最近よく複雑系という言葉を耳にしますがどういうものなんですか??

A 回答 (3件)

本当に簡単に言ってしまうと、物事は複雑だ、ということです。



従来の科学は1つの原因で1つの結果というのを出す感じでしたが、実は結果に結びつくのは1つの要因だけではないのではないか、という考えからはじまった考え方です。
    • good
    • 0

たとえば人間を考えてみます。

人間が細胞の集まりであることと、細胞がどういう物かはかなり分かっている。しかし逆に人間を細胞の集合体と考えていっても、そこから人間とは何かということはよくわからない。また社会の構成要素は人間です。人間とはこういう物だと言うことはかなりわかってる。しかし逆に社会を人間の集合体であると考える思考方法だと、社会について分からないことが多い。このように今までは、一つのモノを考えるとき、それを分解して考えることはよくやってきたが、逆はおろそかにされてきました。それは各構成要素がお互いに影響し合って、全体が単なる要素の集合体ではないからです。この全体を「複雑系」と呼んでいます。

参考URLが、その入り口になるでしょう。

参考URL:http://ha6.seikyou.ne.jp/home/90210/complexity/w …
    • good
    • 0

 膨大な要素からなり、その要素は全体・もしくは別の要素と影響しあうという形態のことだと思います。

カオスとかフラクタルとかいうものを証明したり研究する際の考え方じゃないですか?
 例えば社会とはヒトが集まって出来ているけど、その社会がどのように動いていくかは各個人の行動によって左右されますよね? そういう仕組みを言うんじゃないでしょうか?

 すみません、一般人なものでインターネットから調べたことぐらいしか分からないんですが。

参考URL:http://www.fuji-ric.co.jp/complex/complex_index. …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近たまに耳にします「ループ量子重力理論」

「ループ量子重力理論」はプランク定数と言う量子力学的な定数を元に最小時空単位と言うものを導入しているそうです。(私は一般素人なので専門知識に基づいて議論することができなくて申し訳ありませんが)このことは次のような状況と似ていると思いますがいかがなものでしょうか?
1. 天文学では星を最小単位とする理論を構成し
  星の内部構造を無視する
2. 生態学は個体の生態組織の造りや機能を無視している

つまり内部的に閉じた系と言うものを物理学にも適用しようとする考え方だと思います。

Aベストアンサー

竹内薫氏のループ量子重力入門を読まれるとよいかと思います。専門家でない人向けに書かれています。わたしは買っていますがまだ読んでません。早く読まないと。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4777511499/249-1761488-1675535

Q質点系での 力のモーメントと角運動量を微分したものが等しくなる計算過程がよくわかりません 教えていた

質点系での
力のモーメントと角運動量を微分したものが等しくなる計算過程がよくわかりません
教えていただきたいです!

Aベストアンサー

写真に見えているように、
L=r×p=mr×v 添字i は省略しました(^^)
で、L=mr×v を使いますね。コレを時間で微分して、
dL/dt = m(dr/dt × v + r × dv/dt)
ここで、dr/dt = v ですから、右辺第一項は v×v =0 となり消えます(^^)
∴dL/dt = mr× dv/dt = r × ma  a=dv/dt
ここで、もちろん、ma は 運動方程式より、ma=F ですね(^^)
この問題の場合は、F は(外力)+(内力)ですから F+Σf の事です。
したがって、
dL/dt = r × (F +Σf)
∴dL/dt = N
となります(^o^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q1/x(複雑系?)

1/fゆらぎと言うのが一時期流行ってたと思うのですが、
経済の企業の所得の分布も1/xに比例すると聞いたことがあります。
他に1/xに比例するものがあったら教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の内容は、パレートの法則(80-20の法則)に近いのではないでしょうか。

いろいろありますよ。

売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している。よって売り上げを伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

売り上げの8割は、全社員の内2割の社員の働きに由って得られる。

プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める(この20%を「ボトルネック」と言う。)。

全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

仕事の成果の8割は、費やした時間全体の内2割である。

故障の8割は、全部品の内2割に原因がある。

所得税の8割は、課税対象者の2割が払う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

参考URL:http://www.mitsue.co.jp/case/marketing/01.html

ご質問の内容は、パレートの法則(80-20の法則)に近いのではないでしょうか。

いろいろありますよ。

売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している。よって売り上げを伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

売り上げの8割は、全社員の内2割の社員の働きに由って得られる。

プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める(この20%を「ボトルネック」と言う。)。

全体の20%が優れた設計ならば実用上...続きを読む

Q複雑系など

複雑系などの新しいシステムで取り上げられる概念のうちのどれか1つについて、従来のシステムの考え方とどう違うかについて具体例をあげて、教えて下さい。
私は文系学生なので、解りやすくかみ砕いて頂けると嬉しいです。
実は、授業でそういう課題が出たのですが、何をどう調べたら良いのかもう解らなくなってしまいました。

どうぞ、よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 難しいですね(^_^;

 「複雑系」というのは、「理論上未来が予測できない」システムのことをいいます。
 ただし、ここでいうシステムとは、「動く物」すべてを指すことが多いです。
 具体的には、「ある無関係な複数の事象がお互いに影響を及ぼし合うとき、その動きはごく近い未来しか予測できない」というものです。

 複雑系を使ったソフトウェアには自己学習型AIなどがあげられますが……こんなの、プログラムを組んだ本人は「複雑系のソフトを組んだ」という意識はないんです(^_^;
 複雑系は日常生活の中に普通に存在している概念なので、とりたてて意識することではないのです。

 複雑系に関してはいろいろと本も出ているので、調べるのでしたらそのものズバリな本をまず手に取るといいかと思います。

参考URL:http://www.yahoo.co.jp/Science/Complex_Systems/

Q虚数時間とか虚数質量という言葉をよく聞きますが

啓蒙書などで相対性理論を勉強している者なので、とんでもない馬鹿な質問かもしれませんが。
よく、「虚数質量等を認めれば、タキオンは相対性理論で理論的にはあり得る。ただし、存在は確認されておらず、因果律を破るので、通常、タキオンは認められていない」と書かれていることが多いですね。しかし、それは本当なのでしょうか?(存在したとしても不安定、などとかも聞いたことがありますが、もっと初等的な問題として。)

ローレンツ変換の式というのは、あくまでも、物理量が実数であって、平方根の中が負でない実数であることを前提としてますよね。従って、超光速が出てきて平方根の中が負の数の場合に、この式が形式的にそのまま当てはめられる理論的保障はあるのでしょうか?

光速度不変の原理は、慣性系で原点から光の球面波が発せられたとき、この球面波がc^2t^2=x^2+y^2+z^2 を満たす(原点を共有する慣性系で同じ形)と言うところから出発していますね。これはピタゴラスの定理から来てます。しかし、虚数質量とか虚数時間などを考えるとなると、「もしかしたら物理量は複素数かもしれない」という「仮の相対論」(物理量が実数のときは通常の相対論に一致する)を考える必要はないでしょうか?(光速度は実数だとしても)
ピタゴラスの定理の複素数版は基本的にエルミート内積を使うので、「~」を共役複素数を表すとして、光速度不変の式は(t,x,y,zが実数とは限らないとして) c^2tt~=xx~+yy~+zz~ にならない保証はあるのでしょうか?

特殊相対論では(面倒なのでc=1の単位系を使うとして)、ds^2=dt^2-dx^2-dy^2-dz^2 が不変量とされてますが、もしかしたら、複素数まで認める場合は不変量はエルミート積の考え方で ds(ds)~=dt(dt)~-dx(dx)~-dy(dy)~-dz(dz)~ (別の書き方をすれば、|ds|^2=|dt|^2-|x|^2-|y|^2ー|z|^2)かもしれないという不安があるので、本当に単なる2乗で大丈夫なのか?がお聞きしたいのです。

というのは、量子力学では本質的に複素数を使うと聞いたからです(私は「『ブラベクトル』『ケットベクトル』って何???」というレベルなjのですが、とにかく、内積にはエルミート積を使ってますよね?)。状況によっては、量子力学と相対論を両方使わなければいけないことがあるはずですが、もしここで、虚数時間や虚数質量を使おうとした場合の虚数単位iの意味が相対論と量子論で別かもしれない不安がありまして・・・ええと、よく分からないが、量子論では、実数のかわりに自己共役作用素になるらしい、ということは、純虚数は反共役作用素になるのか?

もっとも、自分でこのやり方で相対性理論を見ると、不変量が |ds|^2=|dt|^2-|x|^2-|y|^2ー|z|^2 に変わってしまうことになるので、若干意味が変わってしまうのがやばいとは気づいてます。
時間軸を虚数時間を使って cti 軸とするテクニックも使えなくなるわ、アインシュタインの略記法の意味も変わってしまうわ(↑を上付き添え字、↓を下付き添え字として、v↑μが反変ベクトル、w↓μが共変ベクトルのとき、v↑μw↓μ=∑[μ=0・・・4](v↑μ)~(w↓μ)となりそう)、などなど意味がどんどん変わってしまいます。計量ってのもよくわからないけれど(そもそもテンソルも分かってない)、意味が変わりそうです。
(ds)^2<0 となるdsは虚数を使えば存在し得ますが、|ds|^2<0 となるdsは複素数内でも存在しない。
従って、タキオンは因果律を持ち出さなくとも存在しない、めでたしめでたし・・・にはならないですね。
理論を変更するには多大な労力が必要ですが、苦労しても「今までできてたことができなくなった」というデメリットばかりなので、自分でも「これは駄目だわ」とは思うのですが。

それでも、理論的に、虚数時間などを使う場合に、ローレンツ変換のあの式がそのまま形式的に使えるかどうかの理論的根拠はあるのかどうか?が気になるので、あえて質問させていただきました。

啓蒙書などで相対性理論を勉強している者なので、とんでもない馬鹿な質問かもしれませんが。
よく、「虚数質量等を認めれば、タキオンは相対性理論で理論的にはあり得る。ただし、存在は確認されておらず、因果律を破るので、通常、タキオンは認められていない」と書かれていることが多いですね。しかし、それは本当なのでしょうか?(存在したとしても不安定、などとかも聞いたことがありますが、もっと初等的な問題として。)

ローレンツ変換の式というのは、あくまでも、物理量が実数であって、平方根の中が負...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろ数式をいじくりまわしてみるもの楽しいかもしれませんが、ローレンツ変換式を光より速いものに適用してはいけません。ローレンツ変換式は、光より遅いものに適用することが前提となっているのです。
ローレンツ変換式は、相対性原理と光速度不変の原理から理論的に求めることができます。そこには一見、超光速の座標系を除外する条件はないように見えますが、暗黙のうちに、超光速条件を外していると考えられます。なぜなら、超光速で動くものがあれば、相対性原理は成り立たないだろうと思われるからです。もし相対性原理が成立つのであれば、超光速粒子から見れば、我々が超光速で動いていなければならないことになりますが、それはとても考えにくいものです。
仮に超光速粒子があるとしたら、ローレンツ変換とは違う式になると思われますので、ローレンツ変換式に超光速を持ちこむのは、全く意味のないことと考えます。
ところで、相対論的量子力学で出てくるディラック方程式では、四元ベクトルをスピノルを使って表わします。スピノルは、その成分が複素数になりますから、あなたにとって興味のあるものだと思います。

いろいろ数式をいじくりまわしてみるもの楽しいかもしれませんが、ローレンツ変換式を光より速いものに適用してはいけません。ローレンツ変換式は、光より遅いものに適用することが前提となっているのです。
ローレンツ変換式は、相対性原理と光速度不変の原理から理論的に求めることができます。そこには一見、超光速の座標系を除外する条件はないように見えますが、暗黙のうちに、超光速条件を外していると考えられます。なぜなら、超光速で動くものがあれば、相対性原理は成り立たないだろうと思われるからです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報