外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

ぼくは数学が好きです 
そして理科は嫌いです
なぜ理科が嫌いかというと理数系だとかいって数学と同じにされるのが気にくわないです
理科と数学は全然違うと思います
数学は考える教科は確かです
でも理科は社会のように丸暗記する教科だと僕は思います 思考もいりません
なぜ理科と数学は同じにされるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

理科は、決して丸暗記する教科ではありません。


理科を学ぶためには数学が必要です。特に物理は、数学と密接な関係のある分野です。むしろ、数学は物理学を学ぶための手段と言っても良いくらいです。
その他、化学でも生物でも、数学と無関係ということはありません。
せっかく数学が好きなのですから、その数学を使わないと学ぶことのできない理科にも興味を持っていただきたいと思います。
    • good
    • 2

数学は数理言語ですかね。

質問文は自然言語です。数理言語で何を質問できますか?

パソコンの言語は文字も単語も英語由来です。もし英語がパソコン以外に全く不要な物ならば英語は理系の履修科目に分類されているでしょう。
数学は理科の言語になるから理系なのです。もし理科が数学を必要としなければ、もっぱら経済学や統計学の言語ですから、数学は文系科目にされていたでしょう。

暗記も論理もありません。その評価法が数学馬鹿です。
どれほど精緻な論理でも数学それ自体には何の価値もありません。国語の方は単独で価値を持ちます。
ちなみに計算は記録によって処理されます。

数学を極めても、ご質問の答えが導けないという現実を反省されるべきです。数学にしかない欠点は数学は現実を完全無視したまま論理が成立する事です。宗教よりも閉じているのです。

中世の人が全員現代の数学を完全マスターしても中世は変わりません。デカルトは霊気のようなものが身体を動かしていると分析し、ライプニッツは物質を構成する最小単位は精神の粒のような物だと演繹しました。まったく非科学的です。数学が理科の精神にはならない証拠です。理科の精神は現実と共にあります。

以上のようにおっしゃるとおり数学と理科はもっとも違うものどおしですが、元はと言えば現実を無視しないタイプの数学者が理科の研究を数学言語でしたのが始まりで、その後はすっかり理科に認められてしまった道具という立場が理系の数学です。理科が嫌いなのは思想の自由です。ただ、理科と共に存在しない数学、つまり理科系ではない数学は、現実的にほとんど無価値でしょう。
    • good
    • 0

その場で実験をしないので理科を好きでないか。

多分そんなことだろう。
数学は設問で思考を要求するから考えると言うのだろう。
   
然し、化学は高校ぐらいから、暗記を必要としても思考をしないと答えを出せなくなる。
理論を当てはめて、結論を導く必要がある。
物理にしても、気象予報で必要とされる考え方だ。暗記だけでは答えを出せない。
   
数学の公式、数式が一般論になるとき、理科に下りてくる。数学は、必ずしも先端ではないが、言語を用いて一般化する。そこで、国語の成績が左右する。大学受験では、歴史を学ぶ必要があるので、国語は数学の理解には影響しなくなる。そこで大学以上の数学は学ぶ人が少ない。
国語も理論化され、数学以上に困難な、理解を深める必要がある。文系でも高校の基本数学は必要だろう。理系でも論文を書くとき言語力が求められる。説明を英文で行なうなら理系、現代文で行なうなら文系だろう。これは、戦争で負けたから。枢要な発想力が英米に押さえられた為。
   
理論を説明し、思考は実験を通して考察し、結果を導くのは理科。社会実験もあるが。最近、欧米並みに、基礎研究が行なわれ、文系、理系では収まらなくなってきた。もう募集の学部も変節していないかな。高校でも英語で理科、数学を教えているところがある筈だ。
学際を研究するときに、英語だけでは行なえない筈だ。その理論化で現代文を必要としている筈だ。
応用研究であっても、現代文を無視しては進められなくなっている。
   
高校で英米に近い勉強をしてしまうと、発想力で独創的な研究はできなくなる。英米の後追いに収まる。社会の求めている思考力は、島国と言われようが自らの経験を踏まえて実験してゆくべきだ。
    • good
    • 0

理科の分野は高度になればなるほど、数学の素養が必要だから。


特に、高校物理や化学は数学ができないと解けないです。

その他の科目は、数学の素養が全く必要ありません。
まあ、歴史の年号などで足し算引き算は必要かもしれませんがw
    • good
    • 1

でもね。

ノーベル賞には数学はない!!(理由はあるので調べてね)
数学が理学部にあることは、ある意味おかしいかも。

自然科学--科学--scienceという分野の学問は、本来は
観察される現象がなぜ起きるかの理由を(迷信や言い伝えではなく)推論して、それを客観的な事実--実験や観察--で証明していく手続きそのものなのです。
 「聖書に書いてある」とか「先輩の説明では」ではなくね。

 科学を学ぶ最も重要なことは、
1)「なぜ?」という疑問を持つこと
2) それがなぜ起きるかを推論すること
3) その推論が正しいことを実験や観察など客観的な事実で証明すること
  ---誰でも試せなければなりません---
 このステップが科学(理科)なのです。遠い昔は数学も自然科学のひとつでした。直角はどうしたら求められるかとか、三平方の定理とか、ピラミッドをどのようにしてつくるか・・
 数学は、科学の重要な手段--道具として発展してきました。科学の発展に数学は欠かせないものでした。

 しかし、数学はいつしか科学とは別の道を歩み始めました。数と言う世界に閉じこもって現実世界と遊離していきました。
 しかし、最近では数学のそういう分野も科学で利用される事も多くなりました。今では再びかってのように科学の仲間に戻ってきたといっても良いでしょう。非ユークリッド幾何は物理で、行列などは計算科学で・・

 数学以外の科学が、暗記科目と言うのはあなたがめぐり合った教育自体の問題でしょう。理科の指導要領には、はっきりと
「自然の事物・現象に進んでかかわり,目的意識をもって観察,実験などを行い,
科学的に探究する能力の基礎と態度を育てるとともに自然の事物・現象について
の理解を深め,科学的な見方や考え方を養う。」
 ⇒新学習指導要領・第2章・第4節 理科( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youry … )
 と書かれています。
一方、数学を見ると「科学(理科)」の雰囲気すらないです。
 ⇒第2章 各教科 第3節 数学( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youry … )

wikiにも、自然科学について
【引用】____________ここから
数学や哲学などの抽象的あるいは理論的な科学とは区別して用いられる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[自然科学 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6% … )]より

 理科は数学以上に「科学的思考」が必要なのですよ。暗記???それはどの学問でも必要ですが必須ではありません。数学が苦手な子に聞いて御覧なさい、「数学は覚えることが多くて嫌だ」と言われますよ。私は理科は覚えなくてもすんだので好きでしたが、数学は覚えることが多く、しかも何の役にも立ちそうになくて嫌いでした。

「そもそも何の役に立つの?」
 たとえば、「3 以上の自然数 n について、xⁿ + yⁿ = zⁿ となる0でない自然数 (x, y, z) の組み合わせがない」(フェルマーの最終定理)が解けたからって何の意味があるの?
 ・・と言われたらなんと応えるのですか。

 ただ、数学や哲学は理科の仲間に入れてもらえないことも多いことを忘れないでね。指導要綱もWikiも科学(理科)としては見ていない。ノーベルが数学章を作らなかったのとは別の理由で(^^)
    • good
    • 0

 こんにちは。

理系と文系科目の違いですが、何れも根本にあるのは「論理」つまり「筋立て」です。質問者様はまだ本格的な学問に接していないからわからないのかもしれませんが、ものごとを支えているのは「問題と解答」であり、その橋渡し役をなす作業を「説明」と呼ぶ。
 単純な例を示すなら「○○が××であるのはなぜか」との問題が示されたなら、「それは~だからである」との理由があり、その理由に相当する内容を合理的に裏付けるのを論証と呼ぶ。こうした一連の行為(過程)は思索するとの意味で「哲学」の領域に属することとなります。
 質問者は「社会科」を暗記科目とお考えの様ですが、社会科も実は暗記科目などではありません。受験科目では一問一答式に「答だけ」が要求される場合が多々ありますが、ここで示される「答」それ自体も「最初から用意されたもの」ではありません。実際に「鎌倉幕府の成立年」が試験問題で出題されたとします。けれど、これにも「幾つかの答」が実際にはあります。1192年との答もあれば1185年との答もあります。なぜでしょうか。それは「幕府というもの」をどう理解するかによって「異なる見解があるから」です。ではなぜこの様な現象が起こるのか。それは鎌倉幕府について研究する研究者の視点が異なるからです。言い換えれば「事象に対する評価」の問題です。単に暗記するだけではこのような意見の相違はないことになってしまいます。
 理科でも同じです。典型的な話をするなら「地球上に生命が誕生した理由」に関して、キリスト教的価値観に基づく説明もあれば、有機タンパク質の合成に基づく説明もあります。こうした事象は暗記だけでは理解を求めることが適いません。「考える」→「その裏付けとなる証拠を探す」→「それに基づいてもう一度最初に得られたデータの正当性を検証する」→「それが合理的説明になると判断されたならば、その見解を他者に示して判断し合理性を検証する」、こうした過程の繰り返しです。ですからそこには「論理性」が必要とされる。
 数学も根本的には論理の学問であり、それはギリシア・ローマはもとよりパスカルやライプニッツ、オイラーなどの数学者にも共通した部分であることを付け加えさせていただきます。
 なお、こうした「論理」を表すのは「言葉」ですから、国語や英語といえども努々(ゆめゆめ)疎かにすること心して避けねばなりません。
    • good
    • 0

こんばんわ。



ときどき見かける質問だと、以下のようなものがあります。
「●数学なんてぶっちゃけ人生には何の役にも立ちませんよね?」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5981044.html

わたしも回答させてもらいましたが、
いまの質問者さんもこの問いと立場は変わらないと思います。
いずれにしても、一方的な立場からしか見えていないではないかと。

昔から物理といわれる理科の一分野には、
数学を基本として理論が作られるようになっていますが、
最先端の数学だと、逆に物理の考え方を持ち込むことで問題を解決しているケースもあります。

また、理科には数学が絶対ついてきます。
いま学んでいるところでは、別々に感じるかもしれません。
高校生ぐらいになれば、つながってくるようになってきます。
そんなところからも、「相棒」になるのは自然なことかとも思います。


「好き・嫌い」はあると思いますが(わたしもあります)、
学問そのものを真っ向から否定してしまうのはもったいないと思いますよ。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5981044.html
    • good
    • 0

数学好きですか。

結構なことです。
大学生になる頃には、数学や理科(物理)が
暗記科目でないことがわかるでしょう。
    • good
    • 0

>なぜ理科と数学は同じにされるのでしょうか



まだ子供だからです。

大人になると、自然科学(理科の様なもの)と数学は全く違った学門です。
数学は自然科学ではなくて、論理学の一種であり、公理系を選択することが出来るという意味でも根本的に自然科学とは異なります。


なぜ、子供時代は数学と理科が同一視されるかというと、数学や理科は個人の意見を述べる部分が少ないからです。
社会や国語、芸術などは、人の意見・好みで色々と見方が変わるものですが、数学や理科には個人の意見が入る余地が少ないという意味で共通性があるからでしょう。
    • good
    • 0

どちらかと言えば数学も覚える教科ではないでしょうか?(質問に質問で返してしまいすみません)



なぜ一緒にされるのか?
についてですが、理科(科学)には計算(と言うよりは式)が必要です。
また、考えるという観点で言えば
数学は・・・この式はどうやって解くのだろう?
理科は・・・どうしてこうなるのだろう?
こんな風に考えたことはあるかと思います。

社会は・・・どうしてこんな事件(行動)を起こしたのだろう?
       どうしてここに〇〇(地名)があるのだろう?
社会でこんな風には考えませんよね。英語・国語もしかりです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科と数学の関係がわかりません

小学校の頃だったか、親から、理科ができれば算数もできるはずなんだけど、と言われたことがあります。しかし私はいまだに、理科は出来たとしても数学に弱く、親から言われた意味がいまだにわかりません。なぜ理科と数学がイコールなのでしょうか?

Aベストアンサー

理系の学部に通っている者です。

理科が出来る→数学が出来る、というより
数学が出来る→理科が出来る
という方があってると思います。
実際、数学が得意な人は理科も成績良かったですし。

今日物理の先生にも
「物理的な事象を数学的に置き換えて解いていくので、数学の勉強を重視して下さい。そうすれば自然と物理もできるようになります。」
と言われました。

事象を理解して、式を立ててしまえばそこから先は数学です。
イコールというイメージはそこからくるのではないでしょうか。


ちなみに私も質問者様と同じようなタイプでした。
今は数学も好きですけどね。

Q社会と理科の勉強を好きになりたい、得意になりたい!

私はもうすぐ受験生の中2です。
私は国語、数学、英語は比較的好きだし、
自分では得意なつもりです。でも社会と理科は苦手です。
テストがある時は社会・理科にけっこう時間をかけて
まとめて、暗記して・・・ってするんですけど、
ほとんど勉強しない国・数・英より社会・理科の
偏差値や点が悪いんです。
それに社会と理科ってあまり好きじゃなくて・・・
好きになりたいなとは思ってるんですが
どうしても苦手意識が・・・・
4月からは受験生だし、克服したいなって思うんです。
何かいい方法ありませんか?勉強の仕方や好きになる方法。
ちょっとしたことでもいいので・・・。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

こんばんは☆iu1516さんは中学2年生ということで、ちょうど私が卒業した年に入学されたんですね!ちなみに私は今高校2年生です!なんだか3つしか違わない&私の従兄弟と同い年なのかと思ったら他人ごとに思えなくなってきてしまったのでアドバイスさせてください(*^▽^*)
まず、高校受験は東京などにある偏差値70を超える私立高校などを受験する以外はそんなに1学期のまだみんなが部活にのめりこんでいる時から意識する必要はないと思います☆現に私は中学では水泳部の部長もやっていましたし、他の部活が7月の中旬で終わるのに対してうちの部活は8月の中旬、なんとお盆すぎまで部活がありました!その時は塾と部活を掛け持ちしていたのですが、部活は無欠席♪夏休みの毎日の予定は8時起床、9時から部活(2000mちかく泳ぎます)、12時前に部活が終わって、家にかえったら塾の英語の長文の予習(訳わかってないと話にならなかったんでf(^^;))そして13時半から4時間塾、17時半以降はその私がいたクラスで私は劣等性だったので居残り(泣)19時頃におうちに帰ってご飯を食べて、お風呂に入って、そんなこんなしているうちに22時・・・。そこからその日の塾の復習を始め、塾で習った問題を解く、けどなぜかひとりでやると解けない・・・。時はドンドン過ぎていき寝るのは3~4時・・・。そして次の朝はまた8時起床です!なんて生活をしていたにゃら・・・・。けれどその時私はまったくといっていいほど理科や社会には手をつけていませんでした。本当に本当です!ぶっちゃけやっていたのは英語と数学だけです☆社会と理科は2学期になって友達より自分がわかってないことを知って焦りはじめて手をつけましたε=(>ε<)つまりここで長々書いて言いたかった事は中学の社会や理科なんて1ヶ月・・・いや1週間あればできるってことです!だからといって3学期からとかはやめてくださいね(笑)

さ~本題に入りましょう☆
社会についてです☆前にも話したとおり私は2学期をすぎてから社会の勉強を始めました!
そこで歴史や公民において役に立ったのは1問1答式の問題集です!知っていますか??これはその名のとおり1つの問題につき、1個答えが書いてあるやつです!例えば・・・
『平安時代に書かれた源氏物語の作者は?』
と書かれています!ここでのこの問題の答えは『紫式部』ですよね??
こんな感じの問題を寄せ集め、これがズラ~ッと並んだ問題集です☆あたしは市進という塾のトライアルシリーズを使っていました!
次に地理です♪こっちはもっと簡単☆頑張って勉強して覚えるものは山脈などの地形と、地図記号、用語などです☆これはもうひたすら地図見たり、問題集解いておぼえるしかありません!けれど・・・今からできる抜け駆けとも言えるやばいくらい楽しい地理の勉強方法があります。いや、受験生になってからはその勉強方法は120%親に怒られるのでやるなら今です!それはゲームの桃太郎電鉄です!!!知ってます??結構有名ですよね?スゴロクで日本各地の駅に行くゲームです!ちなみにその駅ごとにたくさんの名産品が売られています☆そうッ!!!!!ここがポイントなんです(* ̄∇ ̄*)それを覚えちゃうんです☆新潟なら水田が売られています。北海道なら牧場や漁場、山口県ならフグ料理屋!これを楽しみながら&関心を持ちながらやるんです!これは効きます☆私は小学校の頃からやっていたのですがホントに自然と頭に各地の名産品が頭に入ります!学校でそれを改めて習った時なんか心の中で『そうそう!!!下関=フグね☆桃電にあった(2)』と爆笑してしまいます(笑)高校に入って未だに桃太郎電鉄には感謝しています☆結構うちの学校は頭の良い方が多いのですが、みなさま桃電を推奨しています(≧∇≦)
あと社会全てにおいてお薦めできるのは語呂合わせです☆ってか、もう私がいかに楽しんだり遊び感覚で勉強しているかわかっちゃいますよねf(^^;)お恥ずかしいばかりです↓↓ここでいくつか私のお薦め語呂合わせを紹介しておきます☆
『ひろく柵作って鎖国完成』(1639年鎖国)
『嫌でござんす、ペリーさん』(1853年ペリー黒船で来日)
『以後よみがえる鉄砲伝来』(1543年鉄砲伝来)
『みずでっぽう』(水野忠邦による天保の改革)


次、理科行ってみよう!理科は簡単です!出る問題は限られています☆まず1冊理科の全範囲の入った問題集を買ってみてください!それも回答のしっかりしていてわかりやすいものを!それを1~2回解いてみます。その際できなかった問題にはバツ印を付けて☆2回目以降はそのできなかった問題だけ解きます!バツがあることは恥ずかしい事じゃ全然恥ずかしい事じゃありませんよ♪むしろ真剣に考えても尚且つそのページがまるまるバツだったらラッキーと思ってください!そのバツだったとこは自分の苦手な所です!そこを念いりに他の問題集や教科書で確認しましょう☆
また理科にはほとんどのことに理屈があります!顕微鏡を使う際なぜ対物レンズからではなくて、接眼レンズから取り付けるかとか!それは反対にしたら、顕微鏡内にゴミが入ってしまうからですよね??そんな風に考えれば結構理科は社会とかとは違って暗記科目ではないんです!ある程度の暗記も必要ですが・・・。むしろ数学に近いと思います♪
理科においての語呂合わせは・・・
『BTB!君のケツは青かった』(BTB溶液は黄色→緑→青の順でへんかする<ちなみに酸性→中性→アルカリ性>)
『水道管』(水は道管を通る<植物>)
などです☆

あと、理科社会は学校の問題集とは別に、自分にとってわかりやすい問題集をもつ必要があるかもしれません!また、これは私自身高校の先生から言われた事なのですが、同じ問題集を最低でも3回やるんです!それは前に書いたのと同様間違ったとこだけ反復すればいいそうです。

長くなりましたが、iu1516さんも私も来年は受験生ですがお互いに来年の4月笑っていられるようにがんばりましょう (*^▽^*)
↓以前私が同じ様な質問へ回答したときのアドバイスです!今と考えがかわっている点もありますが、参考までにどうぞ☆

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=477478

こんばんは☆iu1516さんは中学2年生ということで、ちょうど私が卒業した年に入学されたんですね!ちなみに私は今高校2年生です!なんだか3つしか違わない&私の従兄弟と同い年なのかと思ったら他人ごとに思えなくなってきてしまったのでアドバイスさせてください(*^▽^*)
まず、高校受験は東京などにある偏差値70を超える私立高校などを受験する以外はそんなに1学期のまだみんなが部活にのめりこんでいる時から意識する必要はないと思います☆現に私は中学では水泳部の部長もやっていましたし、他の部活が7月の中...続きを読む

Q数学、理科の勉強での中学範囲の重要性

初めまして。今年、通信制高校へ進学した高1の者です。
地元旧帝志望の理系で、中学の範囲は大学受験の基礎の基礎と考えて数学・理科を中学の範囲から復習していますが、どうしても中学の範囲をやっている間に周りに差をつけられるとあせってしまいます。
実際のところは中学の数学、物理、化学は高校の範囲の基礎としてきっちりやっておいたほうが良いのでしょうか?
それとも全くの別物と考えてさっさと高校の範囲へ移ったほうが良いでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
現在高1と中2になる娘がいます。
本人たちは通信教育を受けていますが、私が二人の勉強をみてやっています。

数学ですが、この教科は学習の積み重ねが大切な教科です。
小学校で学習した事がきちんと理解できていないと、中学校でつまずきますし、中学の数学がわかっていないと高校の数学でつまずきます。

高校入学後、短期間で落ちこぼれ、授業についていけなくなる生徒が多いのが数学です。
これは中学の範囲をきちんと理解していないと言う事が大きいです。
薄い問題集でも良いので、中学の範囲をきちんと見直してから前に進むほうが間違いないです。
急がば回れです。

物理、化学に関しては娘の教科書、学校の授業のノートを見る限り、全く新しい教科と言う感じです。
それくらい中学理科とレベルが違いすぎ、内容に関連性が見られないように思います。
質問者さんが理科アレルギーでない限り、中学の復習をせず高校の範囲に取り組んでも問題ないように感じました。
ご参考になれば幸いです。
通信制高校との事、私も資格を取るために5年ほど通信教育などで勉強しました。
自分のペースで勉強できる反面、モチベーションの維持が大変ですよね。
たまに模擬テストなど受験すると、気分転換、励みになります。
頑張ってください。

こんにちわ。
現在高1と中2になる娘がいます。
本人たちは通信教育を受けていますが、私が二人の勉強をみてやっています。

数学ですが、この教科は学習の積み重ねが大切な教科です。
小学校で学習した事がきちんと理解できていないと、中学校でつまずきますし、中学の数学がわかっていないと高校の数学でつまずきます。

高校入学後、短期間で落ちこぼれ、授業についていけなくなる生徒が多いのが数学です。
これは中学の範囲をきちんと理解していないと言う事が大きいです。
薄い問題集でも良いので...続きを読む

Q「世界史A」と「世界史B」の違い

最近ニュースで騒がれていますがこの「世界史A」と「世界史B」
の違いが解りません。何が違うのですか??
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

A・Bの違いで よく言われるのは
Aは 近代が詳しく、Bは 古代から詳しく記載されている
つまり、Bのほうが細やかな歴史までが取り上げられているということです

単に扱っている歴史事項の数が違うだけでなく、教育の目的などにもずれがあります。前近代ではBは各地域のタテの歴史を古代・中世と見ていくのに対して、Aは世界全体として、各地域が他の地域に及ぼした影響、交流の歴史などヨコの歴史に重点が置かれていて、近現代でもBにくらべてAは政治史がやや浅い分、社会・経済や後の時代にどのような影響があったかなどが詳しく書かれています。

Qなぜ100度になっていない水も蒸発するのでしょうか?

中一の子供に
「水は100度で蒸発するって習ったけど、部屋や外に置いてある水が、沸騰してないのに、ちょっとずつ蒸発してるのはなんで?」
と聞かれました。
どなたか中学生にもわかるように、説明していただけるかたいらっしゃいませんでしょうか!(自分もそういわれると、気になってしょうがなくなりました・・笑)

Aベストアンサー

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(氷にはならない)けれど、完全に切り離されてばらばらにもならない(水蒸気にならない)状態にある水の「分子」の集まりです。この集まりの中には、ちょっと"元気な"分子もいて、中には空気中に飛び出してしまうものがあります。一方、空気中の水蒸気の中にはちょいと"元気"がなくなって、"おとなしくしている水"の仲間に加わるものもあります。

 このような性質を持つ水を、空気といっしょに密閉容器に半分くらい入れて温度が一定の状態に保ってみましょう。最初は水蒸気がなかった、つまり完全に乾燥した空気があるとします。初めのうちは、水の中の"元気者"がどんどん出て行って空気中に広がり、湿度が上がっていきます。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるので、そのうち容器の中の空気は水蒸気でいっぱいになってしまいます。湿度100%です。こうなってしまうと、後は、ちょいと"元気がなくなって"水に戻る分子と"元気よく"水から飛び出す分子の割合が等しくなって、見かけ上何も変化が起こらなくなります。

 密閉容器の場合は、上記のようになりますが、水が部屋や外にある場合は、空気は大量にありますしどんどん入れ替わりますから、周囲の空気の湿度が何かの理由で100%にならない限り、水からは分子が逃げ出す一方になります。そのために、からっとした季節には、雨上がりにあった水たまりがいつの間にか蒸発してなくなったり、洗濯物がよく乾いたりするわけですね。逆にじめじめした季節には乾きが悪くなります。

 ちなみに、水は1気圧のもとで100℃で沸騰します。このときも蒸発は起こっていますが、水の表面ではなくて内部でいきなり気体になる(この現象を「沸騰」と呼んでいます)分子の方が圧倒的に多くなるので、目立たなくなります。

("元気"のような擬人的な表現を使いましたが、本来は"運動エネルギー"のような物理用語を使わなければいけません。中学生にもわかるように、ということですので、敢えて"禁断の"表現法を使いました。)

 「今日はじめじめしてますね」とか、「異常乾燥注意報発令中」とか聞いたことありませんか? どれも、湿度つまり空気中の水蒸気の量を問題にしている言い方です。もっと直接的には「今日の○○時の湿度は△△%程度です」などという表現をすることもあります。

 この湿度というのは何を基準にしているかというと、その時の温度で、空気中に存在することが可能な水蒸気量です。空気には含むことができる水蒸気の量に限界があるというわけです。

 さて、液体の水は、互いに結びついて完全に固くはならない(...続きを読む

Q数学的考えってどんなことですか?

幼稚な質問ですが、ご存知の方、教えてください。

私は学生の時、算数も数学もあまり興味がなくて微分/積分 関数、、、なんて
理解できなくても足し算/引き算あたりがわかれば生きていくのに
困らないだろうと考えていました。
しかし当時の数学教師が「数学的思考は人生の、きっと役に立つよ」と
教えてくれました。
成人した私は、しばしば周りの人間から「数学的考えができるね」と言われます。
自分では、何のことなのか、さっぱりわからないのです。
単に合理的、理論的という意味なのでしょうか?
そもそも、数学的思考って何なのでしょうか?
実生活で具体的に表現すると、数学的思考とはどういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

 
「数学的思考」と「論理的思考」はまた別なのですが、数学は論理的という考えが一般化しているようで、「違い」がどこにあるのか、なかなか理解しにくいようです。

簡単には、数学は論理的でもあるのですが、その使用する「論理」のレンジが狭いということがあります。「論理的思考力」は、もっとレンジが広く、広い世間知や経験や知識・教養などをベースにして、総合的に発揮される思考能力です。これは、数学の論理思考よりも、修得が難しいのです。

「数学的思考」とはどういうものか、とりあえず、それはデジタル的、解析的な思考法だと言えます。無論、数学的な形式論理思考は含まれます。

具体的に例で言いますと、何か会社で問題などがある時、その問題を、ステップや要素に分けて考え、問題の性質を、解析的に分析し、どう対応すれば問題が解決するか、ステップや要素の持つ意味や働きに応じて、「見通しの良い」回答が出せるような思考が、数学的思考と言えます。

「論理的思考」の場合、こういうデジタル的、解析的な思考も無論しますが、もっと総合的で、相互交差吟味などの内的検証や、無意識の直観の吟味など、非常に幅広い「思考力」を駆使して、ものごとの本質に迫ろうとする思考です。

数学的思考は、外から見ると、「問題の整理の仕方」が明晰、解決の筋道が、分かり易くステップ的デジタル的になているという風になります。実際、内部の思考処理でも、こういうことを行っていることになります。

これは自然科学の基本手法である、要素還元的な方法で問題を眺め、把握し、次に数学の問題を解く時のように、ステップ的な回答を出すような思考で、これが、数学的思考的だということになるのでしょう。

数学的な思考は、ある意味で、形式的な思考で、綺麗に問題を把握してエレガントな回答を出すように見えますが、総合的な論理思考ではないので、抜け落ちが出てきます。

数学的「形式性」の限界というか弊害があるのです。これは、あの人は、堅苦しいことを考える人だという評価にもなりますし、思考の余裕が狭いという評価にもなります。

質問者が述べている通り、「数学的思考」は、足し算引き算程度でも実は十分なのです。無論、証明のステップ的思考法というのは修得していなければまりません。しかし、訓練しなくとも、そういうステップ的思考が馴染んでいるという人もいるのです。

(金銭の損得問題で、どうすれば得か、ということを真剣に考えていると、微積分など習わなくとも、こういう思考は訓練されます。逆に微積分はできるのに、お金の損得勘定ができないという人も結構います。高校・大学程度の数学だと、答えが分かっているものがほとんどで、「解き方のテクニク」などがあります。しかし、現実世界の金銭問題は、場合場合で問題が異なり、正解のない問題もたくさんあるのです。こういう問題には、学校数学の思考法や解法テクニクはあまり意味を持ちません)。

問題について、デジタル的、つまり数字的に考え把握し、数字の計算をきちんと行っているというのが、おそらく、他の人に「数学的考えができる」と言われる根拠だと想定します。これは関係ない要素を切り捨てて、数値的に評価できる面を思考するということでもあるのです。

他の人は、人間関係の問題とか、感情の問題が入って、なかなかスパっと割り切れない問題を、数やステップで置き換えて、スパっと切って回答にするという「合理的」問題思考だと、数学的考えが得意という風に言われると思います。

数学と論理の関係は難しいです。以下の質問のわたしの回答も参照して見てください:

>No.272799 質問:(^_^.) 数学がよくできる人って、ほんとうに頭がよい人??
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=272799
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=272799

 
「数学的思考」と「論理的思考」はまた別なのですが、数学は論理的という考えが一般化しているようで、「違い」がどこにあるのか、なかなか理解しにくいようです。

簡単には、数学は論理的でもあるのですが、その使用する「論理」のレンジが狭いということがあります。「論理的思考力」は、もっとレンジが広く、広い世間知や経験や知識・教養などをベースにして、総合的に発揮される思考能力です。これは、数学の論理思考よりも、修得が難しいのです。

「数学的思考」とはどういうものか、とりあえず、...続きを読む

Q理系科目が得意な生徒とそうでない生徒の違い

とても抽象的なタイトルで申し訳ありません。
現在大学生です。
私は中高を通じて,理科・数学が得意ないわゆる理系の生徒でした。別に記憶することが苦手というわけではなかったのですが,単に理科・数学が嫌いではないという理由です。
 振り返ってみると,小学校中学年の時にそろばんに通わされて(でも2×2桁の掛け算で挫折)その後小6の時に公文式に通っていました。中学校では,数学の先生が好きでそのころから数学が得意になっていました。
 ところで,現在,家庭教師を数件持っています,その中で,中学校数学や高校理科(特に化学)が本当に苦手な子も教えています。いわゆる数値変えただけでアウトな生徒です。今そういった生徒に「どうやったら数学が得意になるのだろう」と四苦八苦しています。一生懸命,その問題について説明しているのですが,なかなか問題に対する考え方がわかってもらえませんし、その生徒がなぜわからないのかが正直よくわかっていません。
 そうした中,疑問を感じたことを質問させてください。

1.理系科目が得意な生徒とそうでない生徒の違いが起きる要因は一体何だと思いますか?(例、学習環境、先生、その他)

2.どうすれば理系科目が苦手→得意にできると思いますか?

(理系科目がまわりの人より得意な人に)
3.私が理系科目が得意になったのは「このおかげだ」と思うものがありますか?

非常に抽象的な質問で申し訳ありません。わからないことがあればご質問ください。

とても抽象的なタイトルで申し訳ありません。
現在大学生です。
私は中高を通じて,理科・数学が得意ないわゆる理系の生徒でした。別に記憶することが苦手というわけではなかったのですが,単に理科・数学が嫌いではないという理由です。
 振り返ってみると,小学校中学年の時にそろばんに通わされて(でも2×2桁の掛け算で挫折)その後小6の時に公文式に通っていました。中学校では,数学の先生が好きでそのころから数学が得意になっていました。
 ところで,現在,家庭教師を数件持っています,その中で...続きを読む

Aベストアンサー

2度目で失礼します、No4の者です。

>となると、パンク→不快(疲れる?)→いやだ→興味が持てない、となってしまうのかな、

そうです、そういうことです。力尽きるんだと思います。

生徒の頭がパンクしかけてくると、反応が変わります。
理解している=楽しい時は、
うなづくのが速いし、「はいはい」「あ~」「で、こうなるんだ」とか
先回りしたリアクションがあるんですが、
だんだん無口になって
「うーん、うん」「はあ」と、元気のないあいづちになってきます。
このへんは、個人差があるとは思いますが・・・。

ずいぶん経ってから気付いたんですが、
理解できていない状態の子は、「今のところが分かりませんでした」とはなかなか言いません。
「どこが分からない?」とか「何で引っかかった?」とか聞いても首をかしげるんですよね。
分からないものについて説明しろったって無理に決まっているんですよね。

例えて言うと、知らない町の中をさまよっている状態(理解できてない状態)から、
あるときふと、頭に地図を描いて全体を把握できるようになる(理解する)。
こうなると、自信を持って自分で進むことが出来ます。

理解に導くためには、教える側が、解く時に頭に描くイメージを具体的に教えるといいです。
手振り身振り、たとえ話、絵を描く、実物を示す(実験や標本)・・・
なるべくイメージしやすい言葉を使う。
「接する」「結合する」よりも、「くっつく」「手をつなぐ」「合体」とか・・・。

偉そうに書きましたが、成功率は5割といった感じです。なので役立たないかもしれません。

2度目で失礼します、No4の者です。

>となると、パンク→不快(疲れる?)→いやだ→興味が持てない、となってしまうのかな、

そうです、そういうことです。力尽きるんだと思います。

生徒の頭がパンクしかけてくると、反応が変わります。
理解している=楽しい時は、
うなづくのが速いし、「はいはい」「あ~」「で、こうなるんだ」とか
先回りしたリアクションがあるんですが、
だんだん無口になって
「うーん、うん」「はあ」と、元気のないあいづちになってきます。
このへんは、個人差があるとは...続きを読む

Q化学と物理学の違い

物理は高校でも大学でも取りませんでした。
化学は、かろうじて高校でありましたけど、苦手でしたし、よく理解できていません。

でも質問を出す時に悩むことがあります。
化学と物理学の違いは何でしょうか?

よく数学(算数、図形)の簡単な入門書がありますけど、
物理や化学にもこうした入門書はあるのでしょうか?

他の真面目なご質問に交じって恥ずかしいのですけど、お願いいたします。

Aベストアンサー

物質の変化を扱うのが化学です。
それに対して、力学とか電磁気学は物理です。

たとえば、引力とか、物体の運動、電気のこと、磁気のこと、こういったことは物理で扱うことです。

それに対して、たとえば、紙が燃えると、紙を構成している物質が、二酸化炭素や水などになってしまいます。見た目も、煙を出して、紙はほとんど無くなってしまいます。
これは、紙が別の物質に変化したことを意味しており、これは化学で扱うことです。
リトマス紙に酸をつけると赤くなるというのも、リトマスという色素の構造が変化するからであり、これも化学変化といえます。
つまり、われわれの身の回りにある事柄で、見た目の変化(単なる移動などを除く)を伴う現象の大部分は化学で扱う事柄です。

ただし、境目のはっきりしない、あるいは両方で扱う事柄というのもあります。たとえば氷が溶けて水になるとか、水を冷やすと氷に戻ると言ったようなことは、多少の視点の違いはあるでしょうが、物理でも化学でも扱います。

Q高校数学の教師になる難易度は??

高校数学の教師を目指しています。
私は某中堅私立理系大学卒で、ちょっと前まで社会人(3年間)でした。
高校数学の教師になろうと会社を退職して現在勉強中なのですが、うわさで高校数学はほぼ無理。
なるには、大学が旧帝大レベル(東大、京大、阪大)もしくは有名大学の大学院卒ぐらいでないと厳しいと聞きました。
実際、中学数学教員と比べてどうなのでしょうか??
中堅私大卒では厳しいものなのでしょうか??
また、高校数学の教員になるためのアドバイスあったらおしえてください。
 通信教育する。
 学校行く。(東京アカデミー、河合塾ライセンススク ール)など
なんでも良いので情報ください!!

Aベストアンサー

はじめまして。公立高校で英語を教えています。

大学名は全然関係ないとおもいますよ。私の職場でも東大、京大から底辺私立大の出身者がいます。これは数学にかかわらず、どの教科でも同じです。ただ高学歴の人の方が多いのは事実かもしれません。

公立高校の場合は、教科の力よりも、生徒指導力及び部活の指導力で採用は決まると思います(あと、親が校長先生だとかコネもあります?(~_~;))。

実際の現場では、教科の力なんて関係するのは、ほんの一握りの進学校だけです。真ん中から下の公立だったら、英語で言えば英検2級の力もあれば十分ですが、柔道2段ぐらいでないと勤まらない学校はたくさんありますから。(~_~;)

講師で生徒指導部だ活躍するとかして生徒指導力を証明したり、経験者なので部活動で野球やサッカーなどの指導ができるという方が有利かと思います。

一度、講師登録をして講師を経験してみてはいかがでしょうか?現実を知った上で、教師になったほうがいいと思います。

Q「数学が好き」という人は、どうして好きなのですか

「数学が好き」という人がいるそうですが、どうして好きなのでしょうか。
本当に数学自体がおもしろいと思っているのでしょうか。
それとも、「数学が好き」と人に言うとかっこよく聞こえるから、そう言っているだけなのでしょうか。

よく、「数学の問題は、論理的に考えれば必ず解けるから好きだ。」とか、
「定理が証明できると、美しさに感動する。」とか言う人がいるようですが、
私は、解が論理的に出てきても、定理が証明できても、「それがどうしたの?」と思うだけですが、どうしてそんなことをおもしろがる人がいるのですか?

Aベストアンサー

僕も好きです。カッコいいからと思ったことはありません。ってゆうか数学が好きなのってカッコいいですか?

>「数学の問題は、論理的に考えれば必ず解けるから好きだ。」

まさにこれだと思います。確実な答えがあるのでスッキリするからです。

>どうしてそんなことをおもしろがる人がいるのですか?

それは人それぞれでしょう。ゴルフが好きな人もいれば、全く面白いとは思わない人もいる、のと同じ。じゃないですか?


人気Q&Aランキング