください。
間違っている部分のご指摘、参考URLの提示も大歓迎です。

(1)我慢する
   戦争を避けるためにはやむを得ない。命だけは助けてくれるだろう。
   安易な平和主義者の考え方ですよね。
(2)しばらく様子見
   1発だけかも知れないし、他国の出方を見てから。
(3)国連等を通じて抗議
   安保理、国際司法裁判所(その他になにかありますか?)
(4)相手国に直接抗議
   大使の召還、大使館の閉鎖も
(5)米軍に頼る
   自衛隊が出動せず、米軍だけが動く可能性は低いですよね?
(6)自衛隊の出動
   指揮権は総理がもつと思われますが、野田総理にその覚悟はなさそう。
   緊急の場合にも総理の指揮が必要でしょうか?
   また、総理が指揮権を発動する際に、国会の議決は必要ですか?
  
これまでの平和主義の考え方の基本に
「丸腰の日本に攻めてくる国はないだろう」ということがあったと思います。
しかし、中国は、シーレーンの確保、将来的な食料・水不足に備えて
日本に目をつけているようですし
北朝鮮も、いつ何が起きても不思議じゃない国です。
韓国については、この数日竹島問題で混乱しているようですが
日本に攻めてくる可能性としては低いと考えています。

以上、私見ですがご意見をお願いします。

考えられるのは、
・東アジアの近隣の国々のいずれかが
・都市、原発、自衛隊基地、米軍基地をミサイル攻撃
だと思うのですが、平和主義を掲げる日本としては、どんな対処法が考えられるでしょうか?
いくつか考えてみましたのでご意見をください。
間違っている部分のご指摘、参考URLの提示も大歓迎です。

(1)我慢する
   戦争を避けるためにはやむを得ない。命だけは助けてくれるだろう。
   安易な平和主義者の考え方ですよね。
(2)しばらく様子見
   1発だけかも知れないし、他国の出方を見てか...続きを読む

Aベストアンサー

中国と北朝鮮は軍事同盟を結んでいて、片方が戦争に突入すれば即時無条件にもう片方も参戦してきます。
ですので日米と中国が戦争状態に突入したら即座に北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが飛んでくると想定しておかなければなりません。
北朝鮮は自国防衛上、自国開発のミサイルは米国本土に到達する性能を持たないという建前を崩していませんので、北朝鮮の核ミサイルの攻撃対象は日本国内に絞られます。(中国が核攻撃しない限り)その条件下では米国は北朝鮮に核報復してこないだろうとの戦略が成り立ってる訳ですね。

また、朝鮮半島で南北戦争が勃発したら、軍事同盟上、北朝鮮側に中国が、韓国側に米国が即時参戦してきます。つまりは「中朝」対「米韓」の戦争に瞬時に発展する訳ですが、日本は米軍の支援基地になっていますので、同時に日本も中朝の攻撃対象になります。
このように、どこかの国が日本に攻撃してくるのは「日本を攻める!」という目的以外にも、「他の国を攻める!」必要があるから一緒に日本も攻撃してしまう… という戦争勃発の原因があるわけで、日本は防衛上、それらの可能性を充分考慮して事前準備しておかなければなりません。

韓国については、以前から韓国は対日戦を想定して自国軍隊の編成を変更して来ていますし、南北関係が緩んでいた時代には北朝鮮の核ミサイルによって日本に対し先制攻撃する計画も建てられていましたが、現時点では韓国から日本に戦争を仕掛けてもらったほうが万事上手く行きます。
韓国の顔が大きいのは後ろに米軍がいるからですが、対日本の戦争になると米軍の支援が受けられません。日米同盟があるからです。
同時に米韓同盟もあるわけですが、在日米軍と在韓米軍が同士討ちする訳にも行きませんので、純粋に日本対韓国の二国間戦争になり(この場合、日本側は防衛戦になりますね)、なので戦力に比較にならない差がありますので無条件に日本側が勝ちます。
諸般の問題解決がこれによって進む可能性が大きいです。

あらゆるケースを考えてみても、日本が単独に戦争を遂行するのは日韓戦だけだと思います。現在の環境では。
故に日本単独としては韓国相手の1対1の防衛戦だけを計画しておけば良いです。
その他のケースでは米軍との共同戦争になりますので米国との共同戦略が必要ですし、加えて米軍パワーを引き出すには日本軍(自衛隊)が率先して防衛戦の端緒を切り開かなければ成りません。
その条件下で米軍は自動的に参戦してきます。
韓国以外の国との戦争で米軍参戦までの冒頭戦をやり抜く計画が必要ですね。

また、中国の軍拡がこのまま進んでいきますと、20年から先の未来、ほぼ確実に中国は日本領土(恐らく沖縄県)を奪いに来ます。
その時代にも米軍の力が強大であればこれに対抗できますが、各方面の予想に寄れば米中の戦力は逆転するらしい。
よってその未来の時代にも日本が独立を保ち、或いは領土の隅々まで保全するためには恐らく日本の核武装しか有効な手は無いと思われます。
核抑止力とそれに付随する外交力を持って中国の侵略意図をくじく、と。

中国と北朝鮮は軍事同盟を結んでいて、片方が戦争に突入すれば即時無条件にもう片方も参戦してきます。
ですので日米と中国が戦争状態に突入したら即座に北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが飛んでくると想定しておかなければなりません。
北朝鮮は自国防衛上、自国開発のミサイルは米国本土に到達する性能を持たないという建前を崩していませんので、北朝鮮の核ミサイルの攻撃対象は日本国内に絞られます。(中国が核攻撃しない限り)その条件下では米国は北朝鮮に核報復してこないだろうとの戦略が成り立ってる...続きを読む

Qアメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

アメリカはブッシュ政権時、フセイン政権のイラクに対し、アメリカに対する脅威が高まっているとして、イラクに先制攻撃を仕掛けました。北朝鮮の核、ミサイル開発はアメリカが攻撃目標であると、はっきり言っている以上、アメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はありうるのでしょうか。一連の北朝鮮の暴走を見る限り、脅威は当時のイラク以上に高まっていると思うのですが。

Aベストアンサー

>アメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

    ↓
ifを言い出せば限がないと思いますが・・・可能性は極端に低い。
それは、国連の安保理での賛同が得れず、単独で実施するには、国際社会からの批判が有り、米国民の中にも異論が有って、大統領が迅速果断な判断や攻撃命令をするには、余りにリスクが多過ぎるからです。

※危険性

◇現実的に切迫した状況が偵察衛星や外交関係で確認されたら先制打撃を行う可能性はあると思います。

◇かって、2度ほど、実際に検討されたが周辺の同盟国や駐留米軍への影響から実施されず、対話による事態の改善に努めた。

◇しかし、援助やIAEA国際査察,原子力発電所建設への資金や技術援助による緊張関係の緩和を実施しても、核開発の禁止や平和利用に専念と言う改善や根本解決には至らず、逆に時間を与え、他のテロ国家や反米国家との間で技術の交流や転嫁が行なわれたという苦い思いが米国にはある。


※実施しないポイント

◇中国・ロシアの国境を接する国(北朝鮮の友好国)が反対

◇同じく米国の友好国(韓国・日本)が近隣にあり、自暴自棄に成った北朝鮮の攻撃目標にさらされ、攻撃や反撃、施設の破壊に伴う放射能被害が甚大な影響を及ぼす。

◇在日・在韓米軍への反撃と米国人への影響が危惧される。

◇そんな中で、米国単独での軍事行動は行えず、攻撃するには日本・韓国の同意が不可欠、さらには中国・ロシアへの通告程度は必要だろうが、その同意を得る事は非常に難しい。

>アメリカの北朝鮮への先制攻撃の可能性は?

    ↓
ifを言い出せば限がないと思いますが・・・可能性は極端に低い。
それは、国連の安保理での賛同が得れず、単独で実施するには、国際社会からの批判が有り、米国民の中にも異論が有って、大統領が迅速果断な判断や攻撃命令をするには、余りにリスクが多過ぎるからです。

※危険性

◇現実的に切迫した状況が偵察衛星や外交関係で確認されたら先制打撃を行う可能性はあると思います。

◇かって、2度ほど、実際に検討されたが周辺の同盟国や駐留米軍への影...続きを読む


人気Q&Aランキング