プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在、家を建てておりますが、建物や内装はほぼ完成しています。
外壁に防水コンセントを付けてもらうように頼んでいましたが、
どうやら付いていないようです。
その他不具合などがあり、明日業者さんと打合せする予定です。

もし防水コンセントを付け忘れていた場合、
付けてもらうよう主張することはできるのでしょうか?
後付けは大変ですか?どんな工程になるのでしょうか?

ちなみに設置予定場所の近くにガスの機械(給湯器?)が置かれています。
そこから電気を取ることが可能でしょうか?電気容量(?)を超過して危険ですか?

外壁や室内石膏ボードなどを剥がしたり、
完成後に外壁に穴をあけるリスクを負うくらいなら、
我慢したほうが良いのでしょうか?悩んでおります。

お詳しい方、ご意見を聞かせてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

我が家が後付で外壁に防水コンセントを付けた時の話です。



建築3年後にクリスマスイルミネーション用に2階ベランダ外壁に3つ
1階外壁に2つコンセントを増設しました。

つけたい位置の部屋側(内側)に室内コンセントがあれば
とっても簡単です。

壁にドリルで穴をあけて、内側に通っている配線から分岐させ
外側にコンセントを設置して防水処理をして終わり。

5つつけるのでも半日もかかりません。

エアコン設置の際に穴をあけるのと比べると
工事としては小さいもののように感じます。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

体験談を詳しく教えていただき、ありがとうございました。
そんなに大変ではないとのことですので、業者さんにお願いし、
つけてもらうことになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/09 21:45

設置箇所にはそれなりの配慮が必要になるかと思いますが、室内側のコンセント裏等であれば比較的簡単に後つけ可能かと思います。

ただ、あとから壁に穴を開けるということは漏水リスクもあるのでシーリング等はしっかりとするようにお願いしたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

依頼されていたのであれば、堂々と主張して下さい。

室内にあるコンセントの外壁側に設置するのであれば、簡単に設置出来ます。
    • good
    • 2

専門家紹介

山田哲雄

職業:住宅アドバイザー

一人で工務店を営み、25年になります。
現在はリフォームを中心に活動しています。

良心的価格と誠実さがモットーです。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0790-63-0860

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

>>そこで、電気容量(?)を超過して危険ですか?と質問させていただきました。



通常、ブレーカがあるので負荷がかかりすぎれば、電気が切れて使えなくなります。
なので、容量を超過するなら、その器具は使えません。
そして、容量が超過するかどうかは、質問者さんの使い方によります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございました。
そんなに大変ではないとのことですので、業者さんにお願いし、
つけてもらうことになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/09 21:43

防水コンセントは簡単に設置できますが、問題はそのコンセントまでの配線工事でしょう。


電線が入っていない場合、どこからか壁内に配線を通さなくてはなりません。
外付けコンセントの位置の近くの壁の内側に電源がとれるコンセントがあれば簡単ですが。
外壁に穴をあけても防水型のコンセントを取り付けるので問題はありませんが・・・。

この回答への補足

早速ご回答いただき、ありがとうございます。

>外付けコンセントの位置の近くの壁の内側に電源がとれるコンセントがあれば簡単ですが。

近くにコンセントはあります。
もしそうした場合、室内側のコンセントが使用中だと
外の防水コンセントの使用に影響があるのだろうかと気になります。
そこで、電気容量(?)を超過して危険ですか?と質問させていただきました。

補足日時:2012/12/08 23:42
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
そんなに大変ではないとのことですので、業者さんにお願いし、
つけてもらうことになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/09 21:41

>付けてもらうように頼んでいましたが…



いつ頼んだのでしょうか。
まあ、工程的にはじゅうぶん余裕があるうちだったとしておきます。

>そこから電気を取ることが可能でしょうか…

露出配管・配線ならかまいませんけど、いんぺい配線をしてほしいのなら、近くに防水コンセントかあろうとなかろうと関係ありません。

>電気容量(?)を超過して危険ですか…

それは、あなたが何を使う目的で屋外コンセントを付けようとしているのかによります。

>外壁や室内石膏ボードなどを剥がしたり…

その付けたい位置の天井裏または床下に人が潜れるなら、それほど難しい話ではありません。

>完成後に外壁に穴をあけるリスクを…

リスクって、電線を通す穴さえも開けさせないでコンセントを付けろなど、無理難題ですけど。
電気屋さんは一休さんではないですよ。

この回答への補足

早速ご回答いただき、ありがとうございます。
コンセント追加のお願いをしたのは、配線工事前です。
図面に書き込んでお願いしました。

実際に配線が通ったかは素人には分かりませんし、
外壁側は今まで足場やシートで覆われていたので付いているかどうか分からず、
最近やっと確認できた次第です。

回答者様は電気屋さんでいらっしゃいますか?
防水コンセント後付けが業者さん方や当方にとって
どれだけ大変かを教えていただいた上で、
交渉するかどうか決めようと思い、質問させていただきました。

補足日時:2012/12/08 23:18
    • good
    • 3

部屋の下のコンセントから外に向かって取り付け可能です  10分もあれば可能です




しかし多少の気密は犠牲になります
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
そんなに大変ではないとのことですので、業者さんにお願いし、
つけてもらうことになりました。ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/09 21:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋外コンセント設置の施工方法

駐車場側壁に屋外コンセントを設置したいと考えています。
概要は次の通りです。
1.室内コンセントのある外壁側をやぶり屋外コンセントを設置
 http://www.monotaro.com/c/055/536/
2.屋外用コンセントケーブルには保護管をかぶせて、
3.地面まで1000+地中深さ300+地中水平距離2000+駐車場側壁140貫通
4.側壁に上記屋外コンセントを取り付け(500くらいの高さ)
※建物のある地面と駐車場とは800ほどの高低差があります。

そこで質問ですが、
Q1.建物側での屋外用コンセントケーブルと保護管との間は、一般的にどのような処理を行うものでしょうか?
この業界では粘土のような物を詰めるだけでOKですか?
シールコネクタとかグランドコネクタと呼ばれるもので防水を確保することはしないのでしょうか?
 http://www.sankei-ss.co.jp/pdf/SANFLEKI/07.P91-92.pdf

Q2.yahoo知恵袋に「建物から電源を取り出すときはブレーカーもつけなくてはなりません」とありますが、上記配線の場合にも適用されるものでしょうか?
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315933413

Q3.大まかな目安として工事費用はどれくらいになるでしょうか?
ブレーカ不要として、
1人日=¥10,000
部品代=¥5,000
管理費他=¥10,000
の¥25,000~¥30,000程度と思っているのですが、とんでもない安さでしょうか?(汗)

すでに業者に声をかけていますが、予備知識としてご教授いただければ幸いです。

また、せっかく業者に頼むのだから、「こういうこともついでに頼んだら?」というお話があれば、アドバイスお願いします。
よろしくお願いします。

駐車場側壁に屋外コンセントを設置したいと考えています。
概要は次の通りです。
1.室内コンセントのある外壁側をやぶり屋外コンセントを設置
 http://www.monotaro.com/c/055/536/
2.屋外用コンセントケーブルには保護管をかぶせて、
3.地面まで1000+地中深さ300+地中水平距離2000+駐車場側壁140貫通
4.側壁に上記屋外コンセントを取り付け(500くらいの高さ)
※建物のある地面と駐車場とは800ほどの高低差があります。

そこで質問ですが、
Q1.建物側での屋外用コンセントケーブルと保護管...続きを読む

Aベストアンサー

要は母屋の壁に穴を開けて線を2mほど離れた車庫の壁に(外?)コンセントを付ける、ということですよね。
配管工事だと母屋に穴を開ければプルボックスというのを付けてボックスの下から管を出して~となるのですが、1個のコンセントぐらいではそんなことはしません。
母屋に開けた穴はシリコンで埋めます。ホームセンターで200~300円。充填用ガン、200円ぐらい。(いずれも高めに見積もってます。もっともほんの少ししか使わないので大部分を捨てることになりますが)。
地中を掘るとありますが、シャベルで簡単に掘れるようなところですか?金がかかるのはここの部分だけといって良いでしょう。
コンセントの使用目的にも依るでしょうが、通常のコンセントで使うような機器であれば(例、掃除機、照明器具、電動ドリル)2ミリのVVFケーブルを使ってそのまま埋めます。(私はそうしてます)
塩ビ管に入れた方が安心。そうすることによって工賃を引き上げられます。もしここが畑の中だったりすれば名前は忘れましたが、ケーブル自体を薄い鉄の帯で巻いたようなのもあります。鍬とかで思いっきりたたいても切れません。
30cmも掘りません。車とか通るのでしょうか。雨とかで浮き出ないような、何かの具合で浮いてきて足とかに引っかからない程度の深さで十分。手近にあればちょっと大きめの石とかを(拳ぐらいで十分)ケーブルの上に置きます。
25000円頂けるなら私にやらせてください。それ以上の請求書を出してくるようだと注意が必要です。あとこの程度ではブレーカーは付けないでしょう。付けて工賃引き上げ?
壁面に取り付けるコンセントはみんな低いところについてますが、屈んでコンセントの抜き差しは大変ですよ。見かけ上気にならなければ1m位とか、高いほうが楽です。

要は母屋の壁に穴を開けて線を2mほど離れた車庫の壁に(外?)コンセントを付ける、ということですよね。
配管工事だと母屋に穴を開ければプルボックスというのを付けてボックスの下から管を出して~となるのですが、1個のコンセントぐらいではそんなことはしません。
母屋に開けた穴はシリコンで埋めます。ホームセンターで200~300円。充填用ガン、200円ぐらい。(いずれも高めに見積もってます。もっともほんの少ししか使わないので大部分を捨てることになりますが)。
地中を掘るとありますが...続きを読む

Q家の外壁にコンセント

今日は。
ガーデニングを楽しんでいるものです。

庭にリビングから出られるようにウッドデッキを作りました。
そこで電源コンセントが欲しくなりました。
焼肉したり照明入れたり。
サッシをあければすぐ内側にコンセントあるのですが、
反対側、外壁に直接付けられるといいなと思ってます。

当然、電気屋さんとなると思いますが、
予算はいくらぐらいと考えればいいですか。
内側にすぐコンセントあります。
家の壁はモルタルです。
アンテナ立てたときも簡単に穴を開けてコードを
入れてました。
経験のある方、お仕事されてる方いらっしゃったら
教えていただければ嬉しいです。

それから照明でマリン調のライトなど、
ステキなガーデン用照明のホームページお分かりの方も、
情報ご提供をお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンセント増設に付いてのアドバイスですが、既に出揃った感じは有りますが、本職(電気工事士)からアドバイスさせてもらいます。
方法は他の方々の通りでOKです。
予算ですが簡単に済んでやはり5千円位だと思います(当社では。)

室内壁面のコンセントから真裏の外壁を貫通して…電線の長さ30cm程度(余長込み) の場合です。
新設希望取付場所が室内コンセントの真裏で無ければ横引き露出配管などの追加も発生します。
戸袋やエアコン室外機等確認するべき所もそれなりに有りますので注意しておいて下さい。

最近ホームセンター等で上記の作業程度なら材料も工具も一通り揃います。
ただ法律上では電気工事士有資格者が施工する事になっています。
何でも屋(便利屋)みたいな職種の方が無資格で安価で引き受ける事も有ると聞いております。
電気は一歩間違えれば火災にも繋がります。
安価だからと言って胡散臭い業者には頼まれない様にしてください。
数千円程度の差で大きな被害に遭われないよう。

Q屋外コンセントは何に使うのですか?

設計中です。

コンセントの数や位置を決めているのですが、2個口のものと3個口のものはどれくらい値段が違いますか?

それと屋外のコンセントは2つくらい設計図では設置されているのですが、何に使うのでしょうか?屋外のコンセントについてアドバイスをください。

Aベストアンサー

>2個口のものと3個口のものはどれくらい値段が違いますか?
それくらい自分で調べたほうが良いですよ。
別に説教やイヤミで言ってる訳ではありません。
(本当は少しあるけど)
色々調べると、『こういうコンセントもあるのか!』など、いろいろ発見があると思いますよ。

>屋外のコンセントは2つくらい設計図では設置されているのですが、何に使うのでしょうか?
人それぞれです。
良く使う人もいれば、全く使わない人もいるでしょうね。

Q屋外コンセント施工方法について

こんにちは。
屋外コンセント施工方法について教えてください。
屋外コンセントは電気・ガスなどがあります。
防雨形のコンセント(自販機などで使われているもの)を施工する時、
壁面とコンセントあたり面にはコーキング?!か何かをするのでしょうか?
壁面と当たり面の隙間をどうするかが知りたいです。
この時のコンセント配線は壁の中を想定しています。

それと、取り付位置は「電気設備技術基準・内線規程」で決められていると思いますが、詳しく載っているサイトがありましたら教えてください!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

candy7さんこんばんは~。
本来防水コンセントは周りがゴム状?になっておりますので取付面が平らであれ
ばコーキングをしなくても水等の心配はありません。
逆にタイル目地や凹凸のある壁への取付はコーキング(シリコン)を致します。
(取付位置)とありますが余程の悪条件で無い限り特に決まりは有りません。
但し・・・(1) 電線を壁を貫通して出す場合はビニール等の保護管を施工
     (2) アースの施工
は 絶対条件です。
もちろん 電気工事士以外の施工は出来ませんが(笑)
ちなみに コーキングは誰がやっても大丈夫です♪ 
施工でなく情報だけでしたらな~んの問題もありませんよ~。
電気工事士に合格する前は私も《資格を持たない者》でしたが「電気設備技術基準・内線規程」は勉強したのだから・・・(笑)

Q(外部)コンセントの増設について

ただいま(宅内の)既存コンセントから延長コードを利用し、
外部に(防水)コンセントを増設しようと計画しています。

そこで2点ほど質問があります。

1.
ホームセンター等で売られている防水コンセントの接続方法
(裏面を見ると電源線2本、アース線1本らしき物が見えましたがどう繋げば?)

2.
この様な引き出し方法については資格が必要だったりしますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純にコンセントプラグにつないでそのまま延長するのであれば資格は必要ありません。

しかしながら、接続する際に線の皮をむいて接続する方法などになると「電気工事士」の資格が必要になります。
また、アース線を接続する際、アース棒を地中に埋め込むのにも電気工事士の資格が必要です。

最近はホームセンターなどでも簡単に部材が購入できるようになっていますが、接続方法を誤ると(今回の場合特に屋外で防水の必要性があるようですし)漏電や漏電からの火災、感電などの事故が発生することもありえます。

もし、プラグ以外の接続方法であれば素直に電気工事店にお願いした方がいいですよ。

Qコンセントの増設方法を教えてください!

ひょっとしたら有資格者しかできない工事なのかもしれませんが、教えてください。(良いサイトが見つかりませんでした)
マンションの1つのコンセントから石膏ボード内を通して数メートルはなれたところにコンセントを増設したいと思ってますが、そこでご質問です。
1.供給元の(2つ口)コンセントの裏側には、穴が4つ空いてますよね。そのうち2つはコンセントに電源を供給している黒と白の線がはまってますが、残りの2つから電気を分配できるのでしょうか?
 または、供給元のコンセントの手前で分配しなければいけないのでしょうか?その場合は分配器みたいなものがあるのですか?
2.新たにコンセントを石膏ボードに付けるときは、石膏ボードに直接ネジ止めできるのでしょうか?
 今のコンセントは壁の奥からしっかりしたメスネジ穴が見えますが、何か専用のユニットボックスみたいなものにはめ込まなければいけないのでしょうか?
以上、ご経験者の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の方の書かれているとおりこの工事は2種電気工事以上を持った者しかしてはいけない工事です。

書かれているような工事は一般的に行われております。渡り配線といって2~3個のコンセントをつないだりします。ただし電線の差し方が悪かったりするとそこから火を噴き火災になります。また電線の這わせ方が悪くて電線の皮に傷が付いて漏電することもあります。これも火災につながります。

 コンセントの取り付けは石膏ボードを挟む金具などもありますが、ボードの開口がマズかったり、コンセントの抜き差しが荒っぽかったりすると開口部の周りが割れたりします。

 後付のボックスというのもありますが、中が狭いので慣れていないと使いにくいでしょう。接続が悪くて火を噴いたときのことを考えるとボックスを仕込んだ方が安全ですが。
電線は延長コードに使っているようなコードは使えません。VVFケーブルと呼ばれる物を使います。
 それと、数メートル離れたところということですが、普通壁の中はボードを止めるために骨組みが333mm~455mm幅で入っていますので横方向には電線が通らないと思います。
 
 最後に、、隠蔽部分の電気工事は安全のための色々なノウハウがありますので、知識のない人があまり気軽に工事しない方がよいと思います。

#3の方の書かれているとおりこの工事は2種電気工事以上を持った者しかしてはいけない工事です。

書かれているような工事は一般的に行われております。渡り配線といって2~3個のコンセントをつないだりします。ただし電線の差し方が悪かったりするとそこから火を噴き火災になります。また電線の這わせ方が悪くて電線の皮に傷が付いて漏電することもあります。これも火災につながります。

 コンセントの取り付けは石膏ボードを挟む金具などもありますが、ボードの開口がマズかったり、コンセントの抜き差...続きを読む

Q屋外防水コンセント増設

家の裏に屋外コンセント ↓ があります。
http://img3.store.yahoo.co.jp/I/masutakadenki_1965_86655810
このコンセントから電源を取り、家の表に同様の屋外コンセントを購入・取り付けたいのですが、可能なのでしょうか?

自分のイメージ的には、裏のコンセントより二股を差し込み、表まで電線を引き、屋外コンセントまで繋げたいです。
裏から表までは14メートルあります。

それか他に良い方法などがありましたらアドバイス頂けたいです。

Aベストアンサー

取りあえず資格をとってから、ケーブル20mと屋外コンセントを買ってきます。私なら、床下を転がしますが、水が入ってきそうなら、床下に釣っておきます。すでに設置してある側はなんとかケーブルを戻すとして、表側は壁貫通になります。ラスなどがある場合は絶縁に気をつけましょう。防水対策としてケーブルは立ち上げでコンセントに突っ込みます。我が家は途中に漏電ブレーカーをかまして床下で、中間スイッチ代わりにしていました。火災だけは注意を払ってください。

Qベランダに電源を引く方法

分譲マンションに住んでいます。
水耕栽培で野菜を作ろうと思っています。
私がしたいと思っているのはホームハイポニカというもので、
電源が必要だそうですが、ベランダに電源が有りません。
どのようにすれば電源をとれるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気工事士です。

一番簡単なのは、他の方もご回答されていますが、エアコンの穴を通す方法です。
エアコンの配管をエアコン本体裏から露出無しで取り出している場合は少し難しいですが、マンションとの事ですので、エアコン本体と外壁との貫通口は離れているかと思います。(エアコン本体から配管が露出で見えている。化粧ダクト施工の場合も有りますが。)
宅内の最寄(エアコンの下辺り)のコンセントから延長コードを使い外部に出すと言う方法ですが少し注意点が有ります。

○エアコンの穴に既にエアコンの配管が通っている場合は延長コードのプラグ部分が大きく隙間から外に出すにはプラグを一度外して(切断)線だけにしないと断面積の都合上穴に通せない可能性。

○市販の延長コードには耐候性(太陽などの紫外線や天候による乾燥や湿気の繰り返し)が少なく長期使用すると電線の被服の劣化が起こりショートなどの原因にもなる。(最悪火災の原因にも)

○宅内と宅外では起こりうる危険性が全然違う。宅外は雨水などが掛かりにくくても金属部分は錆びやすい。(漏電や火災の原因)

○分電盤から別に専用回路を引く引かない関係無しにこの回路は他の回路と別に漏電ブレーカーにする事をお勧めします。(動作電流15mA)そうすれば外部で漏電しても遮断してくれます。通常主幹が漏電ブレーカーですが、15mAだと主幹が遮断される前にこの1回路だけ遮断出来ます。)

○基本的には電気工事法で禁止されています。(資格の無い人が行うと法律違反)

等 簡単に挙げられる危険事項です。
脅かすつもりは有りませんが、私は職業柄か この様な事から事故(火災も含めて)を見た事も有ります。(どちらかと言うと古い建物ですが)

余り一般の方がされる事はお勧め出来ませんので是非専門業者に工事を依頼して下さい。上記に挙げた危険性も少なくなります。若しくは工事方法等で完全に危険性を払拭することも可能です。

最近でしたらホームセンター等でも工事を受け付けている所も有ります。

建物の構造(マンションなので木造では無いと思いますが鉄骨造ALC・鉄筋造RC 等)や工事内容により違うと思いますが1万円前後だと思います。

電気工事士です。

一番簡単なのは、他の方もご回答されていますが、エアコンの穴を通す方法です。
エアコンの配管をエアコン本体裏から露出無しで取り出している場合は少し難しいですが、マンションとの事ですので、エアコン本体と外壁との貫通口は離れているかと思います。(エアコン本体から配管が露出で見えている。化粧ダクト施工の場合も有りますが。)
宅内の最寄(エアコンの下辺り)のコンセントから延長コードを使い外部に出すと言う方法ですが少し注意点が有ります。

○エアコンの穴に既にエアコ...続きを読む

Q室内から窓枠を通して外に電気コードを出すには?

屋外に防犯用の照明(人が通ったらセンサーで反応するやつ)を取り付けようと思います。家の外にコンセントが無いので、家の中から外に電気の配線を引こうと思うのですが、家の壁に穴は開けたくないので、窓サッシから出したいと思います。配線を出しつつも、窓がキチンと閉まるやり方を教えて下さい。

Aベストアンサー

  schemさんこんばんは。
エアコンが近くにありませんか。あれば、配管の穴を利用し通線します。普通はコーキング剤という固まらずにある程度の粘度ある材質が使われていますので配穴管が開いてあれば使用できます。
 OA用の配線ですが、信号線でDCの低電圧であれば問題はないのですが、AC100V用には向かないと思います。
 あとは、アルミサッシ枠全体の端を数センチほどアルミ材などの金属板でふさいで、その下部に穴を開けるという方法があります。アルミサッシのドアロックの位置が変わりますが、ロックはできますので、これらはホームセンターなどに相談すると良いでしょう。

 後は屋外に使用する電線は、家庭内に使用しているビニールコードではなく、最低でも屋外で使用できるIV線を使用して下さい。ビニールコードを屋外で使用すると経年劣化でショートする危険があります。

Q自宅ガレージに電気を引きたい

自宅横にガレージ兼バイク小屋に電気を引きたいのですが・・自宅内からの引き込みが出来ないので(ブレーカーの場所が遠いので)小屋と自宅の側に電気メーターがあります。その二次線(自宅に繋がる側より小屋に引き込み小屋内にブレーカーを取り付け電気を供給できますか?ちなみに工事は電気工事店に依頼しますのでお間違いないように・・依頼する前に助言お願いします。違う方法もあればお願いします。

Aベストアンサー

いい加減な回答が付いていますが。
1.当然ですが、メーター下流からの取り出しとなります。(メーター上流は×) そうなると、自宅での受電場所に、小屋に引き込むための電源取り出し箇所(NFB)があるか? がポイントになります。
 何故、NFBが必要か? 自宅のと共用すると、小屋の事故でショートした場合、自宅の給電も止まるため、設計としては、給電を分けます。ここで、共用と低減される工事業者は、何も考えていないいい加減ですので、切って下さい。
2.NFBと取り付けるor予備があったとなると、次は、小屋で必要なNFBの電流容量を幾らにするかです。
 通常の照明+コンセント程度ですと、20ATもあれば十分ですが、コンプレッサやリフターなどの大きな電動機を使うとなると、それなりに大きな容量のNFBが必要になります。
 但し、余り大きいと、今度は電力会社からの取り出し容量も関係してくるので、ここまで来ると、電気会社との相談が必要になります。
3.次に必要なのが、自宅の分岐点~小屋までの配線・処置となります。壁伝いで近ければ余り考える必要はありませんが、距離が離れていると、電線の途中の支持が必要になります。電柱を立てるのか、メッセンを引いて電線を沿わせるのか? また、ケーブルの種類は何を使うのか? この辺は電気工事屋さんに確認して下さい。また、その配線布設をどうやるのか? も検討する必要があります。
4.あとは、小屋で受けた後の分岐(分電盤)です。頭にNFBを取り付けて、必要であれば、下流側に照明用・コンセント用などに更に容量の小さなNFBを取り付けて分岐させる となります。自宅~小屋の配線で、各々の場所にNFBを付けるのは、万一時に、上流側に影響を与えないためです。当然、下位側で使用される電力の合計と、頭で給電する容量のマッチングは検討しないといけません。

 この辺になると、全体を見ての電気設計となりますので、電気工事業者に依頼して貰えれば、やって貰えると思います。

 簡単な様に見えて、ちゃんと設計しないと、大事故になりますので、よく工事業者と相談して下さい。

いい加減な回答が付いていますが。
1.当然ですが、メーター下流からの取り出しとなります。(メーター上流は×) そうなると、自宅での受電場所に、小屋に引き込むための電源取り出し箇所(NFB)があるか? がポイントになります。
 何故、NFBが必要か? 自宅のと共用すると、小屋の事故でショートした場合、自宅の給電も止まるため、設計としては、給電を分けます。ここで、共用と低減される工事業者は、何も考えていないいい加減ですので、切って下さい。
2.NFBと取り付けるor予備があったとなると、次は、小屋で...続きを読む


人気Q&Aランキング