これからの季節に親子でハイキング! >>

お世話になります。
1TBのHDDからファイルをコピーするととても時間が掛かったりエラーが出るようになりました。
とりあえず、中のデータは取り出したのですが、再度使う場合はローレベルフォーマットが必要なのでしょうか。それとも、通常のフォーマットでしょうか。

現在のHDDにローレベルフォーマットは必要なのでしょうか。HDDを痛めてしまうのか心配です。

HDDからは異音はありません。
日立製で日立のソフトDriveFitnesでのテストではOKでした。


もう一つ、質問です。
チェックディスクとは、何をしているのでしょうか。
フォーマットはデータが消えて、欠損箇所を使わなくする。
チェックディスクはデータを消さずに、欠損箇所を使わなくする。
こんな感じでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>現在のHDDにローレベルフォーマットは必要なのでしょうか。

HDDを痛めてしまうのか心配です。
運が良いと調子が良くなることもありますが、お使いのHDDは壊れています。新しい物を買った方が良いです。
DriveFitnessあたりのテストはほとんど当てになりません。(徹底的に壊れないとエラーを出さない)


>チェックディスクとは、何をしているのでしょうか。
ファイルシステムの整合性の確認と、場合によってはエラーセクタの検出です。

>フォーマットはデータが消えて、欠損箇所を使わなくする。
フォーマットは2つに分かれます。

・ローレベルフォーマット(物理フォーマット)……ディスクにセクタを構成し、基本的な情報の読み書きを行えるようにすること。例として、紙に罫線を書く作業と言われます。
場合によっては、エラーセクタを代替処理して使わなくします。

・論理ローマット……ファイルシステムを構成し、クラスタ単位やファイル単位でのディスクアクセスを可能とします。例として、紙にページ番号を振ったり、目次を付ける作業と言われます。


>チェックディスクはデータを消さずに、欠損箇所を使わなくする。
先ほども書いたとおり、2つの作業があります。

・ファイルシステムの整合性チェック
ディスク上のファイルは目次(FATやMFTと呼ばれる)と実データのひも付けで管理されます。まれにPCが吹っ飛んだりしてこのひも付けが壊れると、目次の先の実データが無くなっていたり、実データだけがディスク上に取り残されることになります。こういった論理的な障害を復旧します。
場合によっては、ファイル(データ)が消えてしまうこともあります。

・セクタ(クラスタ)チェック
ディスク上のデータ記録単位で読み込み、書き込み、読み込みをディスクの最初から最後まで行い、ディスクが正常にデータの読み書きを行えるかチェックします。
データを新たに書き直すことで正常に読み書きが行えるように復旧するならそうしますし、読み書きが正常に行えないセクタを発見すると、代替処理やエラーセクタの登録を行います。

データが消えるか消えないかは、障害の程度によって決まる物で、チェックとフォーマットの違いではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に、ありがとうございます。
とても、勉強になりました。

お礼日時:2012/11/21 17:00

>現在のHDDにローレベルフォーマットは必要なのでしょうか。

HDDを痛めてしまうのか心配です。

今売られているHDDはユーザーがローレベルフォーマットをすることができませんし、できるようなツールはHDDメーカーから提供されていません。
ただゼロフィル(HDD全領域に0を書き込む)をローレベルフォーマットといわれる方もいらっしゃいます。
質問者さんは後者だと思いますが、ゼロフィルで壊れるようなHDDは極端にいえば既に壊れてて気づいてなかった(壊れてた部分を使ってなかったなど)だけの可能性が高いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんと、今回は使っていないところを使ったら読み込みが遅くエラーに気づいた感じです。
不幸中の幸いでした。遅いだけで救出できたのでよかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/21 17:02

>1TBのHDDからファイルをコピーするととても時間が掛かったりエラーが出るようになりました。




物理フォーマットをする以前に、HDDを買い換えて下さい


>HDDを痛めてしまうのか心配です。


すでに痛んでます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんと、おっしゃるとおりでした。
無駄な努力?でした。
HDDは買い換えました。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/21 16:59

エラーが出たなら廃棄して新品購入したほうがいいですよ。


先頭付近しか使っていないなら、パーテーション区切って、エラーが出た部分は使わないってのも一つの方法ですけどね。

ローレベルフォーマットは、基本的に、人にあげるとか廃棄するときに、他人にHDDの中身を読まれることを防ぐための方法ですから、引き続き自分で使用するならクイックフォーマットで十分ですよ。

>チェックディスクとは、何をしているのでしょうか。

名前通り、HDDの記憶域にエラー、、、つまり破損個所がないかチェックしているだけです。
記憶する円盤以外の箇所に不具合が生じていても、チェックには引っかかりません。

>フォーマットはデータが消えて、欠損箇所を使わなくする。

フォーマットは、データが消えるわけではなく、データがどこにあるかのインデックス情報
、つまり目次みたいなものを消すだけですね。
ですから、通常のフォーマットをしただけであれば、サルベージソフトなどをつかえばデータの復元が可能です。
クイックフォーマットの場合はチェックディスクをしないので、フォーマットにかかる時間を短縮できます。

>チェックディスクはデータを消さずに、欠損箇所を使わなくする。

いえ、エラーチェックするだけですよ。
欠損箇所を使わないようにするには、そういう項目にチェックを入れる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ、方法があるのですね。
しかし、チェックディスクもフォーマットも完了できない状態でしたのであきらめました。
幸い、データは救出できたので、これを教訓にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/21 16:58

下手に説明するよりこちらの解説を読んだほうが早そうですね・・・


http://hddnavi.jp/use/badsector1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡遅くなりました。
わかりやすい、サイトありがとうございます。
今回は、とても勉強になりました。
OSはXPですがWDのHDD 2TBを買いました。
今度は、フォーマットで苦戦しています。

本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/21 16:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新しいハードディスクは物理フォーマットが必要ですか?

注文した内蔵ハードディスクが明日届きます。新しいハードディスクはそのまま何もせず使っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

今のOS(XP)でも、フロッピーディスクの普通のフォーマットは「物理フォーマット」と言っていいと思います。
これはいろんなDOSレベルのOSで使用できるように、いわゆる汎用FDは全くフォーマットされていないものも販売されているからです。
また、記録面がぺらぺらのディスクで精度が低く、さらにヘッドが接触していることから、トラックやセクタがボケたりすることもあるでしょうから、「物理フォーマット」する必要があるのではないでしょうか。

ここ数年MS-DOSは使っていないので忘れてしまいましたが、仰るように物理フォーマットしますか?と出たと思います。
HDDのときにも出たかどうかは覚えていませんが、FDと同じ表示になっていただけかもしれません。

HDDのローレベルフォーマットは新たにトラックやセクタを作り直すようなことはしませんので、その動作は全ディスク空間への00やFFの書き込みというものです。
普通のHDDの使用で、1回の作業で数十GBから200GBなどの大容量を書き込むことはありませんね。
(私は数十GB程度ならありますけど)
普段ほとんど書き込みをしないのに、ローレベルフォーマットではその大きさが半端ではないので、「使いすぎ」と感じて故障しやすくなると思っている方もいるでしょうね。
同じ理由でデフラグもやりすぎると故障しやすくなると考えている方もいます。

しかしHDDの故障率が高くなるのは、書き込みを大量に行うからではなく、ヘッドのシーク回数(カコンカコンと水平方向に動く回数)が増えるからだと思います。
ローレベル~は順序良く書き込むので、シークは最小のはずだし、デフラグは断片化したファイルを繋げるわけで、デフラグしないほうが無駄なシークを繰り返しているわけですから、ヘッドの故障率は高くなると考えられます。
頻繁にデフラグを行ったとしても、2回目以降からは断片化が進んでいないわけですから、デフラグに要する時間もヘッドのシーク回数も少なくなり、無駄な故障率を高める作業だとは考えられません。

ローレベル~をHDDの寿命が尽きるまでにそんなに頻繁に行うはずは無く、せいぜい数回~十数回もやれば多いほうでしょうね。
しかしそんなにHDDをよく使う人は、HDDが壊れるまでに読み書きするデータ量やヘッドシーク量はこれよりはるかに多いはずですから、ローレベル~が故障原因に直接結びつくとは考えにくいです。

>ソフトとかを使って完全消去した方が容量が空きそうな気がするのですがどうなのでしょう...
この意味が良くわかりませんが、不良セクタでない限りデータは上書きされますので、どんな消去ソフトを使おうがローレベルフォーマットでもクイックフォーマットでも、空き容量が増えることはありません。

余談ですが、HDDのローレベルフォーマットはOS標準機能では不可能で、HDDメーカーから公開されているフリーソフトを使って行います。
市販されている完全消去ソフトとやっていることは殆ど同じです。
ただ市販のものは、書き込むデータをいろいろと変えながら数回の消去(実際は消去ではないのですが)を繰り返し、残留磁気の検出を実際問題として不可能にして、情報漏洩を防いでいるだけです。
私はこんなソフトは使ったことはなく、HDDを売却するときなどはローレベル~を2回行っているだけです。
私はこれで十分だと考えているからです。

今のOS(XP)でも、フロッピーディスクの普通のフォーマットは「物理フォーマット」と言っていいと思います。
これはいろんなDOSレベルのOSで使用できるように、いわゆる汎用FDは全くフォーマットされていないものも販売されているからです。
また、記録面がぺらぺらのディスクで精度が低く、さらにヘッドが接触していることから、トラックやセクタがボケたりすることもあるでしょうから、「物理フォーマット」する必要があるのではないでしょうか。

ここ数年MS-DOSは使っていないので忘れてしまいましたが、...続きを読む

Q外付HDD物理フォーマット 何時間かかりましたか?

バッファローの外付けHDDを物理フォーマットしたいと思っています。
使用するソフトは「DISKFORMATTER」です。

早速フォーマットしようと思ったら、「80Gで30時間かかります」と、赤い文字が点滅しています。
80Gで30時間なら、500Gでは・・・5日かかるということで、少し目眩が・・・(汗)。

皆さんは何GのHDDの物理フォーマットに何時間かかりましたか?
万が一の時間なのか(そうであってほしい)、本当に普通にそのくらいかかってしまうのでしょうか?

是非、皆さんの経験を教えてください。お願いします。
“覚悟”を決めてフォーマットに付き合うか、諦めて修理に出すか、決めかねています。

Aベストアンサー

フォーマットで故障寸前のHDDが直るなら、修理屋さんなんか要らないですね。
物理的故障は、修理か破棄です。
ファイルシステムが壊れているだけなら良いですが、「ガリガリ」音は明らかに物理的故障でしょう。

花瓶を割ったら、直せないよね。
このくらいは理解できますか?

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む


人気Q&Aランキング