教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

上記プリンタのインクの目詰まりがひどく、ヘッドクリーニングを10回やってもマゼンダがどうしても出ません。
インクの目詰まりを解消するためにヘッドを取り出してエタノールもしくはアルコールに漬けて固着しているインクを溶かしたいのですが上記の型番のヘッドを取り外す方法がわかりません。
ドライバのねじがインクを収納する場所に一か所だけ存在して外してみたのですが分解には程遠くはずれません。

どこかこのEP703Aもしくは前後モデルで分解方法を書いてあるサイトやもしくは方法をご存知の方はいませんか?

壊れたらそのまま新しいのを買おうとしてますので保証対象外であることは重々承知しております。

gooドクター

A 回答 (5件)

EP 703Aは経験がありませんが、PM-G700、720、730でヘッドを外し、内部の洗浄実施したことがあります。

結果から言えば、ヘッドの取り外しは、止めておいた方が無難です。
理由は1)ヘッドに接続されているリボンケーブルの脱着が難しく、ケーブルを折る可能性が高いこと、2)ヘッド内の洗浄は、慣れれば外さなくとも出来ること、3)ヘッドが外されたことを検知している可能性があり、正常に動作しなくなる恐れがあること
です。
EP 703AのカートリッジはLC50型の様なので、洗浄方法はPM-G700と同様の方法で出来ると思います。
要領はオークション等の洗浄液のCMを見てください。要はカートリッジを装着する突起物(ボールペンの先のような形状をしている)にビニールチューブを差し込み、シリンジで水を注入します。この時、ヘッド側に水が出てくるのでヘッドの下にペーパータオル等を挿入し、水を吸いとればOKです。
なお、洗浄はアルコールなどの必要はなく、水で十分です
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご親切に沢山のリスクマネージメントまで解釈してのご教授並びご指導まことにありがとうございます。
水でも十分なので取り合えずノズルの通りをよくするのが先決なのですね。
洗浄液を購入してみましたのでダメもとで行ってみようと思います。

お礼日時:2012/12/22 16:02

因みに、インクジェットプリンタのノズルは、直径が0.01ミリほど。



この大きさになると、ヘッドを洗浄液に漬けても、液が触れる壁面に毛細管現象が起きる為に必要な「液面の傾き」が発生せず、ノズルの穴の中に洗浄液が入り込みません。

そうなると、インクを吸入する側から、圧力をかけて洗浄液を押し込むしかありませんが、固着が酷いと「ノズル内に残っている空気が、洗浄液の侵入を阻む」ので、どんだけ圧力をかけても、液は浸透しません。

血管に空気を注射すると、毛細血管に空気が詰まって、生物を殺す事が出来るのはご存知だと思います。

それと同じで「細いところに入っている空気」ってのは、液体を詰まらす事ができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

クリーニング液がこのノズル口径だと表面張力や分子間力の問題で焦げ付きの固着インクでふさがっている際は通らない場合があるのですね。補足ありがとうございました。とりあえずクリーニング液+新しいインクで試してみようと思います。

お礼日時:2012/12/22 16:07

>上記プリンタのインクの目詰まりがひどく、ヘッドクリーニングを10回やってもマゼンダがどうしても出ません。



インクジェットプリンタには「ピエゾ式」と「サーマル式」があります。

ピエゾ式は、ノズルに付いている「ピエゾ素子」と言うのに電圧をかけ、電圧がかかった素子が変形する事により、インクに圧力をかけてインクを射出します。

サーマル式は、ノズルの付いている「発熱体」を使ってインクを瞬時に加熱・沸騰させ、沸騰したインクが膨張することによって、インクに圧力をかけてインクを射出します。

サーマル式の場合、純正インクなら加熱沸騰させてもインクは焦げ付きませんが、温度特性が異なる純正品じゃない場合、ノズル内でインクが焦げて固着してしまう事があります。

「乾燥して残インクが固着した場合」には、他の回答にある通り、水を通せば洗浄可能です。

しかし「温度特性の問題で、ノズル内で焦げ付いて固着した場合」には、水を通そうが、高圧洗浄しようが、もう復活する事はありません。何をやっても無駄です。

この場合は「ヘッドそのものの交換」が必要です。

当たり前ですが「ヘッドのみを取り寄せは出来ない」ので、残された道は「メーカーに修理に出す」か「壊れたと思って捨てる」です。

非純正インクは、このような「温度特性の問題で、プリンタ本体を致命的な状態に破壊する事がある」ので、こういったリスクを判った上で使用しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

純正のインクに色を付けている理由が垣間見れた気がします。
温度依存によってさまざまなリスクが生じるのですね。
お察しの通りの現象が起きています。
マゼンダが色が出ていないのですがそもそもクリーニングをした際、マゼンダの色がほぼシアン色でがさついて印刷してしまう現象が起きています。
とりあえずこのインクは捨てて他のもので挑戦しようともいます。ダメなら市に粗大ごみで引き取りに来てもらいます。本当にご親切にご教授ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/22 16:05

多分、インクヘッドでは無く、インクの不良と思います。

互換インク使った時の良くあるトラブルです。
純正のインクを使い3~5枚カラー印刷をして、直らなければ諦めて新品を探す。
私も互換インク使っていますが、何かトラブルが有れば、修理等しないで直ぐに買い換えます。
家庭用プリンターの限界とメーカーの利益のカラクリを知っているから出来る事と思いますが、互換インクにもピンキリ有りますから、思い切るのも有りと思います。昨今プリンターも安くなっていますし、インク代の差額で機械代もペイ出来てる事と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。純正はバカバカしく壊れても年末なら安価になるのでプリンタはダメになれば買い替えるという考えでインクは純正は恥ずかしいことに使用しておりません。
ご親切なご教授ありがとうございます。

お礼日時:2012/12/22 16:00

>エタノールもしくはアルコール


無理です。その薬品では清掃できません。

>前後モデルで分解方法
ヘッド分解は出来ませんよ。インクユニット全部の交換となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヘッドは分解できないのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/22 16:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング