種用のヨーグルトが少なかったのと、砂糖入りのヨーグルトだった為、ヨーグルトの香り付き牛乳になってしまいました。失敗した牛乳にプレーンヨーグルトを入れて、もう一度ヨーグルトメーカーに入れても大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ヨーグルト」に関するQ&A: ヨーグルトの作成

A 回答 (4件)

こんにちは。


ヨーグルトメーカーというものを使用したことはないのですが、いくつかのメーカーから手作りでヨーグルトをつくれる機械が発売されているようですね。それを使用して、ご自宅でヨーグルトをつくっているということだと思います。
ちなみに、基本的な作り方としては牛乳を乳酸発酵する種菌(粉末状)が付属でついており、それを新鮮な牛乳(パック開けたて)あるいは一度沸騰させて冷ました殺菌乳を使用するようにと書いてあると思います。

質問者さんは、市販のすでにヨーグルトになっているものを種(スターター)として作製されているようですね。
また、さらに発酵に失敗した牛乳(ヨーグルト風味の)を再利用しようとしていますが、どちらもやめた方がいいと思います。

私は、細菌の研究をしておりますが、一度発酵をしそこなった牛乳には雑菌が繁殖している可能性がありますし、市販品のヨーグルトを使用してのヨーグルト作りは衛生上危ないと思います(市販品を移す際のスプーン、手は滅菌されていないですよね?)
牛乳を保温して発酵を進めるわけですが、牛乳を餌として繁殖する細菌は身近にたくさんいます。もちろん、病原性があるものもいます。ですから、ご使用のヨーグルトメーカーの使用説明書通りに使わないと、なにが繁殖しているかわからないモノが出来上がっても不思議ではないと思います。

細菌学が専門の私は一般の台所で、それも素手・殺菌設備なし・種菌の保持確認なしの状態で発酵したものを口に入れるのはとても怖くてできません。一般の方だからこそ、そのあたりは平気なのかもしれませんが、それならなおのこと、ヨーグルトメーカーの使用説明書通りにつくらなければならないと思います。
説明書には、発酵不良の場合、牛乳を再利用してよいあるいは市販のヨーグルトを種として用いてよいと書かれているのですか?

一度、乳酸発酵や細菌について、一般の方でもわかりやすく書かれた本を図書館などで借りて、読んでみてください。
安全に発酵食品を取り扱うには、知識が必要です。
おいしいだけでなく、衛生上の管理ができてこそ楽しめるのが発酵食品です。
ご家族にたべさせるならなおさらです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。詳しく教えて下さり助かりました。

お礼日時:2012/12/04 12:05

失敗した物は危険ですね


砂糖入りヨーグルトであった事はたぶん関係ありません
私も夏場にヨーグルト作りしてますが
乳酸菌の餌にするために、オリゴ糖を添加してます

上手く作る為に
生きて腸まで届く乳酸菌と書かれた物を選ぶのが良いでしょうね
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/12/04 12:11

熱湯消毒してないものを使った場合雑菌が発生してる

この回答への補足

熱湯消毒はしています。

補足日時:2012/12/04 11:27
    • good
    • 0

普通は「ダメ」


トイレとお友達になりたいなら行ってみては?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々に回答ありがとうございます。失敗したものは捨てて、もう一度作り直してみます。

お礼日時:2012/12/04 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報