「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

大阪市営地下鉄の迂回定期券を購入予定ですが、よくわかりません
鶴見緑地線「長堀橋」~四つ橋線「花園町」が通勤経路ですが、できれば梅田・本町・心斎橋・天王寺・昭和町でも乗り降りしたいのですが、可能でしょうか
初めてなので良くわかりません、詳しい方よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1です。

先日貼ったマイスタイルのシミュレーションですが
http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/pitapa-mys …
こちらに差し替えさせて下さい。
駅の定期券販売所(ここで利用区間登録してもらえます)でシミュレーション内容の他
「花園町―長堀橋」間、また他に登録駅から途中下車することが予想される対象駅を
登録してもらって下さい。

理由は、差し替え前のシミュレーションでは、長堀橋から
「梅田・本町・心斎橋・天王寺・昭和町」(対象駅)へ向かう経路が登録されていない
関係上、利用額上限の対象から外れる恐れがあったためです。

その他、定期と違うデメリットとして
・花園町―長堀橋間(登録駅間同士)でも、「ご利用イメージ登録」がなされていない
 途中駅での下車は、利用額上限の対象から外れること。
・登録駅同士間での乗車―降車(ここでは「梅田―天王寺」間利用)は利用額上限の
 対象から外れること。
以上新たにわかり、お知らせしないと大変なことになりかねない情報だったので
取り急ぎ申し上げます。

その情報がわかった根拠が ↓ こちらです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
その他、↓ こちらにQ&Aを貼りますので、参考になさって下さい。
http://www.kotsu.city.osaka.jp/general/eigyou/pr …

大変申し訳ございません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
初めて定期券を利用するので・・・お恥ずかしい限りです。
こんなにきちんと調べて回答頂けたことが嬉しかったです。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/29 20:30

本当にたびたびすみません。


質問者さんの自宅or勤め先は、花園町と大国町の中間でしょうか?

もしそうでしたら、「迂回定期」ができるかもしれません。
・昭和町―【御堂筋線:天王寺・大国町・心斎橋・本町経由】― 梅田 = 東梅田 ―
    ―【谷町線】― 南森町 ―【堺筋線】― 長堀橋 の経路で
迂回定期を作られてはいかがでしょうか。
(これならば、No.5で挙げた1.~4.の条件を全て満たします。)

総延長(営業キロ)13.2km。区数4区(13kmをこえる 19km以下)に当たり、
1ヶ月定期¥10,980、6ヶ月定期¥59,300(1ヶ月割:¥9,884)になります。

これができれば、上記経路上のなんばや淀屋橋、北浜や堺筋本町等も利用可能です。
しかしながら、それ以外の駅については乗車券購入する手間と経費が生じます。

あくまでも、自宅or勤務地が大国町に近いことが条件かと思います。
大国町より遠ざかるような位置にあるなら、「マイスタイル」で
当初手間はかかりますが、利用経路をどしどし登録した方が後々得かと思います。
    • good
    • 0

No.1~4です。

色々ごめんなさいね。
「迂回定期」についてもできるか調べてみました。

http://www10.plala.or.jp/bay_area/ukai.html
上記は、「迂回定期」をシミュレーションとあわせて説明しているサイトです。
「迂回定期」の条件として

1.経路が交差するような買い方は不可。
 (いわゆる「一筆書き」でないといけません。梅田・東梅田・西梅田や、
  淀屋橋と肥後橋、心斎橋と四つ橋の同一駅扱いに重ねて通過するのもNGです。)

2.乗り換えは2回まで。(これが本件の購入にあたって、最大のネックでした。
 残念ですが結論から言いますと、購入不可でした。花園町の位置や、大国町で
 御堂筋線と四つ橋線が交差していること、又長堀橋のある堺筋線が梅田を
 通過しないことがネックになっていて、最短経路かつ最少乗り換えでも5回必要です。
「 花園町以外の駅だけでも、梅田―【御堂筋線】―心斎橋―【鶴見緑地線】―長堀橋―
 ―【堺筋線】―動物園前―【御堂筋線】―天王寺・昭和町 と3回の乗り換えが必要となり
 迂回定期の購入条件を充たしません。)

3.通学定期は不可(通勤定期のみ)(質問者さんは会社員なので、条件を充たしてます)

4.私鉄との連絡定期券は、最短経路のみ。(他私鉄の利用はないので、関係なし)

いかがでしょうか。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/library/ct/ima …
【大阪市営地下鉄】の路線図です。質問者さんも一度、プリントアウトして
試して頂けたら幸いですが、本件の7駅で一筆書き、かつ乗り換え2回までの条件を充たす
経路は不可能かと存じます。


そういうわけで、質問者さんの要求を充たす経路・料金プランは、No.1およびNo.3で
提案した「マイスタイル」による『登録駅(花園町・長堀橋)』から目的地最寄りの
『対象駅(梅田・本町・心斎橋・天王寺・昭和町、他途中下車予定先)』までの
乗車駅・降車駅登録以外にありません。

(前述ですがそれ以外の駅で途中下車した乗車実績は「利用額上限」適用の対象外となり
別途料金を取られます。頻繁に使わなければ出費も少なくて済みますが、少なからず
家または会社からの途中乗降車利用の機会があるなら、「乗降車登録」をおすすめします。)

必要があれば、この質問および回答(No.1,3とここだけでも)を印刷し
PiTaPaや「マイスタイル・シミュレーション結果表」と共に持参して
「マイスタイル」登録する定期券売り場の駅員さんに見せていただき、
ご所望の『登録駅』『対象駅』乗降車登録を受けて下さい。
    • good
    • 0

もう一つ、公式的な「マイスタイル」の注意点を貼っておきます。


http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/eigyou …
よくよくご留意の上、もし登録駅外へ行く予定ができたら、あらかじめ
利用駅登録していただきますよう、お願いいたします。

重ね重ねすみません。
    • good
    • 0

No.1です。

気になる誤解を招きやすい表現があったので、訂正願います。

【第5節2行目】
(誤)全ての駅で頻繁に利用しても、¥8,200がひと月の支払限度額となります。
(正)マイスタイルにて登録した駅全てで頻繁に利用しても、
   ¥8,200がひと月の支払限度額となります。

お目汚し、失礼いたしました。
    • good
    • 0

質問者さんはPiTaPaカードをお持ちでしょうか?


大阪市営地下鉄でしたら、定期券を利用するよりPiTaPaカードに
「利用額割引マイスタイル」を登録されてはいかがでしょうか?
http://www.kotsu.city.osaka.jp/general/eigyou/pr …

登録すると1ヶ月の運賃支払に上限が設定され、多く使った月は上限額を支払い
利用の少なかった月は使った額だけ支払えばいい、大変お得なサービスです。

マイスタイルのシミュレーションをしてみますと
質問者さんは会社員ですから「大人・一般」になります。
通勤経路が「長堀橋」~「花園町」ですので、両端の駅を登録駅1・2に入力し
[次へ]をクリックしますと、黒く暗転した駅が「特定のご利用」
(お支払い上限の対象)になる乗車エリアとなります。

あとは、シミュレーションのご利用イメージに乗車駅(長堀橋または花園町)・
降車駅(梅田・本町・心斎橋・天王寺・昭和町を1駅ずつ)を入力し、
結果表示をクリックすると
http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/pitapa-mys …
↑ このようなシミュレーション結果が出てきました。
(但し分岐点の駅を乗車駅に設定しますと通勤経路経由を外れた「特定外乗車」扱いになり
割高になります。)

・・・1ヶ月の利用に対する支払金額に上限額が設定され、
全ての駅で頻繁に利用しても、¥8,200がひと月の支払限度額となります。

ちなみに、「長堀橋」~「花園町」の6ヶ月定期券の値段は区数2区であるため
¥49,200でその1ヶ月分は、¥49,200÷6ヶ月=¥8,200ですから
もともと、マイスタイルの1ヶ月上限額自体、6ヶ月定期の1ヶ月分で計算されているため
マイスタイルで降車駅登録をすれば、
・定期券と同額以下で、登録先の駅も利用できる
・更には一旦改札を出て、登録先の駅までの切符を買って、また改札を受ける手間が省ける
という、非常に大きなメリットが受けられます。

とりあえず、PiTaPaカードと、↓ マイスタイルシミュレーションを印刷した紙を持参し
http://kensaku.kotsu.city.osaka.lg.jp/pitapa-mys …最寄りの大阪市営地下鉄の駅の窓口でシミュレーションのプラン書きを呈示し
定期券に代わる代金支払い手段として、登録してもらってはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪市営地下鉄の定期について教えてください

こんばんは。
大阪市営地下鉄の定期について質問です。

長堀鶴見緑地線・西長堀駅⇔御堂筋線・梅田駅の定期(心斎橋経由)を持っているのですが、この定期を利用して長堀鶴見緑地線の京橋駅や御堂筋線なんば駅、千日前線野田阪神駅に追加料金なしで行くことはできますか?
初めて定期を購入したのでわからないのですが、定期に記載されている西長堀⇔梅田の区間にある駅しか利用できないのでしょうか?
もし、この定期で利用できる路線・駅がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

定期券で乗り降りできる駅は、定期券表示区間内でかつ、指定経路上の駅に限ります。(これは全国どこの鉄道会社でも原則として同じです。)
従って、質問の場合
西長堀・西大橋・心斎橋・本町・淀屋橋・梅田
に限り乗降可能です。
但し、梅田-大国町間を経由する定期券は表示に関わらず御堂筋線でも四つ橋線でも利用可能な特例がありますので、上記に加えて四つ橋線の下記駅でも乗降できます。
四ツ橋・肥後橋・西梅田

上記以外の駅は乗降不可能なので、乗降するにはその駅と乗降可能な区間の駅までの間の運賃が必要となります。
従って、ご質問の
難波には心斎橋-難波間の運賃(200円)が
野田阪神には西長堀-野田阪神間の運賃(200円)が 
必要となります。

ちなみに 大阪地下鉄の通勤定期は、どこでも好きな区間で購入でき、一定の条件下で遠回り経路の定期券(う回定期)を購入できます。しかも、途中駅で降りない場合は指定経路以外の経路で乗車しても構いません。(通学定期の場合は自宅最寄り駅-学校もより駅間に限り、う回定期は発行不可です。また、大阪地下鉄以外の鉄道はたとえ途中で降りなくても指定経路以外の経路は利用不可です。)

もし、難波に何回も降りるのであれば、千日前線-難波-御堂筋線経由のう回定期を買えば、下車できます。心斎橋(長堀鶴見緑地線)経由と同額(9110円)です。この場合、難波に降りないときは長堀鶴見緑地線経由で利用しても問題ないし、心斎橋では指定経路に重なりますので下車可能です。

また、野田阪神に行くことも多いのであれば
野田阪神-千日前線-難波-御堂筋線-梅田
のう回定期(10210円)を購入すればよくなります。この場合も定期運賃が高くなる分と野田阪神の精算運賃×想定利用回数で比較して判断すればいいでしょう。差額が1000円程度ですので月に5回利用するかどうかで判断すればよいでしょう。

地下鉄の定期運賃(普通運賃も)は下記で検索できます。経路がいくつか表示されたうち、希望経路で「定期券料金」をクリックすると希望経路の定期券料金が表示されます。(普通運賃は梅田経由以外は最短経路で計算した運賃が表示されますが、どの経路でも利用できます。)
http://www.kotsu.city.osaka.jp/

老婆心ですが、勤務先で通勤定期が支給される場合、(差額を利用者本人が負担するとしても)上記う回定期や利用区間を拡大した定期を実際に購入(支給)できるかどうかは、勤務先担当部署の考えによって異なりますので、まずは勤務先に相談する必要があります。

定期券で乗り降りできる駅は、定期券表示区間内でかつ、指定経路上の駅に限ります。(これは全国どこの鉄道会社でも原則として同じです。)
従って、質問の場合
西長堀・西大橋・心斎橋・本町・淀屋橋・梅田
に限り乗降可能です。
但し、梅田-大国町間を経由する定期券は表示に関わらず御堂筋線でも四つ橋線でも利用可能な特例がありますので、上記に加えて四つ橋線の下記駅でも乗降できます。
四ツ橋・肥後橋・西梅田

上記以外の駅は乗降不可能なので、乗降するにはその駅と乗降可能な区間の駅までの間の...続きを読む

Q大阪の地下鉄 迂回定期購入したのですが、降りられる駅を教えてください 

今福鶴見から梅田までの区間で、心斎橋を迂回する定期を購入しました。

ふだんは主に長堀鶴見緑地線と中央線で通勤しています。
中央線の堺筋本町や谷町4丁目で下車すると、別料金になるのでしょうか?
まれにですが、下車することもあるのですが、購入時に考えるのを忘れていました。
定期と回数券を組み合わせて乗車・下車することはできますか?

駅の係りの方は忙しそうで、こういうことを聞くのってなんだか気がひけてしまって。
詳しい方に教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

No2の回答は、スルーして下さい。

>ということは、中央線はルート外ということですよね?
今福鶴見(長堀鶴見緑地線)⇒心斎橋⇒(御堂筋線)梅田ですから、ルート外になります。
迂回定期のルールは、次のとおりです。次回購入の参考にして下さい。
http://www10.plala.or.jp/bay_area/ukai.html

>組み合わせようと思っている回数券は1区特別回数券です。
谷町四丁目の最寄駅は、森ノ宮と谷町六丁目。
堺筋本町の最寄駅は、長堀橋と本町。
何れも、1区間ですから、迂回定期券と1区特別回数券の組み合わせての利用は可能です。
なお、実際乗車の経路は、必ずしも上記どおりでなくても構いません。

Q大阪市営地下鉄の迂回定期について

こんばんは。
『阿倍野~南森町』
2区間の定期を購入しなければならないのですが、
お得な買い方はありますか?
例えば阿倍野から天王寺で乗り換えて梅田まで出て、東梅田から南森町へ行くなんてことは可能ですか?
いまいち迂回定期の意味が分かりません。
どこまでなら2区間で対応できるのか・・・。
明日中に買わなければいけないので、
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大阪市営の地下鉄の定期券は「迂回定期券」で発行が可能です。
阿倍野~天王寺~梅田・東梅田~南森町
2回乗り換えで同じ駅を経由していないので
購入出来ますが、
3区間の料金が必要になります。
阿倍野~(迂回なし)~南森町で2区間の距離が限界です。
なお3区の距離は比較的長いので、
谷町線沿線で途中下車が多いようなら
「阿倍野~東梅田・梅田~西中島南方」での購入も可能ですし、
御堂筋線・四つ橋線沿線で途中下車が多いようなら
「阿倍野~天王寺~梅田・東梅田~天満橋」としても
3区の料金で購入出来ます。
大国町~西梅田間は御堂筋線経由の定期券でも四つ橋線の駅で途中下車出来ます。

迂回なしの2区の一ヶ月の料金は9,110円
迂回の3区の一ヶ月料金は10,210円です。

差額が1,100円ありますので、
途中下車する頻度を考えて、購入されたら良いと思います。

2回乗換え以内で同じ駅を経由しないことさえ守れば
さらに乗車区間を拡大することも可能です。
迂回ルートの距離に応じた区数となりますが、
3区→4区→5区と区数が増えても
料金差は小さくなります。

あらかじめ申込書に記入が必要ですが、
購入時に希望するルートを係員に告げて
料金を教えてもらってから購入することも可能ですし、
よく利用しそうな駅を告げて
迂回定期の発行が可能かどうかも教えてもらえます。

地下鉄の定期券購入するのに、最寄駅に定期券売場がない場合は、定期券売場の駅までの往復は実質無料となります。
定期券売場のある駅までの切符を購入し、
改札を通過するとき、係員のいる改札機を利用し、
定期券を購入することを伝えれば、
清算書のような紙を渡してもらえます。
これを定期券売場に出せば、料金を戻してもらえますし、
帰りは、定期券売場で伝えれば、
行きと同じように紙切れを渡されますので、
下車駅の係員に渡せば料金を戻してもらえます。
ただしこの制度は一番近い営業中の定期券売場のみで可能です。
(例えば阿倍野から定期券を購入する場合、天王寺の定期券売場の往復は料金が戻りますが、梅田やなんばの定期券売場では適用されません)

参考URL:http://www.kotsu.city.osaka.jp/

大阪市営の地下鉄の定期券は「迂回定期券」で発行が可能です。
阿倍野~天王寺~梅田・東梅田~南森町
2回乗り換えで同じ駅を経由していないので
購入出来ますが、
3区間の料金が必要になります。
阿倍野~(迂回なし)~南森町で2区間の距離が限界です。
なお3区の距離は比較的長いので、
谷町線沿線で途中下車が多いようなら
「阿倍野~東梅田・梅田~西中島南方」での購入も可能ですし、
御堂筋線・四つ橋線沿線で途中下車が多いようなら
「阿倍野~天王寺~梅田・東梅田~天満橋」としても
3...続きを読む

Q大阪市営地下鉄の定期について悩んでます。

大阪市営地下鉄について質問させていただきます。
今度、谷町線平野駅から西梅田まで定期を購入するのですが
大阪では梅田駅、東梅田駅、西梅田駅を同一駅と捉える為どの3つの駅どの駅でも降りる事が可能だとと聞きました。
また平野から梅田駅、東梅田駅、西梅田駅間の全ての途中駅は平野駅から西梅田の定期券で乗り降り可能と聞いたのですがこれは本当でしょうか?
また不正行為などではないのでしょうか?
どなたか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

定期券に限り、梅田・西梅田・東梅田のいずれかの駅が利用出来る定期券で他の梅田2駅の乗降は可能です。

なので、
"平野<谷町線経由・乗換無>東梅田"の定期では
平野~東梅田間の谷町線の各駅と西梅田・梅田での乗降が可能です。
又、
"平野<谷町線>天王寺<御堂筋線>梅田"の定期では
平野~天王寺間の谷町線の各駅と
天王寺~梅田間の御堂筋線の各駅と四ツ橋・肥後橋・西梅田・東梅田での乗降が可能です。
これは、四つ橋線・大国町~西梅田間と御堂筋線・大国町~梅田間は
定期券に限り相互に利用出来るようになってる為です。
http://www.kotsu.city.osaka.jp/eigyou/route-map/subway_rosenzu.html

QピタパPiTaPaの入会を断られました。何故でしょう!!

タイトルの通りです。
先日、ピタパを申し込んだにもかかわらず、入会を断られました。
何故でしょう?!!
勿論、今まで、クレジットで滞納や所謂ブラックリストに載るようなことはしていません。
わたし自身で考えられる理由は、関西二府四県外に住んでいるということです。
関西外なので、冷やかしと捉えられたのでしょうか?
でも、わたしは、関西出身で、今は東海地方に住んでいるのですが、ちょくちょく関西に行きます。
ですので、ピタパの利用価値があると思い申し込んだのに、断られて憤慨しています。
詳細は、ピタパ事務局に問い合わせればいいのですが、みなさんならどういった理由で断りやがったんやと思いますか?
御意見下さい。

因みに、以下のような文面で断られました。

---
拝啓 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、今般あなた様から下記カード会員の入会お申し込みをいただきましたが、
誠に恐縮ながら今回はお見送りさせていただくことになりました。
せっかくのお申し込みではございますが、何卒よろしくご容赦のほどお願い申し上げます。
敬具

 

タイトルの通りです。
先日、ピタパを申し込んだにもかかわらず、入会を断られました。
何故でしょう?!!
勿論、今まで、クレジットで滞納や所謂ブラックリストに載るようなことはしていません。
わたし自身で考えられる理由は、関西二府四県外に住んでいるということです。
関西外なので、冷やかしと捉えられたのでしょうか?
でも、わたしは、関西出身で、今は東海地方に住んでいるのですが、ちょくちょく関西に行きます。
ですので、ピタパの利用価値があると思い申し込んだのに、断られて憤慨してい...続きを読む

Aベストアンサー

申し込まれたカードはPiTaPaのどのカードですか?
PiTaPaはOSAKA PiTaPaやHANAPLUSのようなVISA、JCBなどの国際ブランドが付いた提携クレジットカードタイプと、ベーシックカード、ココネットカードのようなPiTaPa機能のみのカードの2種類が大きく分けてあります。前者は海外でも買い物できますし、後者は交通利用と関西圏を中心のPiTaPa機能で買い物できる店のみで利用できます。そのため、前者よりは後者の方が審査基準は緩いようです。

しかしながら、前者であれ後者であれ、PiTaPaカードは交通費を後払いするという趣旨のカードのため、クレジットカードと同様の審査が必ずあります。審査に当たっては、次の要素が重要です。
・信用情報機関(CIC、CCB、全銀協)への照会
・申込書に書かれた情報
・勤務先への在籍確認
これらの要素を点数化し(スコアリングといいます)、審査するカード会社の社内規定の点数を超えているか否かでカードを発行するか否かを決めます。

この社内規定の点数というのは社外秘であり、そのためカードを落とされた理由と言うのは電話して聞いても落ちた理由を教えてくれることはありません。

一般消費者が知り得る情報というのは信用情報機関の情報です。この信用情報機関の情報は個人で開示して知ることが可能です。そこにネガティブな情報が掲載されているといわゆるブラックリストに載っていると言うことになります。あなたの場合はクレジットカードで延滞とかされてはいないとは仰ってますが、何らかの手違いに信用情報機関にネガティブな情報が載っている可能性も否定できません。
一度、信用情報機関の情報を開示されることをお勧めいたします。

PiTaPa機能の審査には三井住友カードが審査しています。三井住友カードはCIC、CCB、全銀協に加盟していますので、これら3機関の開示をすればOKです。

参考URL:http://www.cic.co.jp/

申し込まれたカードはPiTaPaのどのカードですか?
PiTaPaはOSAKA PiTaPaやHANAPLUSのようなVISA、JCBなどの国際ブランドが付いた提携クレジットカードタイプと、ベーシックカード、ココネットカードのようなPiTaPa機能のみのカードの2種類が大きく分けてあります。前者は海外でも買い物できますし、後者は交通利用と関西圏を中心のPiTaPa機能で買い物できる店のみで利用できます。そのため、前者よりは後者の方が審査基準は緩いようです。

しかしながら、前者であれ後者であれ、PiTaPaカードは交通費を後払い...続きを読む

Q大阪市営地下鉄迂回定期(阪急経由)について教えてください。

7月より阪急京都線淡路より大阪市営地下鉄心斎橋駅まで通勤します。
大阪市営地下鉄には迂回定期なるものがあると聞きました。

出来れば梅田にも仕事で出向くので定期の買い方?(迂回記入方法)を教えてください。

いろいろ情報は聞くのですがいまいちピンと来ません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の内容がいまいちピンと来ません。
まず、定期券の原則についておさらいです。
定期券は発着駅と経路が指定されて発売されます。発着区間内で経路内の駅では乗り降りできますが、発着区間に遠回りの別経路があったとしてもその別経路で乗車することはできません。もちろん別経路中の途中駅でも乗降で来ません。
ところが、大阪地下鉄では券面の発着駅、指定経路上の途中駅で乗降するのなら、指定経路外の路線を経由してもよいと言う他の鉄道には見られない独特の制度があります。但し、指定経路外の途中駅では乗降で来ません。で、この遠回りの途中駅で乗降したい人のために発売されるのがう回定期です。う回経路の運賃で計算しますので、通常経路より割高になる可能性がありますが、う回経路の途中駅で乗降できます。しかも他社の場合このようなう回経路で定期券を購入した場合、う回経路中の途中駅で降りたくなくても、う回経路で乗車しなければなりませんが、大阪地下鉄の場合冒頭で述べたように、他経路で乗車できますので、う回でない経路でも乗車できます。
う回定期の発売は色々と制限があり、私はその制限を把握していませんので、実施の可否は定期券窓口で確認してください。
さて、う回定期券は他社との連絡定期として1枚の定期券にすることはできません。また、他社は原則通り指定経路外で乗車できませんので、う回でなくても地下鉄と阪急の連絡定期では阪急部分が指定経路外ですと利用できなくなります。

ようやく本題です。おそらく質問者様は天六経由でも梅田経由でも利用できる定期券を想定しているのでしょうが、そのような定期はありません。
例えば梅田-(御堂筋線)-心斎橋の定期券を購入した場合、地下鉄部分は東梅田-天六-長堀橋-心斎橋とう回乗車することはできますが、天六は途中駅ですので下車することはできません。また、天六から阪急に乗るのも天六で下車するのと同じ扱いとなり、精算が必要となります。
阪急の場合淡路-梅田の定期を持っていて天六又は堺筋線の駅で降りようとすると当然改札を出られません。で、精算することになりますが、全区間が指定経路外ですので、結局淡路から下車駅までの運賃を支払うことになります。

なお梅田乗換も天六乗換も同程度利用するのであれば、阪急部分は天六-梅田(淡路経由)の定期券を購入する方法もあります。淡路-梅田の定期に比べて驚くほど割高ではないと思いますので、精算する場合の淡路-天六または淡路-梅田の普通運賃と比較して検討すればよいと思います。
地下鉄部分はよい区間が思いつきません。天六-(谷町線)-南森町-(堺筋線)-長堀橋-(鶴見緑地線)-心斎橋のう回定期なら購入可能な気がしますが、この定期で梅田駅に乗降できるかどうかは断言できません。(東梅田が経路上の途中駅で、原則として東梅田と梅田は同一駅とみなすはずなので乗降できそうな気はしますが)
この定期で心斎橋から先梅田まで延ばしたう回定期はまず発行できないと思われますが、これも断言はできません。なお、これらのう回定期が発行不可なら、地下鉄全線定期券の購入を検討するのもいいでしょう。

質問の内容がいまいちピンと来ません。
まず、定期券の原則についておさらいです。
定期券は発着駅と経路が指定されて発売されます。発着区間内で経路内の駅では乗り降りできますが、発着区間に遠回りの別経路があったとしてもその別経路で乗車することはできません。もちろん別経路中の途中駅でも乗降で来ません。
ところが、大阪地下鉄では券面の発着駅、指定経路上の途中駅で乗降するのなら、指定経路外の路線を経由してもよいと言う他の鉄道には見られない独特の制度があります。但し、指定経路外の途中駅...続きを読む


人気Q&Aランキング