AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ジパング倶楽部の切符の割引について基本的な事を教えて下さい。
割引の解釈ですが、
片道、往復、連続、で往復とは同じ路線(駅)を往復ですか。連続が今一分からないです。
又、割引対象201km以上の解釈ですが、例えば、
1日目(行き)A駅~B駅=130km 2日目(帰り)C駅~A駅=120km(行きと路線は違う)
この場合合計の走行距離は250kmになりますが乗車券を同時に買えば、割引対象になりますか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ANo.5のPAPです。


他の方へのお礼の中で、実際に予定されている経路の記載がございましたので、その経路の場合で回答を追加させていただきます。

経路は
豊岡-(山陰本線)→園部-(嵯峨野線)→京都-(京都線)→大阪
大阪で一泊
大阪-(神戸線)→尼崎-(宝塚線)→篠山口-(福知山線)→福知山-(山陰本線)→豊岡
別の言い方をすると
豊岡駅から山陰線で京都へ向かい、京都で途中下車して用事を済ませ、京都から大阪駅に向かい、大阪で一泊。
大阪駅から特急こうのとりで豊岡駅に帰る。
となるかと思います。

この場合、経路が福知山-豊岡で往復となりますので、全行程で1枚の片道乗車券にはなりません。
1.豊岡-山陰線-京都-大阪-福知山線-福知山
という6の字のような片道乗車券と
2.福知山-山陰線-豊岡
の片道乗車券の
2つの片道乗車券が必要となりますが、1の乗車券の着駅と2の乗車券の発駅はどちらも「福知山駅」となりますので、1と2をあわせた「連続乗車券」としても購入出来ます。また、距離的にも問題がございませんから、ジパング倶楽部の割引も可能です。

この場合、豊岡駅が大阪近郊区間外の駅ですので、大都市近郊区間内相互発着の制約も受けませんから、途中の京都駅や大阪駅での途中下車が可能です。
途中下車の前後の日程は乗車券の有効期間内であれば問題ありませんので、大阪で1泊してもかまいません。
ただし、大都市近郊区間内相互発着の乗車券ではありませんので、乗車券の経路以外の経路をお取りいただくことはできません(JRが認めている区間をのぞく)。

さて、最初のご質問では1日目がB駅着で2日目がC駅発となっております。
この点、先の補足の内容とは異なりますが、例えば大阪での1泊が、「実際は大阪駅ではなく環状線の京橋駅の近くのホテルに泊まり、翌日は京橋から地下鉄などで大阪駅に行ってからJRに乗るつもりだ」といったケースもありますでしょう。このような場合でも、乗車券の経路からはみ出る区間の運賃を別に払っていただければかまいません。
例えば、この例の場合では、京橋駅で大阪→京橋の運賃を精算していただき、翌日は大阪駅から手持ちの乗車券を利用するなどが可能です。

ご質問のように6の字経路を行く場合、連続乗車券のご利用で問題ありません。
ただし、運賃計算の仕組みから連続乗車券にしない方が安い場合もあり得ますが、今回はジパング割引がききますので、普通に連続乗車券でご利用いただくのがよろしいでしょう。

また、途中下車が可能な乗車券(券に下車前途無効や途中下車はできませんの表示がないもの)では、何度でも途中下車が可能です。ご質問のケースの乗車券では、途中下車した駅から乗車券の着駅側であればどの駅から旅行を再開してもかまいません。大阪市内駅や大都市近郊区間などの特例に該当いたしませんので、それらを考える必要もありません。
途中、「ちょっと乗車券の経路外の路線に乗ってみたいな」といった場合、経路外の運賃を別途支払えば問題なく、経路外との境界となる駅でいったん降りたりする必要もありません。

なお、大阪から豊岡の帰りは特急「こうのとり」号以外で、特急「はまかぜ」号に乗車する場合は、特例で福知山線経由の乗車券で乗車出来ます。(はまかぜ号は播但線経由です)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当に本当にありがとうございます。
質問の際の表現の仕方が間違っていたのと、具体的に書かなかった事が皆様に、
迷惑をかけてしまいました、連続乗車券は使用した事がなく
困っていましたが皆様のおかげで知識を得る事ができました。
大変感謝しています。

お礼日時:2012/11/05 09:28

いろいろなケースがありそうですので、例をあげて説明してみます。



◆ケース1
 A:東京
 B:沼津
 C:御殿場
と仮定して、
 A→B:東海道線経由
 B→C:御殿場線経由
 C→A:御殿場線、国府津、東海道線経由
であれば、連続乗車券にできます。
A→Bの区間では三島まで東海道新幹線という手もあります。
B→Cの区間は実際にJRに乗車してもいいですし、その区間を放棄してバスなどで行っても構いません。

◆ケース2
 A:東京
 B:甲府
 C:御殿場
と仮定して、
 A→B:中央線経由
 C→A:御殿場線、国府津、東海道線経由
で、B→C区間をバスや車で移動するとすれば、乗車区間が連続していませんので、片道乗車券にも連続乗車券にもなりません。身延線経由という案もなくはないですが、遠回りになって高くつきます。

◆ケース3
 A:茨木
 B:福知山
 C:西舞鶴
と仮定して、
 A→B:大阪、福知山線経由
 B→C:北近畿タンゴ鉄道
 C→A:舞鶴線、山陰線、京都経由
であれば、北近畿タンゴ鉄道経由の部分は割引対象ではありませんが、前後のJR区間は連続して計算してもらえますので割引対象になります。(北近畿タンゴ鉄道の場合はOKですが、すべての会社線で連続して計算してくれるわけではありません)

上記のどれかに類似してましたでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度に渡り本当にありがとうございます。
いつまでも気にして頂き申し訳ございません。
皆さんの回答で連続乗車券がどんなものか分かりました。

具体的に申しますと、経路は 豊岡→京都→大阪→豊岡です。
京都で途中下車して用事を済ませ大阪で泊まります、
翌日大阪から帰ります。

豊岡(兵庫)~京都=山陰本線
京都~大阪=東海道山陽線(京都で乗換)

大阪~豊岡=東海道本線→福知山線(宝塚線)→山陰本線 各線経由で乗換なしの特急

お礼日時:2012/11/04 17:09

JRジパング倶楽部の「片道」「往復」「連続」はきっぷの種類です。


往復は片道を行って帰るイメージですが、連続はあまり一般的ではありませんので知らない方も多いかとも思われます。
連続乗車券とは全行程を片道乗車券にもできないし、往復乗車券にもできない場合で、行程が連続している2区間の片道乗車券を、1つにまとめて連続乗車券として販売するものです。
これは、単に行程内の一部が往復になる場合ばかりではなく、1枚目の着駅から来た線路を少し戻るような場合もあります。例えば東海道線で熱海→浜松→静岡となる連続乗車券(熱海→浜松と浜松→静岡の連続乗車券)も発券出来ます。
連続乗車券は2枚の片道乗車券にもできますが、乗車券の有効日数は2つの片道乗車券の日数の合算になるなど、日数と旅程の関係から運賃が安くできるような特別なケースで利用する、あるいは学割などが1枚ですむために証明書の枚数に制限がある場合などで使われます。

このように、ジパング倶楽部の説明にある連続というのはJRの連続乗車券の発売を意味します。

原則として、ご質問のような行程は、1日目のB駅と2日目のC駅が同じではありませんので、連続にはなりません。
従って、ジパングの割引とはなりません。

このように、ジパング倶楽部の割引を受けるためには、JRの乗車券の知識がある程度必要な場合があります。ジパングの取り扱いのある窓口などで具体的な例を挙げて質問されるとよろしいでしょう。
このサイトで具体例を挙げると最寄り駅が明らかになるなど、少々不安な点もございましょうから、こちらで具体的な駅名を挙げてくださいとは申せませんので。

以下、蛇足として、連続乗車券の場合、連続1と連続2という2枚の乗車券となるのが今は普通です。ただ、昔はミシン目でつながった1枚のきっぷであることが多かったんです。往復乗車券も同様です。このように、時代の移り変わりによって、いろいろきっぷの形状も変わりますので、JRの規則上は連続乗車券や往復乗車券などはまとめて「1葉(よう)」と表現しています。
連続乗車券や往復乗車券の有効日数などは、「連続1」「連続2」や「ゆき」「かえり」のきっぷを「1葉」のきっぷとして与えられますので、単純にそれぞれが別個の効力を持つとも言い切れないでしょう。
細かい点についてはいろいろ意見もございましょうが、きっぷの枚数などにはあまりこだわらない方がよろしいかと思います。ただ、「1枚の」と言われたきっぷが2枚あると迷うのも事実です。
このサイトは専門家の質疑場所ではありませんので、解釈に戸惑うこともございましょうが、そこは最終的には駅などの専門の方に聞かれるしかないのではとも思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。ご指摘の通りJRの窓口に行けばいいのですが横着をして皆様の知識を拝借しようと思い投稿しました。

お礼日時:2012/11/04 08:59

JR北海道のこちらのページが参考になると思います。

どのJRでも同じ適用条件です。
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/member/yuyuj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいサイトを紹介して頂きありがとうございました。

お礼日時:2012/11/04 08:52

乗車券は発駅から着駅まで重ならない経路でゆくことが基本となります。


片道は 基本のみ乗車券
往復は 基本の乗車券 と 着駅から発駅までの同じ経路を戻る乗車券の組み合わせ。
連続は 基本の乗車券 と 着駅からの基本となる乗車券の組み合わせ。

なお往復、連続乗車券を1枚と表現するのは妥当ではありません。
1組では有りますが「ゆき」と「かえり」、「連続1」と「連続2」はあくまでも別の効力を持った券です。
昔は1枚で発売されていたという回答が有りますがあくまで取扱の便宜上ミシン目をいれた一枚の紙に印刷していただけです。

ですので
>1日目(行き)A駅~B駅=130km 2日目(帰り)C駅~A駅=120km(行きと路線は違う)
は往復にも連続にも該当しないので割引の対象にはなりません。

ABCでは無く具体的な駅名を書かれれば良いアイディアも出てくるものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/03 21:52

横レス失礼します。



>現実的な話として、片道又は連続乗車券にした場合乗車券は1枚ですか。

マルス端末機で発券の場合、片道は1枚で経由駅が入り、連続の場合は、乗車券(連続1)のように枚数分連続番号が振られますが、切符の扱いとしては1枚の切符と同じです。


>C駅で下車するのですが途中下車という事で翌日又C駅から乗車ということですね。

いいえ、1日目はB駅で下車。2日目はC駅から乗車して構いません。
要するに、下車駅より先の駅から乗る分には問題ありませんが、未乗車区間は放棄する事になります。
よって、未乗車区間を含む運賃が割引後も本来の乗車区間運賃を超えては意味がありませので、損得勘定が必要です。

この回答への補足

ありがとうございます。
頭の回転が悪く今一理解できません。
1日目にC駅の地区に宿泊したいのでC駅で下車したいのですが。

補足日時:2012/11/03 20:30
    • good
    • 0

連続乗車券は、片道乗車券の一つで、



A-B-C
  |
  D

という線路構成でA-B-D/D-B-Cと旅行するとき、これを
1枚の切符で発行する乗車券で、A-B-D/D-B-Cと経路
がつながっている必要があります。

(往復乗車券同様、現在では事務的に2枚で発行しますが、
規則的には1枚の切符で、大昔は実際に1枚の切符で発行
してました)

201km以上の解釈ですが、これは「片道201km以上」です。
ですので、「片道乗車券の一種」である「連続乗車券」で、
このA-B-D-B-Cの総距離が201km以上あればいい、
ということになります。

ということで、

>1日目(行き)A駅~B駅=130km 
>2日目(帰り)C駅~A駅=120km(行きと路線は違う)

これは連続乗車券にならず、当然割引対象ではないです。

こういう場合の裏ワザとして、乗車券をA-B-C-Aと繋いで
片道、または連続乗車券にして、201km条件をクリアする
という方法があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
大変分かりやすい説明でよくわかりました。
現実的な話として、片道又は連続乗車券にした場合乗車券は1枚ですか。又C駅で下車するのですが途中下車という事で翌日又C駅から乗車ということですね。

お礼日時:2012/11/03 14:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジパング倶楽部の割引条件と連続乗車券

先日両親と旅行に行った際、両親が帰りの切符をジパング倶楽部の割引を利用して買おうとしたのですが、その際の取扱に疑問が生じましたので教えてください。

仙台に帰る前に船橋に用事があったので、前橋駅から船橋駅、船橋駅から仙台駅までの連続乗車券を割引を利用して買おうとしたのですが、駅員さんに、船橋駅から仙台駅までの切符は200キロ以上なので割引になるが、前橋駅から船橋駅までの切符は200キロに満たないので割引されないので、前橋駅から仙台駅まで買って、大宮駅から船橋駅までの乗車券は、船橋駅で清算することになるといわれ、そのようにしました。

しかし、ジパング倶楽部のサイトをよくよく見てみると、「連続乗車券200キロ以上」で割引となるとされていますので、割引条件の判断において連続乗車券の一枚目と二枚目を別々に考える上記の駅員さんの説明はおかしいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

学割等一般的な割引は、連続乗車券といえども、各券片ごとにキロ数などが割引条件を充たすかどうか判断し、それに応じて割引の有無を決定します。(この点に関しては「割引条件の判断において連続乗車券の一枚目と二枚目を別々に考える上記の駅員さんの説明はおかしい」という質問者様のお考えはJRと異なることになります。)

従って、第1片80キロ、第2片120キロの連続乗車券を学割で購入すると、第2片のみ学割が適用された金額となり、第1片は学割が適用されません。

しかし、ジパング割引はこの概念とは全く異なります。
実は発足時は、1枚の切符として認められているかどうかに関係なく、乗車券の合計営業キロ数が200キロを超えていれば、各乗車券に割引が適用されていました。なぜこのような制度にしたのかはわかりませんが、同様の考えにレール&レンタカーがあり、こちらも通常の乗車券なら片道2枚となってしまう(連続にもならない)120キロ+90キロ等でも「200キロを超える」に該当し、割引が適用されるルールがあり、これに準じたものと思われます。但しレール&レンタカーはそのほかにも色々条件があるので、後述のような極端なケースは生じませんでした。

ジパング割引に話を戻すと、上述のような制度では21キロの乗車券10枚を同時購入しても条件を充たしてしまい、実際そのような例が多発したようで、制度が変更されました。この際、1枚の割引券で割り引くのは1枚(1組)の普通乗車券(片道・往復・連続)とし、割引条件の適否は各券片の合計キロ数で行なうことになりました。この辺りは学割等と考えが異なりますが、学割は普通乗車券の「割引制度」、ジパングクラブはそれ自体が「企画乗車券に準じる物」で、全く概念が異なる物だと考えるしかありません。
ジパングクラブそのものは各社共通ですが、JR西日本の案内は多少わかりやすいので引用します。
http://www.zipangu-club.com/nyukai/tokuten.html
JR線を片道、往復または連続のいずれかで201キロ以上ご利用される場合、ご利用3回目までは運賃・料金とも2割引に。4回目からは3割引でご利用いただけます。

なお、今回生じた損失に関しては、事実をありのままできるだけ正確に示してJR東日本に正式に抗議すれば返還可能だと思われますが、なにせこういうことには評判の悪い会社ですから(以下自粛)

学割等一般的な割引は、連続乗車券といえども、各券片ごとにキロ数などが割引条件を充たすかどうか判断し、それに応じて割引の有無を決定します。(この点に関しては「割引条件の判断において連続乗車券の一枚目と二枚目を別々に考える上記の駅員さんの説明はおかしい」という質問者様のお考えはJRと異なることになります。)

従って、第1片80キロ、第2片120キロの連続乗車券を学割で購入すると、第2片のみ学割が適用された金額となり、第1片は学割が適用されません。

しかし、ジパング割引はこの概念とは全...続きを読む

Qジパングと往復割引の併用時の計算方法

ジパング割引と往復割引は併用できますが、この場合、どちらから先に割引をするのか教えてください。

例えば、往復割引と学生割引を併用する時には、まず往復割引をしてから、学割をする(1割引きの2割引き)と決まってますよね?

駅員やJRの問い合わせ先に聞きましたが、たまたま問い合わせた係の人が知らなかったからか、正確な解答を頂けませんでした。(あいまいにかわされた(^^;)

詳しい方がいらしたら、是非教えてください。

Aベストアンサー

往復割引をしてからジパング割引をします。
ついでに乗継割引との併用でも同じ考え方です。

往復割引と乗継割引は旅客営業規則(運送約款)で規定されたものであり、
運送約款で決められていることが優先です。

質問にある学生割引も旅客営業規則で規定されていますので、
こちらについては往復割引→学生割引の順序が同じ規則内で明記されていますね。

とはいっても順序が逆になっても数十円の差がでるかでないかですが。

QJRジパング倶楽部 乗車券購入証の記入について

よろしくお願いします。
ジパング倶楽部の会員です。
今回の旅行で「JR在来線・特急→新幹線」を使いますが、この場合、在来線の特急料金(指定席)は乗継割引が適用され50%割引になります、そのためジパング倶楽部の割引30%より割引率が高いため、ジパング割引に関係ないから乗車券購入証にはこの路線区間の記入はせず、口頭で乗車する列車名を告げて切符を購入すればいいと知人からききましたがそれでよいでしょうか。

乗車券購入証の事例を添付しますので教えて下さい。

Aベストアンサー

新幹線と在来線特急で乗り継ぎ割引が適用される組み合わせでしたら ジパング倶楽部の30%ではなく 乗り継ぎ割引の50%引きが適用されます

この二種類の割引は重複して適用されません。(70%×50%で35% すなわち65%引きにはなりません)
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/nationwide/zipangu-club/  より引用
往復割引を除く他の割引との併用はいたしません。(なお、新幹線と在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合、乗継割引適用条件を満たしていれば、新幹線の特急料金についてはジパング割引を、在来線の特急・普通急行料金については乗継割引を、それぞれ適用いたします。)
※平成23年3月12日より、JR九州管内の乗継割引は廃止となりました。

Qジパング倶楽部の新幹線「のぞみ」の運賃割引について

JR西日本のジパング倶楽部の会員です。
運賃割引について教えて下さい。
新幹線「のぞみ」に乗車する場合、指定・特急は割引対象外で乗車券は割引対象になると友人から聞きましたがそれで正解でしょうか。
例えば乗車券9350円 のぞみ指定・特急券3120円の場合3120円部分が割引対象外ということでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい、確かにその通りです。
http://blog.goo.ne.jp/ntrieko1528/e/21004e45b6fb4c3b25aacfc0310a2ff5

Qジパング倶楽部の割引について

 私の祖父母が今秋、大阪へ列車で旅行に行きます。そこで、私はいろいろと教えてあげたのですが、「ジパング倶楽部」の割引については私にもよくわかりませんでした。
以下の事についてです。

1・祖父母は函館に住んでいて、大阪まで「日本海」で行く予定なのですが、ジパング倶楽部の割引は特急券にも適用できるのでしょうか?

2・もし、ジパング倶楽部の割引が特急券にも適用できるとすると、函館~新大阪の往復の料金は「(13,650円(函館~大阪の運賃)+3,150円(特急料金から510円引いた額))×0.7(ジパング割引率)×2(往復分)+6,300円(B寝台券)×2(往復分)=36,120円」でいいのでしょうか?

 ちなみに行きは10月6日、帰りは10月10日の予定です。

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ジパング割引は基本的に乗車券と特急券に適用されます。ただし、今回の場合、もし祖父母の方が2人用個室を利用なさるのでしたら特急券の割引が効きません。

2.料金の求め方は乗車券、特急券、寝台券と全て分けて割引をした後に合算します。
今回の場合、
 函館~大阪 
   乗車券 13,650×0.9=12,280(端数切捨て)
       12,280×2=24,560
       24,560×0.7=17,190円(端数切捨て)

   特急券 3,150×0.7=2,200円(端数切捨て)

   寝台券
  (B寝台)6,300円

   一人往復 17,190+2,200+6,300+2,200+6,300=34190円

となります。ちなみに乗車券は往復割引しています。         

Qジパング 乗車券購入証の記入の仕方について

よろしくお願いします。
下記の行程でジパング倶楽部 乗車券購入証の記入の仕方を教えて下さい。

乗車券の欄は「連続」だと思いますが右横の欄で上と下に連記する駅名をどのように書けばいいのか分かりません。(添付の赤枠)
説明書の説明では分かりにくいです。基本的に連続の定義が理解できていません。
それゆえに「連続」の上下に書く駅名も分からないという事です。

豊岡(山陰本線〈和田山~福知山経由〉特急・きのさき)~京都 (乗換・東海道本線)~大阪(途中下車・宿泊)
~神戸(山陽本線)~姫路(播但線経由)~和田山(山陰本線)~豊岡
※大阪~豊岡は特急はまかぜ(乗換なし)
※連続としての距離は300km以上で該当しています。

Aベストアンサー

No.5です。

おっしゃるように必ずはまかぜに乗るので播但線経由で購入したい、ひょっとしたら姫路まで新快速かなにかで行って、姫路から友人とはまかぜに乗車するかも知れないというのであれば、実際の乗車経路で購入されてもよいのです。
この場合はおっしゃるように、上下に豊岡→和田山 和田山→豊岡と記入でよいです。
(ただし特急券は乗車区間を確定しておいたほうがよいですね。)

経由欄は空白のままにしておいて、購入の際に係員に説明すればいいでしょう。

計算したところ普通運賃では福知山で切った場合は5,250円と950円の計6,200円。
和田山で切った場合は5,780円と480円計6,260円。

ジパングの3割引だとそれぞれ、3,670円と660円計4,330円。
4,040円と330円計4,370円。

いずれにしても数十円の差ですから、質問者さんの希望どおりで購入されると良いですよ。

Q(往復割引+ジパング割引)切符での都内途中下車

奈良~久喜604kmの(往復割引+ジパング割引)切符を買います。往路で品川下車(一泊)。翌日、この切符で東京駅→御茶ノ水→上野で下車して用事を済ませ久喜に向かう。
2日後、東武利用で友人と一緒に久喜→浅草に出るので、JR上野駅で帰路のJR切符を使用開始。東京駅から新幹線に乗る。
●往路の品川、東京、御茶ノ水、上野での途中下車は可能でしょうか。
●帰路の(久喜~都内間のJRを乗らないで)上野駅からの乗車は、問題ないでしょうか。

以上 回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どちらも問題なく可能です。

▼往路
  乗車券の着駅が「東京都区内」となっていれば不可ですが、
  今回の場合、都区内を抜けてさらに先へ向かうわけですから、
  他の駅と同じく途中下車可能です。(品川・東京・上野)

  御茶ノ水については今回乗車券の経路外ですが、
  東京山手線内を通過する乗車券の特例により途中下車できます。
  (自動改札は利用できませんので、有人改札を利用して下さい)
  ただし、同じ経路を後戻りできませんので、
  御茶ノ水へは中央快速線(東京駅1・2番線)経由で、
  御茶ノ水からは秋葉原経由(御茶ノ水駅3番線)で上野に向かうことになります。
  http://www.jreast.co.jp/kippu/1102.html


▼復路
  久喜→上野を放棄する形になりますが可能です。
  自動改札の利用も可能です。


  
  

Q連続乗車券とは?

往復乗車券は行きと帰り経路同じで駅も同じ
片道は一度通った駅を2回通過しない
連続はそれ以外であってますか。

行きは新幹線、帰り在来線は往復だが、尾張一宮から鷹取行き、名古屋、新幹線、新大阪、東海道、帰りは全部在来線は連続ですか。

Aベストアンサー

何か連続乗車券を全く理解できていない回答がついているようですが…

切符の種類については概ね質問者様理解の通りです。
JRでは一般客向けに以下のように説明しています。
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/01.html
乗車券 普通乗車券(片道、往復、連続)
片道乗車券A駅からB駅までの乗車券です。
往復乗車券A駅とB駅間で「ゆき」と「かえり」を同じルートで利用する場合の乗車券です。
連続乗車券A駅からB駅で折り返すなどしてC駅までというように、片道または往復とはならない場合の乗車券です。

連続乗車券は、切符のルール上1枚の切符にできないが「1つの契約」にするために2区間の切符が1つのセットになった切符です。
で、「1枚にできない」とは、「折り返し部分がある」「1周して同じ駅を通る」「往復形態だが往路と復路と経由が異なる」などがあります。
また、1区間目の着駅が2区間目の着駅になる必要があります。

具体例を示しましょう。第1区間/第2区間の例で示します。

・さいたま副都心→赤羽/東京都区内→仙台市内
上野-大宮間にある駅の客がいったん東京まで逆行して新幹線等で仙台方面に行くような事例です。(一部折り返し)

・東京都区内-(上越・羽越・奥羽・田沢湖・東北新幹線経由)→大宮/大宮→東京
往路、上越線日本海側経由で秋田へ行き、秋田新幹線で東京に帰ってくる場合にできる限り1周乗車券の恩恵を得るような買い方です。(同じ駅=大宮を2回とおるため打ち切り)

・東京都区内-(東海道線・御殿場線・東海道線経由)→浜松/浜松-(東海道線経由)→東京都区内
ゆきが御殿場線経由帰りが東海道線経由で、1周乗車券等が作れない場合の例です。(往復異経路)


・東京→横浜/横浜→川崎
このような単純往復に近いが、帰りの着駅が往路の発駅でない場合も単純な連続乗車券になります。(一部折り返し)


ちなみに、質問事例は、仰る通り往復異経路の連続となります。
第1区間:尾張一宮→神戸市内(東海道・名古屋・新幹線・新大阪・東海道・山陽経由)
注:名古屋から先全部新幹線系として購入して、新大阪から在来線に乗っても、新神戸で一回降りて、地下鉄等で移動して三ノ宮等から再乗車して鷹取に行っても構いません。

第2区間:神戸市内→尾張一宮(東海道経由)
注:この経由の切符で往路と同様新神戸・新大阪から新幹線に乗ることは可能です。但し、この経由では名古屋まで新幹線に乗ることはできませんので、経路変更しない限り、米原で新幹線を降りて在来線に乗り換えることになります。

何か連続乗車券を全く理解できていない回答がついているようですが…

切符の種類については概ね質問者様理解の通りです。
JRでは一般客向けに以下のように説明しています。
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/01.html
乗車券 普通乗車券(片道、往復、連続)
片道乗車券A駅からB駅までの乗車券です。
往復乗車券A駅とB駅間で「ゆき」と「かえり」を同じルートで利用する場合の乗車券です。
連続乗車券A駅からB駅で折り返すなどしてC駅までというように、片道または往復とはならない場合の乗車券で...続きを読む

QJRの各駅間の距離が知りたい

JRの各駅間の距離が知りたいのですが、そのようなHP又は書籍は無いでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの時刻表にも「営業距離(営業キロ)」は書いています。

書き方は、起点から終点までの積算で表示されていますので、
調べたい駅の距離数の大きい方から小さい方を引き算すると、その駅間の距離が出ます。

なぜなら、JRの運賃は「地区・路線・距離によって金額が決まっている」のですから。

たいてい時刻表の、その線区の最初のページに駅名と距離数が書かれていますので、見てください。

ちなみに、一番安い時刻表は市販されているので、交通新聞社発行の「小型全国時刻表(500円)」です。

高いのだと、交通新聞社やJTB出版で出している大型の時刻表でしょう。
それですと、1050円です

Qジパング倶楽部で購入の割引チケットについて

今週の日曜日に父が九州へ友人の見舞いに行く予定でしたが、その父が体調を崩し行けなくなってしました。
新幹線のチケットをジパング倶楽部の割引で購入しており、私に代わりに見舞いに行って来て欲しいと言っています。
少し調べてみたところジパング倶楽部の入会資格は女性60歳以上、男性65歳以上となっていました。
私は40代の女性ですが父の購入したジパング倶楽部の切符で乗車していた場合、どうなるでしょうか?
改札は普通に通れますか?

Aベストアンサー

要は「ジパング倶楽部」で確保した指定席を使いたいという
ことじゃないかと。

だとすると、「みどりの窓口」に乗車前に申し出ると発行替え
してくれます。当然差額が必要ですが、指定席そのものは
そのまま確保したのが使えるはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング